ながら 運転 信号 待ち

「ながら運転」厳罰化で“一発免停”も…赤信号でスマホ操作はセーフ? 気になる線引きを解説

ながら 運転 信号 待ち

もともと危険なのだ。 しかし調べれば調べるほど、曖昧なことが多い。 この事件を受け警察としても「ながら運転」の取り締まりを強化。 カーナビやスマホの動画などに集中がいってしまい、運転が危険と判断された場合は、「ながら運転」として取り締まりの対象とされますので、注意が必要です。 そこでまずは個別の事例ごとに「ながら運転」に当たるのか考察していこう。 信号無視なども警察官が信号無視しましたね?とか停められたときに電話してなくてもさっき電話してましたねと言われたら逃れることはまずできません。 道路交通法が禁止している「携帯電話使用等」にはどこまでの行為が含まれるのでしょうか? たとえばイヤホンを使ってハンズフリー通話を利用したりカーナビを操作したりした場合にも違反となるのでしょうか? ハンズフリー通話について ハンズフリーに関しては、「走行中に一切操作をしない」条件であれば携帯電話使用等違反になりません。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 テレビなどを周辺視野で見るのはいいのか?などなど疑問はつきませんが、安全運転のために、カーナビでテレビなどは見ない方が無難でしょうね。 ただし、安全運転義務違反に抵触する行為が対象になることもあります。 どうしても運転中に喫煙をする場合は、全神経を運転に集中させながらその上で喫煙をする必要があるだろう。 それは、「車の運転」=「危険物の取り扱い」という認識を持つことだ。 しかし信号待ちと同じく、 現場で取り締まる警察官に「ながら運転」と判断されてしまえばアウト。 道路交通法第七十一条 五の五では、運転中のスマホ操作について以下のように定められています。 どうしても使いたいときには脇に寄せて停車してからするか、同乗者に操作してもらいましょう。 ポケモンは悪くないんてすけどね、、 知らない人もいるかもしれませんが、テレビから離れて部屋を明るくして見てねという表示もポケモン発端でした。 そもそも、ながら運転の定義とはなんなのでしょうか? 「ながら運転」とは、運転に必要がない、関係がない行為をしながら運転をすることをいいます。 しかしヘッドホンのようなハンズフリーさえ使わなければ基本的には暗黙の了解のはずです。 加えて音質自体もイヤホンタイプには遠く及ばないため、クリアな音質で会話したい場合には不向きかもしれない。 筆者は言いたい 路肩に停めて通話して、道路交通法を守ってますよ~というような人がたまにいますが、 幹線道路でそれをやっていて大渋滞を引き起こしていたりする場合があります。 罰則は、 3か月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金から「 1年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」に改正されました。 スマホに気を取られて発進が遅れて、周りに迷惑をかける可能性がありますし、目を離したすきに、車の死角に人が入っていることもありますので、危険です。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 びっくりします、見えていないのでしょうか? 皆さんは していませんか? の視線計測の研究をしている愛知工科大学で、その危険性を取材してきました。 また自転車に乗って片手で スマホを操作しながら、自転車を走らせている人もいます。 もちろんその間周囲の状況が変化しないのであれば、それでも大丈夫かもしれない。 とはいえ、確実に大きく影響するだろうことがある。 それ以降にながら運転をしたり交通事故を起こしたりすると、上記のようなこれまでとは異なる重い刑罰や行政罰が適用されるので、注意が必要です。 もし切られそうになったら警察官と道路交通法を確認しましょう。 反則金はなくなりますが、点数が引き上げとなったことで一発免停の対象になります。 当然ながら、カーナビでDVDを見る、テレビを見ての走行は「ながら運転」の対象になります。 カーナビについて カーナビに関しても基本的に同じ考えであり、「走行中に注視する、操作するのは違法」です。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 運転中のハンズフリー通話(イヤホン)はOK?カーナビの操作は? 