ベートーヴェン 皇帝

ベートーヴェンの生涯に迫る ~「楽聖」とよばれたドイツの音楽家~

ベートーヴェン 皇帝

しかし、いい加減な演奏ではありませんでした。 序曲 ト長調• アメンタの歌曲『喜びに満ち、悲しみに満ち』の主題による変奏曲 Hess 54(未確認)• 44()• ピアノ協奏曲第4番までは自分でピアノを弾いていた ちなみにベートーヴェンはピアノ協奏曲第4番までは自分でピアノを弾いていました。 ベートーヴェンは9曲の偉大な交響曲、7曲の協奏曲(5曲がピアノ協奏曲)、32曲のピアノ・ソナタ、17曲の弦楽四重奏曲、10曲のバイオリン・ソナタ、5曲のチェロ・ソナタ、2曲のミサ曲、オペラ「フィデリオ」、その他、138曲もの作品を生み出した巨人(タイタン)。 遅いコーダまでスケール感を保っていく。 一方ACOの音色も素晴らしい。 店長は一時「皇帝」に惚れ込み、 さまざまな演奏録音を漁りました。 そのため楽譜を販売する側が曲にキャッチコピーをつけることは珍しいことではありませんでした。 路面電車71番に30分ほど揺られ、目の前に巨大な墓地が見えてきた。 キンスキーとH. ベートーヴェンはサリエリを慕い、イタリア語歌曲を作曲する場合は必ず助言を求めていたという。 大好物はパンを入れて煮込んだスープ、魚料理、茹でたてのマカロニにチーズを和えたもの、そしてハンガリーの極甘口トカイワイン。 98()• カンタータ 変ロ長調(未完) Unv 19 (1790-92年)• 1975年、ルービンシュタインは88歳という高齢でこの録音を行いました。 交響曲第9番の第2楽章のスケッチ• 36()• 己の分身を見つけることが出来ず一人のままでいた。 始めから決定されてあることは、そうなる他はない。 1801年(31歳)、弟子でイタリアの伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディ(16歳)に捧げたピアノソナタ第14番『月光』を作曲。 2b()• によりピアノに編曲。 [5]• ポリーニのピアノについては第1楽章と同じ印象である。 この楽章でもハイティンクとSKDの織りなすオーケストラの調べに聞き惚れてしまう。 2人が録音した協奏曲全集の中では、第5番は特別刺激の強い演奏というわけではない。 主よ、人の望みの喜びを J. 祖父(オランダ人)は宮廷楽長、父も宮廷楽団の歌手であったが酒に溺れてしまい、祖父が家計を援助していた。 ただ打鍵音は少々大きいようである。 勝利の道を歩む英雄のように!」など超ポジティブ。 陰影のある音色といい、スケール感の豊かさといい、申し分ない演奏である。 容赦せず彼の罪を全部非難しました」。 オペラ [ ]• ピアノの音色も高潔で品があり、強面では全然ないが、辺りを払うかのよう。 気品、音色の素晴らしさ、ベートーヴェンらしいスケール感、全てを兼ね備えている演奏と言える。 中央墓地は面積250ヘクタール(甲子園球場約65個分)、33万の墓所を擁し、年間約2千万人が訪れるヨーロッパ最大級の墓地。 彼らしさは十分出ていると思うのだが、と直接比べてしまうと美音の程度が下に感じられる。 と ハ長調(弦楽四重奏)Hess 31(?)• どうしたら人々を幸福にできるか、ずっと考えていたのですから。 Dominus Haslinger! 72(?)• 第一楽章:Allegro いきなりのピアノ独奏。 序曲 変ホ長調• 「トビーアスの冗談」 WoO 228b Hess 285• 3独唱 221 四重唱『船頭は誓う』 Giura il nocchiere? 9-1()• ピアノ三重奏曲 変ホ長調 WoO 38()• 『騎士のバレエ』(Ritterballett) WoO. 歌劇「フィデリオ」序曲 op. 伝記映画のようでもありますが、ベートーヴェンの「不滅の恋人」を追うミステリー的要素も含む作品です。 第3楽章の演奏は情熱的で、細かいミスも少なからずあるが、完璧に統御された弱音はアラウらしい。 ただ、ティンパニの調子が外れるところは情けない。 コーヒーは自分で豆60粒をピッタリ数えて淹れるこだわりを持っていた。 自分を不幸だと思っている人間は、自分と同じ1人の不幸な者が、自然のあらゆる障害にもかかわらず、価値ある芸術家、価値ある人間の列に加えられんがため、全力を尽くしたことを知って、そこに慰めを見出すことができるだろう。 アンダンテ・マエストーソ ハ長調 WoO 62(原曲は作曲予定の弦楽五重奏冒頭のスケッチ。 ここにもベートーヴェンのブロンズレリーフがある。 ステージではベートーヴェン自身が指揮棒を握ったが、聴覚の問題があるためもう1人のウムラウフという指揮者がベートーヴェンの後ろに立ち、演奏者はそちらに合わせた。 オーケストラの方は各パートの冴えた音色や美技で魅せる。 