映画 アス 解説

【ネタバレ】映画『アス』徹底解説 瓜二つの“わたしたち”に襲われる真の意味とは?

映画 アス 解説

ゾーラも走ってアデレードのもとに逃げて来た。 あの冒頭から耳にザワザワと残る 不吉なBGM(「Anthem」という曲名)の、これから不気味な物語が開幕しますよという雰囲気とか。 これはジェイソンが牙の突いた猿っぽいお面を常にかぶってるからなんですけど、プルートがお面取ると口が火傷で塞がれていてゾクゾク! あ~やっぱりあ゛~~~っ!ってしか言えないのはそういう理由だったからなのね…もうほんとあんたらナニモンだ!と。 劇中レッドが出すしゃがれた声は、 痙攣性発生障害を患う人が話すのを見たニョンゴが独自にリサーチし、言語療法士の協力を得て喉を傷つけないよう役に取り入れたとインタビューで本人が明かしています。 もともと口数は少ない変わり者だし「仮面」かぶるクセでバレなかったのでしょう。 『アス』の監督・脚本を務めるのは、コメディアン出身で2017年のホラー映画『ゲット・アウト』で映画監督デビューを果たしたジョーダン・ピールです。 だから襲ってきたニャンコちゃんは少し言葉を喋れるわけだ。 ちょっと遠出して朝9時の回に見に行きました。 『ゲット・アウト』完成前に、このより恐ろしく精神的に苦痛な次回作の構想を練っていたというピール監督。 旧約聖書では、ウサギは「汚れた生き物、食べてはいけない生き物、祝福を受けなかった生き物」とされています。 これが一体何を示しているのか。 だから、再観賞するといろいろな発見があって、さらにこの作品の深みを楽しめるのかもしれない。 1ヒット! アメリカの格差社会を題材にしたもう一人の自分との闘い 映画「 アス」をご紹介していこうと思います! かなりおすすめの ホラー作品で、普段の怖い系の映画が苦手な方も楽しめる! あなたも最後の結末は予想できない? どんでん返しアリの作品となっていますので 今回も おすすめポイント・ネタバレ・あらすじ・感想を分かりやすく ご紹介していこうと思います! 1986年、少女アデレードは、サンタクルーズにある遊園地のミラーハウスで自分そっくりな少女に遭遇し、強烈なトラウマとなってしまう。 このショットはこれから始まる恐怖を暗示している見事なショットと言えるでしょう。 参加者は10㌦を支払い、運営コストをのぞくと15億円という募金を集め、地元のチャリティへ寄付された。 この鏡の間でレッドはアデレードと出会ってしまいました。 その武勇伝は映画 「ストレイト・アウタ・コンプトン」で語られています。 特に、白人家族が自分たちのクローンに襲われるシーン。 ちなみにネット接続の「テザリング」も派生語です。 ジョーダン・ピール監督がインタビューで語っているように、陽と陰のキャラを国境内外の人々に見立てることもできる。 あらすじを一文で要約しますと、 自分たちと全く同じ外見をしたドッペルゲンガーに襲われる話です。 しかし、それが米国民であり、同じ様に無知でアメリカンとしてのアイデンティティを自負するテザードの目的は同じ様に異様とも言える愛国心に満ちた地上の一員になる事。 そこには全く顔形が同じの自分が立っていたの。 この映画、意味ありげぇ〜に見えて、比喩的な作品に見えて、 あらゆるところ露骨ですからね。 母ヨンギョは純粋なお嬢様育ちなので、あまり疑わずにギジョンを雇い「美術セラピー」をお願いします。 そしてアデレートがレッドを絞め殺したその瞬間、僕の違和感は確信に変わりました。 全年齢対象なので暴力描写は少なめでした。 彼らはそれを免れることはできない。 到着すると、誰かが救急搬送されている姿を目撃しますが、とりあえずそれは忘れて、砂浜を満喫。 という流れです。 賛否両論が予想されるだろうけど、ジョーダン・ピール監督の斬新さは素直に褒めてあげたい。 無事に保護されたアデレードは、トラウマによる自閉症と診断されました。 やはり、物語の根幹には自分自身という存在があって、それに対する考え方であったりそれを前にした時の恐怖であったりがこの映画には込められていそうです。 これはまさにテザードたちを象徴しているのではないでしょうか。 彼女のトラウマの記憶が再びフラッシュバックしてきたからだ。 