直ちに刑事手続きの対象となり、罰則を「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から引き上げ、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となった 運転中のスマホ操作はとても危険だ。 — ryuichi cleth. 反則金を支払えば刑事手続きが免除され、前科がつくこともありません。 通話すること自体は違反ではありません。 画面を見ても違法です。 『携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。 実に、曖昧な結論となってしまいました・・・。 ーー運転中に通話をすることは違反なのでしょうか 道路交通法で禁止されているのは、携帯電話の保持や、携帯画面・ナビ画面の注視です。 一方短所としては聞き取りづらさだ。 やっと政府も厳罰化に乗り出してきましたね。 誰でも灯油を扱う時は気をつけるはずだ。 ハンズフリー通話は? スマホの操作がながら運転の対象になるということは、「 ハンズフリーによる通話も対象になるのか?」が気になります。 もしくは、Bluetoothのイヤホンを耳にした状態で、イヤホンのボタンで通話に出る行為も罰則の対象外になります。 ながら運転の定義は? 今回の改正道路交通法の施行により、ながら運転への罰則がかなり厳しくなります。 調べましたのでまとめます。 html 運転中のスマホ使用を2回すると免停になりますね。 歩きスマホって言われてます。 また反則金も5000円から7000円だったのが12000円から25000円になりましたね。 この「 通話のための使用」には音声通話のためのボタン操作(通話のための発信、着信の操作)なども含まれるので、例えば通話自体はハンズフリーで行ったとしても、携帯電話を手に持って操作した場合は違反となる。 そもそも、これまで当たり前のように運転しながら電話をする人が多すぎたという印象がある。 こちらに関しては、法律的には違反の対象にはなりません。 実際にながら運転関連の事故はとても多く問題になっていました。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。 走行中にカーナビの設定を触ると罰則の対象になってしまうんですね。 罰金と反則金の違いは? ところで世間では「罰金」と「反則金」の違いが分からない方が結構たくさんいらっしゃるので、ここで簡単にご説明します。 前者のイヤホンタイプは当然耳に装着するため音が漏れず、複数人で乗車している場合もスムーズに会話が可能となる。 閣議決定から施行までがとても早く感じますが、こんなものなんでしょうか? スマートフォンがでてから、間違いなくながら運転は多発しています。 反則金は刑事罰ではありません。 現場の警察官の判断により罰せられます。 信号待ちや渋滞で完全に停止している時は禁止の対象外だが、警察庁は、スマホなどについて運転前に電源を切ったり、ドライブモードに設定したりすることや、使用する場合は安全な場所に停車するよう呼びかけている。 つまり結論からいうと画面を見なければ操作できないカーナビやオーディオの使用は、「ながら運転」に該当するといえるだろう。 片手で何かを食べる、飲む等は問題ないのですが、ハンドル操作に支障をきたすような飲食等はアウトです。 車が走っている、タイヤが動いている状態でスマートフォンなどを操作することは「ながら運転」になってしまうのです。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 当然スピーカータイプはイヤホンが不要なので、例え運転中に電話がかかって来た際もスムーズに応対できる。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若 しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは 第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。 Google AdSense. だが、今後は反則金ではすまない。 クルマ側からのアプローチ まず最も考えられる対策が車内のハンズフリー化である。 実は信号待ちのスマホ操作は、ながら運転に該当せず違反になりません。 事故を起こしてしまってから後悔しても遅い。 耳さ付けるの買わなぁねぇな。 今やスマホを片時も手から離せない人は多い。 その自負、いったいどこから湧き出てくるのでしょうか?私はとても不思議に思います。 