キリンジ ライブ

KIRINJI 20th Anniv. 堀込高樹に訊く、キリンジとKIRINJIの「19982018」|DI:GA ONLINE|ライブ・コンサートチケット先行 DISK GARAGE(ディスクガレージ)

キリンジ ライブ

新体制になってからも作品リリースからライブまで精力的な展開を続けており、2020年夏には「KIRINJI TOUR 2020」も開催。 もう17年も前のライブなので今更音源化も映像化も絶望的だと思いますが、 もし叶うなら、私はこのライブテイクの音源化・映像化を切にに望み続けます。 世の中には「ただのいやらしいオヤジ」にネチッこくあれこれされたい、という女性が少なからず存在するのです。 恐るべし、堀込泰行。 」とこの世界の入り口を教えてくれて、 一気にアコースティックサウンドは音色を増し、ドラムサウンドが加わり、Aメロへと繋がっていきます Aメロ 堀込泰行氏の渇いた、空気感のある歌声とイントロから続くアコースティックなサウンドが混ざり合い、 「僕」という主人公の怠惰な時間を歌い上げます。 キリンジファンの間では、兄が弟の楽曲「エイリアンズ」に勝負を挑んだものだという説もあります。 できれば、枯れ木や緑の少ない冬らしい道が良いでしょう。 そしてその呪文のような言葉が終わり、引き続きBメロへ続きます。 日本最大級の公演チケット売買(二次流通)サービスです。 そして、ラストサビに入る前の、静寂。 バラードでもありますが、力強さを感じる楽曲であり、歌詞は少し哲学的でいて男性の切なさに帯びているという印象を受けます。 8小節で完結するようなメロディみたいなものに当時は惹かれてたんですよ。 お一人様のご当選数は勝手ながら1口とさせていただきます。 一方で、本作を作り終え、現編成のKIRINJIとして出来うることは全てやってしまったという思いも生じてまいりました。 KIRINJI PREMIUM 2018 2018年、新たな一歩を踏み出すKIRINJIが2年ぶりにビルボードライブ登場。 「<KIRINJI TOUR 2013>千秋楽にようこそ、おいでくださいました。 やればできるな、って(笑)。 エモーショナルの極み。 音源化されているものでは、2010年にリリースしたシングル「夏の光」のボーナストラックとして、 2009年ライブ時のテイクが収録されたものがあります。 それが、あまり記憶に残ってないんですよね。 そして人は、時に落ち込みます。 お知らせ後、2日以内に発券し受取連絡の手続を、お願いします。 こちらはよりスロウに、しかし緩急をつけてよりメロウに、洒脱にアレンジされたバージョンでして、 緊張感をややゆるめ、イージーリスニング感が増していますので、ファンは必聴でございます。 以後は堀込高樹を中心とする音楽集団として活動する。 ご応募はご本人様限りとさせていただきます。 All Rights Reserved. イントロの重く冷たいアコースティックギターのサウンドから一転、畳み掛けるような、しかし脱力感は残るサウンド。 2014年からはユニバーサル ミュージック内のVerve Recordに所属して活動しています。 代金のお支払いからお届けまでを事務局がサポートし、チケット詐欺にあう可能性はありません。 よろしくお願い致します。 いずれにしても、発表文を見る限りではそれほど後ろ向きな活動休止ではないと思われます。 でも、キリンジって、もともとそんなアッパーな曲なんてあんまりない。 へこむ時、人間はとことんへこみつくすべきだと私は考えています。 このアルバムは、一部の邦楽ファンから知る人ぞ知るアルバムだよという評価を受けていた頃。 ただし、諸事情により賞品の発送が遅れる場合がございますので、予めご了承ください。 」という小さな掛け声が聴こえ、 そこから音源と同じく、ラストのサビが展開されていきます。 正しい歌い方が分かる方がいらっしゃいましたら、 twitter までご一報いただけると大変助かります!! 