スーパー キャリイ

キャリイ スーパーキャリイ 積載性能

スーパー キャリイ

しかし音波センサーは備わり、3m以内の障害物を検知する前後方向の誤発進抑制機能を採用した。 シートのほぼ真下にエンジンがあって、しかもそのフロアもほとんど鉄板剥き出しで、遮音をしていないことを考えれば文句の言いようがない。 マルチスズキは、このスーパーキャリイにインド小型商用車として初めて、BS6基準に適合した天然ガス車のS-CNGを設定した。 アイドリングストップ• *勝者: ハイゼットトラックジャンボ [TEXT:渡辺 陽一郎/PHOTO:和田 清志]. MT車でエンジンをブンブン回して走る人の場合、キャリイは7200rpmであっという間にレブが当たってストレスが溜まるが、ハイゼットは高回転の伸びのある特性で8000rpmまで回るので気持ち良い。 デュアルECU(電子制御ユニット)とインテリジェント噴射システムを搭載し、あらゆる道路で最適なパフォーマンスと高い運転性を可能にする、としている。 見た目をイメチェンしたいなら間違いなくコレです。 大型のキャビンが目を引く「スーパーキャリイ」のサイドビュー。 パークアシスト 過給器• 農作業で使われる道具など、軽トラに積まれるモノの多くが収まるように考えてスペース設計されているようだ 耕運機やバイクなどを荷台に乗せるために使用するラダーレールも、ご覧のとおり。 14年ぶりのモデルチェンジにより、2013年8月にデビューした11代目「スズキ・キャリイ」。 アルミホイール• 「」でも触れましたが、良くも悪くも軽トラックは華美に装飾されておらず、新型スーパーキャリイも加速感が悪化したとは思えないと思います。 コーナーでは姿勢を保持するのに苦労した。 基本的に軽トラは、農業や建設業、運送業で使われる商用車なので、積載効率を高めることを優先した設計となっている。 発売当時のCMキャラクターには、タレントのはるな愛さんと、俳優の故菅原文太さんが起用されていた。 100V電源 自動運転• スライドドア:- 基本プラン Aプラン Bプラン プラン名 - JAF入会プラン 希望ナンバープラン 支払総額(税込) 120. 静粛性だって、なかなかだ。 燃費は車体が重くなったせいか、若干落ちています。 エンジンの始動は、古式ゆかしきキーシリンダー式。 マツダへOEMされているスクラムトラックだと設定すらされていませんが,キャリイを購入するなら必ず付けようと思っていた装備です。 最大積載量350kgの範囲内でご使用ください。 筆者宅からだと片道約270kmの走行距離となる。 室内は簡素な設えだが、収納スペースの充実ぶりは見事だ。 その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。 ローダウン• 車庫入れがしやすいのもありがたい。 シートバックの裏にもポケットが備えられている。 ミュージックプレイヤー接続可• HDDナビ• 実際に高速道路を走ってみると、5速では足りないと感じてしまった。 取り扱い説明書は無しですが、単純な作りなので、バンパーに傷を付けないようにタオルを巻くなどして養生をしての作業が必要、付属のL型のボルトをフレーム下部の穴に入れ付属ステーを固定すれば直ぐに着きます。 食事くらいなら、座面に置いても問題ないが、ラーメンやみそ汁などを食べる時にはテーブルがあるほうが都合はいい。 エンジンが選べないかわりに、駆動系はバリエーション豊か。 ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備。 自動車があまり通る道ではないのか、4WDでないと厳しそうなほど路面は荒れていたのだが、意外なことにかなりの登りも走破できてしまった。 車両に対する衝突防止の警報は、時速100kmが上限だ。 エクステンドキャブなどと呼ぶと、妙にかっこよく聞こえるのは気のせいか? 兎に角働くクルマなど、滅多に乗らない。 今回は、この姿勢で走行することにした。 そうなると残りの1メーカーは、OEM関係を結ばないホンダで、アクティトラックがある。 2018年5月にはキャリイと同様に改良を受け、緊急自動ブレーキを作動できるスマートアシストIIItを新採用した。 