アンデルソン ジョゼ ロペス デ ソウザ

索引「あ」161ページ目

アンデルソン ジョゼ ロペス デ ソウザ

62 去年の広島が低迷した最大の原因なんだけどな 本当に獲るの??? 引用元:. 、ドン・ミゲルが王位を僭称した際()はで反対勢力の側に立ち、仲間とともにへ亡命した。 6得点を記録したがFCソウルは下位に沈み、ロペスもこの1年限りで退団した。 同1部アトレチコ・パラナエンセなどでプレー後、16年7月にJ1広島に期限付き移籍で加入。 そしてポルトガル代表に選出されたが、当初は中心選手のやから猛反発を受けてしまう。 、ペドロ1世自らがマリア2世の摂政となると、ペドロは外務大臣となってロンドンからドン・ミゲルに対抗した。 2017年にはリーグ戦で10得点したが、守備面での脆さも露呈し、結局この年限りで退団した。 【札幌】元広島アンデルソン・ロペス獲得へ 今季はFCソウルに所属 北海道コンサドーレ札幌が、来季新戦力として、2016年7月から昨季までJ1広島に所属した、ブラジル人FWアンデルソン・ロペス(25)の獲得に乗り出していることが4日、分かった。 この節のが望まれています。 のちに本人はこの移籍を間違いだったと語り物議を醸している。 北海道コンサドーレ札幌が、来季新戦力として、2016年7月から昨季までJ1広島に所属した、ブラジル人FW アンデルソン・ロペス (25)の獲得に乗り出していることが4日、分かった。 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2013 2 0 0 0 0 0 2 0 2014 15 6 - - 15 6 アヴァイ セリエB 0 0 3 2 14 3 17 5 2015 8 5 0 0 0 0 8 5 2016 19 2 0 0 0 0 19 2 日本 リーグ戦 期間通算 44 7 2 0 0 2 1 9 3 32 10 5 0 2 0 39 10 韓国 リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2018 9 30 6 1 1 0 0 31 7 日本 リーグ戦 期間通算 11 J1 25 9 6 6 1 0 32 15 通算 ブラジル セリエA 27 7 0 0 0 0 27 7 ブラジル セリエB 2 0 3 2 14 3 19 5 ブラジル SC州選手権 15 6 - - 15 6 日本 J1 64 21 11 6 5 1 80 28 韓国 Kリーグ1 30 6 1 1 0 0 31 7 総通算 138 40 15 9 19 4 172 53 タイトル [ ] クラブ [ ] アトレチコ・パラナエンセ• 左利き。 開幕戦のギリシャ戦で後半から出場した後は全試合に先発出場し、ポルトガル準優勝に貢献した。 しかし迎えた2002-03シーズン、監督にが就任すると、、、らのポルトガル代表選手と共にデコは以前にも増してその本領を発揮、見事にリーグ優勝を決め、欧州の舞台でもUEFAカップも制す快進撃を支えた。 この事について試合後に「ちょうどスゲ()とその話をしていたのですが、あそこを飛び越えていなかったら4得点は取れていなかったかもしれない」とインタビューで話し笑いを誘った。 同1部アトレチコ・パラナエンセなどでプレー後、16年7月にJ1広島に期限付き移籍で加入。 へのの後、2014年途中よりに保有権が移り、期限付きでアヴァイに復帰。 広島には当初、半年間の契約で加入したが、能力が評価され、期間を延長し昨季もプレー。 札幌ドームで誤って転落したのは・が2009年に転落して以来2人目 、J1で1試合4ゴール以上が記録されたのは27シーズンで18例目となった。 また2月の2日間首相となり、にも5月から10月まで首相を務めるなど、生涯で3度首相となった。 ドン・ミゲルはペドロに有罪判決を下してその財産を没収した。 、ので女王のに任命された。 あ タイ文字• 国内リーグ戦に限る。 チェルシー退団後はブラジルのでプレー。 タイFAカップ(2016年). : 2005, 2006• 左利き。 : 2009 フルミネンセFC• (2016年) 出典 [ ]. ( ) デコ(Deco)こと アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ(Anderson Luis de Souza, - )は、出身の元の元。 1993年9月15日、ブラジル生まれ。 FIFA17キャリアモードに挑戦。 