僕ら は もう 一人 じゃ ない

【アニメ】僕だけがいない街 12話 最終回感想~悟は一人じゃない!※ネタバレあり

僕ら は もう 一人 じゃ ない

18日はも出演する。 千空に僕の気持ちが届かなかった虚しさを、彼らに癒してもらいたいと思うほど、僕は幼くはない。 俺今から手伝いに行くわ」 せ「んー…なんかこっちも回線落ちそうですわ。 私は思いました。 し「んじゃふつおたから行こかー」 う「センちゃんおなしゃーす」 さ「うらさん!センラより俺の方がええって!こいつ何するか分からんもん!」 う「え〜?なんで急に読みたがるの〜ww」 せ「ちょおお待てやさかたぁ!!俺がうらたんに指名されたやん!負け惜しみもええとこやでー!?」 さ「お前より俺の方がおもろいやけ!!絶対俺が読んだ方がいい!!!」 し「あー…wうらたさん、まだ続きそうやから志麻と待っとこ」 う「うーん…?w」 『うらたさんの奪い合いー!』 『可愛すぎません?w』 『うらたん愛でる会か!』 コメントではこれまた変わったものが流れ始めていて、さかたとセンラはまだどちらが読むかを争っている。 めでたく彼氏・彼女の関係になるのけど、プラネタリウムで二周期流星群の話題が出た途端に「何かが終わってしまう様な」 怯えた様子を見せる華の実の不審な様子を見せ付けられる事に。 別に、『わたる』って名前が嫌いなわけじゃない。 つらい時ほど 助け合う事 これから先に何があっても 負けないように 僕ら手をとりずっと… ほらね 君は一人じゃない 涙こらえ うつむいた日々も 僕らが 君のとなりで だからきっと大丈夫 つないだこの手が いつまでも 君の勇気に変わるよ きっと君の目指した夢が 僕らの夢に変わってく だから一人で迷わないで 強くなくたっていい 励まし合える仲間がいる 君は もう一人じゃない 今日より明日は 強くあれ いつでも君は 一人じゃない 笑いあえる 仲間がいる 大丈夫 君は一人じゃない 今日より明日は 強くあれ いつでも君は 一人じゃない 励まし合う 仲間がいる 大丈夫 これからも 一人じゃない. 「せめて、食事はしっかり摂ってくれないか?君の体は君ひとりだけのものじゃないんだ」 スープが入っていた椀だけは空っぽになっているものの、その他は手つかずのまま、すっかり冷え切った夕飯が乗っているトレイを見て、思わず盛大なため息をついてしまった。 」 「「………。 マイピク申請はいつでも大丈夫です。 「違うよゲン。 声優活動では特に。 悟が望んだ結末とは、どちらかが死ぬものではなく、自分も彼も、生き続けるという結末でした。 でも僕にしてみるとゲンのアシストが千空には必要だったんだと思う」 ゲンはにやりと笑う。 「うん、千空が作業している音が聞こえたからね、ちょっと様子を見てきたんだ」 パチパチと薪がはぜる焚火を囲むように、いくつか置いてある椅子代わりの流木に腰を下ろしながら答えた。 」 「また、なんてないよ。 「僕は18歳から9年間、時が止まっていた。 の声と共にゆっくりと立ち上がったゲンは、後ろ手をひらひらさせながら歩きだす。 まるで怒られてすねている中学生のような千空に、思わずプッと吹き出してしまった。 なぜなら一人じゃないからです。 千空が信頼するゲンなら。 僕らはもう一人じゃない」。 僕は今、ほんの出来心で、公園の木に敬礼をした。 だから「空は青く澄み渡り」という描写が似合います。 」 う「……っ、えっと…あの、さ……おれ、嘘…ついてたっ」 うらさんはゆっくりと口を開いて話してくれた。 「マスター、申し上げにくいのですが彼女はもう転生者に乗っ取られています。 」 「君がそうしたんだろう?」 「それもそうだったね。 蜘蛛の糸はその人間の寿命が見えていた・・・というよりも、八代の能力そのものの暗示だった、ということなのでしょうか。 