血液 サラサラ 食材

血液サラサラにするには食べ物と運動とサプリメント

血液 サラサラ 食材

人の血管の総延長は約9万キロ、地球を2周以上回ると推測されていますが、そのほとんどを占めるのが毛細血管です。 このアリシンには 血中のコレステロールを減らし血液サラサラ効果があります。 血液をサラサラにする上でも大切な習慣です。 ストレスや過労、喫煙によって白血球の粘着性が高まると、血液は「ベタベタ状態」になってしまいます。 また動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、血栓性高脂血症、高血圧、免疫性疾患などの生活習慣病の予防、改善にも効果的といわれています。 FEATURES of THEME テーマ別特集• DHAとEPA 魚、とくに青魚(イワシ、サバ、サンマなど)に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取しましょう。 血液をサラサラにする基本的なこととしてはバランスのよい和食中心の食生活を心がけるということです。 しっかりと薬について理解しておきましょう。 ジュース感覚で、美味しく召し上がって健康になれる食品としておすすめです。 血液ドロドロに潜む危険性とは? ドロドロの血液とは血中に悪玉コレステロールや中性脂肪が溜まり、血流うが悪くなっている 「脂質異常症」のことをいいます。 血液がドロドロとは、赤血球や白血球、血小板の量や質に異常が起こり、 血液が流れにくくなっている状態のことを言います。 ゴマ油やオリーブ油には、不飽和脂肪酸の中で最も酸化しにくいと言われている脂肪酸が含まれているので、腸内に溜まった悪玉コレステロールだけを減らす働きをしてくれるのです。 この酵素は、油と溶けると「アホエン」という物質に変わるのですが、このアホエンには抗ガン作用・血栓予防の効果が確認されています。 血液がサラサラと流れた状態でないと、全身でさまざまな問題が生じるわけです。 是非、毎日の食事にプラス1品してみて下さい! 第2位はサバ、マグロ、イワシなどの「青魚」です。 その一方で、病気などの原因にもなると言われている血液ドロドロは、血液中に塊ができて流れ悪くなっていることを言います。 ビタミンEとC ビタミン類の中では、抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防に必要とされるのは、ビタミンEとCです。 コレステロールの吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。 しかし、これらの食べ物を覚えて毎日の食卓に入れるのも結構大変です。 1位 黒酢 お酢のクエン酸には血管の詰まりの原因になる 血栓を予防する効果があり、また抗酸化作用もあり血液や血管を酸化から守る働きがあります。 ドロドロ血液になる主な原因のひとつとして、食べすぎや飲みすぎによって、血液中の脂質や糖質が増えてしまうことが挙げられます。 魚 血液サラサラの代表ともいえる食べ物が魚です。 乳酸菌の表面のネバネバが腸に吸収される前のコレステロールを吸着し、身体の外に排出してくれるのです。 [画像のクリックで拡大表示] 栗原先生は、「血液サラサラ」という言葉の提唱者です。 当サイトにお越しくださりありがとうございます!当サイトは、血液サラ子が実際に 10以上の 血液サラサラサプリを購入してみて、成分をすべて徹底解析した結果、本当に効果が実感出来るものをランキング形式でご紹介しています。 このすでにできている血栓を溶かすことができる成分を含んだ食品は、なんと今のところ、 唯一「納豆」だけなのです。 主に以下のようなことで血がドロドロになりやすいのですが、これらは血液がサラサラ、ドロドロに関わらず健康を維持するために大切なことばかりです。 玄米には、一般的な白いご飯の6倍もの食物繊維が含まれているのです。 納豆 「おさかなすきやね」の「な」は納豆です。 2位 青魚 アジやイワシ、サンマにサバなど、青魚には 悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすDHA、EPAというオメガ3脂肪酸が多く含まれています。 