アメリカ 渡航 制限

【随時更新】新型コロナウイルスに関する各国の留学渡航・語学学校に関する最新情報について

アメリカ 渡航 制限

(注:具体的な費用については,在カンボジア日本大使館のウェブサイトをご覧ください。 法的永住者や国籍所持者の兄弟や姉妹(未婚かつ21歳未満の場合)• アイオワ州• そのため、多くの州で緊急事態宣言や夜間外出禁止令が発令されており、米国の各地で緊張した事態が続いています。 アイスランド• 各社は乗客と乗務員に対してマスク着用を求めるルールを厳格化し、指示に従わない場合は搭乗を拒否するとしています。 ニューメキシコ州• 関西空港、国際線再開の動き 新型コロナウイルスの感染拡大で国際線旅客便が激減した関西国際空港では、海外との航空便再開の動きが出ている。 これらの国・地域においては,以下の情報いかんにかかわらず,同勧告を踏まえて行動してください。 アイルランド• ニューヨーク州は3月22日に自宅待機命令を発令し都市封鎖を施行。 米国の入国制限措置と新型コロナウイルス関連情報 ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州 3州合同で他州からの入州を制限 ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州の各知事は6月24日に合同で声明を発表。 ・全世界からのビジネス出張者のうち企業間が契約関係にあるなど「相当の条件」を満たす者。 入国日からさかのぼり72時間以内に発行された英文による診断書 新型コロナウイルスに感染していないことを証明する文書 を所持している渡航者に限り適用が除外されます。 【勧告内容 アメリカ国民に対して 】• 15日、ペルーのマルティン・ビスカラ大統領が、ウイルスの感染拡大防止のため国境を閉鎖すると発表。 3月26日より施行された14日間の自主隔離命令の主な内容は以下の通りです。 シアトル・タコマ国際空港(ワシントン州、SEA)• キャンセルされた面接予約日に来館しないようご注意下さい。 このため、する州の情報は忘れずチェックしておきましょう。 これはおそらく、チャーター機などによる避難救助などを意味しているのだろう。 日本については,相互主義の観点から,3月9日以降,日本に対する査証免除措置と既に発給された査証の効力を停止している。 感染症専門家の中からは「今のアメリカは数週間前のイタリアと同じ状況にある」と感染爆発を危惧する声もあがっている。 🇵🇦パナマ(6月19日更新) 7月21日まで国際線発着停止を延長。 4月20日から,出国者及び入国者は,空港の以下の場所・場合において,非医療用マスクを着用するか,又は鼻と口を覆わなければならない。 取得済みのビザを更新する方は• 外出を控える• 先に中国側はアメリカの航空会社が運航する中国-アメリカ路線の再開を認めない方針を示していました。 カンボジア 5月20日付けカンボジア当局の発表に基づき,カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む。 更なる延長の可能性もあり。 コロッセオやピサの斜塔などの世界的な観光名所や、世界屈指の観光地ベネチアもすでに再開している。 「日本の問題は、検査をしなければ、たくさんの感染者を見つけられないということだ」(マニトバ大学ジェイソン・キンドラチャック博士 ) 「日本は、クラスターにフォーカスすることで封じ込んでいるのか、あるいは、まだ見つかっていない感染者がいるのか、そのどちらかだ。 陰性証明書については,英語,ドイツ語,チェコ語又はスロバキア語で表記されたもの,若しくはこれら4言語のいずれかに翻訳されたものでなければならない。 いずれの国でも約6~8割の回答者がそのように答えている。 新たに対象となるのは下記の18カ国。 要COVID-19陰性証明。 10月からの予定。 茂木外務大臣は5日の記者会見において、1日にベトナム、4日にニュージーランド、5日に豪州の各国外相と電話協議したことを認めた上で、世界全体で見ても感染症がかなり収まっているこれら3カ国に加え、すでに40カ国以上とも協議を進めていることを明らかにした。 (英語、仏語、独語のみ) 🇧🇸バハマ(5月26日更新) 7月1日再開に向け準備中。 ノルウェー• フランス 3月17日から新たな決定があるまで,EU加盟国,シェンゲン協定国及び英国以外の出身者(仏又は欧州の滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く。 「国家の利益」のために入国が許される人 アメリカ合衆国への渡航禁止に影響を受ける人とは? コロナウイルスの流行に伴うアメリカへの渡航禁止は、世界中の何百万人もの外国人に影響を与えます。 コロナ禍後、あなたの旅行スタイルはどのように変わると思いますか? ビーチで座ること、立ち止まること、寝そべることを禁じますが、運動や散歩を目的としてビーチを横切ることは許可します。 