」 「当たり前さ、君は独りしか知らないんだから独り以外のものは創造できないだろう。 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 先ほども引用した冒頭の歌詞です。 何があったら教えてくれん?」 う「っえ、ぁ…らじお…!おれ、っ!ごめな、さい…!ごめ、んなさ…」 さ「う、うらさん…!大丈夫やよ、配信やめたのは僕らの意思やで。 君自身が倒れることも僕は許さない」 部屋の壁に映っていた千空の立ち姿の影がゆらりと揺れた。 にもかかわらず、ここまで毒を吐くのはもう彼自身に相手を思いやる余力がないに違いない。 ちょっとバイヤーみたいだからメンタリスト行ってくるわ。 私はいま「迷いがありません」と書きました。 考えないと、おれ…なんて答えればいいんだろ…? 話的に学生時代?っぽいけど、、 もちろん、良い生活なわけない。 だがそのために悟の命だけではなく、久美ちゃんの命までタテにするとは!15年たっても歪みねぇ外道っぷり! ・・・ただ裏を返せば、 「なぜ15年前の悟が、自分の計画を阻止できたのか」、自分の未来を知っているという言葉はどういう意味なのか・・・それほどまでに知りたがっていたということ。 「何だアイツは?」 「僕のスキル。 僕が言えることはもう言った。 身体、起き上がれるくらい力出る?あったら手握って」 そういうとうらさんから握ってくれることはなく、どうやら力は思うようにでないらしい。 ただ、散々に殴られて蹴られる際にその名前を呼ばれたせいで、誰とか関係なく嫌だった。 だけどどんな顔して見ればいいのかわからない。 上の世界を経験してコーチになろうというのが理想だった。 時は流れて中学時代のやらかしで誰も近付かない変人の高校生になった櫻介は華の実と再会するが、 キイロの多重人格判別センサーには四つあった筈の華の実の中の魂はたった一つだけになっていた… 胸がギリギリと締め付けられるほどの「やさしさ」、 見ている方が辛くなるほどの「やさしさ」、 そして最後は「どうしてそこまで『やさしく』あろうとしなければならないんだ!」と叫びたくなる「やさしさ」、 そんな「やさしさ」が詰め込まれた作品を読み終わった瞬間に暫く頭が真っ白になった。 さ「センラ…変わって。 こちらの歌詞も読みましたので、よければあわせてどうぞ。 『人知を超えた』と口走りたくなるほど、科学と呼ばれるものすべて、化学、医学、薬学等に超人的に長けている彼が一瞥して判らないのだから、悔しいけれど他の誰も力になれないのは火を見るよりも明らかだった。 恐らく『食べられない』のだ。 僕は、そのどれもが好きだ。 歌い手活動と声優活動をしていても、やはり名前を呼ばれない時は無い訳では無い。 そんな事を隠し続けてもう何十年も経つ。 千空」 若干の無力感を味わいながら作業場を出た。 足腰を鍛えるトレーニングも兼ねて往復15kmの自転車通学。 そして疲弊している今、コハクちゃんやクロムの直球を、少し素直じゃない彼がおとなしく受け入れるかどうか… 「図面を見ていたよ。 孫娘はおばあちゃんに言いました。 意外に前向き。 公園のベンチに腰掛けて、一人で物思いにふけっていることがよくある。 高校1年でインターハイ3位。 「やべー、話に夢中になっていたらもうみんな寝てんじゃねーか!どうりで静かだと思ったわけだ」 慌てて周りを見回すクロムと同じくらいに慌てるコハクちゃん。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 「表現に対する情熱がどんどん強くなっている。 だから、ノートの中の僕は、共通の敵を持った僕の同志なのだ。 なんでも、今、取り掛かっている作業が彼の思うように結果が出ないのは、どうやら工程表に何か間違いがあるかららしい。 もちょっと冷静にオトナ対応ができていたはず。 