かなちゅう バス

カナちゃん号

かなちゅう バス

当初は・発着であったが、2004年12月16日より一部便が南口まで延長。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 略称 神奈中(かなちゅう) Kanachu 神奈交(銘柄略称) 本社所在地 〒254-0811 八重咲町6番18号 : 設立 (10年) 事業内容 旅客自動車運送事業、不動産業他 代表者 堀康紀() 資本金 31億6千万円 発行済株式総数 6300万株 売上高 単体536億80百万円、連結1155億25百万円 (2017年3月期) 営業利益 単体39億81 百万円、連結68億10百万円 (2017年3月期) 純利益 単体28億14百万円、連結39億77百万 (2017年3月期) 純資産 単体312億59百万円、連結510億36百万円 (2017年3月期) 総資産 単体1015億18百万円、連結1489億57百万円 (2017年3月期) 従業員数 単体3,101人、連結7,729人 (2017年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 45. 詳細は「」および「」を参照 6月には社名を 神奈川中央交通に変更した。 これにより、夜間高速バス、成田空港線、羽田空港線を除いた全営業所の一般路線にてPASMOの利用可能となった。 三菱ふそう・エアロスター、P-MP218P改。 大型バンパー 2000年導入車までは前後のバンパーは大型の仕様が標準となっていた が、これはバンパーをフロントガラスの清掃の際に使用するステップと兼用させるためであった。 自主統合の流れ [ ] 小規模なバス事業者の乱立は、結果的に競合による疲弊を招き 、資本力のある事業者が小規模事業者を買収し合併することで、事業規模を拡大すると共に無益な競合を解消する気運が現れ始めた。 盛永伸一「富士重工現役車両のスタイリング」『バス・ジャパン』第5号、バス・ジャパン刊行会、1987年6月、 5-10頁、。 しかし、ワンマン化自体はにで実施されていた が、それまでワンマン化されていた路線は均一運賃体系の路線が主で、多区間運賃制路線では申告制前払いとしたところもあった。 日本初の割増料金を適用した深夜バス [ ] 神奈中の深夜バス路線の例(本厚木駅24時35分発鳶尾団地行き) ベッドタウンの外延化と共に、利用者からは路線バスをもっと遅くまで走らせることに対する要望が強くなっていた。 1988年12月24日からは藤沢営業所から分離するかたちで 綾瀬市吉岡に綾瀬営業所が開設され 、藤沢営業所長後操車所は廃止された。 一日乗車券• また、戦後の貸切バス再開に伴い、1936年式のフォードの内装を改装した貸切バス車両を2台導入したが 、これも秦野工場で再生された。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 ( も) - 神奈川県相模原市• (神奈川県海老名市。 反映後、このタグは除去してください。 - 横浜市営バスから一部路線を移譲される。 には山間部の路線において停留所以外でも乗降が可能なの採用も開始した。 発売金額は大人1,030円、小児520円(2014年3月31日までは大人1,000円、小児500円)で、空港リムジンバス、深夜急行バス、一部のコミュニティバスを除く各線で利用可能。 以後、同様のミニバス路線がいくつか開設されている。 - 横浜・舞岡・戸塚の各営業所での導入を最後に全路線へのバスカードシステム導入完了。 全社で26台導入し、すべての営業所に配置された。 しかし、乗合馬車や人力車の方が安かったこと や、道路が悪く運転技術も未熟だった こともあり、いずれも1年程度で廃業となっている。 ICカードと磁気券の2種類があり、ICカードは当日のみ使用可能。 その他 [ ] YAMATE LINER 茶色の濃淡にロゴが入る。 