タイラー レイク 命 の 奪還

タイラー・レイク 命の奪還のレビュー・感想・評価

タイラー レイク 命 の 奪還

見た人それぞれが感じたラストこそが、自分にとっての真のラストなんです。 ただしスケールは大きく、半面、構成は極めてタイト。 最後の男は誰? オヴィはヘリ助けられ場面は8ヶ月後に変わります。 (宇多丸)結構Netflixの視聴の記録を更新したみたいな人気作になっているみたいなのでぜひ、おすすめです。 『アベンジャーズ エンドゲーム』を監督した アンソニー&ジョー・ルッソ監督と関りが深く、本作でも制作として参加しています。 一方のオヴィは安心してまた学校へ通い始めることができるようになりました。 覚悟して」。 またアクションだけではなく、「父と子」をテーマに据えたドラマもレベルが高い。 父親はオヴィ・シニアで、現在服役中。 演じるのは ゴルシフテ・ファラハニ。 麻薬王のボンボンを救出するシーンはピンチから一気呵成に体技で仕留め、相手の武器を使って倒す。 クドイぐらいの長回し! どうやって撮影してるのか不思議なくらいビュンビュン動くカメラ! な、なんだこれは、、、世界がクリスヘムズワースを中心に回ってやがる、、、!!! でも、取ってつけただけの、アクションの添え物としてあてがわれたストーリー、薄すぎて感情移入する暇もない人間模様、主人公にただ殺される役としてだけ存在する悪役など、主役の殺陣のシーン以外はとんでも無く薄っぺらい!! でも肝心のアクションも見え見えのCG!! 車のフロントガラスにCGはめ込んだだけなの丸わかりのカーチェイス!! 極め付けはブルーシートのスタジオで撮影して後から合成したの丸わかりな背景!! なんか、映画見てるよりゲームのムービーシーン見てるような気になるんだよね。 ジョン・ウィックとかもジェイソン・ボーンとかアクションがすごい系映画ってのはたくさんある訳でして、その都度新しい敵の倒し方が発見されるのが映画好きの楽しみでもあります。 アベンジャーズではソーとしてハンマーを振り回す姿が印象でしたが、今回のような銃を扱う姿もかっこよかったですね。 含みを持たせた終わりですね。 1アクション俳優の クリス・ヘムズワースのキレキレのアクションが思う存分に堪能できるということ! 「アベンジャーズ」シリーズのソーをはじめ、出演作すべてに注目が集まるハリウッド・スター。 そのすべてを駆使した中盤のアクションが凄すぎて、カーチェイスがおまけのように感じてしまいました。 その危機的状況の中で、タイラーは過去の自分と向き合いつつ… という内容になっております。 ラストシーンの意味は? 最後にオヴィが水から上がった時、プールサイドにタイラーのような人影が映って映画が終了。 生年月日:1976年8月20日(43歳)• 2020年製作/117分/アメリカ 原題:Extraction スタッフ・キャスト. アクションシーンは、何度も見てしまった。 肉弾戦でハンドガンを使いまくるところはとにかくカッコイイ。 ネタバレしている箇所もあるので、ご注意ください。 その分映画的な面白さは付随してくるんだけども。 「インドの麻薬王の息子が、バングラデシュの犯罪組織に拉致された。 日本人として見えるロサンゼルス、 女性として感じるロサンゼルス、 また、アーティストとして経験するロサンゼルスを、このブログを通して伝えていきたいです。 👊💪💥💥💪👊 『タイラー・レイク -命の奪還-』が、公開後の4週間で、9千万世帯が視聴することが見込まれており、これまでに配信したネットフリックス映画の中でも最大のヒット作となる勢いです。 街中が敵に回り、凄腕暗殺者が迫ってくる。 ただ逆に言うとこれもなんだかシューティングゲームっぽいよなと思っちゃったりしなくもないんですよね… だけどアクション以外は面白くない 先ほども言った通りこの映画『タイラー・レイク -命の奪還-』はルッソ兄弟が原作にも携わっており、いわばルッソ兄弟節全開の作品な訳ですから面白くないわけがない。 最近、眠いです。 原題は『Extraction』に改められた模様で、以前はとのタイトルで伝えられていたものだ。 出典: どうも映画系ブロガーのでょお です。 監督は多分ランボー病にかかってますな。 サジュ/ランディープ・フーダー• そしてラスト、水面に戻ってきたオヴィが振り返ると、プールサイドには謎の男の姿がありました。 