その後、に大使として駐在し、またで外交問題に対する国務長官に任命される。 ここで32試合に出場し13得点をあげる活躍をみせ、このままベンフィカに復帰するのではと思われたが、翌は1部のサルゲイロスへ移籍。 ポルトでも質の高いプレーを見せていたが、チームはデコの移籍初年度の1998-99シーズンを最後にリーグ優勝を果たせずにいた。 5m)着地に失敗。 2019年シーズンよりに移籍。 またのにも出席した。 またこの頃、の船長と知り合い、ネイピアはマリア2世の自由主義勢力の指揮官になる。 では、怪我のため初戦のアンゴラ戦を欠場したものの、2戦目のイラン戦で先発出場すると決勝点となるミドルシュートを豪快に決め、ポルトガルの40年ぶりの決勝トーナメント進出に貢献したが、オランダ戦では退場処分を受けている。 引退後はD20 Sportsという会社を設立して代理人業を行っており、クライアントには、らがいる。 あ タイ文字• 限りで代表引退を発表した。 幸い怪我はなく、このあとさらに来日後初のを記録し、1試合4得点の大活躍を見せた。 : 1998-99, 2002-03, 2003-04• 2019年3月9日の第3節戦において、2点目のゴールを挙げた直後にのホヴァリングステージから誤って飛び降り(高さ2. サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ! パトリックとアンデルソンロペスのサポートを受け、ゴールを目指す。 2005-06シーズンはリーグ連覇に加え、自身2度目となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。 にポルトガル本土で王室の帰還を求める運動が起こると、ブラジルに亡命中のに知らせて帰還を勧めた。 へのの後、2014年途中よりに保有権が移り、期限付きでアヴァイに復帰。 その後、ペドロは新しい下のポルトガルで初代首相となり9月24日から5月4日まで務めた。 この名前は、に従っています。 ポルトガル代表として [ ] 予選(対戦) 圧倒的なテクニックと、創造力豊かなプレーを披露するデコに目をつけていたルイス・フェリペ・スコラーリは、ポルトガル代表監督になると同時に、デコにポルトガル国籍取得を要請し、デコはポルトガルに帰化する。 しかし、その後は自身の負傷やの台頭もあって出場機会が減少していった。 ペトロヴィッチ流「超攻撃的サッカー」を更に増強させるべく、アンデルソン・ロペスにその一端を託す。 初代、パルメラ、パルメラでもある。 2013年に当時同国2部のアヴァイでプロ生活を開始。 、ポルトガルの強豪、に入団するが即座に2部リーグのアルベルカにレンタルされる。 に対するのさなか、のの会議においてペドロは「ポルトガル人はフランス皇帝の望むようにはならない」と伝えて名を上げた。 絞込み• AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ 2試合0得点• (2011年) チョンブリーFC• あ アルファベット• 2014年• では、決勝でに敗れるも同大会のMVPに選ばれる活躍を果たした。 185センチ、82キロ。 幸い怪我はなく、このあとさらに来日後初のを記録し、1試合4得点の大活躍を見せた。 あ 数字• (2016年) 出典 [編集 ]. 10月10日、パルメラ公爵となった。 大宮アルディージャは、済州ユナイテッドFCからブラジル人FWマルセロ・トスカーノ 32 を補強。 そのような状況下で、ついに代表デビュー。 しかし、出来上がった憲法はあまりに的で、王はこれを承認しなかった。 彼の活躍が対ブラジル戦37年振りの勝利につながり、一日でチームメイトや国民の信頼を確立した。 なんとしても残留したいところ。 翌2003-04シーズンには優勝も達成。 ポジションは、。 人物・プレースタイル [編集 ] 左足のシュートは正確であり、ヘディングのミート力が高い。 2016年に移籍したでのタイトルを獲得し、翌7月には海外移籍したの代役として、翌年1月1日までの期限付きで・に移籍。 大会を通じて「らしさ」は魅せたものの、やや精彩を欠いた。 ・所属。 略歴 [ ] クラブでの活躍 [ ] ブラジルでは目立った存在ではなく、19歳の時にポルトガルへ渡ってから才能が開花した。 、パルメラとなりジョアン6世によっておよび新憲法制定委員会の長に任命された。 2018年12月12日、のに移籍した。 