と見せかけて、実は 人種差別よりも「小さなカゴに閉じこめられている」ことの方が重要です。 自分とそっくりってことは、動きも考えることもおんなじなのかな。 さすがに地下でクローン妻が同日に出産することは不可能だし、そうだとしても男女や顔の違いは必ずでるはずなので、やはり子どももクローンで作ったと考えられます。 まずはこの映画が伝えたかったことについて考察していきましょう。 真相は劇場で確かめてみてほしい。 監督は「その頃から、アメリカの貧富の差は拡大していった。 このように、ハサミは二重性という名の下に、変化が見られる動具です。 しかし見下すことはなく、かわいそうに思うが何もしてやれないという感情が近そうです。 本作は、そのドッペルゲンガーに襲われる話である。 ちょうど<ハンズ・アクロス・アメリカ>が行われたディケードからアメリカの格差社会は肥大化していきます。 その殺意があだとなり、自分が石で脳を打たれたのは、報いを受けたのだと思います。 ) 年月が過ぎ、成人したアデレード(ルピタ・ニョンゴ)は、ゲイブ・ウィルソン(ウィンストン・デューク)と結婚し、娘ゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)と息子ジェイソン(エヴァン・アレックス)の2人の子供がいます。 両親のもとに戻ってきたニャンコちゃんが失語症になっていたのは、それが陰のニャンコちゃんだからである。 その1ショットとはほぼ真上から4人を捉え、 被写体は頭上しか見えない絵ですが、ライティングの工夫によって大きく伸びた影が歩いているように見せているのです。 冒頭に流れるこの映像は、本作のテーマを示す重要なシーンであり、ピール監督の強いメッセージが込められている。 本作の テーマは二重性です。 こちらに関しては後述します。 深読みして、 ジェイソンも元テザードである可能性を考えました。 もともとバレリーナだった彼女があれだけリズム感に欠けるのはおかしなことです。 白兎が象徴するもの テザードの食糧として兎が屡々登場しますが、兎は 驚異的な繁殖力を持つ事で良く知られ、謂わば己のクローンを数多く生み出します。 ある時、母親は父親とアデレードをその場に置いてトイレに向かった。 キム家は失業中なので半地下で貧しく暮らしてたが、長男ギウがIT企業CEOの豪邸で家庭教師に採用された後、キム家4人の人生は大きく変わり…。 ジョーダン・ピールは『』の バニー役の声優としても出演しています。 (ちなみに、一家がサンタクルーズに向かうシーンでは、車に同じようなステッカーが貼ってありましたね…。 子どもが道端にいたりするわけですよ。 キリスト教でもともと「祝福されなかった」とされていたウサギが、新約聖書の時代になるとキリストの復活を象徴するものになったように、レッドたちテザードは日の目を見ることになったということでしょう。 息子のドッペルゲンガーは顔の下半分に大火傷を負っており、グーグー唸るだけで、動きも犬のようです。 仮にジェイソンがテザードと入れ替わったとすると、前年に同じ家へ来た時です。 アメリカ合衆国が大きく変化したタイミングと、アデレートの人生が大きく変化してしまったタイミングがリンクしている点も面白いですね。 これも恐怖を助長させる要因の一つでしたね。 (アデレードの少女時代の回想シーン)ファンハウスで倒れ、何者かに連れ去られ、ファンハウスの地下室で手錠をはめられ、閉じ込められます。 って感じ。 アデレードは隠し扉の先を進みます。 」という意味を持ちます。 本作に込められたメッセージについては「あくまでもは貧しい人の側に立って作っている。 アスのネタバレあらすじ:承・3人を襲うアス(わたしたち)の恐怖 アデレードたちウィルソン一家はサンタクルーズのビーチに到着します。 そこで自分の姿をした男と格闘になった。 そしてクライマックスにおいて、この騒ぎはどういう経緯で発生してきたのかが、アデレードのクローンの口から語られる。 ジェイソンと分身の正体は?アデレードが叫んだ理由? ところで息子ジェイソンの奇妙な言動はタイラーの双子にも指摘されますが、多くは謎のまま終わります。 冒頭でアデレードが「ハンズ・アクロス・アメリカ」を観ていたのが伏線です。 