弓 アイス ボーン

【MHWアイスボーン】弓の使い方と立ち回り【モンハンワールド】|ゲームエイト

弓 アイス ボーン

作成難度も高くなく、レア10のためカスタム強化も7枠あり。 武器に関しては自由ではあるものの、お手軽に生産可能な「飛雷弓イテカガチ」がおすすめです。 弓溜め段階解放• 最初は「」など行動が遅いモンスターをターゲットにすると良いでしょう。 体術4• 属性特化弓だと不屈の恩恵は少ないですが、 攻撃力特化の爆破弓なら不屈の攻撃力アップの効果が高いです。 棘を壊せば弱体化しますが、部位破壊するまでがキツい。 竜の一矢を使った抜刀弓運用や、TAではスタンを取るために曲射を織り交ぜて戦うこともある。 これまで一般的だった シルバーソル装備に匹敵する火力を出すことできます。 後述の属性関係のスキルとも相性が良く、高い属性値を活かした戦いが可能。 覚醒能力は属性強化に特化させ、火力を底上げしましょう。 強撃ビンが無くなった後は火力が落ちてしまうので、攻撃力が1. スタミナ管理+弱点を狙うエイム力があれば、誰が使っても強いのが弓だと思います。 曲射ループ終了のお知らせ アイスボーンから、スタン中のモンスターに攻撃を当ててもスタン値が溜まらない仕様になりました。 マルチよりソロで狩るのが好きなので、モンハンワールドでは弓をメインに使っていました。 現状ラスボスまで倒しましたが、無印モンハンワールドのよりかなり立ち回りに気を使う必要がありました。 弱点特効3• ラスボスクリア後おすすめ装備 部位 防具名 装飾品 武器 各属性武器 - 頭• 咆哮がうるさい。 スタミナ急速回復2• 不動や転身で無理矢理傷をつけるしかない。 「」をつけて溜め段階の高い矢を打つことで、火力が大幅に上がるので、装飾品の「」を持っているなら最優先で付けたいスキルです。 防具の構成ですが、でも言った重要スキルを取りつつの構成になってまして、レア度の高い防具なので防御力も高く安定性がありいい感じ。 無印のモンハンワールドでは、テオ・ナナがキツかったくらいで、どのモンスターも弓で対応できました。 覚醒能力はすべて属性強化にして火力を上げて、「真・会心撃」の発動時のダメージを上げています。 シリーズスキルをセットする構成も可能ですが、武器自体の属性値が大きく下がってしまうので注意が必要です。 こちらが爆破弓。 この溜め段階をいかに維持しつつ攻撃するかが最も重要な要素となる。 体力増強3+体術5の火属性シルバーソル装備は下の記事で紹介しています。 ディノバルド 攻撃範囲の広さがかなり厄介。 2回クラッチしないとキズはつきませんが、狙える機会がかなり多いので問題なし。 体術4• マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 装飾品 武器 - 頭 胴• 渾身1• マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 頭• トレーニングエリアでのダメージ比較 シルソル装備が剛射の会心時のダメージが1ヒット 71ダメージ。 見切り7• こちらの記事もおすすめ! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ シルバーソル真・会心撃弓装備 シルソル4部位+足をガルルガにして見切りを上げることで、真・会心撃【属性】と超会心の効果を高めた装備です。 基本的にはソロで汎用的に使いたい時に使う武器だといえます。 属性特化弓とのダメージ比較 こちらは火属性の覚醒弓。 「曲射=弱い」というイメージがありますが、強打の装衣とコンビを組めばまだまだイケますよ。 力の解放以外にも見切りで常時会心率を上げたり、逆上で攻撃力を上昇させるのも有効です。 耳栓5による攻撃チャンスの増加や、咆哮からの確定被弾による事故の回避。 水属性攻撃強化6• ある程度自分で正確なエイムができて、変に照準を引っ張られるのが嫌だという方はOFFにするのも一つの手です。 火力面は勿論のこと、体力増強やスタミナ急速回復などの便利スキルを併用しているので耐久面においても不安要素がありません。 決して友達がいないわけではない…。 特殊射撃強化Lv2、竜の一矢強化、無属性強化といった一矢装備の火力必須スキルはもちろん。 