さんぜん とう しん

ひらがなプロジェクト

さんぜん とう しん

娑羅樹王仏。 龍樹菩薩 ( りゅうじゅぼさつ )は、 釈尊 ( しゃくそん )にまけない 女 ( おんな )ぎらい……じゃアない…… 女 ( おんな )を 恐 ( こわ )がったお 方 ( かた )だが、 随順姉妹 ( ずいじゅんしまい )となり、 愛楽友 ( あいらくゆう )となり、 安慰母 ( あんいぼ )となり、 随意 ( ずいい ) 婢使 ( ひし )となり……これ 四賢良妻 ( しけんりょうさい )なり、などと 仰 ( お )っしゃっている、よろしく 男 ( おとこ )はこういう 女人 ( にょにん )を 選 ( えら )べといって、 女性 ( じょせい )の 美徳 ( びとく )を 讃 ( たた )えている」 「やっぱり、 男 ( おとこ )のつごうのいいことばかりいってるんじゃありませんか」 「それは、 古代 ( こだい )の 天竺 ( てんじく ) 国 ( こく )が、 日本 ( にほん )よりは、もっともっと 男尊女卑 ( だんそんじょひ )の 国 ( くに )だったからしかたがない。 五根五力。 にゃくし にち にゃくご にち にゃくろくにち にゃくしちにち いッしん ふ らん ご にんりんみょうしゅうじ あ み だぶつ 若四日。 二律背反 (にりつはいはん)• 身体髪膚 (しんたいはっぷ)• 聞説阿弥陀仏。 信受我語 ( しんじゅがご )。 専心一意 (せんしんいちい)• ぎょうしなんじ。 説誠実言。 彼仏国土。 ひぶじゅみょう。 六親不和 (りくしんふわ)• 一行三昧 (いちぎょうざんまい)• 三令五申 (さんれいごしん)• もんぜせっしゃ。 むりょうむへん。 舎利弗。 よにょぜとう。 万水千山 (ばんすいせんざん)• 五十知命 (ごじゅうちめい)• 六道輪廻 (ろくどうりんね)• ひらがなの部分を声に出して唱えてください。 尚無三悪道之名 ( しょうむさんまくどうしみょう )。 一期一会 (いちごいちえ)• 7、 摂受 しょうじゅ と 折伏 しゃくぶく 折伏 しゃくぶく は 邪見 じゃけん ・ 邪法 じゃほう に 執 しゅう するものに 対 たい して、これをくだき、 正法 しょうぼう に 帰依 きえ せしめることであり、 摂受 しょうじゅ は 寛容 かんよう なる 態度 たいど をもって 正法 しょうぼう に 導 みちび き 入 い れることである。 不可思議功徳。 ひぶっこくど。 言文一致 (げんぶんいっち)• ぐみょうしちょう。 出広長舌相 ( すいこうじょうぜッそう )。 したがって、このばあいは、しんじんのいちねんがふへんしんにょのりとなり、さんぜんのせいめいかつどうが、ずいえんしんにょのちとなる。 宗厳 ( むねよし )は、 我執 ( がしゅう )の 太刀 ( たち )をすてて、 「 初 ( はじ )めて、 兵法 ( へいほう )を 観 ( み )た」 といった。 だいせんせかい。 二三其徳 (にさんしとく)• 日本の古語と伊江島ことばの訛ったことばが、入り交じっていて解釈を困難にしている。 敝衣蓬髪 (へいいほうはつ)• 如是等。 じゅうまんごちゅう。 之所能知。 尋常一様 (じんじょういちよう)• 一言蔽之 (いちげんへいし)• 千紅万紫 (せんこうばんし)• (仮の訳である) 語意 わんがうんくく=私の御国? みこくのものは=御国の者は? とうのうし=唐の牛? しんでち=千匹? ひちまぬうし=未詳。 しょせん、このもんは、もんていげしゅどくいっほんもん、じぎょうのいちねんさんぜんの、みょうもんである。 「せ」で始まる四字熟語• 「き」で始まる四字熟語• 九棘三槐 (きゅうきょくさんかい)• 聞是音已。 お 茶 ( ちゃ )をもらおう」 四 もう 女 ( おんな )の 二十五 ( にじゅうご )である、きりょうが 醜 ( みにく )いわけではなし、 家 ( いえ )がらはよいのだし、そのお 吟 ( ぎん )に 嫁入 ( よめい )り 話 ( ばなし )がないわけでは 決 ( けっ )してなかった。 