そこには「 私は彼らが逃れられない災害を起こそう。 ネタバレを見る 地下での死闘の末レッドを殺し、ジェイソンを助け出すことに成功したアデレード。 コメディっぽさすら感じるのは『ゲットアウト』と同様だ。 ふと鏡に映る自分。 しかし、幼い時個人的に怖いと感じていたドッペルゲンガーをテーマに、ピールが物語を一から創作しました。 冒頭でも書きましたが、前作「ゲット・アウト」で アフリカ系アメリカ人初の アカデミー賞脚本賞を受賞という快挙を成し遂げたお方。 象徴ショット ジョーダン・ピール監督は『 ゲット・アウト』のあらゆるショットや台詞に意味を持たせたことでも高い評価を得ている監督で、本作も例外ではありません。 1935年に放映された 『プルートの化け猫裁判』(1935年)は、仔猫を追い回してミッキーマウスに叱責されたプルートが、暖炉で寝てしまい、化け猫による 裁判で火刑に処される悪夢を見てしまうディズニーらしからぬ内容が特徴的な作品で、 『アス』のプルートが放火を好み、炎で炙られた様な顔貌も『プルートの化け猫裁判』をオマージュした設定と言えそうです。 つまり、地上世界で普通に暮らしていたアデレードはクローン人間であったはずなのに、もともとは地上の人間であったレッドのことを倒してしまいました。 家族のようだった。 彼らがわたしを呼んでも、わたしは聞かない。 また娘のゾーラが自分の影である存在に脅かされ、闇の奥へと逃げていくロングショットも印象的でしたね。 振り返ってみるとこのシーンが個人的に一番 うわぁ…。 アデレードの娘ゾーラ役に、「 ライオン・キング」に声の出演をしたシャハディ・ライト・ジョセフ。 ジェイソンはどうやら母親の正体に気づいたようです。 以上、映画「アス」のあらすじと結末でした。 ジェイソンは、自分のドッペルゲンガー・プルートに手品を見せて気を引きます。 終盤、 Us(地下のテザード)は地上へ出て、分身を攻撃して乗っ取ろうと行動します。 良い演技プランだったなぁ。。 分身どおしは動きや考えがよめるようなので、戻ればすぐにわかります。 ガブリエルはジョシュの分身とバットで戦った。 ・ラストシーンの解釈 私はアデレードとジェイソンが意味ありげに目を合わせるラストシーンが強く印象に残りました。 アデレードの父親はピッチングゲームをやり、アデレードのために景品のTシャツをゲットしてくれた。 アデレード本人はそのことにもちろん気付いている。 深夜 アデレードは過去のトラウマを旦那に告白します。 結婚したアデレード・ウィルソンは、夫・ガブリエル、長女ゾーラ、長男ジェイソンと一緒に別荘へ夏を過ごしに来ます。 彼女は友人一家と落ち合いビーチへ出掛けるが不可解な出来事に見舞われ、過去のトラウマがフラッシュバックする。 さらには 地下から現れた、という部分で言えば貧富の差も現してるように思えます。 再観賞すれば、伏線の多さがわかるかも こうして鑑賞し終えてみると、物語の冒頭から最後まで、細部にいろいろの伏線が張り巡らされていて、それがしっかりと回収されていることがわかる。 例えば、ゾンビ映画で有名なジョージ・A・ロメロ監督なんかは、社会への寓意とか政治的なメッセージが込められていて、その部分を感じ取れなかったとしても、作品そのものが面白かったりするので、だから名監督として評価されているんだと思う。 映画を観た人の謎解きや深読み考察も盛り上がりを見せており、映画ファンを中心にリピーターも期待できる動きとなっている。 車で逃げる一家。 するとキム家4人は豪邸で、好き放題に食べて飲んではしゃぎます。 彼女は幼い頃のあの経験がトラウマになっているようですが、この時点で一体何が起こったのかはわかりません。 アデレードは過去のトラウマから提案に否定的でしたがゲイブは聞き入れず、裕福な友人一家と張り合うべくアデレードを押し切ります。 ふとあの晩のことがアデレードの脳裏に蘇ります。 学力や職能もあるのに低所得な理由は? まず韓国に特有の現象として、 10大財閥(サムスン、LG、ヒュンダイ自動車、ロッテ等)が富の大半を獲得してるため、その一族や従業員と、それ以外の人々の貧富の格差は広がる一方だそうです。 