レガシー アウトバック 新型

レガシィアウトバック新型モデル情報2021年4月発売|予想価格330~380万円B4国内販売終了

レガシー アウトバック 新型

最上級グレード「Touring」のシートに、ブラウンカラーのナッパレザーを採用• 運転席クッション座面長の調整機能やPTCヒーター採用 快適装備として、 運転席クッション座面長の調整機能やエンジン始動直後から車内を素早く暖めるヒーターが採用がされています その他にも、ドライバーモニタリングシステムとアイサイトアシストモニターといったシステムも搭載されています。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 より広く より快適に アウトバックは、SUVらしいキャラクターを特徴とする「レガシィ」シリーズのクロスオーバー型ワゴン。 そして、確かキャッチフレーズは、『500 miles a day』だったような気がしていた。 新型アウトバックは、 最新型インフォテインメントシステムのHMIを活用して、スマホ同様の感覚で快適操作できる所が特徴。 新型レガシィはスバルのフラッグシップモデルだけあって、今回のフルモデルチェンジで当然にしてガジェット系やコネクト系を進化させてくる。 スバル独自の走行システムなどが人気になっています。 3kgm。 エンジンには、現在でも使用される水平対向4気筒「EJ」型を新開発し搭載。 スバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を使用• こちらは今回のアウトバック。 とはいえ、ロングドライブをするために、レガシィアウトバック(正式にはこういうが、以後「アウトバック」と表記する)を借り出してみたのは本当だ。 インナーとアウター側を溶接したうえでアンダーボディに取り付ける従来の製造方法より部品点数を減らし、ボルトによる骨格同士の接合をスポット溶接に置き換えることできることで高剛性化と軽量化を両立。 自動ブレーキでも曳いてしまったり物にぶつかったりすると自己の責任は車ではなく当たり前ですが運転手にあります。 「SNOW・DIRT」、「D. 新型に切り替わるまで、現行アウトバックの北米での売れ行きは鈍ることなく(というより、モデル末期が近くにしたがって伸びていった)売れ続けたのだ。 最低地上高が+20mmとなったことにより、悪路での安心感が高められています。 新型レガシィの次期デザインはキープコンセプトだが… まずは「デザイン面」の最新情報。 次期型も海外のアウトバックが日本で販売されると見られています。 少し背が高く、大柄。 燃費は現行モデルのJC08モードで14. これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 5 i アイサイト Sパッケージ リミテッド 4WD• 組み合わされるCVT「リニアトロニック」は、変速比幅をさらにワイド化したうえで、駆動力の伝達効率が追求された。 レガシィ B4 リミテッド:324万円• 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止。 日本国内ではセダン車の「B4」とSUVの「アウトバック」の二種類のレガシィが発売されておりますが、「レガシィB4だけフルモデルチェンジしない」と言われてます。 前回イグニッションOFFした際のマルチファンクションディスプレイ表示や、メーターディスプレイ表示、エアコン設定も再現するほか、登録したドライバーごとの平均燃費も表示されます。 さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 新型レガシィでは足回りにアルミ製ロアアームを採用することで軽量化し、新設計ダンパーを組み合わせることで、ハンドリングと乗り心地もアップ。 スバルレガシィアウトバックのd型アイサイトは注目度がかなり高いです。 スバル独自の走行システムなどが人気になっています。 新型レガシィのフルモデルチェンジはアセント発売から2年以上経過するものの、結果的にそこまでブラッシュアップはされず、前者のターボは260PS/38. 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。 停止後は停止状態を保持します。 新型スバル・レガシィB4については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife. ただ後者のFB25型はブラッシュアップされて、最高出力は182PS、最大トルクは24. 渋滞時カーブ追従を可能にする。 新型「フォレスター」で初採用された「ドライバーモニタリングシステム」を採用• SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用• 目次 開く 『500 miles a day』は、そもそもレガシィじゃなかった! アウトバックは都会より自然が似合う……気がする 個人的に、スバル・レガシィといえば、ロッド・スチュワートである。 