まずは食習慣を正し、「おさかなすきやね」の食品を毎日少し摂るようにしていくだけでも違いがはっきり出てくるはずです。 ニンニクは、ニオイが気になってしまうので毎日の食事に取り入れることは難しいですが、無臭ニンニクを使ったサプリメントでなら毎日摂取することもできます。 ビタミンEはカボチャ、アスパラガス、シュンギク、ニラ、サケ、サバ、ナッツ類、キウイフルーツなどに。 「ドロドロ」と呼ばれる血液とは 血液は、液体成分である血しょうが約60%で、残りの40%は赤血球や白血球、血小板といった固形成分からできています。 なので、納豆は夜に食べるようにしましょう。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 酒は、百薬の長と言われていますが、度を超すとマイナスに働きます。 特に動脈硬化は様々な病気の原因の一つになっています。 下記サイト「東京にある口コミで評判の肥満・ダイエット外来クリニックなび」では、いろんな特徴のある肥満外来が紹介されています。 野菜 「おさかなすきやね」の「や」は野菜です。 ・ 海藻類 ワカメや昆布にはヨードが含まれており、新陳代謝を高める効果を発揮してくれます。 大豆さえ食べてれば暴飲暴食しても高脂血症にはならないということはないので、大豆はコレステロール値を下げる特効薬でなく補助食品として考えましょう。 【サ】魚 特にいわしやさば、あじ、さんま、かつおなどの青背魚がお薦めです。 適度な運動は血液を促進する一方で、過剰な運動は活性酸素を 多量に生成し、かえってマイナスになります。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 食事前に、フルーツをテーブルに置いておけば意識しなくても、自然とコレステロールを下げる食事をすることができますので、参考のひとつとして覚えておくと良いでしょう。 一方でオリーブ油、米油などの植物性油は不飽和脂肪酸に分類され、 悪玉コレステロールを排出してくれる効果があります。 食生活を改善することによって、血液をサラサラにすることが理想的ですが、仕事の忙しさなどでそこまで気を使えないことも多いと思います。 ・ 黒酢 黒酢は米酢の一種で、米や大豆だけを原料にして作られていますので、アミノ酸やタンパク質の宝庫とも呼ばれています。 食事で血液をサラサラに 血液をサラサラにする食品にも、いろいろなタイプがあります。 日本人はもともと脂質異常症が少ない人種でした。 毎日2~3個食べることが望ましいと言われています。 ドロドロの血液って、どんな状態? ドロドロの血液にも、いろいろなタイプがあります。 また、他にも強力な殺菌作用や血液サラサラ効果なども期待できます。 かぼちゃやニラ、水菜などのカリウムを多く含む食物を摂取することでカリウムが塩分の排出を促し血圧を安定させてくれるのでおすすめです。 バランス良く食事をすることで、より効果が得られやすいのです。 たくさん食べてしまう傾向がある人は、食前に柑橘系のフルーツを先に食べると良いでしょう。 豆乳 大豆が原料の豆乳にも、 大豆サポニンが含まれており、血栓の予防効果などが期待できます。 そして、細胞の新陳代謝に合わせて、22時までには床につくようにしましょう。 しめじ100gは、1パック分です。 サプリ以外で血液をサラサラにする方法 血液がサラサラになる食べ物・食材・食品 サプリ以外でも、日常の食生活を変えるだけで血液サラサラになることができます。 ナットウキナーゼこそ、血栓を溶かすことができる成分です。 脳波をリラックスモードにする習慣も必要です。 クエン酸 お酢類や梅干しなどに多くふくまれているクエン酸は、疲労回復に役立つことで知られていますが、血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効用もあります。 ポリフェノールの一種であるカロチノイドにも、強力な抗酸化作用があり、動脈硬化の予防に役立ちます。 わかめ 「おさかなすきやね」の「か」は海藻になります。 【お】お茶 渋み成分のカテキンはコレステロール値、中性脂肪、 血糖値を下げるほか、抗酸化作用もあります。 詳しく血液をサラサラにする飲み物を紹介します! 