フロスト ロトム 育成 論

フロストロトム : ダブルバトル補完 フロストロトム

フロスト ロトム 育成 論

ここまでは確定。 もっとも単純化すると相手がニョログドラに対してこちらガブと何か。 Wikiとかには雪がくれ云々書いてあると思いますが、そんなものは関係ないです。 ・みがわりと相性のいいポケモンとは相性がいい。 やたら長くなりましたが、お役に立てば幸いです。 やってますか? 今回はフロストロトムの育成論と対策を考えていきたいと思います。 、、、、、、、、、など基本型ミミッキュ以外で多数の上位勢が使うもう1つの型ですね。 【フロストロトムの特徴3】専用技は襷つぶしに使えるふぶき ロトム系はそれぞれタイプ一致の専用技を覚えますが、フロストロトムの場合はふぶきです。 御存知の通り高威力ではありますが命中が70しかなく、そのまま使うには心もとないメインウェポンですね。 「ウォッシュロトム」の「おにび」や「トリック」によって相手ポケモンの機能を停止させたところに、エースポケモンに交代して戦います。 弱点を効率よくカバーしようとなると多少の被りはしょうがないですね。 霰パは作ろうとなると大抵のポケモンが被りますからそこが悲しいですね。 味方の特殊耐久を強化。 投稿者:がる• フロストロトムの対策 注意点 ・高めの特攻と電気+氷の優秀な攻撃範囲を持ち、攻撃能力が高い。 そのため、ラティオスをはじめとするドラゴンには隙を見せてはいけない。 とくこう方面に努力値を振る事ができれば、アタッカーに、防御特防方面に努力値を振ることができれば、起点づくり兼クッションになったりと沢山の役割が持てます。 威力重視なら10まんボルト、麻痺狙いならほうでん。 呪いの御札型ミミッキュの育成論• しかし、エースとしての起用なのでCS共に削りすぎるのは本末転倒です。 この技の最大のメリットは、H4振りギャラドスをダイマックスしないでも倒すことができることです。 ただし今作ではダイマックスがあり、ダイアイスなら必中になる上にあられを降らせることでダイマックスが切れたあとの吹雪が必中になるという実質的な強化を受けました。 フロストロトムはあられが降っていなければふぶきの命中不安があるためかなり弱体化できます。 A種族値はジュナイパーの進化前であるフクスロー A75 にも劣ります。 他のやつでやった方が良いかもしれない。 他にはカバルドンのあくびループを受け付けない点が優秀。 ラムのみ型• ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。 型にもよりますがこの辺のポケモンに強く出ることが出来ます! 苦手な相手からはボルトチェンジで逃げ、 サイクルを回しつつ、有利対面では 鬼火を撒いていきましょう! また「10万ボルト」ではなく「どくどく」を入れることによって、耐久ポケモンも突破出来るようになるのでラッキー等が辛い場合は入れることをおススメします。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 ダメージ計算 攻撃技がないため被ダメージのみ。 何にも入っていないロトム本来の姿。 めざめるパワー草の採用について 仮想敵であるボーマンダとよく組まれるステロ巻き要員への有効打になります。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 2ターンの間眠る。 性能安定。 電気+氷でも十分攻撃範囲は広いので、ゴーストタイプ対策を他のポケモンに任せ、補助技を一つは覚えておくのも選択肢となる。 (4)あくのはどうも技候補になり得る。 更に一致エアスラッシュでのゴリ押しや、トリックで積みor居座る耐久ポケモンを機能停止にできる。 先発で「ボルトチェンジ」が強力 「ヒートロトム」は先発で繰り出して「ボルトチェンジ」を打つことで、相手にダメージを与えながらポケモンを交代することができます。 スポンサーリンク フロストロトムの特性 ふゆう (地面タイプの技を受けない。 技 備考 やどりぎのタネ ミストフィールド下でも有効で鋼や毒にも通るダメージソース どくどく 草に通り交代後も残るダメージソース。 かなり無理のある育成論になってしまった感もあるので、いつかリベンジしたい。 ダイマックスして打つと物理計算になる為、とっても弱くなる。 フォルムチェンジすると種族値が変わり、各フォルムに対応したタイプのわざを覚えられる。 それゆえに、相手に自分の型を読まれにくく、「」を覚えることからも、先発で選出しやすいという強みがあります。 どうしても辛い場合は「めざめるパワー氷」を入れましょう。 また、天候を「晴れ」にされても、こちらは後攻でダイアイスを打って天候を「あられ」にすることができるため、ダイバーンに天候補正がかかることはありません。 めざめるパワー水 ヒートロトム、 Aガラガラ、 マンムー、 バクーダ 雷と合わせて雨パに組み込むとより強力に。 追加効果は微妙だがに抜群。 他の竜に先制出来ないのがかなり痛いので実戦級とは思えないのですがどのような採用になるのかお聞きしたいです。 