復習 を 誓っ た 白 猫 は 竜王 の 膝 の 上 で 惰眠 を むさぼる 4 巻

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼるシリーズ | 女性向けライト文芸レーベル「アリアンローズ」公式サイト

復習 を 誓っ た 白 猫 は 竜王 の 膝 の 上 で 惰眠 を むさぼる 4 巻

瑠璃は、竜王を避けるようになった理由を話します。 一方ナダーシャ王国。 気になるよね…。 瑠璃は城から戻ってきたクラウスと共に、竜王の待つ城に向かう事になりました。 ホッとするルリですが、ナダーシャに残してきたあさひたちのことが気になりだしたのです。 自ら竜王を避けていたのです。 大量の精霊達の中から数名だけおいて、他はお引き取り頂きました(笑) この光景を見たクラウスは、瑠璃が愛し子である事を確信し、ある事を告げます。 ルリはその日から竜王のペット的な存在となり、竜王はその姿が見えないと探しまわり、見つけると構い倒す毎日になったのです。 ならば、竜王との居心地の良さも、あさひと同じような事ではないのか。 瑠璃はよほど精霊達に気に入られているようです。 しかし…瑠璃が愛し子である事を知れたのがナダーシャ王国ではなくてよかった…のでした。 瑠璃は、腕輪の力で猫になっている事を言おうとしましたが…! 「君が人間でなくて本当に良かった」 「人間に…なにかあるんですか…」 「人間というのは欲深い。 ジェイドもこの戦争の事で心身ともに疲れていたのでした。 かくてプラチナブロンドの女性探しは続いていくのでした。 瑠璃が精霊達を呼びました。 どうぞいくらでも」 竜王は瑠璃(念のため、猫モード)をもふもふなでなでしました。 」 「もし精霊達が暴走しそうになったら、止めてほしい」 瑠璃は精霊達に自分に何があってもすぐに攻撃しない様にと精霊達にお願いします。 竜王と話をしている内に瑠璃は、クラウスの事も含め、すごくいい人たちで安心していました。 この光景を見た瑠璃は、少し離れた場所で、精霊の力を借りて食べ物が実った状態の木を生やしました。 夜の散歩中に、瑠璃は竜王に出会います。 あさひは瑠璃という人物と波長があるー居心地の良さを感じていた。 生き生きとバイトをする瑠璃を見て呆れながらも、アルバイトを認めざるを得なったのでした。 3巻の発売日予想 「復讐を誓った白猫は竜王に膝の上で惰眠をむさぼる」3巻の発売日は、1巻が2018年4月だったことからも、早く見積もっても10ケ月後の 2019年12月くらいではないかと予想してみました。 瑠璃は超広い部屋を与えられ、豪華な生活を送る事になりました。 そんなすれ違いの日々が続き… 仕事をせずに抜け殻になっている竜王を見かねたクラウスは瑠璃(猫モード)を捕まえ竜王の前に差し出しました。 無視するやつはみんなで成敗~」 「けいこくそのさ~ん ルリを悲しませたら、火攻め・水攻め~」 「守ってね~守れ~」 精霊達が可愛いから、なんだか説得力が・・・(笑) 竜王たちは、精霊が直接警告に来るなんて驚いていました。 確実に幼馴染のあさひが、瑠璃が竜王国に捕えられていると吹き込まれて、取り戻そうとしているのではないかと。 第8話:竜王国の王様 瑠璃、それ同一人物だあああ!!! 竜王は、瑠璃に王都にきた理由を聞きました。 瑠璃はその光景を見て驚きました。 「竜王様と波長がぴったしだから仕方ないんだよ」 瑠璃と竜王の波長がぴったりであり幸せな気分になる。 その頃、ナダーシャでは竜王国のスパイが巫女姫の秘密を探っていました。 こうして復讐を誓ったはずの白猫・瑠璃は、今日も竜王のジェイドの膝の上で惰眠をむさぼっているのでした。 竜王は猫の瑠璃を見て、もう一つのお願い事をしました。 