グレート トラバース 3 現在地

ももいろクローバーZ×田中陽希 グレートトラバース2との関係

グレート トラバース 3 現在地

第二十五集 東北豪雪地帯 月山・朝日連峰7座に挑む• Facebook、Twitter、Instagram、YAMAPで公式アカウントを開設していて、何気ない一幕をアップしていたりするので追ってみるのもおもしろいと思いますよ。 下山も同じルートを通って、島原の町に戻った。 これで、シルバーウィークは、気にせず・・・。。。。 略歴 [ ] を卒業。 田中陽希 新たなる挑戦が、今 始まる。 細かい情報がまとまってます。 山田さんから、 「がんばって!応援してるよ!」 撮影クルーのみなさんもお礼を。 2018年からは、2年以上かけてに選定されている全301座 を一度に南から北へ20,000km以上 かけて踏破する「グレートトラバース3日本三百名山ひと筆書き」に挑戦中で、いずれの挑戦ものやTeam EAST WINDの先輩アドベンチャーレーサーの駒井研二らを同行カメラマンとし、この挑戦の様子はのBS放送と地上波放送で放映されている。 外は気持ちよく晴れていた。 登山部出身の方々です。 とにかく元気が出ます。 戦いの神でもあることから歴代の武将たちが尊崇したそうだ。 横尾山荘のみなさんと! 実は改修工事中にも関わらず、対応いただきました! ありがとうございました! さぁ明日からは北アルプス縦走が始まります。 グレートトラバース2 田中陽希さんの現在地でありますが、 20座目となる以東岳まで登頂を終え、 本日、新潟県にある朳差岳(えぶりさしだけ)に登頂して、 7月は、二王子岳、御神楽岳、会津朝日岳と挑戦が続く模様であります。 明治大学進学後もスキー部で活躍。 このことで、車に対する緊張感は変わらないだろうが、一瞬でも相手の言葉に答えられた方がいいなと学んだ。 一年の大部分を雪と共に過ごし、クロスカントリースキーに没頭する。 まあ、今の状態で体育教師となって生徒に体育を教えるとなったらあまりに運動神経が良すぎて付いてくる生徒がいなさそうですね 元テニスプレイヤーの松岡修造さんみたいに、根性と前向きだけで生きており、普通の人間には出来ない生き方をしているために少し突飛に映りますが、これは一部の限られた人間にしかできません。 おばちゃんたちは別府の方で、気持ちのいい日なので、一人のおばちゃんの家に集まっていたそうだ。 また、伯方島と言えば、「伯方の塩」だ!道の駅で早速、伯方の塩ソフトクリームをペロリと平らげた。 おのずと焦りが出た。 イントロから、田中陽希さんがぐいぐい山道を駆け上がって行く様子がすぐに浮かんできます。 実際には、登山道を歩くよりもはるかに長い距離、道路を歩いている。 グレートトラバース1・2の動画が見たい! 出典: 百名山と二百名山を終えた田中さんが2016年2月に挑んだ、世界最高峰のアドベンチャーレース「 パタゴニアン・エクスペディションレース」。 今回僕が密着した区間は、 長野県最高峰の奥穂高岳(3190m)、常念岳(2857m)、北アルプスの象徴である槍ヶ岳(3180m)。 実はハートのサンダル。 第十二集 北アルプス最終章 表銀座から乗鞍岳へ• 自分だけが便利であればいい、今が良ければいい、ということは決してない。 』をたまたま見てすっかりハマってしまいました。 いろんな山小屋の名前が書かれてます。 日が高くなるにつれて、応援の人も増えた。 しかし、僕にとっては行く前までは、 全く先の読めない取材でした! どこで寝るのか?食料は何食分? まだ雪はあるだろうな?天候が悪ければ山頂でビバーク? なので一通りのアイテムと装備品が必要でした! それがこれです。 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明... 本日最後の生口島が見えてくる頃には日も傾き始めた。 おのずと焦りが出た。 つかの間の平和を楽しむ撮影クルーのみなさん。 最初は上高地にて、 陽希さん&NHKの撮影部隊のみなさんと合流。 日本百名山を陸路は徒歩、海路はカヌーで7800kmもの距離を走破してしまう青年のお話。 大三島が愛媛県最後の島となる。 