アウトバック 評価

スバル・レガシィ アウトバック

アウトバック 評価

レガシィ アウトバック・リミテッドの安全性能 レガシィーアウトバックには死角を減らすことでドライバーを支援する「アドバンスドセーフティーパッケージ」を標準装備しています。 周りからもかなり評判よいです。 アイサイト・クルコンは言うまでもありません。 短所:走行時の車内騒音は若干大きめ。 天候の悪いとき、逆光など、アイサイトが機能しなくなる場面もありますので、くれぐれも過信しないようにしましょう。 subaru. ・フルタイムADW、車重、大きさを考えるといいほうかもしれないです。 こちらでは2016年の新型レガシィ・アウトバックの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。 インテリアと外観は高級車そのもの、装備も充実しておりドライバーの安全を守るアイサイトVer3や走破性を向上させるXモードまで搭載されています。 エクステリア ・大きく迫力があるフロントマスクにSUV感があるフォグランプ。 デザインもしっかりしていてかっこよく、落ち着いたシックな色 我が家はブルーです で気に入っています。 信頼性のあるADASによる安全性の高さと快適性。 アイサイトは若干神経質なところもありますが、クセを把握できたら特に高速道路ではすごく楽。 ・アメリカンサイズだけあってシートが大きくゆったりと座れますが逆に大きすぎて最適なポジションがなかなか決まらないのが残念です。 という点で私は評価しています」 2015年式BS9 ベースグレード「北米市場向けで車体が大きいですが、すぐに慣れます」 ニックネーム:サントマト 年式グレード:2015年 BS9 ベースグレード 性別:男性(40代) 居住地域:福岡県 排気量:2500cc トランスミッション:CVT 平均燃費:9. それだけでなく、すべての項目で4点超えという高い評価だ。 乗り出し価格|4,264,660円 最上級グレードのリミテッドで、おすすめオプションを付けた乗り出し価格ですね。 ユーザー側としては歓迎でしょう。 大柄で大人っぽく落ち着いてる感じで風格もありカッコイイです。 短所:内輪差が大きいため、車庫入れよりも車庫出し時に隣に長い車がいると困難。 シートベルトやドアの開きが不十分な場合はサインでお知らせしてくれます。 AWDの力強さを惜しみなく発揮できます。 走行性能が高く、低燃費の工夫もたくさん詰まったレガシィーアウトバックを是非ディーラーで見てみてはいかがでしょうか?. BMW「シルキー・フォー」に足元にも及ばないのが現実でした。 ほとんどタイムラグがなく動力が伝わっている感じです。 カラー ・ラピスブルーで、以前の車もブルーでしたが、全く違う色で、派手すぎずまた暗すぎずいい色です。 センシングと比べてアイサイトの方が完成度が高く感じます。 ・ダークグレーメタリックほとんどすれ違うことがないので、本当に希少種。 それゆえ、BMW・VWなどの質感の出し方に習ってくれれば、と思ってしまいますが、贅沢な注文なのかもしれません。 ナビやエアコンなどの操作部分はモダンとクラシックの混ぜ方でもう少し工夫していただきたかったです。 内装色は黒を選んだのですがダッシュボードのシボ模様が、欧州車のような硬質な雰囲気で好みです。 走行性能・・・ カーブでの安定感が素晴らしいですね。 この様に他にも様々な安全性能がありますが、これらの機能がレガシィーアウトバックに装備されていることで、安全なドライブを楽しむことができるのです。 室内高|1240mm 車体サイズは、スバルのフラッグシップSUVとして恥じない大きさ。 コストパフォーマンス最高です。 ・リミテッドなので革シートですが、ちょっとペラペラしてて安っぽいですが、コストダウンの現れだと思うので、スバルさん頑張ってるな。 乗る度にスルメのようにじわっと出てくる良さは、今まで所有したどの車にもない感覚です。 多くの方のご意見にあるように、費用対効果は高い車だと思います。 