1827年3月26日、ベートーヴェンは肝硬変のため56年の生涯に幕を閉じます。 リンクの際の 連絡は不要です。 こういう具合に何年間も続く。 クーベリック指揮によるバイエルン放送響の演奏も芯から燃焼している。 19(、トリオは? 25のアイルランドの歌 WoO. 呈示部でのオーケストラの演奏は、金管を強調するところが面白く、スケール感もあるが、アンサンブルにきめ細かさがほしい。 私は思わず興奮しました。 低旋律上の簡単な対位法習作 Hess 233• オーケストラがこの主題を繰り返し,ピアノに技巧的なパッセージが出てきた後,ピアノが軽やかな副主題を演奏します。 それでも澄んだ美しさは自然に表れてくるようだ。 最期の言葉はラテン語で「諸君喝采したまえ、喜劇は終わった」。 金管を始め、各パートに見せ場があり、それまで見えていなかった所に珍しい花が咲いているのを発見するような喜びを感じさせる。 の『』の「手を取り合って」の主題による12の変奏曲 ハ長調 WoO 28(2本のオーボエ、コーラングレ)(? ヴァルトシュタイン伯爵の主題による8つの変奏曲 ハ長調 WoO 67(ピアノ連弾)()• 「私はファゴットを吹く」 Hess 304(草稿)• 総評:グルダは素晴らしい。 「おおトビーアス、ハスリンガーの支配者」(O Tobias! ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 第1番 5. 3つのピアノ四重奏曲 WoO 36()• のオペラ『、または3人のスルタン妃( Soliman II, oder die drei Sultaninen)』の三重唱「ふざけとたわむれ( Tandeln und Scherzen)」による6つ(後に8つ)の変奏曲 ヘ長調 WoO. 弱音を奏でる時のデリケートなタッチや間の取り方はカーゾンらしいが、後年の録音と比べると、全体的に「皇帝」のイメージに合った演奏と言える。 第2楽章:中の遅。 2つのカノン(歌詞無し 3声と4声)WoO 160(頃)• 重厚長大・質実剛健から脱却した軽快で透明感のあるベートーヴェンです。 そんなプロセスがあってのことなのか、第3楽章は会心の出来。 これはこんなホームページを作って感想文を書き散らしている自分に対しても言い聞かせたいと思います。 フィリップ・アントルモン ジャン・マルティノン指揮 フランス国立放送管弦楽団 1970年2月11日ライヴ録音 この組み合わせから瀟洒な「皇帝」をイメージしそうだが、第1楽章は(音質の影響もあって)なかなか重みのある演奏になっている。 それでも木管の歌わせ方はうまく、強奏の響きにも威風がある。 「旧時代」という言葉にふさわしい名録音を私の趣味嗜好から掲載しますと、以下のようになります。 サリエリがモーツァルトを毒殺したという噂がウィーンに流れた時は、筆談帳で胸を痛めている。 四重唱「船頭は誓う」(Giura il nocchiere)Hess 230(以前)• 第8番から10年が経っていた。 後年、が好んで演奏したところから、当楽曲は名曲の一つに数えられるに至っている。 インパクトだけの演奏ではない。 101()• 77()• 弦楽四重奏曲 ヘ長調 Hess 34(Op. 18-3()• 第3楽章:中の速。 [2]• 第3楽章も後半になるにつれてピアノの調子が上がってくる。 同じ主題が何度も弾かれ、の風体を示しているのでロンドと呼んだものと考えられる。 演奏時間が25分前後と短く、モーツァルトやハイドンの時代の古典スタイル。 第3楽章では繰り返される第1主題に強靭なエネルギーを注ぎ、それ以外はおしなべて強弱のニュアンスに異様なほどこだわりながら弾いている。 冒頭のような勇壮さは展開部のクライマックスで姿を見せ(第 304 小節~)、ここにベートーヴェンの反骨精神、反戦精神を見ることができるかもしれない。 4の他人による編曲 64 チェロとピアノのための二重奏曲 1807 vc,pf Op. それを支えるクーベリックのサポートも良い。 変ホ長調「幻想曲風ソナタ」 Op. 静的な美しさを持つオケと、官能的な美しさを持つピアノ。 内省的なピアノ協奏曲第4番とは全く異なる力強さが示されています。 ニ長調• 『』の主題による15の変奏曲とフーガ()変ホ長調 Op. ただその分力強さはやや増しているとは言えるだろう。 政治犯を救出する物語であり、ベートーヴェンのリベラルな政治的立場が窺える。 第1楽章の第1主題を弦で生き生きと浮かび上がらせる技など、実にみずみずしい。 覚えてもらうだけのことはしたと思います。 古典派の堅固な構成とロマン派の劇的な展開が化学反応を起こし、安定感と創造的破壊のせめぎ合いが生む緊張感にシビレ、法悦(エクスタシー)とも言うべき快楽を与えてくれる。 