ら 抜き 言葉

ら抜き言葉とは ら抜き言葉の例と法則の解説

ら 抜き 言葉

「来る」「する」以外のすべての動詞の可能形は、終止形「-u」の代りに「-eru」を付ける、と覚えれば良い。 この内『5段活用(未然形の最後がア段)』『サ行変格活用(する)』の動詞には「れる」(使用することはあまりありませんが…) 『上一段活用(未然形の最後がイ段)』『下一段活用(未然形の最後がエ段)』『カ行変格活用(来る)』の動詞には「られる」(着・られる、捨て・られる、来・られるetc. ですが、刻々と状況が移り変わるビジネスシーンにおいては、活用形を思い出したり調べたりしている時間は無駄であり、不要な時間といえます。 例えば、課長であるあなたが部長に「君の部下にやってもらえないだろうか」と聞かれたとき、あなたは何と言うべきだろうか? あなたは自分自身でやるのでなく、あなたの部下に「やらす」のである。 必要なのは、一般レベルの言葉遣いです。 しかし、何度読んでも子供っぽい文章に感じられると思います。 ちょっと頭の片隅においておくと、便利 だと思います。 このような言葉をワープロで打って「変換してくれない!」と怒ったところで、仕方がないのだ。 いつどこで使われ始めたか、使用実例や地図等を交えて紹介しています。 もちろん、新聞社や出版社、役所などで行われているプロのでは、きちんと基準が定められているでしょうから、それに従うことが一番でしょうけれど。 この講義は、20人程度の小さな勉強会で行ったもの。 これはちょうど過渡期にあるということですか? 井上 そうでしょうね。 実は、もともと「読む」の可能形は「読 まれる」でしたが、平安時代から続く動詞の簡略化の流れを受けて、室町時代に「読 める」になったのです。 (例:を見られる。 でも、どの動詞に「-られる」を付けなければいけないのか、一つ一つ覚えるのは大変ですよね。 また、 〈 「素直に生きれないの」 〈 というJポップスの歌詞もあります。 「捨てる」は現代語では下一段活用(古語では下二段活用)をする動詞で、次のように活用します。 五段動詞の可能態は、「れる」がつくのではなく、仮定形に「る」がつく、と捉えないとおかしなことになります。 その一部である『ら抜き言葉』だけがクローズアップされ、言葉の乱れとして睨まれがちです。 【ラ抜き 言葉 】【レ足す 言葉 】【サ入れ 言葉 】には 、なんとなく 違和感を抱いていた私も、そこまで整理して考えたことがなかったので、この文章を読んで、なんだかスッキリした気分です。 だから、あなたは「やらせていただきます」ではなく「やらさせていただきます」と答えるべきだ。 つまり「ない」の上がア段となっているということですね。 「見られる(ミルの未然形ミ+助動詞ラレル)」「起きられる(オキルの未然形オキ+助動詞ラレル)」「寝られる(ネルの未然形ネ+助動詞ラレル)」「食べられる(タベルの未然形タベ+助動詞ラレル)」「来 こられる(クルの未然形コ+助動詞ラレル)」などのように、「~られる」の形が本来の正しい言い方。 それぞれの意見が食い違ってるので、考えれる原因を突き止めたかったのです」 確かに、文章としては読めます。 「『行かなくても大丈夫と思います』という言い方は『おかしい』(『~大丈夫だと思います』が正しい)」という回答が全体で77%にのぼり、抵抗感が強いことがわかります。 一般に、新語が生まれると、長い時間を経て、世間に十分に受け入れられてから、最終的にが追認して使い始めます。 「ら抜き言葉」は現在の国語において誤りとされている表現です。 新しい言葉が都会から地方に広がるならともかく、地方の言葉が都会に入り込んだとは…。 (最近は、「ら」が脱落することがあることを説明しているテキストもあり ます) ですから、私たち日本語教師も「ら有り言葉」を教えますが、「ら抜き言葉」が 多数派になったという調査結果を受け、「ら抜き言葉」が認められる日も遠くは ないと感じます。 「可能」と「受け身」の区別がしにくい言葉においてその傾向が強いようです。 点数 票数 グラフ 5点 708 4点 60 3点 73 2点 39 1点 153 連続投票はカウントしません. 