イラン ソレイマニ

図解と時系列でみる米・イランの対立 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

イラン ソレイマニ

こうした脆弱な施設を攻撃する可能性も否定出来ない。 また、彼の殺害に対し「報復」を誓ったイランの最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ師とは、強い繋がりを持っていた。 ソレイマーニーは2007年3月、 ()の対イラン制裁の対象者のリストに記載された。 ソレイマニ司令官率いるコッズ部隊の、アメリカへの攻撃的な行動 上記理由を説明するために、まずはソレイマニとは何者か? を簡単に述べましょう。 立場は似ているのに、団結してゆく欧州の国々と異なり、日本のなんと孤独なことか。 まず、イランはアメリカとの力の差を十分認識している。 難しい舵取りだ。 2020年1月3日閲覧。 ソレイマニ イラン司令官 暗殺についてのまとめ いかがでしたか? 今日はソレイマニ イラン司令官 の暗殺について• イランのトップに立つ可能性があったソレイマニ司令官 そのような革命防衛隊において、イラク、シリア、レバノン等を中心とした対外工作を担う、精鋭クドゥス隊のソレイマニ司令官は、まさにイランを代表する軍事的英雄でした。 区域近くの着弾も含めて、バグダッドで計3発のロケット弾が着弾。 経歴 [ ]。 こうした中、5月に誕生したイラクのカディミ政権はイランの影響力排除に動き出している。 一つは、また難民や移民が押し寄せてくるのではないかという不安。 その後、2010年代にはサウジアラビアの駐米大使暗殺未遂事件への関与やがへ奪還作戦を行った際は現地入りし、地元民兵組織の作戦調整などを行っていた。 1つだけ言えるのは、アメリカは戦争を欲しているということです。 同司令官は3日未明、イラクの首都バグダッドの空港で米軍に殺害された。 つまり、ソレイマニを攻撃しようと思えば、いつでもそれを実行することは出来たと考えられている。 しかし日本と決定的に違うところは、欧州の国々はNATO同盟国の義務として、自国の軍隊が、訓練だとか演習だとかの言い訳ではなく、戦争をするためにイラクに行かなければならないかもしれないことだ。 オバマ政権の親イラン政策を忘れてはいないかもしれない」とケチチャン氏は述べた。 (6)1月4日、トランプ氏、イランが米国の国民または資産を攻撃した場合にはイランの施設52か所に対し「迅速かつ猛烈に」反撃すると警告。 2019年6月に日本のタンカーが爆撃された事件も、米中央軍はこの革命隊が実行したと発表している。 2019年4月にアメリカのトランプ政府は、イラン革命防衛隊を「外国テロ組織」にした。 兵士としてあなたの脅威に対応するのが私の義務だ。 現地では、先代のホメイニ師が提唱した「法学者の統治 ヴェラヤーテ・ファキーフ 」を継承し、宗教指導者を国のトップに据えるのではなく、革命防衛隊がクーデターによって軍事政権を樹立するのではないかと、まことしやかにささやかれているというのです。 7日に発言を撤回。 彼の死がなぜ一大事なのか? アメリカが政府高官、特にイランの影響力のある軍人を直接標的にするということは、過去に前例がない。 このようなことから、 たくさんの人がソレイマニ イラン司令官 を尊敬し崇拝していたと言われています。 ソレイマニ将軍の遺体はこの後、イスラム教シーア派の聖地コムに移動する。 撃ち込まれたロケット弾は3発で、これにより8人が殺害され、内 4人がソレイマニ イラン司令官 を含む重要人物だったとか。 しかしその直後に米国がソレイマニ司令官を『斬首作戦』により殺害したため、これが北朝鮮にかなりの心理的圧力として作用しているとの見方もある」 「米国は無人攻撃機(ドローン)MQ9リーパ-を使ってソレイマニ氏を殺害したが、韓国軍周辺では『これは金正恩氏が今姿を隠していることと無関係ではない』との見方もささやかれている。 イランの最高指導者アリ・ハメネイ()師が報復を宣言した一方、米国防総省は中東地域に最大3500人の部隊を増派すると発表。 2015年3月31日閲覧。 しかし「ソレイマニ殺害でAかBかCか……いやDになるかもしれない。 