トイ ストーリー 4 評価

『トイ・ストーリー4』なぜファンが戸惑う内容になったのか? 作り手のメッセージから読み解く|Real Sound|リアルサウンド 映画部

トイ ストーリー 4 評価

プラチナ脱出??? 5、名曲「君はともだち」にそぐわない内容 『トイストーリー』シリーズにおいて欠かせない名曲 「君はともだち」 この歌詞の意味は 「いつも一緒にいるよ友達だから」 というものです。 人のものを欲しがるという戒律を破ったギャビーギャビーに罰は下ったが、赦しや救いまで与えるには寛容に過ぎて、ここもバランスが悪い。 2回は感動して、2回は笑いすぎてです。 「自分の好きな人を自分で選び向き合った」ことに、私はとても強く感動した。 ウッディの声は 唐沢寿明、バズは 所ジョージと子供のころから刷り込まれてまして・・・ 笑 唯一の不満がデューク・カブーン役で出演している キアヌ・リーブスの声が聴けないこと。 作中ではボニーとウッディの距離は終始離れたままであり、名前もきちんと呼ばれていなかったと思います。 しかし、これが僕だけではないんです。 2 十五祭🏮💙 yasuharu0628 フォーキー、やっぱり可愛かったですよね。 ぐちゃぐちゃ長くなりましたが、何が言いたいかと言うと、 素敵なレビューとコメントに感謝です。 2020年には『 Onword』が公開を控えているし、それから程なくして『 Soul』も公開されるよ。 フォーキーがおもちゃとして成長していくというアナザーストーリーをメインに、メインストーリーの筈のウッディの話はサブとして観ていくと楽しめる。 今回の評判評価の口コミ情報を参考にしつつ、改めてトイストーリー4を視聴してみるとまた違った視点で見れるかもしれません。 なぜ本作『トイ・ストーリー4』は、このような内容になったのか。 そこにダッキーとバニーも。 視聴者を納得させるための。 もしかしてウッディとバズが別れちゃうんじゃないかって。 そして、ウッディが仲間と離れ、間接的に子供と関わり自由を満喫しながらボーと過ごす日々を選択する結果になってしまった原因・ボニーに批判が集中しました。 — Dorian Parks E32019 DorianParksnRec ドリアン・パークス氏(Geeks of Color) 「 もしも『トイ・ストーリー』の新作を心配しているのなら、そんな必要はありません! 素晴らしい作品で、シリーズを見事に補強する新たな一本。 逃げきれないと思ったウッディはわざとハーモニーの目の前に行きおもちゃのふりをします。 そして、完結編だからできたズルい手法でもあります。 絶対観てください。 トイストーリー3が完結編で美しいワンセット• そして、ギャビー・ギャビーも初めのうちは敵として描かれるような形なんですが、自分もおもちゃとして子供に遊んでもらいいたいという、おもちゃなら誰しもが思うことが描かれており、胸がギュッとなりました。 4点 ・Yahoo映画 : 2. ある意味、全てウッディが巻き起こした物語といえる。 クルーもそうです。 そんなある日、ボニーはスプーンやモールなどを使用して、フォーキーというおもちゃを手作りした。 ただこの映画における「自由に生きていく素晴らしさ」というメッセージには、どこか違和感を覚えます。 が、全ての幕引きとして最高によかった、ありがとう、そしてお疲れ様。 だから、この作品は2人の成長記録だったわけですね。 ボニーに渡る前まで大事にしていたアンディの心情を蔑ろにしているし、それによってボニーのキャラ印象が最悪になる。 ピクサーとして改めて、女性だからといって不当な扱いを受けることはない、自立して男性以上に活躍できるとアピールし、悪いイメージを払拭したかったはず。 1と2の時は登場時間もかなり少ないし、観ているだけじゃ陶器って感じはしませんでした。 ネタバレ! クリックして本文を読む 展開の大筋は、大した思い入れもない唐突に現れた手抜きデザインの新キャラを追いかけて、辺りを行ったり来たりし、よくわからない思い込みをしている悪役キャラと奪い合うという陳腐な内容。 そこで、遥は偶然、人が『ほったらかしにしたもの』を取って逃げる狐の姿を目にするのだった。 