逆にコンテナのような箱型の大きな荷物は、標準ボディでないと積載できない。 タコメーターがないのでエンジンの回転数はわからないが、ものすごくうるさいことは確かだ。 回転計が付いていないから、エンジンがかかっているかどうか不安になる。 未舗装路では駆動方式で大きな差が出そうだが、そこは少々配慮して評価してもらおう。 純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 駆動方式にはFRやパートタイム4WDに加え、「ジムニー」をほうふつとさせるローレンジ付きのパートタイム4WDも用意される。 なんでも、Nさんは子どもの頃に乗せられていた軽トラの乗り心地を強く記憶しており、座席がリクライニングする軽トラを発見したので、その快適性を確かめてみたいという。 1の180mmを実現しており、体の大きな人でもゆとりある運転姿勢の確保が可能です。 ドライブ日和と言えるほどの快晴だが、シフト操作するのと揺れで目線が外れないようにと、普段よりもかなり集中して運転した ちなみに、下の動画は高速道路を走行中に撮ったもの。 【試乗】新型スーパーキャリイ 評判・口コミ評価まとめ 以上、カーギークによるスズキ新型スーパーキャリイの試乗インプレッションまとめでした。 静かでパワーがあり、伸びもいい。 続いて、未舗装路にも足を踏み入れてみた。 ハードトップ• 車種の数が減少。 TV:-• スーパーキャリイの方向性は居住性や快適性を高めてはいるものの、 内装デザインの質感は「基本的に同じ」と考えていいでしょう。 最近の軽は見た目の押し出し感を強めるためにギンギラギンにする手法が流行っているみたいですね。 6 1,080,000• かくいう私めのものも、KXにしたためにフロントはギンギラギンです。 足回りはお世辞にも広いとは言えず、座席のクッション性もほぼなく、リクライニングしないのは当たり前。 横から見ると、シートが前車軸の真上に位置していることがわかるだろう。 ランフラットタイヤ• ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は1900mm前後と短く、現行軽トラックは全車の最小回転半径が3. 男たちだけでおざなりにしてきた習慣も、女性視点で見直すと変化が生まれるはずだ。 3万円 その他 装備・サービス - JAF入会プラン - 補足 - JAFは年中無休・24時間・全国ネットで、品質の高いロードサービスを提供しております。 踏みごたえは少々頼りなく、ブレーキペダルの位置も高いのでヒール&トウには適していないが、長靴や地下足袋(たび)で運転するには、この方がいいのかもしれない。 周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。 走りは間違いなくキャリイが上。 走行性を確かめるべく走ったオフロードも含めると、トータル600kmは走行したことになる。 また、他メーカーも同じようなコンセプトの軽トラを発売するのでしょうか。 取扱説明書に、各ギアの上限速度が書いてある。 ということで、まずは、最近の軽トラ事情を少し調べてみることにした。 50万円以下• 「バッテリー上がり」や「キー閉じこみ」などでお困りの際、JAF会員なら安心です。 なお、積んだバイクは、スズキ「バーディ」。 つまり、これまでどおり、長さのある荷物も積むことができるのだ。 Bluetooth接続• *勝者: ハイゼットトラックジャンボ スーパーキャリイは、動力性能、カーブを曲がる時の安定性、機敏な運転感覚などが特徴だ。 革シート• また、座席後方には、荷物を置くスペースを確保するなど、収納性を向上させながら、キャビン下に空間を設け「キャリイ」と同等の荷台フロア長を実現した。 個人的に乗るなら…私は釣りが趣味でけっこう遠出もするので、坂道でキックダウンしまくるハイゼットより、スタビも付いて安定性が高いスーパーキャリイの方がいい。 30万円以下• 普段使っているような用途で使った際の走行性能や積載性能などをガチで評価してもらった 待ち合わせ場所に軽トラで乗りつけてくれた雨宮さん。 