4Lターボエンジンは、北米で販売されるSUV「アセント」に搭載された新開発ユニットとなっており、排気量を小さくしターボを組み合わせたダウンサイジングターボエンジンとすることで高い走行性能と燃費を両立。 5Lガソリン搭載。 新型レガシィでは足回りにアルミ製ロアアームを採用することで軽量化し、新設計ダンパーを組み合わせることで、ハンドリングと乗り心地もアップされています。 こりゃ大変だ。 スバルグローバルプラットフォームの進化点 モデル性能が向上します。 次期型も海外のアウトバックが日本で販売されると見られています。 新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム NEW 自動車専用道路(高速道路)の渋滞時追走機能 NEW 渋滞時カーブ追従を可能に。 SNOW・MUD」の2つのモードを切り替えられる新型「X-MODE」が採用されています。 ボンネットのエアインテークがターボエンジンの存在を証明します。 現行モデルは5代目(BS系)と呼ばれる。 今回、レガシィアウトバックを借り出すにあたって、調べてみたら、『500 miles a day』とCMで謳っていたのは、アルシオーネSVX(1991年~)だった。 変更内容としては、以前発表されたスバルのフラッグシップセダン7代目新型「レガシィ」の内容と概ね同じですね。 衝突エネルギー吸収量を現行比「1. レヴォーグ優先の国内事情 7代目にあたる、新型レガシィB4&レガシィアウトバックの北米仕様は、2019年7月29日から生産が始まっている。 新型アウトバックのエクステリアでどこが変わったのか、注目ポイントをお伝えします。 今回の新型アウトバックでも先代からのキープコンセプトとなっていますが、ややアウトドア色の強いフォレスター寄りのデザインとなっています。 【X-MODE】4WDシステム 進化版X-MODEは後輪を独立モーターで駆動するeAWD方式で、さらなる悪路走破性へ向上します。 もうひとつ、アウトバックを借りた理由は、このクルマがアメリカで大変に愛され人気の高いモデルであるからだ。 シート表皮に、本革のような質感を持つ防水マテリアルStarTexを採用• 今回のマイナーチェンジは新型のレガシィバックです。 レガシィは車格の大きさや割高な価格設定もあって日本ではそこまで売れてませんが、アメリカだとレガシィは大人気。 スバル新型レガシィのパワートレインはどう進化するのか? 結論から書くと、スバル新型レガシィのパワートレインには、既にに搭載されてる 「2. そのほか、走りを支えるメカニズムとして、アルミ製ロアアームや新設計ダンパーを採用。 軽く押し下げるだけで自動的に巻き取るポップアップトノカバーと組み合わせることで、スムーズな積載が可能になっています。 この外にも、新型アウトバックには安全装備として「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」「後側方警戒支援システム」「アイサイトアシストモニター」等も搭載されています。 新型レガシィに「アイサイト4」は搭載されず? 続いては「」。 AWDの駆動配分• 次期型アウトバックも、ほとんど差がないでしょう。 結論から書くと、スバル新型レガシィの次期デザインは「キープコンセプト」。 東名・川崎IC近くで同僚をふたり拾って、往路は男性3名で長久手を目指す。 まだまだ色々な機能が今後も期待されるでしょう。 この次期レヴォーグのフルモデルチェンジは新型レガシィより1年ほど遅れて2020年に発売される予定。 しかしながら、「 レガシィアウトバック(SUV)も国内では販売終了する可能性がある」と報じるのはマガジンXの最新情報。 ちなみに、これからフルモデルチェンジする新型車一覧の記事もあとでご参照下さい。 何故なら、 新型アイサイト4はに搭載されるから。 そして、新型レガシィにもスバルの「SGPプラットフォーム」が今回のフルモデルチェンジから採用。 こちらは今回のアウトバック。 4倍」に拡大。 そのためフルモデルチェンジ後もしばらくCVTが採用されます。 AT誤発進抑制機能/AT誤後進抑制機能 NEW 前方の壁や生け垣などの障害物が検知され、誤発進したとシステムが判断した場合、警報音と警告表示で注意を喚起。 ハッチゲート開口幅も広がり、ラゲージスペースを十分に使いこなすことができそうだ。 いかにもどこへでも行けそうなタフで頼りになるクルマ。 またd型の次にはE・F型と年々マイナーチェンジをおこなって最終的にはフルモデルチェンジを行うことになります。 フェンダーには新しくブラックのガードが装備されよりタフなイメージとなり、傷にも強くなっています。 ターボ搭載有無に関係なく、車両全体で重量配分の最適化が可能になるからです。 2014年発売の6代目モデルでは、北米をメインターゲットとし全幅が1840mmに大きく変更されました。 そら、スバルもウハウハ。 スポーツ走行による連続したブレーキキングを想定した造りになっています。 スバルのフラッグシップモデル「新型レガシィ」はどう進化したのか?