アフター コロナ の 働き 方

アフターコロナの働き方と暮らし方 専門家が大胆予測 (1/4):日経doors

アフター コロナ の 働き 方

これまでは、 過去の経験や他社の事例から似たようなものを探して 自社にとって一番いい方法を採用するという方法が多かったと思います。 経費削減が出来ていて、利益が出ているならもう、戻す必要ないですよね。 その割合が今はまだ多い。 2035年問題とはある意味小泉竹中改革、働き方改革の総仕上げ と言えるのかも知れません。 働き改革の内容 働き方改革とは、一言で言いますと、『いろいろな働き方を選択できるように対応するための改革』ということです。 その中のひとつの選択肢として、地方で暮らし、リモートワークで仕事するというスタイルも増えていくはず。 それを目指していく人が増えていくことになるでしょう。 方向転換するうえで、以下掲載の動画はとても参考になると思います。 「朝サーフィンして、そのまま家で仕事」 働き方も当然変わっていくでしょう。 それでも分からなければ、先輩社員や同僚、友達に聞いてみると良いと思います。 アフターコロナはいつから始まるのか?• この止まってきた経済を回復させるときが、アフターコロナのスタートになるのではないでしょうか。 たまにどうしても行かねばならないことがあり出社することもありますが、その時に社員同士が会うと、なんとなく「オフ会」的な雰囲気で、久しぶりに会えた喜びはあったようです。 それらが結果的に、労働人口を増やすことにつながったり、既存社員の長時間労働の解消へとつながることも期待できます。 列挙したものが全て絶対にこうなると断言することはできませんが、可能性が低くないとは言えます。 コロナ不況によって、日本では大リストラ時代がやってくるのは確実でしょう。 コロナ後の働き方 コロナの状況下、働き方についてよく考えるようになったというワーカーは多いはず。 リモートワークの仕組化• 新型コロナウイルスは、オフィスワークを中心とするホワイトカラーサラリーマンにとって、これまでとは違ったワークスタイルへチャレンジする機会を与えてくれました。 もっと踏み込んで言えば、多様なコミュニケーションスキルを持っていて、その能力を実績として形に表現できるビジネスパーソンにスポットが当たるということです。 そこで今回は、実際にもう始まっている アフターコロナの働き方と我々が今すぐにすべき対策をご紹介いたします。 ・仕事のテレワーク化(在宅ワーク化) ・オンライン会議(ZOOMで複数人でミーティング) ・オンラインセミナー(主にZOOMを使用) というのは、 もう当たり前レベルになっています。 設備や環境に拠る部分も小さくないとは思いますが、まだまだ音声のディレイやかすれは気になります。 オフィスに出勤するようにホテルに出勤するプランも 新型コロナにより大きな打撃を受けた観光業からも、テレワーク支援が進んでいる。 小さいことから方向転換を実施していくことが必要になってきます。 ・「住む」、「働く」のみならず、「行政処理」や「遊ぶ」も全て家で出来るようになる。 そうなると 副業で収入を増やす必要が出てきます。 すでに緊急事態宣言は解除され、経済活動が徐々に再開され始めているが、ウイルスとの戦いは続いている。 アフターコロナとは何か?• またカラオケの鉄人では、2020年3月よりソフトドリンク飲み放題つきの30日利用権を「テレワークパスポート」として提供。 会社員なら一度目を通しても損はないでしょう。 ・機能性を求めた服・ファッションの需要が拡大する。 これまで普通に行ってきた取引先やお客様先への営業訪問は、直接顔を合わせることができるという利点があるものの、移動による時間的コストや費用的コストがかかる点については問題視されてきた企業も少なくないはずです。 今やWeb会議がスタンダードとなりつつあります。 しかし、 ネットの普及で対面価値が薄れたでしょうか。 この意味は宣伝という意味合いもあるのですが、建築を web コンテンツにするという表現方法を模索していくべきだと思います。 これまで以上に中身のない表面上のモノやサービス、人間はどんどん淘汰されることになります。 理念に共感してそれに向かって仕事を楽しめる人からすれば、良い環境が増えると思っていいですね。 各々の今の状況にあわせて、今後各個人が適切に方向転換、適応していく必要がありそうです。 