ペー ライン コンクリート

土間コンクリートをおしゃれにデザイン!色や模様も付けられます

ペー ライン コンクリート

コンクリートの表面をコテで平らに、滑らかに仕上げていきます。 土間コンクリートをおしゃれにデザイン! さて味気ない土間コンクリートをおしゃれに演出したい場合、どのような方法があるのでしょうか。 土間コンクリートには、代表的な4つの仕上げ方があります。 また経年劣化によって表層部が剥がれて下地の色が露出することがありますが、セメントそのものに色付けしているタイプのものだと露出を目立たなくすることができます。 固まり具合などの見極めが仕上がりを左右することもあり、職人の腕が問われる工程でもあります。 デザインコンクリートの デメリットとして言われる剥がれも、目立たない材料、工法が提供されてきています。 既存の土間コンクリートを壊すことなく施工が可能で、 色や模様の選択肢が多いこと、費用がリーズナブルなことも人気の理由でしょう。 つまり、強度の指定があり、骨材寸法が決まっているので、打設厚も自ずと決まってきます。 補足 養生期間は、基礎コン、均しコン共に所定の養生日数を設けなければいけないのでしょうか? 土木工事と建築工事はそもそも基準とするものが違いますので、並べて論ずることは出来ませんよね。 土間コンクリートの仕上げ方4種をおさらい それでは土間コンクリートの仕上げ方をおさらいしておきましょう。 細かいニーズに応えてくれるかは、よく打ち合わせてみる必要があります。 ジャンカとは豆板とも呼ばれています。 生コンクリートの中に、ある程度以上の塩化物が含まれていると鉄筋がさび易くなります。 この骨材をモルタルなどで下地を仕上げた上に施工していきます。 もし、上記のような症状が見られた時には、施工者に説明を求め、異常があるならば補修等の対応をして頂くようにしましょう。 新築住宅販売とセットで提供されることも多く、施工実績も豊富です。 基礎的であり、均しの意味もあるので、そのような表記になっていると考えられますね。 バイブレータの使用法が適切かもチェックしましょう。 施工を外注されることが多いので割高になる可能性もありますから、比較検討することが重要です。 その場合は仕様書にその旨指示が書かれているはずで、所定の養生日数が必要です。 挿入時間が長すぎるとコンクリートの骨材(砂利と砂)が分離する恐れがあり、ジャンカや空隙の原因になってしまいます。 圧縮強度試験は、専用の容器に決められた方法で生コンクリートを詰めて試験用供試体を製作します。 200mmの強度を期待したコンクリートとなると、施工精度もそれなりに要求され、ジャンカ等の発生を防ぐために、 バイブレーションをかけて締め固めも必要でしょうね。 多くの検査実績のなかで、問題とされるレベルのジャンカが見られることが何度もありましたので、特に注意が必要な点です。 — 本日の施工事例はシンプルな土間コンクリートです。 ただ、繰り返しとなりますが、このような 受入検査をしない現場が多い(特に木造住宅)ので、せめてコンクリート打設の様子や出荷伝票は可能な範囲でことも考えましょう。 使用するコンクリートも強度の指定があると思います。 土木の道路構造物(側溝、ブロック)や、コンクリート構造物(現場打ち擁壁)等の基礎にコンクリートを打設しますが、役所工事だと(私の県)、均しコンクリートまたは、基礎コンクリートと統一があいまいな標記をしてくるのですが、そもそもの違いはどうなのでしょうか? 道路構造物の基礎は、車両等の荷重がかかるので基礎コンクリート、型枠の施工には均しコンクリートとしているのでしょうか? この場合均しコンクリート=捨てコンクリートとなるのでしょうか? 建築では捨てコンクリートをバイブレーターにて締め固めしてませんが、均しコンクリートが同等な場合はバイブレーターによる締め固めは必要ないのでしょうか?共通仕様書では、コンクリートの締め固めは、バイブレーターや、型枠振動機を用いて締め固めるとあります。 例えば、U字溝やL型溝(二次製品)の敷設で車両荷重がかかるので、基礎コンクリートを打設しカラ練モルタルを敷いて から二次製品を載せるようになっています。 ナイス: 1. 手元に無いので、記憶では18-8-40だったと思います。 通常は6本程度で、製作して打設日から4週後に試験場で 圧縮試験を行います。 土木学会が出している「コンクリート標準仕様書」を見てください。 得意分野を見極めて依頼する必要がありますが、専門であるだけに細かい疑問や注文に応えてくれる可能性が高く、より良い提案を受けられることも。 土間コンクリートのデザインはどこへ依頼するか? 土間コンクリートも施工方法や仕上げによって、さまざまな表情を見せてくれます。 はじめまして、土木の新米監督ですが私の周りの技術者に聞いても個人によって、返答が違うので皆さんの意見または、正論を聞かせてください。 で、通常は専用の試験体をコンクリートに挿入して測定します。 コンクリートの締め固めの不足などが原因として考えられます。 建築施工と切っても切り離せないハウスメーカー、外構工事を専門に行う業者、ガーデンデザイナーや設計事務所などが一般的でしょう。 デザイン性やオリジナリティを求める場合にはとても有用ですが、 設計料などの費用がかかり高価になる可能性もあります。 