外壁 塗装 ウレタン シリコン

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

外壁 塗装 ウレタン シリコン

その為、塗装時の湿度が極端に高いと、硬化剤が水分と結合してしまい塗膜性能が落ちてしまう事があります。 足場なしの「ブランコ作業」…。 大変高価ですが、デメリットも少なくて大変優秀な塗料です。 安いのが魅力!ウレタン樹脂塗料の塗装価格 ウレタン樹脂塗料の最大のメリットは 価格の安さでしょう。 そもそも塗料・樹脂ってなに? 防腐・錆(さび)止め・艶出し・着色などの為、要は対象物を保護・美装、独自な機能を付与するために、物体の表面に塗る流動体のことです。 しっかり組み立てないと危険。 そのため耐久性が高く、一度塗装すると長持ちしやすいのは大きなメリットです。 塗膜の光沢保持率の違い 慧文社/外壁塗り替え塗装入門より この照射実験は、およそ200時間の照射が実際の1年に匹敵するような、過酷な人工の光を照射して評価が行われた結果です。 下記の日本ペイントのラジカル塗料の「パーフェクトトップ」のデータをご覧ください。 複層仕上げでアクリルシリコン塗料を使うのは仕上げ塗装だけです。 耐用年数と家の将来を考えて塗料を選びましょう 塗料や塗る場所によって耐用年数は違ってくるという事が上の例で分かったかと思います。 光沢の保持期間がウレタンよりは長いのですが、特にありがたがる性能ではありません。 汚れやすい環境• とにかく外壁塗装の工事費用を抑えたいという方なら飛びつきたくなる塗料ですが、実際の外壁塗装の現場では100%ウレタン樹脂塗料だけで完成させることはほとんどありません。 予算で考える場合は、モルタルとサイディング壁の場合、少ない費用差で 「2年」もシリコンの方が耐久性があるため、ランニングコストを考えるとシリコンでの塗装がおススメです。 しかし、条件が定まっていない人だったり、素人だったら迷い始めるのではないのでしょうか。 塗料の材料によってシンナーと水のどちらで希釈するかが決まります。 外壁の耐用年数はシリコン10~15年、ウレタン7~10年ということで大きく違うので、価格差からシリコンを選択するというのは良い選択です。 たとえば、外壁塗装の大手塗料メーカーのひとつであるエスケー化研が製造・販売している「 水性セラミシリコン」の シリコン樹脂含有率は45~65%です。 有機顔料は塗料の劣化の主原因となっており、含有量が少ないほど耐久性能が増します。 また10年以上持つものは、耐用年数プラス何かに特化させているようなイメージですね。 合成樹脂とは、人為的に製造された高分子化合物からなる物質のことです。 塗装完了後は柔らかさのある塗膜ですが、経年とともに塗膜が固くなり10年ほどで追随性に劣ってしまいます。 1)ウレタン樹脂 ウレタンというのは、高分子化合物が作られるにあたり ウレタン結合という結合をしているところから来ており、種類は 1液型と 2液型とがあります。 紫外線や直射日光のあたる箇所に使用したい! いずれの塗料を使用する際も、下塗りをどれだけしっかり行うかによって変わります。 価格、耐用年数の順はこのようになります。 塗装後の光沢を保持したい!• シリコン塗料で主に使う成分がアクリルシリコンです。 塗料がしっかりと外壁と密着する事から、長期間紫外線や雨風にさらされても隙間が出来ず高耐候です。 コニシ ボンド:ウレタンコーク• 1万円 シリコン塗料 80万円 12年 6. ちなみにそれぞれの塗料メーカーのパンフレットの見出しなどは基本的にあまり当てになりません。 リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。 クリーンマイルドシリコン同様、シリコン塗料の中でも、最も長い耐用年数が期待できる塗料です。 