1作目とはえらい違い 笑 新しい持ち主の元へ行ってもアンディのことを忘れられない辺り、ウッディらしくはありますが 笑 そして今回、シリーズで一番なんじゃないかってくらい大きな成長を遂げるのです! アンディの時とは違って、ボニーの一番のお気に入りにはなれないウッディは自身の必要性について見つめ直します。 3で泣いた人は4を観る前にハンカチ用意することを力強くオススメする。 一方、射的屋の景品となっていたバスに、手が繋がっている ヒヨコのダッキーとうさぎのバニーが絡んできます。 — 狐面 Hanikamifox 映像も単純に暗いのですが、登場キャラクターやストーリーが全体的に重苦しく、フォーキーをはじめ新しく登場するおもちゃたちに魅力がなく、ギャグも挟まれてはいますが皮肉にしか思えない作品になっています。 新キャラ大活躍だからスリンキーとかの活躍がなかったからなー。 それでも、そういったウッディの心理描写があまり視聴者には伝わらず、「ウッディの考えが180度変わった」と取られてしまった感じです。 すみません。 バズやジェシーが迎えに来てくれてボニーの元へもう帰れるというところで、やっぱりボー・ピープとその街に残ることを決断したウッディ。 ネタバレになるから詳しい事は言えないけど3でそのまま綺麗に終わらせてほしかったな… — まるこ???? それから、クレジットの最中にも最高の場面がありますよ。 ほら、チンパンジーがスタジオにやってきてスタッフと1日一緒に過ごすとか。 フォーキーがいなくなるとボニーが悲しむ、とフォーキーを追うウッディだったが、その先で再び大冒険に巻き込まれることになるのだった。 1,2,3でひたすら子供のために奔放したウッディは、トイストーリー4でもラスト以外はひたすらボニーのためにフォーキーを救出していました。 ピクサーに長く勤めていると他ではできない珍しい経験をしますよね。 マーク・ニールセン(以下、 マーク):その話を聞いた時、まず思ったのが 『3』で終わりじゃなかったのか、ということでした。 それを応援できるバズをはじめとした仲間たちとの絆。 期待と不安が相半ばするファンも多いであろうシリーズ最新作、はたしてどんな出来栄えだったのか。 そうすれば、あの羊たちやスカンクのマシンやギグルやカブーンやギャビギャビだって登場できる! おもしろそうと思うんですよねー 長文失礼しました!. 『トイストーリー』の何が衝撃的な感動だったかって、私たちが知らなかった「おもちゃの世界」を見せてくれたことです。 ゚ ゚。 クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーンに引き続き、映画館で泣いてばかり???? これまでシリーズに関わっていた ジョン・ラセターがセクハラ問題でピクサーを退社したため、今作が彼の関わらない始めての『トイ・ストーリー』になりました。 それを利用して、今作を作ったと見られる。 そこで、かつて自分が大切にしていた人形、コットンと再会を果たした遥。 製造不良の ギャビー。 あらすじ<STORY> ウッディ(声:トム・ハンクス)、バズ(ティム・アレン)ら仲間たちは、新たな持ち主ボニーを見守っていた。 唯一あったのは前作までのフラッシュバックシーンでしょうか。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 」 goes to infinity and beyond. しかし、実際は「ウッディ・フォーキー・バズ」「他のおもちゃ」という完全に演出が分断されています。 あれは技術的な限界を押し上げたよ。 3があまりにも美しく終っていたので、4は正直怖々観たのだけれど、 そう来たか……の結末。 最後もうるっときちゃったもんな。 衝撃的で涙を流すラスト。 続く『トイ・ストーリー2』では 子供に遊んでもらうことの幸せを再確認し、3では大切な アンディとの別れを経験してきたウッディ。 どうも「おもちゃは最後の最後まで子供が面倒みなくちゃいけない」という考えに縛り付けられてる人が多いみたいです。 純粋に良い作品で楽しめる。 でも、正直めっちゃ面白いってよりは悲しい?感じだったように思った…まぁあくまで俺の感想だけど… たこ焼きとポップコーンでお腹いっぱい…ポップコーンSサイズ頼んだはずなのに余しちゃったごめんなさい。 