ただし、日本政府は「レベル3:渡航は止めてください」としています。 中国からの渡航者に対するアメリカの空港規制 中国に対する渡航禁止の対象とならない人は、今後もアメリカ合衆国に渡航することができますが、湖北省や中国に最近滞在した人に対しては、 空港の使用規制があります。 老人ホームや介護施設への訪問自粛を要請。 その他の措置 (1)トランジットのための14日以内の英国滞在の場合は,14日間英国に滞在する必要はありませんが,英国滞在中は自己隔離をする必要があるほか,1.の滞在情報についても事前に登録しておく必要があります。 そう思わざるをえない状況が、アメリカでは日々刻々、生まれている。 これにより、アメリカ全州において外出に関する規制が緩和されました。 🇹🇴トンガ(6月13日更新) 9月12日まで国際線着陸を許可しない。 コロナ禍後の旅行スタイルの変化については、日本・韓国では「旅行の時期に注意する」「感染リスクが低い旅行先を選ぶ」といった慎重な考え方が約半数を占めているが、イギリス・アメリカでは「旅行の頻度を増やす」「より冒険的な旅をする」が日本・韓国を大きく上回った。 シカゴ・オヘア国際空港(イリノイ州、ORD)• しかし、香港・マカオの両特別行政区から到着する渡航者については、この渡航禁止の影響を受けないことが発表されました。 中国からアメリカへ渡航する外国人は、新しい規制の対象になりますが、 アメリカ国籍所持者および永住者であることに加えて、いくつかの例外があります。 🇲🇹マルタ (6月8日更新) 7月1日より18ヶ国に対し入国を許可する予定。 コロナウイルスに関する入国制限 アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は、COVID-19新型コロナウイルスの継続的な流行に対応して、 アメリカ合衆国を訪れる外国人渡航者に対して新たな規制を発表しました。 発行済み査証(ビザ)の効力停止などビザをめぐる措置は取らない。 詳細: (5月31日現在)6月15日より、日本を含む29ヶ国からの観光客受け入れを開始。 上記の義務に従わない場合はハワイ州の定めにより罰金などが科せられる場合がありますのでご注意ください。 H1-B 技能職および専門職の方に向けたビザ• 在日米国大使館・領事館 緊急ビザ面接予約リクエスト申請資格要件 通常のビザ業務については早急な再開を目指しますが、現段階において具体的な日程はお伝えできません。 筆者は拙著執筆にあたり、第二次世界大戦開戦を目前にした頃に日本で英語教師をしていた日系アメリカ人女性を取材したが、その女性の言葉を思い出した。 海外の渡航警戒事情 日本への渡航警戒レベル 2020年2月22日に台湾から日本への渡航について「注意」から「警戒」へとかわったばかり。 入国者は,65歳以上の高齢者や基礎疾患がある者等の脆弱な人々との接触を禁止する。 注1:入国制限措置と入国後の行動制限措置の双方の措置をとっている国・地域があります。 このため在外邦人が帰国できないということはありません。 緊急面接枠は限りがありますので、緊急面接に該当する条件については下記のウェブサイトをご覧下さい。 (5月26日現在)7月1日から再開予定。 ハワイへ寄港する旅客機およびクルーズ船の乗客に対し、検温面談でのスクリーニングを実施。 ウエストヴァージニア州• 過去14日以内に中国 香港特別行政区を除く またはイランへの滞在歴がある外国人は入国することが出来ません。 ・空港から自己隔離を行う滞在先までは直行する必要があります。 日本はこれまでもレベル2に引き上げた国から、今回と同様の入国制限を順次導入。 6月22日から,短期のビジネス関係者の入境が以下の条件の下認められる。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で入国時の検疫の強化 健康申告書等の提出 や入国、ビザ発給の制限が行われています。 詳細は 🇪🇬エジプト(6月18日更新) 全ての国際線発着を許可。 ニューアーク・リバティー国際空港(ニュージャージー州、EWR)• カリフォルニア州の発令に先立ち、ロサンゼルス郡も「外出禁止令」を出していた。 スペイン• フィンランド• マルタ• ジョージア州は27日より、他人との距離を取ることや従業員がマスクを着用すること等を条件に飲食店や映画館の営業再開を認めました。 アメリカ航空業界団体の最大手であるエアラインズ・フォー・アメリカ A4A に加盟する航空会社にて施行され、一部の航空会社では既にマスクの着用が義務付けられています。 アメリカ人が仕事で日本に来たけれどアメリカへ帰ることができなくなったり、その逆もありえます。 全米は日に日にロックダウンへと向かっているかのようだ。 ・3月19日午後12時より、有効な査証取得者であっても、現在UAE国外にいる場合は,2週間入国できません。 COVID-19コロナウイルスは、 中国の湖北省を発生源とするもので、最初の症例は2019年12月31日に武漢市で報告されました。 日本を含む新型コロナウイルスが発症している国・地域から北マリアナ諸島に入国するすべての渡航者は、14日間の自主隔離が求められます。 日本国籍の方の米国渡航 現地時間6月26日現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は日本の感染症危険情報度合いをレベル3 渡航中止勧告 としています。 イタリア• 🇻🇳ベトナム(6月8日更新) 7月1日より日本を含む80ヶ国の電子ビザを承認する予定。 再開の目途が発表され次第、随時情報を更新いたします。 もちろんこれは禁止や命令ではないから、勧告を無視してどこの国に行こうと個人の自由なのだが、ここにきて突然の国境閉鎖(ペルー、エクアドル、ヨルダン、モロッコなど)や国際線フライトの運航中止などにより「アメリカに帰国できない市民」が続出しているから厄介なのだ。 🇮🇷イラン(6月11日更新) 日本を含む低リスク国からの入国者はCOVID-19に関する自己申告書、自宅隔離に関する誓約書を提出し、検温・検査を受ける。 トランプ政権は韓国同様ドライブスルー検査を行う方針を示した。 (中南米)ガイアナ、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、ジャマイカ、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ニカラグア、ハイチ (欧州・中央アジア)ジョージア (中東・アフリカ)アルジェリア、イラク、エスワティニ、カメルーン、セネガル、中央アフリカ、モーリタニア、レバノン 航空会社向けガイドラインを国際民間航空機関(ICAO)が発表 国連(UN)の国際民間航空機関(ICAO)は、航空会社が運営する際の指標となるガイドライン「The CART Take-off guidance 」を発表した。 イラン• なお、子どもや病気などの理由により着用ができない方はマスクの着用が免除されます。 ルクセンブルク• ・レストランでのフードのテイクアウト(すでに店内での飲食は禁じられている)。 また、トイレ前に並ぶことも避けるべきとしている。 当Webサイトは、コンテンツの正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。 フランス• ワシントン・ダレス国際空港(バージニア州、IAD). サイパンを含む北マリアナ諸島では3月17日より入国制限措置を導入。 アメリカへの到着の14日前までにシェンゲン圏に滞在していた外国籍の人も、アメリカに入国できません。 ・EU,シェンゲン又は英国に定住所があり,交際相手,婚約者,祖父母,親,子,孫等を訪ねる者。 欧州23か国・地域:チェコ,ハンガリー,オーストリア,ドイツ,リヒテンシュタイン,スイス,スロベニア,クロアチア,ブルガリア,キプロス,マルタ,ギリシャ,エストニア,ラトビア,リトアニア,フィンランド,ノルウェー,デンマーク,アイスランド,モンテネグロ,フェロー諸島,モナコ,ポーランド• それだけ、新型コロナとの闘いが長期戦になることが予想されているのだろう。 外務省の危険情報が全世界に対してレベル2に 外務省は3月25日、全世界に対して「 危険情報」をレベル2に引き上げました。 アメリカの国務省のスポークスマンの談話では「アメリカ市民の安全面よりも優先順位が高いものはない」としながら、同紙は「今回のケースのように国外に取り残されたアメリカ市民を国が避難させるかどうかは明らかではない」と報じている。 (6月18日現在) 🇧🇩 バングラデシュ(6月22日更新) 有効なビザを持つ外国人対象:渡航前72時間以内に取得した陰性証明書を提出。 「当時、アメリカ政府から日本に住んでいた私に『1941年5月までアメリカに戻って来なければ、あなたがアメリカ市民であったとしても、政府はあなたの責任は持てません』と書かれた手紙が送られて来たんです」 2550万人が感染か 筆者が住むカリフォルニア州では、ついに全米初となる「外出禁止令」まで発令された。 6月15日から,以下に該当する者は入国を許可する。 米国内では非常事態宣言が発令されていますが、外出制限に関する規制緩和の判断は各州知事に委ねられています。 これは渡航警戒段階がレベル4という最も高い警戒段階だ。 米国内における規制の二極化は5月に入りさらに進むものと予想されますので、渡米する方は滞在する州の最新情報の収集に努めてください。 なお,以下については,ブルガリアにおけるトランジット(通過)を(通過後速やかなブルガリア出国が保証される場合に限り)許可する。 