ジェル ネイル 甘皮 処理 やり方

初心者でも簡単なセルフジェルネイルのやり方とデザインカタログ17選

ジェル ネイル 甘皮 処理 やり方

セルフでネイルニッパーを使用し甘皮処理を行う場合は甘皮をカットせず、 硬くなった角質やささくれ・ルーズスキンを切ると覚えましょう。 セラミックプッシャーで処理する場合 セラミックプッシャーとは、 軽石が付いてるプッシャーのことです。 処理をするのはルーススキンと呼ばれる薄皮の部分。 甘皮処理の途中で痛みを感じる場合には、無理に続けようとせずに様子を見ながら進めるようにしましょう。 また、ジェルを塗る際にも、そのルースキューティクルを伝って 皮膚に流れていってしまいます。 指先をお湯につける• 甘皮には、新しい爪を生み出す根元部分(「爪母基(そうぼき)」または「マトリクス」と呼ばれる)に 細菌などが侵入しないように防ぐ役割があるため、頻繁に除去するにはリスクがあります。 初めに爪の根元にキューティクルリムーバーを塗る• でもこのままでは、キューティクルリムーバーが乾いてしまい、効果を発揮しません。 滑らかなカーブをつくるようなイメージで、エメリーボードを斜めに当てて削っていきます。 全くなくしてはいけないのです。 手全体にクリームをのばす(指先から肘までしっかりのばす)。 【セルフ】甘皮処理のやり方 では、 甘皮処理のやり方を6つの手順に分けて紹介します。 甘皮処理をしたすぐは爪の根元にポケットという隙間ができやすいです。 爪から剥がれて黄色くなったところだけを切り取ること この2点に注意してください。 キューティクルニッパー• ファイリングで整える爪の形は大きく分けて5種類あります。 ささくれは、できてしまったらカットするしかないので、綺麗に除去しましょう。 point 持ち方はこんな風に、メタルプッシャーを持った手の小指は反対の手の上に必ず固定させる! 安定させるために、これ、大事です。• セラミックプッシャーでの甘皮処理の手順 セラミックプッシャーを水で濡らす 小さな入れ物に「水」を入れといて、それにセラミックプッシャーをつけながら、常に ウエットな状態を保ちます。 この皮はルーズスキンともいい、甘皮の下についている薄い角質です。 指先って目立ちますしずっと手袋をしているわけにもいきません。 10分くらいつけておいてふやかします。 刃の面で切るようなイメージでニッパーを当てます。 なので、この『ルースキューティクル(甘皮)の処理』というのは大事な作業なのです。 キューティクルニッパーで余分な角質を除去する 残ってしまったルースキューティクルを、ニッパーで取ります。 <ポイント> 爪の先端部分が、シャープにカーブしているのが特徴です。 ニッパーがこわい方は、ケアだけプロのネイリストさんにお願いしたり、ちょっと覚悟を決めて練習したりすると良いです。 なので ネイルサロンでは電動の機械を使って甘皮を押し上げる所が多いのです。 <スクエアオフ> スクエアはほぼ真四角ですが、直角になっている部分を削って丸みを出したのが「スクエアオフ」です。 この記事の目次• 甘皮は手だけでなく、足にもあるので、甘皮処理をするなら手だけではなく足の爪まで行うことをおすすめします。 しっかりとふき取り、爪の油分や水分を取り除きましょう。 マニキュアが皮膚に付着しても簡単に剥がれてくれるのと同じで甘皮についたマニキュアやジェルネイルは剥がれやすくなるんです。 甘皮処理のしすぎでこうなってしまうことはありますが、指先に傷ができてしまった場合は注意するようにしましょう。 まずは透明な「ベースジェル」を塗ります。 スクエアよりもやわらかい印象に仕上がります。 甘皮処理には様々なやり方があり自己流でやっている方も多いですが、爪や皮膚にダメージを与えないようにしながら、除去する必要があります。 しかしトラブルが発生した場合には痛みを感じた場合でもそうでない場合でもすぐに甘皮処理を中止しましょう。 甘皮処理をしないとジェルネイルはどうなるの? ルースキューティクルが残っていると、ジェルがそれを辿って 皮膚へ流れていってしまいます。 綿棒とハンドクリームを使う処理方法 あれこれ道具を揃えるのは面倒。 