目処 読み方

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目処 読み方

どちらも「実現などの見通しがつくこと」「将来への見通しがつくこと」を表します。 見通しは「遠くの方まで見ること」「今より先の未来のことまでを予測すること」という意味がある言葉です。 ただし、 先ほど説明したように、現在では両者を区別するために 「目途」の方は原則「もくと」と読みます。 それに対して目途は目標という意味で使うことが多いです。 これらの言葉が合わさり、目途とは、要点に向けての筋道、手段、方法などの意味を持つ言葉になりました。 例えば、「準備が遅れていて、イベント開催の目途が立たない」といった場合は「準備が遅れていることが原因で、イベント開催の予定が分からないまま」という意味になります。 一方で、 「目処」は主に「 見通し」という意味で使うのです。 2.目処の意味と類義語について では目処の意味と類義語について見ていきましょう。 この例では、目的が明確になっていることが確認できるでしょう。 「目途(もくと)」に関するまとめ 「目途(もくと)」は「目処(めど)」とほぼ同じ「目標・目的・めあて」といった意味を持っています。 あるものごとに対する、程度の目算や見通しを指しています。 そこで、以下では「目処が立つ」の使い方を、ビジネスシーンと日常的なシーンに分けて解説します。• 一般的によく知られている「目処(めど)」という言葉と何が違うのか疑問に思う方も多いと思いますが、 この2つの言葉はほぼ同じ意味合いと思っていいです。 つまり、占いで人の将来を見通すということから、「見通し」の意味で「めど」の言葉が使われるようになったというわけです。 また、物事の見通し。 「目処・目途・目度」の 意味と正しい使い方、そしてそれぞれの違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 ただし「めどはぎ」の語源こそが「めど」だという見方もあり、どちらが先かということでは諸説あるようです。 「目処」の読み方は「めど」で、意味は「目標」や「見込み」です。 A ベストアンサー はじめまして。 「易」では「筮竹(ぜいちく)」という細い棒のたばを使います。 現在使われているのは「目途(めど)」だけですから それだけ知っておけばいいんです。 ぜひ、読み方には注意するようにしましょう。 意味は純粋に「目標」を表すため、文章を解釈するときには意味の違いを気を留めておくようにしましょう。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 帰宅時間を目処に日誌を提出してください。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 これはあくまでも予測であって、具体的な工程などを考えて計算している日程ではありません。 「目」は人間の視覚器官のことで、「安」は「わかりやすい」を指します。 スポンサーリンク 目途と目処の使い方・例文 最後に、それぞれの使い方を例文で確認しておきます。 「目標」を意味する単語としては他にも「goal」や「purpose」などがありますが、「objective」はかしこまったシーンで使われるので「目途」を意味する単語として適しているというわけです。 どちらの漢字を使ったら良いのか迷った際には、目標がはっきりとわかっていて、なおかつそこへ向かう道筋まで見えている場合は「目途」という字を使い、目標とする事柄だけがわかっている場合には「目処」という字を使うようにします。 どのように使い分ければいいのでしょうか。 「目処がつく」と意味はほぼ同じ 「目処が立つ」と似た言葉に「目処がつく」があります。 似たような漢字で同じ読み方ができるので混同しやすいです。 半年先を 目途に選挙を始める準備にかかってください。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 どの言葉についても目処と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 関連: 関連: まとめ それでは、今回の内容を下記にまとめておきます。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 占いは「将来の指針」や「見通し」を示すことでもあるため、転じて、「めど」が「目当て」や「目標」の意味でも用いられるようになりました。 仕事に追われる日々を送っている同僚には「どう、目途は立った?」と声をかけ、気遣いの気持ちを表してあげたいですね。 なにか目標を立てた際に、そこに至るまでの道筋を考えに含んでいる場合や、金銭などの使用用途がはっきりとわかっている物事について表現する場合に「目途」という言葉を使うようにしましょう。 両者の違いは、大きく分けて2つあると考えて下さい。 今期の売り上げの見通しを立てましょう。 「めど」の「語源」は諸説ありますが、 一般的には 植物の「 筮萩(めどはぎ)」からと言われています。 言葉の意味をきちんと理解して正しい使い方をしましょう。 