喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 ナツメ

喫茶ステラと死神の蝶感想

喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 ナツメ

仕事に悩む新社会人として結構考えさせられたり。 あれもすごい好きでした。 そっちは必須ではないけどね。 このようなコンセプトを今作の喫茶ステラと死神の蝶で考えると 将来の夢や展望ではないかと考えられます。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. その過程において、愛衣は逃げることと本当の責任のとり方がどういうものかということに気づいていくのだと感じました。 というか発売前にって何事だよって思う。 シナリオは各キャラで閉じているのでオススメの攻略順とかは無し。 一番愉快なシナリオだった。 一部の選択肢について、CG鑑賞への登録のために全て選ぶ。 成長した愛衣は少し大人びて見えますね 最後の最後に、蝕みの瞳の能力を完全に制御した愛衣。 栞那は最後がいいと思います。 千恋とかバランス良かったですよね。 余すとこなく好き。 しかし、話し合いをしつこく迫る愛衣に対してやっと本音を出します。 ここまで一時間足らずで書けたこともこのルートが最高だったことを示しているのではないでしょうか。 やっぱりダメ! 我慢だ - 〃• 外に出す - CHAPTER 6-3• とても現実的な所に着地したなとも思いましたが、鈴音との将来を考えれば間違っていないと感じます。 要素的にはグンランドエンディング的な構成もいけると思うんですが、果たして今回はどうなんだろうです。 しぼりたて精液を浴びせたい - 〃• 外にべっとりとかける• 喫でバイト• アフタヌーンティーイベントで執事役でフロアに出た主人公が口説かれる様子を見て 嫉妬するところもかわいいです。 死神、蝶の更なる秘密、彼女の態度、それだけでなく昂晴と父親との関係、過去。 ナツメちゃん同様分岐前からバッドエンドフラグ立ててるので最後の方がオススメ 【墨染希】 5週目 ぶっちゃけタイプじゃないためあんま楽しめなかったけど可愛いシーンは多いのでキャラが好きな人は結構楽しいと思います。 それは一旦置いておいて、愛衣は水泳部に所属していたころに不調に陥っていた友人のモヤモヤ(=蝶)をおまじないと言って数回消したことがきっかけで部内での人間関係を崩していったわけですよね。 希の表情がすこなんだ…。 毎回期待を越えてくるのはやっぱ流石だぜ……! 因みに点数は10点満点ですか基準ガバガバなのでなんとなくで見てください。 愛衣ルートは蝕みの瞳と愛衣の過去を絡め、最後には愛衣が自身の能力とどのように向き合い未来へと進んでいくことに昇華させています。 神主への道を歩む 希の家に婿養子として入り、赤磐神社を次ぐという将来を決定した。 ゲームのタイトル画面で『はじめから』を選択して開始する。 なのでやってください(感想の意味)とっととやってあまりの可愛さに悶えてください ただなんというか、前情報なしでよく俺は攻略順正解を引き当てたなあと。 その他の見所 フローチャートが便利! フローチャートによって分岐・回想・差分の回収がしやすいです。 ぶっかけで - CHAPTER 7-5• それはそれでブランドイメージが世間にしっかり定着し、毎回安定したクオリティを発信できていることの裏返しなのですが、「今回のゆずさんは一味違うな!」というブレイクスルーを今後に期待したいですね。 めちゃめちゃ細かいとこだと声優さんがすげえ。 服着替えないと』という台詞まで進める。 「喫茶ステラと死神の蝶」はタイトルてもダブルセンターだと思うんだよね。 恋人になる直前から明らかになっていることですが、ナツメはけっこうヤキモチ焼きなんですよね。 