また車線をはみ出しそうになった時はステアリング操作のアシストで車線逸脱を抑制します。 走行安全性能• CX-5やエクストレイルも検討していましたし、実際CX-5は新車購入ギリギリまで話が進んでいました。 しかし、カーブで前の車を見失うとカーブ手前で加速に入るので注意が必要です。 ・低回転でもこの大きな車体を軽々と滑らかに走らせるトルクはカタログ値以上の実感があります。 エンジンとトランスミッションの摩擦やロスを徹底的に低減しています。 乗り心地:サスが固いとか,ゆすられ感が大きいとかはあまり感じません。 この様に街乗りでも遠出でもSUVでも色々なシーンを含めてレガシィーアウトバックはオーナーのライフスタイルにあったシーンでの演出作りをお手伝いしています。 ページ別目次• ただ、欧州車のような色気が欲しいです。 アクセル深めに踏んで加速すると、ATのようにステップ変速する。 オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。 subaru. 加速もいいので高速もストレスない。 色も妻と意見が一致しダークブルーパールで迷いませんでした。 私はアクセル操作にダイレクトな反応と刺激的な加速が楽しめる「スポーツシャープモード」がおススメです。 排気量なりではありますが、街乗り時の燃費がもう少し良くなると嬉しい。 また,シートは大きく,シートポジションも細かく設定できるので,そこは大きく進化したなと思います。 高速道路や幹線道路でも使いまくってます。 重心が低く抑えられていることを実感します。 0 11. ・CVTは前車にも搭載されていたので、特に違和感は感じられません。 腰痛持ちでヨーロッパ車のシートが大好きなのですが、アウトバックも勝るとも劣らない良いシートです。 昔のスバルの無骨な内装と比較したら、泣ける程素晴らしい。 平坦路ロングドライブでは燃費計読みで19. カギの開けやすさもポイントです。 ウインカー動作音が安っぽい。 インテリア ・質感はBRから大きく向上。 静かで良く回りストレスフリーな高性能エンジンだと思います。 車内サイズは、大柄なボディのおかげで広々と居住性も高い。 価格設定が割安感を感じさせる この性能、この車格で安過ぎる。 ・色々付けると400万越えますが、最高水準の安全装備や乗り心地から考えるとバーゲンプライスと思います。 ユーザーの平均評価 外観:4. 現行型(5代目 BS系)2014年〜 現行レガシィアウトバックは2014年に登場した。 エンジン性: アイドリングストップ時からのエンジン再開時は思ったよりショックがあります。 2ですが、最新モデルにはおよばないもののドライブアシスト機能は満足いくもので特に追従型のオートクルーズはアイサイトと相性が良く、慣れると手放せない機能です。 アイドリングストップ機構が秀逸。 渋滞時の追尾機能はすばらし。 このクルマの購入を検討している人にひと言 「アウトバックを3台乗り継いで来ていますが、所有することにより趣味やライフスタイルがよりアウトドアに向いてきました。 最高クラスのSUV車に乗りたい• ・ハンドルの細かな動きに大柄なりの機敏さで反応している。 高回転に上がるスムーズさと共に、回転が下がるときのスムーズな動きに注目してほしいところです。 もう一つが高効率パワーユニット&アイドリングストップです。 このメリットを生かしたサスペンションセッティングになっていると感じます。 たまにアクセルを踏み込むと重低音が響きますが、ほとんど聞けていません。 B型からリミテッドでもアイボリー内装を選べるようになったのはグッド。 subaru. 498L ゆったりとしたドライブが似合う、新型レガシィアウトバック。 高速道路でも、カーステレオのボリュームを上げなくてよいくらい。 スバルのレガシィ・アウトバックは、レガシィ・ツーリングワゴンをベースに、車高を上げ、SUVとステーションワゴンの中間となる車種として登場しました。 安全性能が優れている。 とあるスーパーで見ず知らずの親子が、私の車を見て「かっこいい」と会話しているのが聞こえ嬉しかったです。 