と とみ ブログ

経済的自由を獲得するためのブログ

と とみ ブログ

「聖なる贈り物」は奥野くんの彼女がデブはやっぱりいやだとなって、友達に奥野君に罠をかけてそれを理由に自分と別れるようにもっていこうとする噺。 そして失礼ながらあの体型でダンスがキレッキレなんだ。 そして今日の噺はあくまで三金リスペクトだと思うけれど、この人の落語がやっぱり面白いのは間違いなくて、他の人とは切り口もちょっと違ってて、何が言いたいかと言うと、たまさんの落語をもう一度聴いてみることにするよ、てことだ。 「お茶漬けでも」 と言わせたくてわざわざ京まで訪ねていった大坂の男、明確な目的を持っている方がやはり強くて、言わせることに成功する。 三金くんはこれからかあちこちの三金追悼落語会をまわっていくらしい。 次々と話はつきない。 学園イベント情報を発信中! 珠算・暗算・九九・脳トレ・幼児教育!そろばんを通して、こどもたちの知識と能力を育みます。 この下げも好きだな。 有難う御座いました。 僕が初めて三金さんを聴いたのは10年ほど前「ダンシングドクター」ていう新作だった。 で、こんなエピソードをそのまままとめたら「できらく」の新作になると、シームレスでいつの間にかネタに入っていた。 これがあってこそ、かんかんのうを家主が怖がったことがリアルになると思う。 今年の元旦初歩きは穏やかな天気に恵まれ、令和初の大江戸元旦初歩きを体験でき、新年の喜びも、ひとしおでした。 最後は全員で。 吉本との契約の話から船の仕事に行ってる時に三金さんが倒れた話を聞いて駆けつけたと。 で、三金さんと言えばとんでもないエンターテイナーで、彦八まつりなんかでは毎年大活躍。 二人の師匠、それぞれキャラが出ていて面白い。 最終日の四日目26日は生憎の雨降りの中の、8時受付の順次スタートであった。 本ブログをご覧頂きありがとうございます!「とみ」と申します。 このあたりのどんどん増えていく様がわくわくを増幅させる。 迷わず予約した。 その状態で喉が渇くと秘密基地状態 座ることは出来ないし腰痛もちのため 腰に負担をかける体制はバカを見るけれど 喉を潤すため腹筋運動のような体制で飲んでいます。 冒頭から口入屋番頭の小言が絶好調だ。 独演会で「米揚げ笊」をかけた件やカから見台かついで帰った話は爆笑だった。 安行自然の森を進みます 興禅院 一輪の彼岸花の 戸塚中台公園漸くゴールです 市内の中学生の吹奏楽、ゴール後の疲れを癒してくれた 大会初日の日光御成道ルート・二日目安行ルート何れも川口を代表する、歴史豊かな街中を楽しく歩く事が出来ました。 このブログは、激務会社員である私こと「とみ」がブログ運営する中で培った知見やノウハウをご共有し、 自分を含め一人でも多くの方に経済的自由を獲得して頂くことを趣旨としています。 そしてあやめさんから。 千朝さんはさんに、文之助さんは枝雀さんに、それぞれ入門したのは40数年前。 京都の建前文化をよく表した話だと。 でも生喬さんでも今日で3回目だ。 皆さんと共に今後より一層発展したいと思っていますので、何卒宜しくお願いします!. 僕はの隠しテーマの一つに 「京vs大坂」 てのがあると思っているんだけど、その代表的な噺だ。 そこからはとんでもない展開になるのだけど、九雀さんはリズムよくトントンと運ぶので、余りとんでもなさを感じないで噺に入り込んでしまう。 今回の参加を含め鳥海ツーデーマーチは10回を超える参加ですが、毎回盛大な盛り上がりに感激しています。 覚えが悪いと機嫌が悪くなるけど、そんなにちゃっちゃいとは覚えられない。 下げがまたよかったな。 ブログ一覧 バナー ブログ名 ブログ説明 福島県内にて幼児から小学生、中学生、高校生、大学生、一般、シニアまでの総合教育学習教室。 これもいい話でまたほろり。 有難う御座いました。 どちらも聴いたことあるけど、あやめさんのに登場する女性三人組が年齢を偽って、奥野くんと友達の若い男性三人とコンパをする噺。 で、さん登場してあいさつ。 そんな流れで、松之助さんの稽古の話になったりして、とても楽しい鼎談だった。 