履歴 書 趣味 特技

履歴書の特技が書けない!自分に合う特技の見つけ方や特技の書き方を紹介

履歴 書 趣味 特技

筆者個人の経験から来る個人的な意見です) 趣味について 趣味を書く場合は男女、年齢問わず「スポーツ」を書いてください。 潜在能力を匂わせる特技 1つのことに打ち込める集中力、長く続ける持続力、高い成績を上げられる能力は、面接で高く評価されます。 パチンコ、競馬、宝くじなどは、応募企業のビジネスモデルに関連性がある場合は逆に有効に働きますが、そうでなければ記載をオススメしません。 思うに、やはり公務員と言っても職種によっては体力勝負のところもありますし、短期職歴や既卒職歴なしの方は比較的忙しい部署に配属されることが多いようですので、 (特に男性は)体力のある人がほしいのでしょう。 経営理念や業務の細かい内容は企業によって異なるので、企業が求める人物像もまた異なるのです。 いかがでしょうか? IT系の技術職なら、パソコンが趣味なだけで評価が高くなりますよ! また、パソコンとあまり関係ない職種でも、パソコンに詳しい事はメリットとして捉えてくれる事もあります。 この欄に目を引く面白いことが書かれてあると、面接官も「おや?」と印象に残りその応募者に対して興味が湧くものです。 その少し場を温める方法として、趣味・特技について質問がよく利用されます。 ビジネスにおいて、ていねいに仕上げることはとても大切です。 (女性/22歳/団体・公益法人・官公庁内定) 熱中している趣味・特技があるなら、履歴書で「写真」「サッカー」などと一言で済ませてしまうのはもったいないです! 履歴書の「趣味・特技」欄では、自分がどんな風に楽しみ、そこでどんな経験をしてきたか、これからの目標などをできるだけ具体的に書くと、読み手に与える印象も強くなります。 【コツ4】趣味や特技を短文や長文で書くのは避ける 趣味や特技の欄を書くコツ1: 企業や職種で趣味や特技の書き分けをする 採用担当者は履歴書の趣味・特技欄で応募者の人柄と同時に、社風や業務への適性も見極めています。 料理(余った食材などを自分なりに工夫して作ることが楽しく、毎月節約に役立っています。 ~ポイント~ 調理の頻度や継続期間、レパートリーの種類などを具体的に提示しているのが、ポイントです。 政治・宗教など人によって考え方の異なる分野 7-4. 大学生協でそのアルバイトをしていたため、工具の使用やアパートの設備に詳しくなった。 そもそも履歴書に何故、趣味・特技・好きな学科を記述する欄があるのか 採用担当者はあなたの人柄について、詳しく知りたがっています 趣味や特技は人それぞれ。 人間そんなものです。 人と接するのに清潔感は大切なことになりますので、印象が良くなります。 書道は小学校入学から卒業までの6年間習っていましたが、単に字が上手くなったというだけでなく、正座をして墨をすることで、自分の精神状態をコントロールする方法を身に付けました。 人柄や社風に合うかどうかを見極めるため 趣味や特技というのは自分の好きなことであり、物事への向き合い方やその人の本質などが表れやすい部分でもあります。 履歴書の特技の欄は何を書くべきか迷う 氏名や住所など、考えずとも事実をただ書き入れれば良い箇所と異なり、「取り立てて、特技なんてないんだけどな…」と思ってしまう人は多いでしょう。 趣味がパソコンでも!こんな趣味は就活に有利になりますよ! これから、就職活動の時に有利になる趣味について紹介します。 応募した職種にこれまでの経験をどう活かせると思ったかを伺えたらと思います。 政治や宗教に関わるもの 価値観は人それぞれですが、思想や政治、宗教に関するものは出さない方が無難です。 資格などがない場合は、親、友達に褒められたことを思い出してください。 ・例文3 「ゲーム」 遊びだと思われることが多いのですが、私の趣味はゲームです。 自分に特筆すべき特技が無いからといって空欄にしてしまうと、自ら自己PRのチャンスを手放してしまう事になります。 仕事においてもその姿勢は変わっておらず、常に新しい仕事にチャレンジしていきたいと考えています。 例えば掃除が丁寧と部活の先輩に褒められたのであれば、特技は掃除:限られた時間で目の届きにくい場所まで行うことができる。 運転が好きで日常の買い物で車によく乗るのであれば、ドライブと言い換えても良いでしょう。 