21歳未満かつ未婚のアメリカ国籍所持者や永住者の親や法的保護者• ・シェンゲン域に関連する国(EU加盟国でシェンゲン条約に加盟している国に加え,リヒテンシュタイン,ノルウェー,アイスランド及びスイス) ・ポルトガル語圏諸国とポルトガル間の便(ただし,ブラジルの便については,リオデジャネイロ及びサンパウロ発便のみとする) ・在外ポルトガル人が多く居住する英,米,ベネズエラ,カナダ及び南アフリカ共和国とポルトガル間の便 3月24日から,EU市民,ポルトガル語圏諸国の国民,ポルトガル在留許可を有する市民等を除き,旅行者等の入国を原則禁止する。 ハワイへ到着した後は速やかに空港から宿泊先へ向かってください。 また、診断書は7日以内に発行されたものに限ります。 結果が判明するまではホテルもしくは指定される場所での検疫となる。 もはや外国へ旅行、どころではない状況だ。 また、法令に従わなかった場合は、軽犯罪として対処される。 カリフォルニア州では3月19日に米国内で初となる外出禁止令を発令。 ・ノルウェー,アイスランド(グリーンランド,フェロー諸島を含む)及びドイツからの6泊以上の宿泊予約のある観光客。 )国民の入国を禁止する。 🇹🇹トリニダード・トバゴ(6月19日更新) 7月2日まで入国規制を延長。 感染者(193,785) 死亡者(9,012) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(8,777) 死亡者(248) ・ 感染者(12) 死亡者(0) 感染者(4,114) 死亡者(576) ・ 感染者(7,155) 死亡者(327) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)業務のための移動,その他必要な移動(通勤、外交官,国際機関職員,業務のため移動する軍関係者・援助機関関係者等) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)外国人(EU市民・シェンゲン加盟国民以外)の出国 (エ)必要な移動(保健,救急,高齢者ケア関連業務に従事する者、貨物輸送関係者、フィンランドの在留許可を得て入国する者等) ・ 感染者(187) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(161,348) 死亡者(29,752) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(3,984) 死亡者(207) ・ ア)ブルガリア国民,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む),セルビア,ボスニア・ヘルツェゴビナ及びモンテネグロの国民,並びにブルガリア国民の家族及び実質的にブルガリア国民と共同生活を行っている者,ブルガリアでの永住,定住あるいは長期滞在資格を有する者及びその家族,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む)の長期滞在資格を有する者及びその家族 イ)職務遂行のために移動の必要のある医療・福祉関係者及びその指導者 ウ)医薬品,医療機器,個人用保護具の供給(それらの設置及び維持管理業務を含む)に携わる労働者 エ)国際的な旅客・貨物運送に従事する交通機関職員,商業旅客機乗務員,船舶乗務員等 オ)職務遂行中の外国政府要人(国家元首,閣僚他)及びその同行者,外交官,国際機関職員,軍人,公安関係機関職員,人道支援関係者,及びその家族 カ)人道的理由により移動する者 キ)次の活動に直接携わる,貿易経済・投資活動の関係者及び他の者で,経済大臣または他の主管大臣による書面による証明を有する者及びその家族; ・ブルガリア共和国の戦略的・基幹インフラの建設・維持・開発・安全確保 ・投資促進法に基づくプロジェクト遂行 ・ブルガリアの経済にとって重要な潜在的投資等に関するプロジェクトの分析 ク)季節労働者及び観光分野における労働者 ケ)国境勤務従事者 ・ ・ ・ 感染者(60,382) 死亡者(367) ・新型コロナウイルスの感染者が確認された国からの渡航者に14日間の自宅隔離を義務付け(2020年3月26日~) 感染者(61,007) 死亡者(9,726) ・ 感染者(3,588) 死亡者(172) ・ ・ 感染者(40,415) 死亡者(1,549) ・ ・ ・ 感染者(33,119) 死亡者(1,412) ・ ・ ・ 感染者(5,311) 死亡者(251) ・ 全ての国境を閉鎖(2020年3月16日~) ・スコピエ国際空港を閉鎖(2020年3月18日~) 感染者(665) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(336) 死亡者(24) 感染者(101) 死亡者(4) ・日本を含む危険地域からの入国者に対して,自宅待機を推奨 