マグロ 漬け 時間

すし屋の「漬け醤油」の作り方!湯引き漬けマグロの握りで家飲み

マグロ 漬け 時間

塩気が少し残っているのでオリーブオイルやごま油をかけるだけでオツマミになるし、醤油少々と和えてごはんに乗せたら絶品鉄火丼が完成! 応用も多数きくので、ぜひチャレンジしてみてくれ! Report: Photo:Rocketnews24. 柵・・・ パックのまま保存(ドリップを受ける紙が同封されている場合)• ま、ご飯のおかずだと思えば、ぼちぼち美味しく食べれます… でも、マグロの風味を味わいたい人には、おすすめできないかも? 冷凍した漬けマグロは美味しい? ただ、そんなお疲れ気味の漬けマグロであっても、 アレンジ次第でいい仕事してくれます。 冷蔵庫でちゃんと保管しておけば、4日ぐらいは行けるかも? でも、4日目のマグロってあんまり美味しくない。 2-3 湯霜作り マグロのサクにお湯をかける、またはお湯に入れてマグロの周りに少し 熱を加え白くしたものを漬け醤油に漬ける方法。 沸騰する直前に火を止め、冷ましてから使います。 マグロの山かけ などで活用できると思います。 一般の家庭にもある3種類の材料のみで、マグロの漬け用の煮きり醤油を簡単に作ることができます。 マグロの漬けの賞味期間は?美味しく食べられる保存期間とは? マグロの漬けの賞味期間は冷蔵でズバリ4日間です。 ご参考になることがあれば幸いです。 マグロは高くて買えません…。 Contents• しかし私自身、 「保存食として何日も日持ちさせるよりも、 美味しく食べたい!」 と思ったこと、 そして何より 「そのまま食べる・丼にする」どちらも大満足できるレシピにしたいと思い、塩気を減らし甘さと風味を加えました。 むしろ、霜降りにしたことによる違いは、そのまま作るときにある表面のねっとりした感触がほとんどなくなるところです。 マグロの山かけに新鮮なマグロの刺身は使うと、マグロがプリプリしすぎて、山芋と一体化してくれないんですよね。 たまに柵で売っているマグロに ドリップを受ける紙が入っていない場合があります。 お好みでごま油を少量入れたり、薬味として生姜やネギを使うのもあり、もし匂いが平気なら殺菌効果の高いニンニクを追加するのも効果的です。 漬け時間は一般的なめんつゆで平漬け10分、サク漬け1時間、湯霜作り6時間ほどです。 3、容器に入れて約半日漬け込む タッパなどの容器を使って、湯引きしたマグロを漬け込みましょう。 その中でこの割合を黄金比にした理由として、以下のことが挙げられます。 そして 冷水に入れてさまし、 キッチンペーパーで水分を しっかりとふき取ります。 「濃いめにひたったマグロでご飯をかきこむのが好き!」という人には市販品の様なしっかり味で漬けたものの方がより好みに合いやすいと思いました。 他にもこの漬け醤油を使った「炙りブリの漬け握り」なんかも紹介されていたので近々試してみたいですね。 醤油3:味醂1:酒1:鰹節、出汁昆布• 確かに、そう言われればそんな気がします。 食べる時にタレをふき取って お好みの厚さに切ってください。 すし屋の「漬け醤油」の作り方 用意する調味料は「 酒」「 みりん」「 醤油」の3つだけ。 この時、放送では柵のまま入れて浸けていました。 なんと言ってもマグロの漬けは食感と風味が命ですからおいしく食べたいという人はなるべく早めに食べることをオススメします。 割とグツグツさせないとアルコールは飛びません。 一晩中など漬けこんだ場合は、マグロの風味が落ちてしまいます。 STEP4:これは約4時間おいたマグロです。 賞味期限切れのマグロは食べても大丈夫?消費期限切れの場合は? 実は法律上、 生魚には賞味期限や消費期限の表示義務がありません。 昔は保存のためだったとしても、 安全のためには2日以内に 食べるようにした方が良いでしょう。 白いご飯にごまを散らし、漬けマグロとのり、ネギ・わさびなど薬味をのせて新鮮な丼ものの出来上がり。 次に醤油を入れます。 香でも判断できますが、およそ1~1. 