ディズニープリンセスでも最近は自分で戦いに行くんだけどな。 なおかつ、弟さんのジョー・ルッソさんのグラフィックノベルが原作になっているという、アクション物なんですね。 作品中にはカーチェイスのシーンがあるのですが、そのシーンはなんと監督自らが車のボンネットに括り付けられ、カメラを回しながら車を走らせて撮影したそうです! タイラーレイク 主演は男女が惚れ込むあの人! インド・ムンバイの麻薬王シニアの息子オヴィが、ある日友達と遊んでいるときに突然誘拐されてしまいます。 あの映画は 「アメリカ、バンザイ!」的な作品でもあると思うんで、まだ良かったんですが、それが本作にも適用されていたらどうしようかと観る前からヒヤヒヤしていましたw 結果的には 確かに主人公・タイラーは最強です。 結構長く続く一連の脱出シークエンスがあるんです。 作中にオヴィの 「溺れるのは川に落ちたからじゃない。 かなり情報が大渋滞しているサバイバル系アクション映画になっております。 インド系の俳優が出演しているがボリウッドアクション映画みたいに大仰な演技は一切なく、ソリッドな演技やアクションがまたいい。 ジョン・ウィックやイコライザーのアクションをさらに進化させたような感じ。 死体が浮いてこないと示唆されているシーンもあったから、本気で実は生きているってことだったのか? 私は幻覚の方を推したいですね。 8ヶ月後、無事に生還したオヴィは学校帰りにプールへ。 手数は少ないが、「敵を無力化する」「殺す」ための最短距離で構成されており、数手で敵を無力化する姿は、まるで『ぷよぷよ』で連鎖が決まったときのような快感がある。 本作は極めてシンプルなプロットである。 「命がけの仕事を引き受けていればそのうち死ねると思っているの?」という言葉もスルー。 そしてアクションの凄まじさというのは、百聞は一見に如かず、いくら文字で書いても伝わらないだろう。 しかしそれが果たして誰なのかは明かされず、映画は終わっていきます。 最初に主人公のタイラーが敵のアジトでオヴィを救出するために敵を殲滅するシーン。 それを踏まえると、 今回の守られる側・オヴィはイマイチ味気ないキャラになってしまったのかなと。 肉弾戦、激しいチェイス、全力ダッシュといったアクションシーンの撮影で、クリスは心身ともにヘトヘトになったのだとか。 このアクション・スリラー作品でクリスが演じる主人公タイラー・レイクは、ブラックマーケットで活動する、恐れ知らずの傭兵。 で、監督はサム・ハーグレイブさんというスタントマン出身の方で。 『タイラー・レイク 命の奪還』はNetflixオリジナル作品として2020年4月24日から配信中です。 アクション映画ではよくある話ですけど、 ストーリーはものすごくシンプル。 でもドンドン怪我をしていくんですね。 自分の力だけではどうしようもないと考えたサジュは、自分の家族を守るためにも傭兵を雇ってオヴィの奪還を計画することを決意します。 というのか、 ガンアクションだけで高評価。 その人気はNetflixでも健在で、 1週間で9000万以上の視聴世帯数を記録しました!これは、なんとNetflixにおける 1ヶ月の視聴世帯数史上最高記録を、 わずか1週間で塗り替えたそう!恐ろしすぎる…! そんな彼が、過去最高のアクションを披露しています! 迫り来る敵をほぼ一人でなぎ倒していくのは圧巻!大人には容赦なく!子供は殺さずしばき倒す!お腹いっぱいになる程カッコいい! さらに、このタイラー・レイクという ある種破綻した人物(漠然と死にたい願望があることを 希死念慮と言うそうです)描写も、 非常に豊かで素晴らしい!その演技も過去最高に良かったですね! 去年のコミコンでは 来日もしてくれたクリヘム!今作ではプロデューサーも務めており、その魅力がぎっしり詰まったクリヘム史にも残る作品です! 街からの脱出のワンカットは圧巻! この映画の白眉は、 街からの脱出するシーン!とんでもない 長回しでずっと追い続けるんです! 車で逃げるクリヘム達を追ってるかと思えば、流れるように車内に出たり入ったり、建物内での攻防もひたすらに止まらず、車で轢いても近接ナイフ戦になっても、ずっと途切れない! 思わず唸ること間違いなし! 今作の監督は、 サム・ハーグレイブ! スタントマン出身で「 アトミック・ブロンド」にも出演してます。 (宇多丸)スプラッターではないですけど、でもかなりエグみのあるのは出てきますね。 たいして車が好きじゃないからか。 どのアクションシーンも、観ている私もまで息をつく暇もないような迫力満点のものでした。 観てくれたみなさま、ありがとうございます〜! — Netflix Japan NetflixJP (宇垣美里)大好きですし。 バングラデシュのダッカ市外。 まあ『シティ・オブ・ゴッド』とかにも出てきましたけども、ギャングが本当に年端も行かぬ子たちをタマとして使うっていう。 on Apr 29, 2020 at 7:27am PDT さて、タイラーレイクの感想を語るうえで欠かせないのは、まず何といっても アクションですね。 肝心の感想ですが一言でまとめるとアクションがめちゃめちゃヤバいです。 銃撃戦はもちろん、特に近距離での格闘が凄まじい。 登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くため、その間は 映画もアニメもドラマも全部無料です。 途中から マーク・ウォールバーグの『ローン・サバイバー』を観てるかと思った。 そしてギャスパー役にはネトフリ民の我らがホッパー警部ことデヴィッド・ハーバーがキャスティング。 監督自ら車のボンネットに縛り付けられ、カメラを回して撮影するほどのアクションへのこだわりは、アクションが好きでもない自分でもすぐにわかります。 そういう非常にシンプルな話なんだけども。 ここも素晴らしい華麗なアクションの流れ技で凄いです。 タイラーは瞬殺で手下たちを倒し、オヴィを助け出すことに成功します。 でもこれもストレートに言ってしまえば 極めて身勝手な白人男のナルシズムでしかないようにも見えるし…。 そう、 今回のクリス・ヘムズワースはヒーローではなく、一傭兵としての役を演じているんですね。 今回はNetflixの映画、 タイラー・レイク 命の奪還 についてお話していこうかと思います! 本作は『アベンジャーズ』でマイティ・ソーを演じてきた クリス・ヘムズワース主演作。 Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』は2020年4月24日(金)独占配信開始。 本当に守られているだけでして、一部敵に反撃するシーンもあったけど特に魅せ場のないキャラになっていたよね。 意味を調べてみたら、 抽出や 引き抜きと出ました。 絶体絶命の状況の中、卓越した戦闘スキルを駆使して戦うタイラーだったが……。 監督は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のセカンドユニット・ディレクター&スタント・コーディネーターを担当したサム・ハーグレイヴが務め、プロデューサーはアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソが担当。 というのか。 真実は皆さんの心の中に!. 遅くまで映画観過ぎて、それが面白かったら眠気吹っ飛ばされてる毎日です。 2020 年4月20日から配信が開始されたネットフリックスオリジナル作品のサバイバルアクション映画「タイラー・レイク — 命の奪還 — 」。 そして自分の家族を守りたいなら早くオヴィを奪い返し、「シニアの名誉を返上しろ」と脅されます。 江戸時代なら多分成人 ここらへんタイラーの過去の情報が少ないからか理解しにくい所だった。 アカデミー賞にスタント関係の賞部門を創設してほしいと要望するキャンペーンも行われていますが実現はしていません。 ムンバイ中央刑務所。 しかしそんな過去があると言えども、親に大切にされておらず中途半端にデカくなっているオヴィを、あそこまで大切にする事には少し違和感が。 今でこそあらゆる作品に引っ張りだこの超人気俳優だけど、イケメンが板についてない垢ぬけない時期があったんですねー。 バングラデシュの麻薬王は警察とのつながりも深い為、 バングラデシュから逃げようとするタイラー達を大量の警察が追いかけてくる。 キャラ濃いのにめっちゃ印象薄だよねアイツ。 このことで、あのような非常に余韻のあるラストが生まれたのです。 今回のクリヘムはちょっと違うぞ」と思わせることに成功し、完璧なまでに映画に没頭させる導入部分を作れていました。 