また日本国内での発売時期は一番最後に後述してるのでチェックしてください。 自動ブレーキはステレオカメラを利用したものが利用されています。 ただ、2020年後半に次期レヴォーグのデビューとなるため、新型アウトバックの日本導入はそれよりも後になる可能性が高い状況。 ペダル操作のわずらわしさを軽減し、快適で安全なロングドライブを提供します。 新型レガシィアウトバックのパワートレイン パワートレインには2. この新世代プラットフォームSGPを1番最初に採用されるのが、 であり、衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 6代目となる新型は「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」をコンセプトに掲げ、新世代のスバルグローバルプラットフォームをベースに開発された。 軽量化• 5i Sスタイル ブラックインテリアセレクション 4WD• ただし、日本国内で発売される際に新型2. 何故なら、 新型アイサイト4はに搭載されるから。 AWDの駆動配分• 4Lターボ」が新たに追加 続いて「エンジンラインナップ」の最新情報。 リアバンパーガードも大きくすることで、セダンより高い車高が強調されています。 走行安全 アクティブトルクベクタリング 意図したとおりにクルマをコントロールすることが可能に。 アウトバックにターボが採用された所は、一つの注目ポイントとなります。 これにより前モデルから35mm広いフロア長を確保し、室内空間を拡大。 レガシィ アウトバック:329万4000円• 後側方警戒支援システム• 大きなエアダクトは「制動摩擦による熱を冷やす空気」を取り込むためのもの。 レガシィB4は2020年秋頃を目安にアメリカに生産を完全に移管し、それと同時に「レガシィB4が日本国内で販売終了する」と日刊工業新聞が既に報じてる。 レガシィ B4:302万4000円• 6インチのフルHD大画面ディスプレイを搭載したナビゲーションシステムを採用する。 スバル・レガシィ アウトバック X-BREAK 車両本体価格:329万4000円 試乗車はオプション込みで354万2400円 SUBARUレガシィアウトバックは、日本よりもアメリカで高い人気を誇るツーリングワゴンだ。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 大きなエアダクトは「制動摩擦による熱を冷やす空気」を取り込むためのもの。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 ブレーキによる回避操作があった場合は、「プリクラッシュブレーキアシスト」によって強い制動力を発生させます。 com スバルグローバルプラットフォーム(SGP) エンジン見直しの根底にあるのは新開発プラットフォームの採用にあります。 早朝04:50に集合。 インフォテイメントシステムには、11. 今後のスバル車は、新開発プラットフォーム(SGP)によりトヨタTNGAのようにクルマを1から見直し。 生産は日本と米国の2カ国体制になりました。 アウトバックにターボが採用された所は、一つの注目ポイントとなります。 アウトバックOnyx Edition XT タフイメージの新グレードも パワーユニットは、2. スバルは「年に一車種ペース」で新型車を投入すると発表してる。 この次期レヴォーグのフルモデルチェンジは新型レガシィより1年ほど遅れて2020年に発売される予定。 ボディサイズの変更 新型「レガシィ アウトバック」のボディサイズは、以下のとおりです。 今回のフルモデルチェンジで新型レガシィ アウトバックにも次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform SGP 」を採用する。 新型アウトバックのエンジンはターボとNAの2本立て ラインナップされるエンジンには、 FA24型 2. ターボ搭載有無に関係なく、車両全体で重量配分の最適化が可能になるからです。 2003年から日本で「レガシィ アウトバック」として発売が開始され、現在(2019年4月時点)のモデルで5代目となります。 ブラック加飾されたフロントグリルとバンパー• 新型レガシィ アウトバック エンジンについて エンジンには現行モデル同様に水平対向4気筒DOHC 2. 運転支援システム「アイサイト」を全車に標準装備 アイサイトツーリングアシスト 「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 新型スバル・レガシィアウトバックについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!. スポーツ走行による連続したブレーキキングを想定した造りになっています。 社内WiFiも設定。 新型レガシィの日本発売は2020年秋にも発売されるのでは? と予想する一部報道もありますが、今後どうなるか気になるところ。 