元々はピンクのドレスに身を纏い、女性らしい人形だった彼女。 素晴らしい作品だと思う。 おもちゃのルールが無視されすぎていてつまらない駄作 トイストーリー4 曲が流れアンディ登場、はい号泣!開始10分でトイストーリー4は終わりです!残りゴミ フォーキーの存在理由も不確か、おもちゃ仲間達の特技活躍が薄い、人間に干渉しすぎ、アンディの思いにウンコを塗りたくるクソ選択肢、フェミニズムお通し過ぎて他キャラの人格崩壊無能化が酷い — nok meow2888 おもちゃは持ち主や人間がいてくれるからこそ存在価値があるという点が今までのトイ・ストーリーシリーズではベースになっており、持ち主や人間はそれ相応の意識を持つことが大事だというテーマを伝え続けてきました。 ベンソンやギャビー・ギャビーのホラーさもしっかり出ていて、ハラハラできる場面もありました。 その度に「ボニーのお気に入りとなっている」とウッディはフォーキーに話すも言うことを聞かないため、引きずりながら車を追い掛けることに。 この様に、トイストーリは、映画マニアからの評価は前作と同じですが、一般の観客からの評価はトイ・ストーリー4の評価の方が高くなっていました。 フォーキーが戻ってきたボニーも喜びます。 迷子のオモチャである私にとんでもなく刺さった。 ギャビー・ギャビーはウッディと同様に背中の紐を引っ張ると声を発する人形ですが、ボイスボックスが壊れています。 今回のはウッディが成長する映画であるため、違って当然。 しかし、そんなフォーキーは他の仲間と違い、自分はゴミだと思い込んでしまうところから物語は動き出す。 それはもう全編通して感動の嵐でして、目の奥が痛くなるくらいではあるけど、あれはちょっと受け入れがたい。 モデル、シェーディング、埃、蜘蛛の巣、シャンデリアにはライトの反射があった。 長文失礼しました! 突然のコメント失礼します。 ウッディ達以外はずっとキャンピングカーにおり、ほとんど出番がありませんでした。 結末がひどい駄作すぎてつまらない 『 』 これは賛否割れるぞ。 特に、はピクサーが最初に制作したという記念すべき一本。 とか言いつつ、ギャビー・ギャビーが報われるシーンはうるっときてしまったけどね… アメリカとの評価のギャップについて まず、毒にも薬にもならない話だけど、前提としてどんなところにも良いところと悪いところがあって、見る人よってどちらかの印象が強く残ってしまうことがあると思う。 All Rights Reserved. コメントありがとうございます! 『トイ・ストーリー』1作目が公開されたとき、私はまだ0歳でしたから私以上に「アンディ世代」じゃないですかね? 私ももう少し早く生まれていれば「3」をもっと感情移入して観られたのに…。 他の園児たちとも仲良くなれず一人ぼっちになります。 — ムラタロス KanroSen トイストーリー4見てきました! めっさ感動した。。。 落としどころとしてはバズとの別れしかないじゃない。 『トイ・ストーリー3』が、物語の素晴らしさで話題を呼んだ作品だったように、ピクサーの長編作品は、大勢のスタッフたちによるディスカッションを経て、数年がかりで脚本を完成させていくのが普通だ。 ピクサーのアニメーターから、『インサイドヘッド』の脚本、そして『トイ・ストーリー4』の監督と順調にキャリを積み重ねている方です。 現実世界に引き戻されるような、「社会派」みたいなことは別の映画に任せておいてください。 ウッディは、アンディという男の子に愛され、アンディは「おもちゃを大切にしてくれるボニーなら」ということで、ボニーにアンディたちおもちゃを託したのでした。 兎にも角にも僕はファイブで「私のカウボーイがない!」というボニー。 観ない方がいいです。 謎のホラー要素 とりあえず言えることは、 出てくる人形が怖いです。 例え「遊ばれなくなったオモチャ」だったとしても、 もしかしたら子供の気まぐれでまた遊びたくなるかもしれないし、 誰かにあげたくなるかもしれない。 ピクサーに勤めて約23年になるんだけど、これから先の23年もピクサーに入られたらと思っているんだ。 — JoBlo. そしてそれを、多くの友人たちが祝福してくれた。 もう「誰かのため」という言い訳は出来ない。 