名古屋 高速 道路 工事

名古屋高速道路4号線(東海線)工事見物6

名古屋 高速 道路 工事

2013年4月6日。 2012年2月4日。 高速下の新しい橋につなぐ 工 事が進む。 南区公害病患者と家族の会(資料編) 『南区の公害史 資料編』、2009年3月。 交差点すぐ北側に門型橋脚の片方が立っているのが見える。 毎日新聞(中部)朝刊. コンクリート固まる。 2012年10月13日。 工事箇所が南行き車線側に移っている。 2011年10月6日。 上の画像奥に見える残った民家を向う 南 側から見る。 2012年7月28日。 中央分離帯については周辺環境との調和を図るために円形に盛り土して、そこに地被植物()を植樹した。 112 および『名古屋市港区史』昭和62年10月1日発行、港区制施行五十周年記念事業実行委員会・名古屋市港区役所、pp. 1976年6月18日• よって、は施設の防音対策や低騒音に配慮したの開発によって被害低減に神経を使っていたことで 、名古屋高速道路公社に対しても通過音が高架裏面に反射して住民被害が拡大しないよう要請を行った。 2013年1月10日。 道路拡幅工事中。 これが出来ないと歩道が広がらない。 ここも桁架け工事が始まっている。 道路中央に用地が確保されやっと始まる。 撤去したのが上に載って いる。 2013年5月19日。 この辺りに南行き入口が出来る予定。 2013年6月23日。 2008年12月28日。 いかにもここまでという感じに六番町交差点すぐ北側でプッツリと途切れている。 (平成16年)• (間)は他の道路を介して接続している間接接続。 桁を支える鉄柱が立っていた所が仮駐輪場になって いる。 2013年6月9日。 2010年7月17日。 2011年3月19日。 2013年11月17日。 橋脚が見えてきた。 (平成22年) : 山王JCTで4号東海線に接続。 路線状況 [ ] 交通量 [ ] 24時間交通量(台) 区間 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度 山王JCT - 山王入口・尾頭橋出口 6,021 23,902 山王入口・尾頭橋出口 - 六番北出入口 23,902 六番北出入口 - 六番南出入口 調査当時未開通 23,902 六番南出入口 - 港明出入口 23,902 港明出入口 - 木場出入口 23,902 木場出入口 - 船見出入口 23,902 船見出入口 - 東海新宝出入口 23,902 東海新宝出入口 - 東海JCT 20,236 (出典:「」・「」(ホームページ)より一部データを抜粋して作成) 道路施設 [ ] 六番一丁目交差点の新幹線跨線橋 [ ] 新幹線騒音公害とその対策 [ ] 海に近いことから橋脚はコンクリートを主体とする 東海道新幹線の名古屋市内通過地域のうち、南部では民家の軒先に近接することで、場所によっては90以上の騒音と振動が発生した。 左 東 へ移動した桁が見える。 2010年4月29日。 ジャッキが下がりその下の鉄骨も減っている。 まだまだつづく道路整備。 2013年8月24日。 1月から3月にかけて下り線の工事で同様の規制が実施されましたが、今度は上り線で工事が実施されます。 本桁が仮橋脚上に到達。 工事中は手前のような1mあるかどうかという歩道だったが奥に見える様に元の広さに拡 幅中。 塗装中の鉄橋を透かして向こうの高架橋が見える。 船見町交差点歩道橋から北を見る。 2013年7月7日。 概要 [ ] 各同士を接続する役割を担うの一方通行路線である。 橋脚が立ち上がり始めている。 1986年2月15日• 南側では北行き出口と南行き入口のランプウエイ工事。 こちらから見ると余り変わらない。 424. 2011年9月10日。 また、交通量の将来予測を再検討した結果、当初予測の4分の3程度に下回ることが予見されたことに加え 、環状部のダブルデッキによるジャンクションが複雑化して建設の難易度が高いことも加味され 、これらを検討した結果、環状部の大幅な簡略化を断行することになった。 2011年12月3日。 