漬けにしちゃえば、調味料の味によってマグロの鮮度をごまかせるので。 作り方を書いておきましょう。 いわゆる漬け魚(つけぎょ)と同じで漬け込み時間はお好みで良いです。 鍋にみりんとしょうゆを入れ、アルコールをとばす程度煮詰める。 一晩 一晩漬けマグロを漬け込むと、 ちょっとしょっぱい感じに仕上がるかも? でも「しょっぱい漬けマグロ」も、なかなかオツなものですよ。 そうすればしっかりと、 マグロの漬けを、 長持ちさせることができますよ! しかも、空気に触れさせないようにすることで、 しっかりとマグロがタレに浸かるので、 より美味しいマグロの漬けが完成するんです! 美味しさと日持ちさせるためにも、 ぜひマグロは空気に触れさせないようにして、 しっかりと保存をしていきましょう。 時間が経ってマグロから水分が出てきたら、そのまま塩を水で綺麗に洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をていねいに取れば完成である。 舌にぴりっと 刺激を感じる(後ほどご紹介する、ヒスタミンの可能性があります) 切り身、刺身、漬けなど、 生の場合は上記を判断の目安になさってみて下さい。 そのため、スーパーなどの冷凍マグロのような 水分の多いマグロなどは漬けにすることでより美味しく楽しむことができます。 漬けダレを作って浸ける 鍋にみりんとしょうゆを入れ、アルコールをとばす程度に煮詰めます。 たれの味が好きな方なら漬け込みは長めが良いです。 5日目からは流石に食感が落ちてしまいますので、美味しく食べるには4日までがおすすめです。 「煮切り醤油」一度沸かせた生醤油は、角がとれてまろみがでるので、ひと手間ですがおススメです!醤油の塩分でマグロの余分な水分が抜けてうま味も凝縮されます。 なので醤油ベースで作られたタレを マグロなどの 寿司ネタにサッと塗って 提供する ようになっています。 解凍して色などを見ておかしいと思ったら食べるのをやめておいた方が良いでしょう。 マグロを用意します。 5・料理酒大さじ2を弱火にかけ、 アルコールを飛ばします。 柵のままだと1~2日の日持ち、 漬けにするとさらに1~2日ほど日持ちをのばせる• 1-2 寿司屋の発明 そんなマグロでしたが江戸の寿司屋が 鮮度の低下を防ぎ、なおかつ美味しく食べれるということで漬けを作ったのが始まりとされ、 生の状態とはまた異なる味わいが日本人の口に合い現在まで残ったのだとされています。 しかしながら適度に醤油を吸った鮪の赤身は独特の旨みがあり、昔の江戸前仕事を続ける一部の鮨屋では変わらず漬けを出しているところが結構あります。 冷凍マグロは湯引きしてから漬けにするのがおすすめ 漬け醤油が完成したら、あとは好きな刺身を漬け込むだけ。 霜降りにすることで中に対する味の入りが緩やかになるので、市販品で作った時に気になることがあるしょっぱさがなくて、また、表面のねっとりした口当たりが抑えられるので、市販品よりもすっきりと食べることができました。 表面が白くなるまで 両面に熱湯をかけます。 黄金比に則って醤油2:酒1:みりん1の比率さえあっていれば、量を測るのはさじでもお玉でもカップでも大丈夫です。 この中で、好きな時間を一個選んでください。 まずはパックをあけ、マグロに大さじ2杯ほどの塩を裏表まんべんなく擦りこむ。 漬け時間は平漬けで5分、サク漬けで30分、湯霜作りで4時間以上が目安です。 まぐろの状態と漬け込み時間 a 普通の包丁でそぎ切り(最大厚さ1cm以下):表面ザラザラ 5分程度が良いです。 3-3 簡単めんつゆで漬けマグロ 市販のめんつゆを使う方法です。 実際食べてみてもかなり味がついていたので、これ以上漬け込むのは危険っぽい。 作り方• 切り身の場合は浸ける時間は3分くらいで良いと話していました。 それは「マグロの塩締め」と言われる方法で、材料はマグロと塩さえあればOK。  漬けマグロ マグロの漬け すし屋ではマグロの赤身のことを「ヅケ」と呼ぶ事があります。 めんつゆには酒や味醂などの成分があらかじめ入っているので漬け醤油の代わりになります。 