これは通勤定期券を所持している利用者と同伴の家族が土休日に神奈中の一般路線を利用する際には1回の乗車が現金100円になるというものであるが、制度の導入だけではなく、広告塔に相当するものが必要と考えられた。 差額のみの精算ではございませんので、ご注意ください。 地域分社化 [ ] 分離子会社の車内に設けられた車内売店(2008年3月31日付で終了) 一方で、にが秦野地区から撤退することになり、その受け皿としてが設立された。 車両 [ ] 本節では便宜上、大型車のうち全長が10. 2015年4月より一部便が東戸塚駅東口・上永谷駅に停車。 - ()から一部路線の移譲開始。 4月1日 - 全系統にを附番。 また、上記の再編に続きには、神奈川中央交通の営業所であった・・の各営業所が神奈川中央交通 東に移管された。 中央相武自動車 (大正12年)3月設立。 後の好景気により、内ではまず賃貸自動車営業 が開始され、続いて兼営で乗合自動車の運行が開始された。 1990年7月5日より運行開始した路線で、との共同運行。 - 及び江ノ島電気鉄道の乗合自動車事業を譲受(3月に譲渡契約を締結。 通称は「 神奈中(かなちゅう)バス」。 に東京横浜電鉄は京浜電気鉄道(現在の)と小田急電鉄(現・、)を統合して東京急行電鉄(東急)となっていたが、東急はに藤沢自動車の経営権を京王電気軌道から譲受して傘下に収めた上で 、伊勢原自動車を買収した。 旧 津久井神奈交バスの営業所:を神奈川中央交通 西に移管。 同年に大谷仁三郎がとを結ぶ路線などの運行を開始し 、厚木町の有力者は厚木と横浜を結ぶ路線を開設したのち、に設立された中央相武自動車に営業譲渡 した。 路線自体は存続しているが、神奈中では予約・発券業務のみを担当している。 と藤沢キャンパスを結ぶ路線は、朝のバス待ち行列が250人近く並ぶ有様で、通常のバスでは捌ききれない状況であった。 停留所名 系統名 行き先 経由地 運行バス会社 弘明寺口 井10 こども医療センター<神奈中> 別所中里台 神奈中 弘明寺口 井10 井土ヶ谷下町<神奈中> 別所中里台 神奈中 弘明寺口 井11 南永田団地<神奈中> 弘明寺口・南永田中央 神奈中 弘明寺口 井11 井土ヶ谷下町<神奈中> 弘明寺口・南永田中央 神奈中 弘明寺口 井11 - 弘明寺口(深夜) 神奈中 弘明寺口 井12 横浜パークタウン<神奈中> 弘明寺口・引越坂 神奈中 弘明寺口 井12 井土ヶ谷下町<神奈中> 弘明寺口・引越坂 神奈中 弘明寺口 井12 - 弘明寺口・引越坂 神奈中 弘明寺口 井14 不動坂<神奈中> パークタウン(深夜) 神奈中 弘明寺口 戸1 井土ヶ谷下町<神奈中> 国道平戸・弘明寺口 神奈中 弘明寺口 戸1 戸塚駅東口<神奈中> 国道平戸・弘明寺口 神奈中 弘明寺口 戸3 戸塚駅東口<神奈中> 国道平戸・井土ヶ谷 神奈中 弘明寺口 戸3 戸塚駅東口<神奈中> 国道平戸・井土ヶ谷 神奈中 弘明寺口 戸3 県庁入口<神奈中> 国道平戸・井土ヶ谷 神奈中 弘明寺口 戸45 桜木町駅前 こども医療センター・南区総合庁舎前 神奈中 弘明寺口 戸45 戸塚駅東口 こども医療センター・南区総合庁舎前 神奈中 弘明寺口 東1 井土ヶ谷下町<神奈中> 医療センター・弘明寺口 神奈中 弘明寺口 東1 東戸塚駅東口<神奈中> 医療センター・弘明寺口 神奈中 弘明寺口 東6 県庁入口<神奈中> 国道平戸・井土ヶ谷 神奈中 弘明寺口 横43 戸塚駅東口<神奈中> 国道平戸・井土ヶ谷 神奈中 23件中 1-20件目表示 検索結果ページ: 1. 5月 - に上場。 - 相模原・多摩・町田の各営業所管内及び大和営業所の町田市内乗入路線において、GPSを利用したバスロケーションシステムの運用を開始。 12月 - 鶴屋商会及び戸塚自動車商会(戸塚 - 岡津間)を合併。 - 神奈川県横浜市(に移転の上横浜営業所に改称 )• 2012年4月25日閲覧。 