これは、具体的にどのくらいの時間がかかるのかを計算しているわけではなく、ぼんやりと直感で予測しているような状態です。 これを「メド」と読むことは、仮に「途」の字音「ト」が連濁して「ド」となったものだと考えれば、不可能であるとは言い切れないかもしれない。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 また、「途」には字音として「ト」が掲げてあり、字訓は掲げていない。 一方の「もくと」は漢語のように見えますが、わたくしが思うに、これもまた和製漢語なのではないでしょうか。 新聞などの読み書きの世界では、 まぎらわしさよりも簡潔さの方を重視します。 「目途が立つ」を英語で表現すると? 最後に「目処が立つ」の英語表現をしてみましょう。 「途」は音読みの「ト」のみが挙げられています。 「目処が立つ」の類語と言い換えは? それでは「目処が立つ」の類語についてみてみましょう。 当たり前のように頻繁に使う言葉でも、詳しく知ることで間違った使い方をしていたと気が付く場合もあります。 そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、 漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。 ただし「めど」とも読むことができます。 よって、一般的には「目処」の方が使われているわけですね。 そもそも「めど」という言葉は、和語から派生していると考えられます。 ただし、本来の使い方としては 「目処が つく」が正しいです。 事故でけがを負いそのことが原因で心まで病んでしまい療養中なのですが、いつもの生活に戻れる目処が立たない。 いずれにせよ、 「目処」、「目途」、「目度」という言葉は、いずれも 「目指すところ」、「目当て」、「ものごとの見通し」といった共通の意味を持ちます。 つまり、「目途」はもとは「もくと」と読まれていたけれども、現在は「めど」と読んでもさしつかえない、というのがわたくしの見解となります。 見込み• 実際に「目途(もくと)」という言葉を知るきっかけとして、 テレビなどで政治関連のニュースが扱われている時に目にしたというパターンは多いはずです。 「目途」は「もくと」と読むけれど、意味は「めど」と同じ。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 といったら「だから、木曜以降って! 「目途」の使い方 「目途 めど 」の使い方は、 「物事の見通し・大体の見当 目安 について言及する場合」に使うという使い方になります。 例えば、例文1の文章では、一人暮らしをするための資金の運用について、具体的に考えてあるという意味になります。 「めどはぎ」とは、ハギ科の雑草で 「易(えき)」という占いをする時に古くから用いられていました。 下記のように、日常生活の中で無理に使おうとすると不自然になってしまう事が分かると思います。 仮に「目途」を「めど」と読むと、 「 湯桶(ゆとう)読み」になってしまいます。 目途 目処 読み方 もくと めど 意味 目標(目的・目当て) 見通し(目標・目当て) 違い 後から作られた漢語 日本に元からあった和語 使い分け 公文書などの堅い文書に使う 日常生活からビジネスまで幅広く使う ポイントは、 「両者の語源を覚えておくこと」だと言えるでしょう。 訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです。 一般には、 「目処がつく」、「目途がたつ」、「目処をつける」といった慣用的な言い方で用いられます。 【目処の使い方】• 役所などでは資料に目途と書かれている場合に「もくと」と読むと決まっているので、国会などでは目途のことを「もくと」と読んでいますが、日常生活での会話では「めど」と読んでも決して間違いではありません。 ちなみに、 日本新聞協会の「新聞用語集」には、 以下のように記述されているようです。 もう一つの説として、縫い針の穴「 針孔(めど)」からきているというものもあります。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 【目途の使い方】• ・その俳優はスキャンダルが発覚したため自宅謹慎中で、未だに復帰の目途は立っていない。 近い将来に決着、解決がつく見込み。 後から作られた漢語。 つまり、目処という言葉の意味は、要点の場所ということになります。 その理由は、「目途」には「見通し」 という意味は含まれていないからですね。 「目処が立つ」使い方とビジネス例文 「目処が立つ」はビジネスシーンで使用頻度の高い表現の一つです。 目途の英語表現 「目途」の英語表現としては、「objective」が最もふさわしいといえるでしょう。 詳しくは、以下の記事を参照してください。 目処が立つという言葉を正しく使うための参考になりましたでしょうか。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 この場合の「目途」は「目標」という意味で使われていると解釈するのが最も適当でしょう。