セフィロス 古代 種

設定/【古代種】

セフィロス 古代 種

この時、既に「白マテリア」は、エアリスが命を賭しながらも発動させていたが、セフィロスは「ホーリー」の発動に対しては押さえ込む事に成功している。 Mにより星を消滅されることはセフィロスにとってもクラウドにとっても脅威なので、 Mに対しては共闘する可能性があります。 ・かつてノルズポルと呼ばれていたが今は地名が変わったアイシクルエリアが故郷。 古代種(セトラ) 古代種(セトラ) 序章 我々の文明の歴史は浅く、の繁栄におよばない。 そうすればセフィロスのセリフも理解できると思います! むしろ他に考察があれば教えてほしいくらいです(笑) 私は逆にこの記事の内容が正しいと自己洗脳されているので、 他に新しい説が浮かばなくなってしまいました(笑) そのため新たな視点があればぜひ教えて下さい(笑) クラウドはヒロイン 考察、参考になりました。 星痕症候群を治した浄化の雨 大いなる福音? やライフストリームの中でも意識が拡散しないのもセトラの力?• 『FFVII』では、ソルジャー時代に英雄と称された心優しいセフィロスと、人類に憎悪を抱き星 を滅ぼそうとするセフィロスという、二極のイメージが描写されている。 その年月が、多くの人の記憶からそこにかつて栄えていた古代種の守った土地を消してしまったのではないかと考えます。 セフィロスが大事に思っているのは、 メテオを落としてライフストリームを我が物にすること(自分)と、 そのために星が存在していないといけないということ。 今まで通りに行動している場合、しておきましょう。 胸部は露出しており、一般のソルジャーと共通したデザインのサスペンダーをその前でクロスさせている。 余談ですが、FFのラスボスはやたらと神になりたがりますね。。 ののフィニッシュ・ホールドでもある「片翼の天使」はこれに由来している。 対戦時にセフィロスが使用する場合、最後の一太刀以外は全てザックスに弾かれる。 古代種という呼び名はおそらく神羅カンパニー発祥。 肌の色素がないアルビノである。 パーティーメンバーの武器が弱い場合はを再度訪れて武器を購入すること。 ミッドガル1章から幾らでもチャンスはあったはず、クラウドと一緒にいないタイミングで、さっさと始末した方が後々の憂いがなくなるというものです。 FF7本編より約2000年前、多くの同胞を屠られながらも、星にを封印したのも古代種である。 ですが、エアリスはどうなのでしょうか? エアリスはホーリーを唱える能力を持った古代種です。 ゴールドソーサーの南東にある小屋へ向かいましょう。 イファルナの父親、つまりエアリスの祖父が最後の男性の古代種という事になるのだろうか。 そしてMを滅ぼそうとしているクラウドたちはフィーラーにとっても敵であるとみなされてしまったということ。 星は傷つくと、その傷を修復する為に、星のエネルギー(ライフストリーム)を集める。 『KHFM』においては自身の周囲にいくつものを漂わせ、それらを一斉に爆発させる攻撃となっている。 この点において、 セフィロスとフィーラーの目的は一致していると考えていいでしょう。 彼女は人間との間に子孫を残している。 これは、彼女が持つ精神エネルギーの総量が高いことと関連する。 人工的な古代種 セフィロスが周囲にその存在を知らしめ、また広く英雄と称された理由は、その驚異的な身体能力による。 星の危機はセトラの犠牲で回避された。 虚空 高速ですり抜けて後に大量の斬撃を加える。 編成で迷っている方はを参考にして下さい。 すでに無人の地となっている。 そのため、ガストの殺害時にイファルナとエアリスは研究サンプルとして神羅カンパニーの研究所に強制連行されてしまう。 ルーファウスはダイヤウェポンのレーザーで死ぬ運命にあったのでしょうか。 そこで再度メテオを呼ぼうとするセフィロスに対して最後の戦いを挑み、 撃破後には原作同様に平和な500年になるか、それとも他の出来事が起こるのか。 またルーファウスとツォンですが、 ここは何でもないフェイク描写であるとのコメントも頂きましたが真相は不明です。 セーファ・セフィロスとの戦いの後、セフィロスの精神がライフストリームの中で健在で笑っている事を感知したクラウドの精神は肉体を離れ、ライフストリームの奥深くでセフィロスとを行うが、これは何を行っても必ずクラウドが勝利する「イベント戦」である。 