イメージング エッジ

ソニー イメージングエッジ完全マスター(CAPA編集部) : 学研カメラムック

イメージング エッジ

[現像出力]を行えば、ほかのアプリケーションでも写真を開くことが可能になる。 調整内容はリアルタイムでプレビューに反映されるが、元の画像と見比べながら作業したいときは2画面表示にしてみよう。 RAWファイルについては[上書き保存]をすることで、さまざまな調整を加えた状態で保存できる。 明るさとヒストグラム• クリックで素早く画像を転送できるので便利だ。 明るさや色み、コントラストなどを納得いくまで試してみれば、写真は格段に上手くなる。 3 表示制御 [表示]メニューにある[黒つぶれ表示]や[白とび表示]、[色域外表示]では、黒つぶれを黄色で、白とびをピンクで、色域外をグレーでそれぞれ警告表示できる。 行きあたりばったりで作業するのではなく、自分のなかでしっかりと方針を決めておけば、より効率よく作業を進められる。 エッジエンハンスメント技術は、線や文字の輪郭部のスクリーン処理を切り替えることで、ジャギーを低減し、鮮明な画像を再現します。 トーンカーブ• 僕はピクセルシフトマルチは使いませんが、この機能が使いたくてイメージングエッジをダウンロードする人もたくさん居ると思います。 特にRAW現像は、プロの画像調整テクニックを詳しく紹介。 3つのパソコンアプリケーションとモバイルアプリが連係して動く 1 Remote ファインダーを覗きながら、細かな設定を行ったり、四隅まできっちり構図を決めるのは、案外たいへんな作業。 特に、角度のゆるい斜めのラインの再現で、その効果を発揮します。 複数の画像をまとめて開きたいときは、複数のサムネールを選択した状態で[編集]メニューから[調整モードで開く]を選ぶ。 使いこなし 1 [色合い(色相)]で花の色合いを大きく変更してみる [色合い(色相)]は、写真全体の色を大きく変更したいときに役立つ。 RAW画像を確認する 「Edit」でRAW画像を開いたら、全体だけでなく細部もじっくりとチェックして、どのような調整を行うかを決めよう。 5mの距離、10倍の双眼鏡を使用すると10mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。 カタログや双眼鏡本体に書かれています。 数値を直接入力して細かく変更することも可能だ。 RAW画像を開く まずは「Viewer」でフォルダー内のRAW画像を一覧表示し、現像するカットを決めて「Edit」に転送しよう。 双眼鏡の仕様にある「実視界」と「見掛視界」の違いは以下の通りです。 D-レンジオプティマイザー / 高輝度色再現• 夕暮れの色合いで優しい雰囲気を作り出す• 手すりなどにひじを付くか、双眼鏡を手すりに載せてしまうのも楽な方法です。 パソコンにつなげてカメラ操作や画像転送が行える こんな用途に向く• 「Imaging Edge」カメラ機種別・機能対応表 <chapter 1> Remote & Imaging Edge Mobileの使い方 リモート撮影を始めよう! パソコンを使ったリモート撮影の手順 「Remote」の機能と使い方• ・買い逃すことがありません!• 大画面で撮影画像を確認したいスタジオ撮影に• ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 もう一つの目玉機能はピクセルシフトマルチです。 Canny edge detectionは画像の輪郭部分を抽出するのに、よく用いられるのですが、詳細なアルゴリズムを理解しないまま使われている事も多いのではないでしょうか?(それ、私) 特に、ヒステリシスしきい値の部分などは、詳細な説明も少ないので、今回、まとめてみたいと思います。 現像作業 個人的にはこの現像が一番気になる所です。 全体の明るさや色などを調整する 「Edit」の画面右側(または左側)に各種の調整パレットを表示し、必要な調整を行っていく。 Lightroomと比較してみて 大きな違いはイメージングエッジは画像の取り込みと管理ができない事。 朝のイメージを残しつつ「記憶に残る色」を引き出す• 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 [彩度]を下げてモノクロにすることも可能だ。 カメラとスマートフォンの連携もわかりやすく解説している。 多機能なRAW現像ソフトには及ばないが、必要十分な現像ソフトとして便利に使える。 対象を双眼鏡で見たとき、肉眼と比べて「どれくらい大きく見えるか」の割合を倍率と言います。 [外部プログラム]では、Photoshopなどの他のアプリケーションを登録しておけば、ツールバーにそのアプリケーションのアイコンが表示される。 「Imaging Edge Mobile」は動画撮影にも便利! 