一方道路交通法では特定の禁止行為の前提となる一般項目において、以下のように論じている。 ほとんどの自治体がハンズフリー禁止じゃんかと思いましたが。 信号待ちと渋滞中の「ながら運転違反」の定義 まずは、信号待ちと渋滞中の違反について。 急ぎの連絡などがあったとしてもその場での対応はぐっと我慢! 近くの駐車場や路肩などに車を止めてから連絡対応をするなど、気持ちや時間に余裕を持って運転を行うことが肝要である。 使用によって事故を起こしそうになるなど「交通の危険を生じさせた」場合には、反則金の対象から外し、直ちに刑事手続きの対象となる。 罰則の強化自体は多くのドライバーにとって歓迎すべきことであろう。 保持しなければ何してもいいの?ダメです。 犯罪行為をしたときに適用されるもので、罰金を科されたら「前科」がつきます。 しかし、過去には飲食をしながらの運転操作ミスが事故につながった事例もあります。 また、イヤホンがいらない Bluetoothだったらいいのか?思いますが、 結局通話をすることにより、意識が運転よりも会話にいってしまうのでやはり危険です。 怖いなぁ~。 つまり交通事故全体の中で「ながら運転」による事故の割合が急増しており、従来よりも「ながら運転」へ向けられる目線が厳しくなっていったと言うわけだ。 しかしイヤホンタイプには弱点があり、1つは応答のたびに当たり前だがイヤホンを装着しなければならない点だ。 4倍、死亡事故の比率はスマートフォンの使用がない場合よりも約2. だからこそ改めて個人個人の意識改革が必要だと思う。 操作をしていなくても、運転中にスマホを手にとる行為は避け、着信があった場合は確実に安全な場所に停止してからスマホを確認しましょう。 しかし、信号待ちといえばすぐに車を動かさなければならないことも多いシチュエーション。 つまりわずかでも動いていれば「ながら運転」ですので違反行為です。 〈引用:〉 ただし、青信号に気付くのが遅れて後ろの車にクラクションを鳴らされてしまったり、それがもとでトラブルになったりするケースもあるため、緊急の時以外は避けた方が良いようです。 改正後のながら運転の点数 点数 携帯電話使用等(保持) 3点 携帯電話使用等(交通事故を起こした) 6点(最低でも30日間の免許停止) 携帯電話使用等への厳罰化はいつから? ながら運転の厳罰化はいつから開始されるのでしょうか? 携帯電話使用等に対する厳罰化を定めた法律が施行されるのは、2019年12月1日です。 スマートフォンやカーナビの注視で、追突事故や歩行者を巻き込む事故が増えるのも理解できるでしょう。 まとめ、結論 信号待ちや渋滞中のスマホ使用は、 原則として、完全停止していればセーフ。 車に乗ったら、スマホはカバンの中にしまっておくなど、自分の中で徹底して触らない意志を持つようにしたいですね。 飲み物の場合、その気軽さ故「ながら運転」には該当しないと考えがちだが、そのせいで注意散漫になっているならばそれは十分危険行為であるため「ながら運転」に問われる可能性があると考えるべきだ。 警視庁総合相談センターは、次のように説明します。 運転免許の点数制度では6点になると30日間の免許停止となるので、ながら運転で交通事故を起こすと、最低でも30日間は免許停止になってしまいます。 信号待ちのスマホ操作はどうなる? ながら運転の中でも1番気になっているのが「 信号待ちでスマホ操作をした場合はどうなるのか?」ということですね。 今回の厳罰化により『ながらスマホ』の交通事故は果たして減るか。 npa. 違反点数は3倍に、反則金や罰金は2倍~3倍近く引き上げとなります。 自転車は無灯火や逆走、高速走行や信号無視などで死亡事故につながったケースが多いのですが、昨今ではスマホをさわりながらの事故も増えてきています。 今までは違反点数が1点だったものが、3点となり、反則金も6,000円から18,000円と3倍になりました。 「その場合も、故意でなければ違反にはなりません。 子供が乗っていて子供に見せる分にはきちんとした理由になりますし、個人的には問題はないのかなと思います。 信号待ちでもスマホは触らないように、マナーモードなどにしておきましょう。 2秒ほど前方から目を離すだけで、時速40キロでは約22メートル、時速60キロで約33メートルも進んでしまうからです。 その条件は、 携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])で違反点数が6点になるため、免許の停止処分の対象となります。 わずかでも動いたら、アウト。 