とても 美味しかっ た 英語

別れ際に使える!「とても楽しかったです」の英語表現と使い方

とても 美味しかっ た 英語

ありがとう。 」なんて日の表現方法についてはこちら。 のそれぞれのニュアンスが違うことや、 reallyがネイティブによく使われていることはご存知でしょうか? 今回は「とても」を表す言葉の解説をしようと思います。 【例文】 -The wine is much to my taste, even though most people don't like it. "That pizza was mouthwatering good! Just fine, thank you. 日本でも クリスピーという名のついたポテトチップスやクラッカーなどのお菓子があるので、何となくイメージできますよね。 熱々のドロッとしたマシュマロでチョコが溶けるのよ。 こちらこそ。 The melon pan I ate this morning was very delicious. どんなに楽しかったか、私まだ覚えてる! おわりに いかがだったでしょうか? 英語には、色々な「楽しかったです。 例:It was excessively complex method 「非常に複雑な手法だった」 awfully 少し古い表現ですが、こちらも「とても」という表現です。 日本の人がよく抱く質問にお答えします! Q 注文したものがなかなか来ない。 若者言葉で言うと、「どんだけ楽しいの!」というニュアンスです。 で終わると、 「で、だから何?」 と言いたくなる表現でもあります。 表現とこの音で、「美味しさ」を伝えることもできます。 「too chewy」で「硬すぎる」、 「too soggy」で「ベチャベチャしてる」など「too」を使うことで「美味しくない」ことを表現することが可能です。 「eww」「yuck」はまずかったときの感嘆詞です。 色々と、ありがとう。 ただ、現代ではカジュアルな言い方として特に女性(またそれなりの年齢を迎えた人)が使うこともありますが、個人的にはやはり幼児的な雰囲気がかなりあるので大人の方は避けた方が良いのではと思います。 He loves greasy foods. Could I have some more bread? さらに actuallyを付け加えると、「思ったよりおいしかった」や「初めて食べたけど結構好きだった」なんて表現もできます。 「とても楽しかった」は英語で色んな表現ができると思います。 その他にも「素晴らしい、すごい」を意味する単語はほとんど食べ物に対して使うことができます。 spectacular(華々しいほど素晴らしい) 「とても美味しい」を意味する代表的な単語は 「delicious」です。 業界初ジム系オンラインスクール コンサル x 体験レッスン実施中 10年越しでついに体系化した「英会話の成功法則」を元に夢や目標を最速で実現 こんな方へ ・英語で話すのが怖い ・課題と目標が見えてこない ・言いたいことが瞬時に出てこない ・抽象的なことしか言えない ・不自然な英語になってしまう ・話すと文法がめちゃくちゃ ・TOEICは高得点だけど話せない ・仕事で使える英語力がほしい こだわり抜いたレッスンスタイル ・口が覚えるぶっちぎりのアウトプット ・やればやるほど話せる学習フロー ・独自メソッドで最速進化 ・世界に通用する豊富なトレーニング ・寄り添うパーソナルコーチング 現在のレベルから課題と目標を明確にして最適な実践コースまでご相談。 Delicious, Yummy, Mouthwateringの例 Delicious - ピリッとしたり、甘いものの味がとてもおいしいこと "That was a delicious meal! その時に使うことができる単語が flatです。 (すごく本格的な味だね、僕たちが韓国で食べたものと同じ味だよ。 焼いて作るチキンウィングが大好きだったのですが、揚げたお肉はとてもジューシーでした。 really「めっちゃ」 「 really? 日常会話の英語は、実はとってもシンプルな表現でできてしまうものなのです。 「おいしそー」的なニュアンスでしょうか。 finger-licking(指が舐めたくなる程おいしい) 23. greatは goodの 最大級なので、 goodよりもさらに良いと感じた時に使いましょう。 I had quite a time. 「美味しかった」は何という?海外旅行先のレストランでよく使う英語 レストランで一番多く使う表現は何だと思いますか? Please. (うまっ!このスープ凄くおいしー!) 繰り返して使うことも!まだ食べる前に料理を目の前にして言う場合もあります。 But you can also use positive words to describe delicious food. メニューから顔を上げて、ウェイターさんとアイコンタクトを取りながら頼むといいでしょう。 実際に一日中同じものを食べていられる人なんていないので、ある意味強調表現です。 cool(最高) カジュアルに「おいしい、うま」と表現する時に一番使われるのは 「yummy」です。 「楽しかったです」と言うなら? 一方で、普通に「楽しかったです。 