フランスは、3日金曜日以降、トルコのエルドアン大統領や、アブダビ皇太子、プーチン大統領と会談し、関係者との会談後には公式報告書も発表しているが、スレイマニ氏殺害については一切言及されていなかったという。 中露はイラン支持鮮明に-2つに割れる世界と新冷戦時代 報道によれば中国とロシアは、イランへの支持を鮮明にしたそうです。 まず、 ボレルEU上級代表(外務・安全保障大臣に相当)は、「最も重要なのは、地域の安定化である」「EUは、影響力をもちうるすべての関係者とパートナーに、この決定的に重要な瞬間に、最大限の抑制を行い、責任を示すように呼びかける」と述べた。 通常、 FTOはアルカイダやオウム真理教のような非国家主体が指定されるが、初めて国家機関である革命防衛隊が指定されたことで大きな話題となった。 (今回の思いがけない事件で、最も真っ青になっている国の一つは、イスラエルだろう)。 国内にそれほどの波乱要因を抱えているなかで、イランとてアメリカと戦争をできるだけの体制は整っていません。 (4)2020年1月3日、ドナルド・トランプ()米大統領の命令による空爆でソレイマニ司令官が死亡。 父の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記も米国がアフガニスタン(2001年)とイラク(03年)を攻撃した際、1~2か月にわたり活動を中断した」 「韓国の国立シンクタンクのある関係者は『ソレイマニ氏の殺害は米国の斬首作戦能力を北朝鮮に誇示したものであり、これでは北朝鮮としても軍事行動を取りにくくなるだろう』とする一方、『中長距離ミサイル発射や核実験再開の動きを示唆する程度の軍事挑発に乗り出す可能性は考えられる』と予想した」 中央日報(1月6日付)「目の前で見た米国のドローン斬首作戦. ソレイマニ氏は紛れもなく、祖国のため、国を守るために40年間戦い続けた国民的英雄である。 ソレイマニ前司令官の後任として、コッズ部隊の新司令官になったエスマイル・ガーニ将軍が、ソレイマニ氏の棺にすがって泣く姿もあった。 「ソレイマニがシリアからバグダッド国際空港(イラク)に到着した時、イラクの当局者がいれば中止という作戦でした。 ただ、石油価格下落や新型コロナウイルスの感染拡大などの課題も抱え、イラクが国内の安定化を実現できるかは不透明だ。 イラン政府の報道官は、政府の治安担当者は「犯罪的な攻撃」を協議するため緊急会合を開くと明らかにした。 まだ軍事的な直接対決は無謀、無理というのが中国の見立てではないでしょうか。 (1)2019年12月27日、キルクーク()でイラク軍の基地がロケット弾による攻撃を受け、下請けの米国人民間業者1人が死亡。 Iraq news, the latest Iraq news. こうした中、5月に誕生したイラクのカディミ政権はイランの影響力排除に動き出している。 ストルテンベルグ事務総長は、アメリカがとったイランの軍事戦略に対抗する行動についてどう思うかと聞かれて、回答を注意深く避けたものの、スレイマニ氏の殺害は「アメリカによる決定の結果であり、EUやNATOからではありません」とは答えた。 トルコを拠点とするカーネギー中東政治研究会アナリスト、アリ・ベイカー氏も、ケチチャン氏の見方に同意する。 これまでもイランは何らかの挑発を受けた場合も、エスカレーションをコントロールしながら、受けた攻撃と同等の反撃をすることで釣り合いの取れた対応をしてきた。 中東における武装組織の指揮官としてはおそらく最も優秀で、輝かしい戦績を誇る人物である。 さらにコッズ部隊はイラクでは、過激派勢力「イスラム国(IS)」との戦いに参加したシーア派武装組織を後押しした。 いずれにせよ、理由はどうであれ、これまでイランの反撃とエスカレーションを恐れて実行してこなかったソレイマニ殺害をトランプ大統領は実行した。 イランとその同盟国は報復を望んでいることを明確にしている。 殺害を検討し始めてから情報網、電子機器、偵察機などあらゆる方法で監視・追跡を行い、現地でイラク当局者がソレイマニの乗る車に同乗していなかったことからミサイル・ヘルファイヤR9X『ニンジャ』2発が発射されました。 イラン政府はコッズ部隊が、シリア内戦においてバシャル・アル・アサド大統領に忠誠を誓う部隊の軍事顧問を務めるほか、シリア政府軍と共に戦うシーア派武装勢力に武器を提供したことを認めている。 