以上、キリンジの「むすんでひらいて」という魅力が有り余る楽曲について、 つらつらつらつらと書いてきました。 するとわずかその2秒後、2分26秒、この楽曲の真髄が展開されていきます。 無理やり解散理由と見れそうな所といえば以下の部分。 ピッタリすぎて二度寝してしまいました。 なかなか、愛しい1日にはならないけれど。 そしてもうひとつは、兄弟であるがゆえに、お互いを一人のミュージシャンとして尊重した上でのコミュニケーションをとることが困難であったということ。 それがこの 「むすんでひらいて」という曲。 さぁ、そうこうしてるあいだにも、アコースティックな楽器がいくつか並びましたけれども…。 出典: KIRINJIは、1996年に堀込高樹&泰之の兄弟によって結成され、活動をスタート。 まるで人々の歩行が「踊り」に見えてしまう、そんな瞬間もあるかもしれません。 ホントにどうもありがとうございました。 お互いのやりたい事が徐々に噛み合わなくなっていたところだったようですね。 2013年には堀込泰行が脱退し、新たに弓木英梨乃や楠均など楽器隊メンバーを加えたフルバンド編成となって再始動。 そのフレーズで、ちょっと幸せになれます。 ご記入のない場合は無効となりますのでご注意ください。 お帰りなさい、ヤス! 何度も何度も聴きました。 泰行さんは 『KIRINJI TOUR 2013』の最終公演をもって脱退しました。 キリンジのライブのアンコールでは、よく歌われていました。 カッコイイ人は自分の中のプライオリティがはっきりしてる人が多いと思います。 少し話が飛びますが、歌詞への考え方について、 直接的な表現による、例えば「愛している」「ガンバレ」「諦めないで」という歌詞の曲も、大切です。 もちろん、不器用ながらお互いをケアすることもありました。 泰行さんはかっこいい? 『キリンジ 弟』で検索すると、 『かっこいい』と出てくるのですが、やはり兄弟で活動していると、兄と弟どっちがかっこいい?という話になりますよね。 阿呆(作詞/作曲:堀込泰行) 8. 切なさで心がキュッとなってしまうが、ファンは大きな拍手と笑顔で二人を送り出す。 アルバムcherish」に全員のサインを頂いてよい記念になりました!. 2020年5月14日時点で、下記の通り発送時期を予定しております。 なお、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 もう「キリンジって誰?」とか「 上の2人の冴えないおっさん誰?」とか 「どのアルバム聴けばいいの?」とか「 帝都随一のサウンドシステムって何?」とか そこらへんはもう 、そこから先、ある1曲に焦点を当て続けるブログを 今回書きたいと思います。 当選に際し、別途費用が発生することはございません。 「風を撃て」はスピード感豊かに、かと思えば「野良の虹」は強いアタックのベースをイントロに、ファルセットを交えてたおやかなメロディーを紡ぐ、etc……。 この曲はパーツごとに切り取っても、こんなにも魅力で溢れているのです。 『千年紀末に降る雪は』はわりとボリューミーな構成になってるし、『悪玉』は軽い曲だけど構成している要素はすごく多いし。 手影絵(作詞/作曲:堀込高樹) 9. しかも、やや遅めに起きた朝。 — TURN turntokyo 今回の件について、キリンジ KIRINJI は公式HPとTwitterにて以下のように報告しました。 チケットストリートは「ライブの感動を、すべての人へ」というミッションのもと、コンサート、ライブ、演劇、スポーツなど、興行チケットの安全な取引を仲介しています。 待った甲斐がある一枚! 今後も泰行さんが作りたい音楽を作っていってほしいですね! 結婚はしている? 泰行さんが結婚しているかどうかが気になっている方も多いみたいですね。 