そんな私が、今回初めてライトノベルに 手を出した。 主人公はいま海の奥深くまで進んでいます。 それは悟を殺す直前の 「オレはお前の未来を知ってるぞ!」 という言葉の真意を探る為でした。 そのジャージーを着られる日を目指して練習に打ち込んだ。 悟の後を追い飛び降りようとしますが・・・そこにはクッションの上でウインクしてみせる悟と、悟の仲間たちの姿がありました。 ああ、すっきりした。 リンクを離れていた時間はあまりにも長すぎた。 やっと、長い長いトンネルから抜け出せた」 「いまはひとつひとつ挑戦している」と話す板井郁也 大学生へ「昨日の自分と比べて」 今春に大学を卒業し、2曲目のリリースも決まっている。 けれどこのままの状態は千空によくないことは伝えたい。 」と 2番のAメロを引用しました。 この歌詞の中では、主人公は「君」を探し、「星」を探しています。 確かにゲンなら何とかすると思ったけれど、こんなに早く千空を説き伏せたのか… 思わず立ち上がって二人を迎える。 だから僕は『千空にはワトソン博士になりうる人でないと太刀打ちできない』と心の隅で感じて引き下がったんだ。 怒鳴られて、気に入られなければ直ぐに殴られて蹴られる。 「方法」という悪魔にとり憑かれないで 「目的」という大事なものを思い出して 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない 大切な何かが壊れたあの夜に 僕は君を探して一人で歩いていた あの日から僕らは一人で海を目指す 「約束のあの場所で必ずまた逢おう。 夕方から授業に出席し、帰宅は深夜だった。 一人で抱え込まんといてください」 う「ぅ、ん…ッひっく…ありが、と…っ」 三人でうらさんを抱きしめて、うらさんは眉を八の字にしながらも口元を緩めて泣いた。 「神がかり的でした。 でもそれがいけなかった。 ときには、その言葉、ちょっとぎこちないぞってアドバイスする。 どこからか、声が聞こえてくる。 」 「たいして変わらないじゃないか。 セバスチャン・ベッテルは、2020年がフェラーリでの最後のシーズンになることを発表。 「好きなものを見つけなさいと言うけれど、そんな簡単に見つからない。 」 「じゃあ、さよなら。 何が起こるか見てみよう」 カルロス・サインツとともにフェラーリF1移籍が噂されているもう一人のドライバーはダニエル・リカルドだ。 哲学者のロラン・バルトは『物語の構造分析』という著作で、作品の分析において、作家との関連性を過剰に結びつけるやり方を批判し、作品そのもの(著作では「テクスト」と呼ばれている)を読むべきだとして、「作家の死」を宣言した。 僕はもう、 君がいなければ生きていけない 15年前のあの出来事以来、殺人衝動を失ってしまった八代。 最近の癒し。 そんなこと書きながら18日のMステ・ウルトラFESが近づいてきて複雑な心境になっている。 熟女から男の娘まで攻略していた悟でしたが、ここにきて犯人の八代まで攻略するとは・・・。 楽しみなのか悲しいのか、いろんな感情が絡みあって困る。 ちょっと盛ったな。 もちろん現実は甘くなかった。 「…そうだな。 肯定文は、どんな文であれ、単独で何らかの情報を有しています。 どちらの結末も、もう既に意味の無いものです。 例を挙げさせて頂ければ石川博品の「耳狩ネルリ」シリーズであり、さがら総の「変態王子と笑わない猫」の二作がそれである。 そうなのです。 そうだったのか!」 人がいないのをいい事に、ひとしきり大笑いする。 Watson。 あれから僕らはシェアハウスを始めるようになった。 そこから既に対比していたのかな。 この暗闇と距離で僕を視認できるのはさすがだね。 主人公には確かに迷いがないけれど、でも隠そうと思ってもにじみ出てきてしまっているのです。 