高千穂 伝説 殺人 事件

浅見光彦シリーズ「高千穂伝説殺人事件」|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

高千穂 伝説 殺人 事件

村田(さと子の父・魚料理「活魚 玄界」店主) -• 小沢滋美(白峯園 介護士) -• 水上菜津美(秀美の実母) -• 数日後、千恵子の父・誠一(仲谷昇)が姿を消した。 北本(小野の弟・幼少期に北本家に養子・元漁労長) -• 小山内章一(祥江の夫) -• 原田(筑前津屋崎人形巧房の職人) -• 大学の卒論テーマは「万葉集」(第31作)。 池田謙 35 (三次市立第二中学校 教師 ・ 郷土史クラブ顧問) -• 沢村版と違い、こちらは桐山がすべての事実が明るみに出たことで拳銃自殺しようとするも、光彦によって阻止されるという結末を迎えている。 平岡祐太版• 属(直樹と加奈子の息子) -• その後の調べで野崎さんの遺体から大量の覚せい剤反応が出たが、カラダに注射痕はなく、口から飲んだものとみられている。 野上(三次署 部長刑事) -• 夏岡総一郎(頼子の父・銀行家) -• - 矢島聰子事務所• 春日経円 (櫻香の養母・尊宮寺の尼僧) -• 森川(三次南署 刑事) -• 藤田(夕紀のマネージャー) -• の部下の刑事 - 、、、、• 武上清作(プロダクション社長) -• 正法寺美也子(の友人) -• 安藤(東江信用金庫西浅草支店 職員・隆子の上司・「銀座ヨットハーバー」3代目オーナー) -• 三次警察署署長。 まず殺害方法。 脚本 - 、、、、、、、、、• 田村寛之(市の観光課職員) -• 旧プロデューサー - (テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、(TBS)、(TBS)、、• この作品は本来、ヒロイン役の女性が登場しない作品であるが、文香はこのドラマにおけるヒロイン役である。 津田(隆子の父・「津田屋」主人) -• 高津雅志(富山薬科大学 准教授) -• 通称「すみちゃん」。 【ストーリー】 ルポライター・浅見光彦(辰巳琢郎)は33歳で独身。 当山林太郎(喫茶店「藤ノ川」主人・教由の中学の同級生) -• 矢野隆一郎(中部日本銀行沼津支店 支店長) - (幼少期:) 第25作「姫島殺人事件」(2008年)• この発想がなければ浅見光彦シリーズはなかったと言ってもいい。 - 研音(アーカイブ)• 富沢(宮崎県警察 刑事課長) -• ただし、祐子の死の真相に友人2人が関わっていたことを知りながら、そのことを隠し続けていたことが明らかとなり、最終的に自責の念から警察庁を依願退職している。 野元末治(34年前 倒れた鳥居に押し潰され死亡) -• 本橋丹那子(本橋の妻) -• しかし、その日の午後の構内の跨線橋で、彼女は絞殺死体となって発見されたが、彼女の遺留品からはあの本が紛失していた。 光彦は、誠一の事件への関与を案じ高千穂に向かう。 『後鳥羽伝説殺人事件』p300 1996年2月 関連項目 [ ]• 豊野きせ子(睦子の同級生) -• 長い間お疲れさまでした。 キャスト• 隆子の親戚 -• 安在晃一(高千穂警察署 刑事) -• - Twitter 2016年3月27日• テレビ版の市川さんは普通に歩いてらっしゃいますね。 野上(三次東署 部長刑事) -• 朱鷺紀江(朱鷺家故15代目当主夫人・友義の母・久美の祖母・実加代の曾祖母) -• 漆原宏を名乗った金の運び屋 -• 榎坂武雄(西須磨警察署 警部) -• 浅見雪江 -• 雪江の旅行に同伴することも多い。 石川(長野県警察 刑事・丸山の部下) -• 1986年に『』(・「」)で光彦を演じたは、速水と平岡による光彦との共演を果たしている(速水とは『天河伝説殺人事件』、平岡とは『平家伝説殺人事件』で共演)。 属佳那子(蔵吉と美代の娘・直樹の妻) - 増子倭文江• 浅見雪江 -• 伊東三郎(国土起業 会長) -• しかも、克子さんと長田さんが兄妹の設定…。 