きゅうり と わかめ の 酢の物 人気 レシピ

きゅうりの酢の物に何入れる?超簡単☆基本もアレンジレシピもご紹介

きゅうり と わかめ の 酢の物 人気 レシピ

お皿に盛り付ければ、美味しい酢の物の完成です! きゅうりの酢の物を上手に作るコツ 最大のコツはきゅうりの水切りをすることです。 わかめの味をしっかりと楽しめる生わかめで、酢の物を作ってみるのもおすすめです。 時間がたって少ししなっとしたキャベツやレタスも、さっぱりおいしく食べることができますよ。 二杯酢とは、酢と醤油を1:1で作るのが基本です。 わかめの水分とツナの油をしっかりときるのが、作るときのポイントです。 ・中華だしや豆板醤をプラスするとごはんが進む味に! 中華だしを加えると一気に中華風になります。 ポリ袋のきゅうりをギュッと絞って・・・ 穴ぼこから水気を出します。 *きゅうりを洗う必要はありません。 ・【+たこ】食感の違いが楽しめる 出典:筆者撮影 ゆでたこを購入したらぜひ作りたい酢の物です。 やわらかい釜揚げしらすがおすすめです。 健康と美容におすすめの油です。 酢の物と同じように、パパっとできるので、忙しいときにもおすすめです。 ・醤油を味噌に変更すると…酢味噌和えに! 醤油を味噌に変更して作ると、酢味噌和えができます。 きゅうりは1枚1枚ずらしてバラバラにするように、スポンジを潰すくらいの力加減で揉みこんでいきます。 一般的にすし酢には醤油を使っていません。 きゅうりの塩もみと材料の下処理 まず、きゅうりは酢の物のする前に、野菜の持つ水気を塩で出して(塩もみをして)、それから合わせ調味料で味付けをします。 ごはんがすすむおかずになりますよ。 どこか懐かしい味がしますよ。 ごま油には、不飽和脂肪酸が多く含まれ、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富なんだとか。 ・材料はきゅうりと調味料のみ 出典:photoAC 入れるのものがきゅうりだけなので、きゅうりがあれば大丈夫! あとは、調味料です。 カロリーが低く栄養価が高いきゅうりの酢の物は、ダイエット中にもおすすめ!ここでは、きゅうりの酢の物の基本の作り方からアレンジ方法までご紹介します。 しらすには、カルシウムやビタミンDなどうれしい栄養がたっぷり!栄養的にもおすすめの酢の物と言えます。 最後にごま油をひとかけするのもおすすめ。 しばらく置き、水分をよくしぼり、ボウルにいれる 3.別皿に、酢1:醤油1:砂糖(みりん)1の割合で混ぜ合わせ、三杯酢を用意する 4.2に3の三杯酢を入れて和える すぐに食べるより、少し時間がたった方が、味がなじんでおいしくなります。 水気をしっかりと切ったらわかめときゅうりをボウルに入れて、合わせて調味料を加えてよく混ぜ合わせます。 このときポリ袋に空気を含ませると塩が均一に混ざります。 計量しなくても簡単に酢の物が作れるので、愛用している人も多いようです。 中途半端に余りがちなちくわを、きゅうりの酢の物に入れてみませんか? ・【+ツナ+わかめ】子どもにも大人気! きゅうりが苦手な子どもでも、ツナが入っているとなぜか食べれる!と人気の、こちらの組み合わせ。 ・仕上げにごま油をひとまわし 出典:photoAC 最後にごま油をひとまわしすると、ぐっと風味が増します。 三杯酢を使うのが一般的ですが、市販のすし酢を使っても酢の物ができますよ。 すし酢と三杯酢の大きな違いは、醤油の有無。 しらすはクセがなく、小さい子どもにも食べやすいです。 塩を振ることできゅうりに含まれている余分な水分がでて、味が染み込みやすくなるのです。 この切った穴ぼこから水気を出してしまう作戦です。 戻したわかめはしっかりと水を切るのもポイント。 こうなると彩りも悪く水っぽい酢の物になり失敗です。 こんな感じで緑色の水分がどんどん出てきます。 三杯酢で作った酢の物とは違った味が楽しめますよ。 