血液がドロドロになる原因と改善解消方法 血液がドロドロになる原因は何なのでしょうか?まず血液をサラサラにしたいと思う方は、血液ドロドロになってしまう理由を知っておく必要があります。 詳しく解説しますので、参考にして下さい!. 野菜の中でもビタミンやミネラルの含有量が多い緑黄色野菜が特にお勧めです。 そうするだけで、動脈硬化を予防することができます。 ねぎ・ワケギ ねぎの白い部分には、イオウ化合物の硫化アリルが含まれ、血液サラサラ効果が期待できます。 そのため、血液がドロドロになってしまうと、体の隅々にまで酸素や栄養が行き渡らなくなり、細胞の疲労や老化を促進してしまいます。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 ・脂肪(動物性の肉類、脂) ・糖分(お菓子やジュースなど) ・炭水化物(ご飯や麺類、パンなど) 血液サラサラの食べ物+サプリが有効 これらの食材を使って毎日調理するのは大変だったり、ニオイや味が苦手な食材があるかもしれません。 反対に少しずつ生活習慣を改善していけば、ドロドロになった血液をサラサラにしていくこともできます。 もし、気になりましたら、チェックしてみてはいかがでしょうか?. また、大豆に含まれるイソフラボンも血中の余分なコレステロールを減らします。 まとめ 血液をサラサラに保つことは、健康の面だけではなく肌のターンオーバーを促進してシミやくすみのない、若々しい肌を作るなど美容の面においても重要なことと言えます。 あくまでも食生活の改善の補助食品として考えましょう。 その他にも脂肪とたんぱく質を結びつけエネルギーに変える「レシチン」、コレステロールの吸収を阻害する「サポニン」、脂質を調節する女性ホルモン・エストロゲンと同様の作用を発揮する「イソフラボン」が含まれることから、大豆は高い血液サラサラ効果が期待できるのです。 このとき、血液が体内をスムーズに流れている状態を「サラサラ」 といいい、ストレスや疲れなどで水分が足りず、血液が流れにくくなっている状態を「ドロドロ」と呼んでいるのです。 「きなり」には、血液サラサラ成分である、「DHA・EPA」、「ナットウキナーゼ」、「ビタミンE」、「アスタキサンチン」が含まれいます。 原材料の蒸し大豆にはナットウキナーゼは含まれていないのですが、納豆菌による発酵の過程で生成され、納豆1パックに含まれるナットウキナーゼの血栓溶解効力は、ウロキナーゼという血栓溶解剤に匹敵するみたいです。 【ネ】ねぎ 長ねぎ、玉ねぎ、にんにくなどのねぎ類のツンとした臭い成分には強い血栓予防作用があり、血小板の凝集を防ぎます。 実践! 血液サラサラ食生活「オサカナスキヤネ」 血液をサラサラにするために、最も重要なカギを握るのは食生活です。 血液サラサラサプリを選ぶ際に重要なのは実は成分だけなのです。 しかし、血液がドロドロだと正常な循環機能が損なわれ、やがて「死の四重奏」といわれる肥満や脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病が重なる状態を招いてしまいます。 血液をサラサラにするに効果のある食べ物や飲み物の特徴と栄養素! 血液はドロドロよりもサラサラの方がよい、というのは一般的によく知られていること。 また 意識的に食物繊維を摂取 することも大切です。 正しい順番に沿ってご飯を食べることで、血糖値をゆっくり上げることができるのです。 特に食生活をそんなに気にしていない健康な人であれば、食事の内容や摂取できる栄養素にこだわることなく普通にご飯からお箸をつけがちです。 しいたけ 「おさかなすきやね」の「き」はきのこ類になります。 また長期間常温で保存することができるので保管方法や保管場所に困ることがありません。 夜の睡眠時は、体をあまり動かさないので、血栓ができやすくなっているのです。 またアリシンは長ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょにも多く含まれています。 なるほど、「血液サラサラといえばメタボ」と安直に結びつけて考えていましたが、全身の健康に関わっているのですね。 特別なアミノ酸 「オルニチン」 肝細胞を修復したり、肝臓の持つ解毒サイクルを助けるという作用を持っていて肝機能をアップすることで、血液をサラサラにする。 