しかし実際にネイティブは上記で紹介した言葉(17〜30)はあまり使いません。 【おまけ】食べ物以外に使う「おいしい」の英語表現は? 112. (こちらこそ来てくれてありがとう!君がお客様として来てくれて、とても嬉しかったよ。 英語にはおいしいことを表す面白い言い方がたくさんあります。 これ、とても美味しいですね。 We had a scrumptious dinner last evening. This cheese has piquant flavor. さっき観た映画、どう思った? B: It was a lot of fun! The chicken was really tender. しかしある日、中国人の友達の家に行ったとき、彼のお母さんもチキンウィングを作るのですが、チキンを焼かずに、2度油で揚げるのです。 (もちろん。 とても良い時間を過ごしたね。 ほかにも、awfulはvery bad、hugeはvery bigで、すでに強調されています。 例:He is a very good soccer player 「彼はとても良いサッカー選手だ」 So 「So」は「Very」に比べ、少しカジュアルな表現になります。 When describing food you can use words that are specifically about taste like tasty, delicious, yummy, or scrumptious. (ギャレットのポップコーンが止まらない!一日中でも食べてられるよ!) This is so authentic. スタッフ 「Did you enjoy it? (ヂャストファイン、サンキュー/大丈夫です、ありがとう) 「おいしかった」と伝えたい場合には、こんな表現をおススメします。 アイドロプトザフォーク。 砕けた表現であることに変わりはないですが、これらは老若男女問わず広く使われている英会話表現なので、使うシーンにだけ注意して積極的に使ってみましょう。 ","datePublished":"2017-12-21T21:21:26. 男性はあまり使わない単語です。 は、英語としては不正確で、一般的な口語表現というわけでもない(I love it. 英語ではたくさんの表現があるよ tasty yummy good nice delicious the best sexy lush incredible immense mind-blowing などなど 例えば このハッピセット美味しかった This happy set was so tasty! 新しい英語の知識は英会話で実際に使うことが大切 英会話の新しい知識を覚えても、実際に英会話で使う練習をしなければ知識が定着せず忘れてしまいます。 ちなみに、deliciousも、実はすでにおいしい中でも上級の意味を含んだ単語です。 などveryでは使えなかった強調表現にも使うことができます。 例えば、This pizza is really delicious! 神に捧げる供物としてふさわしいような極上の味わい、といったニュアンスが感じられます。 最高、すごい、ヤバい awesomeは goodと同様の意味、用法のスラングです。 When referring to food, we call this making 'yummy noises'. と言われた時にはまずくはないけど、美味しくはないぞという意味です。 「極めて困難な仕事だった」 Excessively 「過度な」という強調の表現で、ネガティブなニュアンスが含まれます。 すごく美味しかったよの英語表現 今日のテーマ 「最高にすごく美味しかった」と、最上級の感想を述べる際には、現在完了形を使って表現出来る 妻の誕生日の朝に、家族全員で「バースデー・ブレックファースト」に出掛けました。 」を伝える表現がありますよね! 相手に感謝の気持ちや「楽しかった」という思いが伝わると、言われた方も嬉しいですし、より良い関係を築くきっかけにもなると思います。 」 よっぽど美味しかったのでしょう。 今日とても楽しかったです! I had a really good time at the concert last night! Yum yum! 日常的に「おいしい!うまい!」というニュアンスで使うと少し大袈裟なので注意しましょう。 "finger-lickin' good"(指をなめたくなるほどおいしい)は、「KFC」として知られるファストフードのチェーン店 "Kentucky Fried Chicken"(ケンタッキーフライドチキン)が有名にした言葉です。 一口噛むと、油が口全体に広がりました。 スピーチや面接などフォーマルに「非常に」と 使いやすい言葉です。 私はお菓子を食べるべきではないことを知っていますが、 それはとても美味しいです! I know I shouldn't eat candy, but its so delicious! If I have had a really tasty meal, I would normally say that the food was amazing, especially when recommending the restaurant or dish to someone, "try this, it's amazing". (イズィトグリーシ/脂っこいですか?) Could you explain this? ご質問ありがとうございます。 