建築フリーランスが今後活躍するかも!? 建築の人間が育っていかない状況が生まれてくると、は今後数年の人材に穴が生じてくるということが考えられます。 しかし、一方で、皆が言語化能力を高めなければコミュニケーションロスも起こるでしょうし、結果しか見えない中での評価をどうするかを検討しなくてはなりません。 そして、作業部屋にデスクを設置するなどして、集中できる環境にカスタマイズしましょう。 このため都心から地方へオフィスやヒトが分散するのではとみています。 同僚との仲が良くなる。 女性の活躍がより顕著になるように思います。 高いものではないですが、何の問題もなくビデオ会議が実施できています。 日本の企業はメンバーシップ型雇用の傾向が大きいです。 アフターコロナの働き方 アフターコロナの働き方を考えてみましょう。 なお、今回のショックでリモート環境に本格的に移行できる手ごたえを得た職種もあることは確かだとは思います。 接触機会の減少 ハンズフリー技術の導入や業務フローのデジタル化により、直接手指で触る機会やものを減らす工夫も必要だ。 というのが、老後を暮らしていくだけの収入を得るのが難しくなるので(現段階でも怪しい)、副収入はおのずと必要になります。 テレビ会議(オンライン会議)の活用• 2018年には仮想通貨バブルが崩壊しましたが、 世界的な金融危機ではなかったのでいつ次の暴落が来るのか?と思って備えていましたが、 まさかコロナがきっかけで大暴落が起こることは予想外でした。 今回は、コロナによって変化した働き方、 そしてこれから変化する働き方についてお話ししていきたいと思います。 今を生き抜くことに精一杯になってるか、家で何も考えずにNetflixやYouTubeを観ている人ばかりだと思います。 まさに、企業も個人もインターネット通信が人と人をつないでいると言っても過言ではありません。 「1000万円貯めたらやりたい事業があるから貯める」 「家を買う頭金を貯めている」 「株式相場が暴落したときように現金を貯めてる」 とかなら目的があって良いんですが盲目的に貯金していても、特に増えるわけでもないのでちょっともったいないです。 学校の授業もデジタル化する。 マナー的にもNG。 こういう業態だからできることかもしれませんが、世界中どこにいても仕事ができるようにということでリモートワークを推奨していたのです。 家族が同居しているなら特に• アフターコロナはいつから? アフターコロナの時期について明確な定義は難しいかもしれません。 中には、仕事することに必須なインターネット環境がないなどもあり、対応に追われた企業が多かった印象です。 結論 以上をまとめると、アフターコロナ時代では以下の4つを意識しておく必要があると言えるでしょう。 もちろん工事請負契約に関してそうです。 アフターコロナと営業 新型コロナウイルスの感染が広がる中、 世界各国でリモートワークやテレワークを実施する企業が増え 注目されることになりました。 アフターコロナの働く環境に必要なこととは 新型コロナウイルス感染症の影響が今後どの程度続くのか、収束のタイミングは予測が難しい。 もちろんこれを言語化して逐次伝えることはできますが現実的ではないでしょう。 「座席配置の見直し」や「一方通行の動線整備」、「共有スペースの分散」など、働くスペースや人の流れを考慮した工夫が必要だ。 私はコロナショック以前からそうしたスタンスであったため、実は働き方に関してはさほど摩擦なく移行できました。 働き方についても今までとは反対のことが進んでいってもまったく不思議ではありません。 アフターコロナの働き方改革のポイントは「前提を変える」こと 今日のポイントはここです。 また、新型コロナウイルスの影響は、程度の増減を繰り返しながらしばらく続くと予測されている。 これは日本人以外でもそうだと考えていますが、日本より海外の方がテレカン文化があるのは確かだとは思いますので、これは国や地域差はあるのかもしれません。 実際に「コロナの影響で会社が副業をオッケーにしてくれた」という話も友人からちらほら聞きました。 医療・介護・健康・ヘルスケア• マーケティングも日々の業務も更にインターネットが活用されていく社会へと変化していくことでしょう。 しかし、全般的な傾向としては、(統計はありませんが)私のクライアントや周囲の人、SNSでの声などを聞いていると、「まったく問題ない」「快適」「もう戻れない」というような声が大半で、当初の不安は杞憂であったようです。 