「自由讃歌」に感銘を受けた人たちは「トイストーリー4を嫌がる人は、日本人特有の自己犠牲の精神を持っている」という意見を持っているようです。 胸くそ悪い。 — Russ Fischer russfischer ラス・フィッシャー氏(映画評論家) 「落ち着いて、『トイ・ストーリー4』で良い感じのキアヌ・リーブスを想像してみて。 監督にはおもちゃについて、もっと真剣に考えて欲しかった。 そんな中、ボニーが初めて幼稚園に行くことになります。 1mでクラッシュしても!12mは目を閉じて〜!のくだりで何故か号泣…。 一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが…… 監督 監督を務めたのは ジョシュ・クーリー。 メッセージ性が強すぎる トイストーリー4の酷評の理由の1つには、トイストーリー4に込められているメッセージが強すぎて、単純に物語を楽しめないという意見がありました。 トイストーリー4のラスト評判が悪い理由を考察【それまでのおもちゃの役割を全否定】 ラストの評判が悪いと言われている理由は、ずばりストーリー展開のうちで「おもちゃとしての役目は子供の側にいること」というのを否定したからではないでしょうか。 というのが『トイ・ストーリー』と共に生きてきた私の正直な気持ち。 『トイストーリー3』を見終えたときの「喜び」や「感動」というような感情は出てきませんでした。 また、ウッディは新しい環境に身をおくことになり、今までとは違った世界で冒険することに。 おもちゃとして生きる中で、ウッディは第二の人生を選択を迫られたのです。 おもちゃが所有者に捕らわれるのではなく、自由になるというテーマは興味深いものの、それもなんとなく描いた感じがする。 今までずっと「誰かのため」を言い訳に生きてきたウッディが、これからは自分で決断した人生を生きる。 今回の映画では自分の経験から相手の気持ちを察するのが重要なポイントになるシーンがありました。 その理由は、映画を見終えた後の実感です。 1回目吹き替え、2回目字幕でみてきました。 83点 ・filmarks : 4. ウッディの成長物語として見ると面白いし楽しめる• — 千里 Chisato264 トイ・ストーリー4のまとめ 誰にも、おもちゃで遊んだ経験があるだろう。 そして、その姿を見てバズが「ボニーは大丈夫だ」とウッディに言います。 みんなは快く送り出してくれた。 では、『チャイルド・プレイ』側に苦情の電話を入れたとかはなかったわけですね。 ウッディは今までどんな生き方をしてきた?ウッディってそんな決断をする奴だっけ? — kito kito93944143 トイストーリー4すげえ微妙だと思ったら監督変わったんか。 シリーズの中でも1番泣いたかもしれん…同じぐらい笑ったんだけどね、、めちゃくちゃよかったです! ウッディーとボーの関係最高。 個人的には、映画そのものの評価に「つまらない」はあてはまらないと思います。 Tags :• かく言う、薔薇子も女性ですが、別に映画にそういうメッセージを押しつけられなくても自分が強く美しく生きていれば良くないですか。 トイストーリー4の感想が賛否両論の理由 トイストーリー4を見た感想について、「トイストーリー3の続編を作って良かった!」と歓喜するファンと、「続編は作られるべきではなかった」と後ろ向きな評価をするファンとに分かれています。 そして、第3弾で終了したと思われていたに、とうとう続編が登場。 俺はやっぱりウッディが大好きなんだ。 ウッディの下した決断 そしてウッディは悩んだ末にバズやジェシー、そして持ち主であるボニーと別れ、ボー・ピープと共に 迷子のおもちゃ になる道を選ぶのです!! 前作ではアンディと別れ、今度は長年一緒だった親友や仲間たちと別れる。 ウッディはハーモニーに見つかり持っていかれたため、その店から上手く逃げることができました。 1回目の時はウッディの心の変化が唐突的に見えて腑に落ちなかった部分も、 2回目だと、結末が分かってるが故に感情の変化が見えました。 哀愁を感じた。 そんなウッディが『トイストーリー4』では、埃まみれ、踏み潰され、いないような存在にされますね。 ネタバレ! クリックして本文を読む 好きな人が多いのは承知しているが、自分は『トイ・ストーリー3』が苦手だった。 