趣味・特技欄は何のためにある? そもそも、履歴書の趣味・特技欄は、一体何のためにあるのでしょうか。 しかし、就活のシーンでは話は別。 これが原因になって、選考で落ちてしまわないようにシンプルに書きましょう! 「コアな層がいる趣味は気をつける」 これも注意しておきたい事ですが・・・履歴書に書いた趣味が面接の担当者の趣味と同じ場合です。 興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。 厳密に言えば、趣味と特技は別物。 散歩 私の趣味は散歩です。 誰かと比べるものではなく、好きだから詳しい、好きだからずっと続けられたというものが自然と特技になっていたりするのです。 ゲーム系は今や日本の一大文化となって海外からも人気を呼んでいますが、一般的なビジネスの世界ではまだ市民権を得ているとは言えないので、誤解を招かないよう、記入は控えるのがベターです。 例えば、サークル活動や個人的に続けていることがあるでしょう。 趣味や特技の欄にこだわるメリット• 趣味がパソコンの場合・・・就活に役立ちますよ! 「私の趣味はパソコンなんだけど・・・これって就職活動に役に立つの?」 と、こんな事を考えている方はいまんせんか? 喜んでください!パソコンが趣味の人はどのようなケースでも評価が高いですよ! 面接の時に、趣味のパソコンでいつも何をしているか、何ができるのかを具体的に書いておくとアピールする事ができます。 記憶力が良い証となるので、仕事をするにあたっても必要な能力として評価されるはずです。 これまでに25都道府県、10ヶ国に旅行に行きました。 趣味や特技の欄は存分に活かして!内容にこだわってうまく自己PRをしよう! 今回は意外と見逃しがちな履歴書の趣味・特技欄について、その重要性や書き方のポイントをご紹介しました。 (女性/24歳/医薬品・化粧品内定) ・特技/早起き。 その際、 特にチームスポーツがベストです。 この特技欄は、何が特技であり、どういったことができるかが分かれば良いものです。 もちろん、 名前も聞いたことがないようなスポーツならば、逆に面接官の興味を引くこともできるでしょう。 どんなことで人に褒められたか これまで、職場だけではなく学生時代でも何かしら人に褒められたことがあればそれをエピソードとして使い、特技として話せるようにしておきましょう。 趣味・特技による自己PRの補強 例えば数学が好きで簿記検定などの数字を取り扱う資格を取得していた場合には、特技として履歴書の特技欄に記入しておくと事務職や経理職といった仕事への適性を示す自己PRの強化に繋がります。 しかし趣味や特技であれば、 応募者自身が好きなものの話題なので、緊張がほぐれて話しやすくなると採用担当者は考えるのです。 自分の話したいことが伝わっていないと分かると、焦ってしまうことも多くあります。 【こちらの記事もおすすめ!】 11. 面接官が抽象的ではなく具体的にイメージできるようにしないといけません。 何かを大切に扱えるという事は、書類の整理や保管に活かせるスキルと見なされる場合もあるでしょう。 胸を張って言える強みがあるならまだしも、「無趣味だけど何かしら書いたほうがいいのかな」「希望している職種に関連づけたほうがいいのだろうか」「書いてはいけない趣味はあるのかな」など、志望動機よりも悩むという方は少なくありません。 【メリット2】企業研究をしっかりアピールできる• 決してパチンコや競輪が趣味として悪いわけではありませんが、採用担当者が応募者の計画性やお金の使い方に疑問を抱く可能性があります。 そのため、空欄を作ってしまうと、応募の熱意があまりない方という印象を与えかねません。 (もちろん、こうした能力を持つ人が公務員の職場にいると、とてもありがたがられますが、面接で話すのはどうかな?という話です。 書きたいときはそうした不安を払しょくし、かつ、企業が「採用したい」と思えるような自己PRにつなげることを意識しましょう。 趣味や特技を記載するときは、読みやすいように配慮しつつ、具体的な説明文も添える• 買い物に行く、掃除する、録画したドラマをみてる、料理する、犬の散歩、雑誌をみるなどがあるでしょう。 趣味・特技欄は、個性をアピールするのに絶好の部分です。 