スマートキー• jp ATもMTもキャリイのエンジンは元気長距離もイケます 室内の広さで比べたらやっぱりスーパーキャリイ。 駆動方式にはFRと4WDがあり、トランスミッションも5段MT、3段AT、5段AGSの3種類が用意されている。 脚立や草刈り機など、薄型の長尺物は、キャリイ同様に積載が可能。 (キャリイ「KCパワステ」「KCエアコン・パワステ」「KC農繁仕様」にメーカーオプション設定。 ローダウン• 盗難防止装置• ハイブリッド• そのためにハンドルを一杯に回して旋回すると、車両がターンテーブルの上で回転しているような感覚になる。 45万円以下• キツいとか泥まみれとかというイメージは、これからどんどん変わっていくのだろう。 スーパーキャリイのほうが少し高いだけで、幅や長さに違いはない。 販売会社装着アクセサリーについて、詳しくは専用のアクセサリーカタログをご覧ください。 *ボディー外板の表面に発生するサビ現象は保証の対象ですが、お客様が使用過程で塗装を傷つけたことから生じたサビは、サビ保証の対象外です。 というわけで、ほとんどシートを倒すことのできないノーマルの軽トラと比べると、ずいぶんと人にやさしいクルマになった気がした。 また、エンジンの排気量が1985年式キャリイより110cc増大した660ccなので、アクセルをあまり踏み込まなくてもスピードを乗せることができる。 1977年にジャーナリズム業界に入り、以来40年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 シートが後ろに倒れるので楽。 ただし電スロのフィーリングもレブリミッターもECUチューンで解決出来そうなのでこれらの点はドローかな? スーパーキャリイのいいところ フロントスタビライザー標準装備 中低速トルクに優れている ハイゼットジャンボのいいところ 荷を積んだ時に安定感がある 高回転で伸びのあるエンジン特性 どっちがイイと思う? 項目別CHECK ルックス HIJET JUMBO 走り SUPER CARRY 実用性 SUPER CARRY コスパ DRAW イジりやすさ DRAW (Vol. *写真中の小物は、撮影のための小道具です。 * ディスチャージヘッドランプ装着車は54,000円高。 14年ぶりのモデルチェンジにより、2013年8月にデビューした11代目「スズキ・キャリイ」。 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• また新型スーパーキャリイはフロントにスタビライザーが装着されており、全高が高くなったものの操縦安定性が増して、結果的に不安定なロール感などは相殺。 「キャリイ」に対し、キャビンを後方へ拡大し室内空間を広くすることで、シートリクライニング機構の採用やシートスライド量を増やして、ゆとりある運転姿勢を可能とした。 新型スーパーキャリイは、「軽トラでももっと広い室内空間がほしい」という顧客の声から誕生したとのこと。 メーターは速度計のみの非常にシンプルなもの。 上限550ccまでだったエンジンの排気量も660ccにアップしている。 アイドリングストップ• バン・商用車• 【乗り心地】 リアが跳ね気味ですが、思ったよりも悪くない。 純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 市街地走行でもすぐ5速に 週末をまたいでの試乗では、いつものように箱根に向かった。 最高出力…37kW(50PS)/5700rpm• その一方で車内の下側は狭まって標準ボディと同程度だから、下側に位置する荷台の奥行は標準ボディと同様に長い。 隣を大型が通ると車体が軽いせいか煽られる。 仕事だけでなく趣味でも軽トラを使用しているからこそという目の付けどころに、やはり普段から乗っている人は違うなと実感させられた。 駆動方式にはFRやパートタイム4WDに加え、「ジムニー」をほうふつとさせるローレンジ付きのパートタイム4WDも用意される。 ホイールベースを短く抑えるために、前輪が前席の下に配置されることも一体感の秘訣だ。 25万円以下• 横風に敏感なので、大きなトラックを抜いた瞬間は注意が必要だ。