家飲みのつまみとしては最高の味付け。 それに、漬け過ぎてしっとりしたマグロは、山芋とよく絡んでくれます。 マグロ漬け も江戸時代に保存するために 醤油で漬けたことが始まりだと 伝わっています。 醤油は、味付けが濃い目に入るので、漬け込み時間は様子を見て調整してください。 ご家庭にあるもので十分です。 この割合で作ると、漬け込み時間で塩気は多少左右されますが、 刺身・丼どちらでも美味しく召し上がることが出来ます。 マグロの準備 冷凍マグロは解凍しておきます。 これが『煮切り』と呼ばれるもの。 わさび醤油だけでも美味しいです。 沸いてしまうと苦味がでるので注意です。 漬けどんぶり 上は握りにする場合のやり方で、漬け丼にするなら湯通しはしません。 刺身によっては旨みが出てどんどん美味しくなるんだとか。 自分で作るとその分を美味しく感じるのが、手作りの面白いところですよね。 たれの配合) 1 ふつうの配合(醤油:酒:みりん=1:1:1) プラスアルファはお好みで (しょうが「か」しその葉を擦ったものをごく少量加えても良かったですよ) (しょうゆは新しい赤っぽいもの、色の薄いものが見栄えが良いです) 酒やみりんを少し加熱してアルコールを飛ばし、煮切るとプロっぽいです。 漬けにしないよりも 1~2日ほど日持ちがのびる。 おてしお(銘々皿・小皿)に醤油を入れて使うのが現在です。 STEP6:まぐろをバランスよくのせていく。 冷ました2(漬けダレ)にマグロを入れ、30分つける。 結論:市販の漬けダレで作るものよりも味の入りがすっきりしていて、霜降りをしたことで表面のねっとりした口当たりが抑えられていました。 アルコールが残ると生魚らしさがほんの少し減り、タレが前面に出ます。 調味料は、沸騰する直前で火を止めるのがポイント。 マグロの日持ち マグロの状態 日持ち 生(柵) 1~2日 生の真空パック 冷蔵庫:3日 冷凍:1ヶ月 冷凍 冷凍:約10日 解凍:当日 刺身 当日 切り身(ぶつ切り) 当日 寿司 2時間~当日 ネギトロ、たたき 冷凍:1ヶ月 解凍:当日 中落ちの切り落とし 冷凍:1週間 解凍:当日 漬け(醤油漬け) ユッケ 冷蔵:3~4日 冷凍:1週間 煮付け、佃煮 冷凍:1ヶ月 冷蔵:5日 生の状態だと、 基本の日持ちは1~2日ですね。 STEP3:その上にまぐろの切り身を身が重ならないように並べ、上から再度煮きり醤油をハケでぬる。 つまり、少しでも長くマグロを楽しみたいのでしたら、 やっぱりマグロを漬けにしておくのが一番なんですね! そうすれば、4日間はマグロが食べられるので、 そのまま食べたり丼にしたり、 だし茶漬けにしたりして、 漬けマグロを美味しくいただきましょう! マグロの漬けは冷凍するとより長く日持ちする ちなみに、 より賞味期限を長く伸ばしたい場合は、 冷蔵ではなく冷凍をしておくこともおすすめです。 下の動画を参考になさってください。 できました。 「醤油2+酒1」や「醤油+みりん+かつおだし」の土佐醤油などは塩辛さが気にならず、食べやすくなります。 今回は 冷凍マグロを上手に解凍する方法もわかりましたので、 スーパーなどでしっかり目利きして、美味しいものを選びたいと思います! マグロの 刺身は、下記のようなものが美味しいですよ。 身に赤い シミがある• ちなみに湯引きした漬けマグロは、表面の火の通った部分にしか味が染み込まないようになるそうですよ。 自家製シーチキン…美味しいですよ~. それぞれの漬け時間の目安はこんな感じ。 長く保存できるほど 強い塩分の漬けタレではないので できるだけ早めに食べるようにしましょう。 これが 「死日」と聞こえ不吉とされ下魚とされていました。 柵のまま付ける・・・約半日 今回は6時間くらい漬け込みました。 僕個人の好みでは、マグロの山かけはマグロがしょっぱい方が好き。 沸騰湯に通して『湯霜」にするわけです。 通常はややブヨブヨした食感のマグロが、塩締めすることにより余計な水分が抜け、旨味が凝縮される。 当時は今のような冷凍保存技術もなく 鮮度のいい状態でマグロを食べる機会がありませんでした。 