ブラタモリ 沖縄

2018年度までの放送

ブラタモリ 沖縄

「別に番組した方がいいんじゃない?」とタモリさん。 呪いじゃなく治水事業広報なんだブラタモリは」. — Takayuki Ogata s15taka 「この岩はなんでしょう?」尾方さんが、最初に力だめし問題?が出されます。 最初に、「久高殿(御殿庭・ウドゥンミャー)」という神殿にきました。 鶴瓶さんは人とのつながりに、タモリさんは土地の歴史に思いをはせ、旅をしていきます。 その近くに「ニードルロック」とよばれる岩もあります。 海の中に「ヤハラズカサ」という石碑が。 平岸の地名が、アイヌ語の「ピラ・ケ シ」から来ているというのは、聞いたことがあると思います。 干潮の時だけ見えるんです。 モノレール会社の方に「おめでとうございます」と言われます。 昔は、久高島の女性は全員が神職になることになっていました。 久高島の民家の石垣にも琉球石灰岩が使われているそうです。 (最高の標高が17mだそうです!) 「日の出の信仰は根強いですね。 沖縄の方言で 太陽を意味する「 てだ」と、 その太陽の子どもを意味する「こ」〔 てだこ〕といわれています。 下のマップは番組内で映っていた赤門がある場所を表示しています。 味はいいし、景色もいいし最高の場所ですよ!• 鶴瓶さんの絶妙な質問のおかげで、モノレールのことがすごくわかります。 <出典:南城市 観光情報> ここで、琉球大学 尾方隆幸さんが案内人として登場。 「ゴムなの?」驚く鶴瓶さん。 ニライカナイ橋 ・沖縄県道86号-南城市知念 このトンネルを抜けるとニライカナイ橋、目の前には一面の青い海!とそこに浮かぶ久高島! ・沖縄県道115号 旧道-本部町 ・海洋博公園の青空エスカレーター-本部町 天国に昇っていくような気分が味わえます😌 — Yutsu yutsuphoto 橋をドライブすると見えてくる青い海の絶景に久高島が浮かんでいます! 絶景ポイントは橋の上の小高い丘です。 にわかに信じがたい話だが、単なるこじつけ異常の関連性があるという。 次に向かったのは、斎場御嶽のシンボルともなっている 三角岩。 観光客にもおなじみ、迷宮のように広がっている市場にひそむ、「新しい那覇」発展の秘密とは?海に突き出た岩山と不思議な建物が物語る「かつての那覇」の姿とは?そして、琉球王国時代の貿易の拠点だったという「御物城(おものぐすく)」があったという場所に行ってみると・・・何とそこは、米軍の基地だった!?今回特別な許可がおり、タモリさん米軍基地の中に潜入!そこで発見した琉球王国時代の痕跡とは一体…? でもいつの日か向き合う時は来ると思っていて、そのタイミングを計っているところでもあるんです。 いくつかTwitterから引用しよう。 ウミヘビ(イラブー)の燻製をつくっている。 この駅までは、2019年10月に延伸されたそうです。 贅肉が削がれ逆に骨格が浮き彫りになった。 そのとき立ち会った千里さんの記憶鮮明な説明を受けながら。 大広間や一番座という意味を持っており、前面には、磚(せん)の敷かれた祈りの場(ウナー)があります。 タモリさん達は壺屋大通りを抜けて 平和通り商店街に向かっていました。 斎場御嶽はもともと鍾乳洞だった。 「口があいてるのはちょっと」 蛇さんの口が開いてます! 果敢に手をだすが、持った瞬間驚かされて「キャー」と叫ぶ。 ブラタモリ、横浜へ! 今や、人口370万の巨大都市・横浜。 琉球王国最高の聖地である、斎場御嶽(せいふぁうたき)に 斎場御嶽 は 、森の中に6カ所の祈りの場がある聖地。 「観た人たちがこの映画を通して、これまでと違った視点から戦争の愚かさや平和の尊さ、命の意味について見つめ直して頂きたいと願います。 