けどそれは、自分の力を使うことが友人のためにはならないと気づいていたからこそやめる決断ができたわけで。 今からでも遅くはないので、是非!喫茶ステラと死神の蝶をプレイしてくださいな!! ninetales910. 言葉にできません。 せんぱーい! って慕ってくれてた後輩に真顔で呆れられるの、こう……クるものがあるよね? 俺は何を言っているんだろうなあ…… 因みにエロ以外のCGが一番よかったのも愛衣でした。 愛って? 家族って? 月並みなテーマとも言えますが、だからこそ胸に来るものがありました。 ってなった 巫女姫様〜 あと問題の起き方か朝武芳乃ルートに似てたと思う というのも主人公と恋に落ちたことで命を狙われ始める 大袈裟かもしれない 状況、逆に恋に気づかなければ狙われなかったって言うのがそれっぽいなって感じた 伝われ あとラーメンの系譜 火打谷愛衣ルート ドエロ谷愛衣が頭から離れない、このルートの昂晴はちょっと引くくらい気持ち悪かったけどそれに全部応えちゃう愛衣ちゃんチョロ可愛い 付き合うまではなんか普通だなって思ってたんですけど!思ってたんですけど!!いきなり敬語からタメになる瞬間を目の当たりにして あ、好きってなった。 ナツメがカフェを続けていく上で、自分も彼女の力になるために選んだわけですが、正直びっくりでした。 仲良くなってく過程のとっから可愛いし、なんか、 全部可愛いわこの子。 こういうのは考えすぎ探りすぎてナンボですよねえ、ゲームだもん。 話の展開として、栞那が死神から人間になることは避けて通ることができないのは予め予測していましたので、この部分をどこに持ってくるかを楽しみにプレイしました。 深いところで• 多分このゲームにナツメがいなかったら文句無しぶっちぎりのランキング1位でした。 よろしくお願いします。 、ムービー面 アニメーションを使ったOPの出来栄えがよかったです。 友人のお姉ちゃん。 しかし、じゃあ人間に戻る過程はどうなるんだ?となりまして… そしたら栞那のことを諦めきれないが奇跡とも思えるようなことを起こして、栞那とが初めて出会った場面まで意識を飛ばしましたね。 青春を思い出すというかなんというか、この子はそういう要素がほんと強かったなあ。 またもや これは、サノバウィッチだよね。 性癖全開で、書きたいこと全部書いた気がします。 でもって、中身はピュアで純情で繊細な乙女で…年上ロリという新たな境地を開拓したと思っています。 誰かのためにと行っていたことが知らぬ間に自分の夢や生きる目的になっていたということもあるとは思います。 下手な恋愛マンガよりちゃんと恋愛してるから心の補充って気がしました 考察 色々雑なのは許してくださいそもそも曖昧で断片的な情報の繋ぎ合わせだからとてもガバガバ考察になってる 今回、喫茶ステラと死神の蝶を考察するに当たって 考察しようと考えた点は このゲームのコンセプト 四季ナツメは他ルートだと死ぬのか 明月栞那は他ルートだと消えるのか の3点です ゲームのコンセプトとは全体的に見て主人公の成長として何を重視しているかという点です。 どちらかというと栞那ルートの力点はこちらに置かれている気がします。 他ルートへの影響は少ないんですけど、「知らないまま他のルートやっててよかった」って事実がバンバン出てきたんで。 そしてなんだかんだ文句言いながらも始まるとノリノリな愛衣もしっかりド変態です。 それは生半可なことではありませんでしたが、栞那の協力もありを得た感じだったかと。 普段こんなことしないのに急に書いてるのは控えめに言って最高だったからです。 今作の好きなキャラ順位も、体験版から最後まで彼女のトップだけは揺るがなかったな。 1 栞那』が追加。 気になった方はプレイしてみてください。 選択肢は次の通り。 は安定してますね。 その上、自分が将来どうなりたいのかもわからない。 というか普通にアニメ化もしてほしいです。 