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 2019年9月現在、スズキ調べ。 農地や街なかで使われることが多いので、低速での使い勝手が重視されているのだろう。 普通の軽トラックと比べて走りが大きく変化することはなさそうです。 アダプティブクルーズコントロール• このような規格改正もあり、現行の一般的な軽トラでも雨宮さんの愛車よりはキャビンは広いが、スーパーキャリイはさらに上をいく広さなので、運転席に座って、その快適さに衝撃を受けていた。 駆動方式にはFRと4WDがあり、トランスミッションも5段MT、3段AT、5段AGSの3種類が用意されている。 正直、デカールシールを貼るドライバーさんは少ないと思いますが、そのため視覚的に新型スーパーキャリイの良さが分かると思います。 そこで、ハンドルの下のほうを握ってみると……、肩や背中がシートバックに接するほど上体が起き、体の揺れが減少したではないか! シートをもう少し前に移動させればより改善できそうだが、もともと軽トラはペダルの位置がシートに近いため、足がきつくなる可能性がある。 常にハンドルを修正していなければならない。 乗り心地を試すために作られたような道で、ここを試すとスーパーキャリイの乗員はダイレクトな衝撃にさらされる。 リア・サスペンションは、トラックに採用されることが多い構造が単純で頑丈な、板状のリーフを重ねたスプリング。 ドライブレコーダー• ウォークスルー• ライバル車のダイハツ ハイゼットトラックは、以前から同様のタイプとしてジャンボを設定していた。 スーパーキャリイは、外観もユーモラスで面白い。 純正バンパーをまるごと交換してしまうのでスーパーキャリイのイメージが激変します。 騒音を我慢したとしても、飛ばす気にはならない。 普通の自動車であれば当たり前の機能だが、軽トラではシートは倒せない。 窓も装着されるなど、非常に室内が巨大化してることが伺えるはず。 クリアランスソナー• スーパーキャリイのヘッドランプカスタムをチェックしてみてください。 他の軽トラックと同様、「スーパーキャリイ」の最大積載量は350kgとなっている。 ホイールベースが短いので狭い道を曲がりやすく、筆者宅から出発して数分続く住宅街をスルスルと進むことができた。 筆者は自動車関連の記事も書いているので、軽トラ業界の話もポツポツとは耳にするものの、あまり取り扱うジャンルではないため、そこまで明るくない。 因みに出力50psは軽トラ最強だそうである。 ハンドルの下のほうを握ると、姿勢が一変! 体が支えやすくなった 体に負担がかからないようにラクな乗車姿勢で運転しているものの、普通の自動車より疲れるのは否めない。 しかし、スーパーキャリイはキャビンを後方に拡大することで、広々とした室内空間を実現した。 車線からのはみ出しやフラつきを検知して警報する機能や、先行車の発進を音で知らせる機能なども搭載された。 ハーフレザーシート• パワーウインドウ• こちらは普通のキャリィ レンタカーバイトの回送で、だいたい30分ほど市街地と高速を走ったんですが、シートの背もたれは直立しているし、足元も 狭いです。 助手席も100mmスライドする。 助手席背面には、外出先でのデスク作業や食事等に活用できるシートバックテーブルを採用。 ハンドルを切ってもすぐに曲がらない感覚には神経を使うし、リアの接地感が薄くて不安になる。 軽トラで高速道路を走るのは人生初。 2018年5月現在、スズキ調べ。 自転車などが積載可能。 ヘッドレストは背面の壁に固定された状態だ。 オートマチックハイビーム• 2019年12月には、発売からおよそ3年で、累計販売台数5万台を達成している。 スペースには余裕があるので、長いものをたくさん積む用途にも適用できるのではないだろうか ラダーレールを荷台に載せた際に、スーパーキャリイはラダーレールの爪を引っかけられる構造となっていることに雨宮さんが気付いた! スーパーキャリイは、あおりを開けたところに溝があり、ラダーレールを引っかけられるようになっている。 障害物センサー• 男たちだけでおざなりにしてきた習慣も、女性視点で見直すと変化が生まれるはずだ。 