光彦は彼女に魅了されるが、この出会いが光彦をある事件に引き込んでいく。 三次市観光協会 職員 -• キャスト• 読み方「れんか」• 沢村版(「月曜ドラマスペシャル」)と中村版、平岡版では、祐子が亡くなった時期が原作とそれぞれ異なる。 連続ドラマ『浅見光彦〜最終章〜』では桐山道夫が陽一郎の部下という設定で登場しており、6話ではこの作品を元にしたストーリーで描かれる。 平沼(坂出警察署 刑事) -• 外部リンク [ ]• 三村舞子(達子の娘・広島県立三次東高等学校 生徒) -• 8年前、島根県で土砂崩れに遭い死亡。 光彦は、事件の真相を野上をはじめとする刑事たちの前で話し、ここで真犯人が逮捕されるという結末を迎え、野上が警察署長の指示で手錠を掛けている。 松田(刑事) - 向井恭介 第5作「城崎殺人事件」(1995年)• BS-TBS(2000年)• 落合(三次南署 刑事) -• 志水美也子(愛子の友人・10年前に誘拐される 当時女子大生) -• 松波千秋(公一郎の次女) -• 石川(いしかわ) 広島県警捜査一課刑事。 隠岐発掘調査団 団員 -• 本職以外に探偵としても活躍している。 - 中村大悟ブログ 2011年1月22日• 森本(西新宿警察署 刑事) -• - クラージュ• 警察庁刑事局局長。 マドカ(敏子の生徒) -• - スマイルモンキー• 木藤孝一 34 (北備工業 社長) -• - サンミュージック(アーカイブ)• 第14作では、野上の身内として妻が登場。 高千穂からだと、鹿児島の方が繋げやすいのでしょうね。 竹宮(能楽「水上流」高弟) -• のを務める。 - 志事務所• しかし昌大さんが思い込み、被害妄想にかられていたとしたら、どうだろう。 野上文香(哲男の娘 ・ 笑家店員) -• 清水庚四郎(徳島県議会議員) -• 笠原清美(小林の元妻) - 市毛良枝• 伊丹佳奈(伊丹の妻・琴絵の姉) - 福井裕子• 殺害した順番も分かっていない。 木藤孝一(北備工業 社長・池田の友人) -• ホテル支配人 -• 市川さんへ辿り着くのが早い早い。 忠信の息子(平家の落人) -• 安達(理紗の母・安達の妻) -• 上田京子(大勝の弟子) -• 甘味処「かげろう」店員 -• 霜村俊澄(化学教師・祥江の元恋人) -• は第14作でも「野上」役。 丸山寿夫(長野県警察 刑事) -• 水沼茂子(真理子の母) -• 長沢(鎌倉南警察署 新人刑事) -• 本沢の部下 -• 波戸雄二郎(波戸船舶 社長・句会「青山社」の参加者) - ベンガル• 大友(三次署 署長) -• - ジョビィキッズ• 浅見和子 -• - リミックス• 巡査 -• 牧原良毅(生け花の会「日生会」代表) - (若き日: )• 本沢家には録音された謎の電話がメッセージのように残されていた。 河野美砂緒(小池の元恋人・薫の親友) - 松原智恵子• 池田昌枝(池田の母) -• 塚越綾子(劇団「東京シャンハイボーイズ」マネージャー) -• 正法寺美也子(祐子の親友) -• 栗石清一(白峯グループ 会長) -• 正法寺美也子 29 (丸の内の商事会社勤務の会社員) -• 美しい映像と思いもよらぬ展開で描かれる愛と死のドラマは見応え十分だ。 将来に期待しましょう…していいのかな? ついに雪江お母さま 加藤治子さん は、光彦の結婚独立をあきらめました?!今回で、雪江お母さま役の加藤治子さん、陽一郎兄上の村井国夫さん、和子お義姉さまの山本郁子さんがご勇退。 大友(三次東署 署長) -• 木藤孝一(尾道 居酒屋経営者)-• 主演作品は、第14作から第31作までの18作品(2000年 - 2012年)。 木村達男(時計屋主人・ボートの持ち主) -• 新坂達之(ルポライター) -• 朱鷺寛一(下の分家 当主) -• 気賀沢(奈良県吉野警察署 刑事) -• 昌大さんは近くの橋から川に飛び降りて自殺したとみられている。 8年前、美也子達が泊まっていた民宿で、一緒に停まっていた「3人組」の一人で、8年前の事件に深く関与している。 