デヤナ イエス トレ ムスカ

19歳イエストレムスカが2020年からサーシャ・バイン氏とタッグ

デヤナ イエス トレ ムスカ

そのイエストレムスカは18歳の時に「香港オープン」で初のWTAタイトルを獲得。 関係者のみなさんに感謝します」と綴り、1曲のリリックビデオを投稿。 大坂を同年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で優勝に導くなどの功績を認められ、WTA最優秀コーチ賞に選ばれた。 シーズン前の準備が楽しみで、すべてうまくいく自身があるわ!」とコメントした。 その間に「BNPパリバ・オープン」、「全米オープン」、「全豪オープン」という大きな3つのタイトルを大坂にもたらし、コーチ就任時には68位だった世界ランキングを1位に押し上げる立役者となった。 また彼女のYouTubeアカウントによると、この曲の売上はすべてチャリティー基金に寄付されるという。 今年1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で大坂がグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成した直後にふたりは袂を分かち、そのあとバイン氏はクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)のコーチを務めたが、契約を更新していなかった。 次は誰のコーチを務めるのか注目されていたが、19歳の新星を指導するようだ。 その彼女は13日、「多くの人は、自分の中に隠された能力や才能を充分に認識することなく、毎日を過ごしているわ。 昨年の年末ランキングは60位だったが、1月末からの「タイ・オープン」と5月の「ストラスブール国際」で優勝。 以前大坂なおみ(日本/日清食品)のコーチを務めていたサーシャ・バジンが、来シーズンは19歳で世界22位のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)のコーチを務めることになった。 22日にイエストレムスカが自身のFacebookで発表している。 そんな中でもイエストレムスカは、ビーチでトレーニングする姿や、モデルのように撮影された写真などを積極的にInstagramに投稿し、ファンと交流している。 バジンがコーチに就任後はじわじわとランキングを上げ、10月には40位を切った。 私も歌を歌うことは自分がやることではないと思っていた」「でも今日はまったく新しい自分が生まれた日よ。 バジンは2017年のオフシーズンから2019年1月「全豪オープン」後まで、大坂のコーチとして活動。 イエストレムスカはSNSを通し、「私は彼が、私の野心を達成する助けをしてくれると確信しています。 しかし10月に、バジンは自らムラデノビッチとのコーチ関係を解消。 女子のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)が、歌手デビューを果たしたと米テニスメディアのBaselineが報じている。 歌手デビューしたことを発表している。 イエストレムスカは、歌手デビューを果たした2日後に20歳の誕生日を迎えたばかりの、現在世界25位。 昨年10月に香港(WTAインターナショナル/ハードコート)でWTAツアー初優勝を果たしたイエストレムスカは、今年に入って2月のホアヒン(WTAインターナショナル/ハードコート)と5月のストラスブール(WTAインターナショナル/クレーコート)でもタイトルを獲得し、世界ランクを自己最高22位まで上昇させた。 バイン氏は世界ナンバーワン経験者のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)らのヒッティングパートナーを務めたあと、2018年シーズン開始直前に大坂なおみ(日清食品)のコーチに就任。 ムラデノビッチは2017年10月にはキャリアハイとなる世界10位を記録していたが、当時は世界66位だった。 女子テニスは現在新型コロナウイルスの影響のため中断中。 そのバジンは4月からクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)のコーチに就任。 大坂の時同様若手を指導することになったバジンが、来シーズン、イエストレムスカをどこまで成長させるのか注目される。 「Thousands of Me」というこの曲のビデオは、彼女のYouTubeアカウントでも公開されており、曲はSpotifyなどでも聴くことができる。 「ウィンブルドン」ではベスト16に入るなど昨年以上に活躍し、今年は年末ランキング22位で終えている期待の若手だ。 既に3個のツアータイトルを獲得しており、将来の世界1位候補としても注目されている。

Next|Next|Next