本体後ろには鉄橋上に渡した時に後ろが落ちないように前と同じようなのを継ぎ足し ている。 2013年6月16日。 3ヶ所見えるグレーの部分でつながっているよ うにも見える。 2009年2月28日。 2013年3月31日。 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 『名古屋高速道路公社30年史』、2002年。 2013年6月9日。 手前仮橋脚の解体始まるか。 455. 門型橋脚の基礎は出来上がっているようだ。 2016年12月31日。 橋脚で向うが見えなくなりそうだ。 このため、都心環状線においてこの区間のみ外観が異なり、色彩はオフホワイトで統一され、張出し桁部は化粧板で覆い 、柱も威圧感低減の意図から大きく面取りされた八角形の1本柱を特徴とする。 2006年6月17日。 2013年3月2日。 車道の舗装はこれから。 2007年8月25日。 418. 2013年1月19日。 1974年9月12日• 中部読売新聞朝刊. 橋脚基礎が出来てきたようだ。 2009年2月28日。 , pp. 橋脚近くは既に埋まっている。 2012年9月8日。 2015年1月11日。 2013年10月14日。 橋脚が立ち上がり始めている。 2013年6月9日。 2008年10月13日。 奥の橋脚が出来上がってきている。 高架下整備が進みこれから歩道寄りの整備も。 車道工事中。 今のところ一車線。 高架式に比べ半地下、地下(トンネル)方式は工事費が2倍以上になることは変更時点で既に判明していたことであるが 、1982年(昭和57年)にもなっていよいよ採算性が悪化することで将来の償還計画に影響することが認識され、地下鉄や河川を跨ぐことで工事の難易度が増し工期も長期化することが問題となった。 毎日新聞(中部)朝刊: p. さらに積み重なる。 2013年4月6日。 2008年5月17日。 140 - 141. まだ工事は始まっていない。 交差点にJR東海の文字の入った工事看板が立つ。 2012年10月13日。 2017年3月27日閲覧。 この桁の上で新幹線を跨ぐ桁を作っているので仮の橋脚を足して重さに耐える。 2013年3月31日。 2013年6月16日。 2012年9月8日。 手前に橋脚が1本立ち始めている。 桁が全部載り下の影が大きくなった。 その後、吹上暫定連絡路は環状ルート全通により廃止された。 467. 路線データ [ ]• 2011年6月12日。 3 m高さ)に設置した。 奥のビルと較べると少し道路側へ出っ張っているのが判る。 2013年7月27日。 まだ橋を 架け替えないと一般道部分は片付かない。 2008年5月17日。 中日新聞夕刊: p. 2013年4月27日。 鉄橋上桁架けの準備が進む。 カバーが外れてもやっぱりぎりぎり。 こちらも高架下整備中。 工事中狭くなっていた歩道が元の広さに戻る。 新幹線跨線橋の架設 [ ] 4号東海線の開通時期遅延の要因の一つが当該交差点工事によるものであることは先述した。 リニューアル工事は高速道路ネットワーク機能を長期にわたり健全に保つために必要な工事です。 北行き車線。 2013年3月2日。 1998年6月16日• 中日新聞朝刊. 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 『名古屋高速道路公社四十年史』、2012年。 2013年4月6日。 電柱、信号機の移設が行われ、まだ電柱が歩道に二列並んでたっている状態。 まだ何? 2011年1月9日。 2008年5月17日。 奥の桁の上に載っていて手前の台には重みが掛かっていない。 右、北側の橋脚部分にまだカバーが掛かっている 他は見た目出来上がり。 高速寄り車線とランプ出入り車線の整備が始まる。 (昭和52年) : 高速3号は明道町JCT - 山王JCT間を除いて整備計画から除外(ただし都市計画としては残された)、1985年以降の再考を表明。 2013年11月17日。 左上の画像と比べると進み具合がよく判る。 2012年2月4日。 2007年8月25日。 (昭和63年) : 東別院出口 - 新洲崎JCT間の供用を開始。 