しかし、神奈中の大多数の路線のように運賃区間の多い路線での多区間運賃制へのワンマン化事例は当時存在せず、運賃収受の確実化を図る必要があった。 以後、神奈中の乗車方法は前乗り前降りが基本となる。 定期券の使い方について 運賃先払い・後払いのバスによって異なります。 神奈中の車両では "Kanagawa Chuo AIR EXPRESS SALOON" となるのに対し、横浜神奈交バスの車両では "Yokohama Kanako Bus AIR EXPRESS SALOON" となっていた。 から不動産業にも進出 、・などで宅地分譲を行った。 割引額は大人100円、小児50円。 アドベル 広告代理業、清掃業 平塚・秦野におけるホテル事業 自動車整備業 自動車販売業 らーめん花樂の運営、各種店舗フランチャイズ経営 グループ企業のシステム・サーバー管理、ソフトウェア製作など 総合ビルメンテナンス 神奈中相模ヤナセ 輸入自動車販売 過去の子会社 [ ]• 」のモニター からは、茅ヶ崎・辻堂駅発着の一部路線で自転車をバスに搭載するサービスが開始された。 2004年まではにより登録が義務付けられており、米の販売には必ず県知事への登録が必要だったため、車内の売店をスーパーマーケット「神奈中ストア」の店舗扱いとすることで対応し、車内にも登録証が掲示されていた。 詳しくは、をご覧ください。 横浜市内均一区間 全線定期券 横浜市内の均一区間にて当社バスのみご利用いただけます。 5月 - 東京横浜電鉄(現在の)に買収され、同社の傘下に入る。 先立った小田急グループ内の事業再編で、2002年に旧・箱根登山観光バス東京営業所を統合し、野津田車庫から旧箱根登山観光の車庫へ移転していた当時の神奈中観光 町田営業所(町田市鶴間。 (現・)久保沢向原 - 旭町間)の合併で、南は藤沢 - 平塚から厚木・を経て北は八王子 - 上野原までに至る神奈川県を縦断する路線網を築き上げた。 1949年• さらに少子化による通学需要の減少も作用し、路線バス利用者は年毎に減少してゆく。 - 相模神奈交バスがよりの運行管理を受託。 - 神奈川県相模原市緑区(相模原営業所三ヶ木操車所)• スヌーピーバス 検討の結果、において導入されている環境定期券制度の導入を行うことになった。 概要 [ ] 東日本では最大のバス事業者で 、バス専業の事業者としても日本一の規模であり 、日本のバス業界のリーダー的存在とされている。 ( 2017年1月) 統合により神奈川中央乗合自動車が発足した1944年6月16日の時点では、以下の営業所が存在した。 この「新ステップ」は横浜市交通局・・など、他の事業者にも波及している。 1935年、大谷仁三郎経営の - - 田名間と田名 - 間の乗合自動車業を承継して開業。 なお、命令系統の明確化を目的として 、1962年以降は各営業所は運輸部所属部門から社長直轄の事業所に変更された。 その他の路線は子会社の運行コストであれば存続可能と判断され 、に移管された。 復元された薪バス「三太号」 に会社創立60周年を迎えたが、この時に先人達の苦労を伝えるという意味で 薪バス「」を復元した。 2001年7月29日開設時点での台数()。 車両数もに見られるように増加の一途を辿り、特に厚木営業所では1985年度に所属台数が200台を超えている。 成田空港発着 [ ] 田村車庫・本厚木-成田空港線の車両(ひ852) 橋本・相模大野・町田・南町田発着 との共同運行で 、2000年6月20日より運行開始。 しかし、利用者の要望やバリアフリー対応という観点から、中扉から乗車して前扉から降車する「中乗り前降り」方式の検討を進め 、2006年3月から伊勢原営業所管内で「中乗り前降り」方式の実証実験を開始した。 各営業所の特徴として、乗務員の休憩室と事務室の仕切りがなく 、事務員が多忙の際には休憩中の乗務員が外部からの問い合わせ電話を受けることもある という点が挙げられる。 同工場で再生された車両は、自製のボンネット周りに外観上の特徴があった。 