い あんぷ もん だい

「代替案」の読み方は「だいがえあん」で正しいのか??

い あんぷ もん だい

「代替品」も正しくは「だいたいひん」ですが、「だいがえひん」と読まれることが多いです。 そこで今回は「代替案」の意味や使い方、読み方、類語について解説していきます。 このように、よく使う言葉でも曖昧な部分があります。 「代替案」はすでに公表されていたり出されている案を他の案にかえる、という場合に使います。 ・様々な代替案を考え出してみたものの、どれもいまいちパッとしない。 そのトイレに、こんなのが貼られてました。 ・その件に関しては物申したいが、なかなか代替案が見つからない。 朝晩は寒いと言う人たちの中、快適な時間を過ごしています。 ゴールデン明けから、やっと半袖に衣替えすることができました。 「代替わり(だいかわり)」という言葉があるため、「だいがえあん」と誤って読むことが増えてきました。 また、「だいたいあん」だと、「大体案」「大隊案」「大腿案」などと同音語がたくさんあり紛らわしいという理由で、「だいがえあん」と読む方が好ましいという意見もあります。 別のものと入れ替えること」です。 正しく使うために、読み方や意味についてしっかりと理解することが必要です。 あんなに探しまわったハンドソープも棚に勢揃いしてきました。 その他の読み方を間違えやすい言葉 「代替案」のように、読み方を間違えやすい言葉というものがあります。 ・他の代替案が大したことなかったため、彼の案が採用されたのだ。 代替案として、初回サービスは無料とさせていただきます。 対象となっている案に釣り合う案」です。 しかし、「代替案」を読み上げるとき、「だいたいあん」と読めば良いのか「だいがえあん」と読むのか迷ってしまうことはありませんか。 やっぱり 美味しい!!「花びし」最高!! ゴールデンウィークの自粛期間中、外食もできないので、これでもかこれでもかと食べて食べて・・・ 健康診断が近いというのに、指導が入りますね、きっと・・ こんなもんでどうだい? 最近では、学校も少しづつ始まり、飲食店等のお店も営業を再開し、平常生活に戻りつつあります。 体感温度も体温も、なぜか高いんです@わたし (そりゃ高いでしょって聞こえる・・・(笑)) 新型コロナウイルスの影響で外出自粛をしていた私に こんなうれしい物が届きました。 例えば、元々決まっていた案が金銭やスケジュールの都合で最良ではなかったり、実行することが難しかったりする場合に、他の案を考えるという意味で「代替案を出す」などと言います。 ・先日ご提示いただいた案に関しまして慎重に考えた結果、代替案を下記の通り考えました。 油断をしてはいけないので、習慣付いた「手洗い・うがい」を続けましょう。 最後に、少しだけお仕事の話。 「代替」とは「代わりとなるもの。 しかも 高速道路で・・・「高木建設」のバックホウたちを横目で見ながら・・・ ご存じの方もおいでますが、わたし、一人で飲食店に入れず、徳島市内まで行って 飲まず食わずでどこも寄らず、ただ、トイレだけ寄って帰ってきました。 どちらの読み方でも正しい感じがしますよね。 今日のブログは元木でした。 ・申し訳ありませんが、その件はお受けできません。 「代替の商品」「代替バス」「代替施設」「車の代替として電車での移動を始める」などと言います。 「代替案」の類語 代案 (意味:代わりとなる案) 「代案を考えなくてはいけない」 別案 (意味:同じではない案) 「別案の方が良いと思う」 対案 (意味:他の案に対して出す別の案) 「対案を出したものの却下された」 他の案 (意味:別の案) 「他の案にも優れているものがある」 別のアイデア (意味:同じではない思いつき) 「別のアイデアも思い浮かべておかないと」 選択肢 (意味:回答として設けられたいくつかの項目) 「選択肢が多くあって選べない」 オプション (意味:いくつかの項目があって、好き放題に選ぶことができること) 「買うとオプションがたくさんついてくる」 代わり (意味:代理となるもの) 「祖母の代わりに祖父を連れて行く」 予備 (意味:前もって備えておくもの) 「予備の部品を置いておく」 スペア (意味:代わりとなるもの) 「スペアキーなら持っているよ」 代理 (意味:ある人に変わって物事を行うこと) 「校長の代理として挨拶する」. ・万が一に備えて、代替案を準備しておいた方が良いよ。 ・その事に反対したいのであれば、代替案を見つけるしかない。 久しぶりに徳島市内の法務局に行ってきました。 「代替案」の例文 「代替案」の例文を紹介します。 26 「代替案」の読み方は「だいがえあん」で正しいのか?? 「代替案」という言葉をご存知でしょうか。 「だいたいあん」でも「だいがえあん」でも間違いではありませんが、 なるべく「だいたいあん」と読むのが無難です。 しかし、 「だいがえあん」と読む人が増えており、正式に認められつつあります。 中には許容されている読み方もありますが、正しい読み方と間違った読み方を紹介したいと思います。 なるほど!よくあることです。 「代」は「位置や役目を別のものと入れ替えること」、「替」は「とってかわること」を意味します。 「いつもありがとう」とメッセージを添えて 親友兄弟の長男が届けてくれました。 ・代替案を考え出すようにという指示があったが、全く思いつかない。 (もちろんエサです) 常日頃 行きたがっていた 東みよし町の「花びし」さんのテイクアウトお弁当。 月曜日は、溝口専務です。 ただ、会議などにおいて最初に発言した人が「だいたいあん」と言えばそのまま「だいたいあん」と言えますが、「だいがえあん」と言えば「だいたいあん」とは言い直さずに引き続き「だいがえあん」と読むのが良いでしょう。 ・代替案があるわけではないのに、文句だけ言っているのは駄目だよ。 ・先ほどの件の代替案として、Aさんの案はいかがでしょうか。 言い回しとしては、 ・代替案として ・代替案を発表する ・代替案を考える ・代替案を出す ・代替案を提示する ・代替案を検討する ・代替案を決める などとなります。 刻々と夏に近づいてきています。 非常事態に備えて代わりの案を提案しておくことと、選択肢として代わりの案を出しておく場合があります。 「代替案」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「だいがえあん」と読む人が増えている 本来「だいがえあん」は間違った読み方です。 「代替案」はビジネスシーンで見聞きすることが多い言葉です。 「代替案を考える」「代替案を発表する」などと使います。 ・不躾なお願いではございますが、代替案をいただければ幸いです。

Next|Next|Next