書斎の留守番電話には男の声で高千穂の地名が入った伝言が残されていた。 伊丹勝男(古美術「正雲堂」店主) - 鶴田忍• 保田春菜(友久と円香の三女) -• 石川(県警本部捜査一課 刑事) -• 「あけぼのアパート」管理人 -• - 万善香織ブログ 2019年1月8日• 谷田部健司(代議士・駒津と三輪の同級生) -• 正法寺尚之(しょうほうじ なおゆき) 美也子の兄。 高田哲郎(ルポライター) -• 塚原為男(出版社編集長) -• 榊原(さかきばら) 広島県警本部長。 大山(京都府宮津警察署 課長) -• 谷山元治(月潟「駅前食堂」の客・内海の腹心) -• 踊り子の母 -• 平野(洋一の母・平野の妻) -• 有泉(三次東署 刑事) -• ある日、その浅見が美人バイオリニスト・本沢千恵子(高木美保)とお見合いをした。 為保一之(當麻寺住職) -• 浦本智文(ジャーナリスト・の仕事仲間) - 宮川一朗太• 本職はルポライターの素人探偵・浅見光彦が日本全国で起こる難事件を明晰な推理で解決していく。 竹内栄一(実加代の養祖父・久美の養父・朱鷺家の元使用人) -• - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)• 松木則男(不動産会社経営) -• サーフィン仲間 -• 棟方崇(徳進建設 元設計部・10年前 車の転落事故で死亡) -• 田坂栄男(国土起業 社長) -• 飛内栞(さゆりの大学の後輩・10年前 棟方の車に同乗して死亡) -• 村田さと子(広山の恋人) -• 村越秀雄(村越総合商会 社長) -• それとも、見逃したのかなぁ。 吉村春夫(たこ焼き屋「たこ磯」従業員) -• 朱鷺慶四郎(朱鷺家17代目 現当主) - 村田雄浩• 笹倉正直(県会議員) -• 富永(会社員) -• 高島勝子(小山内家の長女) -• 田坂英男(国土起業 社長) -• 水上和鷹(和憲の孫・能楽師・水上流次期宗家候補) -• 鷹取美鈴(冬江の娘) - 奥田綾乃• 土田(三重県志摩警察署 刑事) -• 三原先生と克子さん 藤田朋子さん)の関係を光彦 沢村一樹さん はどこからどうやって推理したのでしょうか。 「」では、とによる「 現在の光彦と過去の光彦の共演」が実現しているが、TBS版でもこの共演が実現している。 そこまでするですかぁ…。 キャストを見た限りの思い込みをのっけからいい意味で裏切られました。 長田さん、好青年なんですけど~。 エリートという役職に対し、まっすぐな意見を持っている。 宇戸佳代(元女優・芸名「深草千尋」) - (若き日:)• 棟方(棟方の母) - 片岡富枝• 律子(波戸の秘書) - 第17作「鬼首殺人事件」(2002年)• 駅員 -• - ジョビィキッズ• 浅見光彦 -• 三次中央警察署 刑事 -• 佐藤博子(劇団「東京シャンハイボーイズ」劇団員) -• 保田美菜(友久と円香の次女) -• 宇戸武三(佳代の弟・宇戸水産 社長) - 竜雷太 第31作「箸墓幻想」(2012年)• 長原敏子(吉野中学校の国語教師) -• 市場(奈良県橿原警察署 警部) - 鶴田忍• 夏井康子(鹿児島音楽大学 臨時講師) -• 2016年3月24日閲覧。 稲田広信(佐和の祖父・教由の父・土佐和紙の作家) - 篠田三郎 第4作「華の下にて」(2018年) - が舞台。 詳細は「」を参照 コミック [ ] 内田康夫原著の浅見光彦シリーズは、、()、 からコミック化されている。 松本(静岡県会議員の妻・肇子と貴志の見合いの仲立ち) -• 伊藤益江(月潟村の住民) - 松金よね子• 水上和憲(水上流宗家) -• 松木(松木の妻) -• 正法寺雅代(美也子の母) - 高林由紀子• - On7 -オンナナ-• 市来さゆり(棟方の元婚約者) -• 和田(商工観光課係長) -• 永倉(雄勝警察署 課長) - きたろう• 更にその後、誠一の部下と名乗ってメッセージを聞き出そうとした三上という男が高千穂で変死を遂げた。 加奈子(栗石家のお手伝い) -•

Next|Next|Next