現在は全面解除 さ 相模原営業所(麻溝操車所) 神奈川中央交通 さ 相模原営業所 せ 綾瀬営業所 神奈川中央交通 せ 綾瀬営業所 た 多摩営業所 神奈川中央交通 た 多摩営業所 ち 茅ヶ崎営業所 神奈川中央交通 ち 茅ヶ崎営業所 と 戸塚営業所 神奈川中央交通 と 戸塚営業所 や (大和営業所 中山操車所) 横浜神奈交バス 中山営業所 横浜神奈交バス な 中山営業所 2015年4月現在、神奈川中央交通より全面受託 現在は全面解除 ま 町田営業所 相模神奈交バス 町田営業所 神奈川中央交通 相模神奈交バス ま 町田営業所 2015年4月現在、相模神奈交バスへ一部委託 や 大和営業所(鶴間操車所) 神奈川中央交通 や 大和営業所 2015年4月現在、鶴間操車所の一部を藤沢神奈交バスへ委託(神奈交自社路線あり) よ 横浜営業所 神奈川中央交通 よ 横浜営業所 相模神奈交バス 菅生営業所 相模神奈交バス 神奈川中央交通 東 菅生営業所 川崎市交通局を全面受託 平成29年3月26日 より、受託営業所を菅生からへ変更 した。 また、神奈中バスカードはその後へ発展解消していく事になるが、当初は神奈中のバスカードに採用されていたシステムとバス共通カードを導入していたバス事業者のバスカードのシステムが異なっていたため、バス共通カードが完全に導入されるまではバス共通カードを使用できない車両が存在した が、一方でカードの割引率などは神奈中バスカードにおいて設定されたものがバス共通カードでもそのまま踏襲されており、の「バス利用特典サービス」の特典バスチケットにもその金額は引き継がれている。 本項でも、以下神奈川中央交通を「神奈中」と表記する。 運賃収受が前払いか後払いかを表示するためのもので、一部車を除き幕式になっている。 高橋俊哉「深夜バス ハナ金ウォッチング」『バス・ジャパン』第8号、バス・ジャパン刊行会、1988年4月、 46-48頁、。 - 多区間運賃制の路線バスでは日本初となるバスカードシステムを平塚・伊勢原・秦野の各営業所で導入開始。 4月1日 - 並びに事業を神奈中ハイヤーに譲渡 (現在の)。 その後、より大和・相模原営業所が新たに神奈川中央交通東に加わった。 attr 'data-ek-mydata-json',json. - と共管の連絡バス、 - - - 成田空港を運行開始。 だいぶ世代交代が進みそうですね… 掲載車両 にそこそこな数を在籍している神奈中古のニューエアロスターノーステ。 :乗合、運行管理受託• 4月にはにを建設 、これにあわせて同年8月17日には神奈中商事を設立した。 - 横浜市営バスから一部路線を移譲される。 1999年10月1日からは本厚木経由となり 、同時にダブルデッカーを導入。 ごく一部を除き英語表記は行われていない。 潜在的需要の発掘 [ ] 1997年夏には、これからバスを利用する世代となるであろう児童層に着目し、路線バスの利用方法を覚えてもらうという趣旨 で「ちびっこ50円キャンペーン」を開始した。 「国内ニュース」『バスラマ・インターナショナル』第30号、ぽると出版、1995年7月、 92-97頁、。 よりに停車。 関連事業においては、2004年からは温浴施設(「」)の運営に参入する一方で 、スーパーマーケット「神奈中ストア」は2007年9月30日をもって全店舗閉鎖となり 、同時期にバス車内における物品販売も終了となっている。 - 川崎市交通局 2015年10月30日• 2016年4月1日より京成バス運行便がに移管された。 1960年代以降、輸送力の増強に伴う車両の増加に対応するために、営業所を郊外へ新設や移転を行い、同時に敷地面積も拡大するという手法がとられた。 その後も機器の開発を進め、1964年4月には運賃区界数5区間の路線でもワンマン化が行われた が、この時には色分けされたプラスチック板の整理券を乗車時にボタンを押して受け取る方法 となり、さらに同年10月には運賃区界数8区間の路線にも導入された。 