いくら優秀であっても、ネットワーク環境が整っていないから彼を雇えないという事象が発生する時代になるのです。 出社する従業員の人数に合わせ、快適に運営できるオフィスへの転換がなされれば、オフィス費用の削減にも繋がり、新たな環境整備や事業戦略に資金を集約できるというメリットも得られるだろう。 住 短期的視点 ・家で働くことが当たり前、スタンダードの時代になる。 ビジネスであれば、今後テレワーク化は必ず来るというシナリオを想定していたので、 2014年頃にはオフィスでの会社スタイルも辞めて社員、スタッフもリモートワーク化にして、 2018年には民泊事業からも全て撤退、経営していたボルダリングジム店舗も売却してマレーシアに移住して、 仕事は全て場所も自由で、オンラインのみでも全て完結するようにしました。 将来に備えて貯金するというのもアリなんですが、貯金のうち3割ぐらいは経験に対してお金を使うのが良いと思っています。 特に飲食・観光・エンターテインメントなどの業界のダメージは計り知れません。 ここではアフターコロナを見据えたオフィス環境について掘り下げていく。 1999年に提供を開始し、これまでに850社5200ライセンス以上が使われている。 会社側も少ない収入で社員を縛り付けるよりは、副業をしてもらって収入を増やしてくれたほうが収入面での不満が出にくくなるので推奨するはずです。 これがコロナの影響をもろに受けた会社が置かれている状況です。 考えられる未来を考えて対策を打った会社が、アフターコロナに強い会社になるのではないでしょうか。 そうなると、 建築フリーランスとして活躍する人も増えてくるかもしれません。 長期的視点 ・もはやデジタル・ITリテラシーは当たり前の時代になる。 そんな中、大きな動きを見せそうなのが「オフィス」のあり方の変化です。 ノートPCだと画面が小さいという方は、追加ディスプレイを購入すると良いと思います。 それを明確にし、それを実現るための目標をたて、そこから実践すべき行動をきめていく。 個人事務所を営む建築士は仕事を複数持ってゆくことが当たり前になる! これからしばらくこのような期間を経て、「 建築業界はどうなっていくのか」「 また私のような個人で設計事務所をやっている建築士はどうなっていくのか」同じ立場の人やこれから独立してがんばりたいという考えをもっている建築学生や設計者の人たちもそう思っていることでしょう。 リモートワークすることで• だって、売上が大きく落ちているんですから、従業員を雇い続けるなんて不可能です。 まとめ 今回は、コロナウイルスの対策という観点から、企業の働き方改革について言及いたしました。 長期的視点 ・オフィス街が工場地帯化することにより、現在オフィス街と住宅街を人を輸送するために存在している鉄道が、将来的に工場から住宅街へモノを輸送することをメインとした鉄道になる。 会社も外注や契約社員、フリーランスなどに頼む機会も増えそうなので1人が2つの会社かけもちが当たり前になるかもしれません。 メンバーシップ型雇用は年功序列や終身雇用と相性が良く、 その企業に見合った人材を育成していくという特徴があります。 この経験が個人としての経験値を増やすことにもつながり、人としての深みや話題をもつことができるはずです。 全社定例会議などもZoomで十分でした。 経費削減につながった施策はアフターコロナでも残り続ける 会社に集い仕事をするサラリーマンはコロナウイルスの影響で、• デジタル・ITリテラシー必須の時代になります。 Web会議システムを利用した掲示板。 ビデオ会議や電話会議では、もっと情報漏洩するので絶対にNGです。 その時期をどう頭で考え実行するかで未来がひらけてくるはずです。 逆にコロナ前に行ってきた悪い慣習はアフターコロナを機に是正しましょう わざわざ長く無駄な会議を行うような環境に戻す必要はありません。 アフターコロナで製造業での働き方やビジネスが変わるなか、企業のDX推進を支援していきたい。 現時点ではそれを言い難い世の中ですが、薄々気づいている人も多いはずです。 「答えを創る」ということは新しい発想で これまでにない思考で、 「どう在りたいのか?」を考えて行動して実現していくことです。 