甘皮処理(プレパレーション)をするメリット ジェルネイルが綺麗に仕上がる 甘皮処理を丁寧にすることで、ジェルを施したときに爪の付け根のラインであるキューティクルラインがきれいに出ます。 まとめ いかがでしたか?これまで記事に書いてきたことをよく読みセルフでネイルケアを行えるようになったならそれはとても良いことです。 甘皮にも硬さがあり、柔らかい方は処理しやすいですが、甘皮が硬い人は処理しやすくするために専用の溶剤 リムーバー などを使用しないと処理ができない方もいます。 リムーバーと言っても最初は何を購入したらいいかわからず、購入してしまうのはもったいないですよね。 爪の表面に傷をつける(サンディング) ファイルなどを使って爪の表面に優しく傷をつけます• カラージェルはベースジェル同様、真ん中を塗ってから左右を塗っていきます。 爪郭炎と言われる炎症を起こしてしまった人は結構いるのではないでしょうか? 後爪郭と爪の間にできた隙間にカンジダというカビの種類にあたる菌が入り込んでしまって、増殖をして赤く腫れたり痛みを伴ったりします。 自身の使いやすいものや、爪との相性を見て使うニッパーを決めましょう。 キューティクルオイルは爪のキューティクル保護のための専用のオイルですから、それを使うのが一番いいのですが、ない場合は• たいようさんは、沢山練習されているみたいですし、絶対上達してるんですよ! 練習してると、いつの間にか出来るようになってるんですよね。 甘皮を取るために最低限必要な道具を揃えましょう。 キューティクルリムーバー• ネイルを剥がれにくく、持ちをよくするために、爪の先端も必ずジェルを塗りましょう。 ) こんな風に、結構取れてきました。 ニッパーでルーズスキンをカットする このような 手順でネイルケアをします。 やりすぎると痛くなってしまいます。 プロ用のネイルニッパーは刃先が安定しない2mmタイプや3mmタイプが多く 初めての方が持つには不安定に感じる場合が多いです。 甘皮処理をする理由 甘皮は必要なものですが、甘皮の下にあるルースキューティクルがいらないものです。 ガーゼでルーズスキンを取る• もし、おすすめのネイルオイルについてご覧になりたい場合はこちらをご覧下さい。 まず、ジェルネイルを塗る前には、前処理(プレパレーション)が必要です。 まずは長さを整えます。 メタルプッシャー(甘皮を押し上げる際に使用するネイル道具)• ジェルをする場合には、ダスト除去後、プレプライマーやエタノールを使用して、爪の油分。 体に栄養が足りていないと後で栄養が回ってくる爪にはもっと 栄養が足りていないことになります。 しかしやはり キューティクルオイルのほうが爪周辺の皮膚の細かな部分に浸透しやすいため、ネイルマッサージがより効果的になります。 ただしサロンで行ってもらう甘皮処理にもメリットとデメリットがあるので、それぞれを見比べて サロンで行ってもらうかを判断しましょう。 サロンに行かなくても自宅で出来る甘皮の処理方法について、順を追ってご紹介します。 そして最後に、爪の先端部分を削っていきます。 同じくらいの爪の長さでも、きちんと甘皮処理が出来ているのと出来てないのとでこんなに差が!! 甘皮処理ができてない人は、マニキュアやジェルをどこまで塗って良いか分からず、 甘皮やルースキューティクルの上まで、しっかり塗ってしまっているのをよく見かけます。 ちょっとしたことで差がつく、セルフ甘皮処理の方法をお届けします。 刃先が皮膚に刺さるような角度だと、皮膚を切ってしまいます。 やりすぎにも注意が必要です。 爪を噛んだりささくれを引っ張ってしまう人は爪郭炎になりやすいと言われています。 爪の根元部分に圧をかけすぎると、爪がでこぼこしたり変形する恐れも!甘皮が上手に取れない場合には、お湯に指先をつけて、もう一度甘皮をよくふやかしてから処理しましょう。 どんなに美しいデザインのジェルネイルが施されていても、ファイリング作業が雑だと「なんとなくスタイリッシュじゃない」といった印象を与えてしまいがちです。 このケアを ネイルサロンでは ドライケアと言います。 