確かに、いま正しいと信じられている口語文法からすれば誤りですね。 「ら抜き言葉」。 時代においても、ら抜き言葉を許容いは標準とするは人口の相当数に上っていることが推測されており、一概に標準的でないとして排除することは蔑視にわたる問題となり得る。 例えば,本多勝一さん(週刊金曜日)はその旨の主張をなさっており ら抜き表現を肯定していると記憶しています。 以下の例文を確認してみましょう。 』 以上です。 検索ページで「ら抜き言葉」で検索をかけると多数ページヒットしますので調べ られ てはいかがでしょうか? ところで >「意味の違う言葉だ。 ) が文法上では正しいとされています。 「下一段活用」は同様の方法で、 エ段(各行下から二つ目)でくっつくもののことです。 台詞とは、登場人物の性格や個性を表現する大事な文です。 ) において、これらの意味が原義を介して密に隣接していた時期は意味判別をする必要がなかったはずである。 「ら」抜きになっている言葉の法則 ら抜き言葉は、なんでも「ら」を抜いているわけではなく、法則性があります。 「ら抜き言葉」は理由があります。 ツイッターで話題に 最近、ら抜き言葉に関するツイートが話題になりました。 このあたりの議論についてはを参考に。 抜けているのは「ら」ではないというのはどういうことなのでしょうか? 島田教授の日本語史講座、面白すぎる! 「ら」抜き言葉で抜けてるのは「ら」じゃなかった! — 荻窪圭 ogikubokei 話題となった講義を担当したのは、二松学舎大学の島田泰子教授。 それ以外の動詞は 上一段・下一段・カ変・サ変)にはすべて「られる」がつくとお考えになって間違いありません。 過去の文献や実態調査を元に考えると、どうやら「ラ抜き」は中部地方や中国地方で生れ、その後じわじわと全国に広がったようです。 そして、ここで登場するのが「ら抜き言葉」です。 可能と受動で完全に使い分けをするということが基本となっている方が言葉のルールとして優れたものであると考えます。 しかし、この変化を起こせるのはもともとが 「五段活用の動詞」である「可能動詞」の場合のみです。 誤解を招く説明でした。 分かりにくい説明だったかも知れないが、「やらさせる」というのは「す・さす」という使役動詞が間に入って 「やる」+「さ(使役動詞「す」の未然形)」+「せる(使役動詞「せる」)」 という、二重使役動詞と解されるのが正しい文法なのだ。 ところが、日本語の専門家の中では、「これを100%間違いとも言えない」と論じた方もいるのです。 「食べている」はカタすぎる? 突然ですが、次のうちどちらが自然に見えますか?• 「読まない」「飲まない」は「ない」のすぐ上の音を伸ばして発音したときに語尾が、アイウエオの「ア」の音になっています。 れ足す言葉 一部の(遠州弁、)において、「見られる」「寝られる」などの一段動詞の可形の類推から、四段動詞の可形「行ける」「書ける」などに対し、「行けれる」「書けれる」などの形がある。 本人に話を聞きました 「見られる」「食べられる」から「ar」が抜けて「見れる」「食べれる」と見ることもできます。 nanazou様・sesame様 失礼しました。 実をいうと、これまで国語はそれほど好きではありませんでしたが、今回言葉の変化の裏に法則や意味があることが分って、言葉の面白さ、奥深さを知ることができました。 実は、平板化は外来語に限らず、和語や漢語でも使われてきました。 この視点から考えると、「ら抜き言葉」は合理性があり、「日本語の乱れ」というよりは「日本語の変化」だとも言えるのです。 「mを10で走る」ことを例を挙げると以下のとおりである。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 日本語教師の間では、 「理由のある現象」として捉えられています。 言葉が形を変えて使われているということは、メリットがあるからでしょう。 ならば、をする人は何をするべきなのでしょうか。 現代日本語に生じている言語変化のなかで,メディアなどでも大きく取り上げられて最もよく知られているものに「ら抜き言葉」がある.ら抜き言葉について本ブログでは「 1864. 「可」こそは自身の意思によるものと思われるだろう。 