手順3 すると、左の画像が更新され、元の画像と調整中の画像が同じになる。 イメージデータコンバーターからどれくらい変化したのか、ソニーのお手並み拝見といった所です。 そのため、まずは見たい星(星座)を肉眼で見つけましょう。 図4:鮮鋭補正処理による文字再現性の違い. ご契約中は自動的に販売を継続します。 この状態では、元の画像(左)と見比べながら各種の調整作業が行える。 まず、非極大抑制処理で細線化された画像に対して、2つのしきい値を用いて二値化します。 トリミングや傾き補正を行い、主題を目立つようにしたいとき 「Imaging Edge」のワークフロー ここからは「Imaging Edge」を使った、撮影から現像までの大まかな作業手順を見ていこう。 細部を調整する際は、効果を正確に確認するため、[表示]メニューから[ピクセル等倍]を選んで表示サイズを大きくすること。 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 [色合い(色相)]を調整すると、それぞれの色が大きく変化する。 【参考本紹介】 ソニー イメージングエッジ完全マスター ソニー純正画像ソフト「Imaging Edge イメージングエッジ 」のガイドブック。 スムーズにRAW現像を行うために大切なことは、まず写真を細部までチェックしたうえで、どのような調整を行うかを事前に決めておくこと。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• 色温度とは、太陽光や自然光、人工照明などの光源が発する光の色を表すための尺度のこと。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 Windowsの場合:Imaging Edge Desktopがパソコンにインストールされ、ホーム画面が自動的に起動します。 以前、イメージデータコンバーターを使用していましたが、動作が遅かったのがLightroomに移行した主な理由です。 ブレを極力防ぎたい風景撮影ではリモコン代わりに使える 3 Viewer 撮影後に、写真をセレクトするのも楽しみの1つ。 それぞれの使い方をマスターすれば、撮影から画像確認、セレクト作業、補正・現像から保存までをスムーズに行うことができる。 初期設定では、シャッターを切ると「Viewer」が立ち上がるようになっているので、すぐに撮影画像を確認できる。 さらに慣れてきたら「近くの動いている小さな鳥」や「茂みの中にいる鳥」にも挑戦してみましょう。 細部を調整する 全体の明るさや色などが決まったら、[シャープネス]や[ノイズリダクション]、[レンズ補正]など細かい部分の調整も行っていく。 コントラスト• エクスプローラーから画像を選択 写真の閲覧はソフトに搭載されるエクスプローラーから可能です。 使ってみる 軽く紹介も終わった事ですし、実際に使ってみましょう。 一般的に倍率が高くなるほど実視界は狭くなります。 1枚のRAW画像を開きたいときは、サムネールをダブルクリックすること。 ネットワークドライブ利用時の信頼性を向上• ホワイトバランス• 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 撮影後に明るさやコントラスト、ホワイトバランスなどを変えたいとき• ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。 その際、より効率的に作業を進められるように画面のカスタマイズも試してみよう。 ・いつでも解約ができるから安心!• 下の画像は編集画面です。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 [明るさ]と[ホワイトバランス]、[黒レベル]、[シャドウ]を整えた。 色合いや彩度を調整して紅葉を見栄えよく仕上げる• 詳細は後述 4.ヒステリシスしきい値処理 詳細は後述 完成!! 以上の4ステップで成り立っていますが、非極大抑制とヒステリシスしきい値処理がちょっとわかりづらいので、詳細は以下の通りです。 インターバル撮影• ソニー公式から以前から配信されているイメージデーターコンバーターと同じです。 Imageing Edgeの編集画面 見た目はほぼイメージデータコンバーターじゃないでしょうか? デザインは黒ベースでかっこよくなりました。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 構図をしっかり決めたいテーブルフォトや物撮影に• フレーム対応のブラウザをご利用ください。 00 をお使いの方で、既に「カラープロファイル」「Remoteでの撮影保存先・他アプリとの連携」を設定されている場合はアップデート後に、再度設定をしていただく必要があります(Windowsのみ)• とっさに写したスナップを見栄えよく整える• 手順1 表示]メニューから[2画面表示]を選択すると、[2画面表示]に切り替わる。 