この道を使えば、普賢岳までの距離がかなり短縮することができる(片道11キロ)。 朝日を浴びながら、畑や牧草地帯にポコポコと点在する「東都原古墳群」の不思議な景色を見たり、葉っぱの部分だけ切り落とした大根が切り干し大根用だと知ったり、ちょぼちょぼと一定のペースで走っていても、新しい発見をすることができた。 最高位は2012年と2013年と2016年の2位。 しかし、先日の英彦山登山前日にトンネルの一件があってから、車で駆けつけてくれる人が、駐車場や路肩の広い場所などきちんと車を駐車してから声をかけてくれることが増えたのを感じていた。 1日2度もご当地キャラクターに会えるとは、幸福者だ!体の大きさのわりには、動きが激しいわたる君に見送られながら、生口島に降り立った。 今年はこのようなことがよくあった。 席に座り、(栽培している椎茸を使った)きのこの里うどんを注文した。 サイクリストが集う海辺の一軒家が今日の宿となった。 しかし、 これからこの眼前の山々を越えて行かなければならない。 編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集! パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に! 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。 このように撮影部隊の行動食などを振り分けています。 中島さんに三太呂さん。 まずは天ぷら一口食べると、椎茸の甘さが口に広がった。 この日はNHKの本部からもプロデューサーさんたちも同席です。 第二集 紀伊半島・大峰山から南アルプス・北岳• 実際、高原山では下見をしたあと吹雪になり、トレースが消えてしまったりもしました。 ここの名物は、1度干した人参を使ったうまみの深いカレー。 出典: 田中さんはプロのアドベンチャーレーサーなので、コースタイムの半分で登頂してしまう健脚の持ち主。 陽希さんは普通の人よりペースが速く、走ることだってあります。 これ美味しいです! どんどん横尾を目指します! そして出ました。 その翌年・・・なんと二百名山プロジェクトも踏破! 出典: レーベル:Intense Lab 収録時間:18分16秒 「You, just a boy」と「LIFE」を収録しています。 僕は後続の車が気になっていて、さらに後ろから大型トラックも近づいてきていたので、反射的に「後ろから車来てますよ!気を付けてください!」とだけ走りながら返してしまった。 大学卒業後、体育教員を目指す傍らアドベンチャーレースと出会い、冒険へと人生の方向転換を図る。 これが棚からぼたもち的な勉強になった。 10月19日 毛勝山 10月22日 金剛堂山 10月25日 大日ヶ岳10月28日 笈ヶ岳 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 追記2015年10月18日 午後8:40現在 本日10月19日に予定通り、毛勝山に登頂した模様です。 」NHK BSプレミアム(2014年-2015年、全92回)• 第二十六集 厳冬! 氷雪の越後・会津の7座• まさに岩山! もうすぐ山頂です! ついに!! 時刻は10:40。 おばちゃんたちもふらっと立ち寄ったようだ。 そこに応援に行くというのもアリですよね。 のんびり九州の紅葉を見ながら歩いた。 第十五集 大豪雪地帯 北信越の山々へ• 僕は予想を反した動きだったので、思わず笑ってしまった。 行くなら今でしょ!. 白河市にある南湖公園は、「身分の隔てなく使える憩いの場として藩主が作った最古の公園」 関東北部の山々をつないで進む 1月25日に栃木県那須町に入りました。 当初は野尻湖辺りで宿泊を予定していたが宿を見つけることが出来ず、結果的に予定外の距離となってしまった。 陽希さんの師匠である田中正人さんも嬉しそう。 なので、奥穂高岳、常念岳をここ横尾山荘からピストンし、 槍ヶ岳へ、北アルプスに入って行くという計画に変更されました。 第一集 屋久島・宮之浦岳から四国・剣山• 当社では、2014年の「日本百名山ひと筆書き」、2015年の「日本2百名山ひと筆書き」に続き、THE NORTH FACEとC3fitの両ブランドで、この挑戦をサポートします。 