宿り木と重ねがけも。 etc… メジャーな型だけでも10個以上存在し、ミミッキュ単体では何をしてくるかわからないポケモンです。 「」 「」 ミミッキュの型• ロトムのオススメ技 ロトムの技構成の基本は フォルム技+電気技+サブウエポン+補助技 3ウエポン+1 もしくは フォルム技+電気技+補助技2つ 2ウエポン+2 のどちらかになります。 (パッチルドンと同じ) というのもフロストロトムを使うならウォッシュロトム・ヒートロトムを選びたいトレーナーが圧倒的に多いからですね。 他のロトムと違い、火力が出せない点をイカサマで補うことで 保険ではありますが攻撃技も確保することができました! 一方で状態異常技を2つ採用していることで、すべてのポケモンに対して 状態異常をぶつけることができるようになりました! 電気炎のヒートロトムには効かない?ちょっと分かりかねますね。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では同じく電気・氷の複合タイプで耐久が高いパッチルドンというライバルが現れた。 自分が一番おススメするロトムの型はズバリ 「物理受け型」ですね! やはりオボンの実を持って鬼火を撒いていくというロトムが一番使いやすいと思います。 無補正C252振りカプ・コケコのフィールド下10万ボルト 36. 25倍) 鋼 4倍弱点の地面は、特性「ふゆう」で地面は無効になります。 対面操作技としてとても優秀。 シャドーボールorイカサマ枠に、あくのはどうはいかがでしょうか。 Sを振るなら60振り 準速バンギラス抜き くらいまでがおススメです、これ以上振ると耐久が疎かになってしまいます。 2回打ったら1回は外れる。 威力を出す為に2ステップかかるなら、シャドボ2発打ったほうが効率的と考えるかは、構築次第。 や、、、、、、他にも大勢の上位勢もこの基本形を使っています。 また自身が電気タイプなためギャラドスやトゲキッスなどの他のダイジェット使いに対して大幅に有利。 環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。 まとめ:【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】 いかがでしたでしょうか。 ダイサンダーにすると威力120。 対するトロピウスのようりょくそは…。 面子ではなく立ち回りや中の細かなギミックで差異化するのがダブルの特徴かもしれません。 また、氷ロトムがダイマックスすること前提で計算させて頂きます。 そのため、フロストロトムは他のロトムのような受け・サイクル型よりもアタッカー型が多いですね。 もちもの:ラムのみ・オボンのみ・こだわりスカーフ• 「イカサマ」 あく技 威力95 命中100 相手の攻撃力数値でダメージ計算する。 …というわけで、ライバルと比べ圧倒的に低い攻撃性能は攻撃技を不採用とすることで誤魔化し、霊悪等倍と特殊耐久を活かしてピンポイントな特殊受けという道を選びました。 S・・・・ロトムミラーで相手素早さ無振りなら先制。 威嚇とタイプ耐性で多くの物理ポケモンに有利な点や、電磁波でS操作をできる点が高評価です。 記述を分かりやすくしておきたいと思います。 ただしあられターンを伸ばしたい場合は初手ダイアイスは避けて2ターン目にダイアイスをうちたいですね。 アドバイスを参考に、改行、記入ミス及びダメージ計算の方にパーセンテージを入れさせて頂きました。 フロストロトムの育成論と戦い方 基本的にはアタッカー型で育成がおすすめですが、ステータスバランスはいいので一応他のロトム同様受け型でも育てられなくはないです。 じゃくてんほけんと組み合わせれば全抜きも夢ではない。 ありがとうございます。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 ロトムの種族値 ロトム フォルムチェンジ の種族値 HP 50 攻撃 65 防御 107 特攻 105 特防 107 素早 86 平均 86. スピンロトムは2タイプ弱点、6タイプ半減以下• 25倍 電気・氷・飛行 ポケモン唯一の電気・氷タイプです。 そういえば、似たようなことをしてる人、いた気がする。 わるだくみさえ積まれなければ火力はそこまで高くないので、大事なのは起点を作らせないこと。 霰パを使う上で障壁となるのは、吹雪が刺さる場合とそうでない場合の安定感がまるで違うこと。 次世代以降のテコ入れに期待。 また、地球投げ確定5の高いHPとラム収穫によりラッキーに強い…ように見えますが削り速度が遅すぎて交代で容易に対処されます。 「ほうでん」 威力80 命中100 30%の確率で相手をまひ 削りながらまひを入れられる良技。 「トリック」によって耐久ポケモンに対しても役割を持てます。 その他のポケモンの育成論一覧は でんきタイプの育成論一覧は こおりタイプの育成論一覧は. *はじめに こんにちは、初めまして。 ハッサムは「とんぼ返り」を使えるので有利対面を作りやすいのです。 この特性により、弱点が減り抜群が取られ辛く、一撃で落とされ辛くなります。 