〈引用:〉 運転経験がある方なら誰でも、自分では一瞬目を離したつもりでも以外と距離が進んでいてヒヤっとした時があると思います。 警視庁のホームページに公開されているデータをもとに、画像でまとめてみました。 運転しながらのカーナビ・オーディオなどの操作 結論から言うとアウトだ。 信号待ちのときは車が完全に停止しているので、赤信号で停車中の間だけはスマホを操作しても良いという解釈ができるのです。 仕事で運転をする人にとってはかなり気になるところだと思います。 ・携帯電話は、運転中スマホを使うのは当然アウトですが、赤信号で停車中の場合はセーフとなります。 また、飲酒運転の事故や特殊詐欺の被害からも分かるように、人間は厳罰化や重大事故・事件を他人事としてとらえがちだからだ。 ちなみに通話に関しては、手で持たずにホルダーにセットしていれば捕まらない。 道路交通法は、運転中にスマホや携帯を手に持って通話したり、メールや通信、ゲームなどをしたりすること、カーナビやテレビに見入る行為を禁止している。 小さめの缶コーヒーは意外に安定しないので注意! 出典:ウロッカ! もちろんきちんとドリンクホルダーなどで飲み物を固定し、ちょっとやそっとの車両の揺れでは中身がこぼれない状況であれば、「ながら運転」に該当しない可能性が高いためそこは安心してもらいたい。 しかし、あくまでも信号待ちで停止しているときに限ります。 違反点数は1点から3点になり、もしもスマホなどを使用しながら運転するなどの行為を2回繰り返せば『免許停止』が待ち構えています。 やはり「スマホ等を使っただけ」の場合と「交通事故を起こした」場合で扱いが異なります。 よく最近韓国に旅行行ってる人みるけど 手放しでカップラーメン運転するような国だぞ — 釈迦 Riot170 手放し運転は流石に怖いですね、仮に走行中にタイヤがパンクすれば大惨事につながる可能性があります。 とはいえ、スマホやカーナビの通話・操作・注視などに関しては、自動運転中であれば直ちに操作できる状況に限って認める方向で調整されているので、今後自動運転中にスマホを操作する人が出てくるかも知れません。 )に表示された画像を注視しないこと』 例によってわかりにくいことこの上ない文章だが、肝心な点は次の4つに集約される。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 ほぼ全てのスマートフォンにはGPS機能が内蔵されているため、通常の歩行ではありえないような速度域以上での移動は運転中とみなし使用を制限するのである。 カーナビの操作は? 最近の車には、カーナビがついていることがほとんどです。 仕事よりも大事なもの。 項目 改定前 改定後 違反点数 2点 6点 (一発免停) 罰則 3月以下の懲役又は 5万円以下の罰金 1年以下の懲役又は 30万円以下の罰金 違反金 大型:12000円 普通:9000円 二輪:7000円 小特等:6000円 適用なし 罰則が適用 違反金と罰則の違いとは 記事を書いてて、疑問に思いました。 しかし、運転中に携帯電話やスマホを使用するのはご法度で、警察官に見つかると、有難くない切符をいただくことになる。 一部自治体は条例でハンズフリー通話も禁止している場合があります。 また、交通の危険を生じさせるような違反とされた場合の罰則は、違反点数が2点から6点になり、一発で免許停止となってしまいます。 信号待ちなどの停車中の使用について 信号待ちなどで停車中に使うのはOKかNGか?の論争があります。 車内のハンズフリー化を検討している場合、上記特徴を踏まえイヤホンタイプとスピーカータイプのどちらの製品にするか決定すると良いだろう。 そもそも「ながら運転」って? 運転しながらスマートフォンを操作することや、カーナビの画面をずっと見続けることが危険であるということは誰でも想像に容易いだろう。 そのためバッテリーの持ちが悪く頻繁に充電を要求されるのだ。 厳罰化により、「ながらスマホ運転」の取り締まりが強化されることが予想されます。 引用: 2019年9月13日に閣議決定されたながら運転厳罰化。 だがしかし、よく考えて見て欲しい。 2秒以上運転の視界から目が離れないようにすること• 携帯電話使用等(保持) 運転中に携帯電話やスマホを使用することが禁止されます。 まとめ ネット記事は間違った内容も多いので、正しい情報か自分で判断しなければなりません。 停車中の一瞬の行いが、ドライバー自身と周囲の人の今後を大きく変えてしまう可能性も大いにあるのです。 ただし画面操作などを行う場合は除きます。 