現在は外出自粛で活動を制限され、自宅での勤務を余儀なくされていると感じている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、数年後、いつかコロナウイルスが収束した際には『あの時コロナウイルス対策でリモートワーク取り入れたよね!取り入れてよかったよ!』と言えているかもしれません。 以前はテレワークには自己完結できる仕事が向くなどの論議があった。 撮影:三ツ村崇志 まだ慣れていないということや、インフラやルール制定などの準備にコストがかかったことから、生産性は一時的に下がることはあるようです。 つまり、 その人の実力が可視化されるということです。 減った長く無駄な会議• 高い家賃、高い人件費が削減できるなら、迷わず実施しますよね。 当然、蚊帳の外となった営業職の人は閑職に追いやられたり 給料の低下という厳しい状況に追い込まれるのかも知れません。 コロナ前のような景気が戻っていないことをベースに、アフターコロナの経済を考えておいたほうがよさそうです。 さらにBCPの観点から言うと、事業継続と復旧のスピードが圧倒的に早くなる。 あげていけばきりがないくらい今は個人のニーズはどんどん多様化しているのです。 ・オフィス街の地価・賃料下落、住みやすい住宅地の地価・賃料が上昇する。 一つ目はコロナウィルス感染による個人の意識、考え方の変化から。 AI技術を加速度的に増やすことで人件費が抑えられ 安価な製品が出来ることになりますが 確実に中間層と言われる人々の給与は下がり失業も増え 貧富の格差を助長することになるのではないでしょうか。 時代が進むにつれて、革新的なシステムやツールで実現可能なことが多くなると、こうしたコミュニケーション能力が高い人材があらゆる仕事で求められていくことになるのです。 ところが、各メディアで報道されている通り、コロナウイルスの感染防止対策における通勤混雑の回避や、休校による子どもの対応、外出自粛要請などを契機として、テレワーク・在宅勤務が一気に広がりだしています。 しかし生産ラインでどういった治具や工具、自動機が必要となり、それらをどうレイアウトすれば良いかといった工程設計はデジタルで、3Dデータを活用して行うことができる。 テレワークの推進 アフターコロナにおいても、人と人との接触機会の減少が求められる状況は続くだろう。 そんな中、従来であれば外で働く場=コワーキングスペースなどが一般的でしたが、様々な場所が、「働く場所」として声を上げています。 VPS ManufacturingとVPS GP4の2つのツールで治具・工具作成などを除く、生産技術部門の生産準備業務の多くをカバーでき、汎用的なノートパソコンのスペックで動かすこともでき、今のところ反応は上々。 筆者コメント どうだったでしょうか。 各企業・事業者とも強烈なマイナス決算になることが予想されていますので、固定費は出来るだけ削減したいと考えるのは経営者なら当たり前。 ・wi-fi、防音室、IoTなどを備えた働きやすい家や部屋の需要が増加する。 あとこういったサイト運営のスキルはちゃんと身につければ他の会社や業種でも使えるスキルになります。 急激にすべての仕事がテレワークに移行するということは難しいでしょうが、テレワーク化できないかという発想で従来の業務を見直し、変化させていくことは必須の対応でしょう。 アフターコロナ時代はどうなる? 上記の記事を参考に、アフターコロナの世の中を想像力豊かに考察してみました。 それは即ち、 オンライン対応は次善策になっても完全な代替策にはならないということの証左かと思います。 なにより筆者もそうした仕事です。 もともとその兆しはあったのでタイミングが早くなったという認識です。 「通勤がなくなるから楽になるじゃん!」 って最初は思うのですが、その生活が続いていくと、次第に「単調な生活への飽き」が訪れます。 というのがお金って貯金してても価値を発揮しないんですよね。 ーー反応はいかがですか? おかげさまで、想像以上のお客様から使ってみたいという申請をいただいた。 テレワーク と建築設計者 これまでオフィスであたりまえに仕事を行ってきた私たちは テレワークを余儀なくされました。 わかるのは、仕事の結果だけです。 家族が同居しているなら特に• 働き方4:コミュニケーターに仕事が一極集中する コミュニケーターがシステムやツールを束ねる働き方へ コミュニケーションスキルに長けたビジネスパーソンによりスポットが当たっていくでしょう。 