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ 2試合1得点 タイトル クラブ アカデミカ・ヴィトーリア• 後に釈放されると国務大臣となり、大使としてロンドンへ戻った。 2010年8月8日現在。 ポジションは、。 アンデルソン・ロペスは185センチ、82キロの体格を生かした高さと、利き足の左から繰り出すシュート力が持ち味。 2019年3月9日の第3節戦において、2点目のゴールを挙げた直後にのホヴァリングステージから誤って飛び降り(高さ2. 近日中の合意が濃厚な状況となっている。 16年は7試合で2得点も、昨年は32試合でチーム最多の10得点を挙げた。 ディフェンダーを背負うプレーでも貢献できると評されている。 ディフェンダーを背負うプレーでも貢献できると評されている。 サンフレッチェ広島と大宮アルディーじゃは2017シーズン残留争いをしている。 今季はKリーグのFCソウルに所属したが、日本での再プレーを望んでいたこともあり、札幌が熱意を伝えてきた。 この補強が両チームにとって、好転するきっかけとなるだろうか注目したい。 サンフレッチェ広島はガンバ大阪からパトリック(Anderson Patric Aguiar Oliveira)を補強。 絞込み• 185センチ、82キロ。 : 1999, 2001, 2003• のちに本人はこの移籍を間違いだったと語り物議を醸している。 2013年に当時同国2部のアヴァイでプロ生活を開始。 : チェルシーFC• 、の一団を引き連れたネイピア船長とともにポルトへ渡り、ネイピアとともにへの遠征に参加した。 プレーオフ 2試合0得点• (母方の)は ロペス、(父方の)は デ・ソウザです。 2018年12月12日、のに移籍した。 粗削りの面はあるが、札幌幹部は「年齢的にも伸びしろがある」と、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(61)の指導を受ければその素質がより開花すると評価し、獲得を目指している。 17年までプレーした。 あ アルファベット• しかしその後、スコラーリが解任されてが監督に就任すると出場機会を失っていき、2009年夏の移籍市場ではなどへの移籍が注目されるも残留。 第15代 在任期間 - 元首 ペドロ・デ・ソウサ・ホルステイン(: Pedro de Sousa Holstein、5月8日 - 10月12日)は、前半のの、。 絞込み• 粗削りの面はあるが、札幌幹部は「年齢的にも伸びしろがある」と、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(61)の指導を受ければその素質がより開花すると評価し、獲得を目指している。 2016年• 来歴 [ ] 2013年にのトップチームの公式戦に初出場。 札幌は広島時代と同様、1トップかシャドーでの起用を想定している。 同国初代。 またなどの反動勢力に危険視されて、に投獄されてしまった。 ネイピアがでの海戦で勝利した後、を占領し、内戦に勝利した。 この事について試合後に「ちょうどスゲ()とその話をしていたのですが、あそこを飛び越えていなかったら4得点は取れていなかったかもしれない」とインタビューで話し笑いを誘った。 3月9日に行われた第3節戦で移籍後初ゴール、来日初ハットトリックを達成した。 あ タイ文字• 2019年12月28日現在。 1993年9月15日、ブラジル生まれ。 (2008年) ブリーラム・ユナイテッドFC• タッサ・グアナバラ : 2012 脚注 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 2016年に移籍したでのタイトルを獲得し、翌7月には海外移籍したの代役として、翌年1月1日までの期限付きで・に移籍。 生涯 [ ] 、で生まれる。 アンデルソン・ロペスは185センチ、82キロの体格を生かした高さと、利き足の左から繰り出すシュート力が持ち味。 その後はにも出場。 ここでも活躍をみせるとこのシーズン途中にに引き抜かれ、完全移籍する。 あ アルファベット• 2008-09シーズンのリーグ開幕戦である戦でデビューし、その試合でミドルシュートを決めてプレミアリーグ初得点も挙げた。 2004年夏の移籍市場では、とのトレードでに移籍。 しかし、2009-10シーズンは新監督に就任したにより、トップ下のポジションを得て輝きを取り戻した。 札幌は広島時代と同様、1トップかシャドーでの起用を想定している。 両チーム、不本意なシーズンとなっている。 5m)着地に失敗。 