3m級の中型車両を大量に導入している。 神奈中側は2016年8月16日より湘南神奈交バス(現:神奈川中央交通西)に運行移管。 2000年11月15日から湘南神奈交バスに移管 、さらに2008年6月16日からは横浜神奈交バスに移管。 」というサービスを開始した。 - 神奈川中央交通(企業に関する情報) 2015年3月27日• なお、クレジットカードでのお支払いは出来ません。 1936年、愛甲自動車商会より上溝 - 厚木間の路線を譲受。 2008年8月には新潟市へ 、2009年10月には浜松市への貸し出しが行われた。 作業日はまど上の作業日に準じます。 歴史 [ ] 本節では、主にバス事業の歴史を中心として、関連事業についても適宜記述する。 運輸省でもバスの終車延長には積極姿勢を見せ、1970年12月には「大都市周辺部の深夜バス運行について」という通達を出した。 9月、八王子中央自動車(11月開業。 ただし、有史上では深夜バスの運行はこれよりも古くからおこなわれており、例として1953年8月にによって大阪~池田・宝塚および大阪~京都間を結ぶ深夜バスが運行を開始している。 神奈中スポーツデザイン グループ内の娯楽施設・神奈中スイミング等の経営。 - 藤野町の相模原市合併に伴い、藤野町営バス路線を子会社の津久井神奈交バスが譲受。 鈴木敏「乗合バスへのカードシステム導入とバス交通活性化について」『』第9号、バス・ジャパン刊行会、1988年7月、 50-52頁、。 藤沢市で導入された連節バス「ツインライナー」 ち201 日本において連節バスを製造していたは当時既にバス車体製造から撤退しており 、が制定されていたため床面地上高を550mm以下に抑える必要もあったことから、輸入車を導入することになり、のが日本総代理店となる製を導入する事になった。 - 神奈川中央乗合自動車株式会社に商号を変更。 - 町田バスセンター - 山崎団地センター間でツインライナー導入。 貸切・観光バス用車両や、一部の路線バス車両・特定輸送車両等に用いられた。 ( せ) - 神奈川県• 1954年には弘明寺営業所の業務を横浜市南区笹下町に新設された横浜営業所に移転 、1958年6月25日には町田営業所が開設され 、逆に鶴間営業所は町田営業所の出張所となった。 神奈中側は2016年8月16日より湘南神奈交バスに運行移管。 1台目のバス降車時にPASMO・Suicaを使用して運賃全額を支払い、降車後60分以内に2台目のバスへPASMO・Suicaを使用して乗車した場合に限り適用。 これに対応するべく車両の増備が急速に進められ、に路線バスの保有台数は1,000台を超え 、営業所を郊外へ移転すると同時に敷地面積も拡大するという手法がとられた。 薪については、代用燃料導入当初は、ガス発生にも適する状態のよく乾燥された良質の薪が入手できていた が、1944年頃からは乾燥が不十分な状態のままで入荷することになった。 に東京新宿に拠点を置くが原町田乗合自動車を合併 し、またの相武自動車は鶴屋商会と戸塚自動車商会を合併して翌年に相武鶴屋自動車と改称した。 当初は車内でも発売していた。 - 中央相武自動車を合併、 東海道乗合自動車株式会社に商号変更。 府中駅ロータリー停留所の乗り場番号 5番乗り場 是政循環・朝日町ルート 6番乗り場 よつや苑西ルート・北山町循環 7番乗り場 多磨町ルート・押立町ルート お問合せ 忘れ物や運行に関すること 京王バス中央株式会社府中営業所へ 電話:042-336-5159 車内広告や車内放送などバス広告に関すること 株式会社京王エージェンシーへ 電話:03-3348-8539 その他ちゅうバスに関すること 府中市都市整備部計画課へ 電話:042-335-4325 オープンデータ オープンデータの取扱い. ( あ)・( き) -• 料金等につきましては、お気軽にお問い合わせください。 - 神奈川県相模原市(に移転の上相模原営業所に改称 )• 8月31日からは白色の新型行先表示器を搭載した車両が導入され、今後は全営業所で順次導入予定。 