明るさや絞りの違いを撮り分けた場合は、比較表示にするとわかりやすい。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 00 をリリースしました• Imageing Edgeの特徴 今回配信が始まったImageing Edge(以下イメージングエッジ)は写真の閲覧、現像、リモート撮影をするアプリケーションです。 例えばコンサートなどで客席からステージまでの距離が100mだった場合、8倍の双眼鏡を使用すると12. プレイメモリーズホームのRAW現像ソフトにイメージングエッジのEditを登録しておけば、プレイメモリーズホームからイメージングエッジを開いて現像する事も可能です。 2つのしきい値は、なんとなくエッジっぽい部分(しきい値「小」)と、確実にエッジな部分(しきい値「大」)となるしきい値を設定します。 「Imaging Edge」のワークフロー• オレンジを色濃く仕上げて印象深い夕焼け空にする• 慣れてきたら、肉眼でも充分確認できる動きの少ない大きめの鳥を見てみましょう。 人物の肌色を白く、明るく、健康的に見せる• 図1:斜め線エッジの再現性 このイメージエンハンスメント処理技術は、従来の600dpiから、より細分化したマトリクス上に、2,400dpiに対応したマッピングを新たに設計。 図1に示すように、従来の600dpiの処理では、ゆるい斜めの線のエッジにがたつきが目立ちますが、高解像度(2,400dpi)の出力特性を活かした新イメージエンハンスメント処理技術を用いると、なめらかに再現できます。 プロがスタジオ撮影で使っている機能が手軽に使えるのだ。 ハイキーで透明感のあるポートレートに仕上げる• ・買い逃すことがありません!• その機能の1つ「Edit」では、RAWやJPEG、TIFFファイルを取り込んで画像の調整を行うことができる。 また、細部を拡大したり、2枚を同時に表示して比較したりといった作業も手軽にできる。 中間調の線や文字に対して通常のスクリーン処理を行うと、文字や線の輪郭にジャギーが発生し、鮮明に表現できないことがあります。 イメージングエッジのエクスプローラーから編集したい画像を選択して、そのまま編集する事ができます。 写真の細部まで詳細に確認したい• カメラとスマートフォンの連携もわかりやすく解説している。 Imaging Edge Desktopがインストールされますので、インストール後、アプリケーションフォルダから (Imaging Edge Desktop)を選んで起動します。 電動ズームを装着した場合、「ImagingEdge Mobile」を使えば、ズーミング操作もできる。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 まずは処理結果から。 色みの少ない風景なら大きく色を変えても面白い [色合い(色相)]と[彩度]の組み合わせだけでも、さまざまな色のバリエーションが作り出せる。 また[彩度]のスライダーでは、鮮やかさを強めたり弱めたりできる。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 この山の尾根のみを抽出するのが、非極大抑制となります。 コンテンツリスト• [色合い(色相)]では、スライダーを動かすごとに全体の色が大きく変化し、色の印象を大胆に変えられる。 エッジの法線方向の3画素のエッジの強さを用いて、中央のエッジの強さが、残す2つの良さよりも大きければ、その部分が極大点ということになり、中央のエッジの強さが最大とならない部分を除外する処理が非極大抑制となります。 その場の光を生かしたいときはプリセットの「太陽光」に設定してもよいが、あらかじめケルビン値を決めておけば、いつでも自分好みのイメージを作ることができる。 見る対象によって適切な倍率は様々ですが、見やすさ、使いやすさを考えると12倍ぐらいまでがおすすめです。 [ダウンロード]をクリックします。 ILCE-9, ILCE-7RM3で撮影したRAWファイルからJPEGを出力する際、JPEGファイルに撮影日時が入らない現象を修正しました• なお、いずれの調整も必要に応じて調整をやり直しても構わない。 特にRAW現像は、プロの画像調整テクニックを詳しく紹介。 RAWファイルを現像すると、条件により出力画像に縦筋が入ることがある現象を修正しました• 富士ゼロックスでは、ドキュメントをより忠実にプリント出力するための、さまざまな高画質技術に取り組んでいます。 ソニーのミラーレスカメラやコンパクトデジタルカメラ利用者に無償で提供される「Imaging Edge(イメージングエッジ)」は、3つのパソコンアプリケーションとモバイルアプリが連係して動作するソフトウェアシステム。 