調査開始以来、 「食べれる」「見れる」といった「ら抜き言葉」を使う人の割合は 年々、増え続けてきました。 今回の反響に「私たち研究者にとっての当たり前のことのいくつかは、世間の人にとっては新鮮に見られるのかもしれません」と島田教授。 (例:が臨される。 このとき、「ない」の直前の文字が「ア」段でなかったら、その語には「-られる」を付けなければいけません。 『乗らられる』とは言いません。 それは、 「れる・られる」の意味の曖昧さを避けるという目的です。 各地域の伝統文化である方言の中で、ずっと使われてきた『ら』抜き言葉に目くじら立てることについては、非常に違和感を感じて止みません。 〈れ足す〉 ・鳥は、飛べる。 【レ足す言葉】 2つめは、【レ足す言葉】です。 また、「言葉づかいが、話し手の知性や品性を表す目印となる場合もあるため、世代を超えて通じる『正しい』日本語を身につけることは、もちろん大切。 ツイッターに写真をアップしたメンバーを含め、参加者はみな顔見知りという非公開イベントだっただけに、ツイートへの大反響には島田教授も「予想外でびっくり」。 「電話」も、元々は頭にアクセントを置いていましたが、日常的に使われるようになると、今のように「デ ンワ」と平板になった。 このような例もあるように、一定の合理性と意味の共有が社会で図られていけば、「乱れ」は「変化」になっていきます。 しかし、日本語を研究する人間としては、新しい世代の新しい言葉づかいに対して、『正しい』『正しくない』だけではなく、『言葉が変化している』というまなざしも持ってほしい」と期待しています。 「ら」抜き言葉の使い方 もちろんケースバイケースではありますが、もし使うならば以下の2つがベターです。 私 自身は 基本的に 【ラ抜き 言葉 】を使わないのですが、「来れる」(可能)には違和感を感じなくなっているのも事実です。 46 【を投稿できます】 お名前(省略可): メールアドレス(省略可): 削除キー 省略可 : (確認画面が出ます) 5点満点で本トピックをして下さい。 違和感を与えてしまう『ら』『い』抜きの文章は、敬語ではないのです。 〈 言葉は、揺れ、乱れ、変化します。 基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 然形 命形 四段 (子音幹) 書く 書か 書き 書く 書く 書け 書け k- k-a- k-i-te k-u k-u- k-e- k-e 二段 (音幹) 生く 生き 生き 生く 生くる 生くれ 生きよ iki- iki-te -ru- -re- iki-yo さて、可形のもととなったのは、これらの動詞の未然形に助動詞「る・らる(- r -u, - r -e,)」が付いた形である。 〈 真面目なテレビ番組は、出演者が 〈 「来れる」 〈 と話しても、字幕は 〈 「来られる」 〈 としています。 ありがとうございました。 しかし、「考えられない・考えれない」という設問では、「ら抜き言葉」を使用しないとの回答が約九割を占めているため、「ら抜き言葉」を使用する言葉と使用しない言葉の区別化が進んでいることが伺えます。 〈 「帰らさせていただきます」 〈 「歌わさせていただきます」 〈 など、多くの人が間違いと気づかずに使っています。 とはいえ、正しい日本語で書かれた文章のほうが読みやすくなるのも、また事実です。 まとめ ここまで「ら抜き言葉」について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 「見ィない」「食べェない」「読まァない」「飲まァない」となりますね。 う~ん、迷うところです。 しかし、「ら抜き」を気にしすぎるあまり、「乗られる」としてしまうことがあります。 しかし、「乗られる」という言葉は文法的には正しいですが、普段使うかというといかがでしょうか。 これはちょっと誤解を招くかも…。 そのため、現代ほど言葉が多様ではなかった鎌倉時代の頃には、五段活用の動詞に助動詞を接続する形で「書かるる」などとして可能を表す活用が使われていました。 こういう変化こそ、日本語の「悪い変化」であると言えるし、「乱れ」ということができるとといえよう。 