2004年2月には、横浜市交通局からの路線移譲について申し入れがあった ことから、2005年から2008年にかけて段階的に11系統を譲受した。 同年9月22日には、上溝営業所が移転の上相模原営業所に改称している。 2011年1月29日• 7月 - (創業者)が社長に就任。 からは遊技場(パチンコ店)経営にも着手した ほか、(平成2年)にはにゴルフ場「中伊豆グリーンクラブ」をオープンさせている。 9月25日 - と共同で、従来のツーステップバスをペースに前扉のステップにリフト機器を取り付けた新ステップ車の試作車が5台運行開始。 こうして、1997年の日本で初となる環境定期券制度導入と同時に「スヌーピーバス」が運行開始された。 営業所名 1970年9月 1981年12月 1986年3月 1991年3月 1997年11月 2001年3月 2005年10月 2011年3月 備考 あ 厚木 116 163 205 237 232 202 191 188 い 伊勢原 61 79 86 97 104 96 100 193 お 舞岡 108 132 137 154 156 146 179 189 さ 相模原 102 160 174 192 195 233 162 233 2017年12月16日 神奈川中央交通東に移行 せ 綾瀬 105 138 120 131 124 1988年12月24日開設 た 多摩 81 95 90 2001年7月29日開設 ち 茅ヶ崎 70 84 84 89 100 88 92 196 つ 津久井 61 67 70 77 86 65 55 2005年4月16日に相模原に統合 と 戸塚 121 170 179 188 189 166 196 193 は 秦野 85 99 112 123 132 120 121 2008年5月16日に伊勢原に統合 ひ 平塚 97 127 137 153 169 169 188 176 ふ 藤沢 91 129 160 91 101 96 103 2005年4月16日に茅ヶ崎に統合 ま 町田 97 144 185 204 208 163 182 173 や 大和 78 98 114 127 127 124 139 195 よ 横浜 80 112 121 138 142 126 108 108 合計 1167 1564 1663 1975 2079 1995 2042 2058 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ( か)• ( た) -• 『高速バス大百科』、1989年。 55mで扉を設置しないという日本の道路運送車両法による保安基準をさらに超える仕様 での製造という条件があった が、神奈中では藤沢市での連節バス運行実績を基に独自で基準緩和を働きかけ 、より厚木市内でも連節バスの運行が開始された。 - 茅ヶ崎営業所の一部路線にて自転車ラックバスの実証実験を開始( - 8月31日)。 - 神奈川県藤沢市(茅ヶ崎営業所藤沢操車所)• 車両はそのまま貸切兼用として運用。 2016年12月26日のリリースで再編後の営業所が一部計画変更の上公表され、相模神奈交バス相模原営業所(峡の原車庫)が「橋本営業所(車番略称:「も」)」へ、相模神奈交バス厚木営業所(上荻野車庫)が「厚木北営業所(車番略称:「き」)」へ変更された。 かなちゅうは93年度末に登場し意外にもUDがトップを切りました。 現金払いの場合は一般路線の全路線で小児運賃50円となるというもので、当初は長期休暇とのみの実施であったが、多い時には1日1万3千人もの利用がある など一定の効果が認められた事から、後年すべての土曜・休日に適用を拡大している。 後に神奈中よりに運行を移管されたが、限りで神奈中は撤退、岩手県交通の単独運行となった が、3月31日に廃止。 - 平塚営業所(湘南神奈交バスを含む)管内全路線の乗降方法を「前乗り・前降り」から「中乗り・前降り」に変更。 