ただ、昔から マグロの赤身は漬けにいて 寿司ネタにしていた名残から 漬けていなくても「 漬け 」と呼ばれます。 フリーザーパックの場合も同様なるべくまぐろがタレに均等に浸かるように平らに広げます。 つまり江戸時代に マグロと言えば赤身のことを指し、 赤身はすなわち漬けを意味していました。 購入した時の状態にもよりますから 保存を保証することはできませんので 最後は自己責任で判断しましょう。 またマグロの黄金比は、今回は以下の割合で作ります。 醤油も加えて 一煮立ちさせたら火から外して冷ませば出来上がりです。 先ほど説明したように、 マグロになるたけ空気が触れないように保管したら、 冷凍庫に移しておきましょう。 *マグロが腐っているかどうかを見分ける方法について、後ほど詳しくご紹介します。 わさびを添えて、できあがり。 マグロを漬ける。 多少古くなったとしても、現役のお刺身ですから…そいつをチャーハンの具に使うなんて、ちょっと贅沢なと思いませんか? この他に• そこで、マグロを漬けにすると、味が落ちたのが分かりづらくなるので4~5日は食べられると言うワケです。 重ならないように平らに広げて先程述べた落としラップをして冷蔵庫へ。 小さなお子さんがいてお酒が苦手という場合には、調味料を全部合わせ火にかけアルコールを飛ばすと良いでしょう。 もちろん使いまわしもOK。 一般的にお寿司や丼などに調理されていますが、ユッケ風や山かけなどのアレンジも豊富です! 1-1 日本人とマグロ 古くから日本人に馴染みのあるマグロですが一般的に食べられたのは江戸時代からです。 沸いてしまうと苦味がでてしまいます。 購入したての赤い色は、こちらの商品を参考になさってみて下さい。 漬けこむ時間を短くするために 小さくカットしてから漬けると それだけ 保存できる時間も短くなる ので 少しでも保存時間を長くしたいのなら 空気に触れる面積は極力少なくします。 1 漬けマグロとは 主に 醤油や酒で作られた調味液にマグロを漬け込み味をつけた物を言います。 カビのようなにおい• *農林水産省のホームページを参考にご紹介しました。 食べきれなかったマグロのお刺身を、翌日に回す場合は1時間くらい漬け込むといいんです。 賞味期限や 消費期限は、加工食品に書かれているのが一般的です。 切ってみると、表面の霜降りとの中の色合いに違いがあるので、レアなお肉のようにも見えてきます。 《》なら生をそのまま浸けても問題なく食べられますけども、表面が醤油でベトベトしてしまうので握れないって訳です。 賞味期限切れでも、 すぐには腐らないのが一般的。 ご飯の上にマグロを乗せ、白いりごま、刻んだ大葉、刻み海苔を散らす。 誰でもカンタンに作ることができるので、その作り方をお伝えすることにしよう。 漬け込み時間について 漬け時間は、漬けタレの時間や濃さ、好みの味にてよって変わってきます。 容器に入れて漬け込むよりも ビニール袋に入れて空気を抜くと 少量の漬けタレでもムラなく漬けられます。 切ってから漬ける・・・2~3分• マグロのぷりぷり感を失って、ちょっとベッチャっとしてます。 5:2 漬けマグロの作り方 まとめ 漬けマグロの作り方をご紹介しました。 漬けたのを忘れて、そのまま放置しちゃうとか… でも、それはそれで美味しい食べ方はあります。 サクは手ザクでも長ザクでもかまいません。 それが、1ヶ月となれば、もう少し余裕がありますからね。 醤油漬けがされなくなった現在でも、言葉だけが残って赤身をヅケという習慣が河岸や鮨屋にあるわけです。 味醂と酒を鍋に入れ火にかけて アルコールを飛ばします。 漬け醤油に漬け込むことで、味が染み込むだけでなく 余分な水分が抜けてもっちりとして旨味がより詰まったような味わいとなります。 混ぜた漬けタレができたらタッパなどの容器に移しマグロを投入してください。 お家にコチジャンがあれば、なお宜し。 下ごしらえや、つけダレにも拘って、最高の漬けまぐろを食べるなら5分から10分です。 