そもそも「ながら運転」に対する刑罰が軽すぎて、運転中の通話ぐらい大したことじゃない、という認識が世間にまかり通っていたせいだろう。 単純に法律を読めば、運転しながらのカーナビやオーディオなどの操作は通話ではないため、操作しただけでは即違反とはならないように感じるかもしれない。 しかし、こちらは明確な回答は得られませんでした。 )に 表示された画像を注視しないこと』 1.罰則等(令和元年12月1日施行) 1 携帯電話使用等(交通の危険) 罰 則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 反 則 金 適用なし 基礎点数 6点 2 携帯電話使用等(保持) 罰 則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金 反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円 基礎点数 3点 整理すると ・運転中に電話を持って通話をしてはだめ! ハンズフリー通話はOK ・スマホでもカーナビでもPSPでもニンテンドースイッチでも画像表示装置の画面を注視してはだめ! ただ、ハンズフリー通話も集中力が散漫になるわけで、必要最低限にしたほうがいいですね。 スマホは絶対に手に持たないようにすること• 以前は、罰金のみだったのですが懲役も科せれるようになったようです。 携帯電話使用等(交通の危険)は1年以下の懲役または30万円以下の罰金、携帯電話使用等(保持)は6か月以下の懲役または10万円以下の罰金となった。 ながら運転の目安といわれるのが「2秒間の画面の注視」です。 スマートフォンやカーナビの操作、画面を注視する行為は「ながら運転」に含まれます。 その後も違反や事故が深刻な状況にあることから厳罰化が図られた。 なので、 条例でハンズフリーを禁止している自治体も多いのです。 今後の普及が期待される 出典:ウロッカ! 上記ハンズフリー化製品は一般的には「イヤホンタイプ」と「スピーカータイプ」の2種類に大別される。 スマホなどを使用ながら運転をしていた場合。 例えば一定の速度以上でそのスマートフォンが移動している場合は、強制的に使用を不可にする、などの対策が考えられる。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 例えばスマホに注視して青信号に気づかず止まったままなどは、違反の対象になったりします。 違反点数は1点から3点に引き上げられた。 ハンズフリーの通話に関しては、法律的には違反にはなりません。 道路交通法でも、『当該自動車等が停止しているときを除き』とあるように、タイヤが完全に停止していればスマホの操作は可能です。 携帯電話使用等(保持) 運転中にスマホを操作したりカーナビを注視したりすると改正前の場合、以下の通りの反則金が適用されます。 大切なのは交通事故を起こさないよう心掛けようとする、ドライバー自身のモラルです。 その理由を警察庁は、交通事故全体は減少しているなかで携帯電話使用等による事故は増えており社会問題にもなっているから、としている。 反則金制度が適用されるのは「軽微な交通違反」のケースのみです。 一方「ながら運転」罰則強化の理由は警察庁が発表している統計データから読み解くことができる。 と辞書にあります。 少しわかりやすくまとめると、以下のようなことを規定内容となっています。 その時もポケモンは悪くなかったんです。 スマホ側からのアプローチ 一方、ながら運転の多くを占めるスマートフォン(スマホ)側から改善できることもあるだろう。 その反則金はこう値上げされた。 カーナビやカーオーディオを操作することも「ながら運転」に含まれるんですね。 一方、単に使用するだけでなく「よって道路における交通の危険を生じさせた」場合は「危険違反」とされる。 ヘッドホンは両耳がふさがるので違反です。 では赤信号や渋滞で『停車中』にスマホをいじったら、道路交通法違反になるのか? 注:写真は記事作成上の演出です 「道路交通法 第71条 第5号の5 運転者の遵守事項」には、次のように書かれている。 2019年12月1日より改正道路交通法が施行 2019年12月1日より、改正道路交通法が施行されます。 例えば、脇見運転もふくまれるのですが、今はスマートフォンの使用が圧倒的に多いですよね。 以下で、各行為がながら運転になるのかをまとめていきますね。 僕が聞いた噂では信号待ちやハンズフリー通話は違反にならないと聞いたことがあります。 「注視」は2秒以上と解されている。 