日本語 PDF プレスリリース , 神奈川中央交通, 2013年9月17日 , 2013年11月18日閲覧。 同時にGPSを利用したバスロケーションシステムの運用を開始。 昼行高速バス [ ] 田村車庫・本厚木 - 新横浜線 2006年11月17日より運行開始。 まず1962年には厚木営業所上荻野出張所(当時)・戸塚営業所長後出張所(当時)が開設され 、翌1963年4月20日には戸塚営業所を戸塚駅前から郊外(横浜市戸塚区中田町、現 立場ターミナル停留所)に移転 、同年5月10日には舞岡営業所が新設された ほか、1963年12月25日には横浜営業所本郷出張所が竣工 、1964年8月15日には平塚営業所から分離して 茅ヶ崎営業所が設立された。 2014年度からこの表示窓を廃止し、一部いすゞ・日野製車ではステッカーに変更される車両も登場したが、ステッカーは2018年前半までとなった。 各社の色は、湘南が黄橙、横浜が濃い青、藤沢が淡い青、相模が明るい青緑、津久井が深緑。 鈴木文彦「深夜バスの発展と現状」『バス・ジャパン』第8号、バス・ジャパン刊行会、1988年4月、 42-45頁、。 横浜・町田 - 京都線() 西日本ジェイアールバスとの共同運行 により、1989年7月20日から運行開始。 1992年6月30日からは本厚木経由となる。 1989年3月時点での台数は91台()。 attr 'data-ek-delete-code', item. 各地区の神奈交バスへの全面的な管理委託が行われたことによるもので、神奈川中央交通本体としての営業所機能は廃止された。 - 相模鉄道から同社バス細谷戸線を委譲される。 1963年には、清川村の札掛へ乗り入れる路線が開設された が、この路線に導入された車両は、当時の神奈中としては唯一のマイクロバスであった。 鈴木文彦『路線バスの現在・未来』グランプリ出版、2001年。 の新車より仕様で導入されている。 その後、に神奈川県の第三セクター・の経営悪化に伴い同社の株式を取得の上子会社化、 同社の新横浜営業所とし、に県観光は神奈中ハイヤー観光バスに称号を変更、更に神奈中ハイヤーの貸切バス部門(町田・平塚・戸塚)を神奈中ハイヤー観光バスに移管した上で、にに改称した。 ( T-)• の記述によれば、厚木・横浜・戸塚・舞岡の各営業所に配置されているギャラリーバス「カナちゃん号(初代)」も長尺車だった。 また、横浜市内均一運賃の区間を多く持つ横浜営業所・舞岡営業所(旧舞岡操車所・横浜神奈交バス舞岡営業所)・中山営業所(旧横浜神奈交バス中山営業所)では、対キロ路線も含む全路線で「前乗り中降り」の運賃先払い方式を採用している。 - 神奈川県秦野市(2008年5月16日に伊勢原営業所へ統合し廃止、操車所化 )• デザイン・データ作成も承っております。 乗合バス事業の再編へ [ ] 先述の通り、1996年の湘南神奈交バス設立以降順次進められてきた、神奈交バス5社への一部路線移管および運行管理の委託だったが、エリアの特性に応じた事業環境や効率化・最適化などを考慮し、この従来までの体勢を一新することが、に行われた取締役会において決議された。 - 厚木バスセンター - 厚木アクスト線にツインライナー導入。 7月31日 - バス共通カードの取り扱いを終了。 運転台後部正面または上部に22〜27インチワイドモニター 16:9 が設置されています。 後にに再移管されている。 当初は・発着であったが、2009年3月1日より茅ヶ崎駅まで延長。 - 開業60周年を記念し、薪バス「三太号」を復元。 ( や) - 神奈川県• ( な) - 神奈川県横浜市• その一方、藤沢自動車と競合するは自社のを擁護するため 、1935年に大谷仁三郎の個人経営だった橋本・渕野辺から田名にいたる路線を譲受 し、1936年に愛高自動車商会の厚木と上溝を結ぶ路線を買収し、沿線を自社バス路線の営業エリアとした。 