プラモデルづくりが好きという人は、手先が器用であったり集中力に長けていたりと、そこにはその人の強みが表れています。 企業の取り組みと関連していなくても、履歴書に記載した内容が面接で話題になり盛り上がることで、面接官との距離が縮まることもあります。 ですから、面接でこの話題を取り上げる採用担当者は数多くいます。 応募者の緊張を和らげる為の役割も• しかし、趣味や特技は何も特別に時間や道具を揃えて行うものばかりではありません。 ライブ 私の趣味はライブです。 特技について 特技については、 業務に直接役立てるものがあればそれがベストです。 面接中に緊張を和らげるための話題探しのため 面接は誰しも多かれ少なかれ緊張してしまいますが、あまりにも就活生が固くなっていると良い面接ができません。 TOEICのスコアは990です) ・マラソン(毎朝5キロ走り、大学時代に3回フルマラソンを完走しました) ・映画鑑賞(週3本ほど鑑賞。 面接に自信がない方は、こちらもあわせてご覧ください。 自分の知らない世界を知っている応募者に興味を示す事は多いに考えられます。 たとえば「そろばん」が特技の人の場合の書き方として、「そろばんや暗算が得意です」と書くだけではインパクトが薄いです。 趣味の話は、志望動機の話などとはまた違い、時には笑いが生じることもあるでしょう。 など 趣味や特技に書いた内容は面接で質問される場合もあるので、具体的な内容を口頭で説明できるようにしておくとよいでしょう。 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 最初の内は、レシピ本を片手にみっちりと基礎を学び、そっくりそのまま料理を作ることに専念していました。 少しでも良いもの、安いものを探してませんか? 洋服であれば、趣味は洋服の買い物:良質なものを安く買う 犬の散歩であれば、趣味は犬の散歩:犬とたわむれ、ストレス解消 日常の行動を趣味に取り込みましょう。 6-1. 勉強を頑張れば、良い学歴が作れます。 無理やり嘘を書くのも、正式な書類ですのでやめましょう。 ある程度質問を予想して答えを用意した所で、履歴所の項目をどの程度まで掘り下げて聞いてくるかは面接官によって大きく開きがあります。 こうした、環境を整えたり、効率の良い方法を探すといった姿勢は、これまでの仕事においても非常に役立ちました。 未経験の仕事に挑戦したい20代女性の方は「おしごとスタイリスト」へ おしごとスタイリストとは、 1都3県に住む20代女性の方に特化した転職エージェントです。 仕事内容や職場によっては問題ない場合もありますが、履歴書に記入するのであれば「その趣味を通じて何を得たのか、どう感じたのか」という所まで踏み込んで書くようにしましょう。 すみずみまで声がよく通りそうな演劇、接待に使えるゴルフなど、趣味程度でもいいのです。 (もちろん地域柄もあります。 2センチ角に紙でバラが折れます。 だから、人と比べるのではなく、今まで打ち込んできた部活や趣味、好きな学科などを書くといいだろう。 4-1. 国際的な交流が多く語学力に自信がある人は、積極的にアピールしたいものです。 」と書かれている文は、採用担当者からすれば読みにくいものです。 日常的なことでも大丈夫!意外と使える趣味の内容ってどんなもの? 「休日に時間を割いてまで興じている趣味がない・・・」という人も少なくないでしょう。 入社後の人事評価に影響が出る場合も 仮に嘘をつき通せた、または嘘がバレたにも関わらず採用を勝ち取れたとしましょう。 応募先企業の求める人物像を把握し、それに合わせたアピールとなるよう心がけましょう。 静岡県ならサッカーが良いでしょう。 趣味や特技の欄にこだわるメリット2:企業研究をしっかりアピールできる 企業によっては社内の部活動やサークル活動を行っている事もあります。 今回は、なぜ「趣味・特技」の欄を設けているのか、また、記載時の注意点についてまとめてみました。 人柄を伝えられる趣味とは 営業職などの能動性が重要視される職種の場合には、キャンプや登山といったアウトドア系の趣味でアクティブな性格を伝えると効果的です。 例で言うと、 外国語能力は受けが良いと思います。 趣味・特技を知ることで、人事はその人が自社の社風や職場環境にふさわしいか、人間関係を上手くやっていけるかの判断をしていきます。 