ハンドクリームも併用して手全体をケアする際は、まず 先にキューティクルオイルをつけてネイル部分のマッサージをした後で、ハンドクリームをつけるようにしましょう(先にクリームをつけると、オイルの浸透が悪くなるため)! キューティクルオイルは素爪もジェルネイルもキレイに見せてくれる優秀アイテム--いつでも気になったら塗りこんで、手元から美的オーラを漂わせてみては!?. ジェルをしない場合はキューティクルオイル、ハンドクリームでしっかり保湿をしましょう。 では、どうすればキレイに除去できるのでしょうか?1番は、 お風呂の時など、甘皮をふやかして除去する のが一番です。 最近ではキューティクルリムーバーがプッシャーにしみ込んだものも売られているので、手軽に甘皮処理をしたい人にはこうしたタイプもおすすめです。 柔らかくなったらプッシャーで甘皮を押し上げる• 甘皮処理が痛いと感じたらやめるべき? 人によって手の形や皮膚の厚さが異なるように、人によって甘皮の厚さや長さなども当然違います。 甘皮処理どこまで切るの?ルーズスキン・ルーズキューティクルって? 甘皮ケアのコツはルーズスキン・ルーズキューテキィクルをカットすることです ルーズスキンとルーズキューティクルは名前は異なりますが 爪に付着している白い部分を指しています。 ただ綿棒は大きいし細かい作業をするとなると難しい気もするので慣れは必要だと思います。 ささくれってできると痛いですし、指先の見た目もあまり綺麗だとはいえないですよね。 メタルプッシャーでキューティクルを押し上げ、取れ切れないルースキューティクルはキューティクルニッパーでカットします。 <スクエア> ラウンドと並んで人気なのがスクエアです。 用意するもの!100均グッズ 保湿効果のあるオイルやクリーム 1.お祈りをするように両手を組み、 手首をぐるぐる回します(10回程度) 2.親指と人差し指の間を、 反対側の人差し指と親指で押してあげます。 つまり、 甘皮処理とは 「ルースキューティクルを取ること」が 最も大切なのです。 【1:爪の形を整える(=ファイリング作業)】 「エメリーボード(爪やすり)」を用いて、爪の長さや形を整えるのが第1ステップです。 ただ甘皮処理をやりすぎてしまうと血が出たり腫れてしまったりする場合もあります。 ガーゼ、ウッドスティック、綿棒、どれを使う場合も必ず濡らしてから使用します。 残っていたら繰り返す ルースキューティクルが残っていなければ、綺麗に甘皮のラインが整います。 2. 甘皮を押し上げる コットンを巻き付けたウッドスティックを使って甘皮を押し上げます。 ・さらに効果を高めたい場合は、お手持ちのハンドクリームを塗ったあとに着けると、浸透力がアップします。 爪をきれいに魅せるために甘皮を取ったのですから、この最後のケアを忘れずに。 キューティクルオイル フィンガーボウルは爪をお湯につけて甘皮をふやかす時に使います。 プッシャー• 全体の甘皮(キューティクル)を、少し押し上げてから、セラミックプッシャーで円を描くようにクルクルと爪の上で動かします。 ささくれは根元から除去すること。 7が配合されてふっくらとうるおいに満ちた手肌へ導きます。 php on line 524 ネイルサロン等へ行くと必ず「 甘皮処理」を行ってくれます その やり方と 簡単な 甘皮処理の仕方はあるのでしょうか? 何気なくお手入れをしてもらっても、 お手入れ理由まで 知っている人は少ないのではないでしょうか? また、セルフで間違った「甘皮処理」を行うと、逆に 危険なのです! 今回は正しい甘皮 ケア方法と甘皮処理の 意味を紹介します ・爪郭炎(そうかくえん) 爪周囲炎(そうしゅういえん) 爪の周囲の痛み、発赤、腫れがあり、進行すると膿がたまり、黄色くなります 眠れないほどの、痛みが出る場合もあります 症状例 正しい甘皮処理のやり方 Sponsored Link 正しい甘皮ケアを知る事で、爪や爪の周りの皮膚の感染症を防ぐ事が出来ます そして、今よりも健康な爪を手に入れる事が出来るかもしれません! 頻度 2週間に1回程を目安にしましょう! 頻繁に甘皮処理を行うと、細菌に感染してしまいます 多くても1ヶ月に2回程にして、取り過ぎには注意をしましょう! 