旅行の思い出や本当においしい料理を食べたこと、ちょっと奮発して買ったプレゼントのこと、など良い経験は自分の中で残っていきます。 複業を持ち 自分の得意なことや好きなこと、どう生きたいかを軸にする人が増え 正社員、パート、派遣、などの雇用形態によらない働き方がスタンダードになる です。 お金になるとかではなく生活をちょっと楽しくするコツみたいなものですね。 自分たちに合った働き方、模索してみませんか? 最後までお読みいただきありがとうございました。 ただ、これらの問題点を乗り越えれば、「休まず遅れず働かず」で雰囲気だけは仕事をしているが、実際には何の成果も出していない人や、評判が高いだけで中身がない人を炙り出すことにもなります。 緊急事態宣言が発令され、人との接触が制限され、長引く自粛生活。 社員を雇ったり設備投資をガンガンかけて10年かけて作った売上や利益が、ものの半年や1年で全部吹き飛ぶとかきつすぎますよね。 成果を出さず「評判だけ高い人」を炙り出すことに このように、オンライン化、リモートワーク化は、移動の負荷の軽減や、集中して仕事ができるなどメリットも多いために「アフターコロナ」でも継続は必至でしょう。 そして 高校ではZoomを使った授業が模索されていますが、 リモートワークが進むのであれば プログラマーやデザイナー、ライター、音楽配信といった リモートワークを利用することが可能な業界(業種)が特に伸びることでしょう。 会社員の本業があるならまずは 月5~10万円を目指すと良い気がします。 家族とすごす時間が長くとれていることで何らかの発見があれば、それはメリットにもなる」とありました。 どうも。 可能性の話ではありますが、アフターコロナでは、もとの社会や生活、働き方に戻るというよりも、いろいろな働き方に柔軟に対応できる企業が増え、インターネット上で人と人とがつながる社会に変化しているのではないでしょうか。 そういう人材が企業と共同しながらプロジェクトを進めていくモデルがこれから多く生まれてくるのではないでしょうか。 終わらない明確な目的を持ち、目標、実践行動に落とし込んでいく考え方、思考力がこれからの時代に必要なのです。 出社も含む、不要不急の外出を避けながら、どのように生産性を維持していくのか。 5.まとめ まだまだかゆいところに手が渡りきらないテレワーク環境整備かもしれませんが、アフターコロナに向けて、今から準備を始めていくことが大事です。 アフターコロナ時代においても、その流れは加速していくだろう。 最近では、週休3日制やジョブ型雇用にも注目が集まっています。 働いていない理由は「出産・育児のため」(30. 在宅勤務が当たり前• フレックス制度、テレワーク リモートワーク。 あらゆるアウトプットには言葉が付いて回ってくるからです。 何でそんなことが言えるの? って思いましたか? その理由といたしましては二つの視点で考えています。 テレワークについては個人的に興味津々だったので、実際に経験できて良かったです。 変化したのはもちろん企業や店舗のみならず個人もまた同じで、外出自粛によって、自宅でSNS上でコラボライブを行ったり、『ZOOM飲み会』という遠隔での飲み会等が流行ったりしているようです。 これからホワイトカラーにとっては、本気の頭脳戦が始まると言えます。 営業費 などのコストを下げることが可能となります。 「じゃあいくらぐらい稼いだらいいの?」 となると思いますが、これは置かれている生活の状況によりけりです。 このように、実際に業務を回していくということにおいては、特定の業種や仕事を除けば大きな問題はなさそうです。 あなたが経営者だとしたら、情報漏洩している社員を雇いたいと思うでしょうか? 思わないですよね。 リモート化の波は企業だけでなく学会にも広がりつつある。 営業のような仕事も、現場中心の対面型からだいぶ変化している。 お部屋探し・家購入時には、在宅勤務を念頭に判断すること。 昨今、防犯用のIPカメラや無料のWiFiアクセスポイントの需要が増えているが、「機器を取り付けたい場所に電源がない」「機器とカメラが100m以上離れている」「屋外設置は耐久性が心配」といったユーザーの声が増えている。 都心から地方へオフイスやヒトが分散する 首都圏や大阪、福岡など大きな都心部では自粛要請を受けて在宅ワークに切り替えた人も多いでしょう。 もくじ• あくまで私の推測ですが、同僚と仲良くしようと思っている日本人の比率は少ないのではないかと思います。 