自転車ラックバス 前面がオレンジ、側面がオレンジと白のツートンカラー。 5往復ずつ)、朝は木更津方面、夕は相模大野・町田方面が運行される。 にはそれまですべてを人手に頼っていたバスダイヤの作成を自動化すべく、バスダイヤ自動作成システム「AIDIA」も稼動開始し、日本のバス業界の注目を集めた。 この節には古い情報が掲載されています。 富士急側は2017年4月1日より富士急山梨バスから富士急湘南バスに運行移管。 この他、「湘南めぐみが丘」色、町田市民バスまちっこ(町18・町28系統)色や、各自治体から受託運行しているコミュニティバスの専用色などがある。 同年12月16日より木更津駅西口まで延長。 1953年には本社を平塚市に移転した。 ところが、1945年に入ると県内産木炭の入荷が途絶え 、やむを得ず福島県から鉄道輸送によって木炭を入手することになった。 ディーゼルバス導入から高度成長期へ [ ] 1948年10月には、初のディーゼルバスとしていすゞ・BX91型が5台導入された。 かつては神奈中本体で6路線の夜行高速バスを運行していた。 杉田 - 逗子間を湘南乗合自動車へ譲渡(現在ののルーツ)。 数日経っても無い場合はご面倒ですがご一報下さい。 また、路線バスの車内放送は長らく8トラテープを使用していたが、2005年10月23日より製音声合成装置の導入が開始された。 秦野工場は各営業所の付属工場の整備が進んだに閉鎖された が、戦後の車両復興に大きく貢献した。 ( よ) - 神奈川県横浜市• 岩手県交通の車両は引き続き神奈中厚木営業所に入庫。 しかし、バスはシャーシが割り当てられたものの架装すべき車体がない状態であった。 日本バス友の会、鈴木文彦「BUS CORNER」『鉄道ジャーナル』第550号、鉄道ジャーナル社、2012年8月、 159-161頁。 - 伊勢原営業所管内全路線の乗降方法を「前乗り・前降り」から「中乗り・前降り」に変更。 詳細につきましてはお問い合わせください。 にやはり東横系となっていた関東乗合自動車の町田営業所を継承 し、に同じく東横系となっていた秦野自動車を合併した ほか、やはり東横傘下になっていたの2路線を譲受した。 本路線を基幹路線とし、慶應義塾大学で「ツインライナー」に接続し、ミニバスで周辺地区を循環する支線バスによる交通網の拡大も行われた。 版権を持つ法人にも「環境保全が目的」と認められ、格段の配慮があったという。 使用する車両には「湘南ロコ号」と愛称が付けられた。 これらの基準緩和に対する神奈中の行動力には、三菱ふそう関係者も大いに刺激を受けたという。 も参考のこと。 例としては、着手のきっかけとなった東京都教育委員会のスクールバスにおいて、他の地区にあわせての貸切バス塗装が施されていた事例 や、伊勢原営業所の福祉施設送迎用車両で(定員6名・リフトつき)が採用されていた事例 などが挙げられる。 これは神奈川県では初の夜行高速バス路線となった。 1928年2月サンエキ自動車(設立)と合併し、伊勢原サンエキ自動車と改称。 2019年以降の新デザインでは、ラッピング施工車が2015年標準仕様ノンステップの為、同位置にはベビーカーステッカーの貼り付けがなされており、「かなみん」ステッカーの貼り付けは一代限りとなった。 4月1日 - 一部路線・事業を並びにに譲渡。 事業区域内の大半の路線が多区間運賃制であり 、どの区間にも対応させる目的で金種別に19種類ものを発売していた が、すべての利用者に満足できるものではなく 、また後方業務も複雑になっていた。 なお、新規購入と同様に、通学証明書または学生証 通学区間と定期券発行履歴を明記できる欄があるもの が必要です。 これは日本の道路運送車両法により定められた連節バスの構造要件には合致しない車両 であったが、自治体及び警察の協力も得られたことから特別に認可され 、より「ツインライナー」と命名された、日本では初めての導入となるノンステップ連節バスが運行を開始した。

Next|Next|Next