ガリエラの指揮は溌剌としていて、デュナーミクもしなやかだ。 弦楽五重奏曲(フーガ)ニ長調 Op. 84のクレールヒェンのアリア Hess. 18-6()• 103の改作) Op. ベートーヴェン研究に余念がなく、立ち止まることを知らないブレンデルは新たな演奏を求めてラトルと一緒に一歩踏み出したわけです。 亜麻色の髪の乙女 ドビュッシー 10. 全体的には、天才指揮者のセンス溢れるサポートのおかげで成立した名演という印象だ。 穏やかな音色であり、かつ芯があるピアノ演奏である。 2017年3月27日閲覧。 前奏曲とフーガ ニ短調(弦楽五重奏)(未完)Unv 7 Hess 40 ()• だが目の前に彼は眠っている。 本作はフランス民謡をイギリス国歌が覆す(仏敗北)という分かりやすさでウィーン市民から絶大な人気を集めた。 交響曲第10番 Unv 3 は、多数の断片的スケッチが残されたのみに留まった。 不器用な彼は作曲中、他の一切の用事が出来ず、ピアノの上にはカビの生えたパンが皿に乗っており、ピアノの下では簡易トイレが大爆発していた(雇ったメイドは片っ端から逃げ出した)。 ヘンデルの『ユダ・マカベア』の「」の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO 45(チェロ、ピアノ)()• 「トカイワイン」という安物のワインや、ビールを好んで飲んでいたそうです。 ユモレスク ドヴォルザーク 7. 24「春」 2. まずは旧時代の録音から見ていきましょう。 他方シフのピアノは相当に個性派である。 クフナーの劇のための 2b 『タルペイア』第2幕への前奏曲 Prelude to Act II of "Tarpeja" 3 祝賀メヌエット 変ホ長調 Gratulations - Menuett in E flat major 1822 Orch 4 Piano Concerto in E flat major 1784 pf,Orch ピアノ独奏部のみ現存 5 10 ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Violin Concerto in C major 1790-92 vn,Orch 断片のみ 6 変ロ長調 Rondo in B flat major 1793 pf,Orch Op. 11()• 41()• 二重奏曲 変ホ長調 Unv 8 (断片)(ヴァイオリン、チェロ)(? 死んで初めて永遠の世界の門を通ることが出来るのだ。 グレーテルの慰め(Gretels Warnung)(頃?)• 12のメヌエット(おそらく真作ではなく、弟カールの作品)WoO 12• 合唱「新しい輝く太陽が」'Eine neue strahlende Sonne'• [2]• オーボエ協奏曲 ヘ長調 WoO 206 Hess 12 (紛失、スケッチのみ現存)()• 3独唱 220 四重唱『野と森で』 Nei campi e nelle selve? 3つの WoO 47()• 僅かなテンポ変動が良い感じである。 第7番~第9番は、ウィーン大使のラズモフスキー伯爵に献呈された「ラズモフスキー四重奏曲」と呼ばれる作品です。 371小節からの左手の表現も印象的。 彼は一生かけても満足なフーガを書けなかった。 「御機嫌よう」(Gehabt euch wohl)(4声)WoO 181b()• とにかく理屈抜きでテンションを上げたい時にはお薦めだ。 ニ長調「田園」 Op. 72(第1稿(Hess 109)、第2稿(Hess 110)、第3稿)• 38(の編曲)()• 後年は服装に無頓着だったためホームレスと誤認逮捕され、ウィーン市長が謝罪するなんてこともあった。 劇付随音楽「エグモント」Op. )() 声楽曲 [ ] 宗教曲・合唱曲 [ ]• 三重奏曲 ト長調 WoO 37(チェンバロ、フルート、ファゴット)()• 「すべての上にオーストリア」(未完)Unv 18()• ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 WoO 5(第1楽章の断片のみ現存)()• まずは第2楽章をダイジェストで聴いてみましょう! サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ 内田光子 作曲の背景 ピアノ協奏曲第5番「皇帝」は1809年前後に作曲されたベートーヴェン最後のピアノ協奏曲。 ただ比較するとちょっと明るすぎて緩いかなとも感じる。 カンツォネッタ「残酷な女」(La tiranna)WoO 125()• 26のウェールズの歌 WoO. ピアノと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 WoO 6(ピアノ協奏曲第2番のフィナーレとして意図された)(以前)• 《 》• それでも十分良い演奏なのは同じである。 