左隣はゲンで、その向こうにはクロムがいる。 炎を挟んだ反対側がコハクちゃんだ。 ここには2度「一人」という言葉が出てきます。 前半は、ここまで。 元来、彼は素直ではないし、口を開けば憎まれ口をたたくのが常だ。 頼んだ!」 「ありがとよ!ゲン!」 二人が勢いよく走り去った後、残ったのはパチパチと音を立てる焚火とゲンと僕。 風邪をひくわけにはいかない。 千空、君はホームズを「変人」と言うけれど、君も大概ホームズだよ。 教室の講師を務めたり、イベントに出演したり。 ああ、そうだ。 『さかた:何か嫌な予感する』 それだけ二人に送ると察してくれたのか、淡々とリスナーに話しかけた。 その頃から花が少しずつ咲いていくような、自分が描いたスケートができるようになってきた。 し「ま、明日も甘やかしてやろや」 さ「せやね〜、今日はお預けや」 せ「一先ず、俺らで雑魚寝しましょうかw」 そんなこんなで、寝顔に癒されて僕らは眠りについた。 「てめーら、明日からまた地獄の作業があるからな。 この部屋を照らしている一個の白熱灯は、到底明るいとは言い難いけれど、それでも松明や行燈のようなものに比べればはるかに明るい。 「終盤のステップでビートがのって、最後の力をふりしぼって滑っていく姿を見て、泣けてくるような哀愁があった。 なにか、主人公が一人になるような状況が描かれているでしょうか。 カルロス・サインツが後任を務めることになる広く考えられているが、他にも何名かがドライバー候補として名前が挙げられている。 「怖いものなんてない」が「怖くても大丈夫」に変わります。 ただ 八代の蜘蛛の糸が切れたと同時に、悟のリバイバルが起きなくなったことを考えると、やはりこの二つの能力は互いに関連しあっていたのかな、と思います。 ルーアの分身は増え続ける。 私が考えたのは、例えばこんなシチュエーションです。 もし逆の立場だったら、四の五の言わずにお前を無理矢理休ませていた。 名前を呼ばれるのがトラウマで、今回もそれを起こしてしまったこと。 「こ、怖くないさ。 もちろんわたしは当時を知らない。 いつもなら、恥ずかしがって 「もーその話やめろー!」 って可愛く言ってくるはずだけど、それすら聞こえてこない。 けれど、僕たちのためにも無理はしないで欲しいんだ。 せ「センラも連絡してみたんですけど、、やっぱり出ませんでした…」 し「こっちも。 それがいつもの千空に戻るスイッチだったかのように、いつもの不敵な笑いを見せた。 うらさん何も悪ない」 壊れ物を扱うように、ひっく…ひっくと泣きながら俯いているうらさんを優しく抱き寄せてトントンと背中を叩いて落ち着かせた。 長い旅だからそう足を止めるわけにも行かないしまた歩き出さなきゃいけない。 リアル滝翼は取りこぼさず見ておかなくちゃ!という強迫観念がすごい。 2017年10月からミュージックスクール「IM music」の藤原綾子さんのもとでボイスレッスンを開始。 さ「うらさん!?うらさん!!」 し「うらたさんっ!」 それぞれ違う部屋を探していると、センラの声が聞こえてきた。 わたしに届く言葉が少なくて不安だけどジタバタしてもしょうがない。 その後ろ姿を安堵として見送る僕の背中をポンとゲンは軽く叩く。 パソコンのキーをカタカタとリズミカルに押して回線を繋ぎ、青い鳥のアプリで始まりの合図として呟く。 でも、だいたいはあだ名で呼ばれるから大丈夫なのだ。 弱い向かい風が吹いている坂道に誰かが立っていた。 いつから生えている木かは知らないけれど、多分、この公園ができる前は、別のところに生えていて、業者がショベルカーだかなんだか仰々しい大型車両で運ばれてきたに違いない。 大切なものはありますか? 男の子は答えます。 けれど主人公は自分の「目的」とよく向き合って決めたこの「方法」にもう 迷いがありません。 自分の愛情が何かを壊していたことに気付いて僕はショックを受けた。 