H・・・・臆病C特化ドラパルトの流星群が乱数3発 99. エスパーとゴーストタイプへの打点 環境の「ギルガルド」や「ドラパルト」に役割を持てるようになる。 これもフロストロトムが選ばれにくい理由の1つとなっています。 臆病C252眼鏡サザンドラの大文字確定耐え。 どちらかの補助技は覚えさせておきたい。 参考になります。 半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。 努力値はHBぶっぱでもいいですが受けたい相手等を考慮してパーティとご相談ください。 Cブッパする場合は性格臆病にしてSもブッパして上から殴れる範囲を増やす方が懸命です。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 しかし、先発ロトム「ボルトチェンジ」は強力であるがゆえに読まれやすいので、先発に地面ポケモンを選出されたり、ロトムより遅い相手がボルトチェンジ交代読みの攻撃をしてくる可能性もあるので注意しましょう。 相手を特殊状態さえすれば、基本的にはお役御免なのでこの技を 使って自主退場を図りつつ、相手にかすり傷を入れられる。 お役立てください。 モデルは「電子レンジ」。 ダイアイスのあられできあいのタスキを潰せるのが優秀 ダイマックス後はあられで必中になります。 コオリZで吹雪の使いにくさを緩和できるようになったのは嬉しいところ。 「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」の数値がすべて100を超え、素早さの数値も86と中速アタッカーとしてかなり高水準です。 収穫組の中で最鈍である点はトリックルームで活かすことが可能。 先攻で打つとロトムへの嫌なムーブを後続に受けてもらえ、後攻で打つと頑丈なロトムに一撃耐えてもらいつつ有利対面は操作できる。 疑問点やアドバイスなどがありましたら、コメント欄に書いて頂けると幸いです。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 攻撃の形としては基本的に上から一回殴られてから殴り返すという形になります。 補助技にも「こだわりスカーフ」を押し付けられる「トリック」や先制火傷を狙える「おにび」など優秀なものが揃っている。 フロストロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 フロストロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 穏やかということは火力もたいしたこと無いはずで脅威でも何でもありませんので考慮する必要は無いと判断させていただきます。 こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。 ただその場合「鬼火」を撒きたい相手に「どくどく」が入ってしまう場合があるので注意してください。 もともとじめん技が無効なため特性はあってないようなもの。 ポケモンソード・シールド(剣盾)で 「ロトム」の出現場所、進化フォルムチェンジするためのロトムのカタログ入手方法、各育成論・種族値や強さについて記載していきます。 ヒートロトムの対策 特性「かたやぶり」で地面タイプ攻撃を当てる 「ヒートロトム」は地面タイプが4倍弱点ですが、特性「」なので地面技は無効にできます。 この姿の時のみ「リーフストーム」を覚える。 【フロストロトムの育成論】ダイマックスエース型フロストロトム• スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 私はあることを思い出しました。 こだわりアイテムと相性が悪いが、相手の物理アタッカーを機能停止にできる。 だが、「かたやぶり」のドリュウズやオノノクスであれば地面技で弱点をつくことができる。 ラムに注意。 ほとんどのポケモンが使用率トップ12に入っているようので、やはり メジャーポケモンに強いのも強みですね。 コメント 14 みんなの評価 :. ドラパルトやミミッキュに対する打点になる。 特にノオーフロストでは厳しい相手に他4体でしっかりとカバーする必要がある。 他の相手にも等倍で通りやすい たたりめ Aガラガラ、 ヌケニン等 状態異常の相手には2倍めざパ以上の火力。 剣盾になってから、たまに見かける。 氷半減で耐えるのもありです。 アタッカーとしても相手の攻撃を受ける役目としても優秀なため、採用率が非常に高いポケモンです。 無補正無振りカバルドンのこおりの牙 62. ハートのウロコ ステータス調整 素早. 飛行技はこれのみ。 弱点が多い。 とんぼがえりは「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」と同様に、攻撃しながら後続と交代できるので、さらに有利対面を作りやすくなります。 スポンサーリンク フロストロトムの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 ふぶき 氷 110 70 氷10% タイプ一致技。 