綿棒で簡単な仕方 お風呂上りに甘皮処理をしましょう! 甘皮を柔らかくするために、わざわざ専用リムーバーを買い揃える必要はありません ガーゼや 綿棒があれば十分なのです! お風呂上りに、柔らかくなった甘皮を優しく押し上げてあげるだけで十分です! 出典: 注意が必要! ささくがある時は、ケアを控えましょう! ささくれは引っ張らずに、カットして保湿しましょう! ささくれがある時に指先を扱うと、細菌が入り込んでしまう事もあります… とにかく優しく! 甘皮処理を行う時は、力を入れないようにしましょう! 力を入れてしまうと、爪に負担がかかり傷んでしまう事もあります… 甘皮処理グッズは使わない! キューティクルニッパー(甘皮処理専用ハサミ)等を使って 甘皮を切り過ぎてしまう事が多いのです…甘皮は押し上げるだけにしておきましょう! 保湿をしっかりと! 甘皮処理を行った後は、しっかりと保湿をする事が重要です! 保湿を十分に行う事で、健康な爪が生えてきます まとめ セルフで甘皮処理を行う方は、注意が必要です! そして、ネイルを頻繁にチェンジする方も甘皮処理は期間を開けて行いましょう! 甘皮処理を行う事で、爪にとってのメリットもありますが 間違った知識で行っていると、爪にとってデメリットの方が大きくなってしまいます… 正しいケア方法で、綺麗な爪を目指しましょう! 健やかな、ネイルライフを! Sponsored Link いつもありがとうございます。 キューティクルリムーバーを使用しないと、爪が削れてしまったり出血したりと良いことはありません。 サロンには資格や知識を持ったネイリストがいるので、プロに行ってもらった方が慣れていない自身よりも丁寧にかつ確実に甘皮を処理してもらえます。 下処理の手順について 下処理(プレパレーション)の手順についてもご説明しましょう。 コスパ抜群のセルフネイルケアで、 乾燥の季節を乗り切りましょう! ハンドマッサージをすると、 血行が良くなり手が若々しく見えます。 甘皮処理ってやらなきゃいけないほど大事なものなの?と思ってしまいますがこれがネイルをする上では大事なものなんです。 タオル• では、甘皮処理に必要な道具をみていきましょう。 また、ジェルネイル塗布前のサンディングにも使うことができるので、1本2役で非常に便利なアイテムです。 ささくれになってしまった時は、無理に引っ張ったりしないようにしましょう。 ここに変に圧力をかけてしまうと爪が変形する原因にもなります。 ジェルは水分を嫌うため基本的にはドライケアですがあまりにも 指先の乾燥が酷い場合は甘皮処理を行ってから塗る場合もあります。 これがあると爪に栄養分が行き渡らず、爪の成長を妨げることにもなるので、ルースキューティクルをしっかり取ることが甘皮処理で一番大事なところです。 コットン• 痛みが引かない、または痛みが強くなる場合にはセルフでの甘皮処理は控えた方が良いでしょう。 もし、無理に切るとカットした後に 甘皮がボロボロになり逆に自分でささくれを作ってしまいます。 ネイルサロンでは甘皮を押し上げる際に電動のプッシャーマシーンを使う場合があります 実は ネイルケア(甘皮処理)はプッシャー(甘皮の押し上げ)さえしっかりとされていればニッパーを無理に使用しなくてもガーゼクリーンでルーズスキンが取れる場合が多いです。 まずはワセリンをこのくらい塗布します。 絶対に、爪や皮膚に対して刃先を立てないようにしましょう。 甘皮処理に使うのは先端が柔らかい丸みを帯びたような形をしているものを使用するととても簡単にできます。 4.仕上げにオイルを塗り込みます。 ここで急いでしまうと、次の行程が難しくなるのでしっかりと甘皮をふやかしましょう。 水かき部分は1か所ずつ掴むようにプッシュして離す。 甘皮処理の手順 キューティクルリムーバーを塗る ルースキューティクル(甘皮)を処理しやすくするための、 キューティクルリムーバーを塗ります。 ガーゼまたはウェットティッシュ• キューティクルリムーバーを塗る 甘皮処理のための専用のキューティクルリムーバーがあります。 またデリケートな部分なので、力加減を間違えると、痛みが出たり傷ついたりすることもあるので いきなり人の手を借りてするのではなくて、自分の手で何度か練習した方が良いと思います。 