上記に注意しながら、次は以下のポイントを参考に内容を組み立ててみましょう。 それでも、記載できることがない場合は、「特になし」と書いても問題はありません。 さらに増やせるように、月2回は新しい料理にもチャレンジ。 長い文章で書くより、採用担当者に伝わりやすいからです。 主な著書「はじめての転職ガイド 必ず成功する転職」(マイナビ)、「転職者のための職務経歴書・履歴書・添え状の書き方」(マイナビ)ほか多数。 無理に文章にしたり、無駄に長く書こうとすると、逆に読みづらくなって相手に伝わりにくくなってしまいます。 理論的な考え方ができると見てもらいやすく、幅広い仕事の場で発揮できるでしょう。 気持ちの切り替えが早いと親に褒められたなら、特技:すぐに気分転換を図ることができる。 趣味・特技欄は自分の人間性を表現するだけではなく、 応募先とのマッチングを図る事で企業研究を自然にアピール出来るポイントなのです。 監修: 谷所健一郎 (やどころけんいちろう) 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。 些細な事でも趣味や特技と言えるものを見つけて、アピールポイントとして活用する事は可能なのです。 こうした趣味を書くときは、飲み会を通じて人との出会いを広げている、味や銘柄を自分なりに追求しているなど、何を得ているかに転換することがポイントです。 相手に何かを伝える時に大切なことは「要点を簡潔に」することです。 そのきっかけを作るために、スポーツの種類、ポジション、現在も継続していることなどを記載することが大切。 ただし、エンタメ業界など、趣味が企業にマッチする場合は積極的に書きましょう。 特技欄の書き方って、本当に難しいですよね。 その履歴書の趣味を書くときに注意する事を紹介します。 職種や社風による書き分け 営業職や接客業といった比較的人と接する機会が多く流動的な職種では、アウトドア系の趣味を持ちアクティブな性格の応募者が好まれる傾向にあります。 書かないと『自分の個性はありません』と言っているようなもんです。 特技では人を幸せにすることや布教活動などは宗教色が強ため、敬遠されるでしょう。 パソコンスキルはどこでも必要になりますし、語学力が重要視される企業も多いです。 ユニークな趣味の例 アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズも興じていたと言われる座禅は、ユニークな趣味の代表例とも言えるでしょう。 意外性の高さが強い印象を残すからです。 企業が求める人物像や社風に沿った人柄を想像できる趣味・特技を履歴書に書いておく事で、採用担当者の注目を集められるでしょう。 好きなことや時間をかけられること まず、一番わかりやすいのは 自分が好きなことや いつまでやっても飽きないようなことです。 特技欄の基本的な書き方 バイトの履歴書は、真面目に仕事をしてもらえるか、従業員と上手くやっていけそうかなどを見極める重要な材料となる。 仲間と連携したり、コミュニケーションを取る機会が多いため、 コミュニケーション能力もアピールできるからです。 趣味や特技はその人の性格や長所などを表すものなので、これらの情報を伝えるためにも書いた方が良い• 履歴書への記入におすすめの趣味3:人柄を伝えられるような内容 採用担当者が面接を行うのは、履歴書だけでは判断出来ない「応募者の人柄」を見極める為でもあります。 趣味・特技欄は、あなたという人柄を端的に伝える項目です。 最近興味を持ち始めてスタートしたばかりの事柄でもかまいません。 特技が思いつかないときの対策 何の特技も思いつかないのであれば、他人に聞くのが一番です。 5-1. そうした趣味の場合、人事担当者に「御社で活躍できそうな自社にマッチした人材だ」と思ってもらえるはずです。 具体的に記載することで、採用担当者とのコミュニケーションのきっかけになる可能性も高まります。 具体的に作る 書き方としては、以下の通りです。 採用担当者に悪い印象を与える事はありませんが、 あまりにもありきたりな趣味を記入すると注目度が下がってしまう危険性がある点にも留意しておきましょう。 面接時の会話の温度差で判断してくださいね。 ただ自分の性格をいうのではなく、そこからどういった結果がだせるかを説明することで特技となります。 