リゾット レシピ

【シェフ直伝】本格リゾットのレシピ。生米をアルデンテに仕上げるテクニック

リゾット レシピ

材料(2人分)• さらにリゾットはこんな特徴があります。 ご飯を加え、汁気が少なくなるくらいまで煮込む。 トマト・・・中1個• 水をひたひたになるくらいまで加え、固形スープを入れて少し煮込む。 オリーブオイル大さじ2• ベーコン・・・2枚• 粉チーズをたっぷり入れ、一混ぜして塩、胡椒、醤油で味を整えたら完成。 トマトピューレがなければ、トマト缶を煮詰めて水分を飛ばしたもので代用しても」 5 ブイヨンをつぎ足しながら、20分炊く ブイヨンを米が吸って、表面にカニ穴のような穴が開いてきたらその都度、お玉半量の熱々のブイヨンを足しながら、弱火で20分炊きます。 雑炊 ダシを使って、具材と炊いたご飯を入れたもの。 バター(またはマーガリン)…大さじ2• 余ったカレーではないのでベチャッとなりづらく、辛さも調節しやすいところがポイントです。 Cミニトマト3個 半分に切っておきます 【作り方】• 注いだ途端にブイヨンが沸き上がり、湯気が立ち上がります。 も作る時は、お米洗わないんですよ。 熱湯でコンソメを溶かし、3に注ぐ。 フライパンに油をひき、豚肉・玉ねぎを強火で炒めます。 粉チーズ(なければ溶けるチーズ)・・・適量• がおいしい! ゲストさん 18:09• <材料>2人分• 玉ねぎが透き通ったら、トマトを潰しながら加えて炒めます。 耐熱容器にご飯を盛り付け、8・食べやすい大きさに切ったとんかつをのせます。 塩…少々• 薄力粉 ホワイトソース用 大さじ4• 簡単クリームリゾットのレシピの2つめは、サーモンとレモンのクリームリゾットです。 バター5g• 冷やご飯を温め直し、水洗いして水気を切る。 まずはシンプルなチーズリゾットから挑戦してみてください!. よければポチっとお願いします。 材料 (2人分)• ボウルに、 Aの材料をいれて混ぜます。 STEP5:お湯を沸かす 玉ねぎとベーコンを炒めている間に、隣のコンロで水を入れた鍋を火にかけてお湯を沸かし始めます。 Bの材料を加え、混ぜます。 水分が少ない場合は水を少し加える。 A卵1個• カップに牛乳を入れ、レンジで1〜2分温める。 余った野菜をたくさん入れてもいいですし、実際のラタトゥイユのようにズッキーニやナスを使っても美味しくできます。 塩で味を調えてから、器に盛って、シブレットと粗びき黒こしょう、オリーブオイル(分量外)をかけたら出来上がり」 トマトだけでなく、牛乳や生クリームなどを加えるとバリエーションはもっともっと広がります。 鳥もも肉・・・150g• ご飯・・・300g• 材料 (1人分)• 同時に別の鍋でブイヨンを中火で温めておきます。 焼き色がついたら、飾り用の明太子と刻みのりをのせてドリアの完成です。 半量の団子が入ったフライパンに、 Aの調味料を入れてに煮詰めます。 「炊いていくときに木べらでかき混ぜ過ぎると粘りが出てしまいます。 粉っぽさがなくなったら、牛乳を数回に分けて入れて混ぜます。 リゾットはフォークで食べれるくらいの濃度が理想だと言われています。 塩、胡椒・・・少々• 牛乳・・・300cc• 2に薄力粉を加え、ダマにならないように和えます。 黄身に箸などで穴を開け、チーズをたっぷりふりかける。 鍋底がこげないように、時折、木べらで軽く鍋底をこそぎ、鍋をふってください」 4 米がふくらみ、粒が立って、艶々してきたら、味見をする 「20分炊いたら、一度、味見をしてみてください。 米を洗わない• ローリエ(あれば)…2枚• 全体を混ぜ、再び2分加熱します。 コンソメ4g• こちらのレシピも冷やご飯と冷蔵庫の残りものなどでさっとでき、小腹が空いた時やちょっとした夜食として手軽に作ることができます。 塩・黒コショウで味をととのえます。 Bの調味料を入れて3分ほど煮て、とろみがつけます。 残りご飯4杯分• チキンが入っていてボリュームもあるので、ランチなどにおすすめです。 豆乳・・・300cc• 塩、胡椒で味を整えて完成。 固形スープ・・・1個• すると、このように激しく沸騰します! 常に緩やかに沸騰している状態を保ちましょう! そしたら、少しずつダシを足していきます。 キャベツ1枚 2cm角に切ります• オリーブオイル…大さじ2• ご飯を加え、汁気が少なくなるくらいまで煮込む。 