昔の人は三角形の穴、トンネルに神秘的なものを感じ、聖地にしたのです。 鶴瓶さんもこの言葉を気に入った様子。 地滑りを起こし、その上の琉球石灰岩の層が割れて生まれたものです。 南西諸島の西側に、南北1千キロに及ぶ海底のくぼみである 沖縄トラフ ができ、泥はそこに落ち込むようになります。 【ブラタモリ鶴瓶】浦添ようどれ 13世紀英祖 えいそ 王が築いたと言われているお墓で、17世紀に尚寧王(しょうねいおう)によって改修されました。 「大庫理(うふぐーい)」とは、聞得大君(きこえおおきみ)という琉球王国で最高の神職の女性が就任式を行った場所。 チャーターしていた船に乗り、 20分ほど で 久高島へ。 「リニアモーターカー?あれは磁力でとんでる」 2019年10月31日に、火災があった首里城を通ります。 「沖縄は面白い。 志摩の絶景の特徴は、「ギザギザ」と入り組んだ海岸線と、海に浮かぶ「モコモコ」とした森。 と小さい馬です。 琉球王国時代の初めから戦後の話まで盛りだくさんでしたね。 御物城の場所  ニュー那覇の始まり「壺屋」 番組ではオールド那覇がニュー那覇に移動した理由を知るために、那覇市壺屋へ向かいました。 室町時代の「美」がそのまま残る天龍寺の曹源池庭園。 いくつかTwitterから引用しよう。 まだまだ回りきれてないから 久高島はまた訪れたい島。 このツアーでは、実際に当時この炭鉱を掘っていた人が、今はガイドとして案内してくれました。 二年に1回「イザイホー」という儀式があります。 沖縄をつくった アマミキヨという女神が、東から本島のこの場所に上陸したといわれています。 「ほんとに暗い」 お墓に近づくと明るい石作りの道。 門は、冬至の日に、日の出が見られるように作られています。 鶴瓶さんもこの言葉を気に入った様子。 このあたりの話は、FMアップルで昨年お話していますので、興味のある方はから聞いてみてください(2015年5月21日放送 平岸地名考~北海道に平岸は三つあった 22分~24分あたり)。 英祖王のお母さんのお腹に太陽がドカンと入って、身ごもった。 「なんでトンネルつくりはったの?」 「傾斜が急すぎたんでパーミルゆるくしたんです」 今日はパーミルが大流行。 今回から新しいパートナーとして近江友里恵アナウンサーが登場!タモリさんと一緒に、春の京都を旅します。 首里城では、琉球石灰岩が土地が浸食されるのを防ぐため、高台の形状が維持されています。 ハイサイ!ブラタモリ!ついに 南国・沖縄へ!今回の舞台は、450年にわたって琉球王国の都だった那覇市の首里地区。 「日の出」をキーワードに東へ向かえば、沖縄の文化や歴史を知ることが出来るそうです。 講演活動なども精力的に行っており、沖縄の歴史に関する本を多く出しています。 大庫理(ウフグーイ) 御門口から登っていくと左手に見える最初の拝所です。 鍾乳洞の天井は風化と浸食がすすむと、重さに耐えられなくなり崩落する。 タモリさんと鶴瓶さんはモノレールの中で出会い、終点まで行くことに。 「M1ではるん?」と鶴瓶さんが、モノレール会社の案内の社員さんに尋ねる。 首里は、世界遺産・首里城のふもとにひろがる高台のまちです。 市内には、真田が段差を存分に生かしてまちづくりをおこなった痕跡が、今もたくさん残っています。 アマミキヨはあらゆる恵みを沖縄にもたらしたとされていて、その1つが稲作です。 後光もさしてありがたい。 世界遺産にもなっている聖地です。 泥岩の上に堆積している琉球石灰岩は、気孔が多く水を通す作用があります。 97歳だけれど、お店で電卓もあやつるおばあちゃんみたい。 冬至の 小豆カボチャの考えが一緒でした。 今度確認してきますね。 