完全透明は、ヘッドライトや太陽光によるドライバーへの影響および、住民のプライバシー保護を理由として不採用とした。 遮音壁もついた。 2012年2月4日。 2013年1月27日。 高速開通した後も車線はこのままになるか。 また、年数を重ねるごとに建設費用が高騰することと 路線ネットワークが未構築のために通行台数が予定を下回ることは、建設工事に要する支出ばかりが増長して通行料金収入が伸び悩むことを意味し、結果、増大する借金のみならず利息さえ払うに難儀する状況にも置かれた。 まだ仮のガードレールと駐輪場が残る。 六番町交差点上で少しカーブするので直線の台の上に緩くカーブしてカントのついた本桁が横に少しはみ出て載っている。 2009年11月29日。 下には桁も用意されいてる。 ここも電柱の移設が行われている。 ひとつ南の信号交差点から見ているが今まで撮っていた歩道橋が撤去され無くなってしまった。 期間中は走行車線が片側2車線から1車線に減少するため、通勤時間帯を中心に、工事区間の前後で最大10kmの渋滞(通過時間60分程度)を予想。 : 市議会建設環境部会が都市計画変更原案(3車線一方通行方式の採用、半地下、地下式の採用等)を了承。 南行き側、ここから開橋まで歩道が狭くなっていたが復旧工事中。 、および。 , pp. 2013年2月2日。 2013年11月3日。 2008年5月17日。 2013年7月20日。 2012年12月2日。 歩道橋南ではランプウエイの着地部分を建設中。 すぐ目の前に鋼製の橋脚が立って見晴らしが悪くなった。 133. 分厚い本体が乗っかってきて圧迫感。 早朝6時台に始まって深夜23時台まで、平均5分間隔で発生するこれらの騒音と振動 に耐えかねた南区、熱田区、中川区の地域住民による(現・JR)を相手取った訴訟が1974年に起こされた。 住民はコンクリートと代り映えしないと不平を漏らしたが、専門家の意見ということもあって最終的に納得した。 2014年2月16日。 交差点を挟んで門型橋脚が立つ。 2012年12月2日。 2012年6月15日朝刊• あとは足場だけ。 2013年4月6日。 港明出入口は国道23号築地口ICとの接続を考慮している。 2013年2月16日。 朝日新聞: p. 少し前へ進み先端の少し細くなっていた部分が切り取られている。 461. 照明棟ポ ールも立ちここから見える所は 出来上がっている。 (昭和63年) : 名古屋市は名古屋市議会建設環境委員会で高速3号の整備計画組み入れを1988年度以降に延期することを示唆。 交差点上に桁が架かり始めている。 工事のウェブサイトでETCカード番号などを事前登録することで参加できます。 この要求金額内に抑える方策として高速3号の一時棚上げによる建設費圧縮が検討された。 中日新聞夕刊: p. 2013年12月14日。 157、p. アスファルトはられて歩道が真っすぐ通れるようになった。 橋脚が出来てきて奥の一般道の新しい橋の白いコンクリートの路盤が見えるようになっ た。 2015年1月11日。 交差点南から見る。 少し下がった。 今回の工事は「高速道路リニューアルプロジェクト」の一環です。 素人目には渡している途中で継ぎ目がポキッといくんじゃないかと心配になる。 交差点の向こうと手前に一本ずつ立ちあがった橋脚が見える。 継ぎ目の部分が橋脚の上に載ったので何か安心感。 上の重々しさに比べると脚が細いような感じもする。 2004年4月29日。 右 東 へ動く。 この辺りに北行き出口が出来る予定。 名古屋の公園100年のあゆみ編集委員会 『名古屋の公園100年のあゆみ』 名古屋市、(財)名古屋市みどりの協会、2010年3月。 2012年5月4日。 2016年12月31日。 量りが据え付けてあった穴のようだ。 電柱の移設をして道路拡幅準備中。 桁下がちょっと透けてきた。 『名古屋高速道路ミニマップ』経営企画部、平成27年6月版(電子版でも閲覧可能)• 2010年2月13日。 2014年2月16日。 2012年2月4日。 桁は全て載ったようだ。

Next|Next|Next