「面接の時に掘り下げて聞いてもらえるだろう」という考えで提出すると、場合によっては書類選考ではじかれてしまう可能性もあります。 掃除 私の特技は掃除です。 「そんなもの、特技でも何でもない」と思うでしょうか。 面接官も、応募者が話すことをきっかけに話題を広げればその人の内面が見えてきてより一層人となりを理解することができます。 (女性/22歳/マスコミ・広告内定) アルバイトでがんばった経験や技術も、立派な特技の1つ。 思わぬスキルが発見されるかもしれません。 (男性/23歳/金融・証券内定) ・タイの首都の正式名を言うことができる。 趣味・特技が全く浮かばない人はどうしたらよいか? 自分に自信がなく、趣味・特技が全く浮かばない人はどうしらよいのか。 趣味・特技欄に書く内容が中々思い浮かばない場合には、 無理に趣味・特技だけでアピールする事よりも、自己PRの補填として記入欄を上手く活用しましょう。 「要点をまとめる!シンプルに書く!」 あなたがいくら好きな趣味でも、長々と書いてしまうと、面接の担当者は「ちょっと変わった人かも・・・」と、こんな印象を持ってしまうかもしれません。 企業研究をする中で、この趣味なら仕事に活かせるというものもあるのではないでしょうか。 アニメ、ゲーム アニメや漫画、ゲームなどが趣味という方も多くなっていますが、就活においては主張を避けたほうが良いジャンルの一つとなっています。 趣味や特技の欄にこだわるメリット3:内容にこだわれば自己PRになる 「これと言ってアピール出来る程の趣味を持っていない」「話題を弾ませるほどの特技がない」という人も居るでしょう。 特になしと書いた所でそこから話題が広がる訳でも、自分の人柄を汲み取ってもらえるという訳でもありません。 人に誇れるような趣味・特技ではなくても、自分の人柄を知ってもらい、アピールのチャンスと考えて何かしら記載することが大切です。 趣味・特技欄に記載されている内容から採用担当者は何を見ているか 採用担当者は、応募書類となる「履歴書」として正しい形式で書かれているかを見ているといわれています。 どうしても思いつかない場合は、「特になし」と書きますが、応募先に自分のことをわかってもらうチャンスです。 IT化が著しく進み、30年前のビジネスと比較すると圧倒的に対面の機会は減っていると言えます。 まとめ 就活では、意欲や積極性のある人が成功するのは確かです。 「旅行」が趣味ということからも、旅行関係の会社だけでなく、出張が多い仕事の募集にも効果的に働く内容です。 しかし、自分をしっかりアピールするためには、この特技欄も面接の武器にしなければなりません。 採用担当者から見れば、 その人と他の応募者との違いを知る上で重要なポイントとなります。 これを上手に活用して、面接を盛り上げたいものです。 特技が複数ある場合は社風に合うものを選ぶ もし、特技が複数あってどれを書けば良いか分からないのであれば、会社の雰囲気や仕事内容で選ぶのもおすすめです。 面接官との距離感が縮まる 面接官に対して威圧感を感じてしまうと、思うように話せないものです。 よく考えてください。 履歴書の趣味・特技欄に書く内容がない時の対処法 多趣味な人がいる一方で、特に何も趣味がないという人も意外と多いものです。 今では他の部員に教えられるほど技術が向上し、怪我の防止としても部活で取り入れています。 できるだけわかりやすく、短いながらも内容が濃くなるまとめ方をしたいものです。 ・マジック 小学生の頃から マジックが好きで独学で勉強。 履歴書の特技の書き方 履歴書の特技の書き方には、コツがあります。 趣味や特技の欄は、どんな機能があると思いますか? 答えは「あなた」という人物の具体的なイメージを持ってもらえる機能です。 筆者はインドア、アウトドア両方の趣味があり、両方面接で言いました。 それどころか、自分を不利な状況に追い込んでしまう可能性が高いと言えます。 また、面接の際に印象を良くするポイントや、逆に嫌がられるポイントが「」で解説されています。 【おすすめ2】自己PRに繋がるような内容• 毎週末には所属チームの練習に参加し、年に数回の大会にも出場しています。 趣味や特技は人によって千差万別であり、その人の特徴的な嗜好が見て取れる部分です。 1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。 