がおいしい! ゲストさん 18:12• A水大さじ1• 残りご飯2~3杯分• 卵・・・2個• 粉チーズを加え、よく混ぜて完成。 水・・・200ccくらい レシピ・作り方• STEP4:玉ねぎとベーコンを炒める バターを熱したフライパンににんにくを入れ、10秒ほどして香りが出てきたら、玉ねぎとベーコンを加えて中火で3分炒めます。 ご飯の粒がふっくらしてきたら、溶き卵を回し入れます。 【材料】• ピザチーズ・・・大さじ6• お米にこだわりたいという方には、こちらの「いのちの壱」がオススメです。 1にカップスープの素、粉チーズを入れ、混ぜる。 パルメザンチーズ(なければ溶けるチーズ)・・・40g レシピ・作り方• しめじ・・・1パック• おろし生姜・・・小さじ1• 塩、胡椒・・・少々 レシピ・作り方• 似たようなお米料理ですが、こんな違いがあったんです。 1に残りご飯を入れて、切るように混ぜて具材を和えます。 鍋に生クリーム、固形スープを入れ、一煮立ちさせる。 とある方法で洗わなくても、ぬか特有の臭みを飛ばします。 塩コショウ少々• 3分ほどで透明になってきます。 粉チーズ・・・適量• 豆乳を加え、少し煮込む。 3 お玉2杯分のブイヨンを入れて、米を炊き始める 米が油を吸って熱くなり、表面が均等に白っぽくなったら熱々のブイヨンを注ぎます。 白ワインと、あればローリエを加えるとブイヨンの香りがグンとよくなります。 水を数回に分けていれて、薄力粉を溶いていきます。 それは 洋風雑炊なんです。 豚肉の色が変わってきたら、薄力粉を加えて弱中火で絡めながら炒めます。 オリーブオイル適量• 簡単チーズリゾットのレシピの1つめは、ベーコンと牛乳で作る、シンプルなチーズリゾットです。 ケチャップ、塩、胡椒を加え、味を整える。 チーズは惜しみなくたっぷりと使いましょう。 粉チーズ・・・適量• 塩…少々• お皿に盛り付けて、パセリを散らしたらピラフの完成です。 オリーブオイル…大さじ2• STEP12:好みの硬さに調整する さらに5分ほどしたら水分が減ってくるので、この時点で一度お米の硬さを確認します。 生クリーム・・・100cc• フライパンから取り出しておいた団子に、黒ゴマ・白ごまをあえて胡麻団子を作ります。 材料(2人分)• 生しいたけ・・・2枚• 大葉、刻み海苔・・・適量 レシピ・作り方• 野菜を小さく切るのが面倒な場合は、多少大ぶりでも構いません。 Aナツメグ小さじ1• 粉チーズ…お好み量• 温度が下がると、デンプン質が変質し糊化してしまいます。 このライフレシピのもくじ 【】• ご飯を加え、汁気が少なくなるまで煮込む。 醤油を垂らして少しだけ和風に仕上げるのがポイントです。 薄力粉を加えて、混ぜながら炒めます。 Bケチャップ大さじ4• 少し芯がある状態のアルデンテに仕上げましょう! もう少し柔らかい方が好みの場合は、少しだけダシを入れて炊きましょう。 粉チーズをたっぷり加え、塩、胡椒で味を整える。 パセリを散らしたら、ドリアの完成です。 「味見をして、米に微かに芯が残る程度に炊き上がったら、火を止めます。 なぜかというと、リゾットというのは生米から作るからです。 白すりごま大さじ3• 水洗いしたご飯を加え、汁気が少なくなるまで煮込む。 塩、胡椒で味を整える。 米は洗わずに炒め、一粒一粒、オリーブオイルでコーティングすることでサラッとした仕上がりに。 絶えず混ぜてなくても大丈夫ですが、焦げる前にたまに混ぜます。 水1カップ• ヘタを取って洗ったトマトを入れ、何箇所か箸などで差して穴を開け、ラップをせずにレンジで2〜3分温める。 混ぜ合わせて出来上がり。 固形スープ・・・1個• あらびき黒コショウ少々 【作り方】• ここでこの状態にならない場合は水分が多いので、あんまりよくありませんが、強火でしっかり水分を飛ばしましょう! この濃度になったらミニトマト、 チーズを入れて 混ぜ合わせて味見をし、塩、コショウで調整します。 フライパンで玉ねぎをしんなりするまで炒め、サーモンを加えてしっかりと炒める。 A有塩バター20g• 熱湯・・・1カップ(200cc)• Bコショウ少々 【作り方】• 一度火を止め、カレールウを加えて溶かす。 オリーブオイルを熱し、鳥肉を加えてこんがりと炒める。 