そして…何かが分かったのか、 「とりあずこりゃあ祖母ちゃんに報告だ」 と男性が粒つぶやくのでした。 ナダーシャ王国の現状を話す瑠璃。 けれども、どちらかがいなくなると寂しくなる。 ジェイドに瑠璃が実は人間だった事が分かったら、部屋で瑠璃の前で服を脱いで、瑠璃を抱きしめながら寝ているなんて…恥ずかしい!!!! 枕に顔をうずめて足バタバタしちゃう!!! でもジェイドが探している女性も瑠璃だからwinーwinかな?(笑) スポンサードリンク 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 今後のストーリー展開予想 やっぱり、次は瑠璃とあさひの対立…というか対談かなと思います。 ルリの意思を無視するのもだめえ~。 竜王は瑠璃の衣食住を提供する代わりに、 「何か不快な事があったらまず私に言ってほしい。 ところが竜王国vs人間の国ナダーシャでは、体力・魔力・回復力などあらゆる面から比較にならず、何度ナダーシャが戦争を仕掛けて来ても戦う前から結果はあきらかで、長くても3日くらいで終わってしまうということでした。 異世界に連れてこられて、ナダーシャ王国では色々ありましたが、精霊達にチェルシーやヨシュア、ジェイドにクラウスなど色々な人の優しさに助けられていた事に気づいたのでした。 この後も瑠璃は度々ジェイドの元を離れては、人間モードに戻ってアルバイトを楽しんでいました。 「普通の食事で大丈夫です!」 「本当に?お腹壊しません?」 「私、普通の猫と違いますから!!」 「確かに!」 豪華な部屋でゆっくりできるかと思ったら…まったく眠れない!! 瑠璃は猫の姿になって、夜の散歩に行く事にしました。 「さみしい」という感情なのか戸惑っていると精霊達は教えてくれます。 けいこく。 瑠璃は、王都をみてその国の生活や常識を学びたい…その後にどのように生きるかを考えると竜王に話しました。 ルリに与えられた部屋は広すぎて夜になっても眠れないので、庭の散歩に出るとそこでばったり竜王と出会ってしまい、少し話しをすることにしたのです。 傷つけたら、万死に値する~」 「けいこくそのに~。 瑠璃は感じていました。 城の図書室で一人の男が予言書を見ていました。 君ほどの力を持った愛し子が人間だったと思うと、本当に恐ろしいよ」 クラウスの話を聞いて、瑠璃はもう少し猫の姿でいようと思ったのでした。 しかも、陰謀によって危険な森に捨てられることに……! スポンサードリンク 『復讐を誓った白猫は竜王に膝の上で惰眠をむさぼる』2巻 あらすじと感想 猫のルリ、竜王国へ ルリは森での生活に慣れてきた頃にチェルシーから、 「世界を知り、今後の生き方を考えるために竜王国に行った方がいいね」 と勧められてチェルシーの息子クラウス(竜王国のけっこう偉い人)のところへ向かいます。 でもここは物語の核心の部分なので、さらっとだけ書きますね。 瑠璃はまだこの異世界の事を知りません。 と同時に危機感も感じていました。 まるで壊れ物を触るみたいに撫でてくる竜王は、もふもふの障り心地にウットリとしてルリも何だかんだとても気持ちがいいと思うのでした。 そんなある日、散歩のとちゅうで王宮の上から初めて王都を見下ろしたルリは、自分が元の世界に戻れなかった場合について考えながら歩いているとチェルシーの孫のヨシュアに声をかけられたのです。 ある日、そんなあさひに巻き込まれ瑠璃は異世界に召喚されてしまう。 ヨシュアは瑠璃に、「実は人間でした~」と正体を話すのは瑠璃自身が好きに話したらいいと告げました。 ヨシュアは、ジェイドが王都で出会ったプラチナブロンドの女性を探しているのです。 「衣食住お世話になるんですから、お安い御用です。 「絶対に生き抜いて、あいつらに復讐してやる」 しかし、親切な魔法使いチェルシーに助けられ、瑠璃は異世界での生活を満喫し始める。 