自分の存在すらも疑わしくなる恐怖が待っているとも知らずに…。 幼きアデレートが迷子になっていた時間も 15分間。 他の映画はも参考にしてください。 キム家の母にけり落とされたムングァンは、それが致命傷となり絶命します。 あなたが豊かさを享受している影で、誰かが不幸になっているとしたら?その誰かが目の前に現れたら?と観客に問いかけます。 あらすじ ・「ゲット・アウト」がアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたジョーダン・ピール監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。 車の中で安堵の表情を浮かべるアデレードにふと昔のトラウマの記憶がよみがえってきた。 アデレード『ここから逃げましょう!』 アデレード家族は車で逃げる途中、ドッペルゲンガーの娘を始末します。 ふと隣に座るジェイソンが自分の顔を不審な表情で見つめていることに気が付きます。 そして、不安を紛らわすように口笛を吹くと、なぜか誰かの口笛が返ってきます。 その鍵となる要素は最初に提示されており、それが冒頭でTVに映る 「Hands Across America」。 アデレードは息子、娘、旦那と合流し、ボートで友人宅まで逃げます。 物語は最初は家族旅行のシーンが流れて、途中でドッペルゲンガーが家を訪ねてきて、んで殺し合いになってく。 レッドは実は本当のアデレードで、偽のアデレードに復讐するために計画を立てていた事を。 (オープニングミュージックとともに、多くのうさぎの映像が流れます。 にも関わらず、さらに富裕層のタイラー一家に嫉妬し、憧れます。 21更新 『アス』あらすじ概要 『』でを受賞した監督の新作。 『パラサイト 半地下の家族』私の評価と映画賞 カンヌ最高賞パルムドールということで、観る前からハードルが上がってた映画『パラサイト 半地下の家族』ですが、予想以上の展開に驚いたし、 貧富の格差など社会問題を描いてるわりにコメディ・エンタメ要素も多くて満足です。 ・謎の男が持つ「11:11」というメッセージが示す聖書の一節とは? 冒頭、家族と海沿いの遊園地に訪れたアデレードは、謎の男性が持っていた 「11:11」のメッセージを目にします。 物語は 1986年から始まります。 ビーチでは友人のキティとジョシュ夫婦が彼らを待っていた。 もしかすると、 あの時にジェイソンも入れ替わっていたのでは…?入れ替わったのはアデレードだけではなかったのでは…? と想像してしまいましたが、ジェイソンはちゃんと言葉を喋っていたはずだし、あの目配せは何だったのでしょうか。 友人のタイラー家と合流しながら、のんびりしていると、トイレにひとりで行ってしまったジェイソンが原因でちょっとしたパニックになるアデレード。 豊かな人生を手に入れ、それを守る事ができたレッドは思わず笑みをこぼします。 しかし、 その苦悩は隠蔽され、密かに、そして永久に抑圧された社会で生きて行く事を強いられていて 地上の人間は手を差し伸べることはおろか、存在さえも認識する事無く、淡々と利己的な日々を送る。 彼らは政府が秘密裏で行っていたクローンの実験によって作られた人間たちだった。 「Us=U. ピール監督はアメリカが極度に恐れ、迫害する移民を受け入れたら国益や国民の個々の存在が脅かされるとされる 固定観念に疑問を投じているとも考えられるのです。 感想後半は私の個人的な考察をだらだらと書き連ねています。 他の俳優女優は、アメリカのTVや映画で活躍してても日本ではあまり見かけない人ばかりでした。 その結果の感想は、やっぱり凄いなということと、この映画がアカデミー賞作品賞でも全然良かったなということ。 アス/あらすじ アデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れ、夏休みを過ごすことに。 マジックトリックの件やプルートの顔が火傷を負っていること、ジェイソンがいつもマスクを被っていること、ビーチの砂でトンネルを作っていたこと(過去の居住場所の記憶を辿っていた?)