ハンドリングや走破性の良さは秀逸。 といった口コミが多かったです。 エンジンの音や振動も、シルキー6という訳にはいかないが他社V6に近いレベル。 国産車では唯一無二の伸びやかでスタイリッシュなエクステリアデザイン。 総評 見た目はやや大きめですが、誰でも運転しやすい車です。 一番の候補はレクサスNXでしたが、当時9か月以上の納期がかかるらしく、とても耐えきれないと思い、諦めかけていた時に新型のアウトバックに出会いました。 AWDであることや馬力が高いこともあり、走り出しのトルクの高い感じがストレスフリーなドライブに繋がります。 LEGACY OUTBACKLimited 3,564,000円• 2016年の新型レガシィ・アウトバックにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。 短所:車線逸脱の判定がシビア。 アイサイトには「プリクラッシュブレーキ」や「全車速追従機能付クルーズコントロール」「アクティブレーンキープ」「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」「警報&お知らせ機能」が付いています。 subaru. 室内の静粛性は非常に高いですが、アクセルを吹かすと水平対向エンジンのボコボコとしたエンジン音が微かに車内にも入ってきます。 リミテッドでは、可変バンパーを標準装備しているので、少しは改善されるでしょう。。 CVT+2500ccのエンジンは1000rpmでの街乗り時にわずかなアクセル開度にもクルマが反応するので気持ちよく走ることができます。 5LのBOXERエンジンと新リニアトロニックの組み合わせで、アクセルを踏み込むとリニアな動きを体感できます。 比較対象がトヨタやホンダではなく、BMWやVWが出てくるところがスバルらしい部分です。 ・路面の情報を伝えてくるが、ボディでいなしていると感じる。 舗装路面の高速コーナーのハンドリングは、外観からは想像できない鋭さです。 新型レガシィアウトバックの辛口な口コミとして、多いポイントをまとめると• ノロノロ運転が続く渋滞時でも、先行車が止まれば自車もブレーキ制御で減速し、停止します。 乗り心地 ・良いです。 B型からのアドバンスドセーフティパッケージはバックする時、歩行者や自転車も感知するのでとても助かります。 今回私が走行した7kmの道のりでの平均燃費は8. 73と高評価です。 逆に、ベース車だと0円ということもあります。 フラッグシップSUV車だからこそ求められるニーズが大きいのですね。 エンジン自体のフィーリングはとてもよいです。 かつ最低地上高が多めに確保されているので、ある程度の悪路にも対応できるオールマイティーさもある。 総合評価 スバル・ボクサー・ディーゼルエンジン スバル・レガシィ・アウトバックは、価格. 総評 ずっと非四駆のセダンタイプを乗り続けてきましたが、4WDの必要性を感じるようになったのと、今流行りのSUV車に乗りたくて色々試乗し、アウトバックに決めました。 ロールが抑えられていて、外に振られることもなくスムーズに曲がります。 レガシィーアウトバックには燃費を向上させる工夫が幾つも取られています。 外観への評価も高く、「シンプルでかっこいい」「アメリカ市場を意識したデザインが良い」など、大らかなスタイルが受け入れられている。 アイサイトはVr. 短所:フロントガラスを傷めると修理費がかさむ。 スペック• アウトバックは、レガシィツーリングワゴンの上級派生車種として生まれた。 もう少しエンジントルクが欲しい。 カーゴルーム下の収納は大きく,工具類はそこにしまっておけるので,見た目もすっきりしています。 ・アイサイト関連のスイッチ類がいろいろありますが、走行中視界の邪魔をしないので、運転に集中できます。 また,侍プロデュースなどから販売されているドアノブカバーやリヤリフレクターカバー,リアエンブレム下カバー等,あまり下品にならない程度にカスタムしてみました。 随所に上質感をあしらったデザインはスバルの進化を感じます。 コスパが良い。 