渾身1• ひるみ軽減1• ひるみ軽減1• かなり接近する必要があり、接撃ビンを装備してからは立ち回りが大きく変わる。 会心撃【属性】との相性が良い。 龍属性弓は多いですが、属性値が低いものがほとんどなので、この弓が現状おすすめできる弓です。 覚醒武器採用のテンプレ装備 シルバーソル装備テンプレ 部位 防具名 装飾品 武器 各属性弓• また、ファーンライクの長所を活かした属性ダメージに寄せることで、炎を纏っていない際に頭以外に当たってもそれなりのダメージが稼げるようになっています。 爆破属性は120と低めなので、物理攻撃力がメインのダメージ源です。 見切り6• 関連:• 咆哮がうるさい。 相性が悪いモンスターが増えた 弓にとって「デカくて速い」モンスターは天敵になります。 ・ゼノ・ジーヴァ 一矢を撃つチャンスが多く、ひたすら一矢の回転率を上げることで早期決着を望める。 弓溜め段階解放• おすすめ・最強装備• 体術に重きを置いており、扱いやすさに長けているものの、体力増強など生存スキルを装飾品で補うのが必須です。 火力と生存面にはスキルを振り分けていませんが、2点を凌駕する汎用性を有しています。 チャージステップには、 ステップ後に視点変更をしない場合、同じ位置に射てる機能があり、モンスターのダウン中などで狙いが動かない時に活用できます。 どうも、わらしかです。 アイスボーンからは「」のシリーズスキル「真・会心撃【属性】」でより属性攻撃の威力を上げることができます。 弓の立ち回りと使い方 システムのカメラ設定をカスタマイズする 弓を使いこなすためには、カメラの設定変更が重要です。 上位防具だったとはいえ、初見で3乙かましました。 体力増強3• 納刀術3• 10更新。 高い汎用性を誇る弓装備で武器とスロットに自由枠を確保している分、 自身の所持している弓に合わせた構成に組み上げられます。 納刀術3• 35倍にする 接撃ビン ・攻撃力を1. 護石を切り替えれば剣士での運用も可能で、弓以外の武器を使いたい場合にも流用できる点が魅力です。 弱点特効3• 新モンスター攻略• 2スロットと1スロットの空きが1つずつあるのが何かと便利。 チャージステップのオート機能を使う 弓はチャージステップ後に上手く狙いに当てれるかで、大きくダメージが変わってきます。 【以下クイックショットの補足】 クイックショット 以下QS による射撃時にはスタミナを消費しない性質があり、QSによる攻撃をしながら回復したスタミナを使う事で、スタミナがほぼ空の状態からでも高いDPSを出すことができるコンボ。 設定が自分に合っていないと感じたら、その都度設定を微調整するのがおすすめです。 モンスター情報• 関連スキルが超強力で弱体化部分を補う! アイスボーンからは属性攻撃強化の上限が6になった。 射程距離は短いが強力な攻撃だ。 弱点特効3• 破壊王で部位破壊をしやすくし、属性強化で火力を上げています。 最高火力で攻めながら、回避まで同時に行える最強の技。 「スタミナ急速回復」や「納刀術」など、弓と相性のいい便利スキルも搭載しているので、安定して戦う事ができます。 咆哮がうるさい。 体力増強3• 不屈1• チャージステップが弱体化しない限り、僕は弓を使い続ける。 マスター武器の火力モリモリ状態で頭を狙えばクシャルダオラ並にダウンしてくれそう。 弓溜め段階解放• それほどレアな素材を要求されずに作成できます。 腰 脚• 弓が強すぎ&面白すぎて、ず〜っと弓ばかり使っていた男です。 氷属性攻撃強化6• 「体術」や「スタミナ急速回復」「回避性能」で立ち回りが快適です。 しかし、スリンガー弾に依存するうえに、隙が大きく射程も短く、外した時のデメリットが大きいので無理に狙わなくていい。 強撃ビンが使用できないのがネックですが、高い属性値と空きスロットが魅力。 でも、アイスボーンから追加されたモンスターは一筋縄ではいかない。 生産難易度はディノアローの方がやや高いです。 チャージステップが弱体化したら流石に考えます。 やはりアイスボーンでも立ち回り最強武器は弓で間違いないと確信。 逆恨み4は龍脈覚醒の自傷ダメージと相性が良いので発動させています。 弓のおすすめスキル一覧 攻撃系のスキル スキル おすすめポイント おすすめ度 コンボが変化するなど、大幅に火力がアップするので必須レベル。 