能於娑婆国土 ( のうおしゃばこくど )。 行此難事 ( ぎょうしなんじ )。 達摩仏 ( だつまぶつ )。 おにょいうんが。 一髪千鈞 (いっぱつせんきん)• 一飲一啄 (いちいんいったく)• 及宝羅網。 まつの木=松の木。 舎衛国 ( しゃえこく )。 二人三脚 (ににんさんきゃく)• 四宇和平 (しうわへい)• 一路順風 (いちろじゅんぷう)• 千載一遇 (せんざいいちぐう)• 一蓮托生 (いちれんたくしょう)• 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 しかしぶっぽうのおうていより、これをみるならばきわめてしぜんのぎしきである。 驕梵波提。 恒河沙数諸仏 ( ごうがしゃしゅしょぶつ )。 一樹百穫 (いちじゅひゃっかく)• 若三日。 不可以少善根。 しゃりほ。 福徳因縁。 七十古稀 (しちじゅうこき)• 三豕渉河 (さんししょうか)• 1より 修羅書房 (しゅらしょぼう) 樹林書房 (じゅりんしょぼう) 東京 出版年 1983より 寿郎社 (じゅろうしゃ) 札幌市 春苑堂出版 (しゅんえんどうしゅっぱん) 鹿児島 出版年 1933. 十五志学 (じゅうごしがく)• 成就如是 ( じょうじゅにょぜ )。 雲泥万里 (うんでいばんり)• いっさいせけん。 ちょうろうしゃりほ。 妙音仏。 是諸善男子 ( ぜしょぜんなんし )。 もんじゅしりほうおうじ。 冷汗三斗 (れいかんさんと)• 無有衆苦。 百八煩悩 (ひゃくはちぼんのう)• 喙長三尺 (かいちょうさんじゃく)• 狡兎三窟 (こうとさんくつ)• 得生彼国。 「ほ」で始まる四字熟語• ごくらーこくど。 四字熟語は生き生きした表現を作る、だからこそ、 中学の入学試験、そして高校、大学の入学試験にまで出題されるのです。 一汁一菜 (いちじゅういっさい)• 諸大菩薩 ( しょだいぼさつ )。 十中八九 (じゅっちゅうはっく)• 投稿者: 赤胴鈴之助• 十寒一暴 (じっかんいちばく)• 遊戯三昧 (ゆげざんまい)• 若有衆生。 九分九厘 (くぶくりん)• 百味飲食 (ひゃくみのおんじき)• 張三李四 (ちょうさんりし)• すなわち、わがせいめいそれじたいがこくうえとなる。 おひこくど。 3より 史学センター (しがくせんたー) 詩画工房 (しがこうぼう) 箕面 出版年 2006. 願生彼国。 百年河清 (ひゃくねんかせい)• いっさいしょぶつ。 「は」で始まる四字熟語• 出広長舌相。 当信是称賛。 一目十行 (いちもくじゅうぎょう)• 大焔肩仏 ( だいえんけんぶつ )。 3より 信州の旅 (しんしゅうのたび) 真宗婦人妙好会 (しんしゅうふじんみょうこうかい) 京都 出版年 明28. 天保九如 (てんぽうきゅうじょ)• 而作是言 ( にさぜごん )。 彼仏寿命。 七転八起 (しちてんはっき)• 徧覆三千。 即以食時 ( そくいじきじ )。 阿弥陀仏。 一意専心 (いちいせんしん)• 「わしには、それが 出来 ( でき )ん」 と、 石舟斎 ( せきしゅうさい )がいうのは、ほんとうであろう。 仏説阿弥陀経 ( ぶッせつあみだきょう )。 しょぼさっしゅ。 達摩仏。 周ソウ囲繞 ( しゅうそういにょう )。 面目一新 (めんもくいっしん)• 桃三李四 (とうさんりし)• 孟母三遷 (もうぼさんせん)• 三種神器 (さんしゅのじんぎ)• 二桃三士 (にとうさんし)• 形影一如 (けいえいいちにょ)• 日蓮聖人 にちれんしょうにん は、この 一大 いちだい 秘法 ひほう を 行法 ぎょうぼう として 「 本門 ほんもん の 本尊 ほんぞん 」・ 「 本門 ほんもん の 題目 だいもく 」・ 「 本門 ほんもん の 戒壇 かいだん 」と 開示 かいじ された。 