スバル・レガシィは、ブランドのフラッグシップモデルとしてラインナップされ、セダンの「レガシィB4」、クロスオーバーの「レガシィアウトバック」を販売。 車体全体の低重心化も進められることで操舵時の無駄な挙動も防がれ、路面に吸い付くようにまっすぐ走れることで、将来の自動運転走行も見据えた走行性能になっています。 編集部に戻るまでの都内をトロトロと走っていると燃費は8. いずれ変速機がATに換装されるかは不明。 X-MODEとは?• Bと銘打されます。 同時にエンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。 人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握。 新型レガシィアウトバックのエクステリア レガシィアウトバックはニューヨークモーターショーで明らかに。 新型アウトバックのリヤコンビランプは内側まで光る 先代アウトバックではリアのコの字型ランプはトランクの外側部分しか発光しませんでしたが、 新型アウトバックでは内側部分まで光るように進化しています。 新世代となりあがった性能や充実した装備が高い評価を受けています。 新型アウトバック アウターミラーはウインドウメッキと連動したデザインに ミラーの下部分とウィンドウフレームのメッキが連続した新たなデザインが採用されています。 4L水平ターボエンジン(FA24型)」が追加されます。 3kgmとややパワーアップされる模様。 したがって、新型アウトバックの日本発売時期は2021年以降と予想できます。 滑りやすい路面においても瞬時に路面をとらえ、脱出することが可能となる性能を持ちます。 ここ数年のマイナーチェンジで技術進歩は著しく進んでますので今後も安全面中心に便利な機能がたくさんついていくことでしょう。 Onyx Edition XTグレードの内容一覧• もちろん新型アイサイト4がいずれ搭載されると思いますが、既にアメリカ本国でフルモデルチェンジした新型レガシィには「アイサイト4」が搭載されてません。 6インチ大型ディスプレイを持つ新世代インフォテイメントシステムを搭載• これまでのNAエンジンは、ターボを設定しないことで生まれるスペースをエンジン位置の自由度に利用し、車両前後の「重量配分を最適化」してきました。 レガシィ アウトバック:329万4000円• なおボディ全体のデザインでホイールベースのサイズに変化はないです。 ver. SNOW・MUD」の2つのモードを切り替えられる新型「X-MODE」を採用• SNOW・MUD」という2つのモードに切り替えられる最新の「X-MODE」も搭載される。 使い勝手が重視されるアウトバックはでは、CIマークに手をかざすだけで開けられる、ハンズフリー電動ハッチゲート、ワンタッチで操作できるトノカバーなどを採用。 目次 開く 『500 miles a day』は、そもそもレガシィじゃなかった! アウトバックは都会より自然が似合う……気がする 個人的に、スバル・レガシィといえば、ロッド・スチュワートである。 クルマが悪かったら、最悪の休日仕事になってしまうところだった 早朝5時。 前モデルでも採用されたクロスバー格納式ルーフレールは進化し、ロープやベルトを直接結び付けることでより安定した積載を可能にするアルミバーをルーフレール前後に装備。 スバルが「レガシィB4」のフルモデルチェンジを発表しました。 停止後は停止状態を保持します。 しかし、アルミニウムや高張力鋼板を採用することで、ボディ剛性をアップしながらも100kgに近い軽量化を実現。 アウトドア装備を充実させた新グレード「Onyx Edition XT」を新たに設定 以上です。 販売価格は各販売店が独自に決めていますので、それぞれにお問い合わせください。 グレー表皮とイエローグリーンステッチとなるシート配色• SRSサイドエアバッグ• 分厚いのだ。 ブレーキによる回避操作があった場合は、「プリクラッシュブレーキアシスト」によって強い制動力を発生させます。 理由は至ってシンプル。 5代目「レガシィ アウトバック」からの変更点 新型「レガシィ アウトバック」の主な変更点は以下のとおりです。 やはり新型レガシィはメイン市場のアメリカに合わせて、今回のフルモデルチェンジで車体サイズが巨大化してる。 Apple CarPlay、Android Autoに対応• 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 当初、次期レガシィはリニアトロニックCVTからATに変更される予定だったんですが、どうやらフルモデルチェンジに間に合いませんでした。 だから新型レガシィにアイサイト4が投入されるのは2021年以降に遅れそう。 メッキパーツ採用が現行モデルよりも多くなります。 新型レガシィ アウトバック エンジンについて エンジンには現行モデル同様に水平対向4気筒DOHC 2. 現行アウトバックがデビューしたのは2014年のニューヨーク国際モーターショーだ。 