すると突然、「僕」は踊り続けるダンスを、下記の呪文のような言葉に例え出します ティトゥリトゥリトゥリラー ティトゥリトゥリトゥリラー トゥラーリー ティトゥリトゥリトゥリラー トゥーレリラー — より ここの堀込泰行氏のファルセットのかかった艷やかな歌声と、楽曲の組み合わせは必聴。 キリンジ KIRINJI が2020年での活動終了を発表 【NEWS】 KIRINJIが2020年で現編成の活動を終了することを発表。 まさにそのタイトルの通り、春の季節に描く、音色と色彩の美しきシンクロニシティが感動的だ。 そちらもたくさんの人でした。 新規の方からの、いたずら落札の被害に数多く、あっております。 その説の真相はどうであれ、 「Drifter」もまた、天才的な名曲であります。 というのも、アーティストとして『やりきってしまった』というのは解散発表のときによく使われる言い回しだからです。 これから、新しいキリンジは兄が受け継ぐことになります。 J-WAVEの企画の「MAP for LOVE」素晴らしかったです! 冨田ラボファミリーが参加しているっていう感じですね。 その時、この曲はそんなあなたを手助けしてくれるはずでしょう。 なんだこの展開は??? 初めて聴いた時に、そう思ったのを覚えています。 そして、キリンジの名前は僕が引き継ぐことになりました。 弟の話ばかりがクローズアップされ、自分の言い分を思った通りには伝えられなかった。 そして、ムードはまた一変……。 1996年、兄の堀込高樹とキリンジ結成し、1998年にメジャーデビューを果たします。 )(作詞:堀込高樹/作曲:キリンジ) Produced & Arranged by キリンジ [初回限定盤のみDVD付] 新曲MusicVideoに加え「キリンジTV the FINAL」を収録. こればかりは、好みというか相性というか、聴いてみるしかない。 「僕」という主人公がいる、緩いリズムに身を任せて、「ダンス」を踊る、 「僕」はひたすら踊る、延々と踊り続ける、 サビで明らかになる「浮かばれたい」という気持ち。 曲が長くなり始めたのも、そのぐらいからかな。 他のライブでは終了を迎えてもおかしくない濃厚なボリューム感にファンは疲れるどころか、ステージを見つめる眼差しに熱がさらに帯びる。 Icons made by , , from is licensed by• あたらしい友だち(Album ver. 今後も泰行さんについて情報が分かり次第追記していきます!. 「3月27日にですね、キリンジの10枚目のアルバム『Ten』がリリースされました。 ひたすら気分を落ち込ませたいときに 歌詞などを度外視すると、本当にこの曲はダウナーです。 どうなんでしょう。 キリンジは二人ともが詞も曲も書き、ギターも弾きますが、 曲作りの主導権は兄の高樹さんが握っていたようで、泰行さんは 『自分は自分でグループの役割分担に縛られずに、好きな曲を書きたいし、好きなように歌いたいし、好きなようにアレジしたい。 でも、この曲は決してイージーリスニングな曲とは思っていません。 また、現行体制のバンドメンバーのことを「『俺について来いよ』っていう奴がいたら引く人っているじゃないですか。 シングルカットされた曲も聴かず、1曲目からアルバムを聴いていたところ、 1曲目の「グッデイ・グッバイ」から、6曲目の「エイリアンズ」まで、非常にバラエティ豊かで、 かつ飽きのこない楽曲群にすべての曲が気に入りそうと感じながら、7曲目のインタールード(Shurrasco ver. 言いっぱなしのダジャレも気持ち良さそうでいいなぁと感じる今日この頃です。 「曲がないんで、もう乾杯しちゃいました(笑)。 すべて見る 関連ニュース. 【発送方法】 支払手続確認後、セブンイレブンにて発券可能な引換番号を、お知らせします。 もしかしたら知っているアーティストのPVやアートワークを手掛けているかも? ) よって、映像であったり演出であったりと、より楽曲の世界観を膨らましてくれる演出のあるライブなのですが、 その中でこの曲の演出は、異彩を放っています。 