また海草はヨウ素が含まれていますが、これが欠乏しますとイソフラボンの副作用が出ます。 9位 キウイ キウイには抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンEがダブルで豊富に含まれています。 DHA(ドコサヘキサエン酸) 赤血球などの血液中の成分をやわらかくする働きがあり、血液をサラサラにする。 また、体の中で役目が終わったもの(代謝産物)や二酸化炭素は、 体の外へ運び出さなければなりません。 さらに、寒いとついつい熱いお風呂に長く浸かりたくなりますが、 これも気付かないうちに脱水状態がすすんでしまいますので、注意が必要です。 しかし食生活が欧米化するのにともなって、脂質異常症になる人は急激に増えています。 ・ ブルーベリー ブルーベリーは、アントシアニンというポリフェノールが凝縮されているので、活性酸素を抑える働きがあります。 りんごに含まれているペクチンには、 コレステロールを減らす作用があります。 後は、会社がしっかりした会社がどうかも信頼性で大切です。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。 まとめ 血液サラサラ効果の高い日本の食事や簡単に取り入れられる食生活のポイントについて紹介してきましたが 、いかがでしたか?根本的に血液をサラサラに維持していくには、食習慣と運動習慣の改善をしていく必要があります。 またトマトは 心臓病やガンの予防にも強力に作用することが分かっています。 昔から青魚には血液サラサラにする効果があるとされていまして、長生きの秘訣は青魚を食べる事と言われています。 なので、お鍋やお味噌汁などに入れても、しめじのサラサラ効果は持続するので、おすすめです。 日常の食生活にサプリを加えることで、より血液サラサラになることができます。 さらにドコサヘキサエン酸も含まれているので血管をしなやかに保ち悪玉コレステロールと中性脂肪の減少が期待できます。 詳しくは「 」をご覧ください。 血液サラサラになる食べ物 食生活の改善や適度な運動を行うことによって血液サラサラにして「 」ことができます。 血糖値を下げたいのなら、サラダなどの生食がおすすめです。 なぜ血液をサラサラにした方がいいのか?血液がドロドロによる弊害は? 血液は、全身に酸素や栄養を運ぶという極めて重要な役割を担っています。 血液がドロドロになる原因とは もともと血液には、ある程度の粘性があります。 食品には悪玉コレステロールを上げるものと下げるものとそのどちらでもない物がありますが、食事療法中はコレステロールを上げる食品は避け下げる食品を摂ることが血液サラサラの第一歩となります。 脂質が血液中に増え過ぎると動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳卒中という命に関わる病気のリスクが高まります。 血液の流れが正常であれば粘性のある状態でも自由に体内を動くことができます。 このようなことから、血液はスムーズに流れている方がよいと言えるのです。 腕とひざ下が出せる服装でしたら着替える必要もなく5分程度で測定ができます。 血液サラサラにする食べ物の覚え方があります。 特にコレストロールの数値が高くて血圧がドロドロの方は青魚を食べたほうが良いかと思います。 また、血液中の脂質を減らし、糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防にもなります。 特にぬるぬるした部分に含まれる 水溶性食物繊維は、腸内でコレステロールと結びついて便として排出さらます。 コレステロールを上げない方が良い? 現在、「コレステロールが上がるのは良くない」というイメージが世間的に浸透している傾向にあります。 野菜やイワシ、さんまなどの青魚(DHAやEPA)には、ドロドロ血液を サラサラ血液に変える働きがあるので、積極的にとるようにしましょう。 また、タマネギに多くふくまれるケルセチンというポリフェノールは、脂質類の吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。 