ただし、不純物である艶消し添加剤を混入することで、塗料の基本性能が落ちる可能性もあるため、デザインへのこだわりがなければ、艶有りが無難である 種類 光沢度 耐久性 特徴 艶有り 70~ 高 一般的な塗料、艶が強め 7分艶・5分艶・3分艶 6~69 中 高級感 艶消し ~5 低 控えめな仕上がり こちらは、読んで字のごとく、「ピカピカした仕上がりになるかどうか」の違いなのですが、外壁の見栄えを大きく左右するため、読者の方々にとっては非常に重要な分類かと思います。 費用は他の塗料よりも高額で、施工難易度が高く、工事ができる業者が限られます。 つまり8年経った時点で、屋根だけ再度塗り直しを行う必要があるのです。 シリコン塗料といえばアクリルシリコン塗料を指すことが多いでしょう。 1液型塗料は、薄め液(水やシンナー)で薄めるだけで使えるもの、2液型塗料は、主材と硬化剤に分かれた塗料を決まった割合で混ぜ合わせ、さらに水やシンナーなどの薄め液を使って薄めて使用するものです。 顔料 顔料とは色の成分で、チタン白・カーボンブラックなどがこれにあたります。 ただし雨が上がった後などに限定され、雨の中の塗装は無理です。 表面をきれいにし、乾燥させてからひび割れ部分にコーキング材を注入していきます。 (最低3回は塗りましょう。 施工前に 「近所に臭いで迷惑をかけたくない」と考えている方は、 臭いが少なくて性能の高いラジカル塗料はおススメです。 まずはウレタン塗料ですが、メリットは塗膜に肉もち感があり、光沢感があるので、高級感が得られやすいこと、付着性が強いこと、そして耐候性が高いなどが上げられます。 高圧洗浄機を使う場合はコーキング後に行うことが基本であり、事前の清掃では軽く汚れを落とす程度に留めます。 塗料は10年以上持っても、途中でコーキングが切れたりする可能性は十分にあります。 耐候性データでよくある「8年」などの数字はメーカーが独自の基準で作っているので、ほとんど「アテ」にはなりませんが、普通のサイディングに対しては費用・効果の点で最も優れています。 女性なら化粧品やシャンプー・コンディショナーなどにも配合されていることでも馴染みがあるはずです。 ウレタンかシリコンか、外壁塗装では「あるある」のお悩み 外壁塗装では、使用する塗料にいくつかのグレードがあります。 業者を選ぶ際は工期の短すぎる業者は要注意。 ウレタン・シリコンの使い分けが重要 ウレタン樹脂塗料とシリコン樹脂塗料の特徴や使い分けはご理解いただけたでしょう。 また、シリコン塗料は外壁塗装の仕上がりを美しくさせる事でも知られています。 ラジカル塗料の特徴 通常、塗料というのは紫外線や水や酸素と接触すると、 ラジカル(劣化因子)が発生して、ラジカルが樹脂の結合を破壊するのです。 塗膜助要素である溶剤類の種類によって塗料を分類する方法• この中でなぜシリコン塗料が人気かというと、10~13年ほどの納得できる長さの耐用年数に加え、手ごろな価格にあります。 屋根の上に足場無しで乗れる陸屋根の場合は、上記組み合わせ(外壁、屋根ともにシリコン塗料)で問題ありませんが、屋根に載るのに足場を組む必要がある三角屋根の場合は、家全体で見て塗料の耐用年数をそろえましょう。 なお、 アクリルシリコン塗料は溶剤系が多いです。 どちらも価格はそこまで高くないと言う大きな特徴があり、その一方で性能が下がりすぎていないと言うメリットも得る事ができます。 耐久性がありますが、何しろ高価です。 外壁塗装を行う上で、迷われるポイントの一つとして、塗料の種類があります。 それ以外はたとえ長年やっているとしても信頼には足りません。 また、価格はウレタン塗料に比べてやや高くはなりますが、それでもコストパフォーマンスに優れた塗料として人気を集めています。 