Please SHARE this article. For example: "It was sooo hot! I told the cook his ramen was the best I ever ate, it was very delicious. アメリカ人は「great」「excellent」「amazing」などをよく使います。 enjoyには 味わう、満喫するという意味があります。 I enjoyed myself. またの質問をお待ちしております!. (クディユーイクスプレインディス?/これを説明していただけますか?) veal(子牛肉)、venizon(シカ肉)など、普段あまりなじみのない単語を見かけることもよくあります。 他にはトーストやサクッと揚がった天ぷら、揚げ物などの サクサク感を表す時に使われます。 when you want to talk about something that you like tasting, then you can use the following phrases: -to my taste -tastes great -delicious For example, you can say: -The wine is much to my taste, even though most people don't like it. まずは無料体験で実際にサービスを使ってみて、自分がより楽しく英会話の勉強ができそうな方を選ぶのがおすすめです。 スラングで「最高、ヤバい、すごい」などを意味する言葉も、そのまま食べ物に対して使うことができます。 上記で紹介した「美味しい」という意味の言葉と一緒に使うとよいでしょう。 「ゲ」「オエっ」などが当てはまります。 「delicious」は単体で「とても美味しい」という意味なので「so」「very」などで修飾することは基本的にしません。 Maybe you have had a similar experience. あなたのニーズにあった体験レッスンをご提供します。 briny(しょっぱい) 「味」を表現するときにネガティブな意味をもつ単語をポジティブな意味に変えてしまう魔法の単語があります!それは 「nice」です。 口のなかでとろけちゃう!) I can eat this all day long! This is good. (昨日はパーティーに行ったの?) B: Yeah, I had a blast! 夕飯を作っているいい香りがしてきた時や、レストランから食べ物のいい香りがし てきた時に使用してみましょう。 (これはすごくおいしい!) また、文章でおいしさを表すこともできます: "Where has this been all my life? 「あの時は楽しかったです」と伝える時 最後は、思い出について話す時や、最近の事について、「この前楽しかったよね。 もう一つもらえますか?) Q おかわりはできる? A パンは無料で追加できることがあります。 といった定番に当てはめる単語ではなく、美味しいを表現する英文 フレーズを紹介していきます。 本当に楽しかった enjoyは「楽しむ」という意味ですが、 他動詞なので、後ろに目的語が 必要です。 "My Mom makes a delicious chicken soup. (食事はいかがでしたか?)と聞いてきます。 ・to the last bite bite は名詞で「一口、噛むこと」などを表します。 積極的に実践していくことで、自然と英語のコミュニケーションスキルがupしますよ!今日ご紹介したものは、日常会話で実際に使いやすい物ばかりなので、ぜひ参考にして下さい。 つまり、greatはすでにveryを上回るレベルの「とっても良い」という意味合いを含んでいるため、それ以上の協調表現を使わなくてもよいのです。 どなたか教えてください!. finger-licking:思わず指先まで舐めるような finger-licking は、文字通りには「指をなめる」という表現。 「いい味だね」程度の気さくなニュアンスのつもりで delicious と表現すると、ちょっと大袈裟に聞こえてしまいがちです。 美味しくない英語ー食感編ー 人は誰でも好き嫌い、食の好みがあります。 (うん、アクションシーンが凄かったね!) 映画を観終わった後に、一緒に観に行った人にすぐに感想を伝えたい場合は、このフレーズを使ってみましょう。 日本の学校ではあまり習わない単語なので、とてもネイティブな響きがありますよね。 また今度集まろうね。 When native English speakers like the taste of something or feel pleasure, we often make the noise 'mmmm'. Example of Delicious, Yummy, Mouthwatering Delicious - Something savory or sweet that tastes really good! 