187• ケルセチン 体の中で活性酸素をとりのぞくことで動脈硬化を防ぎ血液の流れをよくする。 さらにドロドロになった血液がよどんだところで、白血球同士がくっついたり、血小板が凝集し、血液の流れがどんどん悪くなる悪循環が生まれます。 血液サラサラに良い食品の一覧 血液サラサラには、以下の食品が良いとされています。 血液サラサラにする食べものランキングは? 血液をサラサラにする食べものランキングをご紹介します。 ビタミンKについては、ほうれん草、小松菜などの緑黄野菜やわかめ、ヒジキなどの海藻類にも含まれていますが、必要以上に食べなければ問題はないので安心してください。 水溶性食物繊維には胆汁酸の排泄を促進させる働きがあるのでコレステロール値を減少させる効果があります。 そのドロドロの血液こそ、病気の一歩前まできていることを警告するサインです。 理由は、血液サラサラ成分が配合されていないサプリを飲んでも、サラサラ効果を期待できないからです。 たまねぎや長ねぎに含まれるアリシンという成分には、血液中の血小板が凝固するのを防ぐ作用があるため、血液をサラサラにして血行促進に役立ちます。 まとめ 血液をサラサラにすることは、血栓や動脈硬化の予防につながります。 また、アントシアニンは血管にだけに作用するのではなく、血液にも良い効果を発揮してくれるのです。 また、赤血球が変形する能力を高める働きがあるので、流れをさらに良くしてくれます。 「オサカナスキヤネ」を血液サラサラの呪文として、1日の終わりに食事内容をチェックすることを習慣付けたいですね。 血液がドロドロになり、血流が悪くなっているサインは、さまざまな症状となって現れます。 ・酢・・・酢酸が体内でクエン酸に変化し、血液が固まる際のカルシウムに作用します。 そこで、病気の予防や血液サラサラ効果を期待する方は、トマトを毎日食べるようにしましょう。 まとめ 毎日の食事をはじめとした小さな積み重ねが、命を落とすほどの重大疾患につながることがあります。 ・第4位:大根、カリフラワー、レタス、もやし、しいたけ、しょうが、チンゲン菜、きゅうり、ゆず、パパイヤ、サツマイモ、すだちなど。 タウリン 肝細胞を修復して肝臓の機能を高めるという効果を持ち、肝臓の持つ血液浄化作用を助けて血液サラサラにする。 しかし、実は意外に多いのが、食事に気を付けていて、お酒も飲まず太ってもいないのに、血中の中性脂肪などが多く脂肪肝になってしまうケースです。 これは、それぞれの食品を摂ってもらい血液の流れを計測することによって、血液サラサラ効果があると判明した食品の頭文字をとったものです。 血液サラサラとは、血液が詰まったり滞ったりすることなく、スムーズに流れていることを言います。 私たちの体は、発生した熱を散らすために、血流を活性化させようとするのです。 なので、それほど食べる量を気にする必要はありません。 それぞれの食材の欄をクリックすると、食材の 血液サラサラ効果の詳細記事を見ることができます。 玉ねぎには、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があります。 柑橘系のフルーツにはビタミン、ミネラル、食物繊維などがたっぷり含まれていますので、より血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。 なので、DHA・EPA・ナットウキナーゼの含有量が多くかつコスパが良いサプリを選ぶのが最も重要です。 このような状態になることで、血管にコレステロールや中性脂肪が付着したり、 狭くなった血管を無理に血液が流れようとして、血管に圧がかかり高血圧の原因にもなります。 カテキンには 善玉コレステロールをそのままに悪玉コレステロールだけを減らす効果が期待できます。 ・ ヨーグルト ヨーグルトには、腸内の善玉菌を増やす効果があることで有名です。 そこで、血液をサラサラにする成分と、サプリの選び方について詳しく解説します。 納豆が嫌いな方は、サプリメントなどで補いましょう。 408• そのせいか幼い頃から納豆は良く食べていまして、現在も好物の一つになっています。 また旬の野菜やきのこをたっぷり摂るようにしてください。 よくそんな話を聞きますが、これは動脈硬化と、どんな関係があるのでしょうか。 