なお、しばしばイランとサウジの「代理戦争」と言われるイエメン内戦でイランが支援しているとされているフーシ派とソレイマニの関係は薄く、ソレイマニがイエメン内戦に関与したことは現在のところ確認されていない。 しかし、同時にトランプ大統領は11月の大統領選に向けてイラクのシーア派民兵やイランに対して弱腰であることを見せるわけにも行かず、強気の姿勢で押し切る必要性に駆られた行動という見方をすることも出来る。 また、イランを支持するレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラは5日、米軍の基地から軍艦や部隊に至るまで、あらゆるものが報復攻撃の対象だと警告した。 フーシ派に対してイランは武器や資金の支援をしていることは確かだが、レバノンやイラクのような形でクッズ部隊やソレイマニが関与しているわけではない点は注意しておく必要があるだろう。 AP通信によると、ソレイマニ氏の後継司令官のガアニ氏は、ソレイマニ氏と違ってイラクの公用語であるアラビア語を話せず、イラクの民兵指導者たちとの関係構築に苦慮しているという。 しかも、アメリカはアフガニスタンやイラクでの長期の戦争を続けており、これ以上戦線を拡大することは現実的ではなかった。 (猫間滋). イスラム教シーア派大国イランは近年、国民の6割がシーア派の隣国イラクにも影響力を強めている。 イラク議会は5日、外国部隊(アメリカ軍)の駐留を終わらせる決議を採択したが、3人の首脳はイラク当局に、過激派と闘うアメリカ主導の連合に援助をし続けるよう促した。 実際にそのようなことをすれば、国際法上の戦争犯罪とみなされる可能性がある。 2020年1月3日閲覧。 イメージしにくいなら、銀英伝のキルヒアイスと思ってもらえればOKでしょう。 ニュースサイト(2020年1月3日22時00分、最終更新1月5日17時49分)2020年1月11日閲覧• 作戦現場となった隣国イラクでは、5月に就任したカディミ首相の政権下でイランの影響力が弱まるなど変化が起きている。 しかし世界中がこの事態は困るので、日本独自で対処しなければならない事柄ではありません。 イランとその代理組織は、復讐を声高に叫んでいる。 )」と大衆揺動的なセリフを並べています。 イランはウイーン合意を忠実に守っていたのに、トランプ大統領が脱退してしまった。 カディミ政権の誕生で国内の安定がすぐ実現するとは思えないが、(安定に向けた)出発点にはなるだろう」と指摘している。 韓国統一部のあるOBは『金正恩氏は今後外部での活動を自制する可能性が高い』と予想した。 一方から見れば、鶴の一声で武装勢力を動かせちゃうテトリスト、でも、反対側から見たらカリスマ性があって沢山の人に支持・崇拝される大人物、、、、。 ソレイマニ司令官とは 1980年代のイラン・イラク戦争で軍功を上げたソレイマニ司令官は、国民的英雄として扱われ、イランで最高指導者ハメネイ師に次ぐ2番目の実力者とみられていた。 ソレイマニ イラン司令官 のイメージは日本でいう所の 「山本五十六」や「東郷平八郎」のような立ち位置だそうです。 イランにとっても同じです。 イランの普通の国民は、それほどイスラム教に対して信心深い状況ではありません。 ゆえに、ここではあくまでも考えられるオプションを提示するが、必ずこのどれかになるとも言えないし、ここで論じたこと以外の対応をするかもしれないので、単なる推測に過ぎないが、可能な限り現実的なオプションを考えて見たい。 もっとも紛争の主たる舞台はイラク国内であり、自衛隊が活動する範囲ではそうした兆候を見つけ出すこともそれほどはないと思われるが。 の際は戦場に加わり、指揮官として参加した。 イランとイスラエルの対立はイスラエル建国から続くものだが、現在でもスポーツの大会でイラン代表選手はイスラエルの選手と戦ってはならないといったイランの政策があるほど、両国間の関係は悪い。 ただ、石油価格下落や新型コロナウイルスの感染拡大などの課題も抱え、イラクが国内の安定化を実現できるかは不透明だ。 全員が口をそろえて「状況をエスカレートさせてはならない」と、呪文のように訴えていた。 ウイーン合意は、2015年にオバマ政権で実現したものだ。 なぜイランに表現の自由がないかというと、現在のイラン・イスラム共和国は、1979年に「イラン革命」で親米政権を打倒することによって誕生したイスラム国家だからである。 