アルデンテにする そう、 パスタと同じアルデンテにするのがリゾットなんです! お米を洗わないのは、炒める前に洗ってしまうと割れてしまうからなんです。 混ぜすぎると、お米が割れてしまうので優しく混ぜましょう。 Aコショウ少々• ホワイトソースの真ん中をあけ、残りご飯を盛り付けます。 お皿にそれぞれの団子を盛り付けたら、完成です。 ご飯・・・300g• A中濃ソース大さじ2• 水溶き片栗粉小さじ4• ご飯・・・300g• ピザ用チーズ大さじ4• 「トマトピューレは生のトマトを濃縮した調味料。 材料(2人分)• 残りご飯2杯分• チーズを加え、塩コショウで味をととのえます。 玉ねぎはみじん切り、しめじはざく切り、マッシュルームは2mm厚にスライスする。 固形スープ・・・1個• 生クリーム、牛乳、固形スープを加え、煮込む。 牛乳 ホワイトソース用 400cc• ご飯・・・300g• 有塩バター20g• バターが溶けたら、玉ねぎを加えて炒めます。 【材料】• サーモンとレモンの相性は抜群なので、美味しくできること間違いなしのレシピです。 残りご飯を加えて、木べらで混ぜながら2~3分煮ます。 水…600ml(内100mlは硬さ調整用)• ご飯をほぐしいれ、汁気が減るまで煮込む。 具材が変わっても作る時のポイントは変わりませんので、しっかりポイントを押さえましょう! リゾットは、おじやでもおかゆでも雑炊でもありません。 固形スープ・・・1個• ベーコン2枚 食べやすい大きさに切ります• 塩…少々• バター・・・少々• 2 米を加えて、米に油が回るまで炒める チーズリゾットと同様に、米が油を吸って全体的に白くなるまで炒めます。 材料(2人分)• 途中、醤油を少し加える。 バター10g• 和風だし・・・小さじ1• 塩コショウで、味をととのえます。 器に盛り、好みで粗挽きブラックペッパー、パルメザンチーズをふりかける。 A玉ねぎ10個• 牛乳・・・200cc• コーンクリーム缶・・・1缶(200gくらい)• 塩適量• ご飯・・・300g• フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎはみじん切り、サーモンは一口大に切っておく。 牛乳・・・50cc• 小麦粉適量• 玉ねぎ・ピーマン・ベーコンを耐熱容器に入れ、ラップをして600wのレンジで2分加熱します。 ご飯・・・300g• 残ったカレーの量によっては、何か具を加えたりしてもいいかもしれません。 オリーブオイルできのこをしっかり炒め、塩、胡椒をする。 2とベーコン、ほうれん草を混ぜ合わせ、グラタン皿に入れる。 ベーコン3枚 1cm幅に切っておきます• 水の量は、各家庭コンロの火力の強さや、フライパンの口の広さで変わってくるので調節してください。 STEP3:玉ねぎを切る 玉ねぎはみじん切りにします。 かぼちゃと牛乳、固形スープを加え、かぼちゃが煮溶けるくらいまで弱火で煮込む。 水・コンソメを入れて、煮込みます。 具材が入ると焦げやすくなるので、チーズリゾットよりも鍋を頻繁にふるのがポイントです」 4 トマトピューレを加え、軽く混ぜる お玉2杯分のブイヨンがなくなり、次のブイヨンを足す前にトマトピューレを加えて軽く混ぜます。 ご紹介するレシピでは4種類のきのこを使っていますが、1種類でも2種類でも構いません。 A合いびき肉400g• ブラックペッパー…少々 作り方(調理時間:30分) STEP1:しめじを小房に分ける しめじは石づきを取り、小房にばらしておきます。 A塩小さじ1• 生米…1合(洗わずに使用)• スライスベーコン(1㎝幅に切る)…2枚分• バター…20g• 塩、胡椒・・・少々 レシピ・作り方• A残りご飯2杯 温めておきます• 固形スープ・・・1個• ディルをちぎって散らして完成。 煮込みすぎるとベチャッとなってしまうので、あまり火にかけすぎないようにしてください。 お米を炒める• 沸々してきたら、残りご飯を入れて混ぜます。 それぞれに砂糖大さじ2を加え、よく混ぜます。 バター・・・適量• 玉ねぎを加え、さらに炒める。 皿に盛り付け、粉チーズ・黒コショウ・パセリを散らしたらリゾットの完成です。 にんにくチューブ…1cm• とんかつを作ります。 たらこはほぐしておく。 米…1合(150g)•

Next|Next|Next