リズミカルなサウンドもあるわけです、そこで、冬の街や人混みを歩くときに、聴いてみてはどうでしょうか。 2013年4月12日、コンサートツアー「KIRINJI TOUR 2013」最終公演をもってキリンジを脱退しました。 すみません、これはただのお悩み相談でした。 チケット掲示板やオークションなどより安心・安全です。 ありがとうございました。 弟脱退に対して兄は、、、 泰行さんの脱退に関しては、兄の高樹さん、マネージャーと何度も協議をしたうえで決定されたことだったそうです。 ナイーヴな人々(作詞/作曲:堀込高樹) 3. キリンジ時代から見守り続け、待ちわびていたファンの感想がこちらです。 未発券です。 よろしくお願いします」(泰行) 「よろしくお願いします」(高樹) 「僕は、マイナー競技でオリンピックを目指そうかと思ってます(笑)」(泰行) 「どういう意味かよく分かりませんが(笑)」(高樹) 「(笑)よければ、僕の音楽も聴いてみて下さい」(泰行) こんな飄々としたやり取りも、とりあえずは今日で見納めだ。 泰行と高樹の背には青空が、そして、雲の映像が流れてゆく。 バンドではレインボー、デフ・レパードなどのハードロックを演奏していた。 担当パートにとらわれず各メンバーがさまざまな楽器やボーカルを受け持つ自由な表現スタイル、作品リリースからツアー開催まで幅広く展開される活動によって、現代の音楽シーンにおいてユニークな存在感を放つ重要バンドです。 やや左チャンネルから聴こえてくるところにも、なにか意味があるのでしょう。 が、それでも好きという気持ちは抑えきれないので、 それ以外の観点から、この楽曲をひたすらに、しつこいほどに、味わっていきたいと思います。 よかったら僕の音楽もよろしくお願いします。 そして、続いたのは1998年作、メジャーデビューシングルとなった「双子座グラフィティ」。 独特の奥深さを持った詞世界や洗練されたバンドアンサンブルが特徴で、「エイリアンズ」「夏の光」「十四時過ぎのカゲロウ」「イカロスの末裔」などが代表曲として知られています。 サビ むすんでひらいで回る 草木も眠る未明に 浮かばれたい 浮かばれたい — より ここの一瞬で、声が裏返りそうになるほどの、エモーショナルな歌声が垣間見えること。 (活動終了に関する部分のみ) 皆様へ 日頃よりKIRINJIの音楽をお聴きいただき、誠にありがとうございます。 これまでもほとんど駄文だったのですが。 「実はあまり聴いていなかった」「そう言えば最近聞いていないな」という玄人リスナーの方も、 もう一度、キリンジという天才兄弟ユニットを思い出しながら聴いてみましょう。 冬の人混みの中を歩くときに 無気力であり、怠惰であり、アコースティックな曲です。 玄人リスナー向け、難解かつキャッチーな名曲3選 短編小説のようなクオリティ「千年紀末に降る雪は」 それでは、キリンジの楽曲の中でも大作中の大作とも言える、 「千年紀末に降る雪は」についての紹介です。 メロディだけだとただダウナーに聴こえる楽曲ですが、サビにたどり着いた瞬間、一気に魂が開放されるような…そんな曲の展開。 この曲でへこみきったら、「夏の光」とか「進水式」とかでキリンジの元気成分を補ってくださいね。 キリンジ脱退後は他のアーティストのライブへの客演やイベント等の出演が続いていたが、2014年7月、大阪・東京で初の単独ライブを行うことが発表され、また同年11月に配信限定シングル「ブランニュー・ソング」をリリースした。 秋冬に似合う曲だと思っています。 キリンジのライブテイクでも類を見ないほどの異質感を漂わせています。 この組み合わせこそがこの楽曲の髄であり、キリンジの今でも続く20年の楽曲史の中でも異色を放つポイントだと考えています。 会場の雰囲気が和やかになっていく中で、田村玄一(G、ペダルスティール)、千ヶ崎学(Ba)、楠均(Dr)、伊藤隆博(Key)から成る『Ten』のレコーディングメンバーとのセッションによる、「Ladybird」を始めとするこれまでの数々の楽曲にキリンジのメンバー自身も新鮮さを感じているよう。 