シーン 選択肢 備考 AFTER STORY• みたいってつけるのが愛衣らしさが出てると思います そしてバレンタイン当日の告白シーン。 さて、四季ナツメシナリオですが、思えば、ナツメは栞那たちの素性を最初から 知っていたという、希や愛衣と異なる立ち位置だったのが不思議でした。 次回作に期待です。 任意一人攻略完毕后,涼音路线开放。 部活の友達とぎくしゃくした雰囲気になり、優しい性格の愛衣ちゃんは自分から距離を置くことを選びます。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. お前らに休日の喫で半日過ごすとか、そういう文化は無いのか?それで問題になって背景全部差し替えとか、マスターアップ前の大変であろう時に余計なかけさせてさ。 友人である宏人との会話を見ていても、彼らはいわゆる非と呼ばれる層でしょうし、恋人が欲しいなどと言っていても実際に行動を起こせるわけでもなくという状態です。 相変わらずゆずソフトの体験版は最高です。 シナリオの主軸も良かったですが、男性キャラの活躍も良かったです。 鈴音さんもこのことに気づいたからかそ、自身を変えていくのですよね。 これが一番面白いってわけじゃないです) 【明月栞那】 3週目に攻略 今作のメインヒロイン 他のストーリーでは設定だけでほとんど見せ場のない死神や蝶がガッツリ関わってきます。 これは惚れてしまうのも納得です。 膣内に射精する• が鈴音から受けた影響 このルートでは鈴音さんの過去へのスポットは少なく、どちらかというとが社会人として自分の好きなことに打ち込む鈴音に憧れを感じ、自分はどうしていくのか?恋人として出来ることは何なのかを考えている場面が多かったと感じています。 これらの点からこのゲームのコンセプトは将来の夢や展望だったのではないかと考えました 次に、四季ナツメは他ルートだと死ぬのか これを考えたそもそもの原因は千恋*万花の朝武芳乃ルートを選ばなかったら芳乃は呪いで死んでしまうのかみたいなのがあって今回もそんな感じに噂されるのかなってちょっと思ったからです。 笑いと涙もりだくさんでさすが安心と信頼のだと。 良家に生まれた和史が成績不良で家に居場所がなくなり暴走族(だと思う)チームに所属しそこで禄郎に会ったのにはちょー驚きだったんですが(当時の禄郎さん見てみたいホント)、事故って入院して親に手切れ金渡されて勘当されてた頃に出会ったのがの母アスミだったのですね。 そんな中で禄郎が足を捻挫し骨折するという不幸が起き始め、、、年末年始の舞の奉納についての話で、、、 どこかで聞いた名前ですね 吹きました。 昔も気合入れて卵料理作ったし。 また舐められたい - CHAPTER 7-3• ボロ泣きしなが見てました 孤独だと思っていたナツメが、自分は生まれてきてはいけなかったと思っていた彼女が、誰かを求め、願った場面の告白シーンだったと思います。 システム面 をプレイする上で真っ先に調整するのがコンフィグなのですが、はコンフィグの機能が他ブランドを圧倒するほど細かく設定できますね。 だってじゃん。 母の愛が、娘の幸せを見届けたいという強い想いがひしひしと伝わってくるのが希ルートでした。 幸いゆずはあとからでも購入が特典さえ無視してしまえばいけますからね。 文句なし。 けどこれで終わらず、現実に戻ってきたら栞那がいるじゃないかと。 全てが終わり、友人と仲直りもできた愛衣。 初日の出を見ながらの突然のキスで告白青姦かー!?と思ったらそれで終了… しかしナツメはこの時既にもう自分は十分生きたと諦めていたと感じています。 まあ数々のエロゲをクリアしてきた同士諸君なら幼馴染ヒロインがどういう属性かはなんとなくわかると思うんですが……共通で過去の話とか全然出ないので先にどんどん別キャラ進めるとオカンにしか見えない立ち回りするからね。 ・蝕みの瞳は目で蝶を捕まえることができる ・目の中に囚われた蝶は数十年後には消滅する ・瞳の中の蝶は自由に解き放つことができる ・蝶を解き放つ際に恨みなど負の感情を乗せると相手を呪える 愛衣はクライマックスまで蝶を解き放つことができませんが、それを抜きにしても蝶との関わり方が予想以上に大きくて驚きました。 基本、このゲームは純粋で良い子しかいません。 手作りチョコを渡されたらはそれを本命だと思うと言われていたものの、どこか実感がなく、恋愛のことがわからない愛衣のあたふたする様子がかわいすぎます!自分の想いに気づいて好きですと伝える前の「好き、みたい……です」のみたいが本当に愛衣らしくてなんの違和感もなくて、むしろこのワンクッションが愛衣自身の魅力を引き立てているように感じました。 ただ、共通ルートでよく見られた蔑み表情は、前作「RIDDLE JOKER」の胸パッドさん から継承された要素ですが、個人的には引き継いで欲しくなかったです。 主人公くんはお世話になっている神主 幼馴染の父親 からの頼みで、屋台で出し物をすることになります。 以上です。 けれどもこれで栞那の問題は一通り解決。 愛衣は友人の真意を聞いて自分の取った行動が友人を傷つけていたことを知りましたが、そこからの負の感情をきっかけに蝕みの瞳の蝶を開放する力が出てしまうと。 普通の幸せを獲得した 栞那ルートでは、共通ルートでも宏人との会話で取り上げられていた働いて恋愛して結婚して子どもができて家族をもつという普通の幸せというものをが獲得した形で終えているなと感じています。 とても無難なストーリーでした。 個人的な話は置いといて、次に主人公がヒロインと出会ってどうなっていくか。 いますけど、 プレイ始めてから1週間くらいは間違いなくナツメのこと考えてた時間の方が長いね。 トラウマ解消編• ところが、まだ少し未練があって、それをつないでいた一つの要因にのことはあったのかとは思います。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 4-6 希を送る - アフターストーリー 『喫茶ステラと死神の蝶』におけるアフターストーリーの攻略。 ぶれない。 ラストのまとまりもスッキリしていて、後味の良いお話でした。 栞那に射精を見てもらう - 栞那ルートをクリアする事で次の要素が追加される。 あるぇ?っていうのもあるからなぁ…。 首ごと差し出す どれを選んでも良い。 ナツメが入院してカフェどころじゃなかったなんて理由はなく、当時の社会情勢での営業が難しくてやめたというのが一言でいうとと。 一応全員アフターまでクリアしましたので感想でも書いていきたいと思います。 リドジョは唯一あやせクリアしてないので……とまだ暫くはに楽しませてもらえるなあ! と、いうわけで。 自然とゲームに入り込めたのも希ちゃんの魅力が大きく貢献していたからだと思います。 主人公くんのここでの役割は、ナツメに生への執着を取り戻させること。 そんな高嶺親子の和解のシーンには胸を打たれます。 ちょっとついていけなかったんですが、よくよく思い出してみればは栞那の鎌ではじめて切られたあと意識を失っていて、目を開けたらステラの休憩室でナツメの下着姿を見るわけで。 パパになるのは、また今度 - CHAPTER 8-1• 結果、ボタンの掛け違いが、すれ違いを生んでしまいます。 クールな性格のなので、その分付き合った後のデレ加減が反則級に可愛い。 オムライスの味を• 和史に栞那を紹介したは両親の過去を聞きますね。 よかったです。 凉音さんは共通で既に一定の解決を見ちゃってるのがね……一度区切りをつけたことを、もっかい、改めてちゃんと。 らしさのある優しい世界。 にとっては好きな人が目の前から消えてしまうことを告げられたわけですから。 CHAPTER 8-6• ストーリーも珍しく強めに蝶が絡んでくるためそれなりに見応えはあります。 