ブラックマテリア クラウドのメテオレイン、ザックスのメテオシャワーに該当する攻撃。 銀色の長髪。 また、この事件を扱った、『』がある。 FF7冒頭の神羅カンパニーとアバランチの抗争です。 セフィロスは、『FFVII』において見られる「私は全て、全ては私となる(つまり神になる)」や「星と一体となる」という言動とは一変、「母であるジェノバがそうしたように、自らもこの星を宇宙船として、新しい星に行く」という星を掌握後の意志を語る。 アドベントチルドレンではあまり数の多くないセフィロスのセリフですが、この言葉がやけに重く感じてしまいます。 『』でもこのキーブレードがカードとして登場する。 ・ジェノバが古代種に近づき、ウイルスをふりまいたせいで、多くの古代種はモンスター化してしまった。 これにはセフィロスが語る過去のセトラの行動が非常に重要なヒントになっている。 今回のエアリスは原作ではなかったフィーラーの知識や、 触れたものにフィーラーや原作世界線における未来を見せる力があり、 さらに他の世界線の記憶を維持し続ける力もあります。 ? いずれにせよ 非常に闇の深いセフィロスのセリフです。 特殊な力を持っていることは間違いありませんが、 それでも純粋なセトラの持つ力を有しているわけではないので、 エアリスのセトラ特有のスキルがセフィロスの目的達成のために必要だから・・・ というのが状況的に考えうる考察かなあと思います。 幼少期のとがそうであり、彼らは実際に、ソルジャーを目指すため神羅カンパニーに入社した。 その一方で、自分より弱い(セフィロスにとって足手まといになる)味方が敵の攻撃を受け倒れていても、その味方に戦う意志があれば回復(復活)させてやるといった、ただ単に任務遂行のためではない人間的な優しさを持っている。 はそのひとりであり、娘のは古代種の血をひいていた。 かつてこの星にいた、現在の人間とは異なる種族。 古代種は定住せず、自然と共存することを選んだ。 星と語り、星の力を操ることができる「」の末裔で、唯一の生き残りであり、星のエネルギーが豊富な土地「約束の地」を見つける能力を持つ。 佐々木小次郎(宮本武蔵の巌流島の決闘相手) などが、考えられますがキャラクターデザインに関してはFFといえばこの人と言っても過言ではない スクエニのクリエイターである 野村哲也氏が担当しています(野村氏はFF10や最新作FF15なども担当) ヴィジュアル的な部分で大きく目立ったモデルはあまりないものの、設定などには神話や佐々木小次郎のような少し変わったポイントが取り入れられているのではないでしょうか?. クラウドの方が適正があるというのは誤り ソルジャーの適正というのはジェノバ細胞による精神支配への抵抗力と変異性への抵抗力です クラウドの場合変異性の抵抗力はありましたが精神支配への抵抗力は精神が未熟なため0に等しく、すぐに精神崩壊、支配されました しかしティファと対峙したことで理想のソルジャーとして一番身近にいたザックスの能力とクラウドの望んだソルジャー像がジェノバのコピー能力によって再現され、元ソルジャー1stが生まれました 一見ソルジャーの力を使いこなしてますが無意識にジェノバに支配されている状態なのです コピー対象がいない場合、クラウドはナンバーズのようにセフィロスをコピーしてしまっていたことでしょう 現にセフィロスコピーが近くにいるとき、クラウドも笑い方や古代種エアリスへの敵意等、セフィロスに精神を上書きされかけています• 3つ目のものはセフィロスも持っているようですが、 エアリスにあってセフィロスにないスキルも多いように感じます。 クラウドや子ども達の前に姿を現し、カダージュたちを救っている。 アイシクルエリアには遺跡発掘のボーンビレッジがあったり、忘らるる都があったり、いかにも古代種の歴史に関係がありそうな雰囲気がします。 この後のボスを楽に倒したい方は、マテリア「だいち」「」の合計所持数が、マテリア「ぞくせい」の所持数より多くなるようにして下さい。 タイニーブロンコで北の大陸へ向かいましょう。 星命学を学んでいたバレットやティファも(恐らくはで学んだのだろう)知識としては知っており、大昔に星を開拓した種族であるという認識を持っているようである。 彼は星の力そのものである「ライフストリーム」を吸収し、星と一体化した「神」になるという。 