前半はトントンとリズムよく進んだけれど、途中でプロレスの話に脱線させたのが面白かった。 かつての「できちゃったらくご」の合宿で、あやめ・遊方・三金と三風・たま・南湖の三人ずつに別れて新作の作りっこをした時のネタをしますと。 何よりも、二日間とも急坂の山道を歩けたことに感謝です。 そして、この会完結までまだ14~15回かかりそうだと。 この噺、雀五郎さんでは2回目だけど前に聴いた時はこういうのなかった気がする。 そこから本音と建前の話をはさんで 「京の茶漬」。 本や他のブログ・サイトでは入手できない、私自身の独自の経験・実績に基づいて蓄積されたファクトを踏まえて記事を書いています。 どこで息継ぎしてるのか分からないように言葉がたたみかけられる。 スペックは体重120キロ、50%、後の半分は優しさでできてる。 雀五郎さん、改めていい声してるな。 またあえるだろう。 asa aa 77a 2019年9月14日(土)・15日(日) 第32回北海道ツーデーマーチがジオパークの洞爺湖遊歩道広場で開催される。 そして後半、千秋楽に相撲をとらされそうになり帰ろうとする徳さんに、親方が詰め寄る.夜這いの件を責められた徳さん、「へっ!」 とか 「あちゃー」 とか、ここがなんともゆるくていい。 完全なブログ初心者だった1年前から、ブログで収入を獲得しその規模を拡大させてきた経験を活かして、皆様に有益な情報を提供できるよう心がけています。 元ネタよりも更に面白かった。 大会初日は雲一つない晴天の秋空。 休憩後は三風さん、今日のメンバーの中では唯一の同じ一門、三金さんの兄弟子だ。 そしてできれば来年の彦八まつりで、フレディをやってほしいな。 で、今回のチラシ見て「桃太郎の人や。 こんなおっさんが店仕切っていて大丈夫なのかとも思うほどだ。 とてもいい「口入屋」 だった。 だけど、結局は要求をのませる屑屋の交渉力もなかなかだな。 続いてたまさん、三金さんと師匠のさんとの話をたっぷりと。 レギュだった三金さんの追悼の会だ。 一方父親は千鳥を相撲とらせないよう説得する。 驚いたな。 大阪には 「らくだ」 マニアと言われる人たちがいて、ネタが出ていれば演者が誰でも足を運ぶらしい。 一方枝雀さんの稽古は丁寧で親切だと文之助さん、でも丁寧過ぎて 「へっつい幽霊」 冒頭の 「おい、道具屋」 の解説が延々と続き稽古が全然進まないと。 で、屑屋の長い独白から葬れんの準備、無茶をする屑屋。 聴かせどころの多いこの噺を全く崩れることなく一気にしゃべりきって、大爆笑が続いた。 こういうところでも千朝さんの間のない間とでもいう様なしゃべりが軽快感を出す。 2020年1月1日(水) 開運大江戸元旦初歩きが東京上野恩賜公園噴水広場で開催される。 さんの稽古は本当に怖かった、と千朝さん。 酒田市・遊佐町の各自治体のご努力、町民参加の賜物と思っております。 生喬さんのは冒頭から熊のやたけたぶりと屑屋の善人さがどちらも強調されていて対照が際立つ。 宿探しで声掛けられて 「定宿ある」 でキャッキャ言う喜六。 演題通り、医者が踊りまくる。 初日は【緑と庄内砂丘、日本海コース】 高瀬まちづくりセンター・西浜キャンプ場・十里塚公民館玉龍寺を経て20キロコースに挑戦 名峰鳥海山のすそ野に広がる庄内の田園風景、黄金の稲穂が収穫を待っていた。 まさか今日が出てくるとは思ってなかった。 北の豊かな自然を十分に堪能しながら二日間 楽しく歩く事が出来ました。 千朝さんと文之助さんは同い年で学年は千朝さんが一つ上になる。 そんなにたくさん聴いたわけじゃないけど「できちゃったらくご」と「サンキンとキチボー」はほとんど通ってた。 2019年9月21日(土)・22日(日) 第12回川口ツーデーマーチが戸塚中台公園をメーン会場に開催される。 とにかく楽しい高座だった。 そしてネタは「奥野くんのの妻」。 そして僕はこの噺とりわけ好きというわけでもないんだけど、やはり僕自身の傾向として一門の方がよく聴いてる。 続いて九雀さん、九ノ一さんの発端を楽屋で聴いていてお二人がこれの稽古をしたのはもう40年以上前で、最近はやらない一門も多いらしい。 