戦艦 大和 の 最期

【75年前の今日、戦艦「大和」轟沈す【特攻当日】1945年4月7日】

戦艦 大和 の 最期

これは甲板の大穴へ、スポッとはめ込んでいるだけなのだ。 初めての経験。 日本戦後史で異彩を放つ白洲次郎は意外な事に余り日本人には知られていない。 (随伴する駆逐艦磯風から撮影) この後、武蔵は船首から突っ込むようにして、沈んでいった。 そして其処から何かを学び取ろうとする。 日本の終戦間近、日ソ不可侵条約を一方的に破り、満洲に侵攻して日本民間人に暴虐の限りを尽くし、60万人の日本軍将兵をシベリア に強制連行して虐待し、6万人を虐殺したソ連は「正義」なのか? 米軍への賞賛の言葉まで挿入されている。 只、この内容は明らかに虚構 フィクション と云わざるを得ない。 護衛駆逐艦からは航行する大和の右舷艦腹が海面上に露出し、左舷甲板が海面に洗われるのが見えた。 また、大和を護衛した「第二水雷戦隊」の戦闘詳報では、作戦はあくまで冷静にして打算的でなければならない、いたずらに特攻隊の美名を冠して強引なる突入戦を行うのは失うところが多く、得るところは非常に少ない、と作戦そのものに対する厳しい批判が書かれています 10。 沈没の際に前部弾薬庫が大爆発を起こした。 吉田満の最初の敗北は昭和24年の小説「軍艦大和」であった。 病院船や児童疎開船を沈め、東京を初め主要都市を妄爆し、あまつさえ広島・長崎に必要性の無い原爆まで投下して一般市民の大量 虐殺を厭わなかった米軍の人道性を賞賛するが如き著者の「妄想」は何を意味するのか・・・。 大戦前、英国へ仕事で渡航する際に同船した日本駐在武官に、政治に関与する軍人をあけすけに批判した。 戦前戦中の旧日本軍の行為をめぐっては、残虐性を強調するような信憑(しんぴょう)性のない話が史実として独り歩きするケースも少なくない。 艦尾より飛び込み、巨大なるスクリューに巻き上げられたもの。 同日中に艦橋や艦の前半部分も発見されたが、船体が大きく2分割されていることや主砲塔がすべて脱落していることも判明した。 あるいはフィリピンで亡くなった竹内浩三という詩人がいます。 右舷外側のスクリューは最後まで動いていた。 艦橋頂上の射撃指揮所配置の村田元輝大尉や小林健 修正手 は、指揮所を出ると、すぐ目の前が海面だったと証言している。 自体が厳しい機密保持のために軍の管制下に置かれた。 都竹卓郎が戦後両軍の各文献と自身の記憶を照らしたところによれば、『戦藻録』の「31キロより砲戦開始、2、3斉射にて1隻撃破、目標を他に変換す」が概ねの事実で 、最初の「正規空母」は護衛空母で、次の艦はである。 スプルーアンスは日本海軍最後の艦隊の指揮官が伊藤であることを知っていたかどうか。 後部への魚雷は、空母ラングレー隊の可能性もある。 平和だったら表敬訪問とかにも使われるだろうし。 呉海事博物館の映像では、5本の魚雷が投下されたが回避することが出来ないので有賀艦長は何も言わずに命中するまで魚雷を見つめていたという生存者の証言が上映されている。 竹内浩三もフィリピンで死んだ。 追加搭載した武器も歯が立たず、わずか4時間足らずで鹿児島県坊ノ岬沖にて撃沈、北緯30度43分、東経128度04分の水深345mの海底に沈みました。 副長補佐の国本中尉が「副長ここにあり」と周囲の生存者を呼び集め、負傷者を中心に輪になって救助を待つと、雪風がボート(内火艇)を下して能村副長ら負傷者の救助を始めた。 話し言葉で表現された文章を「口語体」、書き言葉で表現された文章を「文語体」という。 講和条約成立後、「戦艦大和ノ最期」の結語は「初稿」に戻れた筈なのに、何故か改稿のまま押し通された。 以下のように続く。 