島で、すごくいい顔のおじいちゃん、家族でこちらに住んでいる切符売り場の方、「出産は陣痛が来てから船で本島に渡った」という女性などとお話します。 また、来年も続いてほしいです。 そこでタモリさんたち一行は、昔の沖縄の人々が太陽や日の出をどのようにとらえていたのかを知るために東へ向かいます。 現在は米軍基地の中にあります。 はるかなる琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を「神の島」といわれる久高島からわざわざ運び入れ、それを御嶽全体に敷きつめました。 5年目となった今年の番組で、二人は早めに別行動になったそう。 html 首里城を含む沖縄島中南部や宮古島周辺の地層のベースは、泥岩です。 三庫理(サングーイ) 二本の鍾乳石と、三角形の空間の突き当たり部分は、それぞれが拝所となっています。 【続き】そして、その舞台となった浦添の松本哲治市長より、本作へのコメントを頂いております。 なぜ1番日の短い冬至の日なのか。 沖縄の新たな一面を知れたので、また沖縄を訪問する楽しみが増えました!! 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。 5年目となった今年の番組で、二人は早めに別行動になったそう。 「石灰岩だ」 ブラタモリのために勉強しているという鶴瓶さん、大正解。 ここは、泥岩の上に石灰岩がのっている地形。 当時の沖縄の人々の世界観は、太陽が東にある穴から出てきて西の崖の穴に沈み、暗い道を通りまた太陽が穴から出てくると考えていました。 久高島は、沖縄本島から見て東の方向にあるので、昔の人は久高島のことを「神の島」と考えていたようです。 次に、鶴瓶さんは、先ほどおばーちゃんのひ孫、島の最年少の赤ちゃんを抱きながら、内間さんご夫婦に、島での暮らしぶりなどについて話を聞きました。 その近くに「ニードルロック」とよばれる岩もあります。 鶴瓶さんとは、分かれます。 付加体とは、海洋プレートが沈み込む際にはぎ取られた堆積物です。 鍾乳石がつららのように下がっています。 首里城の石積みの技術は、大陸文化の影響で、本土よりも早期に発達していたと考えられます。 ブラタモリ、熊本へ! 今回の舞台は、日本を代表する名城・ 「熊本城」。 「霊能力なさそうだもんね。 フィリピン人のお嫁さんの舅さんがやっている島内に一軒しかない「内間商店」に、先日「 カジマヤー(風車祭)」という97歳の長寿のお祝いをしたお婆ちゃんがいると教えられ、訪ねました。 ここには、鶴瓶さんも訪れたそうです。 最初に、「久高殿(御殿庭・ウドゥンミャー)」という神殿にきました。 私が立ち止まって写真をとるたびに、おっちゃんは 「こんなんの何がいいんねぇ〜」と言ってくる。 タモリさん一行は、一番東のカベール岬に来ました。 斎場御嶽は、もともとは 地下の鍾乳洞でしたが、鍾乳洞の天井にあった山は風化と浸食により徐々に薄くなり、最後は崩れ落ちて今の様な神秘的な岩場の空間が生まれました。 ごめんね、ばあちゃん。 まだまだ回りきれてないから 久高島はまた訪れたい島。 「穴がどこにあるか探したりしたでしょうね」 穴(てだか穴)があると考えられていたのは、 久高島(くだかしま)。 (今は男性も斎場御嶽に入れます。 ありがたさを感じるために、鶴瓶さんに門にたってもらいます。 寄満とは、王府用語で「台所」を意味しますが、貿易の盛んであった当時の琉球では、世界中から交易品の集まる「豊穣の満ち満ちた所」と解釈されています。 料理はアジアンフード。 — 綾女欣伸 ayaminski 神殿だったという建物は、あの世とこの世を繋ぐトンネルのようになっています。 」 と聞いて、傾斜を見ようと、身を乗り出すタモリさん。 