ちなみに、下ネタに関しては僕も増加傾向にあります。 僕はマイナー競技でオリンピックを目指します(笑)。 最近「進水式」の歌詞が今の状況にぴったりだなと思い、心に沁みます。 本当なら5月にJ-WAVEのイベント「TOKYO M,A. Bメロの時より大きく、長く、静寂が訪れ、鳥のさえずりのような、口笛のような音が聴こえ、より高い緊張が楽曲を包み込みます。 隠れファンも多い名曲「Drifter」 さて、キリンジの名曲と言えば、弟・堀込泰行の作る楽曲というイメージですが、次に紹介するのは 兄・堀込高樹が作詞作曲者である 「Drifter」です。 そこで、この「むすんでひらいて」という楽曲の歌詞はどうでしょうか。 また、サポートミュージシャンを迎えるのではなく、メンバーを固定したバンド形態にした理由としては、「全員がコーラスをやったり色々なメンバーが歌ったりするバンドがいいと思ったこと」や「レコーディングした音とライブで演奏する音をなるべく近いものにしたいと思ったこと」などを挙げている。 お涙頂戴的な演出は、皆無。 5月17日放送のテレビ朝日の「関ジャム完全燃SHO]」で高樹さんが作詩、冨田さんが作曲の「乳房の勾配」が取り上げられました。 サビは、堀込泰行氏の声を若干エフェクトかけてますよね? しかもラストサビではフランジャーのようなうねりある加工をしていますよね? あのサビの歌声あっての曲なので、サビで如何様に歌えばいいのか非常に困ります。 1、2枚目は、まだシンプルだった気がするんですよ。 ビリー(作詞/作曲:堀込泰行) 5. S」にどの日かに行っていたと思います。 <ブルーバード 僕は旅立つ 小さな不安に 大きく窓を開け>。 「ナイーヴな人々」もギターのリズミカルなストロークが心地よい中、高樹を筆頭にしたバンドメンバーによるコーラスが泰行のボーカルを優しく包み込む。 サビでのゾクッとする緊張感、一気に迫り来る音の洪水 ライブでより栄えるコーラスとファルセット気味の堀込泰行氏の歌声と、ギターと、ドラムスと、ベースと、様々な音たちと。 音楽界で 天才兄弟ユニットとして知られる キリンジ。 とても聴きやすく、覚えやすくもあるソウルミュージックです。 2016年のアルバム「ネオ」のプロモーションで、堀込高樹は「魅力のあるグループを作らないと活動していけないなと思った」「曲が生まれて、どんどん変わっていくっていうプロセスを(リスナーに)見せたい」「(兄弟時代の経験から、リスナーは)実はタレント性に惹かれて聴いているっていうことが多い」 と述べている。 いつもの呪文のような言葉が終わりサビに入ろうとした時、 時間で言うと4分4秒。 2013年、泰行の脱退によりキリンジの兄弟時代に終止符が打たれると、グループ名を「KIRINJI」と改め、田村玄一、楠均、千ヶ崎学、コトリンゴ、弓木英梨乃をメンバーに迎え、バンドとして再始動した。 難しいと言われる兄の楽曲の中では、比較的シンプルで覚えやすい名曲なのではないでしょうか。 その音楽性はコアな音楽ファンのみならず他のミュージシャンや著名人からの支持も多く、これまでにaikoやJUJU、秦基博、YUKI、櫻井和寿(Mr. 違う会場またはコースをご希望の場合は、もう1枚応募封筒をご用意ください。 あなたの知っている「モテル人」ほど、実は「ただのいやらしいオヤジ」の埋蔵量がスゴいのかもしれませんよ。 プロデューサーだった冨田(恵一)さんも含めて。 商品発送 賞品は2020年6月下旬以降から発送させていただきます。 Children)らが支持を公言。 このライブバージョン、正直に言うとアルバム音源より敬愛しております。 その静寂、よく聞くとドラムを担当している鈴木達也氏の「1,2,3.. ファンからは 兄弟が不仲になったのでは?という懸念もありましたが、泰行さんは兄弟不仲によるだったではないという点を強調していました。 