、地上のスラング言葉にしては少し変な言葉遣いをする(Kiss my assではなくKiss my anusと言うなど)、ジェイソンを殺そうとせずに火のマジックを教えていたこと、最後にママに見せた顔など、ジェイソンとプルートがすでに入れ替わっていることを示す兆候はたくさんある。 そんな両親に娘のベッカとリンジーが声をかけますが、赤い服を着たキティに似ている女に襲われて殺されます。 18世紀末あたりから文学にもよく登場したみたいですが、なぜなのでしょうか(教えて、詳しい人)。 若干の不安とは裏腹に過剰な歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な不安感を覚える。 しかも自分が自由になるには、同じ存在を葬らなければならない。 1989年に義務化は解かれたが、それまでの半地下を賃貸として貸し出す家やマンションが増えて、 低所得者の住まいとして普及したようです。 貧困層もホームレスも急激に増えていった」とふり返る。 しかし、突然現れたレッドがジェイソンを奪います。 0億円 世界興行収入 2. そもそもアデレートの分身である レッドだけが喋れるのにも多少違和感を感じていたんですが、 たまにアスっぽい唸り声をあげてるじゃないですか。 広い施設の廊下へ出るとたくさんの兎が放たれていました。 ジェイソンは逃げ出し、アデレードと外に出てゾーラと再会します。 また「ハンズ・アクロス・アメリカ」は、富裕層と貧困層との壁を明確にしただけと指摘してるようにも思えます。 ベッド上のダヘと下に隠れるギウ、ソファでいちゃつくパク夫妻と下に隠れるキム親子など。 さらに、アデレード一家のみならず、白人家族にもクローンが現れた段階で、少なくともアメリカ全土にこのクローン騒ぎが伝播しているだろうことがわかる。 とくにホラー映画・スリラー映画での題材採用が多いですが、私の最近のお気に入りのドッペルゲンガー映画は… 『カムガール』かな(動画配信をしている女が自分とそっくりの存在しないはずの誰かにアカウントを乗っ取られて…というスリラー)。 翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティーに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかり。 これ、痛烈な現代批判ですよ。 というように。 全く同じ姿かたち(脳も同じと思われる)で生まれても、地上と地下では暮らしぶりが異なり 「生まれる環境で全て決まる」ことを暗に示します。 痛烈な皮肉ですよね。 ビーチに到着したウィルソン家は、家族ぐるみで付き合いがあるタイラー家と合流。 本当にあまりにも『ゲット・アウト』が瞬発的な大ムーブメントだったゆえに、「なんだ、なんだ」と思っているうちに整理もつかずに日本で公開され、自分も鑑賞したわけですが、あれからレンタルやネット配信サービスでも何度か鑑賞して、この映画の面白さと斬新さをじっくり味わうことができました。 惹き付けられる様に ミラーハウスへ入って行くアデレード。 映画『アス』評価は? 「しないよりまし」と思うけど他の方法もあったかも。 具体的には• その瞬間振り向いたアデレードは、持っていた引っ掻き棒でレッドを突き刺します。 その時にどう対応するかって話ですよね」と明かした町山氏。 また、ジェイソンを奪われびっくりハウスに入ったアデレードは この時点ではまだレッドだと分かりません 道に迷うことなく地下へ下りて行きます。 地上のアデレードとテザードのアデレードが1986年に入れ替わっていた事が驚愕の事実として最後に明かされますが、ホラー映画のサスペンスにクライマックスを与える効果に加えて 『アス』が描く政治や社会的な側面にもメッセージを与えている様に捉えられます。 ドッペルゲンガーはみんな親しんだ題材ですしね。 いずれにしろ、 これだけの情報では「ジェイソンがテザードが地上人か」は明言できそうにないです。 で、その車の持ち主が注意しにくる、はい、おわかりですね。 レッド(ドッペルゲンガーのアデレード)は不気味に話し始めます。 アデレードはガブリエルと結婚し、二児の母になっていた。 すると、レッド(ドッペルゲンガーのアデレード)はポケットから大きなハサミを取り出します。 