国語に関する世論調査 文化庁では1995年度から、「国語に関する世論調査」を始めました。 言葉に配慮しなければいけないビジネスシーンでは、使用してはいけない言葉の一つとして挙げられるものですので、ついつい使用してしまわないよう気をつけておきましょう。 「高齢の母親の面倒が 大変と思い…」 聞いていて耳にすんなりと入ってくるのは、やはり「だ」の入った形のほうです。 それでも、時代には文書で登場し、に文が熱心に行われなくなる中、の口において急に広まっていった。 おそらく、内容はそれほど伝わっていないと思います。 結果として、「る・らる」の示す範囲はにおいて、以下のようになった。 〈 「書く」を可能表現にするには特別な形「書ける」があります。 あとは、全国の学校に協力していただいて生徒や保護者にアンケート調査をしたり、実際に各地に出掛けて行ってアンケートをとったりしています。 通常 男「ください!が 出られないんです!」 「え、それは大変だく助けに行かないと!!」 ら抜き言葉 男「ください!が ないんです!」 ら抜き言葉とは、「見 ら れる」「食べ ら れる」などのように動詞の可形の「ら」をした言葉、特にその中でも上一段動詞、下一段動詞の可形に関していう。 ちなみに、でも、あえてを使っています。 長い時間をかけて生じた言葉の「時代差」と、祖父母世代と孫世代が共存する中でリアルタイムに起こる「世代差」のふたつは、「別ものと思われているけれど、実はひと続き」で「スケールが違うだけ」と話します。 「そんな言い方は自分では使わない」という方も多いでしょうが、実際のニュース原稿を見てみると、だれかが話したことを引用するところなどに、けっこう出てきています。 今は「ら抜き」は正しい国語ではないとされています。 「ar」が抜けるメカニズムについては、「動詞+助動詞」という組み合わせで可能を表現していた時代から、一語化した「可能動詞」が成立した、と説明できますが、ではそこで抜けるのがなぜ「ar」なのかについては、「説明は難しい」とのこと。 活用まで覚えている人も少ないでしょう。 「ら抜き言葉」は「ら」抜きではなく「ar」抜き、と見ることもできる。 全国の中学校を対象に、地元出身の保護者とその子どもである中学生に「じゃん」の使用状況を聞き、「言う(言った)」「聞く(聞いた)」「聞かない」の3段階で回答してもらった。 at 2020-05-16 05:30 at 2020-05-12 04:59 at 2020-05-05 05:05 at 2020-04-16 17:17 at 2020-03-31 05:55 at 2017-12-30 06:00 at 2017-12-02 05:37 at 2017-10-28 05:58 at 2017-09-02 05:14 at 2017-08-26 05:19 at 2017-07-08 06:34 at 2017-06-24 05:31 at 2017-05-14 05:17 at 2017-04-30 05:25 at 2017-04-08 05:34 at 2017-04-01 06:04 at 2017-03-25 06:18 at 2017-03-18 05:05 at 2017-03-11 05:21 at 2017-03-05 05:57. 〈 「食べる」を尊敬表現にすると「食べられる」、また受け身表現も同じく「食べられる」です。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大). 〈『 あるアニメの主題歌の歌詞に 〈 「タマネギ食べれる」 〈 というのがあります。 まことに失礼致しました。 この結果、可形は以下のようなになった。 しかし、納品原稿として文章を書く場合は、これらの言葉を控えてほしいと指定があったり、あえて個性を出すために取り入れた方が良いと言われたりと意見はさまざまです。 大方の意見では「よろしかった」ではなく、「よろしいでしょうか」が正しいと思われています。 そこでおすすめしたいのが、勧誘の形である「~よう」を使用した「ら抜き言葉」の見分け方です。 ただ、これを言い換えると「日本人の1割しか使っていない言葉」ということになるわけです。 