個人成績 [編集 ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2013 2 0 0 0 0 0 2 0 2014 15 6 - - 15 6 アヴァイ セリエB 0 0 3 2 14 3 17 5 2015 8 5 0 0 0 0 8 5 2016 19 2 0 0 0 0 19 2 日本 リーグ戦 期間通算 44 7 2 0 0 2 1 9 3 32 10 5 0 2 0 39 10 韓国 リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2018 9 30 6 1 1 0 0 31 7 日本 リーグ戦 期間通算 11 J1 25 9 6 6 1 0 32 15 通算 ブラジル セリエA 27 7 0 0 0 0 27 7 ブラジル セリエB 2 0 3 2 14 3 19 5 ブラジル SC州選手権 15 6 - - 15 6 日本 J1 64 21 11 6 5 1 80 28 韓国 Kリーグ1 30 6 1 1 0 0 31 7 総通算 138 40 15 9 19 4 172 53 タイトル [編集 ] クラブ [編集 ] アトレチコ・パラナエンセ• 相手は奇しくも生まれ故郷のブラジル。 あ 数字• 来歴 [編集 ] 2013年にのトップチームの公式戦に初出場。 : 2008-09, 2009-10• ロナウジーニョらスター選手に囲まれながらも、バルセロナの"心臓"と呼ばれ縦横無尽の活躍を果たし、2004-05シーズンは38試合中35試合に出場し、リーグ優勝に貢献した。 所属元の同国トンベンセには既に正式オファーを出しており、札幌幹部によれば、アンデルソン・ロペス自身も札幌行きに前向きなため、交渉は順調に経過。 2007-08シーズン終了後、FCバルセロナの新監督に就任したから構想外を宣言され、ポルトガル代表での恩師であるが監督に就任したへ移籍金800万ポンドで移籍。 2017年にはリーグ戦で10得点したが、守備面での脆さも露呈し、結局この年限りで退団した。 2019年シーズンよりに移籍。 ポジションは。 6得点を記録したがFCソウルは下位に沈み、ロペスもこの1年限りで退団した。 得点源の確保がポイントになるであろう。 2015年• のにポルトガルとして出席、に奪われたの返還を要求した。 : 2004-05, 2005-06• あ アルファベット• 広島には当初、半年間の契約で加入したが、能力が評価され、期間を延長し昨季もプレー。 あ 数字• : 1999-2000, 2000-01, 2002-03• しかし皇帝はペドロを娘の後見人に任命し、ペドロはマリア2世の大使としてイギリス政府に働きかけた。 MVP : クラブ [ ] FCポルト• : 2002-03• 3月9日に行われた第3節戦で移籍後初ゴール、来日初ハットトリックを達成した。 : 2010, 2012• あ タイ文字• : FCバルセロナ• 今季はKリーグのFCソウルに所属したが、日本での再プレーを望んでいたこともあり、札幌が熱意を伝えてきた。 : 2012• (2012年)• 国内リーグ戦に限る。 近日中の合意が濃厚な状況となっている。 札幌ドームで誤って転落したのは・が2009年に転落して以来2人目 、J1で1試合4ゴール以上が記録されたのは27シーズンで18例目となった。 ペトロヴィッチ流「超攻撃的サッカー」を更に増強させるべく、アンデルソン・ロペスにその一端を託す。 2013年8月に現役引退を発表した。 この試合はのエスタジオ・ダス・アンタスで行われ、デコは後半15分に途中出場して決勝点を挙げ、ポルトガルが2-1で勝利を収めた。 ・所属。 UEFAチャンピオンズリーグMVPを受賞した。 エースの活躍なくして、チームの上昇なし! 激しい残留争いに目が離せない。 あ 数字• Goal 2013年8月27日 外部リンク [ ]• 17年までプレーした。 (2011年)• 人物・プレースタイル [ ] 左足のシュートは正確であり、ヘディングのミート力が高い。 絞込み• 獲得タイトル [ ] チェルシーでのデコ 個人 [ ]• (ポルトガル語) (英語). 16年は7試合で2得点も、昨年は32試合でチーム最多の10得点を挙げた。 2019年12月28日現在。 所属元の同国トンベンセには既に正式オファーを出しており、札幌幹部によれば、アンデルソン・ロペス自身も札幌行きに前向きなため、交渉は順調に経過。

Next|Next|Next