6月15日(日)同行3日目、奥穂高岳へ 時刻は朝4:15。 ざっと挙げるだけでも、錚々たるメンバーであることがわかります。 来島海峡大橋以外の橋はグッと次の島との距離が近くなるので、橋の長さは短くなる。 尚、当日14:30を過ぎますとキャンセル扱いとなりますのでご注意下さい。 時刻は10:52、さぁ雲が出て来ました! 下ります! この雪の残ってる部分が恐怖です! 穂高岳山荘まで降りて来ました! さぁ一気に雪ゾーン! ここからはお尻で滑って行っちゃいます! 一瞬で降りて来ました! この日は涸沢ヒュッテにてお昼です! ここでも「テレビ見てます!」と出会いが! ここでサッカー日本代表がコートジボワールに破れたことを知ります。 日差しは強かったが、風はしっかりと冬の風だ。 ただその便利な生活で出てしまったゴミをどう処理するかは、個人個人の意識の問題。 百名山は209日とかけて完遂。 自然とおばちゃんたちと話が始まり、椎茸は大分県の名産で同じ品種なのに、季節によって、形や大きさが違ったり呼び名が違ったりすることを知った。 そのための準備を怠ってはならないと考えています。 テント場に着きました! さぁここからは雪! まだ桜が咲いています! ここですれ違った方も、陽希さんの活動を知ってました! みんな根っからの山好きだそうです! まだ槍ヶ岳は見えません、、、 かなり斜度のある雪原、 同行する撮影部隊もやはりたいへんです! 時刻は8:29。 旅の最初の頃は増え続けるファンからのプレッシャーに悩まされたこともあったそうですが、これまでの旅の中でそのプレッシャーすら力に変えることができるようになった陽希さん。 とにかく宿に着く時間を7時に予定していたので、3時間以上は走り続けなくてはいけないと覚悟した。 第五集 大縦走!中国山地&六甲山• チームの目標は世界一。 季節外れの暖かさもあり、久しぶりの暖かな秋晴れのなかを歩き続けた。 そんな中、今日はたまたま、自分の中でこの時の車のことが際立ってしまった感じだった。 時刻は5:25。 「グレートトラバース3 プロローグ 15min. 出典: 「公共の交通機関を使わず、百名山を人力で踏破する」という壮大なプロジェクト「 グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き」が2014年にスタートしました。 - 53,967 views• さいごに 今回の旅は開始早々悪天候に見舞われて何日か足止めを食らっていたようですが、陽希さんならしっかり乗り越えてゴールしてくれるはずです。 ・山田高志さん 日本を代表するトレイルランナー。 グレートトラバース2 ~日本二百名山一筆書き踏破~ (2016年)• しっかりと打ち合わせ、就寝です。 歩いている旅だからこそ、目にする光景。 こちらがNHKの取材クルーの部屋です。 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。 また、明治大学を卒業した後は、日本大学へ体育教師を目指して進学して行きました。 ボッカ部隊の三太呂さんと正人さん。 「頑張ってくださーい!」の声に「ありがとうございます!」の言葉を返す時間は本当に無かったのか…。 田中陽希 未公開!名場面集 2. 後ろでヒソヒソ話す声が聞こえる。 この旅の様子をNHKのクルーが取材していたんですが、それがなんともよくて、山登りを趣味にしているわけでもないのにハマってしまいました。 すると、車椅子のおばあちゃんが後ろに僕がいたことに気がつき、ニコッと笑いながら「あら~」と言った。 この番組は陽希さんを映しながら登山するわけですが、下からなめるように撮ったり、陽希さんの前に出て撮ったりしていてアングルが多彩です。 というのも、原料となる蚕は温かい環境下では直ぐに孵化してしまうことから、蚕を九州中から預かり、この風穴で冬眠させていたという。 クライミングで鍛えたという足腰と体力がすごいです! こちらはボッカ部隊。 - 41,739 views• 部屋で休んでいた陽希さんもごはん食べに来ました! 連日かなりハードな山行、この食事がものすごく重要です。 詳しくは店頭にてスタッフにお問い合わせください。 - 41,205 views• この日は朝からどしゃぶりの焼岳登頂をこなして来ているクルー、 この夕食の時間が疲れて冷えた体にはたまりません。 ところがこの日の陽希さんは沿道のファンの方一人一人にいつも以上に丁寧に対応していました。 翌日、さらに榛名富士を往復したあと、第二峰の相馬山、最高峰の掃部ヶ岳に登って、127座目の榛名山の山行を終えました。 Instagram:• 第六集 冬・四国~九州12座 そしてゴールへ• 新たなプロジェクトの展望を、田中氏のリアルなトークとともにお届けします。 第十六集 大岩稜地帯 信州・上州の山々へ• 家から見える山に季節を感じ、ふらっと登りにいく。 明日登頂する常念岳(2857m)を見下ろします。 「こんにちわ」と声をかけるとおばちゃんたちは皆笑顔で「こんにちわ」と答えてくれた。 当初は野尻湖辺りで宿泊を予定していたが宿を見つけることが出来ず、結果的に予定外の距離となってしまった。 僕もこの5日間から、 素晴らしい経験値をいただくことができました。 公共交通機関を一切使わずに、百名山すべてを210日以内に完登する、というプロジェクトです。 湿気ったアイテムをこういう時がチャンス! 乾かします。 出発時間が迫っていたので、とりあえず朝食を食べた。 第十七集 初夏 八ヶ岳連峰から南アルプス北部• 「グレートトラバース2 15min. 「グレートトラバース 特別編「百名山一筆書き7,800km完全踏破!」」(2015年)• 再スタートしたあと、残りの距離を調べると、40キロ!時刻は12時。 直接普賢岳にいくルートもあったが、もしかしたら次来たときに解除された登山道がまた通行止になってしまうかもしれないと思い、遠回りになるが、風穴や立岩の峰などを回るコースを経由して普賢岳に登ることにした。 走り続けたかった僕はサングラスをかけて、集中して走っていた。 に所在するカッパクラブで山岳ガイドやリバーガイドとして勤務しながら、2012年と2013年の ()に出場し、2年連続2位となる。 どこに行っても陽希さんのこと、みなさん知ってます! 長野県と言ったらやっぱりそば! こんなお茶目な一面も。 仁田峠に1時間ほどで到着した。 明日登頂するはずの奥穂高岳(3190m)は見えません。 ついに槍ヶ岳山荘に到着! 北アルプスの象徴槍ヶ岳、やはりかっこいい! ここで少し補給して、、、 さぁあの山頂を目指します! この槍沢をひたすら2時間以上登って来ました! 撮影の段取りを。 明日は99座目高千穂峰にアタックだぁ~ 投稿時間:16:30. 大野木場の登山口に向かっていると、全ての窓ガラスが無くなっている大野木場小学校前で足が止まった。 真っ暗になった夜6時半に宿泊先に到着した。 「グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き」(2015年)• いい笑顔いただきました! 恒例の記念撮影です! と思ったらiphone落下! さぁ下山です! 松本平が見えました! 時刻は15:01。 地球の気候に挑んだ1人の日本人。 同じコースを今回は尾道市に向けてあるいていく。 陽希さん食べるのも速い! 撮影クルーはまさに食事中ですが、 陽希さんすでに臨戦態勢! 新緑の美しい季節です! 時刻は14:11、さぁ横尾に降ります! 一気に横尾山荘に! 時刻はなんと、15:21です。 この日、僕はテント泊です。 とっさにお父さんは車を急発進させた。 見送りにはなんと!愛媛県のご当地キャラクターの「みきゃん」が来てくれた。 学歴を振り返って行くと、高校は旭川大学高等学校で偏差値は2015年のデータで59です。 とにかく宿に着く時間を7時に予定していたので、3時間以上は走り続けなくてはいけないと覚悟した。 普賢神社で挨拶をして、参道のような登山道に進んだ。 ここからは、北アルプスを見るには最高です! バックには、穂高連峰と明日登る予定の槍ヶ岳が見えます! あちらが蝶ヶ岳です。 第八集 霊峰白山と信仰の山々• 不安もあったが、とにかく走った。 この日はお休みで、ひたすら滑るということ! 「10回は登り返します!」 と言ってました! 殺生ヒュッテまで来ました! 時には先回りする撮影部隊! 