そこで、竜王の住む城に行く事になりました。 竜王に恋…?というよりは、暖かいコタツの中で一生ぬくぬくしていたいそんな気持ちを瑠璃は抱えていました。 気になるなら…読んでね! 瑠璃は、チェルシーから瑠璃自身が直接ナダーシャ王国の城に行ってあさひと話さないといけない事を告げられたのでした。 「お前、ルリか?」 「あんた人間のはずだろ?なんで猫になっているんだ?」 第10話:周りの優しさ すれ違った青年に「お前はルリか?!」と聞かれた瑠璃(猫モード) 瑠璃は猫として暮らしている事はチェルシーにも伝えていません。 ある日のこと、食堂で客たちの噂から隣国ナダーシャと戦争になりそうだと聞いたのです。 タイトル回収うううう!! そんなある日…瑠璃は散歩をしていると、一人の青年とすれ違います。 「私の屋敷で君の面倒を見る事は出来ない」 「なぜですか!?」 クラウスによると、瑠璃はとても貴重な存在です。 が…!! 窓の外には、 今にも殺る気まんまんな妖精達が竜王たちを見ています。 そんな姿を見た竜王は 「やはり…いいな」と瑠璃を見ながらつぶやくのでした。 ナダーシャ王国と竜王国が戦争をしたとしても力の差が歴然で、ナダーシャ王国が負けるのは目に見せているのでした。 ナダーシャへ そこで精霊たちと一緒にナダーシャの様子を見に行くことにしたのです。 たわいない話をしていた竜王が、おずおずと「頭を撫でてもいいだろうか・・・」と言いました。 一方、竜王国ではルリの置手紙を見つけたジェイドがパニックに陥って、見かねたクラウスはチェルシーに手紙を出すことに。 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる ワガママ幼馴染あさひに懐かれているせいで、散々な生活を送っていた森川瑠璃。 すると、それはそれは大量の(UFOキャッチャーに入っているキーホルダーの群れを想像してみてね)精霊達が瑠璃の元に集まりました。 「ごめんなさい。 なんと ナダーシャ王国は戦争をおっぱじめようとしていたのでした!! 第11話:ナダーシャ王国 ナダーシャ王国は戦争をしかけようとしている…!! 瑠璃は驚きを隠せませんが、お客さんはあっけらかんとしていました。 瑠璃は散歩で出ており、すれ違いの日々が続いていたのです。 竜王の側にいると居心地がよすぎて、 竜王が離れた時の喪失感が半端なかったのです。 「ルリはそんなに心配になるほど私と一緒にいたいと思ったと?」 「はい」 瑠璃に触れながら 「私もルリの側は居心地がいい」 竜王も瑠璃と同じで居心地がよかったのです。 ところが、ナダーシャは予想以上に荒れ果てた様子でみんな飢えに苦しみ、それ見たルリは大きなショックをうけるのでした。 どうして今回ナダーシャ王国が戦争を仕掛けてくるのか…瑠璃は分かっていました。 瑠璃が精霊に愛される 「愛し子」である事をしり、クラウスは連れている精霊は瑠璃の側にいる一人だけなのかと聞きます。 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる第2巻の簡単なあらすじ ではでは、「復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる」2巻のあらすじ行ってみましょう!! 第7話:猫と竜王 チェルシーの息子 「クラウス」は、母親から手紙を預かった。 それは戦争の影響で男性は連れていかれて、作物が育っても役人に持っていかれてしまい…、 そう裕福なのは城の中だけだったのです…。 ご飯も猫まんま・・・ではなく普通の食事です。 身を寄せることになった竜王国で人であることを隠すはめになった彼女は、当面、白猫の姿で過ごすことになってしまい……。 