ウレタン塗料の特徴 ウレタン塗料の特徴としては、シリコンがひび割れしやすかったのに対して、柔らかく壁の動きに合わせて塗料が動くため、ひび割れに強い塗料と言われています。 メリット ・低汚染性 非粘着性に優れているので、汚れを弾きやすく、汚れの定着を防ぎます。 期待耐用年数:「 10年~12年」 費用相場( 25坪): 「55万円~85万円(足場・付帯部分塗装含む)」 ウレタン・シリコンの使い分け方 例:一般的な木造2F建てのお宅 施工部位 塗料の種類 屋根コロニアル シリコン塗料 外壁サイディング シリコン塗料 目地コーキング 変性シリコン 破風板、雨戸、雨樋、換気フード、他 ウレタン塗料 鉄骨階段 ウレタン塗料 ベランダ手摺 ウレタン塗料 ベランダ床 ウレタン防水 このように施工箇所によって上手く塗料を使い分けていくこともできます。 要注目! 耐久性・見た目の美しさ(光沢感)・機能性を兼ね備えていれば、他の塗料より高いのも納得。 下記の表を見ると、どちらも弱点が少ない万能な塗料ですが、 耐用年数と塗りやすさではラジカル塗料がシリコン塗料上回り、 実績ではシリコン塗料が上回っています。 本日は、ラジカル塗料について外壁塗装で30年親方をやっている私が解説します。 艶のある仕上がりになります。 関連記事 2.ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリット 次に、塗料についてご紹介します。 また、固化すると、表面が固い塗膜を張る材料で、DIYのように何日もゆっくりかけて施工すると、繋ぎ目部分でのひび割れを起こしやすくなってしまいます。 フッ素系、光触媒だと汚れに強かったり、光触媒の場合、空気洗浄効果があり、環境にも良いという特徴があります。 建物内部の結露を防ぐことができる 3-3.シリコン塗料のデメリット ほかの塗料に比べてひび割れを起こしやすいのがデメリットです。 ウレタン塗料の特徴 ウレタン塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とする塗料全般を指します。 また ツヤが長持ちするため、チョーキングが起きづらい効果もあります。 ラジカル塗料とフッ素塗料はどちらがいいの? ラジカルを宣伝したい会社のホームページを見ると、ラジカル塗料の耐久性はフッ素塗料に匹敵する!とか大げさなことを宣伝する業者もいますが、 やはり耐久性はフッ素塗料の方が高いです。 フッ素塗料は水性で施工性が高い塗料ですので比較的扱いやすい塗料です。 「ウレタン」「シリコン」の違いを徹底比較 外壁塗装の仕様を決定する際、「ウレタン塗料」「シリコン塗料」このどちらかにするかで悩む人は結構多い・・・。 そのまま塗装するよりも先にコーキング材でひびを埋めたほうが見栄えがよく、塗料の密着性も高くなります。 そこに足場代分の無駄が発生します。 料金は割高になるし、耐用年数は大差ないし。 ラジカル塗料は、この数年で世の中に出てきた塗料です。 しかもそのような塗料メーカーに限って、一部の業者さんと癒着している場合があります。 あくまで 「シリコンの方が若干価格が高めで耐用年数も長め」ぐらいの認識でとらえておくと良いでしょう。 アクリル塗料とは 現在は外壁塗装リフォームの工事ではほとんど使われることはありませんが、20年以上前に開発されたアクリル樹脂を混ぜた塗料で、ウレタン塗料がまだ高価な時期に良く使われていた塗料です。 ラジカル塗料、フッ素系、光触媒はシリコン系よりも耐用年数が長いものが多いが、価格は1. 添加剤の一つである硬化剤を、2液形のシリコンやフッ素塗料に入れて弾性を持たせるものの他、もともと弾性をもたせた1液型の塗料もある• ウレタン塗料について ウレタン塗料は外壁塗装の業界において、一昔前のスタンダードな塗料でした。 