83()• 変ホ長調 Op. 各パートの音色は、まるで天のやさしい光を受けているかのよう。 ハ短調 作品62• その後、同年11月28日にに於ける演奏会に於いてフリードリヒ・シュナイダーの独奏による初めての公開初演が行われ、更に翌1812年2月12日にはウィーンのに於いて同じくベートーヴェンの弟子の一人であるの独奏によるウィーン初演が行われている。 「別れの歌」( Abschiedsgesang)WoO 102()• (An die ferne Geliebte)Op. ピアノソナタ ニ長調「幻想曲風ソナタ」 Unv 12 Biamonti 213 (未完)(?)• 「修道院長様、私は病気です」(Signor Abate! 白﨑直季(幼児教育科)「 」 『羽陽学園短期大学紀要』第10巻第3号、、2016年9月30日、 72頁、 、 、 2017年3月27日閲覧。 「自身の楽譜、財産すべてを「不滅の恋人」に捧ぐ」というベートーヴェンの遺書が、死の直後に発見されたことから物語は始まります。 53()• ロベール・カサドシュ グイド・カンテルリ指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 1955年1月16日ライヴ録音 第1楽章は速めのテンポで、ピアノの演奏は軽やか。 その1…1943年、戦況が悪化する中、学生にも徴兵令が下り始めた。 DGの録音がそれを収録するのに成功したため、まれに見る美しいピアノ録音になっていると私は思っています。 「間抜けの中の間抜け」(Esel aller Esel)(2声のカノンと1声のオスティナート) WoO 227 Hess 277()• でも実は、この『皇帝』というタイトルはベートーヴェン自身がつけたものではありません。 五重奏曲 変ホ長調 WoO 208 Hess 19 (オーボエ、3本のホルン、ファゴット)()• 散歩中に書き付けた紙切れやメモ、ノートのスケッチは7000点以上にのぼる。 シェーナとアリア「いいえ、心配しないで」(No, non turbarti)WoO 92a()• 後年の交響曲全集のような妙な速さも貧弱さもない。 主題の変奏に入ってからピアノの裏で鳴っているピッツィカートも、きっちり刻まれているが、重すぎない。 12のスコットランドの歌 WoO. ただ激しいだけでなく、旋律を即興的に冴えわたらせる鮮烈な閃きと、それでも揺らぐことのない巨大な音楽の流れが感じられる点も、高く評価すべきだろう。 第1楽章用(2作)、第3楽章用(1作)()• 第3楽章のピアノは流麗で、力強さもないわけではないが、その表現の中にアクらしきものは全く見当たらない。 54()• 「芸術は永く、人生は短い」(Ars longa, vita brevis)(5声? 「承知しました」(4小節 二重フーガの冒頭) WoO 201()• ベートーヴェンの楽曲一覧(ベートーヴェンのがっきょくいちらん)は、の作品リスト。 3独唱 213 四重唱『かのギター、ああ清らかなもの』 Quella cetra, ah pur tu sei? トルコ行進曲 ベートーヴェン 14. 銀色に輝くシュターツカペレ・ドレスデンの音色は、まさに「皇帝」の異名にふさわしいもの。 [1]• 木管の響きがやけに素朴で、ピアノの音色とあまり馴染んでいる感じがしない。 ベートーヴェンは20代後半から難聴に悩まされ、その苦悩から1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を残し自殺も考えます。 しかしながら、そういうスタイルの割に速いパッセージなどで音が塊になったり閊えてしまうのは残念と言うしかない。 多分クレンペラー、バレンボイム共この5番の方を好んでいるのだろうと思わせる差異である。 「むく犬の死に寄せる悲歌」(Elegie auf den Tod eines Pudels)WoO 110 (頃)• 131()• 洗礼を受けたのが1770年12月17日ということは分かっていますが、正確な誕生日は分かっていません。 特にコーヒーは、毎回60粒数えて淹れていたほどのこだわりようでした。 《 》• ピエール=ロラン・エマール ニコラウス・アーノンクール指揮 ヨーロッパ室内管弦楽団 2002年6月ライヴ録音 アーノンクールとエマールという組み合わせに、多くの人は、既成概念を崩すようなビジョンを示してくれるのではないかと期待するはずだ。 推移部に現れるピアノソロの下行音型(第 217 小節~)も、清流の水音のような清らかさを持つ。

Next|Next|Next