さっぱりとしているので、食欲がないときにもいいですよね。 しかし、酢の物を作るには、すし酢でも問題なく作れます。 お酢が苦手な方は砂糖を大さじ1ほど加えるといいでしょう。 ・【+ちくわ】節約にもぴったり 出典:筆者撮影 節約食材としても優秀なちくわですが、酢の物にもぴったりです。 酸味は強く、甘みがないのが特徴。 きゅうりの酢の物の味付け このレシピはお酢がよく効いたさっぱり味です。 ・【+わかめ+かにかま】彩りがきれい 出典:photoAC かにかまをほぐして入れると、写真のように、彩りが鮮やかになりますね。 切って和えるだけなので簡単にできますよ。 たこを薄めにそぎ切りにすると子どもにも食べやすくなり、厚めに切ると歯ごたえを楽しめますよ。 全体的に塩が回り水分が出始めたら、この状態で空気を抜いて5分ほど休ませます。 他にも、味の素や鶏がらスープの素などのうま味調味料を入れても相性がいいです。 5分ほどしたら水を切ります。 生姜は細いせん切り(針生姜)にして一緒に混ぜ込むのがおすすめですが、すりおろしてから生姜のしぼり汁にしてから、Aに合わせてもOKです。 お好みで白ごまをかけてもいいですね。 ごま油を入れてコクを出したり、ラー油を入れて中華風にしても美味しいですよ。 塩蔵わかめとは、生わかめを1年中楽しめるようにと作られる、塩漬けされたわかめのこと。 購入したゆでたこを切って、和えるだけでできます。 わかめは家にあるものでOKです。 ごまも加えるとさらに香ばしさが増し、食欲をそそられますよ。 しっかりと水切りしたきゅうりにはお酢や砂糖がよく染み込んでとっても本格的な酢の物になります。 ぜひ普段の食事に取り入れてくださいね。 ・【+わかめ】乾燥わかめを使えばすぐできる! 出典:筆者撮影 乾燥わかめを水で戻し、水分をしぼってから、酢の物に加えます。 ・【+キャベツorレタス】 キャベツやレタスを食べやすく切り、塩もみして酢の物に加えると、一風変わった酢の物ができます。 また、たこは生食用のゆでだこを用意し、大きめのひと口大に切ります。 基本のきゅうりの酢の物の味つけには、酢と醤油、砂糖かみりん、それから塩もみ用の塩を少量使います。 乾燥わかめは手軽というメリットがありますが、わかめの味を存分に楽しみたい人には、生わかめや塩蔵わかめを使ってみるのもおすすめです。 これらは、ごま油との相性も抜群なので、ぜひ仕上げにごま油をひとかけしてくださいね。 ボウルで水抜きする場合でも同様ですが、もし、きゅうりに塩を振って空気に長時間、触れさせていると、どんどん水分が出て透き通ったようなキュウリになります。 塩を入れたらポリ袋の口を閉じて、軽く振りながらよく揉みこみます。 ・【+わかめ+しらす】カルシウム補強に しらすも酢の物にぴったりの食材。 たこや、わかめ、貝類などの魚介類を使った酢の物には、二杯酢もおすすめ。 生わかめは、しっかりとした磯の香りが特徴の、歯ごたえのあるわかめ。 ここでポリ袋の裏技が1つ。 乾燥わかめよりもずっと、生わかめに近い食感です。 きゅうりは薄めの輪切りにしてきれいなポリ袋に入れます。 旬の3月から6月にはスーパーでも売られています。 このとき使う味噌は、甘めのものか白みそがおすすめ。 かにかまがなければ、ハムを刻んで入れてみても良いでしょう。 ホタテは、高たんぱくで低カロリーの優秀食材。 お好みでしょうがも入れると、すっきりとした味わいになりますよ。 「塩蔵わかめなら塩抜きして」、「乾燥わかめなら水かお湯で戻して」、 「生わかめならさっとゆがいて冷水にとってさまして」、と適宜下ごしらえをして、大きければ食べやすい大きさに切ります。 辛いのが好きな人には、豆板醤もおすすめ。 ・作り方は?三杯酢の割合を覚えれば簡単! 出典:photoAC 1.きゅうりを輪切りにする 2.少量の塩を振りかけ、塩もみする。

Next|Next|Next