感染者(14,714) 死亡者(490) ・ ・ 感染者(375) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(1,111) 死亡者(30) ・ 感染者(1,803) 死亡者(77) ・ ・ 感染者(83) 死亡者(1) ・ スイスを除くすべての国に対して入国制限を適用(2020年3月25日~) 感染者(4,133) 死亡者(110) ・ 感染者(24,505) 死亡者(1,539) ・ ・ 感染者(613,994) 死亡者(8,605) ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(2,463,543) 死亡者(126,185) ・ ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ (ハワイ) ・ 感染者(101) 死亡者(3) ・居住者を含め全ての渡航者は入国不可、出国は可能 感染者(3) 死亡者(0) ・すべての空港を閉鎖(~2020年4月20日) 感染者(26) 死亡者(3) ・ 感染者(76) 死亡者(6) 感染者(8) 死亡者(1) 感染者(4,808) 死亡者(107) ・ ・ 感染者(102,622) 死亡者(8,504) ・ ・ ・ 感染者(23) 死亡者(1) 感染者(2,315) 死亡者(85) ・ 感染者(13,769) 死亡者(547) ・ ・ 感染者(23) 死亡者(0) ・ 感染者(195) 死亡者(1) 感染者(2,277) 死亡者(12) ・ 感染者(1) 死亡者(0) 感染者(665) 死亡者(10) ・ 感染者(77) 死亡者(15) ・ 感染者(2) 死亡者(0) 感染者(15) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(29) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(19) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(14) 死亡者(1) 感染者(117) 死亡者(8) ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ 感染者(29,141) 死亡者(698) ・ 感染者(1,823) 死亡者(64) ・ ・ 感染者(5,211) 死亡者(88) ・ 感染者(104) 死亡者(11) ・ 感染者(97) 死亡者(7) ・入国する全ての渡航者は、政府施設において14日間の義務的隔離 感染者(28,030) 死亡者(547) ・ 感染者(146) 死亡者(9) プエルトリコ 感染者(1,533) 死亡者(149) 感染者(22) 死亡者(2) ・14日以内に中国渡航歴がある方は入国不可(ベリーズ国籍、居住者は対象外) 感染者(12,772) 死亡者(363) ・ 感染者(202,951) 死亡者(25,060) ・ 感染者(11) 死亡者(1) 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(52,444) 死亡者(1,150) ・ 感染者(882) 死亡者(25) ・ 感染者(53,156) 死亡者(4,343) ・ ・ 感染者(205) 死亡者(12) ・ 感染者(80,599) 死亡者(2,654) ・ ・ ・ ・ 感染者(319) 死亡者(8) ・ 感染者(259,064) 死亡者(4,903) ・ 感染者(1,392) 死亡者(13) ・ ・ 英国領フォークランド諸島 感染者(13) 死亡者(0) 感染者(1,233,147) 死亡者(55,054) ・ ・ ・ 感染者 (3,918) 死亡者(33) ・ ・ 感染者(268,602) 死亡者(8,761) ・ ・ 感染者(24,388) 死亡者(773) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(7,556) 死亡者(104) ・ ・クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した方は入国不可(オーストラリア国籍と入国前に14日間隔離された方は対象外) ・ ・ ・州および準州は、境界線の閉鎖や追加の検疫要件など、独自の制限を設けていることがあります Australian Capital Territory() New South Wales() Northern Territory() Queensland() South Australia() Tasmania() Victoria() Western Australia() Norfolk Island() Indian Ocean Territories() 感染者(30) 死亡者(2) ・ ・ ・ 感染者(224) 死亡者(5) ・ ・ ・ ・ 感染者(60) 死亡者(0) ・ 全ての非居住者は入域不可(2020年3月19日~) ・ ・ ・ ・ ニウエ ・ ・ 感染者(21) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(1,165) 死亡者(22) ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(9) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ ・ ・2020年1月6日以降に中国に滞在した方は入国不可 ・. 