例えば、汚れがつきやすい、種類が少ない、耐用年数が短い、費用が高い、、、 といった他の種類で挙げられるようなデメリットがシリコン塗料にはありません。 113• すると「シリコン樹脂塗料を使いますよ」といわれると、施主さまとしては高品質な仕上がりが約束されるものと期待するでしょう。 屋内外で確認をしたとしても、サンプルと実際の建物はかなり大きさが違いますよね。 価格についてはシリコン塗料が2000円から3000円程度、ウレタン塗料が1500円から1700円程度です。 148• 高圧洗浄機で一気に落としましょ!それがいい!. 足場は作業を行う上でとても大切。 通常、シリコン樹脂塗料は水で希釈するものが多く、メーカーも「使用前に〇〇%の水で希釈する」と推奨していますが、 希釈すれば当然に含有率が下がります。 とりあえず安くおさえたい!• 気に入る塗料がなければ、関西ペイント、エスケー化研なども選択しに入れながら考えましょう。 そこで、外壁塗装の相場価格である100~140万円程度の範囲で工事を実現するために、もっとも現実的な選択肢となるのが「ウレタン樹脂塗料」と「シリコン樹脂塗料」です。 特に、金属材と相性が良いので、木材向きのウレタンとはうまく棲み分けができているようですね。 上記のリンクからサービスを申し込んだ際に、担当の相談員に 「ラジカル塗料の施工実績がある業者を紹介してください!」って言えば大丈夫です。 条件がハッキリと決まっている場合は、その条件に当てはめていくと、決めていくこともできます。 そもそも、1液なのか2液なのか、水性か溶剤か。 漆・ペンキ・ワニス・エナメルなどのことですね。 弾性塗料 弾力性をもたせた塗料が弾性塗料です。 高湿度時には水分と結合して 尿素結合することになり塗膜性能が落ちる。 ・高価 アクリル塗料やウレタン塗料に比べ高価です。 しかし、今でもウレタン塗料が良い、と言う事でお客様に勧める業者さんも存在する根強く人気の塗料です。 塗装非汚染タイプのため環境にも配慮しており、汚染が少ない点も大きな特徴でしょう。 塗装の用途に合ったコーキング材を選ぼう この記事では、外壁塗装に使用するウレタンコーキング材の特徴や他素材について解説しました。 アクリルシリコン塗料の種類 アクリルシリコン塗料には性質ごとにさまざまな種類が存在します。 そのような場合、その業者さんに頼んだ客はそのメーカーの塗料を使うしかありません。 しかし、見積もりにあたり大ざっぱな数値でいうとウレタンで70万だとしたら、シリコンで80万にはならない程度の差でもあります。 信用しきれない材料であったり、塗料以外の不具合の発生などを加味した場合、10年ぐらいの耐用年数のお手頃な価格の塗料を使い、10年ピッチで外壁塗装していくのが、現時点では1番効率の良いリフォームの仕方だと思います。 塗膜のひび割れは、水分や熱の影響で建材が収縮してしまうことで発生します。 単層仕上げと複層仕上げ それぞれどのような違いがあるのでしょうか? 水性と溶剤系 水で希釈する塗料が水性、シンナーで希釈する塗料が溶剤系です。 ここでのおすすめは 屋根の塗料を外壁の塗料よりもランクを上げるということです。 塗料も同じです。 しかし、これらに比べて中間に位置するシリコン塗料は、価格と性能の両方を兼ね備えた特徴を持っているとされています。 外観も性能もこだわりたい。 そこでカルセラ。 ひび割れの発生を抑制できるので理想的な外壁塗膜を維持することが出来ます。 ラジカル塗料の価格は? 価格相場 30㎡) 耐用年数 費用(1年あたり) フッ素塗料 110万円 15年 7. しかしシリコン塗料であれば汚れにくい特徴を持つと同時に光沢性もあるため、何年経っても綺麗なまま保持しておく事ができるのです。 どういった材質であっても外壁塗装ができ、塗料の密着性も高いとされています。 