これが 動脈硬化。 日中の適度な水分補給も大切です。 このように、生活の何気ないところに 血液ドロドロを招く原因が潜んでいるのですね。 これがいわゆるドロドロの血液と呼ばれる状態なのです。 大切なのは自分の食生活を見つめ直すこと。 またブドウには果糖があるので、食べすぎないこと。 また、昆布は旨味の元と言われる成分が含まれるため、塩や砂糖などの調味料の量などを減らす効果もあるので、より健康によい食材と言えるでしょう。 このサイトで紹介しているサプリメントを飲むほか、生活習慣の改善のため肥満外来に受診するのをおすすめいたします。 また大豆を使った食品も1日1品は取り入れます。 生活が不規則で夜遅くまで起きている• 888• DHA ドコサヘキサエン酸 やEPA エイコサペンタエン酸 を多く含み、血中の余分なコレステロールを減らします。 また、しいたけに含まれているナイアシンという成分が、肝臓での中性脂肪の合成を抑え、中性脂肪を下げてくれます。 これは、「お茶」「魚」「海藻類」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」の頭文字から取ったものです。 しかし、血液がドロドロだと、 これらがスムーズに行われなくなってしまいます。 又はサプリメントなどもEPAを空気に触れず注出していますのでお勧めだ致します。 運動で血液サラサラになる? 血をサラサラにするためには、もちろん運動も欠かせません。 避けた方がよい食品については以前に医師から通知されますが、念のため確認するとよいでしょう。 一般的な白いご飯よりもカルシウムやミネラルが豊富として知られています。 タバコを多く吸う 1日10本以上• 「おさかなすきやね」については、下で詳しくご紹介したいと思います。 ・第5位:里芋、なす、白菜、しめじ、小松菜、いよかん、たらの芽、たけのこ、キウイなど。 イマ-クSは、血中中性脂肪が約20%も低下することが認められています。 これには、抗酸化作用、血行促進作用などがあり血液サラサラに抜群の効果をもたらします。 血液をサラサラにする食材 ・ らっきょう らっきょうには独特の成分で硫化アリルの一種「アリシン」が含まれています。 最後に、コレステロールを下げることの基本は摂取エネルギーを押さえ食生活を整えることになります。 そういった方はで、血液をサラサラにしてくれるサプリメントを厳選してご紹介しています。 麦茶 ここまで「おさかなすきやね」についてご紹介してきましたが、最初の「お」はどこにいった?と思っていた方も多いのではないでしょうか。 そして、原因を知ったうえで、改善解消の方法も知っておきます。 どちらが体によいかは、一目瞭然ですよね。 EPA(エイコサペンタエン酸) 血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用が備わっています。 この健康や美容のほとんどに関わるところが、動脈硬化などの血栓の予防だけでなく血液をサラサラにした方がいい理由です。 さらに動脈硬化が進むと、最後には命の危険が伴う脳卒中や心臓発作にまでつながってしまう危険があります。 血液をサラサラにすることで動脈硬化の予防や、動脈硬化が原因で引き起こされる病気の予防にも繋がります。 しかし、血液の流れが悪くなり、さらに粘性が高まるといわゆる血液が「ドロドロ」の状態になってしまいます。 今やDHAとEPAは現代人の健康にとって欠かせない栄養素になっています。 血液サラサラを作るのは、適度な運動やストレスのない生活、そして毎日の食事にあると言われています。 また、玉ねぎは血糖値を下げ、にんにくは赤血球の表面がべたつくのを防いで通過能力を高めます。 それでは、毎日の食事に取り入れやすい 血液をサラサラにする食べ物を、ランキング形式でご紹介します。 納豆を食べる時間帯も大切です! 納豆を食べるのは「夜」がおすすめです。 ここでは、血液サラサラ効果が期待できる食べ物をご紹介します。 しょうが しょうがの中にはポリフェノールの1種、ショウガオールという成分が含まれています。 動脈硬化が進行すると血管はどんどん狭くなり、血管の詰まりの原因になってしまいます。 代表的な食品としては、 唐辛子やシナモンといったスパイス類、たんぱく質豊富な肉や魚があります。 