戦艦大和、その誕生• 兵装 [ ] 大和の主砲と副砲はすべて転覆時に脱落した。 :(昭和17年)12月17日 -• 当時大和砲術長だった能村(後、大和副長)によれば、射撃した前部主砲6門のうちは2発のみで、残る4門には三式弾が装填されていたと証言している。 大佐の襟章も重油で汚れていて本人確認が難しく、気絶したまま雪風軍医長の縫合を受けて生還した。 (兼):(昭和16年)9月5日 - 11月1日 艦長• 山本五十六の遺骨を日本へ届けた際の、昭和天皇御行幸の記念撮影。 艦橋にてそれを行う。 前部中甲板でも火災が発生したとする研究者もいる。 救助活動中も未だ戦闘行動中で、兵科士官が漂流者救助の為に指揮部署を離脱する事は不可能。 「いったい何本の魚雷が命中してるかわからなかった」という証言があるほどである。 その戦争の是非を云わんが為に、国を信じ、国に殉じた将兵を冒涜する事で議論をすり替えようと云うのか。 にも戦艦大和慰霊塔が建立されている 塔の高さは艦橋の高さと同じ)。 名著故に惜しまれてならない。 著者自らが体験した()でのの出撃から沈没までを綴った記録小説。 これは現在流布している再稿版に比べてかなり短文である。 海軍軍縮条約の期限は昭和11年(1936年)末でした。 文語体で漢字カナ交じり文だけど,改版で新仮名づかいになっているのはいまいち違和感。 そこで海軍は、艦船の数で勝負するのではなく、他国に勝る性能を有する戦艦を備えることを考えました。 昭和天皇の写真()は主砲発令所にあって第九分隊長が責任を負っていたので、同分隊長服部海軍大尉が御真影を私室に捧持して鍵をかけた。 住宅地も何も、お構いなしだった。 これがプロパガンダ 煽動 でなくて何であろうか。 伊藤は明治23年 1890 、福岡県三池郡高田町 現、みやま市 に生まれました。 ・近くの丘に憲兵を配置。 大和の沈没要因 [ ] 大和が爆発した際のやは、遙か鹿児島でも確認できたという。 ・機密保持の為主砲は46cmでなく41cmと記載。 第一次世界大戦の戦闘用に作るべきものを第二次世界大戦でデザインしたから沈没したんだよ。 日本の新生にさきがけて散る。 しかし、ソロモン諸島の戦いに大和は出撃することはなく、熱帯の南太平洋でも快適な空調設備、優先的な食糧配給などから大和ホテルと呼ばれ、不本意な日々を過ごすことに。 工作艦のに配属されていた造船士官によれば、トラック泊地着後の大和は明石に「右舷後部に原因不明の浸水があり調査して欲しい」と依頼、工作部員達は注排水系統の故障を疑ったものの異常はなかった。 それは彼という人間の内から出てきた真実の声に違いない。 擬装中の有名な写真。 測距儀は残っているがカバーが外れて本体が剥きだしになっている。 ベニントン隊に続きの第17爆撃機中隊(ロバート・ウォード中佐)が大和を攻撃した。 昭和13年と言えば、国家非常時体制が叫ばれて、日本は泥沼の戦争に突入していた。 しかし「大和」の幹部が羅針儀に身体を縛りつけたという事実はあった。 引き続き無人探査機を降ろして海底の探査を行ったが、沈船らしき映像が写ったものの途中から天候が悪化したためにその船体が大和かどうか確認できないまま調査を終了している。 朝日新聞の「天声人語」の記述に関し、百歩譲って軍刀の手首斬りがあったと仮定しょう。 2が一番重要で、後は大した問題じゃない。 『写真が語る伝説の戦艦「大和」』KKベストセラーズ、2006年。 さて、その命中範囲である。 ちなみに砲弾の搭載量は砲身1つにつき100発、計900発ということである。 大和の46センチ主砲は、6階建て構造で、高さ20メートル、一基2700トンにもなる。 1945年(昭和20年)以降の大和は燃料不足のため、満足な訓練もできなかった。 