現在よく使用されるシリコン塗料には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 フッ素塗料の耐久性は12年~20年と言われています。 艶を消したタイプもありますが、防汚性に劣る部分があります。 塗装後、長期的に塗装を保たせたい!• 下の表をご覧ください。 そのため、目的に合わせて使いわけることが大切であり、シーンによってはウレタンのコーキング材以外を使ったほうがよい場合もあるでしょう。 しかし、種類が豊富なこともあり、シリコン系塗料の良い効果が半減されている塗料もあるのが懸念点の一つです。 それ故、メーカーは屋根の耐用年数を低めに考えて表示しています。 色はクレームが生じやすいと想像できます。 外壁塗装で使用する塗料は、基本的に4つの成分が配合されています。 営業マンが「シリコンですよ!高品質ですよ!」とアピールしていたので決めたのに、シリコン樹脂の含有率が低い塗料が使用されていれば、営業マンを呼びつけて指摘するべきです。 視点を変えた一工夫で、最高の仕上がりと耐久性が約束されるでしょう。 汚れが付着した状態ではコーキング材が上手く固まらず、すぐに剥がれてしまうことも多いため注意が必要です。 ウレタン塗料とシリコン塗料は、最近の外壁・屋根塗装の現場で特によく用いられています。 しかし、現在の標準塗料であるシリコン塗料も、昔は新しい塗料で実績不足でした。 建物の外壁表面にひびが入った場合は、一無機塗料で形成された 塗膜も一緒にひび割れを起こしてしまうことがあります。 弾力性の高さから扱いやすくはありますが、反面耐久性はやや低いため注意しなければなりません。 ・ 値段・耐久性ともにバランスがよく汚れに強く、 高耐候性のものや遮熱効果、ツヤやカラーバリエーションも豊富 ・ 実績がある為、業者の中でも支持されている 注意ポイント! ・ 同じシリコンを使用していたとしても、値段により性能はバラバラ。 地中に無数にあるシリコンの特性である「変化しにくい」という物性を活かして、塗膜の長期安定性を狙った塗料です。 ナイス: 21 回答 ウレタンの特徴は「柔軟」です。 後に紹介する2つよりも、お手頃に工事ができます。 その時、外壁はまだ塗り直す必要がないので、屋根だけのために足場を用意して塗る必要があります。 品質に対して価格が手ごろである• 希釈材料や性質によって「エマルション」「水溶性」「溶剤希釈系」「熱可塑性」「熱硬化性」といった種類があります。 ・ウレタンフォームは真っ白な切り口が黄変する現象が起きる。 フッ素や無機塗料は、高耐久の高級塗料ですが、塗れない材料も多いのが欠点です。 他の安価な塗料に比べても耐用年数が長い事が分かります。 そしてどの塗料を用いる際も下塗りをしっかり行い、美しい仕上がりを目指しましょう。 あるという事は劣化を防ぐことになりますので、経済的にも塗り替えの回数が少なくて良い傾向です。 耐久年数は12~15年と長く、現在の外壁塗料の中では最もコストパフォーマンスに優れた塗料と言えるでしょう。 アクリル塗料とは「ウレタン」「シリコン」「フッ素」と並ぶ塗料グレードの1つで、耐用年数が非常に短く、価格の安い塗料です。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 シリコン樹脂とはケイ素を核としたシロキサン結合を持つ無機化合物で、非常に安定した性質が特徴です。 家の外壁をいつまでも綺麗な状態にしておくことは簡単ではありません。 そして現在、シリコン塗料が標準の時代になりました。 ・毒性が強い ・紫外線に弱く変色のおそれがある ・硬化剤が水と反応しやすいため、雨天時や湿気が強い日は塗装できない ・溶剤系のものが主流で、溶剤の配合量が多くニオイが強い ・ウレタンシンナーしか使えない ・黄変する ・耐用年数は8~10年と短め ウレタン樹脂塗料は、ほかのハイグレードな塗料と比べると塗膜の劣化が早く、耐用年数が短いため塗り替え回数が多くなるというデメリットを抱えています。 