トンネルのような感じです。 Contents• 冬至の太陽のルート上には、浦添ようどれや久高島を結ぶラインであり、ありがたいものが多い。 世界遺産に登録され、6つの祈り場がある聖地で国家的な祭事が行われていた場所です。 「心が痛いね」とタモリさん。 それは昔、浦添が琉球の王府として繁栄した時代の英祖 えいそ 王を、太陽の子と敬称したことに由来するのだそうです。 どうぞよろしく。 ロケ地は沖縄です! タモリさんは「土地の歴史・地形」をテーマに、鶴瓶さんは「土地柄・人柄」をテーマに、同じ日、同じ場所で旅します。 那覇の中心といえば、年間600万人の観光客でにぎわうメインストリート・国際通りですが、その周辺は、実は70年ほど前までは、湿地や畑が広がるたいへんさびしい場所でした。 沖縄では神様は東の海からやってくると考えています。 石灰岩は、コンクリートの原料として知られ、サンゴや貝などの死骸がもとになる加工しやすい軟石です。 まとめ• お二人のやり取りが楽しい沖縄のモノレール「ゆいレール」のシーンが私へいあらんとしては一番おもしろかったです。 浦添城址(浦添グスク)の敷地にある前田高地は、沖縄戦を題材にしたアメリカの映画「ハクソー・リッジ(原題:HACKSAW RIDGE 」の舞台として有名になりましたね。 沖縄には、ある世界観があります。 モノレール会社の方に「おめでとうございます」と言われます。 それは、その先に進めない男性たちが、祈りをささげる場所でもありました。 首里城もはいっています。 次に訪れたのは、 寄満(ユインチ)という祈りの場所。 ブラタモリ、ついに伊勢へ! 毎年800万人以上の観光客が訪れる、三重県の伊勢。 浦添ようどれでは、案内人の質問に全問正解する鶴瓶さん。 NHKドラマ「テンペスト」の時代考証も担当していました。 空洞化が進むと、自然に崩落してしまう。 「東に移動すると、秘密がわかります。 泥岩は地すべりを起こしやすく、すべって、三角形のすきまができたのです。 市内には、真田が段差を存分に生かしてまちづくりをおこなった痕跡が、今もたくさん残っています。 味はいいし、景色もいいし最高の場所ですよ!• 那覇の中心といえば、年間600万人の観光客でにぎわうメインストリート・国際通りですが、その周辺は、実は70年ほど前までは、湿地や畑が広がるたいへんさびしい場所でした。 船は若い兄弟でやっているそう。 ちなみに農連市場はNHKの朝ドラ『ちゅらさん』で、えりーのお母さん(勝子さん)が働いていたところです。 カフェくるくま 久高島を眺めることができる絶景カフェのくるくま。 本島から戻ってくるのはいやだったという赤ちゃんのママでしたが、子育てには安心。 関東では秩父セメントの武甲山が知られるように、日本では各所で石灰石が産出されます。 」 と聞いて、傾斜を見ようと、身を乗り出すタモリさん。 12年に一度の午年に行なわれる久高島最大の神事イザイホーの聖地・御殿庭(うどぅんみゃー)。 昔の、映像が流れました。本当に女性だけで、神秘的でした。 神殿の左側の建物は、 イラブー(ウミヘビ)の燻製を作る場所だそうです。 みんなで一番前でかぶりついて傾斜を観察します。 ただし、予約はできないけどね。 贅肉が削がれ逆に骨格が浮き彫りになった。 那覇空港・那覇市内からは40~50分ほどで到着。 伊勢神宮をはじめとした日本を代表する人気スポットですが、すでに江戸時代には日本人の6人に1人が訪れていたといいます。 」と喜ぶ社員さん。 ハイサイ!ブラタモリ!ついに 南国・沖縄へ!今回の舞台は、450年にわたって琉球王国の都だった那覇市の首里地区。 ここを歩いて霊力を身につけるというもの。 