第一燃料がない。 呉帰投後の第一号艦(大和)は12月16日附で竣工した。 しかし、第二艦隊はミッチャー中将率いる第58機動部隊に発見され、4月7日正午過ぎから3波にわたる航空攻撃を受けました。 攻撃力が優れているだけではなく、内部には当時の最新防衛システムも設営されていて、これらの技術は戦後日本が焼け野原から再び屈指の造船国へ復活するきっかけにもなっています。 幼児の嘘でももっとましなことを言うだろう。 395-433頁• 大和型戦艦建造の際の機密保持については、多くの建艦関係者が行き過ぎがあったことを指摘している。 新聞社にとっては恰好のネタ材料だった。 瀬戸内海での全力公試だそうです。 解説:、跋文・小林秀雄・河上徹太郎・・• 大和は「大艦巨砲主義」、すなわちより大きな砲弾をより遠くへ飛ばす戦艦を軸に海軍を編成するという作戦思想の産物でした。 自嘲の笑いか。 「戦艦大和ノ最期」を名著たらしめた大きな要因の一つが文語体の記述であった事は疑う余地がない。 救助員に軍刀は邪魔物以外の何物でも無い。 この原文の終わり近くに下記の記述がある。 揚陸可能の兵器、弾薬、人員を揚陸して陸上防衛兵力とし、残りを浮き砲台とする。 吉田の妻・嘉子は、吉田の目撃談ではなく伝聞と前置きした上で、当時ならばあり得たことだと述べる。 著者の「心と魂」の崩壊ではなかったのか。 日本の過去を「全て悪」と言い募り、その糾弾を生き甲斐としているようだが、その「悪」と称するお先棒を担ぎ、積極的に煽ったの は何処の新聞社だったのだろうか。 感動した。 元気な者は縄梯子で甲板に上り、国本中尉は雪風の負傷兵と交代して配置についた。 大和への最後のとどめになった攻撃は、空母ヨークタウンの第9雷撃機中隊6機による右舷後部への魚雷攻撃であった。 自社が行った戦前の軍部への迎合提灯記事や大本営発表も顔負けする戦意昂揚の煽り記事の責任を総括して国民に詫び、本来の報道機 関に立ち戻るのが先決ではないのか。 仮に本当に知らなかったのなら、別の大変な問題を提起した事になる。 アメリカ軍戦略調査団は、日本側資料を参考に魚雷10本、爆弾5発。 現地方面では、寧ろ憤慨の傾向にあるとか。 5 の下の「記事」には、その配置図が記されています。 この短絡的で何の議論の介在も許さない硬直した考え方は戦前の「暗黒の思想統制」と同質のものである。 中型爆弾500kg爆弾8発が投下され、アメリカ軍は右舷機銃群、艦橋前方、後部マストへの直撃を主張した。 隊形を整えた艦隊に対して、伊藤整一第二艦隊司令長官は指揮下の各艦に対し「神機将ニ動カントス。 海底探査記録• 初版あとがきに次の様に記している。 10日ほど在泊したのち、陸軍将兵や物資を搭載して第四戦隊・第七戦隊・第二水雷戦隊と共にシンガポールへ向かう [ ]。 中でも矢萩は魚雷7本爆弾12発を受けての大和に引けを取らない壮絶な最後だった。 そんな大和の最期の姿を描いた映像に、外国人は何を思うのでしょうか。 まるで「蜘蛛の糸」だ。 短時間に異方向からの攻撃は、報告者の戦果確認において多くの重複と誤認があると思われるものの、 相当数の魚雷が「大和」に命中したことは間違いない。 そして、この作戦の4ヶ月余り後、日本は終戦を迎えることになります。 その最終的な形が本稿である」。 呉では対空兵器を増強し、となどレーダーを装備する。 武士の情けか。 サマール島沖砲撃戦の後、栗田長官は近隣にアメリカ機動部隊が存在するとの誤報を受けてレイテ湾に突入することなく反転を命じた。 引用元: 【1300万再生】戦艦大和の最期。 12月12日、6隻(大和、、、、、)はトラックを出発、17日に横須賀へ帰着した。 