歌詞も抽象的なので、特に励まされもせず、同情もされず、ただダウナーな音の波があなたを襲います。 高樹さんは公式サイトで次のように発表しています。 「CHANT!!!! が、しかし過去にCSでライブ映像が放映されたので、しれません) このライブはキリンジのライブの中でもかなり特異なもので、teevee graphicsという映像制作会社とコラボレーションをしたライブなのです。 あと食べ物で酒粕うどんもあって後ろのテーブルや畳席で食べたりできるようになっていて素適な場所でした。 クラブでもディスコでもありませんが、この曲のこのサビを最も視覚的に表現する方法はなんだろうと考えた時、 私はこの映像を見た瞬間、感動すら覚えました。 ゆえに、ただスケベなだけのくせに「俺も満更でもないな」と思ってしまっている男性は多い。 本公演は2017年12月のコトリンゴ脱退後、注目すべき初のライブ。 そして、そのミュージシャンとしてのこだわりを、泰行はソロとして、高樹はキリンジとしてこれからも表現してゆく。 しかし、いわゆる比喩や暗喩にまみれた、掴みどころがまるで分からないような歌詞、 意味がありそうで本当は意味がないような歌詞も、私は「音楽」というカテゴリにおいては存在価値のあるものだと思っています。 明るくなる気配など一向も無いまま終わってしまいます。 落札前に、お読み下さい。 いや…でも、「僕」にとって、その踊り続ける日々が幸せであるならばそれは決して悲しいことではないのですが、 「浮かばれたい」という言葉にどうしても引っ張られ、無情であるという感想が離れてくれないのです。 わりと小気味の良い感じのアルバムになりまして、今回のツアーもその中から何曲かやっているんですけど」(高樹) 9作目のアルバム『SUPER VIEW』以来、リリース・タームとしては約4ヵ月強というハイペースぶりでリリースされた『Ten』からは、「夢見て眠りよ」と「ナイーヴな人々」の2曲を中盤で披露。 その二人が思う 『かっこいい』ってどういうものなのでしょうか?過去のインタビューでこのように答えている記事を見つけたので紹介します。 サビの軽快なリズムに合わせて客席から手拍子が巻き起こり、会場は序盤から早くも一体感で包まれる。 よりメロディアスに、より内向的に、より無機質にしたのが、この楽曲だと考えています。 地味ながらも、粒ぞろいな(笑)。 そして、高樹がギターソロを奏でる傍らで、泰行は自らのギターを手で叩きリズムを刻む。 ニューウェイブチックな香りをほのかに感じるシンセも印象的な「都市鉱山」は、一声一声が力強い高樹のリード・ボーカルが会場のボルテージをさらに上げてゆく。 早く自分たちの作品を出したい、音楽で食べて行きたいっていう気持ちはあったんですけど、具体的なヴィジョンとかはあまりなかった。 要はチャートの上位にランクインするようなヒット曲が欲しいということなんですけど。 目 次• このグループを始めたのは僕で、これまで実際的なリーダーであったということ、また近作の延長線上でまだまだ何か面白いことが出来そうだと感じていることが主な理由です。 特に作詞作曲を堀込泰行が担当した代表曲エイリアンズは発表後、様々なアーティストにカバーされるなどバンドの知名度上昇に大きく貢献した。 ファンの間でも大人気「スウィートソウル」 次に紹介するのは、 「エイリアンズ」の人気に勝るとも劣らない 「スウィートソウル」です。 堀込高樹の個人プロジェクトになるのか、バンドにするのか、新たに別のソングライターやシンガーを迎え入れるのか、今はまだわかりません。 ここがまた、ラストのサビをより一層引き立ててくれるわけです。 こんなシチュエーションで聴きたすぎる ここからはほとんど駄文です。 KIRINJI キリンジ は、1996年に結成された埼玉県出身のバンドです。 来ていたお客さんは泰行さん目当てで来られていたようでした。

Next|Next|Next