マイナス側への補正 [色合い(色相)]スライダーを左(マイナス側)に動かすと赤い花はピンクから紫へと徐々に変化していく。 この処理がまさに Canny edge detectionとなります。 撮影した画像を確認・閲覧・選択する こんな用途に向く• ソニーのミラーレスカメラやコンパクトデジタルカメラ利用者に無償で提供される「」。 離れたところにあるビルの看板や街灯などを視野に入れてピントを合わせることを繰り返しながら、だんだん近いものに対象を変えて練習しましょう。 周りの見つけやすいもの(木や枝など)を視野に入れ、そこから双眼鏡を移動させるようにしてみましょう。 背景には青と緑のボケが生じている。 色が違うだけで何も変わってない。 特にRAW現像は、プロの画像調整テクニックを詳しく紹介。 2つの画像を見比べながら検討したい• 夕日によって薄っすらと赤く染まっているが、[色合い(色相)]と[彩度]の両方を調整して、まったく異なる色に仕上げてみたい。 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 視野が安定するので長時間の観察にも便利です。 また必要に応じて[ヒストグラム]を表示したり、[黒つぶれ表示]や[白とび表示]を選んだりして、明るさが最適かどうかを確認する。 ソニーのミラーレスカメラやコンパクトデジタルカメラ利用者に無償で提供されるアプリケーションソフトウェア「」。 ソニー純正画像ソフト「Imaging Edge イメージングエッジ 」のガイドブック。 コスモスに囲まれるような爽やかなイメージにする• 修正の前と後は[バージョンスタック機能]で確認できる。 「Imaging Edge」ってどんなもの?• バージョンスタック <chapter 4> ケース別 RAW現像テクニック• ご契約中は自動的に販売を継続します。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• 【参考本紹介】 ソニー イメージングエッジ完全マスター ソニー純正画像ソフト「Imaging Edge イメージングエッジ 」のガイドブック。 「Remote」と連係して動作させることもできるのでファイルを介した面倒な手続きも必要ない。 レンズ補正 / ピクセルシフトマルチ撮影補正• 手順1 「Edit」の設定を行う場合は、[ツール]メニューから[設定]を選択する。 これによりお客様の好みに合わせた文字・線品質を提供することができます。 手順3 設定の[カラーマネジメント]では、色空間の選択を行う。 撮影した画像をパソコンの大きな画面で即時に見られるのも便利。 プリセットホワイトバランスよりも自由度が高いので、大胆な雰囲気作りをしたいときは便利だ。 カメラとスマートフォンの連携もわかりやすく解説しています。 その機能の1つ「Edit」では、RAWやJPEG、TIFFファイルを取り込んで画像の調整を行うことができる。 カメラが捉えたリアルタイムの画像を見ながら撮影でき、ボケや色みの変更も反映されるので、イメージどおりの写真にしやすい。 特に、植物や夕焼け空などの自然風景、看板などの人工物の写真などで効果的といえる。 タイムラプス動画の作成 <chapter 3> Editの使い方 画像チェックから現像出力までの手順 「Edit」の機能 「Edit」画面のカスタマイズ 「Edit」の調整機能• カメラのモデル名やレンズ名、焦点距離、ホワイトバランスなど、一覧で確認できる。 狙いに合った色になるように調整していこう。 表示サイズは、ツールバーのボタンを押すことで[ウィンドウサイズに合わせる]と[ピクセル等倍]の切り換えができる。 【参考本紹介】 ソニー イメージングエッジ完全マスター ソニー純正画像ソフト「Imaging Edge イメージングエッジ 」のガイドブック。 <色合い(色相)+50> <色合い(色相)+100> 使いこなし 2 [彩度]で写真の鮮やかさをコントロールする [彩度]は、写真の鮮やかさを調整する機能だ。 トリミングと傾き補正• 2 表示倍率の調整 プレビュー画像の表示は、最初に画像を開いた状態では[ウィンドウサイズに合わせる]設定になっているが、[ズームイン]や[ズームアウト]、[ピクセル等倍]などを選択し、自由に調整ができる。 調整を繰り返しても画質が劣化しないことはRAW画像のメリットだ。 1 2画面表示 元の画像と調整中の画像を見比べながら作業したい場合は、[2画面表示]を利用するとよい。 非極大抑制処理画像 しきい値「小」 しきい値「大」 この2つの画像を用いて、しきい値「小」の中から、しきい値「大」につながっている部分のみを残します。 輝度差の大きな夕景をバランス良く仕上げる• フィールドで動き回る被写体には向かないが、屋内でブレを防ぎながら撮る用途には最適。 