最初に述べたソレイマニ殺害の2つの理由• このPMUこそが、イラク国内で親イランの代表的組織だった。 【真野森作】. 現在のところ、イラン側からは何も示唆するものはなく、イランもどのように対処していくのか、これから戦略を練り直す段階にあると考えられる。 それゆえ、ソレイマニは国内ではカリスマ性を備えた英雄として国家の「強さ」の象徴として愛され、並みいる政治家を差し置いて最も人気のある人物として世論調査のトップに来るだけでなく、イランの各地で彼の写真が額装されていたり、Tシャツにプリントされたお土産が売られている。 とテヘランやイラク国家との関係に劇的に影響を与えると予測される。 もはやイランには、開戦しか道は残されていないのかもしれません。 金正恩氏は「衝撃的な行動に出る」と米国を脅してきたが、それ以上に「衝撃的な行動」に出かねないのがトランプ大統領だというわけだ。 これについて、米政府は「長期的な利益がイラク国民にあることを明示しながら、慎重に行動するよう求められる」と述べた。 一方のイラン側も従来ほどイラクに浸透できなくなる可能性がある。 トランプ大統領はソレイマニ司令官がアメリカの外交官や軍を狙った攻撃を計画していたと非難しており、暗殺により阻止された、と話した。 『』朝刊2020年1月10日(社会面)2020年1月11日閲覧. イラン政府はコッズ部隊が、シリア内戦においてアサド政権に忠誠を誓う部隊の軍事顧問を務めるほか、シリア政府軍と共に戦うシーア派武装勢力に武器を提供したことを認めている。 「主権国家に対する戦争行為という以外に、説明しようがない」Brookings Institutionで国際政策の副ディレクターをしているスザンヌ・マロニー氏は話した。 私たちの協力は、シリア、アフガニスタン、イラク、イエメン危機の政治的打開策の追求のため、またシリア、イエメンの人々への人道支援のための、非常に有益かつ緊密な協力であった」。 さらに、イラクが米軍に退去を強制するようなら、「向こうが一度も見たことがないような制裁を科す。 憲法9条を盾にとっている日本と、まったく状況が異なる。 真剣な議論と、今後の方針が必要でしょう。 ここでも、さらなる暴力と挑発を避けるよう、報復を宣言していたイラン側に呼びかけた。 建てるのに何十億ドルもかかった。 バグダッド空港には米軍の施設もあり、カタイブ・ヒズボラがミサイル攻撃を仕掛けている中で、ドローンによる攻撃でソレイマニとムハンディスが殺された。 日本の自衛隊派遣によってそうした監視が強化されるのであれば、紛争拡大の抑止に貢献することになるであろう。 ソレイマーニーは、偉大な司令官、そして戦略家として、軍事において比類なき専門性と能力を有しており、司令官の作戦は、世界の多くの軍事専門家を驚愕させてきた。 Weiss, Michael 2014年7月2日. 米国は、最も悪名高い敵を排除した。 米国が直ちに北に軍事力を使用する可能性は低いが、金委員長の立場では心理的な衝撃を受けた可能性が高い』と述べた。 1983• トゥキディデスの罠-アメリカは対イラン戦争で凋落を早める アメリカの凋落は2008年より、一層くっきりと鮮明になりました。 では、どのような復讐をするのであろうか。 作戦現場となった隣国イラクでは、5月に就任したカディミ首相の政権下でイランの影響力が弱まるなど変化が起きている。 イラクには現在、過激派勢力「イスラム国(IS)」と戦う国際有志連合に参加する形で、約5000人の米兵が駐留している。 だからイラク情勢は厳密にどうなのか、イラクのアメリカ軍は撤退するのか残留するのか、聖戦を主張する兵士たちとの闘いはどうなるのか、差し迫った問題なのだ。 ソレイマニはいくつかある下部組織のうちのコッズ部隊の司令官で、コッズ部隊は国外のさまざまな作戦を行うエリート部隊として中東におけるイランの影響力を高めていました。 また、アメリカの同盟国であるサウジやUAEの石油や天然ガスの施設は、2019年9月のドローンや巡航ミサイルによる攻撃で示したように、脆弱である。 しかし、ハフポストの国際シニア・ニュースリポーターのによると、イランは反乱的な攻撃や親イラン派兵士や民間兵に頼る可能性がある。 「ソレイマニ司令官への犯罪的攻撃は、中東での最悪な戦略ミスであるとアメリカは自覚すべきであり、これによる責任を簡単には逃れられない」と委員会は声明を発表した。 