新潟から大人の休日倶楽部会員限定の、割引切符利用の通いの参加で、三日目の25日(土)のコースは手賀沼公園スタート南柏中央公園までの団体歩行に参加する。 そしてそれはうまくいくのだけれど、その友達が奥野くんとくっついてしまって、それを知った元の彼女に未練がでてきてややこしくなる。 今回は第3日目と最終日の第4日の二日間の参加であった。 男三人デブ設定とか、とんでもないフードのオーダーとか、年があわないカラオケとか。 あっ、一応言うとくけど、奥野くんてのは三金さんの本名で、三金さんの新作に奥野くんシリーズがたくさんあるのです。 仲入り後はいよいよ 「らくだ」 だ。 いろいろと楽しみな会、ぎゅうぎゅうの超満員で開演を待った。 2019年11月16日(土)・17日(日) 第21回城下町おだわらツーデーマーチが小田原城址公園銅門広場で開催される。 天気は上々、晴天のウォーク日和 参加者の笑顔が新年の朝日を浴びて輝いている。 2020年2月15日(土)・16日(日)ベルギー・ブランケンベルグ・ツーデーマーチ姉妹大会 第30回南房総フラワーマーチが南房総市千倉保険センターで開催される。 そして、らくだが死んだことを聞かされた時のみんなのうれしそうな顔ときたら、らくだがかわいそうに思えてくるぐらいだ。 新作ネタおろしの会なので、みなさんまだできてないとか言って、なんとか遅い出番を確保しようとするのだけど、三金さんだけはいつも余裕で早い出番になっていたなと。 そして年期も同様に千朝さんが一年上。 みとみ書道教室は会津若松、喜多方を中心に32教室あり、幼児から大人まで700名が学んでいます。 こちらのページでは、 そんな本ブログでこれまで公開した記事の中からメイン記事をご紹介しています。 歴史と文化が薫る「西相模」を舞台に自然を楽しみながら、歩く事が出来ました。 本大会は小生にとって、本当に久し振りの3回目の参加でした。 でも僕が聴いたベストの「口入屋」 は実は2012年大美での当時の雀松さんなんだ。 荒川の堤防を進みます 妙蔵寺、銀杏の大木を経てゴール会場へ 大会二日目戸塚中台公園 二日目安行ルート 二日目も健脚メンバーがスタンバイ 朝7時40分一斉に30キロコーススタート 慈林寺竹林の中を進む グリンセンターへ入ります。 前半はいつものこのネタ的にすすんでいくのだけれど、後半三金がなんと売りに出される。 そしてネタはおなじみ客席参加型の「テレショップパニック」の三金バージョンだ。 昔、コラボ落語てのをやってたことがあって、あやめさんの「コンパ大作戦」と三金さんの「奥野くんのコンパ」を合体させて「奥野くんのコンパ大作戦」てのをつくったので今日はそれをかけると。 初日の30キロは相模湾を見下ろす国府津・曽我山コース 大会開会式大会会長・小田原市長の挨拶 朝8時銅門開門、陣太鼓に檄され、イザスタート みかん山から眺める富士山の雄大な姿に、みかん山の急坂の登りの疲れも、吹き飛ぶ 初日フィニッシュ後のJML・KKML・の表彰式受賞者の笑顔が輝く 大会二日目 昨日に引き続き二日目も晴天のウォーク日和 陣太鼓に見送られ元気にスタート 二日目の難所、石垣山一夜城、延々と続く坂道を汗びっしょり掻きながら上り詰め、石橋山古戦場へ向かいます。 聴いていてテンションが上がる。 大会関係者の皆様に感謝です。 html 悩み悩みましたが キャンプ場などで使うのであれば凄く良いですが ただでさえ目立つ車に乗っているのに 仮眠=道の駅、高速道路でのSAやPAでは目立ちすぎる。 一日も早い完全復活をお祈りいたします。 これ以外は快適な走行性で気に入っています。 三日目の団体歩行の参加者は130名との主催者の発表であった。 今大会の関係者様へお礼を申し上げます。 宜しくお願い致します。 次は南湖さん、小学生の息子さんが今年繁昌亭の「こどもらくご」に行って、トリの三金さんの「桃太郎」がとても面白かったと言ってたと。 かれこれ6年乗っていますが未だ楽しい相棒 そろそろタイヤ交換の時期になり 現在は時期タイヤを模索中!! 