以上によりフラグ構築篇で生きる意志を取り戻し、トラウマ解消編で心の問題を解決したナツメは、欠けていた魂を完全に埋めることができたのです。 実はこの子最初からバッドエンドが見えてる設定なんですよね。 日々エロゲに勤しむ同士諸君。 あえて汚す、外に! - No. ナツメを先にやってたのも俺的にはグッドだった。 EDでは各ヒロインのルートをふり返ることができる歌詞とムービーになっており、じっくり聞いているとこれだけでも満足感を味わえました。 もちろん、サブだからと言って手抜きなどなく楽しめる内容でした。 中にそそぐ• 4 愛衣 『火打谷愛衣』のアフターストーリーについて。 愛衣は自分から逃げることもやめて、一つ一つのことに真摯に向き合う女の子へと成長していったのだと感じながら終わりました。 ストーリーの出来に差はまああっても、 好感度下がったキャラは最後までいなかったな。 さて、ナツメルートのテーマが「自分の生きる目的」なのではないかと考えたのですが、実は悩みました。 大人ならではの芯のある台詞をズバッと言ってくれるシーンが随所にあり、社会人の私でも心を打たれたり、納得してしまう発言がいくつもありました。 メイド服大好きなのでたまらないです。 赤磐神社の本来の成り立ちを禄郎から聞き、赤い蝶の娘の魂が転生していると分かった時点で察しです。 自己満足を他の人に伝えて理解してもらうというのは、考えてみれば難しいことだと思います。 記憶を差し出す• 四季ナツメ 『喫茶ステラと死神の蝶』における『四季ナツメ』のルートの攻略。 無断使用が悪いみたいなまとめ・報道がされてたけど、実在する場所を参考にしている作品なんて腐るほどあるし、どうせ信者が店に迷惑をかけたのだろう。 火打谷愛衣 本作のムードメーカー的存在。 赤磐神社にいる赤い蝶は普通の青い蝶と違い、魂そのもの、人の心だと栞那から語られました。 フラグ構築後は、ナツメのトラウマ解消を目指します。 墨染希ルート 年下幼馴染で家族同然なヒロインというわりとありがちな設定ですね。 こういう年上お姉さん()にジト目されたい……されたくない? べた褒めなのに微妙な点数なのは、個別で全く伸びなかったからです。 自分の目で確かめてください(?) 寄りの学園とか純愛ばっかやって来た俺からすれば、割と衝撃でした。 母娘一緒に とはいうものの、展開が分かっていても泣くものは泣くんです;; 希が赤い蝶と共に舞うこのシーン、すごく力が入っていて赤い蝶が加わっただけなのにひたすら泣きました。 というか何書いてもネタバレになります。 ストーリーの核心は書かないから読んじゃダメとは言わないけど、未プレイ勢も自分でプレイしてほしさはありますからね。 愛衣の友人は登場回数が少ない上に達との接点がほぼないため、愛衣の真意をわかっていないように見せられていたと思います。 発売前に背景無断使用で云々…ってなって焦ったけど、無事発売してくれてよかった。 私の予測は当たりましたがこういう話の持って行き方には脱帽です。 そして不思議な事にだいたい美少女って感じなんですがナツメは女性っていう感じがとてもするのですテキストのせいか声優さんの力なのか女性っていうか同級生なのにちょっとお姉さんぽくて女の子ではない印象です。 2 ナツメ』が追加。 こぶむり最高やなあ 細かく言うと残念だったとこもちょこちょこあって、まあそれは仕方ないかなという印象。 お前年上のS気味気怠げフェラで滾らない男がいるのか? いないんだよなあ。 体の内側に教え込む• 最後にやるのがおすすめ。 とても良い子。 ここで、蝕みの瞳の特徴について整理しておきます。 恋人になるまで~死神という存在~ ルートの最初は栞那とデートしてるようにしか思えないような展開が続きますね。 友人からしたら自分は見捨てられたと考えてしまいます。 付き合い始めても結構振り回されてる感じが好きなんですよねえ(ドM)現実にいたらちょっとしんどいかもだけど(でも振り回されるのが好きなのはマジ)。 