「つく」(現代「付く」「付ける」)といった四段と二段動詞で終止形が同じものが多かったこれを助けたと思われる。 上一段・下一段・カ変などというとむずかしいですが、たとえば次のような言葉が該当します。 』 と、【サ入れ言葉】について、ズバッと、指摘してありました。 それにしても、「ラ抜き」が1000年におよぶ日本語動詞の簡略化の一部だとすると、何も目くじらを立てる必要はないわけですね。 ・コレなしでは、生きれない。 こういう例は歴史上にいっぱいありました。 その点、「ら抜き言葉」は可能動詞と同じ働きをするので、「可能」の意味しか表しません。 そこに信憑性の欠けた言葉を並べるのはナンセンスです。 本来、「見る」「食べる」を「~できる」という意味の形にするには、「見られる」「食べられる」とするのが適切なのですが、誤って「ら」を抜いてしまっているので、そう呼ばれています。 例えば、「浜言葉」といわれている「じゃん」も、元々は東海地方の方言で、東海道をさかのぼるようにして関東に入り、全国に再発信されました。 変化が完成したのです。 このように、話し言葉だと使ってしまうことも多い「ら」抜き言葉や「れ」足す言葉。 井上 使う人に聞いてみると、相手に通じているか不安な時に「確認? みたいなぁ」感じで使うそうですよ(笑)。 文1の「見れる」、文2の「食べれる」は、日本語の乱れの象徴として取り上げられることの多い、いわゆる「ら抜き言葉」です。 説明不足の点があればまた回答致します。 「ら抜き言葉」はそのうちの可能の「られる」の「ら」が抜けたものを指しているもの、でよろしいでしょうか。 小説などで、登場人物が語る文のことです。 本にまとめても、一生改訂し続けなくてはいけません。 そこで簡単な見分け方を紹介しましょう。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 (例:にを消される。 動詞の活用が五段であれば「られる」そうでなければ「れる」と覚えておかれるとよいでしょう。 試しに「見る」「食べる」「読む」「飲む」を「~しない」という否定の形にしてみてください。 (有効回答数は1959人です) 「今年は初日の出が 見られた」 「今年は初日の出が 見れた」 この二つの言い方のうち、どちらを使いますか? 上記のような質問に、対面方式で答えてもらったのです。 ネット上では、誤った解釈を含むまとめ記事まで知らないうちに書かれているとのことで、真相について聞きました。 ということで、不適切なのは1「見れる」2「食べれない」5「泳げれる」でした。 そして、それぞれの「ない」のすぐ上の音を、長く伸ばして発音してみてください。 ら抜き言葉のメリットは、「動詞の意味をわかりやすくする」ためです。 これが「ら抜き言葉」の正体であるというのが、文法的に有力だと考えられる説です。 しかし実際、5段活用の動詞は「可能動詞」という変化をします。 ) 「早く出られる?」(44.3%) 「早く出れる?」 (45.1%) 「出れる」「出られる」も、わずかに「ら抜き言葉」が上回りました。 〈 「【ラ抜き】は日本語の『乱れ』というよりも、『揺れ』であり必然だから認めよう」 〈 という学者もあります。 「お見えになられる」「お越しになられる」と言えるのですが、こちらも二重敬語と判断されますし、そもそも言いにくいですよね?(笑)「られる」を抜いた場合、正確に言うと「可能」の意味は落ちてしまいますが、意味は十分通じますので、これでOKです。 本当ですか? 井上 経済的価値を考えると、やっぱり英語が一番強いですからね。 外部:やがなく、地面の状態も問題がない このうち、自身が 「mを10で走る」ことを期待しているなかでやがに可せしめた状態が助動詞「る・らる」の示す範囲である。 「見る」を「見られる」とすると、ら抜き言葉である可能の意味もありますが、使う場面によっては「見られる」という尊敬の意味で使われることもあるのです。 例に挙げられている『捨てれる』には可能の意味しかなく、非常にはっきりとしたものです。 捨て-ない 捨て-ます 捨て-る 捨て-るとき 捨て-れば 捨て-ろ 「捨てられる」は、「捨てる」に可能をあらわす助動詞「られる」がついたものです。 