次の更新はタイヤ交換になるかも?です。 そして下げ。 しかし、男とこぶの弁慶の掛け合いは楽しかったな。 さて今日は動楽亭で「できらく」。 超巨体だ。 察しがつくけれどでもいいな。 初日20キロコースを無事に完歩でした。 そして、大会二日間の宿泊サービスを頂いた、洞爺コミュニテイーセンターの係員の皆様に感謝です。 飛び石やその他で少しずつ傷ものになってしまったアテンザ 今のところ嫁に行く予定はないけれど修復してあげたい今日この頃です。 桃太郎また聴きたいな」と。 月並みだけどみなさんの話を聴いてると三金さんは本当に愛されてたんだなと思う。 ステーションワゴンならではの車内の狭さ(高さ)がネック それを解消する1つの方法として 天井上にテント?を付ける! 我ながら良いアイディア!と思い色々と調べたりカタログ取り寄せたり 実物確認したりと動き一番しっくりときたのはこちらでした。 そこから善棚・薪山、ハイライトの場面に。 正午丁度にゴールであった。 大会関係者の皆様に感謝です。 2019年令和元年9月7日(土)・8日(日) 第27回奥の細道鳥海ツーデーマーチが遊佐町町民体育館にて開催された。 あやめさん今日しかやらないて言ってたけど、レギュラーネタにしてほしいぐらいだ。 舞台もほろり、客席もほろり。 僕もそこまで元気でいないと。 そんな会話から始まって、師匠からの稽古の話になる。 よく出来てたな。 そんな三金さんのこと「できらく」メンバーの方々が思い出を語りたいのならば、僕らとしては聴かせてもらうしかない。 続いて雀五郎さんは 「」、2日前に千朝さんで聴いたところだ。 最近はメンバーではなかったたまさんも加わって、この5人が並んだら三金さんがひょこっと出てきそうで冒頭からなんか平常ではなかった。 ここの立て弁的なしゃべりも好きだな。 長距離運転もそこそこするため仮眠することが多く アテンザワゴンならではの不便さを感じています。 無理難題を要求する熊、いやがるけれどしかたなく従う屑屋。 ゴールの南中央公園へ到着は午後2時頃であった。 全国からのウォーカーを含む参加者約1800名が参加。 それに真夏や極寒時には無謀ゆえ残念ながら却下となりました。 後半になって、屑屋が飲み始めてじわじわと変わってきて、熊との立場が逆になってくる。 そして御寮人さんとの面談でスーパー女子衆の事実が分かる。 大会二日目【水と鳥海山麓、自然コース】 上蕨岡大鳳館・を経て雄大な鳥海山が眼前に聳える 山深くから湧き出る、胴腹の滝 大会二日目も台風15号の影響で30度を超える猛暑の中、必死の思いで30キロコース、ゴールでした。 全国から大勢のウォーカーが続々と参集する。 今年も元気に歩ける事に、感謝して全国のウォーカーの皆様と和を広げて参りたいと思います。 JR外房線千倉駅 千倉保健センター主会場に 全国各地からウォーカーが参集する 大会初日南房総北コース道の駅ローズマリー公園を経由する35キロ・20キロ・12キロの各コース 天気は青空のウォーク日和 早春の菜の花畑 沼蓮寺を経て 千倉海岸大勢のサーファーで賑わっている。 最後は遊方さん。 ロマンの湖「洞爺湖」・火の山「有珠山、昭和新山」の壮大な自然パノラマに、今年も盛大に開催される。 2020年1月23日~26日第19回 佐原から江戸へ110キロフォーデーウォークが実施される。 最後は千朝さん、の大きなホールで素人とプロの歌に挟まって落語をした話で大いに受けてから、のことになって、「口入屋」。 おなじみの風景からスタートだ。 本当にいい会だった。 東北地方唯一のJML大会として今後も 継続されることを、願っております。 さすがにとてもいい 「らくだ」 だった。 令和初の元旦初歩き 上野公園をスタート・ゴール、コースは 神田駅前~日本橋~永代橋~深川閻魔堂~横十間川親水公園~亀戸天神 スカイツリー京成橋~桜橋~浅草観音堂裏~鶯谷駅下~根岸一丁目~ゴール 日本橋北詰交差点 永代橋を渡る 永代橋から望む東京スカイツリー 猿江恩賜公園から望むスカイツリー 京成橋から望むスカイツリー 隅田川の桜橋を渡り浅草に向かう 鶯谷駅下から根岸一丁目を経てゴールへゴールフィニッシュは正午丁度でした。 