希はとの子どもも望んでいますし大団円といっても良いと思いました。 ちょろイン。 そんくらい素敵。 OPと聖地について ゆずソフトさんはOPにアニメーションを起用してくれるので、プレイ前からテンションが上がります。 ナツメとはもはや将来を誓ったも同然ですので、それにナツメがコンドーム買って子作りも計画的にしないとって言うくらいなので。 その原因となったのが「クリパでタコパ」。 なんだこいつエロの革命児かよ。 外に射精する - No. ナツメは自分の存在が両親の夢を諦めさせたと思い、自分の手で実現しようという一種の罪滅ぼしのような生き方をしてきたのだと思います。 しかしそうではなかった。 もうほぼずっとデレてるんですが、ツッコむときはツッコむし呆れるときは呆れるし 蔑むときは蔑んでくれるんですよ。 キャラにしても、シナリオにしても、私は希ちゃんが一番好きでした。 諸事情によりさくら、もゆ。 水着は汚せない、中に出す!• いや創作物なのは分かっているんですけど! そして、 バレンタインデーのチョコを渡すシーン、本当に震えました。 そして二つ目は、主人公の昂晴に関わる部分です。 ゲームのタイトル画面にある『タイトル切替』のアイコンからタイトル画面のデザインを変更できるようになる。 髪型の差分が結構あって良い。 体験版の時点ではナツメがであり栞那の死神パワーで一時的に生かされているだけではないかという予想が出されていましたが、当らずとも遠からず。 主人公が最中にエロに対する貪欲さを見せつけて、それに対して軽口をたたきながらもしぶしぶ従っちゃう愛衣ちゃんが本当に可愛かったです。 恋人になってから~愛の形~ 栞那と恋人になりましたが、死神の時と事情が変わるためと栞那の同棲生活がスタートします。 特に自分が叶えられなかったタコパの夢まで叶えてくれたことは大きく、初日の出を拝んでいる最中に自ら接吻をしに行くのでした。 生への意志• 恋人になるまで~終わりの始まり~ ナツメルートはナツメの過去に触れている部分が多く、なぜナツメが生きる自身を失っていったのかが分かる内容になっていたかと思います。 かわいい。 巫女ということで、千恋万花を知っているとおぉ?ってなる。 その一方でナツメが病院生活を送っていた時のトモダチたちに召集をかけ、同窓会を提案していきます。 四季ナツメ 最後はナツメちゃんです。 そもそも早い人なら序盤の 鈍器で惚れる。 これはやれば分かる。 だんだん何書いてんのか分からなくなってきたな。 タイトル切替に1つ追加。 バイトの誘いを受ける - 〃• 次からは各ヒロインルートの感想も踏まえつつ、テーマの考察を行っていきたいと思います。 振り返れば、『喫茶ステラ』は希ちゃんから起こされるシーンから始まります。 ノーマルED 『喫茶ステラと死神の蝶』における『ノーマルED』のルートの攻略。 これが本題 は幼い頃に母親を病気で亡くしており、また父親は海外働きが多く親からの愛情や誰かを愛するということに関してどこか疑問を持っている部分は回想シーンでちょくちょく出ていたのかと思います。 タイトル切替に1つ追加。 ナツメは過労もあって倒れて病院に運ばれてしまうのです。 各ヒロインごとに設定されたと思われるテーマから考察していきます。 私は無理です。 向こうが11以上でこっちが満点でもいい。 そもそも銀髪ヒロインに外れがあったことがないので外れなわけもなく。 栞那、ナツメ、希、愛衣から誰か1人のルートをクリアする事で、次の要素が解禁される。 そもそも大学生主人公が喫でバイトとか、その時点で補正がかかるよね。 ただの性癖じゃございません、ド真ん中。 ただ、エロゲ歴の長い紳士淑女の皆様については、買って損はないですけど、もしかしたら「ああ、いつものゆずソフトさんね……」と若干の物足りなさを覚えるかもしれません。

Next|Next|Next