見えてはいるけど着かない! 登る! 登る! 時刻は9:32。 4月から4つほどの山頂を除いてほぼずっと同行しているため、 こういう時間が彼のわずかなフリータイムです。 今後の計画ですが、 奥穂高岳はここからピストン。 やっと穂先が見えました! ここで槍ヶ岳山荘で働く、 世界を目指すテレマークスキーヤーと。 そこで陽希さんが目にするものは…、路肩に捨てられたペットボトルなどのゴミだ。 「そんなに露骨にイライラしなくても」とヒヤヒヤする場面もあるんですが、見る側の感情を揺さぶるからこそ多くの人を惹きつけるんだと思います。 お! なぜか陽希さんがカメラを! みなさんこの槍ヶ岳が天気良くてほっとされてます。 叫んでいたおばあちゃんとお孫さんも満面の笑顔で喜んでいた。 槍沢ロッヂを通過です! 時刻は6:50。 冒険の各シーンを呼び起こすタッチによって映像を見た人もより深くグレートトラバース2を味わうことができ、手元に是非置いておきたい一冊に仕上がっています。 無言で動くご当地キャラクターのみきゃんにどうしていいか少し戸惑ったが、朝早くからスタンバイしてくださっていたようで、一緒に記念写真をとって、元気よく見送っていただいた。 濡れた機材を乾かす必殺技、 乾燥剤を加熱し再利用。 7ヶ月ほどの間、他のスタッフの方たちとローテーションで撮影は行われていたようです。 結構、目まぐるしく日程が変更になっています。 ついに着きました! 槍ヶ岳(3180m)! 人生初の槍ヶ岳に、 感動の時間。 11時、チェックアウトしてホテルを出発する。 山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。 その後、大学は明治大学へ進学そこでもクロスカントリー部に所属して、主将を務めていたようです。 2014年と2015年に挑戦した田中氏のプロジェクトの集大成として、また日本の四季を全身全霊で体感しお伝えすることを目的として臨みます。 この旅は、きっとこんな温かい感謝の連続なんでしょうね。 さぁ明日は島原湾を漕いで戻るぞ~ 12月14日(月)「ふらっと」 前回の休養日から数えて、12日目の朝が来た。 では、田中陽希さんが没頭しているアドベンチャーレースとはどんなレースなのでしょうか?男女混同で、山、川、海など各地の大自然の中に設定されたコースの中をクロスカントリーランニングや、MTBパドリングなどを駆使してタイムを競うレースです。 さらに追い討ちをかけるのは、予定していた宿泊先がどこも満室で予約が取れなかったので、県境を越えて萩市の須佐町まで1日でいくことになった。 この度、田中氏は「日本3百名山ひと筆書き-Great Traverse 3-」に挑戦します。 昼頃に、コンビニで昼食と休憩をした。 四季のある日本を縦断しながら、 日本百名山に登録された100の山頂を踏破し、 雪が降る前に北海道の利尻岳に向かって行く挑戦です。 約6キロの橋を渡り終え、最初の島が大島。 トンネルの一件以来、あまりにも敏感になりすぎているのかもしれない。 どうしてそこまでするのか聞くと「この旅はファンの皆さんと一緒に進む旅、ファンの皆さんあっての旅なんです」と話す陽希さん。 普段はどんなトラブルにも冷静沈着に対応して地図にないような道でもとんでもない悪路でも飄々とこなしていく陽希さんですが、ときおりイライラした素振りを見せることもあります。 これはで販売されている、田中陽希応援グッズのリフレクターチャームです。 「アドベンチャーレースに生きる! 結局、この日は63キロのうち50キロを走る結果になった。 301座になっている理由は百名山、二百名山、三百名山が選定された順番が関係しています。 登山のガイドブックとしてだけではなく、そういった文化や歴史、人が抱く山への畏敬の念を感じ取れる、貴重な本であると思います。 こちら東鎌尾根方面です。 大野木場仁田登山道はほとんど利用する登山者がいないのだろう、割と最近できた登山道なのに、予想以上に荒れていた。 三百名山をすべて制覇するために301座登頂することになったようです。 読書後はカツ丼とそばが食べたくなること請け合い。 今日は大潮といいことで、いつもよりも潮が大きく動いていた。 なので、いつも山頂でwebサイトに記事をアップしています。 