このイベントの目的はホームレス、飢餓者、貧困者を救うこと。 ロッカーに閉じ込められたジェイソンを助け出し、アデレードは地上へ出ます。 それはまるで自分たちと同じ姿のようで…。 サンタクルーズ・ビーチボードウォークという、カリフォルニアでも最古のアミューズメントパークもあります。 これは作中の最初の年代である1986年に実際に実施されたイベントで、約650万人が手を繋いで、東はニューヨークから西のカリフォルニアまで、人間の鎖を作ろうという企画。 本作の製作は、ヒットメーカーのブラムハウスプロダクション。 『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督最新作が、公開13日目となる9月18日(水)で興行収入1億円の大台を突破。 (wikipedia) あらすじ:アデレードは夏休みを利用して、夫と2人の子供たちと一緒に幼い頃住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪問する。 地上と地下の関係• なかでもジョーダン・ピール監督は構想段階で 最も恐ろしい事は何かを自問したそうです。 『ゲット・アウト』では「私、差別とかしてないよ。 その点に関してもジョーダン・ピールに一本取られたと言った感じですね。 また、地下世界のその他のクローン人間たちは言葉を話すことはできません。 ジェイソンは自分の分身と二階に上がった。 『』も日本では興行収入1. ウィルソン一家は辛うじて対になる テザードを殺して窮地を免れますが、アデレードは 30年前にミラーハウスで本物と入れ替わったテザードである事が衝撃の事実として明らかになります。 連帯とか団結とか、そういう反差別主義な人たちが信仰する概念だって、裏側があるかもしれないですよ…という見たくない一面を突きつけるかのように。 父はゲームに熱中、母はトイレに行き、アデレードは迷子になります。 あえて敵を作ることで優位に立とうとしたり、「右vs左」という構図を盛んに持ち出して対立を煽ったり、はたまた自分は関係ないですよと中立ぶってみたり…。 行ってません。 物語の終盤でアデレードは地下世界までレッドを追い詰め、最終的にはレッドを倒しましたよね。 ダヘの弟ダソンは落ち着きがないので、 ギウはパク家の母親ヨンギョに、妹ギジョンを「知り合いの美大生」として紹介します。 あの時、アデレード()がフィンガースナップをするでしょ。 彼らが泣き叫んでも、私は聞かない」と書かれています。 特に子供達の「アス」ですよ。 お姫様が良い暮らしをしている一方で影はひどい暮らしを強いられているそうだった。 ただし 「第11章11節」「野球中継の11対11」や時計「11:11」は鏡像・左右対称を明示してます。 どんな映画にも必ず良い点はあり、積極的にフィーチャします。 UsはUnited States(合衆国)と掛けているようにも思う。 すると、そこには ムングァンの亭主が4年間も隠れ住んでたことが判明します。 アス/予告編 アス/作品情報 題名:「アス」(原題:Us) 公開日:2019年9月6日 金 監督:ジョーダン・ピール 製作:ジョーダン・ピール、ジェイソン・ブラム、イアン・クーパー、ショーン・マッキトリック 脚本:ジョーダン・ピール 出演:ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、シャハディ・ライト・ジョセフ、エヴァン・アレックス、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー他 私なりの解釈を長々と書きましたが、本編に度々出てきたウサギに込められたメッセージはまだ不可解なままです。 いや、そもそも問題なのでしょうという他人事のような物言いこそ問題なのかもしれません…。 また、ドッペルゲンガーが凶器として持っているハサミも左右対称の象徴。 それを発見したIT社長は運転手を首にし、 ギジョンに推薦されたギテクをテストして正式にドライバーとして採用します。 アデレードは車を降りて彼のほうに行ったが、ジェイソンはそれが罠であることに気が付き、みんなに車から降りるように言った。

Next|Next|Next