3列シート• エンジンの始動は、古式ゆかしきキーシリンダー式。 カーナビ:-• ただしキャビンが後ろに出っ張ってきた分、高さが230mm以上ある長尺荷物を積むスペースは1480mmとだいぶ苦しくなる。 スーパーキャリイのフロントバンパー エアロの筆頭、フロントバンパー。 ミュージックサーバー• さらに、2019年9月のマイナーチェンジで、軽トラとしては初となる衝突被害低減ブレーキに夜間の歩行者検知機能を追加。 シートエアコン• 横風が怖いです。 さらに、キャリイには軽トラで初めて前後の誤発進抑制機能が採用された。 その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。 しかも、その知人にスーパーキャリイのことを伝えたら「前から乗ってみたかったんだよ!」という返答が! このような人に試乗してもらえれば、普通の軽トラとの違いがよりわかるに違いないとは思うものの、軽トラで東京から白馬まで行くのは、正直、つらい。 ちなみに、筆者のこの企画を提案してきた価格. もし、もう一人乗ってくると、それは助手席側床下に置くか、さもなければ助手席の住人に持ってもらわなければならない。 そのため、いつもより休憩を多めに取ったのだが、休憩中はリクライニングできることが非常にありがたかった。 室内スペースもスーパーキャリイほどではないけど十分。 軽トラは主に近場の配送などに使われることを前提として作られているため、長距離を快適に走ることは期待できない。 せめて新型スーパーキャリイぐらいにはオプションで自動ブレーキシステムは選択できてよかったはず。 実際に高速道路を走ってみると、5速では足りないと感じてしまった。 サビ保証の詳しい内容については、販売会社にお問い合わせください。 メモリーナビ• 路面には大きなくぼみもあり、揺れが体に響くので、ゆっくりめで走行したが不安感なく登れた(下の動画参照) まとめ 最初はあまり乗り気ではなかったが、広い車内とリクライニングできるシートなど、運転席に座った瞬間から一般的な軽トラとはまったく違う乗り心地にテンションアップ! 正直、白馬までの長距離移動は修行かと思うほど大変だったが、普段から軽トラに乗っている人に乗り比べてもらい、実際に悪路を走ってみた際の走行性を目の当たりにすると、これほどまでに進化しているのかと感心した。 好みのデザインをチョイスしてインチアップやカラーを変えることでスーパーキャリイのイメージが大きく変わります。 ボンネットバン• 「キャリイ」といえば2014年に軽トラックとして初めてHIDヘッドランプが設定されたモデルだが、テスト車のヘッドランプはコンベンショナルなハロゲン式だった。 ETC2. パワステ• スズキやその他のメーカーの新型車に関する記事はこちら 軽トラックを検討中の方はこちらの記事も必見. 燃費は満タン法で16. スタッドレスタイヤ(WINTER MAXX SV01)に合わせて購入しました。 中途半端にキャリイ全体の価格が上がっただけで、何ともヘンテコリンな経営判断だった気がします。 運転席のシートスライド量は180mm。 キャビンを拡大し、広くて使い勝手の良い室内空間• 2019年9月現在、スズキ調べ。 一概に問題なしとは評価できないものの、例えば農家さんが野菜を積載する場合、おそらく新型スーパーキャリイは相変わらず便利に使えるはず。 スーパーキャリイやハイゼットジャンボを調べていると従来の軽トラに比べて居住性がよくなっているので機会があったら運転してみたいです。 おかげでキャビンスペースにゆとりが出来たが、必然的に荷台、即ちトラックベッド(こう言うとやはりかっこよく聞こえる)が狭くなるのだが、それでも伸ばしたスペースは、いわゆる空中浮遊型だから、ベッド自体の長さはノーマルのキャリイほとんど変わらない長さを維持している。 さらに、アクセサリーを使ってフックなどを利用すれば、アイデア次第で如何様にも使えそうである。 人にやさしいクルマになった スズキ・スーパーキャリイは、キャビンスペースを僅かに後方に伸ばして、ドライバーズシート背後にスペースを作ったもの。 タイヤハウスがシート下に位置していることもあり、足元スペースには十分な空間が確保されている。 