直接取引なので余計なマージンが乗らない分、割安で施工できることもあります。 一部にDIYを取り入れて、世界に一つしかないオリジナルな世界を創り上げることもできます。 概ね5〜15秒で約60cm間隔が良いとされています。 ナイス: 6 道路構造物に関して言えばですけど。 建築工事における均しコンクリートは地盤(栗石)の不陸を均して墨だしが出来る程度にすることを言います。 骨材が40mmだと、岩盤等の精度や骨材の不均衡を考えると200mmになる場合が多いですね。 もっとも一般的な金鏝 かなこて 仕上げ 記事紹介:【施工事例】駐車場土間コンクリート!! 業者に自分の希望するイメージを伝えて、価格面を重視するのか、デザイン性を重視するのか比較検討して見極めることが大切です。 下地をいじる必要がないので施工性が高く、 本物のタイルよりも安価で施工可能、しかもデザインが豊富です。 また、均しコンクリートは他の方の回答にあるように、捨てコンと言われています。 鮮やかなカラー、自然な石の風合いを活かした仕上がりで、土間コンクリートとフラットな凹凸のない目地となります。 外構専門業者 エクステリア業者 外構工事の専門業者に依頼する方法です。 ここまで書いてしまいますと、あまりに専門的で一般の方にはわからなくなってしまいますね。 ガーデンデザイナー・設計事務所 こんなイメージにしたいというこだわりがある場合には、デザイナーや設計事務所に依頼する方法もあります。 これにより設計のコンクリート強度を発生している事を確認します。 樹脂塗装 目地そのものを塗装してしまうという手法もあります。 一般の住宅ではこれが問題となることはあまりありません。 ただし 素材によっては滑りやすいことがあるので、注意する必要があります。 規制値は0. 養生期間も標準仕様書に記載があったと思いますので、まずは基本的に仕様書を熟読ください。 以上、両者とも床付掘削や砕石転圧の作業を仕様書指示の通りに施工後に打設することは言うまでもありません。 石やタイル、枕木やレンガなどの素材を使用すると高額になる施工費が、コンクリートと大差ない価格で再現できるのですから人気の理由がわかるというものですね。 しかし、なぜこんなシンプルな施工事例をUPするのでしょうか … — — 株 ガーデンテクノス gardentechnos 土間コンクリートの仕上げ方法として、 もっとも一般的な方法です。 これを測定するのが 塩化物試験( カンタブと呼ばれる)です。 しかし、土木工事における均しコンクリートの場合は、地盤整備は困難な場合が多く、 いわゆる「岩着」で、岩盤や傾斜地、荒地に直接コンクリートを打設する想定になっているはずです。 土木用語としての基礎コンクリートは上記のように、強度を持ったいわゆる「基礎」に当たるものであると解釈すべきでしょう。 コンクリートが完全に固まってしまう前に、何度かこの作業を繰り返します。 注意したいのは1ヶ所あたりの時間です。 土間コンクリートに色や模様を付ける、目地で遊んでみる、そして先ほど述べたデザインコンクリートにしてみるといった方法が考えられます。 ひび割れしにくい設計やデザインがある 土間コンクリートのデザインはどこへ依頼するか? では土間コンクリートのデザインは、どこへ依頼すれば良いのでしょうか。 コンクリートの表面に空隙ができたもので、セメントと砂利が分離するなどしてできます。 場合によってはバイブによる締め固めも要求されるはずです。 この場合は、擁壁築造時等に墨出しが円滑に出せるとか、型枠や鉄筋がきれいに収まるような要員だけで、 最低の強度で十分(これも仕様書の指示)で、厚みも少なく、バイブも必要ではなく打設した翌日には墨出しを行ってます。 色柄の自由度が高くデザインも豊富ですが、表面をコーティング仕上げしているためメンテナンスをする必要があります。 コンクリートの打設時に立ち会うことができれば、打設時にバイブレータを使用して締め固めしているか確認したいところです。 ですので、無筋コンクリートで、せいぜい50mm程度の打設になり、強度を期待するものではありません。 伝統的な 金鏝仕上げ、刷毛仕上げ、洗い出し仕上げ、近年人気の デザインコンクリートです。 < チェックポイント > ・型枠(基礎の外周部) 設置状況(固定・並びに乱れがないか) ゴミ等の付着物 ・コンクリート JIS規格のコンクリートか バイブレータでしっかり締め固めをしているか クラック(ひび割れ) ジャンカ コールドジョイント 出荷伝票 配合計画書. コールドジョイントとは、コンクリートを打設する際に時間がかかりすぎるなどして、先に打設したコンクリートと後から打設したコンクリートが一体化せず、打ち重ねた部分に不具合が生じているものです。 主な手法にスタンプとステンシルがあり、スタンプは文字通りコンクリートの表面に型押しして模様を付けていくもの、ステンシルは型紙をあてて柄を抜いていくものです。 これには基本となる骨材が必要ですが、砕いたガラス片や小石などを利用します。 ハウスメーカー 依頼先としてまず思い浮かぶのが、建築や家の内装外装を手がけるハウスメーカーです。 打設し終えたら、コンクリート表面をよく観察して、ジャンカやクラック(ひび割れ)がないか確認しておきましょう。

Next|Next|Next