それともう一つのご指摘ですが、まったく穴があったら入りたい心境です。 私のほうこそ慌てて説明してしまい、本当に申し訳ございませんでした。 下の図を見てください。 「行く」「歩く」の可能形として使われている「行かれる」「歩かれる」。 「~できる」という意味にしたときに「ら」を抜いていいものとよくないものがあるわけですね。 ら抜き言葉となるまでの歴史 ら抜き言葉となるまでの動詞のの変化について概説する。 この間違いは、「ら」抜き言葉のときとは違って、直すべき誤りなのだ。 「乗る」なら、「あれなら早く『乗られる』よ」と言って通じますね。 まあ、そうなるとしても数百年はかかるでしょうから、予測が外れても怒られる心配はないわけで…(笑)。 では、文章に起こす時、どちらの言葉で書くのが適切でしょうか? 答えは「よろしいでしょうか」です。 一方で、少しは下がりますが、「食べている」から「い」を抜いて「食べてる」としたものを、「」といいます。 内部:やけががなく、走ることができる• 例えば、「見る」は最初から上一段動詞ですから「見られる」という可能の助動詞をつけた表現しかありません。 もちろん、お役所の人はそれを使うのが「業務上正しい」のだと思いますが、一般社会的にこれが「正しい日本語」であるかは別問題でしょう。 47 ゲバゲバピッ さんのコメント: フルイヨ〜 フルイ! 死語になっている名詞がある) No. ことばの歴史的な変遷を研究する「日本語史」という分野を専門にしています。 〈 現在のところ【ラ抜き】は、話し言葉なら許され、書き言葉ではダメといったところ。 語尾上げ、半疑問、平板化。 ちょうど今、「じゃん」の普及状況を調べるために、ゼミの学生たちが東北地方の主要駅で調査しているところです。 自発 … にそうなってしまう。 いずれも、「誤用」の例として有名です。 ・値段が高いから、買えない。 動詞の五段活用といえば「書かない・書こう・書きます・書く・書くとき・書けば・書け」というように、活用の語尾が五十音図における「あ・い・う・え・お」の五段に渡って変化することを言いますが、この中には可能を意味する活用が含まれていません。 語尾上げにしても半疑問にしても、「自分の話がまだ続きますよ」ということを示し、相手の関心を引くのに効果的な話し方ですから。 「出れる」も10代~20代では、6割以上の人が使っていました。 以下に示そう。 すると部長は「私の運転技術を疑うのか!」と怒ってしまった。 ではではニゴでした。 (「わからない」という回答もあるため、合計は100%になりません。 こういう問題は、文章を書く時にたびたび生じる悩みだと思います。 かつて、日本人は相手と距離を置いて、相手に立ち入らないように話すのが礼儀でしたが、イントネーションによって相手に積極的に働き掛ける話し方を開発し始めたようです。 「日本人の9割が間違えた日本語」というような触れ込みの本や問題集が、いま人気になっていますね。 以上kawakawaでした 口語では、『ら抜き言葉』をいつの間にか使っている事、あります。 「れる」は五段活用動詞にのみつきます。 「居れる」「起きれる」「決めれる」「着れる」「出れる」「投げれる」「逃げれる」「寝れる」「見れる」「よけれる」…あれっ?と感じる言葉もあれば、いつの間にか聞き慣れてしまった言葉もあるな、といったところです。 「乗る」「釣る」「登る」など五段活用の動詞から生じる下一段活用の可能動詞「乗れる」「釣れる」「登れる」などの影響によるものと考えられている。 例えば1878年生れの文法学者が、出身地静岡の方言で「逃ゲレル、受ケレル、といふなり」と明治時代に書いています。 この表現に対して、室町時代ごろから「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれ、もともとあった「行かれる」「歩かれる」と併用されるようになりました。 インターネットは瞬時に新しい言葉が反映されますから、言葉が常に変化しているということを実感できます。 〈 何がおかしいなと、言った本人も気づくことが多いためか、あまり広まってはいません。

Next|Next|Next