お悩みの方はぜひ参考にご覧ください。 その他、人間観察や合コン、宗教や思想絡みの内容も避けたほうが無難です。 仕事に活かせる特技をアピールする パソコン操作 小さい頃からパソコンなどの機器が好きで、タイピングの速度には自信があります。 これから長い間働いてもらおうと思っている仕事仲間を見極めるのですから、それほど慎重になるのも頷けるでしょう。 しかし、これらは金銭トラブルを連想しやすく、あまり良いイメージを持たない人も多いのが実情です。 マジックのアルバイト経験などである程度のスキルの高さを伝えられれば、より興味をもってもらえる可能性があります。 SNSや企業公式サイト、ブログなどインターネットを通じて活動報告を公開しているケースも少なくありません。 例えば面接で嘘の趣味について深彫りされた時、上手く答えられない可能性が高いでしょう。 日常生活で自分が楽しんでいるものがあれば、それが立派な趣味・特技になり得るのです。 サッカーは小学生の頃から続けており、継続力を身に付けることができましたし、辛い時でもしっかりと練習したり、試合で努力をすることで、忍耐力を身に付けることもできました。 どんな趣味を書けばいい? では、面接官に好印象を持ってもらうには、どんな趣味・特技を書いたら良いのでしょうか。 当然、嘘がバレてしまえば採用担当者の印象は悪くなります。 大切なのは人柄や仕事の姿勢がイメージできるような趣味や特技を記載することです。 中身のある趣味・特技欄は、面接官との距離を縮め、インパクトを与えることが可能です。 語学やスポーツなど学生時代から取り組んできたものも良いですし、休日に楽しんでいる茶道や華道といった文化的なものも人間的な厚みを感じさせるので好印象につながりやすいです。 目次 []• また、質疑応答だけの面接では緊張してしまい、その人の人柄が見えてきません。 「自分は面白くない人間だから引きつける趣味は書けない」と思ってしまった人も大丈夫です。 部活動の冬の合宿で役に立った。 反対に見た目がワイルドな男性なのに、実はピアノを弾けますというようなアピールも人事担当者にインパクトを与えられます。 趣味・特技でうそが分ると履歴書全体に疑いをもたれ、信ぴょう性がなくなります。 競争率が高ければ他人と比べられ、どちらかが落とされるのです。 その場合に、「特になし」と書くのはあまり良いとはいえません。 具体的にエントリーしたい業務があればその業務に対する志望動機を記入していただきたいです。 日常生活の中にある趣味・特技• 面接官に質問されても部活の先輩に褒められたことがあると言えます。 もしその会社で働き始めた後に「こういう趣味持ってたよね」と言われたら、嘘の趣味を伝えていたら困ってしまう(女性/22歳/大学4年生) 履歴書やエントリーシートに書く趣味を偽ったことがない人は、いざ面接でつっこまれたときに困ってしまうからという意見が多かったです。 何時間もプラモデルづくりに集中できるというのであれば、非常に集中力があるという点の自己PRにもつながるはずです。 印象に残る履歴書の書き方はもちろん、適性や希望に合った求人のご紹介や面接対策など、あらゆる面からしっかりバックアップ。 例え多趣味な人でも、多数の応募先全てで趣味の内容を変える事は難しいかも知れません。 いずれにせよ、趣味・特技の話題は面接官との距離を縮める道具になり得るのです。 特技の一例 では、どういったものが特技となるのか、いくつか例を挙げつつ特技の例を一覧にしてみましょう。 何をアピールしたいのかを明確にする 趣味・特技を書くにあたっては、単語だけで終わらせるのではなくその趣味を通して何をアピールしたいのかを明確にすることが大切です。 嘘を書くのはいけませんが、面白いなと感じることがあるのならそれを記入するようにします。 設計して開発する時、そして結果が思い通りになって動いた時はとても楽しく感じます。 さらに企業は、趣味・特技から見えてくるその人の性格が自社にマッチしているかを見極めていきます。 最近では、ロシアの郷土料理を覚えました。 例えば「日本の地理が好きで、江戸時代の地図と現代の地図を比べ、実際にその地へ足を運んで違いを調べたりします」など、興味の度合いが判断出来るような内容を記述してください。

Next|Next|Next