軍や政治を少しでも批判したり、良識の発言をしたら無条件に「赤」の烙印を押されて迫害された戦前の状況と、戦後から今日に至る 迄の世相の状況の何処に相違があると言えようか。 阻止が事実なら、この偵察機搭乗員は軍法会議で死罪を問われる事になる。 事実、吉田満によると戦闘中に機関区の一部へ水を入れ、艦のバランスを保っているが、罐のそばにいた人間は爆発で四散している。 長い沈黙を破って、今日の偏向報道に立ち向かわれた松井一彦さんの勇気ある発言に声援を送りたい。 呉市海軍歴史資料館『 呉市海軍歴史科学館図録 日本海軍艦艇写真集別巻 戦艦大和・武蔵』ダイヤモンド社、2005年4月。 この時機にタイミングを合わせて本稿が出版された。 吉村昭によると、このときすでに艦首は波に洗われ、沈むのを待つばかりだったとか。 その他 [ ]• おりしもアメリカ軍にはVT信管という、対空弾の1発1発が電波を発して、航空機に命中せずとも金属を探知し至近で爆発、その弾の破片で航空機本体や搭乗員にダメージを与える秘密兵器が大量に装備されており、日本軍へ致命的な損害を与えていた。 何よりの問題はアメリカ軍の攻撃が大和の左舷に集中したことだった。 都合の良い事は自分の手柄にし、都合が悪くなると他人に責任を転嫁するという誠に卑劣な姿勢が浮かび上がる。 写真は空母所属機がこの様子を撮影したもの。 大和を沈めるのに198発も使われたんだ。 そして主砲は、第1・第2・第3と、一直線上に、定規で引いたように並んで、これも引っくり返って海底に埋まっていた。 (昭和20年)、において()旗艦として麾下のと共に沖縄方面へ出撃したがアメリカ軍のの猛攻撃を受け、で撃沈された。 昭和2年 1927 、少佐でアメリカに駐在。 アメリカ軍と森下参謀長、清水副砲術長は後部副砲の火災が三番主砲弾薬庫の誘爆に繋がったと推論したが 、転覆直後に爆発している点などをふまえ、大和転覆による爆発とする説のほうが有力である [ ]。 シブヤン海で猛攻撃をうける武蔵。 上原良司は特攻隊で死んだ。 こう言われては、もはや何をかいわんや。 兵卒が2人、耐えられなくなって我れ先に自分だけそのロープをつかむ。 ミッドウェー海戦後日本はアメリカ本土攻撃から南方ソロモン諸島に進攻。 殊に戦争記事はこれだ。 イギリスやアメリカにこの艦を超越する戦艦を作られないように建造は秘密裏に進められ、設計者たちに手交された辞令すらその場で回収される程だった。 今日は武蔵の悲運あるも明日は大和の番なり」と記した。 それより後ろの艦尾部は引っくり返って、やや離れた場所で舵やスクリューが遠い水面へ向けて露になっていた。 作戦の無謀を問うのは簡単である。 「はくよう」は無人探査機で、ハイビジョンカメラが使用された。 (時代背景や軍備)説明はは少ない。 然し、再稿本の出版で、元海軍々人や読者の一部から直ぐに内容の虚偽を問う議論が巻き起こっている。 アメリカ軍の認識であるため、大和は排水量4万5000トンの戦艦として紹介されている。 」として、豊後水道出撃の時間は第二艦隊に一任された。 これは12インチ砲すべてに当てはまる。 第29雷撃機中隊 9機は、「大和」が右旋回を続け360度の回頭を終えた時点で最良の雷撃位置につくこととなった。 とくに大正11年生まれが多い。 しかし浸水は止まらず、艦隊からも遅れ……。 雑誌「丸」編集部『 写真 日本の軍艦 第1巻 戦艦I』(光人社、1989年)• このことに関して、傾斜を食い止めるために意図的に左旋回ばかりしていたと錯覚する生存者もいる [ ]。 生者の言葉と死者の言葉には、この年代に関してはほとんど壁がなく、回路ができていると思うのです。 さらには米軍の執拗にて正確無比な雷撃。 大和が実戦で主砲を発射したのはこれが最初である。 