お気に入りの万年筆と、お気に入りのノートに、ガリガリと、ひたすら文字を刻んでいる。 そして「みんなのやさしさ」で守られ続けた末に「一人ぼっち」となった「彼女」の果たそうとした責任。 つまり悟が救ったのは犠牲者だけではなく、 本来なら加害者になるはずの八代をも救った形となるのでしょう。 いままでの話の流れを踏まえると 「僕らはもう一人じゃない」の部分は「僕らは一人だ」的な言い回しの否定ということになります。 やっぱりせつな過ぎる。 「ほら、千空ちゃん。 そして、怖いものがあるかないかの話なんて、もう怖い話をしているのとほとんど同じです。 後ほどお知らせも訂正します。 し「あー…なんかうらたさんパソコンの調子悪うなってもうたらしいわー。 春といえど、夜になれば寒い。 ENDだってある。 優しさと強さはイコールだと、思い出させて くれた。 もちろん今も。 食事をしない害悪は、言うまでもなく彼自身だって判り切っている。 それは間違いなく僕ではないと言うことができる。 」 「冷たいね。 完全に飲まれきるまでの恐怖です。 その歳はまだ親に殴られ続けて、精神的にも病んでた時代だ。 おありがたいこって」 図面に視線をもどし、ぶっきらぼうに返事をした。 というのも、自分が書いたものを忘れるということは、自分が書いたものを〈客観的〉に見つめることである。 その瞬間を生きた僕を、誇らしく思うために、出来事を一枚の写真にして映し出すのだ。 」 「ああ、どこまで行っても変わらないと思うけど頑張って。 」 「他人の君がなぜそこまで分かるんだ。 じゃ、おやすみ~!火の始末シクヨロ~」 幅の広い袖に両手を入れ、ゆるゆると方向転換をしたゲンも暗闇に吸い込まれていった。 ~ もう何日こんな状態が続いているのだろう。 そのため、対になる肯定文が、話し手と聞き手の双方のあいだにごく自然に想定される内容でなければ、否定する意味を持ちません。 その答えが「あの変人じゃあるまいし」だったのだ。 高校3年の全日本選手権は総合18位。 クレンを助けるって決めたじゃないか。 もう知っていると思うけれど、この数日は仮眠だけでしっかり寝ていないようなんだ。 「おや、君はひとりだね。 櫻介と別れてからの「嬉しくない事が多い時間」から大切な副人格を守り続けた華の実が迎えた精神的限界。 覚えておくわ。 すなわち、僕こそが〈もう一人の自分〉になるのだ。 でも、そんなことはありません。 セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1離脱を発表した日にちょうど元F1ドライバーのデビッド・クルサードとプーマのInstagramに登場したマックス・フェルスタッペンは「彼がフェラーリと継続するかどうかについてちょっとした憶測が広まっていたけど、今日彼が継続しないことが明らかになったね」とコメント。 「羽京ちゃんの気づきがあったから、千空ちゃんは我に返れたんだね」 首を傾け、僕を覗き込みながらゲンが笑う。 うらさんは僅かに目を開けて、小さく口を動かして応答していた。 けどね、僕が言う『不殺』には君も含まれているんだ。 夕食も食べられるものは食べたようだし、そのうち寝るって言っていたから大丈夫じゃないかな」 伝えたい事を含ませ、クロムやコハクちゃんには心配を掛けず、でも嘘にはならない程度だと、もうこうとしか返事ができないね。 扉が開いたのだと分かった瞬間、僕らは我先にとうらさんの家に急いで入った。 …食料だって無駄にした…悪ぃ。 幼き頃から様々な書物に手を出して来た。 もし迷いがあるのなら、あいまいな曇り空になるところだったはずだから。 それに…俺らうらたさん家のドア壊してもたんよw」 う「へ…?こぁした…て、、」 せ「さかたがあんまりにも馬鹿力出すからーガコンッ!