7月1日~7月31日の期間内で運航される主な定期便は以下の通りです。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、日本政府は22日、米国からの入国を制限する方針を固めた。 アメリカ国籍所持者や永住者の子ども・養子・被後見人・養子になる見込みのある人• その他、機内でのマスク着用、新聞や雑誌の持ち込み禁止、免税品の販売制限。 🇳🇴ノルウェー (6月26日更新) 7月15日からシェンゲン・EEA地域内在住者の入国規制緩和を調整中。 また、外務省は22日、米国全土を対象に「感染症危険情報」を、4段階のうちの上から3番目にあたる「レベル2」(不要不急の渡航をやめるように呼びかけ)に初めて引き上げた。 米国からの入国者は日本人を含め、ホテルなど検疫所長の指定する場所で2週間待機し、公共交通機関を利用しないよう要請する。 渡航中止勧告 その国・地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。 現地時間の5月27日より施行され、期間については明言を避けました。 本情報は,当局が公式に発表した情報を中心に掲載していますが,新型コロナウイルスをめぐる各国の対応策は極めて流動的ですので,本情報の内容から更に変更されている可能性もあります。 チェコ共和国• This includes being up-to-date on all recommended vaccines and practicing appropriate mosquito avoidance. アメリカでは、現地時間の今日(3月19日)が春の始まり。 しかし、店内に客はまばらだ。 アメリカ国籍所持者や永住者の配偶者• (日本からの渡航者にもアメリカ到着後、以前は2週間、今は無期限の室内待機が奨励されている。 また、COVID-19の症状が疑われる人に対しては、医療機関と連絡を取り、 中国への渡航歴やコロナウイルス 感染者との接触歴について伝えるように勧告しました。 日本からアメリカへ渡航した人は、 アメリカ入国後14日間の自主検疫等が推奨されています。 ・病院やクリニックでの受診や治療。 隔離要請の対象州 6月24日時点では8州が該当 : アラバマ州、アーカンソー州、アリゾナ州、テキサス州、フロリダ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ユタ州• 米国へ緊急で渡航する必要がある方はビザコールセンターへご連絡下さい。 🇮🇹イタリア (5月26日更新) 6月3日よりEU市民に限り検疫なしで他国からの移動を許可。 参考元 : The New York Times. 観光などで日本からハワイへ訪れる方に向けて渡航を控えるよう要請しています。 渡航は止めてください。 すべての市民および渡航者は公共の場においてマスクまたは布マスクの着用を義務付けます。 やまとごころでは、重点20市場における入国規制の状況を一覧にまとめています。 同紙によると、ペルーにはほかに何千人もの旅行者が立ち往生しているという。 しかしCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)騒動の中、若者がマイアミのビーチに大挙して押し寄せるなど問題になっていた。 21歳未満のアメリカ国籍所持者または永住者の親または保護者• ただし,過去14日間にオーストリア又は特定国以外に滞在していないことを証明しなければならない。 先述のように航空会社の国際線フライトもクルーズ船も相次いで運航中止を発表している。 子女を通学させているご家庭におきましては,学校スケジュール等をよく御確認下さい。 こちらが、 で、これまでの中国とイランに続き、シェンゲン条約に加盟している国 Austria, Belgium, Czech Republic, Denmark, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Poland, Portugal, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, and Switzerland を直近、14日間以内に訪れていた外国人の入国を制限するとしています。 ・7月1日からは,以下の22カ国との往来が可能となります。 EU及び近隣国以外からの観光客は6月30日までは受け入れない。 登録には,旅券番号,利用便名,搭乗券(乗船券,乗車券)の予約番号,到着空港(港,駅),到着日,14日間の滞在場所,滞在先の連絡先などの情報が必要となります。 同店でも入店者数の制限を開始、また、同じ商品は1人1つしか購入できないよう制限を始めた。 入国を希望する場合,海外のカンボジア大使館・総領事館等で,事前に査証を取得しなくてはならない。 適切な宿泊施設の予約確認書等が確認できない場合,入国は拒否される。 自己隔離 ・英国への入国後は,事前に申告した滞在先(自宅,友人宅,ホテルなど)において14日間の自己隔離をする必要があります。 以下参照。 デパートやリテール店も閉店しているところが多い。 グアム準州 外出禁止令・自宅待機命令が解除された州 現在、以下の州と地域では外出禁止令または自宅待機命令などが段階的に解除されました。 ジョージア州• ヨーロッパからアメリカへの渡航禁止がはじまるのは、今週の金曜日、2020年3月13日の午前0時からで、その後30日間続きます。 2人のニュースキャスターは通常よりも距離をあけて、テレビに登場するようになったのだ。 ネブラスカ州• 禁止期間は延長される可能性もあります。 スペイン• 3月20日には、ニューヨーク州のクオモ州知事が、ニューヨーク州やニュージャージー州など5つの州の全企業を対象に、22日の夕方から全従業員を在宅勤務にするよう命じた。 ネバダ州• イギリス、アイルランド、ブルガリア、ルーマニア、クロアチア、キプロスなどのシェンゲン圏に含まれない国については、到着の14日前以降に滞在していても、アメリカには制限なく入国することができます。 週内に運用を始め、当面、4月末まで行う。 ベルギー• 外国籍の者による域外国境(external border)(注:ウクライナ)からの入国については,一部の例外を除き認められていない(6月22日時点)。 渡航制限が解除されたうえで、実際に海外旅行に行きたいと思うのはどのタイミングであるか尋ねたところ、日本・韓国・イギリスでは「感染の心配がないと思えたとき」が最多、アメリカでは「航空券が手の届く価格になったとき」が最も多かった。 同様に、イタリア全土にも制限がかけられるようになりました。 解除に伴う規制緩和の内容は州や地域により異なります。 翌日のアメリカ株式市場は、予想通り、大暴落となりました。 また,職場や学校,公共の施設,買い物へ行ってはいけません。 また,これらの防疫措置で生じる費用は渡航者の自己負担で,カンボジアに入国する全ての外国人渡航者は,これらの費用の支払いに充てるために,カンボジア到着時に,当局に指定される銀行に最低3,000米ドルをデポジットとして預け入れなければならない(現金またはデビットカードでの支払い)。 不可欠な事業に従事する従業員とその顧客はマスクやスカーフ等を着用し、顔を覆う事を義務付けます。 アメリカに住む 日本人留学生や駐在員などは、この勧告の対象ではありません。 アメリカ軍の職員• 中国や韓国のほか、東欧の5カ国を除く欧州の全域とイラン、エジプトがすでに対象となっている。 ・必要な支援を受ける場合を除いて,家族や友人の訪問は受けてはいけません。 3月9日から,日本に対する査証免除措置と既に発給された査証の効力を停止しています。 延長する具体的な期間については明らかにしていません。 JL006 : 月・木運航• そのほかに、隔離措置が続けば、限られた公衆衛生資源が足りなくなってしまうといった医療崩壊を懸念する意見もある。 しかし一方で、新型コロナウイルス感染症の「ホットスポット」となったイタリアに観光客が戻るのかと疑問を投げかける声もある。 🇭🇷クロアチア(6月17日更新) EU以外からの入国禁止、6月30日まで延長。 但、日本政府はマレーシアを「レベル3:渡航は止めてください」にしているため、渡航禁止中であることは変わりません。 結果として、アメリカ政府は、ウイルスの影響を抑えるための措置を行うことになりました。 外国人の就労ビザ 年末まで発給を停止 6月22日、米国政府は外国人にアメリカでの就労を認めるビザの発給を一部に限り年末まで停止することを発表しました。 高齢者や持病のある人は不要不急の場合、渡航の延期を検討するよう呼びかけている。 (渡米だけでも大変なのに、これはさらに大変ですね…) また、14日間の待機を終えた後も、各州でまだ 外出禁止令が継続しています。 これにより米国とカナダの往来は基本的に禁止となりますが、国境付近の市民や企業の通勤・通学、ビジネス、緊急の要件は国境閉鎖の対象とせず、従来通りの往来が許可されます。

Next|Next|Next