でもこれ、 まだ準備運動に過ぎませんでした。 (宇垣美里)ああ、若い子たちを? (宇多丸)そう。 (宇垣美里)ええっ! (宇多丸)はい。 映画『タイラー・レイク -命の奪還-』 ゲームのようなアクション映画 原題 : Extraction 製作年度 : 2020 年 上映時間 : 117 分 監督 : サム・ハーグレイブ 初監督作品 主演 : クリス・ヘムズワース タイラー・レイク役 ジャンル : アクション この映画の最も注目すべきところが、監督のサム・ハーグレイブ。 名前:Rudhraksh Jaiswal• しかも初登録時には タダで600円分のポイントが貰えるので、新作映画もレンタルより安く視聴できます。 裏社会の危険な任務を生業とする凄腕の傭兵タイラー・レイクは、ムンバイで誘拐された犯罪組織のボスの息子を救出するため、ギャングが支配するバングラデシュのダッカ市街地に向かう。 え、じゃあ、最初から敵の親玉を倒せばよかったのでは…と思ってしまうのも無理はない、本作の目的すら見失うオチだったような…。 その時タイラーはまた、息子との思い出がフラッシュバックしましたが、やっと息子の顔がしっかりと思い出せたのでした。 ザッとあらすじ ネタバレ無し インドの 麻薬王の息子が、バングラデシュの麻薬王に誘拐され、その息子を救出に行く事になった傭兵のタイラー・レイク クリス・ヘムズワース。 子ども救出後に追いかけられ、 子どもは助けるが死ぬタイラー。 舞台はバングラデシュなんですけども。 ちょっと重いし後味もあまり良くないので、 今日は花金だぜウェーイ!みたいなノリで見ると割とカウンターパンチ喰らってしまいます。 これは観てもらうのが一番イイと思う。 このときビーチでの思い出がフラッシュバックしますね。 タイラー・レイクがスゴイことになっています。 声優は山野井仁さん。 名前:David Harbour• サジュも、インドの麻薬王から息子の救出を引き抜かれてます。 ダミー等もうまく使ったり、監督がスタントコーディネーターならではのカメラワーク等をしたからこそ生み出された作品なんですね。 真っ先挙がるのが タイラーレイク本人ですね。 オヴィはタイラーに駆け寄ろうとしますが、ニックに止められ、その姿をやさしくタイラーが見守ります。 メガホンを取るのは、『アトミック・ブロンド』などに出演し、さまざまな作品でスタントを務めてきたサム・ハーグレイヴ。 オヴィが無力で可愛い年齢でもない。 深く沈み、浮かんで顔を出すと、 画面奥にはタイラーと思しき人物が。 常に陽性の雰囲気をまとっている彼からは想像できない、俳優として新たな魅力を見せたといっていいだろう。 タイラーを射殺した少年兵が今後どうなっていくのかは少し気になるところです。 彼の監督作品第1号となったのが本作なわけだが、 サム・ハーグレイブはもともと スタントマン・スタントコーディネーターをしていた人物で、マーベルシリーズやDCなどの実写アメコミ映画でもスタントのコーディネートなどをしてきた。 それをプロデューサーとして支えるのが『アベンジャーズ』大ブームの立役者ルッソ兄弟だというから、マーベル映画ファンも見逃せないだろう。 監督 本作のメガホンを取ったのはスタントマン出身の サム・ハーグレイブ。 どういうこと…? これは考察ですが、恐らく「 引き抜き」という意味で使われているものだと思います。 映画『タイラー・レイク -命の奪還-』の登場人物・キャスト ザックリとキャストを紹介したいところなのですが、ビッグネームがほぼクリス・ヘムズワースに頼り切ってるんですよね。 どーも、スルメ です。 タイラーが決死で守ったおかげで助かったとはいえ、今後いつ再び襲われてもおかしくありません。 裏社会で暗躍する傭兵が麻薬王の息子さんがとある敵対組織に誘拐されたということで、その息子さんを助けに行って……という。 その他の出演者は『パイレーツオブカリビアン 最後の海賊』の ゴルシフテ・ファラハニ、『ストレンジャー・シングス』の デヴィッド・ハーパーなどなど。 You can change ; continued site use signifies consent. あの人物は誰なのか?タイラーが生きてるんじゃないか?ラストに訪れたまさかの展開に、観終わった人の考察が後を絶ちません。 