って…思いっきり壊しましたww」 さ「ちょっ…!うらさん勘違いしないでや!?二人だって手伝ったんやからな!」 う「ん…ふへ、いひっ…なんだよそれぇ…wこわしたって、、w」 ん"ん"、可愛ええ…っ!まーしぃとセンラも同じこと思ってんやろな… さ「……うらさん、話してもらっても…ええかな?」 し「ゆっくりでええよ。 その強い思いが板井を追い詰めた。 その後は音楽と出会い、いまは歌手として新しい道を歩み始めている。 「で、どうなのよ実際の所。 羽京ちゃんにちゃんと謝りなよ。 あの二人はいいコンビで…… …あ…分かった。 こうして板井は誇りを持って競技生活の幕を閉じた。 当時からの安藤様には本当に頭が下がります。 」 「・・・もう独りは嫌なんだ。 「僕は星を探して一人で歩いていた」とあります。 でもホームズとワトソンと言う、世界でも最も有名で最強のコンビなら誰も代わりにはなれないね。 きっとゲンが何とかしてくれる。 時間が過ぎれば過ぎるほど僕も彼女もそのことを前よりも意識するようになっていた。 描かれているのは前半の幼い頃も、再開した後の高校生活も確かに櫻介と華の実の二人だけの世界なのだけど、 主人公・櫻介の中に宿る三つの魂「チーム市川櫻介」の圧倒的饒舌に押し流される様な独特の文体が 読者にこの上なく賑やかな、下手をするとノイジーとすら感じられる不思議な作風を産み出している。 主人公は「君」に会おうと思い、入水自殺を決心しています。 でもそれができない僕はどうしようもない欠陥品だと思った。 これ自体はライトノベルでもしばしば見られる。 最近そのことをよく考える。 ということは、1行めが怖いのだとしか考えられません。 「空は青く澄み渡り 海を目指して歩く」の、なにかが怖い、のです、たぶん。 (石黒圭『よくわかる文章表現の技術〈3〉文法編』)今回の例でいうと「怖いものなんてない」という発言の前に、私は2度とも「怖いかどうか」を問題にするようなセリフを仕込んでいます。 「まさかな、あの変人じゃあるまいし。 」 「じゃあ僕が君を独りから助けてあげるよ」 「それは無理だよ」 「どうして?」 「君も独りだからだ、独りの人間が独りの人間を救えるはずがない。 ……でも、ちょっと経つと、自分のしたことが少し恥ずかしいことだったような気がして、青空を仰ぐ。 ちょっと探してみます。 GPシリーズ出場という新たな目標もできた。 八代の言葉に、空いた穴を埋めてもらったと告げます。 そして恩返しがしたかった」 国際大会に派遣されるためには成績を残さなければならない。 食べ終わった後には布団を一階のリビングにまで持っていき、問題の寝る位置の話になった。 架空の登場人物が好きだ。 千空は合理性を重んじる割に感情は意外に豊かだ。 俺が一番好きな曜日だ。 またノートが膨らむ。 「千空、君はまさか、消化に使うエネルギーが脳にまわせないのはもったいないとでも言うんじゃないよね?」 視線だけをこちらに投げかけ、口の端でニヤリと笑った。 みんな、でも…僕らの大切な人に何か起こったかもしれへんから。 だからこの部分は、君の死に触れたときの回想みたい。 さ「うらさーん、聞こえる?」 う「……っ、ぁ……ぅ…」 さ「うん、大丈夫やよ。 大切な何かが壊れたあの夜に 僕は星を探して一人で歩いていた この部分は時制が過去になっています。 見たところ、誰もいないが、耳を澄ませば、小鳥の声が、ちよちよちよって、小さく聞こえる。 むしろその逆、親は異常で死にたい思いで一日一日を過ごしてた。 千空はシャーロック・ホームズになぞらえたんだ。 わたしは未練たらたら。 (中略) 一方、否定文は、それ自体では何らの情報も持たず、対になる肯定文を否定することで初めて表現としての存在意義を持つようになります。 みんなのために頑張ってくれて感謝している。

Next|Next|Next