護石と属性珠を変えると全属性に対応可能です。 スタミナ急速回復2• 体術スキルは必須中の必須であり、最低でも体術Lv3は必ず発動させたい。 体術4• 弱点特効3• カガチ弓のコンセプトをそのままに各項目を純粋に強化した装備になっており、扱いやすさにおいて高い性能を発揮します。 水or氷珠【1】 胴• ダウン中などのチャンスの時に曲射を頭に当てることでモンスターのスタンを狙います。 水属性 ラグーナシュート 攻撃力288、水属性330。 体術4• 腰 脚• 弱点特効スキルが弱体化され、弓の火力全体も下がってしまいましたが、 クラッチクローで傷をつければ弱体化する前と同じくらいの火力を出すことができます。 龍紋カーナ装備テンプレ 部位 防具名 装飾品 武器 各属性弓• 1倍になるため、弓は属性値を上げて、溜め4をCSで維持して戦うのが強力な立ち回りとなっている。 結局チャージステップが強すぎる 弱体化したのは火力に関することだけなので、立ち回りは変わらず。 カーナ2部位の会心撃弓装備 イヴェルカーナ防具を2部位使用し、会心撃【属性】を発動させつつ、見切りを限界まで高めています。 しかし、 溜め4の剛射であれば属性値が1. 1倍になる溜め4剛射を交えた攻撃は超強力で、弓を支える最重要攻撃となっている。 スタミナ急速回復2• 納刀Lv3、集中Lv3で最大火力一矢の回転率UPに、耳栓Lv5による攻撃チャンスの増加 これら全てが、ただひたすら一矢を撃つためだけに組まれた装備です。 接撃ビンは装備したほうがいい? よく「接撃ビンは装備したほうがいい?」という質問が見られるが、接撃ビンは 絶対に装備したほうがいい。 マスターランクで弓を使い続けるのはキツいかも…?と覚悟して挑みましたが、 実際に使ってみた結果…… 全然強くてワロタ。 会心撃【属性】 弓の装備は属性に特化させることが多いため、属性攻撃の威力を大幅にあげる「」は必須レベルのスキルです。 納刀術3• とことん火力を下げる調整で、絶望しましたね。 属性特化装備では必須レベル。 導きの地は色々なモンスターが出現することもあり、導きの地での運用なら爆破弓はおすすめです。 ティガレックス 突進が強くなりすぎててワロタ。 体術 「」によってCS チャージステップ の消費スタミナを軽減させます。 弓を使う人は基本的にソロ狩りがメインだと思うので大丈夫だと思いますが…。 1 シリーズ 攻略班 「皇金の弓」を使った属性特化のおすすめ装備です。 照準の距離判定を調整し、より厳密にクリティカル距離を表示するようになります。 この仕様変更により、 スタンハメはほぼ不可能に。 カーナ2部位が1ヒット 62ダメージとなっています。 武器スキルの会心撃【属性】と赤龍の封印を両立でき、覚醒武器を超える火力を叩き出します。 不屈1• 新技クラッチクローが強い アイスボーンから追加されたクラッチアロー。 攻撃時にダメージを受けるので体力管理をしっかりして使いましょう。 弓の特徴と立ち回り 弓の立ち回りまとめ 弓は十分に溜めた通常射撃と剛射、クイックショットをメインに据え、溜め段階をチャージステップ CS と呼ばれる回避で維持しながら戦っていく。 必須スキルとしては「見切り」「属性強化」「不屈」「スタミナ急速回復」くらいでしょうか。 ストーリー進行• これはさすがにぶっ壊れすぎたので仕方ないですね…。 属性値が高い! アイスボーンで作れるようになった武器はどれも属性値が高く、弱体化された部分を難なく補っている。 装備情報• 見切り7• 納刀術3• マップ情報• クラッチクロー2回で傷がつく 弓はクラッチクロー2回で傷をつけれられる。 クエスト情報• 2020. そもそもMHWから追加されたチャージステップが強すぎる。 アクションごとの適正距離を把握しよう 弓はアクションごとに適正距離が異なるため、各アクションの適正距離を把握しましょう。 マルチだと誰かしらが傷をつけてくれるのでそれほど気にならないが、ソロだと自ら2回張り付かなければならないのでかなり面倒。 イベント情報• 照準でモンスターを追うのではなく、 モンスターをカメラで捉えてから照準で狙いを定めるようにするのが重要です。 いくつかの設定を試して、自分にあった設定を見つけましょう。 アイスボーンの弓は強い?