みなさんは、ロサンゼルスに行ったことがありますか? さらに、ニックがトイレで麻薬王を射殺したのもタイラーの死への復讐と考えるのが妥当。 まあ、すごくストーリーはシンプルで。 ポリティカルでハード、重くて憂鬱な方がルッソっぽい感じです。 どっちかというと 『トリプル・フロンティア』や 『アトミック・ブロンド』のような、 しんどい系映画。 その間に途中、ちょっとした想定外の事態が起きたりして。 (宇垣美里)ああー、大丈夫です。 マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られる が主演する オリジナル映画 『 』が登場だ。 出典: 実はケルヴィンタイムライン1作目の 『スター・トレック』でカーク船長の父親役を演じたのがハリウッドデビュー。 想像以上にスタントだらけ。 もう監督のドヤ顔……しかもそれも納得のすごさっていうか。 続編が作れるように伏線を用意していたとも考えられます。 インド麻薬王から子どもを誘拐したバングラ麻薬王。 タイラー・レイク 命の奪還 あらすじ 人知れず危険な仕事を引き受けている裏社会の傭兵であるタイラー・レイクは、インドの麻薬王の息子であるオヴィを救出するように命じられる。 計算され尽くされていますよね。 コメディ要素は一切なく、シリアスなんだけどアクションはめちゃくちゃ面白い。 活動開始:2013年 地元インドを中心に活動。 お金で雇われバングラデシュまで救出に行くタイラー。 さらに仲間のニックはサジュからお金が送金されていないことに気づき、タイラたちがサジュにはめられたことに気づきます。 (宇垣美里)Netflixで。 あげくに本作のラストでニックがアミール・アシフを殺っちゃいますからね。 演じているのは ゴルシフテ・ファラハニという女優さん。 誘拐犯の拠点に乗り込むと、秒でアジトを壊滅させる。 個人的にはサジュと一度決別して再び結束する点などが、少しストーリー的にごちゃごちゃするという気がしました。 もう監督のドヤ顔がね。 比較的最近配信されたNetflixのアクション大作 『6アンダーグラウンド』のような軽快さはないです。 観ているこっちが呼吸するタイミングもない…。 他2名ほど重要人物がいますが、、 タイラーは過去に 6歳の息子を病気で亡くした際に、傭兵として自ら志願、出征し子どもの死から逃げ出したという過去があり、そのときの 罪悪感がトラウマのように刻み込まれているようでした。 そんなクリヘムが本作ではジョン・ウィックのガンフーを優に超えるアクションを披露しています。 点数は主観なので。 チームの仲間である ニック・カーンがタイラーのもとを訪れ、 誘拐された少年の救出の仕事依頼があると説明。 ……と書いてはみたが、やはりアクションについては、もうとにかく観てほしいとしか言いようがない。 タイラーはダッカにいた傭兵仲間のギャスパーに助けを求め、ギャスパーにかくまってもらいます。 あの『マイティ・ソー』でおなじみのクリス・ヘムズワースさん。 ここから先は『タイラー・レイク 命の奪還』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 最強傭兵クリス・ヘムズワース! 本作のあらすじを簡潔に述べてしまうと、過去に子どもを亡くした傭兵・タイラーが、インドの麻薬王の息子を別の麻薬王から守るストーリー。 全然、そういうスプラッター……「スプラッター」というわけではないのか。 彼には奥さんと子供がいて、お金がないために自ら犠牲にならなくてはいけなかったと思うと辛いですね… 演じるのはランディープ・フーダー。 このブログではこの他にもたくさんのNetflixオリジナル映画含む映画の感想を書いているので、良ければ合わせてご覧ください。 主にこの三者が、物語の中でも重要なポジションにいて、人質を巡る攻防の中でそれぞれの道に気づいていくからです。 最近はコメディの印象が強かったクリス・ヘムズワースだが、今回は徹頭徹尾、寡黙でタフな、しかし陰のある男を好演している。 この男、 タイラー・レイクは傭兵的な稼業をしており、汚れ仕事まで何でもやります。 そして、その「戦い」のアクションが、ハリウッド映画の中でも突出したレベルなのだ。 しかし、今回は徐々に息子と守るべき少年がタイラーの中で被り始めるものの、当初はお金や死に場所を目的として任務に参加しています。 