これらの食べ物は血液をサラサラにする効果が高いという意味です。 こうした食べ物や飲み物は、血中に余分な糖分や脂肪を増やしてしまうので 食べ過ぎ、飲み過ぎには、十分な注意が必要です。 玉ねぎ 「おさかなすきやね」の「ね」はねぎ類になります。 一般的には、ワーファリンという血栓治療薬が安価であり、血液が固まるのを抑える薬として、良く服用されています。 にんにくは、毎日少しずつ食べるだけでもサラサラ効果を実感できます。 さらに、コレステロールも下げてくれます。 「血液サラサラ」と緑茶は関係があるのでしょうか。 たまねぎに含まれるアリシンも、油と結合することで「アリチアミン」に変化するので、体内への吸収がスムーズになり、血液サラサラの栄養素を効率的に摂取することができます。 海藻類 ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。 こうした状態を放置していると、動脈硬化の材料(脂質など)を増やしたり、血管をつまらせる原因ともなるので注意が必要です。 こうした不調が続く場合は、ドロドロ血液にしてしまう生活習慣になっていないか、見直すことをおすすめします。 ただし、たまねぎに含まれるアリシンは水に溶けやすい性質を持つため、サラダなどに使用されているオニオンスライスなどにはほとんど含まれていません。 また、EPAは酸化しやすいのでサプリメントのカプセルがEPAの酸化を防止するような特別な工夫をしているものが最も適しています。 148• そして、血液中に塊や血栓ができると、それが脳や心臓の血管に流れていって詰まってしまった場合、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病を引き起こすことがあります。 ・第2位:ニンジン、にら、さやいんげん、長ネギ、かぶ、トマト、メロン、アスパラガス、コリアンダー、わけぎ、春菊など。 とは言え、血液サラサラの方が健康によいことはわかっても、具体的にはどうしたらよいのかわからないと困ってしまいますよね・・。 ビタミンCは抗酸化作用が強いので、血管を強くしてくれる効果があるのです。 健康でサラサラな血液では、栄養の吸収や老廃物の除去がスムーズに行われますが、ドロドロ血液はそんな正常な血液の働きができなくなってしまいます。 摂取する野菜の種類によって成分は異なりますが、総じてビタミン、ミネラルが豊富で細胞を活性化してくれます。 しかし、食生活が変化して肉類が多い欧米化することで、これらの栄養素を摂る量が減ってきたために、血液ドロドロの人が増えているのも事実です。 血液サラサラにする食べ方 血液サラサラになるためには食べ方にも工夫をすると効果的です。 たまねぎに含まれ、血液サラサラにするイオウ化合物は水に溶けやすく、たまねぎをスライスしてすぐに水にさらすとすっかりイオウ化合物が溶け出してしまいます。 にんにく にんにくにも玉ねぎなどに含まれるアリシンが含まれていることから、血液サラサラ効果が期待できます。 実際、一定の量のコレステロールが血液中に溜まるように私たちの身体は作られています。 これも魚と同様に海藻ならどれでも食べるのがよいと言えますが、中でも わかめに含まれる水槽性食物繊維のアルギン酸に、血液中のコレステロールを排出する作用があるため、意識して摂るのがよいと言われています。 また、規則正しく食事をとることや、食事を噛んで、食べ過ぎないことも サラサラ血液にしていく為に必要です。 EPAには血栓をつくりにくくして血流をよくする効果があります。 ビタミンEはそれ自体が酸化されやすいので、Cと一緒にとると効果的です。 そうなると体は重く硬くなり、さまざまな悪影響が出て、頭もうまく働かず、美容面でもダメージが出てきます。 また、血小板の凝集(多数集って固まる)を抑制し、血栓を作りにくくしています。 緑茶 緑茶やウーロン茶などに含まれるカテキンには、コレステロールや中性脂肪を排出する働きがあると言われており、血液中に血栓ができるのを防ぎ、血液をサラサラに保つ作用があると言われています。 また、抗酸化作用によって悪玉コレステロールの増加を抑える効果も明らかになっています。

Next|Next|Next