痛みがすぐに引くのであれば、様子を見ながらそのまま進めても問題ありません。 押し上げられたキューティクルなどを切りそろえる際に使いますし、ささくれの処理にも役立ちます。 セラミックプッシャー(ストーンプッシャー) セラミックプッシャーは、甘皮の押し上げに使えるアイテムで、水を使わないので甘皮処理の時短になります。 必要以上に厚くなってしまうと、爪の水分を奪ってしまうため• 甘皮を取り除こう! 爪の長さ・形が整ったら、次は爪表面をきれいにしましょう。 メタルプッシャーで処理する場合 ネイリストが使う メタルプッシャーは、「爪」と「ルースキューティクル」の間に 差し込んで剥がしていくイメージです。 また、 ルーズスキンが取れない場合は甘皮の押し上げが不十分な場合もあります。 爪磨き(バッファーで爪表面を削ってシャイナーでツヤを出す)• YouTubeなどではネイリストが甘皮処理の動画も配信しているので、プロのやり方を動画で勉強するのもおすすめです。 根元側・横側から浮いてくる人は、それが原因です。 腫れたり炎症を起こしたりもするのですが、ひどいと水ぶくれのようなぶよぶよとした腫れ方をしてしまう場合もあります。 どんな作業? 甘皮処理とは 爪にある薄い皮(甘皮)をきれいにする作業のことです。 最後にトップジェルを塗り、硬化させ、未硬化ジェルをワイプでふき取ります。 またネイルオイルを塗ることで爪にツヤを与えたり、ささくれを防止するなどの効果も得られます。 簡単なケア(ドライケア)はジェルネイルを塗る前に行うケア方法です 決まりはありませんが 基本的にドライケアはジェル塗布前に行うケア方法です。 真ん中は一番剥がれにくいので、必ず、隅からやるようにしましょう。 3. 薄皮(ルーススキン)を除去する 薄皮(ルーススキン)を除去します。 ジェルにはセルフレベリングという特性があり、10秒ほど時間をおくことで、ジェルが勝手に流れていき、筆跡や凹凸がつるんときれいになりますよ。 初めはきれいにやろうと思い、キューティクル部分(皮膚と繋がっている根本の部分)を切りすぎて出血することがあります。 爪には2つの甘皮があり、それぞれをルースキューティクルとキューティクルといいます。 ネイルオイルを丁寧に塗って爪を乾燥やトラブルから保護してあげましょう。 メタルプッシャーの持ち方 鉛筆を持つような持ち方だと、余計な力が入ってしまい、爪を傷つけてしまいます。 サロン処理のメリット サロンで処理してもらうメリットはプロが行うことで 自身よりきれいに仕上がるという点です。 また、初心者の方が甘皮処理を行う場合、オススメはメタルです。 もし、 甘皮周りをニッパーでカットしたい場合は もう一つのケア方法でネイルケアしましょう。 爪の 側面も忘れないように、 丁寧に ルースキューティクルを取りましょう! このブログを動画でも解説してます. では、これらのネイルケアセットを使って甘皮処理を行うやり方や順番を紹介します セルフで甘皮処理をするやり方を 使う道具と順番に合わせて紹介します。 お湯とボウル 続いて、 甘皮処理に必要な道具を、それぞれ詳しくみていきます。 乾燥が気になるこの季節… みなさん爪先のケアはちゃんとできていますか? 今回はささくれの原因にもなる甘皮の簡単な 処理方法についてお届けします。 アセトンは人の体に有害だと言われているので、除光液を購入する時はしっかりと中身に何が入っているかを見てから購入してください。 甘皮を取った爪は乾燥しやすくなるので、必ずキューティクルオイルを塗って保湿をしてください。 甘皮処理の動画 プッシャーやニッパーの動かし方や、注意点をまとめた動画です。 甘皮処理のやり方ってどうすればいいの? 100均アイテムや綿棒等を使って簡単にネイルケアしたい! 寒くなってきましたね。 後爪郭は爪の根元で爪を両側から支えている皮膚のことなので、その部分が腫れると 新しく生えてくる爪が真っ直ぐ生えてこなくなります。 ジェルは、爪の真ん中・爪の左右・爪の先端の順番で塗ると綺麗に仕上がります。 