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 例えば、売れ行きやお客さんの数、選挙の票など、だいたいの見込みを語るときに使います。 岩波国語辞典7新版には「『もくと』の『目途』を書くのは当て字」とあります。 ・もう少し売れると思ったけど、 目算が外れたね。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 「目途」と「目処」の違い 「目途」とよく似た言葉として「目処」が挙げられます。 目的は「成し遂げようとする事柄」を表すものです。 次の章で目処の意味と類義語について解説していきます。 目途の基本的な正しい読み方は「もくと」です。 その理由は、「目途」の方は「漢語」だからです。 「処」は「おる、場所」を意味します。 しかし現代ではどちらも「めど」という読みで、ほとんど同じ意味で使われています。 スポンサーリンク. 仕事には締切がつきもの。 目処にも同じように目標や目的といった意味がありますが、先の見通しという意味で使うことが多いです。 なお 「目途」は 「もくと」という読み方をする場合もあります。 しかし、この「目処」という言葉は普通「目途」(めど)という使い方を しますよ。 現在では、目途を「もくと」と読むことはあまり一般的ではありません。 この意味で、「めど」とはむしろ「目安」という言葉に、イメージが近いといえるかもしれません。 「占い師の使っていた棒」説• また「めど」の語源としては、針仕事で針に糸を通すための穴である「針孔」を「めど」と呼ぶことから由来しているという説もあります。 この辺りは、色々な表現方法があると考えてください。 なんとなく、来年には完成するだろうという曖昧な表現ではなく、はっきりと完成するまでの道筋がわかっている状態です。 html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共. 熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 「見通し」と「立つ」のふたつの言葉の意味を組み合わせて考えると「見通しが立つ」は「将来の物事についての予測ができて定まる」という意味で使うことができる言葉になります。 「目途(もくと)」の意味 目途(もくと)とは「目標・目的・めあて」といった意味で使われる言葉です。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 しかし、耳から入ってくる「めどころ」の響きは「目の付け所(めのつけどころ)=着眼点」に近いため、相手に誤解を与えてしまうことがあります。 例えば、 「改築工事の完了は、いつ頃を目途 目処 にしていますか? 目途の類語・類義語としては、目指すべき場所や印を意味する「目標」、実現したいことを意味する「目的」、先行きの予想を意味する「見込み」、将来の予測を意味する「見通し」、行く末を見渡すことを意味する「展望」などがあります。 例:It's been a hard few months,but we are finally beginning to see the light at the end of the tunnel. 以上のようなことから言えば、「目途」は「モクト」と読む場合は、前述のとおり、何も問題はないが、「メド」と読む場合は、「常用漢字表」の音訓欄に掲げてある音訓による使い方からは外れているとみるべきであろう。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 この「目処」に対して、 後から「目途(もくと)」という言葉が登場しました。 「目途」は、お役所言葉として用いられています。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 1つ目は、「 使い方の違い」です。 一般的には、「 目途」がよく使われるのは、 「公文書」などの堅い文書が多いです。 3年前に着工した新社屋の完成の目処が立つ。 結果、「目処が立つ」と「目処がつく」は意味や使い方に関して、ほぼ同じであると捉えることができます。 「目安が立つ」「見込みが立つ」 「目処が立つ」の類語にあたるのは「目安が立つ」「見込みが立つ」「見通しが立つ」「可能性が見えてくる」「目標が見えてくる」などです。 当て字とされる方の読み方が支持を得る結果となりました。 ねえ、やっと仕事の目処は立ってきた?• ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、 意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。 ビジネスシーンで使う場合は、起こってしまったトラブルの解決方法が見いだせないとき、この先どうすれば良い結果を出すことができるのか全く見通しが立たないときなどに使うことができます プライベートシーンで使う場合は、どうしてもまとまったお金が必要になったけれどお金を集める術がないとき、ケガや病気で療養しているけれどいつもの生活に戻れるのがいつなのか全く予想ができないときなどに使うことができます。 ……(前略 ・……. 前者の例文は「目指すところ、目標」の意味で、 後者の例文は「ある事柄について立てた見込み」の意味で使用しています。 【例文】 ・春の人事異動、だいたい 見当はついているけど、まだ正確な情報はわからないよ。 使途・首途・先途・前途・壮途・中途・別途・方途・冥途・用途」などかなりの数に上るが、このうち、「~ど」というのは、先途・冥途の2語だけである。 「目途が立つ」とのニュアンスの違い 「目処が立つ」という言葉を書くとき、同音異字の「目途が立つ」と混同してしまうことはありませんか?実際にはこの二つの言葉はどちらも正しい表現であり、日常的に使われている言葉です。 ・このプロジェクトは、販路を拡大して会社の売上に寄与することを目的にしている。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 「目処」の意味と使い方 「目処」の意味は「 目指すべきところ、おおよその見当、標的」です。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 目処の「処」という字が使われている単語としては、 居住する場所を意味する「居所」、世間と交わってうまく生活していくことを意味する「処世」、物事の出てきたところを意味する「出処」などがあります。 使い分け方を考えると少し難しいように思えますが、日本語の奥深さを感じ取ることが出来ますね。 「 湯桶読み」とは、 「 前の字が訓読み・後ろの字が音読みの熟語」のことを指し、 本来の読み方ではない不規則な読み方のことを表します。 ただ三つのうち「目度」は、文学作品の中などでわずかに用例がみられますが、あまり頻度は高くありません。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 ついに 目途の獲物を見つけることができた。 しかし、「めど」の語釈中に「もくと」を掲げているものは見当らない。 売り上げを見てみると、どれほどの利益があるか見当がつく。 下に見通しが立つの例文を紹介していますので参考にしてください。 日常生活で使う機会はほとんどない為、ニュースなどで見かけた際に「目標という言葉を言い換えているのだな」と理解できればよいでしょう。 目処は目途と比べると、ぼんやりとした意味を持つ言葉で、目的達成のための具体性や現実味には欠けています。 「常用漢字表」によれば、「目」には、字音として「モク・ボク」を掲げ、字訓として「め」と掲げてある。 つくは「決まった状態になる」という意味がある言葉です。 「サッカー部で実績を上げるという学生時代の目途を達成したことで、自分自身に対する自信を身に付けることができました」などの文章で、 「目途 もくと 」の言葉を正しく使用できます。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 となります。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 ・長い間その事件について調査しているが、なかなか解決の目処が立たない。 しかし、「目途」を「メド」と読む場合は、湯桶(ゆとう)読みとなり、これはそのような読みくせが認められていない以上、不適当であろう。 ・生産ラインがストップしており、復旧の 見通しが立っていません。 「半年以内の完成を目途にしている」「ようやく予算の目途が立った」のように使われます。 【例文】 ・次回のコンペでA社に勝つ 目算は立っている。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 また、多くの辞書で優勢な「めど」の表記は「目処」ですが、常用漢字表では「処」の読み方は「ショ」のみであるため、こちらを使うこともできません。 」といった文章で使えます。 (4)見込みが立つ 先行きの予定や予想について語るときに使います。 では目処の正しい読み方は、「めど」「もくしょ」どちらなのかを見ていきましょう。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 「目処」は「 物事を進める上で目指しているもの」、「目安」は「 物事を判断するときの基準となるもの」を意味します。 漢字を読み間違えてしまったことがある人は決して少なくないはずです。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 「目途」と目処の違い• 手段や方法がはっきりとしている場合には「目途」と使うようにします。 また、同じ読みで似た意味を持つ「目途(めど)」という言葉がありますが、こちらは本来「もくと」と読む別の言葉です。 この 「目孔」を狙って(目指して)糸を通すことから、「目標」「目当て」が立つことを「目処が立つ」と言うようになりました。• (1)見通しが立つ 最終的な段階に至るまでのプロセスがクリアに見渡せた時に使います。 ・夏休みが終わる直前になってやっと宿題が仕上がる目処が立って、安心した。 