外壁塗装をする際には悪質な業者に注意し、シリコン塗料の少ない塗料を使用されないようにする必要があります。 大手塗料メーカーのシリコン塗料を以下にまとめています。 要注意です。 ここで塗料選びにおいてさらに注意していただきたい事があります。 ウレタンのコーキング材はコンクリートのひび割れを補修するために使用されることも多く、自宅での利用にも適しています。 どこにどんな理由でウレタン樹脂塗料を使うのか、含有率がどれくらいのシリコン樹脂塗料を使うのかまで詳しく説明してくれる塗装業者なら、安心して塗り替えをお任せできますね。 こういった背景でラジカル塗料が生まれたので、 前世代の塗料の課題を解決した塗料なのです。 外壁塗装にウレタンを使用し、屋根にシリコンを使うという方法もあります。 無機物とは、石やレンガ、ガラスなど炭素を含まない物質で、紫外線で劣化しないため、無機物自体は半永久的に耐久します。 耐用年数がシリコンと比較して短い 簡単に並べると上の表のようになります。 無料で親身に相談にのってもらえる。 重ね塗りの塗料との相性次第ではじいてしまったり、べたつきが出てしまったりすることもありますが、組み合わせさえ間違えなければ問題ありません。 このデーターからもラジカル塗料がシリコン塗料を上回っていることがわかります。 そこでコストパフォーマンスのよいシリコン塗料を選択する人が多くなるのです。 外壁塗装では、一昔前まではウレタン塗装が主流でしたが、現在は耐久性で「シリコン塗料」に劣るためモルタル壁やサイディング壁などでは使用が少なくなりました。 ちゃんとした施工ならウレタンでも15~20年は持ちます。 その場合、缶に「強力防カビ」とラベルが表記されています。 ウレタン塗料は、場所を選ばず、幅広い用途に使用できることも人気の理由です。 シリコンの優れた点は、なんといっても耐熱温度が高いことで600度にも耐えるとされています。 次に屋根の塗料をご覧ください。 外壁塗装でどの塗料を使うか検討する際に、シリコン塗料にするかウレタン塗料にするかと言った二択になる場合も少なくありません。 DIYでは難しい• 下地処理から上塗りまでの工程と言うのは、躯体によって多少違うだけで、塗料によって変わるものではありません。 ツヤのある仕上がりをある程度継続させられるため、そういった点も人気の要因となります。 このページの目次• 屋根の耐用年数がシリコン6~8年、ウレタン5~7年ということで非常に短いです。 塗料は、グレードによって耐用年数や持っている機能に差があるからです。 ではこの二つに絞った場合に、どちらがいいでしょうか。 防汚性に劣る部分があります。 他のコーキング材よりもコストは高いものの汎用性も高く、迷ったときには変成シリコンを選ぶと間違いは少ないです。 選択肢がウレタンとシリコンしかないならキチンとウレタン塗料を2回塗りした方が良いような気がします。 そして耐久性はフッ素塗料の次に高いと言われており、業界では、次の主流の塗料になると確実視されています。 エナメル塗料に混入される顔料には、着色効果に加え、防錆力や遮熱性を与えたり、粘度、たれ防止、膜厚増加などを可能にするものもある• そのため、目地が露出している部分に使用されることも多く、形状保持性の高さから幅広い用途で活用されています。 私が知る限り、ほとんど全てのインターネット記事には、 「迷ったらシリコン塗料がおすすめ!」と説明されています。 ピッタリとした密着性に優れています。 変形や変色等の劣化が起こりにくいことに加え、汚れに強いと言う付加価値もあるため、一般住宅やその他の建物全てにとってメリットがあると言えます。 15年以上と長い耐久性を持っています。

Next|Next|Next