「美味しそう」の英語表現 77. soは、ややカジュアルなニュアンスがあることから、主に親しい人に対して使われます。 「あまりにも大き過ぎて車まで運べないわ」 と、許容範囲を超えてしまった感じを説明を加えて表現します。 (最高に楽しかった!) A: Did you go to the party yesterday? (これは世界共通ですね) 「terrible」「nasty」などが「超まずい」というニュアンスで使われる一般的な単語です。 I love sticky Natto. 「本格的な」を意味する 「authentic」や「栄養価が高い」を意味する 「rich」などの単語もあります。 とても楽しい時間を過ごした have a quite a timeは 「楽しい時を過ごす」、「苦しい時を過ごす」 の両方の意味を表します。 You can also use sentences that imply that the food is delicious. 「sweet」「fruity」などは単体でもそこまでネガティブな印象はありませんが、「too sweet」などと言えば明確に「甘すぎて美味しくない」という意味になります。 I always ask my child: "How's din-dins, is it scrumptious? さして美味しくなさそうに good と言うと 美味しくなさそうな表情や声音で good と言うと、「べつに美味しくはないけど文句を言うほどではない」「まあ許せるかな」というニュアンスが出ます。 強調できない単語と一緒に使うときは「まったく、完全に」という意味になり、It is quite sure. 間接的に美味しいと伝えることができる表現方法のひとつです。 「tasty」は名詞で「味」を意味する「taste」からきています。 つまり、good だけでは「美味しい」という意味は表現できず、表情や語調などでポジティブなニュアンスを加味しなくてはなりません。 美味しい は英語で tasty と訳出します。 シリアルやパスタなどの麺類がスープに浸かっていてふやけた状態がイメージしやすいですね。 主観的なことはreallyを、客観的なことはveryを使うようにしましょう。 ambrosial:神々しいほどの美味しさ ambrosial は ambrosia の形容詞形で、第一義は「神々しい」、ありは「神々にふさわしい(食べ物)」(すなわち神饌)を指す語です。 (このワインは、殆どの人は好きではなくても、とても私好みです) -This ice-cream flavor tastes great (このアイスクリームの味はとても美味しいです) -I had the most delicious stew for supper last night (昨夜の晩御飯で、すごくおいしいシチューを頂きました) One of the most common words to describe something that is really tasty is delicious. また、 goodの前に pretty、very、soと付け加えることで、 美味しいという感動を さらに強調して伝えることができます。 」と相手と会話する時に便利な英語フレーズ!自然な言い回しばかりなので、知っておくと便利です。 (一日中食べてられる) 「美味しい」という意味の単語を直接使わなくても「美味しい」ことを伝えることは可能です! 例えば、 「I love it! ほかの言い回しを覚えて、より豊かな表現方法を身につけていきましょう。 実は、レストランに行くとひたすら言っていなければならない言葉はThank you. 気軽にうめーと言いたい場合に使えます。 もっと口語的な言い方をすると、「最高!」というニュアンスが強いです。 マズくはないけど美味しくもない… よかったよ。 The pancake at ABC cafe was fluffy and awesome. とても、美味しかったです。 例文: - This cake is very tasty! このケーキ美味しい! 美味しいことは「Tastes 〇〇」と言います。 記事の目次• ありがとうございます。 (素晴らしかった!) A: How was the baseball game? ドロッとしてて美味しい ベトベト、ドロッとした。 最もシンプルで言いやすい「おいしい」はgoodです。 しかし、今はハワイが嫌いという意味ではなく、ハワイで過ごした日々が最高だったということを指すために過去形を使っています。 どれもシンプルで、会話でよく使われるフレーズですので、押さえておきましょう。 実は reallyは今回のトピックのような表現でネイティブによく使われる言葉なのです。 最高に楽しかったと感じる行事や出来事があったときに、このフレーズを使ってみてください。 これも、よく使用する表現のひとつ。 また、really を添えて really good と述べる場合も、「とても美味しい」というポジティブな意味合いが加わります。 楽しく過ごせました。 It means really good or extremely impressive. 