なぜ彼が重要なのか? ソレイマニ司令官は15年前に「コッズ部隊」の司令官となり、中東でイランの影響力を広げ、新たな民兵を訓練し武装させるなど、悪名を轟かせた。 欧州ではどんな動きがあったのか それでは、1月2日にスレイマニ司令官が殺害されてから、欧州ではどのような動きがあったのか。 もちろん可能性はゼロではないので、警戒しておく必要はあるだろうが、その可能性はそれほど高いとは思えない。 フランスは、2019年夏の終わり以来、イランの核合意を救うために多額の投資を行ってきた。 さもありなん。 同時に、一人の人格として、優しく謙虚な人であったと知られており、追悼集会に何百万ものイラン人、そして世界各国からの多くの人々が参加したことは、民衆がこの世界的人物を敬愛していたことを物語っている。 そこであらためて儀式が行われた後、7日に故郷ケルマンで埋葬される。 国家安保戦略研究院のイ・ギドン研究委員は、『過去に米国が他国に軍事行動を見せれば、北の最高指導者は公開行事に姿を現さず、しばらく潜伏することが多かった。 いずれにしても、 AUMFがあることで、いつでも大統領の命令一つでソレイマニを殺害出来る状況にあった。 その意味ではいままで以上にイランの行動を監視し、紛争がエスカレートしないためにも紛争が拡大しそうな兆候を察知し、紛争の火種を消していくことが重要になる。 いずれにしても、ソレイマニは国内外で高く評価され、イランの最高指導者や大統領は知らなくてもソレイマニの名前は知っているという人が中東でもアメリカでも多数いる。 5月、イラク軍が2014年よりISILにより支配されているの奪還作戦を開始した際もソレイマーニーが現地入りしていることが報道されていた。 イラクの今後について、エジプトのイラク専門家、ジャッシム・ムサウィ氏は「イランによる介入は多くの場合、イラク政府がそれを許したり求めたりした時に起きてきた。 ソレイマニ司令官をテロリストと呼び、「ソレイマニはアメリカの外交官や軍関係者に対する邪悪な攻撃を間もなく実施しようとしていた」と主張しドローン空爆で殺害した。 欧州連合の制裁リストに追加されたのは、革命防衛隊のソレイマーニー、両司令官と、革命防衛隊で情報担当の副司令官 であった。 米軍、中東に3千人増派へ イランのソレイマニ司令官殺害について話すトランプ米大統領=2020年1月3日、米南部フロリダ州(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社 大統領選を控えているなかで戦争はしたくないトランプ大統領 須田)それが義務を果たしてくれないものだから、致し方なく攻撃を仕掛けたということを考えれば、次の展開としては、アメリカとイランの革命防衛隊も含めて全面戦争につながって行くかというと、そうはならないだろうというのが私の読みです。 昨年(2019年)暮れ以来、「衝撃的な行動に出る」「クリスマスプレゼントに何を選ぶかは、完全に米国しだいだ」などと、盛んに米国を挑発し続けてきた北朝鮮が、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を2020年1月3日に暗殺したとたん、にわかに大人しくなった。 幸福実現党広報本部 城取良太. 一方でアメリカ政府は、革命防衛隊とコッズ部隊をテロ組織と指定。 この「異変」を韓国紙が一斉に報じている。 また、アメリカはクッズ部隊を 2007年から制裁対象としてきたが、 2019年に革命防衛隊をテロ組織( Foreign Terrorist Organization: FTO)に指定した。 コッズ部隊のガーニ新司令官は、アメリカを中東地域から追放すると宣言している。 「ソレイマニはアメリカの外交官や軍関係者に邪悪な攻撃を間も無く実行しようと計画していたが、その途中で彼を捕まえ、殺害した」と話した。 ソレイマニ司令官率いるコッズ部隊の、アメリカへの攻撃的な行動 上記は事実であろう理由です。 対ISIL戦争と、イラクへの浸透 [ ] 、のにおいて、とシーア派民兵組織がティクリートを支配していた過激派組織に対して部隊規模約3万人の大規模な奪還作戦を行った際は、ソレイマーニーがに入り、イラク軍や民兵などの作戦の調整に当たったとイラクのメディアが報じていた( ())。 