弱い? 弓は相変わらず強い! 弱体化はそれほど影響がない アイスボーンではほぼ全てのモーション値や剛射4の属性補正が減るなど、多くの弱体が施された弓だが、そんな弱体化を物ともせず かなりの強武器として活躍している。 またシルソルと違い、体術5・体力増強3・精霊の加護3も発動しているので生存能力も高くなっています。 その他の装備情報• チャージステップで溜め段階を維持 溜め4剛射を維持するためにはCSの力が必要。 不屈1• 1倍 レベル2 散弾、剛射の威力が1. レベル4も含めて空きスロットが多く自由なカスタマイズが可能なので、体術やスタミナ急速回復、生存スキルをセットしましょう。 ひるみ軽減1• 行動が遅いモンスターを狩る トレーニングエリアで練習後は実際にモンスターを狩りましょう。 トレーニングエリアで感覚を掴む エイムの練習は、まずトレーニングエリアで樽や柱などの動かない的に対して、的確にヒットさせる練習をしましょう。 CSを維持して攻撃する MHW時代と同じく、アイスボーンでもCSを維持して戦うことが重要。 「チャージステップ」を使って弓を射つことで、普段は連続して使えない溜め3 4 の攻撃を連続して射てるので、コンボとして非常に優秀です。 ちなみに、同じく新技の 「竜の千々矢」がありますが… これどこで使うの? 火力が高いのは分かるけど、撃った後の硬直が長すぎる。 全てのモンスターにすると小型モンスターにターゲットを取られてしまうことがあるため注意しましょう。 汎用装備という事で体術5を採用しています。 全て会心時の場合、剛射1回で 54ダメージの差が出ます。 2種のシリーズスキルにより属性値の強化と会心時に属性ダメージ上昇の効果を得ています。 特にネルギガンテは爆破弓と相性のいいモンスターです。 HOT• 弱点特効3• 渾身1• シリーズスキルをセットする構成も可能ですが、武器自体の属性値が大きく下がってしまうので注意が必要です。 モンハンワールドではタイムアタック常連の最強武器でしたが、アイスボーンでは弓が弱体化してしまいました。 というわけで、ラスボスを倒すまで弓を使い続けた感想。 照準がモンスターに合っている間は照準速度がゆっくりになり、ターゲットを狙いやすくなります。 不屈1• 特に、ガンナーは弱点へのヒットによってダメージが大きく変わってくるため、弱点を的確に狙うエイム力が求められます。 TA勢のような火力特化装備というより、安定感を求めつつ火力も出せるような構成となっていますので、「導きの地」を弓で攻略したいという方は是非参考にしてみてください。 ただ、シリーズの追加で体術やスタミナ急速回復を発動させつつ属性加速も同時に発動できるようになったので、スタミナ問題はだいぶ解消された。 大幅に火力をあげることができるので、弱点を狙いにくい相手以外には最優先でつけていきましょう。 会心率が低いと効果が薄い。 また、スタミナ急速回復がないため、テオの頭ダウン時等にはクイックショット始動のコンボ射撃が重要になってくる。 以下の記事に弓のおすすめ設定を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。 CSを連続でできる回数が増え、継続して最大溜めの矢を打ち続けることで火力UPを狙えます。 個人的には不屈イチオシで、狩りがすごく安定して快適になるのでおすすめです。 スキル面においても弓の便利スキルを最低限発動させているため、 高い扱いやすさを誇る性能になっています。 強走薬不要で快適ながらも、火力が出せるのでおすすめです。 スキル情報• 「早気+達人珠」「痛撃+体力珠」があればベスト 上記のような防具をベースに、護石と装飾品を調節していく感じですね。 火属性はどちらがおすすめか考察した記事があるので参考にしてみて下さい。 現状の弓装備で最も火力の出る装備なので、是非使いこなせるようになりたいですね。 弓使いは1人で黙々とモンスターを狩る孤高のハンター。 1 胴 1 腕 腰• 体術4• スタミナ関係のスキルに加え、各属性攻撃強化6、属性加速、会心撃【属性】、会心率を上げるスキルなどが必須となる。 しっかり弱点を狙えばそこそこ大ダウンしてくれるのが救い。 ほぼ真正面からでないと腕が邪魔で頭が狙いにくい。

Next|Next|Next