さ まぁ ず ライブ

映画『ライブリポート』公式サイト

さ まぁ ず ライブ

今でもスティーブン(・C・ミラー監督)と初めてミーティングしたことを覚えてる。 ペニー(アーロン・エッカート)にそれが私なんだと納得させようとするの。 普通のことは好きじゃないから、私が脚本を読んだとき「彼女はオリジナルね」と思ったの。 電話にはいい面、悪い面の2つの見え方があってそれが表現された映画でもあったわね。 監督自身これまでにシルベスタ・スタローン、ニコラス・ケイジ、ブルース・ウィリスら豪華俳優陣とタッグを組んだ作品を数多く世に送り出し結果を残してきたがアーロンとの仕事は夢のようだったと語る。 また、最初にキャスティングされたという主演のアーロン・エッカートは今回が監督の初の仕事だったが「監督が私は死ぬほど大好きだ。 そして主人公は彼女の居場所がわからないので、観客もリアルタイムで一緒に探す感覚を得ることができるんだ。 「彼は男の中の男だ。 警官の視点と撮影されるカメラの2視点で構成されるというオリジナリティある脚本が届けられたのは若手新進気鋭監督のスティーヴン・C・ミラーだった。 例えば、「ヴィーガン(菜食主義)」、「SNS」にこだわりを持つような。 私はアクション映画をやったことがないし、若いし、危険なこともたくさんあるのもわかっていたけど、スタントに挑戦できるのもこの映画に惹かれた理由よ。 詳細情報• 」とプロデューサーのクレイグ・チャップマンは語る。 人気アーティストのライブが生配信で楽しめる「新体感ライブ CONNECT」。 現代のぼくらは、ぼくらの住む世界をよく知っていると思う。 facebookライブのように、誰もがどこかで録画されたものを簡単に見ることができる。 この映画のオリジナリティは、単純な"行方不明モノ"ではなく、ある少女を見つけるのに64分という制限があること。 マルチアングル配信、VR、ARなどスマートフォンならではの技術を使った新しいライブ視聴体験を提供します。 最初にこの映画のすばらしい脚本を読んだことを覚えてる。 だからこの映画に飛び込むことに決めたわ。 メディアが紡ぎだしたフェイクニュースばかりが流れる中、彼女は真実を突き止めようとする。 「彼ならこの作品を素晴らしい形にしてくれる。 脚本には私たちからの意見も詰め込まれたの。 今回の事件で再びそのトラウマが絡み彼が試されるときが再び来るんだ。 つまり、ぼくがこの脚本で気に入っているのはこの仕組みのお陰で2つの世界を撮ることができた部分だ。 ペニーは過去の事件でトラウマを抱えている引退を待つ古臭いタイプの警察官だ。 この2つの世界が相互作用して解決に向かっていくのが『ライブリポート』なんだ。 エイヴァというキャラクターはほぼ典型的なミレニアル世代の女の子ね。 僕が『ライブリポート』で気に入っているのは、法執行機関とメディアがどのように連携しているかを両方の側面から示しているという事。 それが法執行機関とメディアの関係、環境について描くことが大事だと思った。 彼に頼んで正解だったよ。 彼のパフォーマンスには一切の心配はしなかったよ。 毎週月曜よる、 赤坂 TBS のスタジオが 熱いライブ会場に! 番組では、このライブを 一緒に盛り上げてくれる、 番組サポーターを大募集します! 大好きなアーティストが 出演したときは もちろんのこと 自分がとくにファンではない アーティストが出演したときも ノリノリで番組を 一緒に盛り上げてくださる 番組の応援団 =サポートメンバー を募ります! ご応募いただいた中から 選ばれた方には 会員番号を発行し 番組オリジナルの 「CDTVサポートメンバー証」 をお送りいたします! スタジオライブにご参加いただけるのは サポーターの方のみ となりますのでぜひご登録ください! ご参加いただく際の注意事項など詳細は、 サポーターの登録が済んだ方に 直接お知らせ致します。 」 過去にトラウマを抱えながらも誘拐された少女の救出に命をかける警察官ペニー役を演じたのは、50歳を超えますます円熟味を増し、今や映画界にかかせない俳優となったアーロン・エッカート。 ねじまがった真実を追って、情報があがるのを待つのではなく彼と一緒に、自分も真相を追求しようとするのよ。 アナログとデジタル世代のタッグが最初は相いれないがメディアを通じて市民が捜査を協力してくれる。 SNSこそが真実を追求できる媒体だと信じて疑わない若き女性ネット配信レポーターエイヴァ役にコートニー・イートン。 彼は私がやってみたいと思っているようなことも聞いてくれた。 「ライブリポート」は誘拐された少女の行方を探す警官のサスペンス映画だ。 普通だったら、インスタグラムでフィードを見ること以外に、他にすることはないけれど、この映画では、その他の方法でも見ることができるのよ。 彼ほどスピード感をもって作品を撮って的確な指示をできる監督はなかなかいない」と太鼓判を押す。 古いタイプの警察官とミレニアル世代のタッグ、社会正義とメディアのありかた、このそれぞれ2つの関係を見る映画。 作品に内包させたいメッセージを説教くさくなく映画を見終った後に自然に感じられるようにしたかったんだ。 アナログとデジタルの世代がタッグを組むことによって生まれる化学反応が事件解決へとつながっていき、事件は想像を超えたラストへつながっていく。 でも彼女が他と違うのは、この若さで真実を伝えたい信念があるの。 私たちは、たくさんの映画が作られているいま、この映画を作っている意味についてよく話したよ。 今は全てがリアルタイムだよね。 警官と、レポーターの彼女がもつカメラという別の視点でね。 私が全てを言わなくてもこちらの意図を汲んで素晴らしい演技をしてくれるから僕は常にカメラに集中して仕事が出来た。 この映画で携帯電話の使われ方はとてもいいわ。 ご利用規約 必ず下記のご利用規約をご確認いただき、同意の上ご利用ください。

Next|Next|Next