戦後4回の海底探査が行われている。 そして彼等は今もなお海底から祖国を見続けている。 アメリカ軍の損害は、護衛空母ガンビア・ベイと駆逐艦ジョンストン、ホーエル、護衛駆逐艦サミュエル・B・ロバーツが沈没というものだった。 (未成) 登場作品 [ ] 詳細は「」を参照 参考文献 [ ] 通史• 結局は天皇の義兄にあたる海軍大佐(の兄、当時海防艦艦長)臨席のもとで進水式は行われた。 爆発は船体の分断箇所と脱落した主砲塔の損傷の程度より、2番主砲塔の火薬庫が誘爆したためとされる [ ]。 広島県呉市。 ただ、日本自体がレーダー、対空火器等の実際の戦争で必要だった物の技術が遅れていた。 5 7.口語体と文語体 口語 こうご とは「日常の話し言葉」、文語とは「文章を書く時に使う言葉」である。 防御用装備は良かったが兵站がダメだった 3についてはほどんどの戦艦は大きすぎて遅すぎるんだけどな。 旗艦武蔵以下、大和、長門などの主力部隊は決戦の覚悟でトラックを出撃した。 といったあんばいでは、講談師はだしだ。 P90 米軍よく渾身の膂力を、連続強襲、魚雷片舷集中の二点に注げるか 艦長「傾斜復旧を急げ」と叫ぶこと数度 伝声管の中継により所要部署に伝う されど復元は容易ならず 防水区割以外の右舷各室に、海水注入のほか方策なし 防水区割りとは、万が一浸水した場合、反対舷側のそこへ海水を注入し、バランスをとる大和ならでは最新機構だったが、この時点で既に3000トンの海水を注入し、もういっぱいとなっていた。 この美しさは否定しえない。 実戦で撃つ機会はおろか、武蔵が沈んでそれも不可能となったのだった。 様々な資料を検討して沈没点を推定し、広範囲の海底スキャンが行われた。 東工大、慶大教授、文藝家協会理事長歴任。 大和型戦艦3番艦を空母に改造したも呉回航中にアメリカ潜水艦の雷撃で沈没し、結局大和と信濃が合同することはなかった。 それでいいじゃないか。 八杉によれば、八杉は吉田を詰問し、吉田は「私はノンフィクションだと言ったことはない」と弁明したとされる。 会話中に登場する、許婚、父母や、妹があり。 アメリカ軍の記録によれば、8時15分に3機の索敵隊が大和を発見した。 吉田満は、昭和27年 初版 ・昭和49年 決定稿 のあとがきに「本来の内容」・「事実の記述」を殊更強調している。 同年10月中旬以降ので、アメリカ軍の護衛空母部隊(タフィー3)に対し46cm主砲砲撃を実施した()。 8月16日、主力部隊(戦艦3隻〈大和、、〉、空母〈〉 、巡洋艦3隻〈、、〉、駆逐艦部隊〈、、、、、、〉)は呉を出撃し、へ向かう。 大和を題材とした映画やが度々作られ、日本人に大きな影響を与え続けている。 火災と浸水は収まらず、武器は使えず、満身創痍、爆雷は全弾命中、さらには数発分に相当する痛恨の一撃が魚雷となって襲い(潜水艦か?)傾斜が一気に進む。 同画像の右上には「軍極秘」の文字があります。 我々は一人残らず、召集を忌避して、死刑に処せらるべきだったのか。 たとえば、長島一茂演じる臼淵大尉が、激しく言い争う士官の間に割って入って語るときの言葉とか、特攻作戦を伝える特使にくってかかる若手艦長のシーンとか。 特徴的なシルエットが美しい。 、大和はにより山本五十六が座乗してを出航したが、主隊として後方にいたため大和が直接アメリカ軍と砲火を交えることはなかった [ ]。 また平成27年8月18日放送の鑑定団には、大和長官室の「サイドテーブル」が出品された。 日本は物理的敗北をした丈ではない。 ・長官お食事の際は軍楽隊が演奏。 残弾が少ないため近距離に引き付け対空攻撃をし、数機を撃墜した。 一方、対空砲火の隙を突いて攻撃した「 カバト」隊に損害はなかった。 