事実トランプ氏は上記に続けて「さもなくば、イランは人類がかつて経験したことのないほどの苦しみを受けるだろう(OR YOU WILL SUFFER CONSEQUENCES THE LIKES OF WHICH FEW THROUGHOUT HISTORY HAVE EVER SUFFERED BEFORE. ソレイマニは、多くの人々から強く嫌われた人物だった。 そもそも革命防衛隊は、イラン革命 1978~79年 で樹立されたイスラム体制を守る親衛隊的存在でした。 結論だけ申し上げれば、イランは「アメリカに強制的に戦争をさせられる」という表現が正しいでしょう。 アメリカの行為はきわめて危険で愚かなエスカレーションだ。 04 米国に殺害されたムハンディス氏(左)とソレイマニ氏=ロイター 2020年が始まって3日しか経っていないが、いきなり今年最大級のニュースが飛び込んできた。 そうしたカリスマ的な存在であり、かつ有能な野戦司令官であり、イラクやレバノンにおける政治的な影響力も持つ、中東における巨人であり、アメリカから見れば目の敵となる存在であった。 ソレイマニは元々農家の子として生まれ、血気盛んな20代前半でイランイスラム革命に身を投じた。 ル・ドリアン仏外務大臣は、イラクのマフディ首相に、電話でこのことを繰り返し訴えたという。 30歳にして師団司令官という、驚異の出世の仕方です。 1986• でも、欧州の国々やEUにできることは、あまりなかった。 特にソレイマニ氏は中東各地のシーア派武装勢力を支援する中心人物だった。 イランのイラクへの影響力が、無視できないほど大きくなっているから• トランプ大統領は大統領選でイラン問題と同じく対北朝鮮政策の失敗も追及される可能性がある。 司令官殺害が報道されると、ロンドンやニューヨークの市場で原油価格が約4%、急上昇した。 2015• 彼らは反体制派であるがゆえにイランへの入国を禁じられており、イラン国内の家族に会うためには多くの場合、第三国で落ち合うしかない。 FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00. Barbara Campbell 2020年1月2日. しかし、ソレイマニ司令官がアメリカに対してどのような攻撃を計画していたのか、ドナルド・トランプ米大統領も政権関係者も明らかにしていない。 我々はあなたが想像できない程近くにいる。 今後の米イラン関係や中東情勢がどうなるのかを予測するのは極めて難しい状況にあるが、今後の動きを考える上で重要と思われるポイントをいくつか解説しつつ、ニュースを理解する補助線を引いてみたい。 PMFはソレイマーニーの指揮下にあり、デモ隊によってアメリカ大使館が襲撃されたことにアメリカのトランプ大統領は激怒し、1月2日夕刻、ソレイマーニー抹殺の命令を下した。 「狂ったトランプ、私の父が殉教したからといって何もかも終わったなどと思わないように」と述べた。 だいぶ前から言われてきましたが、新冷戦時代と評しても過言ではないでしょう。 ソレイマーニーのは、在日イラン大使館でも行われた。 「今年は大統領選挙を控え、また弾劾によって追い込まれていることもあって軍事行動に乗り出す可能性が高い。 もちろん、イランがこうした脆弱なソフトターゲットを標的にして紛争をエスカレートさせていく可能性はある。 金正恩委員長は衝撃大きいはず」もこう伝える。 それは、既に80歳と高齢の域に達している最高指導者ハメネイ師が死去した後、イランはどうなるのかという視点です。 トランプ大統領が、イランとの核合意を破棄したことは、ヨーロッパにとっては大いに不満なことであった。 しかし、イランが果たしてアメリカの監視網をくぐり抜けてテロを実行することが出来るだけの能力があるとは考えにくい。 ニュースサイト(2020年1月7日11:35)2020年1月11日閲覧• 今年1月3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害された事件から、7月で半年となる。 中短期的な石油に対する中東の混乱への懸念• イランウォッチャーはもちろんのこと、欧米の国際政治の専門家たちは一斉にこのニュースに反応し、今後の中東情勢の見通しが立たなくなり、イランとアメリカの対立が急速にエスカレートしていくことの不安に包まれた状態にある。 