パーティーを編成しましょう。 数が足りない場合はカームかエルジュノンで「だいち」を購入すること。 この設定はゲームプレイ中には確認できないが、『BC FFVII』が発売される前から存在している(『ファイナルファンタジーVII 解体真書』)。 セフィロスにとっては、共通の敵「M」を倒した後、エアリスの存在こそが、メテオ発動の最大の障害になってきます。 これにより、クラウドはリユニオンの為の実験体である事を受け入れ、「黒マテリア」はついに眠りについていたセフィロス本体の手へと渡る。 ゴーストホテル客室を探索する• 縮地は追加入力を行うと相手を前方に吹き飛ばす地上専用技・神速は追加入力で相手を下方に叩き落す空中専用技。 セトラは我々人類と 種としてどこが異なるのだろうか。 マップ画像のマップ同士の繋がりを表す番号は「マップ番号-進行番号」となっています。 そしてクラウドはヒロインさんの説が正しいとすると。 彼女の能力は祖先からの遺物である。 また、平和を求めるウォーリア・オブ・ライトに対しても、戦いこそが真の目的だと指摘し混乱に陥れようとする。 ニブルヘイム事件 ニブルヘイム事件は『FFVII』の中でクラウドの回想として描かれ、『BC FFVII』『CC FFVII』でも描写されている。 エアリスだけが、セトラの星読みの力でしかMの存在や居場所が感知できないとか、 Mに対抗しうるホーリー以外の力を秘めているから、M撃破のためにエアリスの力が必要であると考えられます。 クラウドと一時的に共闘 そしてセフィロスは過去に何度もMに戦いを挑み、メテオを呼べる世界線へと変えようとしたものの、どうしても勝つことができなかった。 彼らと共にミッドガルを抜け出した後、セフィロスを追うクラウドの旅に同行することを決意する。 セフィロスの目的 セフィロスは強靭な精神によってライフストリームに還ることも魔晄中毒になることもなく、逆に膨大な量の知識を吸収し、自分自身や古代種、ジェノバについての真実、そしてメテオの存在を知り、自身を古代種以上の存在として認識します。 魔法を使った戦法を得意とする。 また、飛空艇内でシドに話しかけるとエアリスを乗せてやりたかったと話す。 しかし、ザックスとクラウドに阻まれ、ジェノバの首とともに星のエネルギーである「ライフストリーム」に落下する。 『FFVI』のと同じ技である。 この事件をきっかけにザックスと知り合い、彼なら2人を救えるかもしれないという期待から2人の抹殺任務の「失敗」を提案する。 、神速 複数の剣圧を飛ばして攻撃する中距離攻撃。 武器職人に話しかけて 「キーストーンはどこだ?」 「神殿はどこだ?」 を選ぶ• 辛うじてクラウドが油断したセフィロスの背後から斬り付け、セフィロスは母ジェノバの首と共にライフストリームに落ちて行きます。 エアリスは古代種の最後の一人であるイファルナの娘です。 これらの事から古代種は魔法に関する知識が非常に深かったことや、ある意味で通常の人間とは違う特殊な能力、知能を持つ生物だったことが分かる。 出兵中だったエルミナの夫が戦死して星に還り、魂だけになってエルミナに会いにきたと話す等、幼少期からすでに古代種としての特殊能力を開花していた。 世界各地で情報収集 マップデータ 攻略チャート(ボーンビレッジ)• 確かにMに撃破のため、という目的は一致しているので闘う必要はないですが、 クラウドが無条件で敵視してきたのでそのまま戦闘になったのではないかと。 Mはフィーラー同様に世界線に干渉できる存在であり、フィーラーが守ろうとしている原作の世界線の収束、すなわちメテオ襲来からメテオ撃退という世界線を破壊する力を持つ存在です。 まずはセフィロスの目的や悪に堕ちた理由を整理してみましょう。 その中でもセフィロスは最強の者と評価され、多くの武勲を上げた事から「英雄」と称されている。 一方のクラウドはエアリスとデート1回の報酬で軽い気持ちでボディガードを引き受けます。 『ディシディア』で使用する。 装備を整えたらマテリア構成を確認しましょう。 かつて古代種が繁栄していた頃に彼らが居住していた場所。 この正反対に見えるセフィロスのイメージが存在する理由は、親が死んでしまったと聞かされていた幼少時のセフィロスに対して、後にエアリスの父親となるガスト博士が、親代わりの愛情を注いでいたと推測される台詞をセフィロスが口にするからである。 