大会初日海湖の40コースに健脚ウォーカーが続々と参集 洞爺湖ぐるっと一周ジオコース爽やかな湖畔の森林のなかを進む 湖畔遊歩道広場をスタート・グリーンステイ洞爺湖・洞爺水の駅・財田オートキャンプ場・未夢人の家・滝の上を経てGOALでした。 日本マーチングリーグ大会として、日本全国から大勢のウォーカーが参加する。 つまりほとんどこの世界の経験が同じ。 九雀さんのは二人の気持ちの変化が手に取るように分かって楽しかった。 園内を散策しながら進みます。 最後は九雀さん、再び九ノ一さんの 「発端」 に触れて、先ほどのは東の旅の最初の話、今からするのは帰路の大津の宿、同じ東の旅の最後の方の話だとl断って、「こぶ弁慶」。 特に今年のはすごかった。 私自身、また運営しているブログたちもまだまだ成長途上にあります。 有難う御座いました。 大島小松川公園の中間地点に到着の頃、漸く雨も上がる。 21カ月ぶりにそれもこの際解禁だけどなんか緊張する。 有難う御座いました。 大会二日目 伊達・有珠山ぐるっとジオコース30キロ・壮瞥・北の湖記念館ジオコース20キロ・洞爺湖中島ジオコース10キロ・昭和新山ジオコース5キロ 梅公園から望む昭和新山 昭和新山と有珠山 リンゴ畑から望む昭和新山 北の湖記念館 二日目20キロコース無事フィニッシュでした ロマンの湖洞爺湖、火の山有珠山・昭和新山、海の幸が豊富な噴火湾。 有難う御座いました。 手賀沼の湖面は青く澄み渡っている 手賀大橋を渡り道の駅しょうなんで小休止 田園風景の中を進み増尾城址公園へ向かう。 そして二人で作戦を練る。 一方こちらは、ぬの屋の番頭、きれいな女子衆が入ってきたとチャガチャガと大はしゃぎ。 そして、別の話なんだけど、去年の3月からあれだけ聴いてたたまさんの落語を一席も聴いていない。 てことで結びの一番、四人それぞれの思惑が土俵でぶつかり下げに。 ところがあっという間にSOLD OUT。 ここでまた少しうるうるとした。 舞台は戦国時代の長浜、三金とまさこの夫婦が苦労して買った馬でをする。 市川市アイリンクタウンから東京深川富岡八幡宮迄25キロコースの行程を唯ひたすら歩く。 で、このネタも下げ前から下げに至るまでの展開も好きだ。 果たしてそういう人がホントにいるのかは未確認だけど、やはり今日も大勢のお運びだ。 六人で記念撮影してたら、たまさんが三金さんのお弟子さんのさんを呼び込むの忘れてたと。 一番印象的だったのは、かんかんのうを躍らせる場面での熊の力の入れようがありありとわかったところ。 旅館にあがって食事になって、なぜか両隣を始めそれぞれの部屋の客と一緒になって数十人の大宴会に。 いい噺だった。 で、3年の年期中に10本のネタをつけてもらったと。 三金さんのこと息子さんにまだ言えてないらしい。 なかなか聴く機会が少ないので、もっと聴きたい噺だ。 でもその後もまだバトルは続く。 とても楽しかった。 昨年の台風19号の被害が、今尚、その残影が残された居ましたが、復興への意気込みが感じられました。 新年あけましておめでとうございます。 初日は残暑厳しい酷暑中のゴールでした。 そして喜六清八を差し置いて、この噺の主人公 「壁土を食べる男」 が登場する。 大会実行委員会の皆様に感謝です。 大会初日、日光御成道ルート20キロコースのスタート会場は川口駅西口リリアパーク、大勢の参加者が参集する 8時40分戸塚中台公園(ゴール)目指して元気よくスタート。 1・2回目の参加時は千倉中学校のグランドがメーイン会場でしたが、 でも自然豊かな南房総は、昔の通りです。 そして、あやめさんがこんなこと言うてるとなんか三金君がひょこっと出てきそうなきがするわ、と言って上手袖をみたら、本当に三金くんがでてきた。 日本マーチングリーグ加盟大会として、全国各地から大勢のウォーカーが参加する。 千日前の火屋へ。 出だしの 「徳さん、おるか」 がなんとも渋い。

Next|Next|Next