長期間乗ることを考えると、シンプルな機構でコストを掛けた車体というのが理想ですので、アウトバックはまさにそういう車種であり、北米で道具として利用されて信頼を勝ち取っている理由もそういう点にあるかと思います。 エンジンは、先代まであった3. 中には、 高速道路ではカタログ値を上回る結果に!!燃費に対する口コミも高評価です。 アクセルも踏んだ分だけ前にしっかり押しされる感覚です。 画面が大きく見やすいですが、ナビはなかなか「お利口さん」。 BMWなどは昔からで、その代わり、ゴムの寿命が短い欠点はあります。 やさしくブレーキを踏んで停車し、さらに踏み込むとエンジン停止。 もう少し上質なインテリアデザインが欲しい• ともあれ、現行モデルでも十分魅力的な新型レガシィアウトバックの値引きの方法については、 ぜひ参考にしていただき、お得な価格でレガシィアウトバックを購入して下さい。 スバル車は初めて所有しますが、もっと早くスバルの車を買うべきだったと思います。 アクセル全開にすると必要充分な加速をします。 組み合わせるトランスミッションはチェーン式CVT(リニアトロニック)だ。 何故か右前タイヤの感覚が掴みづらい。 レヴォーグにも試乗しましたが、補修路面の継ぎ目などで明らかに勝っておりました。 その上で日本における快適性もある程度実装されていますし、今となっては珍しくなってきた押し出し感の少ないスタイルも好ましく感じる方も多いのではないでしょうか。 一つ一つが割りと小さめ。。 Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。 フラッグシップSUV車をという位置づけだけに・・・。。 ・静寂!ほんとに静かで、動く部屋といってもいいくらい静かです。 長所ばかりで短所はほぼありません。 CVTではありますがNAエンジンはラグも少なくアクセル応答性は2018年モデルのレヴォーグ1. 総評 SUVを購入予定でCX-5やエクストレイル、ランドクルーザープラド、フォレスターなどを検討していましたが、他の車種を見に行った時に隣にあったのがレガシィアウトバックでした。 レガシィ・アウトバックについて見ていきましょう。 CVTの欠点は気にならない。 新しいプラットフォームであるスバル・グローバル・プラットフォームを採用する新型インプレッサで少し発展し、シートやハンドルなどの質感はグレードや車種によって異なるとは言え、スバルの現行車種はほぼ統一された内装を持っています。 大型ですが、取り回しもしやすいです。 良かった点 スバルの車は初めてですが、車高が高い割に変な横揺れや縦揺れがなくて四駆なので回転半径は大きいですがボディサイズが大きいのに取り回しがよく、長距離の運転も疲れにくいのがとても良い点です。 6 実燃費 11. 静寂性も従来のボクサーサウンドと呼ばれるものは感じなくなり、フラットエンジンの振動の少なさや低重心は走りの良さに出ていると思います。 (リミテッド) ・オプション満載で、この値段は本当にお得。 座り心地・居住性は良いのだが、悪路になるとショックが大きく伝わってくるという口コミ。 身長が高い家族4人でも快適に長距離を荷物満載で移動可能で、かつ燃費もいつもとほとんど変わらない所。 オーナーさんの口コミで多い実燃費は、カタログ値とほぼ同数値。。 室内長|2030mm• スバルというよりは国産車を含めたクルマ全般に言えますが、ナビを含めてカーオーディオ系のインフォテイメントが古臭いのをなんとかして欲しいです。 (妻が感動してました。 5mで小回りも良く、走行安定性も抜群なのでどこまででも遠くまでドライブしたくなってしまう車ですね。 燃費はあまり期待できません」 2015年式/Limited「燃費が良くてトルクフル。 0次安全性能• ゴテゴテしていないのが良い。 アクセルやブレーキ操作の煩わしさを軽減し、快適で安全なドライブを提供します。 室内幅|1545mm• アクセルワークで大幅に変わるのは仕方ないところですが、あまり発進をもたつくと渋滞の原因になります。 新型レガシィアウトバックの燃費カタログ値は、14. 