風であおられやすく、段差でフラれる動きはスピードが出ているとさらに大きくなるため、高速道路によくある道路の継ぎ目やわだちで車体がフラれるだけでなく、その揺れが収束するのにも時間がかかる。 *サイドデカール、ルーフデカールは販売会社装着アクセサリー(別売)です。 しかも、乗っているのは1985年式のキャリイ! ずいぶん昔のモデルだが、同じメーカーなので比較しやすいのではないだろうか 到着するなりスーパーキャリイをチェックし始めたが、普段から使っているだけに確認するポイントが細かい! まずは、スーパーキャリイの特徴である広いキャビンを体験してもらう。 誤発進抑制機能 「誤発進抑制機能」は、ペダルの踏み間違えによる誤発進を防ぐ機能です。 トランスミッションは5段MTと3段AT、5段シングルクラッチ式ATの3種類。 2019年9月現在、スズキ調べ。 普段から軽トラを使っている雨宮さんによると、ペダルを上から踏み下ろすスタイルは、足首が曲がりにくいスノーブーツを履いている時や体が大きく足も長い外国人でもヒザを持ち上げて下ろせばブレーキ操作できるので合理的なのだそう。 そこで今回はスーパーキャリイXと、ハイゼットトラックジャンボSAIIItを比べてみよう。 燃料計やオドメーター、トリップメーターなどは、右下の小さなディスプレイに集約されている。 サビ保証の詳しい内容については、販売会社にお問い合わせください。 現在の規格では車体サイズが3. まず、チェーンソーをくぼみに押し込んでみたところ、ピッタリと収まった! 意外と高さや奥行があることがわかったので、続いて、長さもある草刈り機を積んでみた くぼみに草刈り機のエンジンやモーターの部分がすっぽり入ったので、長さも問題ない。 軽トラなのでスピードは上がらないことはわかっていたが、やはり普通の自動車とはまったく異なる走行性と乗り心地であった。 車内での休憩も快適です。 作物を運んだりするのに欠かせないトラックにも、快適性と安全性が求められる。 ————-ここからはキャリィのキャビンについての感想です————— 正直、普通のキャリィは めちゃくちゃ狭いです。 何でも女子を付ければいいというものじゃないと思うけれど、農業に従事する女性が増えているのは事実らしい。 リフトアップ• その最たるはヘッドライトカスタム。 信号待ちから軽トラが発進するのを見ていて、やたらにエンジンを吹かしているなあと思っていたのだが、あれは必要があってやっていたのだとわかった。 3列シート• 寒冷地仕様• 具体的にはキャリイの荷台フロア長2030mmに対して、スーパーキャリイは1975mmある。 軽トラ最強の50ps エンジンとトランスミッションは50ps、63Nmの3気筒NAエンジンと5MT、3AT、それに5AGSと3種のトランスミッションが選べるが、試乗車はこのうち5MT。 プロジェクター式ヘッドライトなので,目つきも若干変わります。 こちらはスーパーキャリイではないのですが、スーパーキャリイにも該当することなので取り上げておきます。 ちなみにローダウンしても、スーパーキャリイはカッコ良く見えるようになった。 暗いハゲロンヘッドランプが嫌だし,せっかく新車を注文するので,メーカーオプションのディスチャージヘッドランプを注文装備しました。 荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用し、荷台フロア長1,975mmを確保。 1速は完全な坂道及び積載状態用で、空荷の場合は使う必然性は感じない。 不定形な荷物をロープでくくりつけて走っているクルマもあるが、あれなどは素人には計り知れない技術が駆使されているのだろう。 長距離ドライブやレジャーで使われることを前提に作られる乗用車とはそもそも目的が違うのだ。 Photo:KX ボディーカラーはホワイト(26U)• また責任も負いかねます。 最高出力が50psというのは、軽乗用車に比べると控えめなチューンだ。 どっかの試乗レビューでも読みましたが、もう少し女性ウケを狙ったカラーを設定しても良かったか。 レーンアシスト• バス 価格帯•

Next|Next|Next