監督曰く、「 あなたが感じたことが、あなたにとっての真実。 また中盤の超絶疑似ワンカットは、『戦狼』の冒頭を彷彿とさせるし、銃撃戦と素手の格闘がシームレスに繋がる感じは、MCUのアクションのレベルを1段階上げた『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)のようだ。 子供自身は無邪気なもんなんだけど……っていうところで。 この後の作戦どおりに進まなくなってからのタイラーとオヴィの計画ゼロで危機を脱するべく必死に逃走する一連のシーン。 アクション映画としては秀逸ですし、長回しっぽい長尺アクションシーンも見どころですし、十分楽しめる映画となっています。 (宇垣美里)ええっ、見たい! (宇多丸)「しかも、普通だったらここでこのぐらいで終わるところが……終わらないんですねー! 普通だったらこのぐらいですよね? でも、終わらない!」って。 オヴィと話をしていたのもつかの間、ギャスパーはアミールとつながっていてアミールの命令でオヴィを殺そうとしていたことを知ってしまいます。 ただ、試写を実施したところ、タイラーに「生きていてほしい」という反応と「死んでいるべき」という反応の ほぼ真っ二つに分かれたそうです。 映像では「ナイフで戦い、銃で戦う。 そこでタイラーはオヴィにかつて自分の息子が病気で重篤になっているときに、現実から逃げてアフガニスタンに自ら志願して出兵し、その兵役中に息子が亡くなったことを打ち明けます。 また、この映画に関するあれこれや、原題の意味、ラストに関しても考察を交えてお話させていただいてます。 だが、金のために請けた任務が、いつしか過去と向き合う自分との戦いへと変わっていく。 まさに今の技術ならではのアクションシーンの連続になっていて。 サム・ハーグレイブ、今後も注目です! 他にもあるこんな魅力! この映画にはクリヘムや監督以外にも様々な魅力があります! 今作でハリウッドデビューとなったインド人俳優 ランディープ・フーダーの、キレキレのアクションにも注目!特に ナイフ捌きは格別です!殺しあっていたタイラーとサジュが、 利害を超えて誇りのために協力する展開は胸アツ!この方はサルマン・カーンが主演したインド映画「 スルターン」にも出演されています。 しかし、オヴィが保護される場所に到着する直前というところで、サジュは敵に殺されてしまいます。 特に途中でタイラーと敵側であるサジュがマンションから落下するシーンもあるのですが、そこもガッツリワンカットの内に組み込まれていました。 脚本・製作のジョー・ルッソは、ハーグレイヴ監督について「(チェイスを)成功させるために、ものすごい時間と思考を費やしている」と絶賛。 タイラーは一人で潜入し少年を奪還しようとするが、ギャングが二人の前に立ちはだかる。 非常におすすめ作品でございます。 ですから、最後の男がタイラー本人だったと考えるのが難しいかなと。 傭兵の枠を遥かに超えるトリッキーな戦い方で敵を一掃してくれますw 見どころは色々あるんですが、アクションが一番すごいのは中盤にあるカーチェイスから始まる長回しのシーン。 とても素晴らしい作品で、このバハールが非常にカッコいいんです! 武器を手に取り、男にも負けず戦場を渡り歩く彼女は必見です! 今作では傭兵として、扱う武器と手練れ感がすごくいいですし、何と言っても ラストのドレス!非常に似合っていてお美しい…!今後も目が離せません! EXTECTIONとは この映画の原題は「 EXTRACTION」。 こないだ久しぶりに見たんだけど、 けっこう顔むくんでてビックリした。 ニク・カーン/ゴルシフテ・ファラハニ• MCU初となる単独作第4弾が決定していますし、ソー人気はまだまだ続く予感……。 アクションをしているのは映像に映っている俳優ではないかもしれませんよ。 そのうちのひとつが、長回しのショットを自然に繋ぎ合わせ、ワンカットのように見せる激しいチェイスシーンだ。 『タイラー・レイク』の見どころは、アクション俳優としての確かなキャリアを築きつつあるクリス・ヘムズワースと、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でスタント・コーディネーターを担当したサム・ハーグレイヴによるアクションシーン。

Next|Next|Next