とか言いつつ、実はテレビがよく来る島としてちょっぴり有名だったりします、よね。 「好きなこともちがうからね」 「でも心はつながっている」と鶴瓶さん。 案内人の上里さんの東へ行ったら、というおすすめを断り、好きに散歩するという鶴瓶さんです。 沖縄では女性に霊力が備わっているという信仰があり宗教行事を司っていて、御嶽は男子禁制の場所でした。 5mしかありません。 でも今回のブラタモリに出てきた久米村の人たちは、明国から派遣されてやってきた、いわゆるオフィシャルで琉球に移住した人たちのことなんだと思います。 鉄道は傾斜には弱いけれど、モノレールは強い。 ゴムのタイヤでレールを挟んでいるんですね。 おまけ さて、ブラタモリ沖縄-那覇編はものすごく濃い内容でした。 首里に朝廷があったころは、王族しかこの聖なる斎場御嶽に入ることが許されず、年の初めの神事でここから初日の出を拝んだとそうです。 外部サイト. ブラタモリ&鶴瓶の家族で乾杯:てだこ浦西駅でお題が出てくる! 浦添図書館長 上里隆史さんが案内人です。 暗しん御門(くらしんうじょう)という門を通ります。 カフェくるくま 久高島を眺めることができる絶景カフェのくるくま。 鍾乳洞の天井は風化と浸食がすすむと、重さに耐えられなくなり崩落する。 なかなか 面白いおっちゃんに出会えました! こんな建物から、余裕でいきなりばあちゃんが出てきたりするから一瞬驚きます。 建物の向こうは神様の国だと考えられていました。 タモリさんは、終点の浦添まで40分。 「大庫理(うふぐーい)」とは、聞得大君(きこえおおきみ)という琉球王国で最高の神職の女性が就任式を行った場所。 カジマヤーの祝いでは、オープニングプンカーにのって、風車を持ってお祝いしたそうです。 石灰岩は、コンクリートの原料として知られ、サンゴや貝などの死骸がもとになる加工しやすい軟石です。 「馬は初めてですか?」 と聞く林田アナに、「カーボーイだったのは昔だ」と謎の答えのタモリさん。 カベール岬 — にわとまと snowcat5201 ブラタモリ:久高島へ ブラタモリ一行は、定期船で買える鶴瓶さんとすれちがいながら、久高島へ。 沖縄ロケは2019年11月6日水曜日だったそうですが、沖縄の気温はなんと27度! さすが沖縄、暑いですね。 鶴瓶さんの質問力がすごいです。 首里は、世界遺産・首里城のふもとにひろがる高台のまちです。 岩が崩れたあとがあるのは、沖縄戦の激戦地となり「暗しん御門(くらしんうじょう)」も大きな被害を受けたからです。 ここは、泥岩の上に石灰岩がのっている地形。 「おもしろいね。 なので、海外からの観光客や在沖の米軍関係者の訪問も増えているようです。 うたきは、祈りの場という意味で、ここは、沖縄の人の信仰を集め。 「石灰岩だ」 ブラタモリのために勉強しているという鶴瓶さん、大正解。 英祖王のお母さんのおなかに太陽がドカンと入って、みごもったという伝説があります。 アイヌ語が成立するより数百年前に書かれた古事記の中で、あの世とこの世を結ぶ黄泉平坂(よもつひらさか)という地名が出てきます。 このうたきはたくさんある聖地の中でも最も重要で、一番大切なことを決まるうたきだったそうです。 地下を通って、穴から出てくる。 2つの人気・旅バラエティのお正月恒例となったコラボレーションも今回で5回目。 ブラタモリ&鶴瓶の家族で乾杯:てだこ浦西駅でお題が出てくる! 浦添図書館長 上里隆史さんが案内人です。 お墓に通じる道には、暗しん御門(暗い道)と言われる道がありました。 沖縄はやっぱり日の出とともにある」 最後に、スタジオのトークです。 大学入学のため上京し、真っ先に沼田を目指したというタモリさん。 するとカルシウムが多く、地中に長く留まっていた証となる、高い電気伝導度も計測されました。 