しかし、文章に「ます、です」を用い、丁寧語を使って全体をまとめることで敬意は伝わります。 「目処」は日本にもともとあった言葉(和語)で、こちらの方が「目途」より先に使われていました。 処置,処罰,処女 <注> 連濁:国語で、合成語の語頭の清音が濁音に変わる現象。 漢字表からは「もくと」のみだが… 国の常用漢字表では「目」の音読みは「モク、ボク」、訓読みは「め、ま」。 「目指すところ、だいたいの見当」という意味合いがあります。 文章語などの中でしか使われない表現だといえ、一般的な会話ややり取りの中では「めど」の使用がほとんどでしょう。 「objective」とは「目標」を意味する単語で、ビジネスや行政で目標を定めるシーンで使われます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 この言葉がよく使われる場面としては、だいたいの目標や到達点がわかっている時などが挙げられます。 言いかえれば、 「どちらもひらがなで書くことを推奨する」ということですね。 「目算が立つ」「目算が外れる」という言い方をします。 私もにた様な経験があります。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日常で使うのは圧倒的に「めど」が多いでしょうが、「もくと」という読み方もあります。 何はともあれ、「目処」の方が先にあり、 それに合う漢字の「目途」が後から日本で作られたと考えて下さい。 実際に現場を見なくてもどのような状況なのか、会話の内容からおおよその見当がつきます。 目的が不明確だと、何の為にそれをするのかも不明瞭になってしまいます。 Can you see things a bit brighter? 「安」は音読みで「アン」、訓読みで「やすい・いずくに」と読みます。 「目途 もくと 」と読む場合のもう一つの使い方として、 「目的・目標・めざすべきものについて言及する時」に使うという使い方になります。 ただ「もくと」は「目途」を漢語読みにしたもので、「目標」などの類語をより堅い、あらたまった言い方にしたものだといえます。 市場調査中なので、おおよその見当がつくまでもう少し待ってください。 「めど」には、「目処」と「目途」という2つの表記があり、どちらを使うべきなのか迷いがちです。 そのことから、「目的」「目標」を意味する言葉として「目処」ができたと言われています。 「 見通し」の意味で使うことが多い。 新商品の発売を予定していましたが材料の調達が難しくなり、解決の目処が立たない。 目処が一向に立たない 「目標がほとんど見えてこない」「見通しがかなり悪い」状況の時に頭を抱えながら放つ言葉です。 「どちらでもよい」という方を含めても「もくと」と読む方は4分の1。 政府は3年後を 目途にインフレ率を2%まで上げる予定だ。 」になります。 ここまでも書いてきましたが 「目途(もくと)」は私たちが生活していく上で日常的に使われる言葉ではなく、政治家など立場のある方が公の場で説明や演説をする際に使われる言葉と考えられます。 このため「めど」を用いて、「高い目処を掲げる」、「目途を大幅に下回った」といった言い方はしないという点には、注意が必要でしょう。 念のため。 人生において目標を持つ目標に向かって前へ進むということはとても大切なことです。 この目処という言葉は、目途と同じように要点を意味する「目」という字に「処」という文字を組み合わせたものです。 これの読み方は分かりますか?「目途」は 「もくと」と読みます。 「目途 めど 」の意味は 「目処」とまったく同じで、 「物事・期間の見通し」や 「大体の目安・大まかな見当」のことを意味しています。 ただ、そこまで話すと長くなるので本記事では割愛します。 ビジネスシーンやプライベートシーンのどちらかに限らず比較的よく使い耳にする言葉だと思います。 ……(中略 ・……. と言われたことがあります。 「目処/目途」の類語 目当て (意味:目的としているもの、目指しているもの) 「私の目当ては半額になっている洋服だ」 目標 (意味:実現することを目指している基準) 「目標を達成できるように努力する」 目的 (意味:達成させようと目指しているもの) 「この計画の目的としては、みんなの仲を深めることだ」 見通し (意味:物事の結果や成果を予想すること) 「復帰の見通しはまだ立っていない」 見込み (意味:将来の予想) 「もうすぐ復旧する見込みです」 当て所 (意味:目指しているところ) 「旅行の当て所としては、その国の文化を知ることだ」 意図 (意味:何かをしようと目指しているところ) 「早めに行うことを意図しているが、なかなか難しい」 作意 (意味:何か良くないことを計画していること) 「彼の行動には特に作意はないだろう」 意趣 (意味:心が目指しているところ) 「意趣としては、必ず成功させることだ」 狙い (意味:目指しているところ) 「彼女の狙いを読み取るのは難しい」 展望 (意味:将来を見渡すこと) 「未来の対しての展望は今のところない」 「目処」と「目安」の違い 「目安」の意味は「 だいたいの見当、目印、目当て」です。

Next|Next|Next