ヨシュアは、瑠璃が追放されたあの日…祖母であるチェルシーの元へ瑠璃を連れていくように、精霊達に頼んでいたのです。 精霊達は瑠璃にこう言うのでした。 ひょんなことから手に入れた腕輪の効果で、白猫に変身できるようになった瑠璃。 普通にべたべたしたら精霊達が「処刑!!」するかもしれないから、その光景でナダーシャ王国が瑠璃が愛し子だと気づいて瑠璃を奪おうとする展開かな~と思っています。 ヨシュアは様子を見に瑠璃のアルバイト先に訪れました。 ナダーシャ王国の戦争を、瑠璃を探そうと暴走しているあさひを止めないといけません。 瑠璃が竜王に迷惑をかけているのでは・・・? 竜王に全てを話した後に、竜王は瑠璃に聞きました。 ふわふわモフモフの小さな姿でどうやって復讐を果たすのか! ルリ、食堂で働く 本来は働きもののルリはヨシュアを拝み倒して、みんなには内緒で短時間だけ人間の姿に戻って町の食堂で働くことになりました。 「いやだめだろ」 なんとかヨシュアに頼み込み、瑠璃は人間モードで町でアルバイトを始めたのでした! もちろん竜王には内緒です。 そんな生活に、瑠璃は居心地の良さをものすごく感じていました。 まだ世界の事を知らない瑠璃に対して、竜王の側近たちは、竜王国の都合に合わせて世界について教えようかと話をしていました。 ヨシュアはチェルシーからルリのことを聞いていたので、猫の姿でいることや、これからのことなんかの相談に乗ってくれる友達になりましたが、なんと彼の仕事はナダーシャでのスパイ活動に加えて、竜王が一目惚れした女性探しだったのです! まさかその女性が目の前にいるルリだとは、誰も気づかないし、ルリ自身も知りません。 ホッとする瑠璃でしたが、ナダーシャ王国にはあさひやその取り巻き達がいます。 そしてナダーシャでは穏健派がどんどん追放されていることから、巫女姫であるあさひを説得するためにルリが直接城に行かなければいけないと言うのです。 「警告しに来た。 ところが魔法の腕輪の力で白猫に変身したままだったルリは王宮へ向かう途中の馬車の中でクラウスの、 「君が人間でなくてよかった。 ここしばらく竜王は、瑠璃(しつこいですが猫モード)に触れる事が出来ずに仕事が手につかない状態でした。 そしてチェルシーから、巫女姫の秘密、ナダーシャ王国にどうして瑠璃たちが召喚されたのかの秘密を聞かされます。 「近い内にルリという子をそちらに送る」と。 町はボロボロで食べ物もない…。 愛し子である瑠璃(バックには大量の妖精)に対してあさひがどんな風な行動をとるのか…。 竜王は猫瑠璃を探していました。 ヨシュアは自分がいない間は問題を起こさない様にと瑠璃に告げますがフラグですね分かります。 人間だったらと思うと本当に恐ろしいよ」 と言う一言が原因で本当は人間だと言えないまま王宮で暮らすことになってしまいました。 ルリを傷つけたらだめえ~。 素直に話し合った結果、竜王様ではなく「ジェイド様」と呼ぶことを許され、膝の上で惰眠をむさぼるに至ったその結果、竜王の婚期が遅れると噂されたのでした。 瑠璃が追放されたことも知っていましたが、やる事があったので瑠璃を助ける事が出来なかったのです。 なのにどうしてこの男は知っているのか。 お店で注文を取っている時に、お客さんから不穏な話を聞きます。 というのも、瑠璃がナダーシャ王国から追放された事も知っていたからです。 波長が合うと離れたくない…でもこの感じは幼馴染の存在を思い出させるのでした。 そして数日後に…1匹の猫がクラウスの前に現れたのでした。 そして、瑠璃は城で竜王と対面を果たすのでした。 この記事の目次• 第9話:繋がる波長 竜王は、毎日瑠璃の元に訪れては肉球をふにふに、ふあふわもふもふしています。 そしてすれ違った青年はこう言いました。 本当かな? そんな瑠璃に精霊達は「さみしい?」と聞きます。 