爪の根元、甘皮部分を中心に塗りこみ、 爪の根元を丁寧にマッサージしましょう! キューティクルオイルでのマッサージ方法 甘皮処理の後だけではなく、 爪の乾燥が気になった時はいつでもキューティクルオイルを使ってマッサージを行うことをオススメします。 キューティクルリムーバーを付けてからお湯に指をつけることで、少ない力で簡単に甘皮を処理することができます。 この 軽石で ルースキューティクルだけを 削り取ってきます。 最後は保湿を忘れずに 乾燥対策をしっかりしないと爪が傷む原因になります。 「甘皮処理」「キューティクルケア」などと言う時は、このルーズスキン部分も含めて甘皮全体を指しているとお考えください。 メタルプッシャーを使用した甘皮処理は、一番歴史が長く、一般的に知られている方法です。 最後に キューティクルオイルや ネイルクリームを爪全体に塗りこみ、 保湿をきちんと行います。 エメリーボードの使用方法 まずはエメリーボードを使って、爪の長さや形を整えていきましょう! 前準備として、自爪は お湯で温めて柔らかくしておく必要があります。 2週間に1度の簡単甘皮ケアで本当に爪の印象を変えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。 甘皮を処理した後は、ジェルを爪に密着させるために、爪の表面に傷をつけます(サンディング)。 この機会に登録されてみてはいかがでしょうか? \ SNSでシェアしよう! / ネイルケアサロンハート|富山|ネイルサロン|ポーセラーツ|和風彩色チャイナペインティングの 注目記事を受け取ろう• ルースキューティクルを取り除く 爪の表面についている薄い皮を取り除いていきます。 甘皮のプッシュアップが終わったら再度フィンガーボウルに指先をつけて、浮いた甘皮をふやかしましょう。 このメール講座では記事では伝え切れなかったこともお伝えしています。 ネイルニッパー これら4点を使用します。 ちなみに、甘皮処理を怠ると、こんな感じに浮いてきますよ。 無理にニッパーを使って甘皮周りを切ろうとすると自分で甘皮周りをボロボロにしてしまいますので 甘皮の押し上げを丁寧に行うようにしましょう。 セルフジェルネイルの甘皮処理におすすめの参考動画! 文章で見るだけでは難しい…という方のために、おすすめの参考動画をご紹介します! セルフジェルネイルの甘皮処理が終わったら… 甘皮処理後はしっかりとダストを除去します。 甘皮処理をした後に爪の根元が痛いと感じるのは甘皮を切りすぎたからです 甘皮処理をした後に爪の根元が「なんだか 痛い」「赤く腫れている」 場合はルーズスキンではなく 甘皮を切理過ぎてしまったからです。 メタルプッシャーよりも、爪への負担が少ないので初心者の方にもおすすめです。 菌は湿気が強いと増殖がとても早いので、あまり水で濡らしたりしないようにしましょう。 押す、緩める、押す、緩めるを 数回繰り返しましょう。 使い捨てなので衛生面でも安心して使うことができます。 爪の根元にキューティクルリムーバーを塗る• 簡単なケアはジェルネイルを塗る前に行う際うケアを指します。 1.爪の根元、甘皮部分を中心にキューティクルオイルを塗りこみます。 強度が高く耐久性があり、デザインの幅も広いジェルネイルは人気があり、今や多くの人がジェルネイルを楽しんでいます。 【目次】 ・ ・ ・ ・ セルフ甘皮処理で美しい手元を演出! 甘皮やささくれ、角質などが目立つと手元が一気に老けて見える!というわけで、自分でできるケア方法を知っておきたいところ。 この症状になってしまったら自然治癒を待たずに早めに皮膚科に行くようにしましょう。 これを数回行います。 ですが甘皮をカットするやり方はしてはいけません。 アルガンオイル など、保湿効果が高く、かつ、酸化しにくい植物オイルでも代用可能です。 甘皮は2種類に分けられていて、キューティクルとルースキューティクルと言われています。 甘皮は、雑菌などが爪の内部に入らないようにするために存在します。 【2:カラージェルを塗る】 次に「カラージェル」を塗ります。 これがない時は押し上げが足りないか、それほど甘皮が伸びていないということなので、無理に切り取らないことです。

Next|Next|Next