この時のセフィロスの攻撃はHPに応じた割合ダメージであり、クラウドが戦闘不能になる事は絶対にない。 そこで、セフィロスはクラウドに5年前の真実を虚偽と共に告げる。 または前方広範囲に斬撃をとばす。 『キングダム ハーツII』 『』時。 しかし、当のガスト博士はルクレツィアの変貌によって古代種=ジェノバの仮説が明らかに間違いであったことから失踪してしまいます。 ただし、ヴィンセントの武器は買わずに「スナイパーCR」を装備させること。 『KHFM』では火柱は3本だけだが、『KHII』では計15本の火柱が次々と出現するようになった。 『FFVII』、『KHFM』で使用する。 エンディングでエアリスはクラウドに手を差し伸べ、精神世界から現実世界へと引き上げます。 「片翼の天使」について セフィロスの抽象的な呼び名に「 片翼の天使」 One-Winged Angel がある。 なお、本来はオリジナル版『KH』にも登場する予定で、デザインが起こされポリゴンモデルも作られていたのだが時間の問題でカットされてしまった。 クラウドたちとエアリスの再会が叶うエンディングが登場。 公開日の11月12日以降、土日の営業日になるとその姿を見ようと多くのファンが訪れている。 『クライシス コア ファイナルファンタジーVII』 『』時。 セーファ・セフィロスが使用する技 フレア 単体に大ダメージを与える。 条件を満たすとソラと一騎討ちで対戦ができるようになるが、戦闘自体はあくまで隠し要素。 つまりフィーラーが守る収束にはメテオ襲来も含まれているのです。 2,古代種 では、古代種と現代の人間とはどこがちがうのだろう。 エアリスは「戦うことを好む」ソルジャーに対して恐怖心を抱いていたが、明朗で親しげに接するザックスに対しては恐怖心を覚えず、打ち解け合う。 思い出にはならないから消えるだけなのか? クラウドもまた亡くなったあとはライフストリームになり、そこで待っているという意味なのか。。。 FF7の【ファイナルファンタジー7】 世界観とストーリー考察 この記事ではFF7のストーリーや世界観について考察したりしていこうと思います。 星とセトラ 『この星はもともとセトラのものだった。 このようなヒロイックな経歴が人心を惹きつける大きな要素となり、セフィロスは人々からの大変な人気を得るに至った。 あまりにも普通ではない自分自身の本当の出生の秘密。 FF7R 本作でもエアリスを中心に、古代種のことが語られていくが、ミッドガル編までの話なので、あくまで触り程度ではある。 彼女はデート1回の報酬でクラウドにボディーガードを依頼し、以後行動を共にすることになる。 閃光 相手の攻撃をガードした後に反撃するカウンター技。 がこの星に飛来してきた頃には繁栄しており、星を喰らいに来たジェノバを封印することに成功した。 概要 『FFVII』の世界を牛耳る企業、の私設エリート兵士「ソルジャー」の一員。 クラウド ザックス 『普通のソルジャーって? あんたは違うのか?』 『お、おい、セフィロス!』 セフィロス 『ま、まさか……』『……オレも?』 この会話によってセフィロスの中の点がまさに線に結ばれました。 アバランチは神羅カンパニーの軍事兵器である魔晄キャノンの発射を目論むが、神羅兵と特殊工作部隊であるタークスと共にこれを阻止する。 クラウドとかザックスはジェノバ細胞を埋め込まれて、魔晄漬けにされたようです。 アイテム屋で防具を買っておきましょう。 血液型:O型 身長:163cm• 通常は強制的にリミットブレイクになり、クラウドの究極リミット技である超究武神覇斬(この時に限り、覚えさせていなくても使用可能。 サンプル=エアリス=ゲインズブールの精神値はレベル6で32という測定値を出した。 『ファイナルファンタジーVII』取扱説明書• なお、このイベント戦ではセフィロスは上半身が裸の状態で登場するが、後に発売される『』で、この上半身が裸のセフィロスが2プレイヤーキャラクターとして登場する。 原作とズレた行動を修正したい存在は今のところフィーラーくらいです。 パーティーメンバーの編成をしましょう。 居合い切り 正宗の長いリーチを活かした前方攻撃。 ・相手の思考を読み取るコピー能力 ・自分の身体を相手にあわせて変化させる能力 ・体がバラバラになっても、一か所にまた戻ってくる能力(リユニオン) ・有害なウイルスをまきちらす能力 古代種の末裔であるエアリスの母の話によると、大きくはこのような能力があるということ。 ・エアリスに「あんたの約束の地をみつけなさい」と言い残している。 しかし宝条博士は母親がルクレツィアだということはセフィロスには告げず、ジェノバであるということだけを伝えていました。 ・古代種の先祖から引き継がれてきた知識、知恵を知っているが、娘のエアリスにはほとんど話をしていなかったせいか受け継がれていない。 ホーリーは古代種にしか操れない魔法だとされている他、メテオ発動のキーアイテムとなる黒マテリアも古代種の力によってその姿を巨大な神殿に変えられて封印されていた。 話の流れからも、おそらく大人になるまで、自分が誰の子供でなど聞かされないままソルジャーとして働いていたと思います。 ジェノバの由来は他の星からのウイルスでしたよね。 ただし、ガスト博士はジェノバが古代種ではないと気付いたことで、幼いセフィロスに真実を告げることもプロジェクトの後始末をすることもなく、神羅カンパニーと手を切って自分で「本物の」古代種を探しにいってしまう。 その後およそ7年もの間、エアリスは母親と共にミッドガルの研究所で過ごすこととなる。 疑問 あと、セフィロスのコピーつくるなら、セフィロス作ったときと同じ方法で胎内の赤ちゃんにジェノバ細胞埋め込めよ…って思うんですけど、してないっぽいし。 もう一度セフィロスの言葉にたちかえろう。 単なる雇われの兵士になったつもりが気付いたら全部つながってましたというのが、全体の流れなんですが、、、 直接最初にセフィロスを討とうとしたのは悲劇のヒロインである エアリスということになります。 古代種の神殿では過去に降ってきたメテオらしき壁画を見ることが出来る。 その反面、コスモキャニオンでの話を聞き、自身について思い悩む姿を見せている。 記事概要• 神羅ビルで目撃されて以降各地に現れるセフィロスは「北の大空洞」の本人が操るセフィロスコピー及びジェノバの肉体であり、ジェノバの擬態能力とセフィロスの強力な支配力が彼らをセフィロスの姿へと変えていた。 2018年1月19日閲覧。 FFT エアリスという花売りの少女が登場。 彼との戦闘後、闘技場を出るとクラウドとの対決イベントが見られる。 『CC FFVII』で使用する。 『FFVII AC』では歌詞が変わり 、曲調の大部分にアレンジが加わった「 再臨:片翼の天使」 Advent:One-Winged Angel という曲がBGMで使われている。 未来は白紙なもんでね! ですがとりあえずは説明が通っているのではないかと思いますが、ミスがあればコメントにてご指摘いただけると助かります! 要はFF7リメイクのセフィロスの知っている未来では、メテオを呼ぶ前にMが出現し世界を滅ぼしてしまう。 人間とは異なる種族である。 その中で生まれたのが「セフィロス・コピー」です。 他人と自分とはどこかが違うと自覚していたセフィロスは、ニブルヘイムの魔晄炉で人間を素材とした「モンスター」の製造実験が行われている事を知り、自身もこのモンスターと同じく「造られた存在」ではないかとの仮説に辿り着く事になります。。 ・エアリスは、イファルナとガスト博士の子供。 倒した後、クラウドとの宿命の対決に挑み、クラウドと共に別の世界へと姿を消す。 古代種の叡智 古代種が執拗に狙われた理由としては神羅カンパニーが求めた約束の地の他にも、究極の破壊と防御魔法であるメテオとホーリーについての知識などに長けていたという事実がある。 PS4版の場合、バレットとのデートイベントが発生すると トロフィー「独特な感性」を獲得。 また、今作には謎も多い中、達の目的を知っていたり、初めて会ったと手を繋いだ時や、実験ポッドから脱出後、警戒心を見せていたの鼻に触れ、何らかのビジョンを見せること(恐らくはこの後起こるはずだった未来の出来事だろうか)で警戒心を解いたりと不思議な力を見せることも多い。 『FFVII』、『ディシディア』、KHシリーズで使用する。 リバース・セフィロスは最上部の人間形態のセフィロスを基に様々なモンスターを掛け合わせたような巨大な姿で、セーファ・セフィロスはセフィロスの人間部分を上半身に残し、右腕はのような黒い翼になっている。 