瑠璃は、ヨシュアに猫になった理由と猫になり続けている理由を話しました。 ナダーシャ王国には恨みがありますが、国の人達には罪はありません。 竜王様と一緒にいると居心地がいいので避けていました」 「?居心地がよいのになぜ避けるのだ?」 瑠璃は幼馴染のあさひの事を話しました。 この青年は竜王国の諜報員(スパイだね)であり、ナダーシャ王国に行っていたのです。 それは「巫女姫」についての古い予言書が書き換えられていたと言う内容でした。 竜王は小動物が好きなのですが、竜ゆえに触ろうとすると犬も猫も半狂乱でにげられてしまうと悲しそうに言うので、ルリは「お安い御用です」と頭を差し出しました。 本当は城にいてほしいんだけどね。 精霊達の力を借りてナダーシャ王国に到着した瑠璃。 イケメン竜王はもふもふが好き! 竜王は若くて漆黒の髪に吸いこまれそうな深い緑の瞳をした超絶美形でしたが、どこかで会ったような気がするルリでした。 青年は 「ヨシュア」といい、チェルシーの孫でクラウスの息子でした。 竜王の一目惚れの相手は・・・。 あれだけ縁を切りたいと願っていたのに戦争で死んじゃうかもしれないと思うと、気になって止まらなくなってしまいました。 竜王と瑠璃は少し話す事にしました。 そのいーち。 「ルリ、頭をなでてもいいだろうか?」 「はい?」 「私は小動物を触ったことがないのだ」 竜王は竜族ゆえに、小さい時から小動物に逃げられており、小動物が触れませんでしたが、超小動物好きだったのです。 城の中ではあさひのおかげ?もあり、贅沢な生活が出来ていましたが、ナダーシャ王国の人々は飢えで苦しんでいました。 そして…精霊たちの力を借りて、ナダーシャ王国に行く事になったのです!! 瑠璃は、ナダーシャ王国に居た時は城の中にいたのでナダーシャ王国の外の事情は一切知りませんでした。 瑠璃は今ナダーシャ王国が気になっていました。 瑠璃(猫モード)はチェルシーから預かっていた手紙をクラウスに渡し、クラウスは眉間にしわを寄せながらその手紙を真剣に読んでいました。 他の国も欲しがります。 ヨシュアはすぐ目の前にいる探し人を求めて、しばらく竜王国を離れる事に。 けれど前にチェルシーに「あさひもルリといると気持ちがいいみたいだけど、それが波長が会うっていう事だよ」と言われたことから、このままだと竜王に迷惑をかけることになってはいけないと避けるようにしていたら、もふもふの癒しが足りなくなった竜王に問い詰められてしまいました。 竜王国に愛し子が現れた事は大変喜ばしいことだと大歓迎されましたが、同時にルリに何かあればすぐさま精霊たちが暴走するのは必至なので、もしも不快なことがあればすぐに竜王自身に言ってほしいと言われました。 波長が合うということ まるで本当の猫になりきったような猫ぶりのルリは、竜王のそばは居心地良すぎてこれが波長が合うということなのかとつくづく思うのです。 クラウスからの手紙を読んでいたチェルシーは、予想通り現れたルリにヨシュアが調べていたことを教えてくれたのです。 意味深。 これは後で瑠璃が人間だと分かった時のジェイド自爆ルートですね!! 瑠璃はジェイドと一緒に惰眠をむさぼっていましたが、ついに 「働きたいです」 とヨシュアに告げるのでした。 お城での生活を送っていって、瑠璃は思う事があったのです。 あさひは、瑠璃にしつこく付きまとていた。 が!その前に、クラウスは城へ行き、竜王に「愛し子」が現れた事を告げます。 瑠璃はとても居心地のよさを感じていました。 クラウスの屋敷では、瑠璃に対する警備が手薄すぎるのです。 ルリは身構えていると、精霊達が何を感じて青年に襲い掛かります!! 「怖がらせて悪かったって! でも人間だった奴が猫になったら普通聞くだろう!?」 青年は瑠璃の事を知っているようです。

Next|Next|Next