次に買う車もスバル車を買おうと思っています。 買い替えようか迷っている時に、たまたまDで展示車を見て気持ちが固まりました。 どのユーザーにも受け入れられる、というのは難しいと思いますが、走行性能と燃費性能の両立を狙うのであれば、欧州仕様「スバル・ボクサー・ターボディーゼル」の日本市場への投入を急ぐべきでしょう。 今回は実際に使用していませんが、万が一雪山や山道などの悪路でタイアが空転した時に予めXモードのスイッチをONにしておけばX-モードの制御が瞬時に介入してスムーズな脱出ができるそうです。 6Lのそれよりも良いと感じました。 実際の実燃費やカタログに記載されているJC08燃費を確認しておきましょう。 このエンジンサウンドが車好きにはたまりません。 衝突安全性能 4つの安全性をスバルは掲げています。 これはコーナーを曲がるときには最小回転半径を小さくする効果があります。 ・加速も良く音も静かで問題なし。 またアイドリングストップで車が止まった時に自動的にエンジンを停止し、無駄な燃料消費を抑えてくれます。 後部座席の乗り心地に辛口な口コミ。。 その絞り込んだ印象がサイズを感じさせないのでしょう。 BMWを乗り継いでる人も値段にはびっくりしてました。 5 満足度:5. シートメモリーがあることもうれしいところです。 他者のように判定度を緩めに設定できると良い。 ああ久しぶりのレガシィだぁと感じた部分でもあります。 また、CX-5やエクストレイルと比べても荷室は同じ位で、ステップの位置がSUVと比較して低く、ステップからもフラットなので重い荷物が乗せやすいのが買ってからの実感です。 アイドリングストップはやや不自然。 スバルお得意のAWDは走行安定性もよく、2. レガシィ アウトバックの燃費 レガシィーアウトバックは2. 3で充分満足。 ・VWパサートの内装と比較するとソフトな部品を押してみた時の触感や素材感では価格相応感は否めないところはあります。 燃費・・・ SUBARU=燃費悪というイメージでしたが、この大きさにしては充分です。 総排気量 2. 実燃費の評価は、上々です。 しかし、ゴージャスに乗って、楽しく運転する、となると、些か物足りなさを感じる。 収納スペースに拘りがあるユーザーさんは、物足りないといった印象ですね。 2019年式 リミテッド「移動自体も楽しみにしてくれる、そんなクルマです」 ニックネーム:鈴木徹志 年式グレード:2019年 リミテッド 性別:男性(50代) 居住地域:愛知県 排気量:2500cc トランスミッション:CVT 平均燃費:11. とくに物足りなさを感じませんでした。 内装デザインをもう少し高級感が欲しい• subaru. 今はCX-5やエクストレイルなどを買わなくて良かったと家族も納得の買い物でした。 色は白にしたので,ホイールアーチを付けてみました。 収納が少ないのはわかっていたので,コンソールボックスの中を小分けできるよう100円ショップで小物入れを購入しました。 レガシィアウトバックは車体も大きく、車高も高いので不安定で小回りが利きにくい印象がありましたが、最小回転半径も5. また、下り坂などで車速が急に上がってしまうような場面では「ヒルディセントコントロール」が作動。 ・当初の硬さ、地面の凹凸や段差を拾う感じはゼロになりました。 そして醸し出すエレガントさでしょう。 スペックも全く問題ない数字になっていますね。 しかし、これは部品の加工精度を上げることと、エンジンマウントの改善で良くなっています。 SUBARUBOXERの小気味よい響きがいいですね。 ロールを抑えたサスペンションセッティングでは、細かい路面からの入力をダンパーだけでは吸収しきれないようで、ダンパーの初動期の入力を柔らかくするのには限界があるようで、各社ともブッシュで対応しているようです。 ある意味それがスバルの出した答えなのかも知れませんが、もう一歩、と思うファンが多いことも確かです。 SHフォレスターからの乗り換えです。 3 装備:4. 乗り心地が悪いと思った事は無い。

Next|Next|Next