ただ、パッチルドンはどちらかといえば物理アタッカーであり鈍足なので、 フロストロトムでの差別化にはそれほど苦労しない。 技は「ふぶき」と「ボルトチェンジ」は確定。 技は「ふぶき」と電気技は確定。 その他・など弱点を突かれない特殊耐久の高いor高火力なポケモンなら押し負けないだろう。 ロトム(通常フォルム)の基本ステータス さてさて、ついでなのでロトムのステータスも確認しておきましょう。 相手が状況異常だったら、ゴースト技最大打点になる。 怯み20%も地味に強いです。 これを 「とんボルチェン」といいます。 コメント欄を有効活用し育成論の向上につなげたいので、分かりにくい点や不備がありましたら、コメント欄での報告をお願いします。 他のロトムと違い「オーバーヒート」を使うことができるので、攻撃範囲が広いのが特徴です。 これをDに振ることで、特殊耐久が少しだけ高くなるので、確実に振るべきだと思います。 フロストロトムは長すぎるのでフロストムと省略するのは一般的ではないのですかね? 氷ロトムは語呂悪いですし 何はともあれ、紛らわしいので修正しておきます。 貰い火を持つため、熱風に対しての抑止力としても優秀。 次回からはより良い育成論を投稿できるように精進していきたいと思います。 投稿者:小巻• ヒートロトムの役割と立ち回り アタッカーから耐久までできる万能なポケモン 「ヒートロトム」は特攻、防御、特防の種族値が高いので、持ち物や努力値によってアタッカーから耐久までできる万能なポケモンです。 攻撃数値の低いロトムでも、イカサマなら大丈夫。 威嚇もあり、タイプも地面・飛行と火ロトムの苦手な「ガブリアス」や「ガルーラ」に対して役割をもてます。 (B44でも十分ですが弱点岩・格闘をサブウェポンでうつポケモンには物理アタッカーが多いのでB振り。 【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】 こんにちは 44 です。 も物理受け型が多いため意識する必要がある。 ポケモン 説明 ・「わるだくみ」の特攻上昇と技範囲の広さでアタッカーとして優秀 ・タイプ一致の「ダイジェット」で素早さを上げられる ・特性「ばけのかわ」により「つるぎのまい」で攻撃を上げやすい ・「ウッドハンマー」がウォッシュロトムの苦手な「水・地面」複合タイプのポケモンに有効 ウォッシュロトムの対策 ボルトチェンジを無効化する 「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」を無効化することにより、ウォッシュロトムの役割をなくしてしまう方法が対策として最も有効です。 基本的にシングルレートが対象です。 もちもの:呪いのお札• 粉技、催眠術により交代先への嫌がらせ性能も高い。 (3ターン目だとダイウォールされたらあられを降らせられないので) 調整 耐久に全く振らないと流石に脆いので少しだけ耐久に振りましょう。 交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。 ーーイカサマーー 自分の攻撃力ではなく、相手の攻撃の高さで威力が決まる技。 勿論吹雪を打ちまくるにはそれなりの工夫が必要で、前作までの霰パの一番の問題は、 速さが圧倒的に足りないことと メタグロスにぜんぜん効かない事でした。 この姿の時のみ「ふぶき」を覚える。 この姿の時のみ「オーバーヒート」を覚える。 1、わざマシン おにび 75 ほのお 物理アタッカーを機能停止させる。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 わざマシン トリック 100 エスパー こだわりと合わせて。 加えて特殊耐久も高くなる。 相性の良いポケモン 出典: ボルトチェンジで サイクルを回す上で相性の良いポケモン 「メガハッサム」です。 電気技は平常時の使用も考えるなら「10まんボルト」だが、「ダイサンダー」の威力が「10万ボルト」より10高くなる「かみなり」も選択肢。 7 計520 フォルムチェンジしたロトムの種族値はすべて一緒である。 攻撃しつつ撤退可能。 ーーウォッシュロトムーー 洗濯機に入り込んだ姿。 「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。 わざマシン ひかりのかべ - エスパー 味方のサポートに。 ふぶきをいかに活用できるかがフロストロトムを使う上で重要になってくる要素です。 天候取りはノオーに任せて等倍で責めるということです。 ロトム自身はフィールドの恩恵は受けられない。 水、フェアリー、飛行、地面などのタイプのポケモンを複数パーティに入れて、 相手のパーティにあわせてフロストロトムの相棒を切り替えるといい。 雨とあわせて。 自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。 ちなみに動画投稿者のいろはさんは基本2桁順位の超上位勢の一人です。 残り2枠は自由枠。

Next|Next|Next