2014年2月6日閲覧。 ソレイマニ司令官はイラン政府において重要な存在だった。 これについて、米ポンペオ国務長官は「イラクの人々は米軍を必要としている」とし、決定の見直しを促した。 ゴドス部隊司令官 [ ] 2000年、ソレイマーニーは革命防衛隊の特殊作戦部隊である司令官に任命された。 合衆国は今後も、世界のどこだろうと自国の国民と国益を守るために必要なあらゆる行動をとり続ける」と付け加えた。 この日の会議は平穏に終わったが、ある関係者がこっそりと「スレイマニ氏のために泣いている人は一人もいない」と語ったと、ル・モンド紙は伝えている。 なぜ罠なのか? 戦争を仕掛けた結果として、さらなる凋落を招くことが多いからです。 ベイカー氏は、「ソレイマニがいないことで、イラクは適切な時期にイランの影響に対抗するための窓口になる可能性がある。 核も含めた軍事的脅威は、アメリカの一般人にとっては「海の向こうの、遠い地域の出来事」かもしれないが、ヨーロッパの人々にとっては、より身近で深刻な問題となる。 パフラヴィー体制を打ち崩したイスラム原理主義の人たちが権力を握っているものだから、そこが全部掌握しているかと言えば、必ずしもそうではない。 「イラン革命防衛隊は国軍とは別に、政治と宗教の最高位の最高指導者の直轄の組織です。 標的の移動経路や隠れ家などを正確に把握するのが難しかったからだ。 アメリカとイランは、両国ともイラクで存在感があり、バグダッドのイラク政府とISISとの戦いに協力している。 テヘランの国連事務所前で、米国によるソレイマニ氏とムハンディス氏の殺害に抗議する人たち=2020年1月3日、ロイター イランの対応 国民的な英雄であり、「アイドル」とも言って良い存在であるソレイマニを失ったイラン国民は哀しみにくれている。 対外的には、彼は中東最強の野戦司令官として神格化され、とりわけアメリカからはイランの中東における覇権を得ようとする野心を持つ帝王としてみなされ、イラク戦争において米軍を苦しめた作戦を指揮した人物として見なしている イラク戦争におけるソレイマニの役割に関しては様々な評価があり、どの程度イラクの武装勢力に関与していたかについては定かではないが何百、何千の米兵が殺されたのは彼のせいだとの言説がアメリカでは流布している。 はかなり深刻です。 それに対する対処や方針が必要になります。 1986• NATOの会議の様子 1月6日に、NATOの会議がブリュッセルで開かれた。 ただ、アメリカ国内の世論も割れていて、大統領選挙を意識しているために「これはトランプ大統領攻撃に使える」と、CNNなどのメディアは批判を強めています。 ソレイマーニーは、イラン・イスラム共和国最高指導者の命令により、イラン革命防衛隊ゴッズ部隊司令官となり、シリアやイラク、その他の地域におけるテロとの戦いの責務を担い、域内諸国の弱体化や分裂に対峙し、世界的な名声を博した。 トランプ大統領はイランがソレイマニ氏の復讐(ふくしゅう)に出るなら「大規模な報復」があるだろうと警告。 2020年1月2日閲覧。 彼の遺体は原形をとどめないほどにひどく焼かれたものの、本人照合は彼が常日頃身に着けていたにより特定された。 ところが、トランプ大統領はソレイマニ殺害を実行した。 "Syria: Deadly protests erupt against Bashar al-Assad". の公式ジャーナルは2011年6月24日、制裁対象のイスラム革命防衛隊の3人のメンバーが「シリア政権による国内の抗議行動のを支援するため、機器と支援物資を提供している」と指摘した。 トランプ氏の反応は イランが復讐を誓うのに対し、トランプ大統領は5日、「この一連のメディア投稿は、米連邦議会への通達となる。 と国境を接するこの地域を通じてとに向けて麻薬のが横行した。 一部の専門家は、ソレイマニ司令官の暗殺は、イランへの戦争行為だと話す。 「イラクとシリア、またイラン国内でもソレイマニの死を祝う複数の大規模なデモがあった。 1982• トランプ大統領は週末、イランが司令官殺害の報復として米国人や米国の施設を攻撃した場合、イランの文化遺産を含む52の施設を「非常に激しく」攻撃すると表明していた。 抗議行動は1月1日も続いた。

Next|Next|Next