ARTNIA 期間限定でクラウドとエアリスをイメージしたパフェが登場した。 仮にクラウドたちがセフィロスを倒してしまうと未来のある時点にてMが出現し、結果的に再度世界が滅ぼされてしまい、再度1からやり直しになってしまうからです。 ルーファウスにはフィーラーが見えているのに、ツォンには見えていない様子でしたよね。 ディシディア ファイナルファンタジーでの活躍 『』では、過去の記憶を無くしており、また自身が輪廻に囚われていることを確認するために1度自殺した経験があるという。 幼少期から驚くほどの身体能力を発揮したセフィロスはソルジャー1stの中でも最強の存在として皆に憧れられる存在になっていきます。 冒険の準備をする• セフィロスは計画を遂行する為に、宝条がジェノバのリユニオン能力の仮説の証明のために作った「セフィロスコピー」(もっとも仕組み上は魔晄を浴びせジェノバ細胞を埋め込んだだけでソルジャーと変わらず、ジェノバ細胞に耐えられる精神力を持っていないだけであるが)を彼らの体内のジェノバ細胞を利用して操り、まず神羅カンパニーが所有するジェノバの体を求めて動き出す。 そして過去に繁栄を失った古代種と比較し、現代に広く分布している現生人類に対し強い憎悪を抱く。 人を傷つけるのではなく、守り癒したいと考えている優しい民族だと推測する。 KHシリーズで使用する。 リメイク版には対応していません。 実際にはこの後に続くセリフでジェノバ=古代種であるという認識をもう一度してしまっているので、FF7の人間がどこから生まれたのかという正確な情報は判断出来ません。 技の一覧 プレイヤーキャラクターとの対戦時に使用される攻撃について挙げる。 無論物語に出てこなかっただけで何かしら古代種の血を引く者はいるのかもしれないが。 ・ジェノバを倒すために、古代種は戦い、そのほとんどがその時に命を落とした。 なんでやねん! さて、ジェノバには色々と能力があります。 本作攻略本「解体新書」にて「エアリス」という名は英語の"Earth"(地球)の読み方を変えてつけられ、前髪がセフィロスに似ているが、これは初期設定で両者が腹違いの兄妹という関係だったためということが語られている。 KHシリーズではHPを1、MPを0にする。 セフィロスはこの実験を主導する宝条博士の研究施設、通称「神羅屋敷」の地下研究所でジェノバ・プロジェクトの資料を読み漁った結果、自身が古代種であると誤解する。 FF7リメイクセフィロスの目的 メテオを呼びライフストリームを我が物に セフィロスの目的は原作から変わらず、 星にメテオを呼び、そしてできた傷跡に集まったライフストリームをすべて我が物にして新たな神に成ることです。 ゴンガガでを見ていない方は、このタイミングで見ておくこと。 KH1 ディズニーとスクウェアエニックスのゲーム。 ・エアリスはここで、偶然通りかかった義理母に拾われる。 ケット・シーを追いかける• また、ドライヴゲージも1上昇する。 当記事ではセフィロスは運命(Mによる世界崩壊)を覆したい、という体で書いています。 エアリスが登場する作品 [ ] FFブリゲイド モバゲーのゲーム。 八刀一閃 クラウドの 超究武神覇斬に似たによる8連続攻撃。 スポンサーリンク セフィロスのプロフィール 父親:宝条博士(神羅カンパニー幹部。 メテオ 空中に浮かび、無数の隕石を次々と降下させる技。 『エアガイツ』、『ディシディア』で使用する。 あくまでも勘違いではあるのですが、自分が所属している神羅や宝条博士への強い恨みが生まれた瞬間だと思われます。 記事概要• 生物を育て、土地を豊かにするために旅を続けた。 クラウドは引き続き彼を探しており、『KHFM』とは違いストーリー中にも姿を見せる。 しかしエアリスの生後わずか20日で、研究の後を継いだ宝条博士らに居場所を突き止められ殺害されてしまう。 母の名がジェノバだと説明していたのはあくまでも宝条博士です。 スポンサーリンク ここからセフィロスは神羅屋敷にこもるようになると、後日ニブルヘイムを焼き尽くしてライフストリームへと落ちて行きます。 リバースエナジー HPを大幅に回復する技 スティグマ 毒効果のある全体攻撃。 ここでセフィロスは黒マテリアによるメテオでジェノバの落下地点である北の大空洞にライフストリームを集約させてその力を全て吸収しようと企みます。

Next|Next|Next