極楽国土 ( ごくらッこくど )。 危機一髪 (ききいっぱつ)• 雑色宝華厳身仏 ( ざつしきほうけごんしんぶつ )。 どうじくさ。 如是等法。 (保険(ほけん)や共済(きょうさい)の内容(ないよう)によって異(こと)なりますが、特約(とくやく)付(つ)き家財火災保険料(かざいかさいほけんりょう)は、2年間(ねんかん)で1万(まん)~1万(まん)5千円(せんえん)前後(ぜんご)です。 にょぜとうほう。 臣一主二 (しんいつしゅに)• 「いかがあろうか」 と、 試合 ( しあ )うと、 「む!」 伊勢守 ( いせのかみ )は、 一目見 ( ひとめみ )て、 「もうあなたと 太刀打 ( たちうち )はむだなことである。 一短一長 (いったんいっちょう)• ひにょひゃくせんじゅがく。 無有衆苦 ( むうしゅく )。 生彼国土。 ごくらーこくど。 白鵠孔雀。 各於其国。 とうしんぜしょうさん。 玻璃シャコ ( はりしゃこ )。 舎利弗。 諸善男子。 各於其国。 成就如是。 名聞仏 ( みょうもんぶつ )。 天人五衰 (てんにんのごすい)• 三拝九拝 (さんぱいきゅうはい)• ヘン覆三千。 はくら。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 鐘 2 回 仏説阿弥陀経 ぶっせつあみだきょう *ここは、お坊さんのみ 如是我聞。 彼国常有 ( ひこくじょうう )。 千巌万壑 (せんがんばんがく)• せつじょうじつごん。 千慮一失 (せんりょのいっしつ)• 千秋万歳 (せんしゅうばんざい)• 二河白道 (にがびゃくどう)• 四海波静 (しかいはせい)• 無量寿仏さま 無量相仏さま 無量幢仏さま 大光仏さま 大明仏さま 宝相仏さま 浄光仏さま これらガンジス川の砂の数程の仏さまは それぞれの国で 広長の舌相とよばれるお姿で 誠実なおことばを 三千大世界を覆うように説いておられる。 しゃりほ。 皆是阿毘跋致。 くどくしょうごん。 一笑一嚬 (いっしょういっぴん)• ぜんにょにん。 駢四儷六 (べんしれいろく)• 於汝意云何。 百里之命 (ひゃくりのめい)• 一子相伝 (いっしそうでん)• 其土有仏。 」 「舎利弗よ 南の方にも重鎮がいらっしゃるぞ。 一体分身 (いったいぶんしん)• 我見是利。 作礼而去 ( さらいにこ )。 そのわけは、ときとは、まっぽう、ごごひゃくさいのはじめ、だいごほんぞんごしゅつげんのときであり、われとはしゃくそん、ぎゅうはぼさつ、しゅそうはにじょう、くとはろくどうであり、しゅつとは、これらのじっかいのせいめいかつどうが、りょうぜんじょうどにれつしゅつすることをいう。 又舎利弗。 一種一瓶 (いっしゅいっぺい)• 四六駢儷 (しろくべんれい)• 紫電一閃 (しでんいっせん)• おうごんいじ。 皆是阿弥陀仏 ( かいぜあみだぶつ )。 たんかいむりょうむへん。 7序 松延堂 (しょうえんどう) 東京 出版年 明18. 2、鐘は、お坊さんが唱える時は、お坊さんがやります。 摩訶劫賓那。 とくしょうひこく。 あぬるだ。 にゃくごにち。 一心不乱。 しゃりほ。 而作是言。 しょじょうぜんにん。 七歩八叉 (しちほはっさ)• じゅりょうほんだいじゅうろくにいたって、こくうえのぎしきはかんぺきにととのうのである。 所護念経。 さんみゃくさんぼだい。 だいこうぶつ だいみょうぶつ ほうそうぶつ じょうこうぶつ にょ ぜ とう ごう が しゃ しゅしょぶつ かく お ご こく 大光仏。 衆生濁 ( しゅじょうじょく )。 下方世界 ( げほうせかい )。 一言居士 (いちげんこじ)• 百姓一揆 (ひゃくしょういっき)• 百代過客 (ひゃくだいのかかく)• もんせつあみだぶ。 やくしょうせつが。 変化所作。 しゃりほ。 是故舎利弗 ( ぜこしゃりほつ )。 名光仏。 出広長舌相。

Next|Next|Next