ブラタモリと、鶴瓶の家族に乾杯とのコラボは、5年連続です。 久高島の東には ニライカナイがあって、東に行くほどありがたいと考えていました。 伊勢神宮をはじめとした日本を代表する人気スポットですが、すでに江戸時代には日本人の6人に1人が訪れていたといいます。 にぎやかに てだこ浦西駅に到着します。 謎に満ちた神秘的な久高島。 関東では秩父セメントの武甲山が知られるように、日本では各所で石灰石が産出されます。 優雅な曲線を描く首里城の石垣は、サンゴの贈り物だった?高台にもかかわらず湧き続ける「沖縄一」の名水の秘密とは?かつては首里城の周辺だけで作られていたという沖縄の伝統酒「泡盛」と、沖縄で発展した武道「空手」、そしてサンゴの意外なつながりとは?タモリさんと桑子アナウンサーが空手の師範に弟子入り!勝ったのは・・・どっち!?• 一体、その「美」の秘密は何なのか?タモリさんが解き明かします。 サンゴが育つ条件は、海が浅く澄んでおり太陽光が届くことです。 この古くからの都が、「サンゴでできている」とはいったいどういうことなのか?サンゴがもたらした首里発展の秘密を、タモリさんが解き明かします。 5mの久高島が、ギリギリ海の上に残っている状態だそうです。 スタジオの画面で、「久高島を訪れる際に守ってほしい」ことを、小野アナウンサーが紹介。 沖縄に暮らすステキな家族との出会いを果たす。 久高島は人口150名。 沖縄の方は太陽をどう思っていたんでしょう。 タモリさんとのやり取りが絶妙でした。 「沖縄は面白い。 ここは石灰岩の侵食でできた空間、下のやわらかい泥岩の層が崩れることで石灰岩が傾いてできた空間、で構成される。 てだこ浦西駅!ゆいレールが10月に浦添まで延伸したので、先日乗車してきました🚝 終点のてだこ浦西駅にはパークアンドライド用の駐車場があり、ロータリーは工事中でしたがバス停が出来るのかな?これから賑やかになりそうですね😊 — リウボウ旅行サービス RyuboTravel 「てだこ」とは沖縄の方言で「太陽の子」という意味で、ゆいレールてだこ浦西駅のある浦添市は「てだこ」と名前の付いたものが多いです。 」松本哲治(浦添市長) — 映画『ハクソー・リッジ』公式 hacksawridgeJP 浦添城址へのアクセス 住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間53 那覇空港から車で• 昔の人は三角形の穴、トンネルに神秘的なものを感じ、聖地にしたのです。 この島はかつて炭鉱で栄えていました。 【ブラタモリ鶴瓶】ゆいレールてだこ浦西駅 タモリさんと鶴瓶さんはゆいレールの那覇空港駅から出発し、ゆいレール終点のてだこ浦西駅へ向かいます。 「よくよく考えると河岸段丘とか断層とか暗渠とか、どれも治水に関係する場所だから被害も出るんだろうなぁ…という必然を感じた。 スタジオの画面で、「久高島を訪れる際に守ってほしい」ことを、小野アナウンサーが紹介。 ここを歩いて霊力を身につけるというもの。 御嶽の中には、六つのイビ(神域)がありますが、中でも大庫理・寄満・三庫理は、いずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前をもっています。 琉球石灰岩と泥岩が重なってできた地層があって、湧き出した水が、泥岩の層のところから湧き水となってでていました。 首里城の石積みの技術は、大陸文化の影響で、本土よりも早期に発達していたと考えられます。 首里城の石垣の秘密:ブラタモリ首里城 ブラタモリは、首里城の石垣が、本土と異なり曲線を描いていることに気づきます。

Next|Next|Next