会社としては「答えを探すのではなく、答えを創る」という意識をもってこれまでの「答えがある」という前提をすてて広い視点で「会社としてどう在りたいのか」を考えて行動していくことがその対策として有効です。 個人向け、法人向けにサービスを提供しています。 そして、止むを得ずこれらの施策を実施した事で、売上が大きく落ちた会社はたくさんあると思います。 「会社としてどうありたいのか」というのは会社としての終わりのない目的です。 在宅勤務により 女性の働きやすさが向上する。 これらの良い変化は今後の働き方にも残しておくことが大切です。 例えば、生産に使う治具・工具の作成などリアルな現物を使わなければいけない業務は必ずアナログで残る。 アフターコロナの時期は新型コロナウィルスに対する薬の流通が前提になるはずです。 オフィスを小規模なものに変えられるため家賃が下がり、オフィスにかかる固定費がグッと削減できます。 当社でもリモートワーカーにいちいち「今何してる?」とか聞きませんし、詳細な日報とか、管理や評価をするためにしか使わないようなことはさせていません。 外部取締役のように、価値の高いサラリーマンは、数社に跨って勤務しながら役割を果たしていくことも起こってくるでしょう。 食 短期的視点 ・宅配・出前の需要が拡大する。 必要に迫られてあわててするということのないように準備すること、想定しておくことの重要性、メリットがお分かりいただけるかと思います。 職と住を建築空間としてどう提案していくかという提案はこれからの住宅提案としては大事なポイントになってくるでしょうね。 その結果、オフィスワークから在宅勤務を中心としたテレワークへの転換が一気に進み、従業員たちの働く場所が変化した。 そうなると週一出社なんかもあたりまえになってくるでしょう。 アフターコロナの世界で、働き方や生活はどう変わるのだろうか(写真はイメージです)。 緊急事態宣言後も引き続きテレワークやフレックスを継続させていこうという企業も多いことと思います。 というのが経験したことってなかなか人は忘れないんですよね。 ワーケーション(Workation)は、「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、「リゾート地や地方等の普段の職場とは異なる場所で働きながら休暇取得等を行う仕組み」です。 結果が全てな仕事であれば影響は少ないでしょうが、縁の下の力持ち的な仕事をしているような内気でアピール下手な人にとっては、なかなか厳しい時代になりそうです。 これまで中国は世界の工場として サプライチェーンの一翼を担って来たものの 今回の新型コロナウイルスの拡がりでの 中国の対応や中国からの供給が止まったことと考えると 企業としては中国リスクを考え、サプライチェーンの見直しを せざるを得なくなるのではないでしょうか。 今の日本にアフターコロナ時代のことを考えている人がどれほどいるでしょうか。 とはいえ 価格を上げるということはなかなか難しい中、 これまで中国で安く仕上げてきた製品を アメリカ本土でも安く製品化するのは至難の業かも知れません。 高いオフィス賃料と交通費を会社の将来に備えた事業投資にあてるか、社員の在宅勤務手当や給料にあてるべきでしょう。 一部のアナログ業務は残るが、多くをデジタル業務に置き換えることはできる。 これにより、取引先までの移動時間や交通費が減り、双方にとって効率的な会議の開催が可能になった。 統計・指標・重要イベント• 個人でも、法人でもです。 友達やご家族にも是非教えてあげてください。 コロナ禍において急速に進んだことのひとつが、リモートワークの普及でしょう。 アフターコロナにおける企業運営のポイント アフターコロナにおいて、オフィス環境というハード面は大きく変化することが見込まれる。 活字だけで意思疎通しづらい時の対応に時間がかかる• 自宅のIT環境の整備 最低限必要に準備しておきたいのは、以下の三つです。 例えば、社内の固定電話に複数の遠隔拠点からアクセス可能となる、クラウドPBX(Private Branch eXchange)の導入や、従業員の勤怠管理システムなど、自社に合ったクラウドサービスの活用を検討したい。 例えば、出産・育児などを理由に退職していた女性が仕事を続けやすくなるのではないか。

Next|Next|Next