借り出したスバル・レガシィ アウトバック X-BREAKも2. また内部LEDヘッドライトなど、最近のスバル車のトレンドを継承したものとなります。 結果、セダンの「B4」とツーリングワゴンのボディタイプそれぞれが、上級車にも負けない走行性能を持つスポーツセダン、スポーツワゴンとして話題になり、好調な販売を記録しました。 Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知し、誤後進とシステムが判断した場合も警報音と警告表示で注意を促すとともに、誤発進の場合と同様の制御を行います。 そして、新型レガシィにもスバルの「SGPプラットフォーム」が今回のフルモデルチェンジから採用。 しかしながら、「 レガシィアウトバック(SUV)も国内では販売終了する可能性がある」と報じるのはマガジンXの最新情報。 3全車標準装備 新機能• そのためフルモデルチェンジ後もしばらくCVTが採用されます。 充実したトルクと高い燃費性能が両立されます。 インナーとアウター側を溶接したうえでアンダーボディに取り付ける従来の製造方法より部品点数を減らし、ボルトによる骨格同士の接合をスポット溶接に置き換えることできることで高剛性化と軽量化を両立。 リアビューカメラウォッシャー アイサイトアシストモニター フロントガラスにLEDの光を投影しアイサイトの作動状態を直感的に知らせる ドライバーモニタリングシステム|【参照】フォレスター コクピット中央「最上部」にあるマルチファンクションディスプレイに「乗員認識技術」が搭載されます。 先行車追従操舵制御(アイサイト・ツーリングアシスト) ユニットの小型・薄型化を果たしたステレオカメラ(カラーカメラ)を用い視認性能を向上。 レガシィは2017年のビッグマイナーチェンジで外観が既に大幅にテコ入れされてることもあって、今回のフルモデルチェンジでレガシィのデザイン面での変更はほぼないと言ってもいいか。 SRSニーエアバッグ(運転席)• 分厚いのだ。 その恩恵がスバルの「ブレない」走行性能に現れています。 車線中央維持制御• スマートフォン感覚で快適に操作できるHMI(Human Machine Interface)を採用。 更にアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。 レターマークとドアミラーをブラックでコーディネート• リヤビューカメラに付着した汚れや水滴を洗浄する「リヤビューカメラウォッシャー」を採用• 4L直噴ターボ「FA24」型採用した。 いかにもどこへでも行けそうなタフで頼りになるクルマ。 渋滞時カーブ追従を可能にする。 すべての乗員が快適に過ごせる室内空間を実現すべく、後席のスペースを拡大した。 オーディオには、12スピーカーのHarman Kardonプレミアムサウンドシステムが用意されています。 一方、セダン車は世界的にも下火ですが、アメリカだとそれなりに人気。 静粛性も高められ、高速道路で3デシベル室内に入り込む音が少なくなると発表されています。 また、今後カスタムモデルとして、独自の配色を採用することでデザイン性をアップしたレガシィアウトバックX-BREAKも設定。 ver. 新型アウトバック エクステリアはアウトドア色が強めに 先代アウトバックの外観デザインは、都市型クロスオーバーSUVの高級感あるデザインとアウトドア感のあるデザインがバランスよく表現されていました。 現在は、新型コロナウィルスにより5月8日まで生産が一時停止されています。 レガシィ アウトバック リミテッド:356万4000円 スバル新型レガシィB4の発売日は? フルモデルチェンジするスバル新型レガシィB4の発売日は、米国で2019年秋が予定されています。 6インチの大型となる縦型ディスプレイを採用して、最新型インフォテインメントシステムが活用されています。 最低地上高は220mm。 横滑り防止装置(VDC)• 今回のフルモデルチェンジで新型レガシィ アウトバックにも次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform SGP 」を採用する。 衝突安全性向上• フロントグリル加飾や、コの字型を強調したヘッドライト、縦型3連LEDフォグランプを装備。 ステアリング操作のアシストを行い、車線逸脱抑制を行います。 リアビューカメラウォッシャー アイサイトアシストモニター フロントガラスにLEDの光を投影しアイサイトの作動状態を直感的に知らせる ドライバーモニタリングシステム|【参照】フォレスター コクピット中央「最上部」にあるマルチファンクションディスプレイに「乗員認識技術」が搭載されます。 そのレガシィアウトバックでロングドライブにでかけた。 この外にも、新型アウトバックには安全装備として「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」「後側方警戒支援システム」「アイサイトアシストモニター」等も搭載されています。 アップルのカープレイやアンドロイドオートに対応していてスマホとの連携も図られる。

Next|Next|Next