日差しは強かったが、風はしっかりと冬の風だ。 グレートトラバース3について 実は301座を登る 2018年1月1日にスタートした日本3百名山ひと筆書きはこれまでの百名山、二百名山にさらに101足して301座を登りつつひと筆書きしていくとのこと。 12月2日 「ONOMICHI SHARE」にて交流会。 間もなくして、うどんが登場した。 アドベンチャーレースを取り上げていた『クレイジージャーニー』でもぶっ飛んだことをしていましたが、『グレートトラバース』もなかなかのぶっ飛びようです。 - 65,631 views• アシスタントとして三脚、機材、食料などを背負って登る。 火山に多い風穴は年間を通して気温湿度が一定で、その環境を利用して、明治時代には絹糸の生産が九州でも盛んになった。 一番のアップダウンが続くエリアになるからだ。 【特典映像】 1. 急がないとこれは夜になるなと話していた撮影隊。 最長の来島海峡大橋の途中には馬島という島があり、一般の人はエレベーターを使って、降り立つことができる。 第二十集 富士山・北岳・間ノ岳 日本のトップ3に挑む• この真ん中のカメラマン平賀さんも、 国内外のトレランやアドベンチャーレースを追っている実力者です。 余分なベルトは切り落とし、手縫いで止めます。 少し遅れてボッカ隊も到着! さぁ残りは200m! 陽希さんも槍ヶ岳は人生初の登頂だそうです! 出発! 先回りと追いかけ、 両方から撮影します。 公式サイトとSNSとその他 今回の旅の様子は公式サイトだけでなくSNSでも知ることができます。 ゴミと言われるモノのほとんどは地球の恵みから生まれ、全てが大切な資源でもあることを忘れてはいけないでしょう。 第十集 北アルプス 後立山連峰大縦走• そして何やら怪しい動きが、、、 水浴びです! しかしこれは雪解け水! めっちゃくちゃ冷たいです! さっぱりいい気分! 心が洗われるすがすがしさです。 第十八集 中央アルプスから南アルプス新南部へ• 春や秋はかさが薄く大きく広がり、冬は肉厚でかさは広がらないそうで、「どんこ」とかわいい名前で呼ばれる。 ガスガスの山頂で、目の前にあるはずの平成新山のダイナミックな姿は見れなかったが、予期していなかったことを色々知ることができただけでも、この山に来ることができて良かった。 - 53,056 views• 間違っていたかな・・と反省を続けながら、夕日を浴びる高千穂峰を横目に60キロに到達し、暗闇の中残りを道のりを歩き続けた。 今後どうやって活動していくは解りませんが注目すべき存在ですよね。 ドローンを使って撮影したり、登山者目線で撮ったり、地べたを這うようなアングルから撮ったりしながら山の魅力を伝えてくれます。 この方も超人的体力の持ち主。 横尾山荘までベースを移します。 トンネルの一件以来、あまりにも敏感になりすぎているのかもしれない。 深い共感を持ってグレートトラバースを追体験することができました。 【チャレンジ君の装備品:スポンサー】 トレッキングウエア:Maloja (マローヤ) レインウエア:TERNUA(石井スポーツ) 寝袋・ザック:PAINE(石井スポーツ) 軽量テント:G-LITE (石井スポーツ) goatの活動に共感いただき、ウエア類で、 通年でのアンバサダー契約をさせていただいている「Maloja」(マローヤ)。 とのことです。 まぁ仕方ない!長いなぁ~などと考えずに、とにかく走れるだけ走ろうと、小刻みな足取りで進んだ。 マウンテンバイクなどに乗るため、 ヒップベルトも片手で締められるようになってます。 標高1,100メートル近くある仁田峠はすでに雲に包まれ、本来なら見えるはずの平成新山は全く見えなかった。 ブログ更新とBSプレミアムで放映されていたのをずっとウォッチしていた。 さぁ下ります! 一気に降りて来ました! するともう穂先は雲の中。 チャンス到来かもと思ったり・・。。 全体の4分の1弱は未放送シーンです。 さぁここからの登りは岩です。 本日最後の生口島は夕日と共に静かな瀬戸内海を眺めながら、歩いた。 お父さんの決断に良く奥さんもついてきたなと思います。 田中陽希さんの日記はでチェックしよう。

Next|Next|Next