大和では命令受領後の4月5日15時に乗組員が甲板に集められ、「本作戦は特攻作戦である」と初めて伝えられた。 雪風艦上では救助切り上げ、ボートの回収を命令した駆逐艦長に対して大和の士官が「まだ生存者が残っている」と救助の継続を訴えたが、日没が近くなり潜水艦の行動が活発化する恐れがあったこと、損傷艦を救援する作業が控えていたことから、そこで打ち切られた。 菊の紋章は残っているが、以前の探査で確認された金箔が2016年の探査では剥離して失われていた。 最期の酒宴も終わり、若い士官は残してきた新婚の妻の身を想い、年老いた(といっても40代とかだが。 著者が初稿を改変した昭和27年、著者自身の心と魂が文字通り米軍と自らに完全に敗北した事を意味している。 事実とデータを提示して,東電や政府を論難することのない早野先生が御用学者呼ばわりされるのも,これのミニチュア版なのかも知れない。 執筆の動機は、・・・・・戦争のもたらしたもっとも生々しい体験 を、ありのままに刻みつけてみることにあった。 戦争は高座じゃないぜ」 これは東京日々新聞の、向井、野田両少尉の百人斬り報道を痛烈に皮肉ったもの 「文藝春秋」昭和13年2月号 新 聞 社 の 実 態 毎日新聞は平成元年 1989 3月に発刊した「昭和史全記録」で、昭和12年の向井、野田両少尉の「百人斬り競争」は新聞記者の捏造記事であったと記述した。 「道徳」と言えばすぐに「反動」と云い、「国の自立や国防」を言えば直ぐに「右翼」のレッテルを貼り、軍国主義・戦争に直結する とヒステリックに大騒ぎする。 の前日だった。 艦橋は、ぐしゃぐしゃにつぶれて、引っくり返った艦首部の先の下敷きになっていた。 いまの日本でも、現実に起こっていることではないのか。 こんなにリズムを持った文章で、壮大な叙事詩が歌いあげられていることに感じ入り、大正12年生まれの人が、歴史に位置づけられてしまった宿命を感じました。 生還した艦も損傷したものが多く中でも涼月は艦首が完全に沈み前進不能で後進で帰還した。 艦橋周囲の手すりには乗員が鈴なりにぶら下がっていた。 『戦艦「大和」永遠なれ! 、訳『戦艦大和の運命 英国人ジャーナリストのみた日本海軍』新潮社、1987年。 P164 「昭和二十年四月初旬、海上特攻隊トシテ沖縄島周辺の敵艦隊ニ対シ壮烈無比ノ突入作戦ヲ決行シ、帝国海軍ノ伝統ト我ガ水上部隊ノ精華ヲ遺憾ナク発揚シ、艦隊司令長官ヲ先頭ニ幾多忠勇ノ士、皇国護持ノ大義ニ殉ズ 報国ノ至誠(しせい)、心肝(しんかん)ヲ貫キ、忠烈万世ニ燦(かがやき)キタリ ヨッテココニソノ殊勲ヲ認メ全軍ニ布告ス」 つまりこういうことである。 ()を題材とした戦記文学である。 この探査ではパイセスIIが把持できる範囲の重量の遺品が海底から収集され回収された。 生き残ったものへは、慰労の休暇が下賜された。 しかし、救助作業の最中は、機銃掃射が単発的にあるだけで、米軍偵察機が常に駆逐艦の上を旋回し、自軍の攻撃を許さなかった。 『軍艦大和』(銀河出版社、1949年8月) - 雑誌『サロン』1949年6月号掲載• 小林昌信『戦艦「大和」檣頭下に死す 世紀の大海戦・巨艦とともに燃えた二十歳の青春』• 大和の生き残りだ。 4月5日、連合艦隊より沖縄海上特攻の命令を受領。 大和は戦争から平和へ、過去から今未来に向けて考え直すキッカケを与えてくれたのだ。 3基の主砲塔は、海底の同一線上に沈んでいる。 長門(手前)と大和(奥)。 みな一斉に蟻の如く逃げ出して、海中へ飛び込む。 突撃戦である。 出航後の帰還はしない。 旧仮名でいいのにね…。 連合艦隊としては、第二艦隊に一億総特攻の魁になってもらいたいのだ」。

Next|Next|Next