主観的な「とても」の英語表現は副詞reallyを使う reallyは、「本当に」「かなり」「間違いなく」といった「とても」をより強調した意味合いを含みます。 "Where has this been all my life? 「とても」強調する英語表現 日常会話でよく使う、「とても」の英語表現をご紹介します。 マクドナルドでも「I'm lovin' it」というフレーズが使われている時期がありましたよね。 本当にそうね!もっと、たくさん遊びましょう! I enjoyed your company. だけでは基本使わないことが多いです。 常識的な度合いを超えている、という表現です。 ネイティブはこの表現をよく使っています。 It was so fun! 味わいの他に「おいしそうな香り」を評する際にも使えます。 だけでは不自然。 「何かを楽しめた、時間を楽しめた」と表現する時に使う言い回しです。 " This means the food is so good that you feel like your life is better now because you tasted this new food. This is done by pursing the lips together, keeping the mouth closed, and using the phonic sound of the letter 'm'. There are so many fun ways to talk about delicious food in English! 〇〇すぎる このケーキは、甘すぎるな。 例文を見てみましょう。 あとは状況によって使う単語を変えるだけ。 とても楽しかったです。 イギリス人、オーストラリア人などは「lovely」をよく使います。 スパイスの香りが舌や鼻を刺激して辛い、不快という明確なマズさは pungent と表現できます。 " これは、その食べ物がすごくおいしくて、その新しい味を知ったことで自分の人生がよりすばらしいものになったと感じていることを表します。 I really enjoyed it! 」 「ここに来るのは2回目です。 少し大げさかな?と心配な方には、こんな言い回しも。 ABCカフェのパンケーキはふわふわでいいよね。 英語で「とても」「めっちゃ」と強調したいときによく使うvery。 この「指を舐めるほど」という表現は、手で直接つまんで食べるような食べ方をする物を暗に念頭においた言い方です。 OKという単語はポジティブな意味合いだと思うかもしれませんが、実はネイティブはそれほど、 ポジティブな表現には使用しません。 気持ちをより具体的に表現する事で、相手にもワクワクした気持ちが伝わります。 これらの多くは、ハンサムな人、美しい人を表す時にも使えます。 reallyとveryの違いは、主観的か客観的かで使い分けます。 「ありがとう」だと思うと言いにくいので、日本語の「どうも」に当たると思えばいいでしょう。 口の中でとろけるー。 一般的に用いられる場面はあまりなく、シェフや料理評論家といった専門家に好んで用いられる表現のようです。 簡単な表現をまとめてみたので、ぜひ参考に! I had a really good time. 変わった味だね これ、変わった味だね。 「美味しい」を伝える基本的表現 delicious:とても美味しい delicious は「美味」を表現する代表的な言い方の一つと言えます。 」は「お腹に入ったら何でも美味しい」を意味するフレーズで、これも子供が使うフレーズです。 で美味しい」という意味になります。 直訳すると、「自分自身を楽しんだ」という意味の英語フレーズ。 素晴らしい! 「素晴らしい!」「美味しくて感動!」という気持ちを伝える時は、この一言で十分です。 yummy を短縮した yum や、 yum-yum と重ねて述べる言い方もあります。 同性にも異性にも使えるフレーズなので、覚えておくと役立ちますよ! A: I enjoyed spending time with you today. 美味しいですね。 This steak is tough. (とても楽しかった!) A: Did you have fun at the party? つまり、今回のようなシチュエーションでは、パーティーがとても盛り上がったということを表しています。 事実、英語のネイティブが最もよく使う表現だと思います。 多くの場合 good を伴って finger-licking good(指を舐めたくなるほどグッド)のように用いられます。 This drama is really humorous. 夕飯に何を作ってるの?) 食後に使える一言! I enjoyed it very much. 昨日のイベントはとても楽しかったです! I had a really good time with you today! goodよりもさらに良いと感じた時の美味しい 使い方は goodと、とても似ています。 この「口の中でとろける」という表現は、食べたものがやわらかくて、コクがある時によく使われるフレーズ。 delectable が表現する美味さのニュアンスは、ほぼ delicious と同様といえますが、実際の使われ方は delicious よりも限られます。

Next|Next|Next