元々江戸期にマグロが大量に出回った時期に、腐敗防止、つまり保存を目的にヅケが始まったといいます。 マグロ漬けの保存期間 マグロ漬けは表面だけ熱湯をかけますが 中まで熱が入るわけではありません。 マグロの漬けってかなり簡単に作れるんですね! 筆者も新鮮なマグロが手に入ったら、 ぜひ漬けを作ってみようと思います! 基本的にマグロの漬けは空気に触れないようにして冷蔵庫で保存する ただし、必ずマグロの漬けは、 冷蔵庫に入れて保存をしておくこと。 生のマグロはどんな状態でも 一番美味しいのは当日中• つまり昔とは順序が逆になり、先に作った「煮切り」にマグロを着けるわけです。 また、当時マグロのことを 「シビ」と呼ばれていました。 鰹節と出汁昆布を入れたまま一晩寝かしたら出来上がりです。 そして具沢山みそ汁を添えれば、野菜もたっぷり摂れて栄養バランスがぐっと良くなりますよ! <スポンサーリンク>. 表面の色が変わればOKです。 gnavi. まぐろの漬けを作る場合の比率は、 醤油2:みりん1なので、 ぜひ覚えておいてください。 解凍した漬けマグロをサイコロ状にカットして、チャーハンの具として使う。 味醂と酒を鍋に入れ火にかけ アルコールを飛ばします。 5:2 実は、多くのレシピ本で見る割合は「3:1:1」などが一般的です。 そこで、一応の目安として三つのプランを立てみました。 それでは順番に作り方を見ていきましょうか。 あと、お嫌いでなければ卵黄もトッピング。 なお、子供さんやアルコールが苦手な方には、先に、日本酒とみりんを鍋に入れ、火に掛け、アルコールを飛ばして、冷ましてから、醤油を加えると良い。 保存を目的にして醤油漬け でしたが 現在ではほとんど必要ありません。 もったいないのですぐ捨てずに再利用しましょう。 マグロ納豆• 漬け込みには細心の気配りが必要で、もし翌日まで寝かせるなら「塩分の浸透」と「色食い(変色)」に気をつける必要があります。 めんつゆは2倍、あるいは3倍濃縮タイプを使うと味が馴染みやすいです。 STEP2:広い盤面の容器に、煮きり醤油をハケで塗る。 切り口の角が立っている• この記事の目次• 薄く切ることにより 短い時間で均等に味が入ります。 30分後の様子です。 この場合、めんつゆは水で薄めないで原液を使用。 賞味期限とは 未開封で保存方法を守ったときの、 美味しく食べられる期限。 使用する比率は、醤油(6):本みりん(1):料理用清酒(1) 2. しかし 味が入りすぎたり硬くなることもあります。 漬け丼は生のマグロさえあれば簡単に作れます。 ただ、これは「マグロを漬けにすると長期間保存が効く」というワケではないんですね。 アルコールを飛ばしたら火をとめてから、醤油を入れて再度火を付けます。 特に、食感がいまいちな感じ。 また、大きな塊で漬けたものと比べると凝縮された旨味に欠けます。 握り種は新鮮な生が好まれるご時世ですからね。 いやぁ簡単。 なるべくマグロが重ならないように、 全体に調味料がひたひたになるようにして、 入れていくと良いですよ。 そんなときは刺身や切り身のように、 キッチンペーパーでくるんでからラップをして保存しましょう! 冷凍マグロの上手な解凍方法をご紹介 冷凍マグロを美味しく解凍するのは、少し手間がかかります。 ただし、保存する際は、 くれぐれも、なるべく空気に触れないようにして、 しっかりと密封して冷蔵保存するようにしましょう。 めんつゆ 「 めんつゆ」も漬けマグロのつけダレに使います。 遅くても冷蔵庫内で3時間程度でしょう。 マグロのお茶漬けにするとか、小さく切って マグロチャーハンの具材にしても美味しい。 漬けだれの配合にもよりますので、私のやり方をご紹介します。 30分から1時間を目安に。 スーパーのお刺身で売っているマグロは、ある程度 熟成されて、旨みが引き出された状態で店頭に並んでいます。 引用元:2017. まとめ いかがでしたか? お店で食べるイメージの漬けマグロですが以外に手軽に作れるんですね! また、ごま油を加えたりシソや白ごまと和えて食べても美味しいので是非自分だけの美味しい漬けマグロレシピを試してみてくださいね!. 