手順としては、まずは[色合い(色相)]のスライダーを左または右に動かして全体の色を決めてから、次に[彩度]のスライダーを動かして強弱をつけていくとよい。 それぞれの使い方をマスターすれば、撮影から画像確認、セレクト作業、補正・現像から保存までをスムーズに行うことができる。 「Viewer(ビュアー)」を使えば、高画素な写真もスムーズに一覧表示される。 00 をリリースしました ダウンロードとインストール• 階調表現が豊かな印象的なモノクロ写真を作る 本の内容をチラ見!. 単位はケルビン(K)。 カメラの背面モニターよりも大きな画面で撮影した画像が確認したいとき• [現像出力]とは、RAWファイルを、一般的なファイル形式であるJPEGまたはTIFFファイルに変換して書き出すこと。 または、ツールバーから[Editを起動する]を選択する方法でもよい。 ダウンロードするファイルは1つだけです。 本稿では具体的にどんなことができてどういうシーンで活躍するのか紹介する。 画像の現像と保存• 数多く撮った写真を整理したり、ベストなものを選んだりしたいとき 4 Edit 会心の1枚を、よりクオリティの高い作品に仕上げるのが「Edit(エデット)」のRAW現像機能。 ミックス光の色かぶりを自然な色に補正する• 「Remote(リモート)」を使えば、パソコン上でじっくりと設定や構図を決められる。 図3:エッジエンハンスメント処理 文字・線の鮮鋭補正技術 複合機やプリンターで出力された文字や線はつぶれを生じることがあり、不鮮明な画像になってしまうことがあります。 ホワイトバランスを変更して夜景を華やかに仕上げる• 特にRAW現像は、プロの画像調整テクニックを詳しく紹介。 カメラとスマートフォンの連携もわかりやすく解説している。 今回は、そのうちの2つの機能「Viewer」「Edit」を使ってRAW画像の確認から現像出力するまでの手順を紹介しよう。 ただし、人物が写っている写真では色が変わりすぎて不自然に感じるので注意したい。 現像出力する すべての調整が終わり、狙いに合った状態に仕上がったら、[現像出力]を行う。 「実視界」とは双眼鏡を動かさずに見ることが出来る範囲のことで、対物レンズの中心から測定した角度です。 星空がきれいな夜景をクッキリ美しく見せる• コントラストを強調して青空と白い雲を印象的に• 良いと思った写真には、5段階の評価を付けておけば、後から絞り込むのがが楽になる。 アウトドアで「Remote」機能が使いたいとき• 「Remote」のリアルタイム画面でも、各種の設定内容は反映されるが、実際に保存される画像とは若干異なるため、「Viewer」で確認したほうか、より確実だ。 【身体を固定しましょう】 身体を起こしたまま観察するときは、壁や柱にもたれかかったりするだけでも手ブレを減らすことができます。 霞んだ遠景を補正して新緑をくっきりと見せる• おまけ 撮影情報 [パレット]メニューの[撮影情報]、またはツールバーの[撮影情報]を選択すると、絞り値やシャッタースピードなどの各種撮影情報(Exifデータ)を表示できる。 MONARCH HG. 視線は固定したまま素早く双眼鏡を目の位置にもっていき、覗きましょう。 さらに、輪郭部の濃度変更割合を複数もつことで、補正レベルを選択できるようにしました。 見掛視界が大きいと、高倍率でも実視界が広くなり、迫力ある見え味が楽しめます。 さらに、主走査方向の処理だけでなく、副走査方向にも処理を施しています。 「Remote」操作がスマホやタブレットでできる こんな用途に向く• 納得がいくまで調整して完成させよう。 図2:細分化した主査方向と副走査方向の処理 エッジエンハンスメント技術 通常、複合機やプリンターは、出力される画像の階調表現のために、スクリーン処理を行っています。 木々を動き回る野鳥を探したり、展望台で広範囲を見渡したい時などには実視界が広い双眼鏡がおすすめです。 厳密にピントを合わせたいマクロ撮影に• カメラとスマートフォンの連携もわかりやすく解説している。 すべてではないものの撮影時に思いどおりにできなかったカメラ設定を、改めてやり直すことも可能。 三脚を使った風景撮影などでは、特に威力を発揮する。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。 特にRAW現像は、プロの画像調整テクニックを詳しく紹介。 撮る 撮影は、カメラとパソコンをUSBケーブルやWi-Fiで接続したうえで、「Remote」を起動して行う。 このとき、背景に見える青や緑も同じように色そのものが大きく変化する。 写真の絞り込み — レーティング機能の使い方• [彩度]を調整して、空や建物の色合いをいっそう鮮明にしたり、逆に落ち着いた色にしてみよう。 その結果、微細な画素制御が可能となり、黒の線や文字のアウトラインなどのギザギザをよりスムーズに再現します。

Next|Next|Next