2秒以内ならOKという都市伝説もあるようですが、それは間違った情報のようです。 信号待ちでLINEなどをチェックする方も多いと思います。 」 罰則は道路交通法119条1項9の3、120条1項11号に定められています。 中には読書しながら運転する人もいますが、これも「ながら運転」に該当しますので心当たりのある方は即やめましょうね! 昨日、国道で本を読みながら運転している人がいた。 また先に述べた解釈はあくまで一般論であり、同じ条文でも法律は人によって解釈が違うものなので、取り締まる警察官によっては反則切符を切られるかもしれません。 pdf 「自動車等が停止しているときを除き」携帯等装置の使用はしてはならない ということは 信号待ちで停車している時は、スマホを利用しても構わない と解釈できると思います。 ただ一方で、そもそも「どこからながら運転になるのか?」や「なぜこのタイミング?」など様々な疑問を抱いている方も多いだろう。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 道路交通法のながらスマホ禁止の条文と解釈 『自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 恐らく最も重要にして、最も難しいのがこのアプローチだろう。 またお住まいの地域の条例によっても変わってきますので確認しておきましょう。 前者は交通反則通告制度の対象から外され刑事手続きの対象となり、違反点数は6点(つまり一発免停)に引き上げられた。 ) を運転する場合においては、当該 自動車等が停止しているときを除き、携帯電話 用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持 しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 加えてタバコを吸っている間も、少なくとも意識の数パーセントはタバコに向かっておりその分運転への意識は減少しているはずだ。 注視している場合だと、免停にはなりません。 また、2019年11月30日までは、ながら運転による交通の危険の反則金がありました。 ただし、完全に停止していなければダメなので、信号待ちで前の車との車間が空いて、徐行で少しだけ車を前に出しながらスマホを操作するのは違反となります。 加えてスピーカータイプはバッテリーがイヤホンに比べ大きいため、充電の手間も少ないのも嬉しいポイントだ。 罰則が強化される理由とは? そもそも「ながら運転」の罰則が強化された背景に迫っていこう。 3メートル進みます。 徐行運転していればながら運転にはならないのか?というわけではありません。 「たかが、ながら運転。 カーナビの注視による交通事故件数も右肩上がりに推移しているため、スマートフォンの操作や注視によるながら運転が厳罰化されたのです。 違反になる・ならないに関わらず交通事故を起こさないためには、乗車中にスマホを操作する場合は、必ず路肩やほかの安全な場所に車を停めてから行うようにしてください。 12月1日からの改正後でもこの部分については 変わらずに適用されますので、信号待ちで停車していれば 大丈夫ということになります。 だが飲食と同じように、どんな状況であれ運転手はハンドルとブレーキの操作に専念できている必要があるため喫煙も常に許されると解釈すべきではない。 もちろん運転中は常にイヤホンをつけておけば良いのだが、それはそれで煩わしいと考える人も多いかもしれない。 こちらも餅屋(警察)に聞きました。 女子大学生は左耳にイヤホンをつけ、スマホを操作しながら自転車を運転 スマホ自転車で女性死亡 女子学生を書類送検へ|BIGLOBEニュース — BIGLOBEニュース shunkannews 自転車になるとすでに道路交通法が適用されてきますので「ながら運転」に当てはまるようになってきますね。 ながら運転の罰則が明確にされているのは、スマホやカーナビの操作に関してです。 ハンズフリーを利用して違反を取られても責任は取れません・・・。 )を運転する場合においては、当該 自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 まとめ 今回は信号待ちのときにスマホを操作しても、違反にはならないことをお伝えしました。 道路交通法第71条、東京都道路交通規則第8条 「携帯電使用運転は違反行為として5万円以下の罰金」 となっています。 使用の際にはあくまでも自己責任でお願いします。

Next|Next|Next