2 醤油メインの配合(醤油だけ、醤油) 「だし醤油」「さしみ醤油」ならそのままか、少し水で薄めて使えます。 漬け込み時間は下記を参考にしてください。 マグロを平造りにしてご飯の上に乗せ、白いりごま、刻んだ大葉、刻み海苔を散らせば出来上がりです。 解凍したものはその日のうちに食べるようにしてくださいね。 2、氷水に入れて熱を取る マグロの表面に火が通ったら、包んだままの状態ですぐに氷水に入れます。 塩気が多ければ多いほど保存に向いていること、その名残から、多くのレシピは塩気が少し強めに作られている印象でした。 醤油がまろやかになり、旨味も強くなるのでお刺身を食べる時に使ってもより美味しく楽しめます。 アボガドマグロ ユッケのように ピリ辛の韓国風に味付けし、アボガドと一緒に食べる。 gnavi. 人の好みにもより、関東の年配の人は真っ黒で味が濃いヅケを好みますけども、一般的には鮪の鮮紅色が残っていたほうが食欲が湧き美味しくも感じるものです。 これに昆布も加えるところも多いですね。 ドリップが出ていて、 身の色が変色(茶色)• 関連記事ー 表面に醤油の色がついたあたりが食べどきでしょう。 スーパーでパック販売されている生のマグロに関しては、販売者が 任意で期限を表示しています。 Sponsord Link マグロ漬けの作り方 材料 まぐろ 1サク(200グラム) 酒 大さじ2杯 みりん 大さじ2杯 醤油 大さじ4杯 お好みで すだちやゆずも。 長期間冷凍しておくと固くなってしまったり味が落ちて美味しくなくなってしまう事があるので注意しましょう。 身に赤い 血管のような部分がある におい• 基本の割合でマグロの他にも白身魚の漬けや焼き魚、肉などの下味にも使えて便利です。 5割減ったところが目安だそうですよ。 焼き海苔はよく合います。 キレイな色に漬けあがっているはずです。 砂糖入れた甘辛い醤油に、ごま油を加えれば、ソレっぽい漬けダレができます。 マグロの状態を見て、下記のようにアレンジするのがおすすめです。 醤油、みりん、料理酒を基本にして、お好みの割合でブレンドする。 しかし今は冷凍冷蔵の技術がありますので、大きなマグロでも腐らせてしまう心配なく刺身で頂くことが出来るようになりました。 02 では、今回はビンチョウマグロ 1柵140g を使って作ってみます! プロが教える「マグロのづけ丼の作り方」を試してみました! まぐろを霜降りにする 沸騰した湯にマグロを入れ、1秒ほどであげて氷水に取り、締めます。 そのまま冷蔵庫に入れて 5時間~6時間漬ければ終わりです。 醤油漬けにしたマグロはほぼ赤身だった名残です。 と、煮きり醤油の作り方を聞きましたが、特別に変わったところはありません。 またタレの分量が覚えやすいので、漬け丼の素を買い忘れてしまった時の代用にも良いレシピだと思いました。 ただし漬け込み時間が長いほどまぐろらしさは減ります。 醤油も加えて一煮立ちさせ、鰹節一摑みと出汁昆布一欠片を 加えてから火から外して冷まします。 しょうゆ:みりん:料理酒 3:1. STEP5:丼にすし飯を盛り、海苔をちらし、ご飯に煮きり醤油をハケで塗る。 食べても旨みを感じず、美味しくないと感じるのが一般的です。 冷蔵庫で保管する。 熱が取れたら水っぽくならないうちに早めに取り出しましょう。 マグロは ヒスタミン中毒の可能性があるので、食べるまで徹底して低温で保存する• 5分から10分 マグロ本来の風味を楽しみたい 場合は、5分から10分の短い漬け時間がいいと思います。 漬けにしたくないけど翌日に食べるときの保存方法• 醤油と比べて味がマイルドに仕上がりますから、失敗がないと思います。 キッチンペーパーはムラができないように被せたものです。 食べる時は、冷凍したマグロ漬けを冷蔵庫に移して、 自然解凍すればOKなので、 ぜひ食べ切れないのでしたら、 小分けにして冷凍保存するのもおすすめです。 個人的に好きなのは「 マグロの山かけ」デス。

Next|Next|Next