健気に持ち主に尽くしてきた日々 年々古くなっていき 子どもの好みも変わっていく おもちゃ達の子どもの所有者になりたい という気持ちが痛々しいくらい 伝わってきて苦しかった。 集大成とも言える結末に感動• ボニーにとって大事なお気に入りであるとはいえ、フォーキー自身は自分のことをゴミだと思っていて、自分からゴミ箱へと入っていきさえする。 原産者にも、勿論これからは、自分のやりたい様に生きていってほしい所だ。 それはウッディやボー・ピープ、フォーキーにスポットが当たり過ぎて、ポテトヘッドとかレックスがほぼ空気だったこと。 お気に入りや好きなものも変わるし、子どもの頃は狭い世界でしか動けないが、大きくなるにつれて視野も行動範囲も広まっていく。 ウッディはボニーから選ばれないおもちゃとなっていた そして、時は現在に戻り、アンディからボニーへと渡ったウッディやバズたちは毎日ボニーと一緒に楽しく遊んでいました。 3で完結したあの物語に、4を作るとしたら、確かにあのエンディング以外あり得ないと納得した。 話を聞くことにしたウッディは、一緒に荷車に乗ることにします。 隠れようとするも、ウッディとフォーキーは見つかってしまいます。 しかし、救出した矢先に、モリーのおもちゃであったボー・ピープが知人の男性に3匹の羊たちと一緒に譲られてしまうことに。 ウッディを見習って、自分を見つめ直さなきゃ。 また、ギャビー・ギャビーを手助けしたのも、ギャビーギャビーに子供に遊んでもらう楽しみを経験して欲しかったからでした。 リリースする価値があると心から感じられる内容でないといけないというプレッシャーがありました。 声優陣が頑張っていて面白い! 映画。 他にも、今作はこれまでシリーズを手がけてきたジョン・ラセターがピクサーを退社しており、新しいスタッフで制作した経緯もあるでしょう。 ウッディとバスの別れは本当に私も悲しかった。 確かに現実の子供はそんなものです。 以下、ツイッターの口コミです。 I gotta tell you, actually… Keanu Reeves is great in TOY STORY 4. 今作では明確な理由が描かれることなく、ボニーはウッディを遊びへ参加させずにクローゼットの中で埃をかぶるほど遊びから疎遠になっていました。 映画「トイ・ストーリー4」の個人的な感想 24年間にわたるトイ・ストーリーシリーズとともに成長してきた大人たちにとっても、トイ・ストーリー4を好意的に捉えるか酷評するかの賛否は大きく分かれています。 最終的に(ウッディの意志だとはいえ)ボニーはウッディをなくします。 その狐を追った遥は、人がほったらかしにしたものが集まった、ホッタラケの島へと迷い込む。 4が日本で不評なのも分かる。 俺の中では3を越えられなかった。 笑 あと、チョコレートプラネットのおかげで面白いと思えた、と言っても過言じゃないくらい吹き替えが良かった トイストーリー4見たんですけど、 大傑作ですよ 4も作ってここまで面白いなんて。 無邪気なボニーの元で、再び楽しい日々を満喫していたウッディ達。 絶対に観ないでください。 それも、4公開するから3作品全部観ました!って人じゃなくて、小さい頃からウッディたちと共に成長してきた大人たちに向けて。 配役はイーグル・トイです。 そんなボニーが一転、4ではおもちゃを大切にしないわ、忘れるわ こんなに大切にしない子でしたっけ?ボニーって。 全体的にバランスが安定し、作品として円熟の域に達した『トイ・ストーリー3』では、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞するなど、大きな評価を受けた。 前作「トイ・ストーリー3」でアンディの元から、新しい持ち主ボニーに引き渡されて新しい生活を始めたウッディたちに、新たにフォーキーというおもちゃが加わります。 今作をドラえもんで例えるなら(ドラえもんをウッディ、のび太をアンディで例えます) 「ドラえもんが、のび太が大人になって別れた後、次の子の所に派遣されたのはいいものの、そこの家の人たちから蔑ろに扱われ最終的に四次元ポケット投げ捨てられ、ドラえもん自らロボットの役目も辞め、恋人のミーちゃんとの駆け落ち人生選ぶお話」みたいなもんでしょ。 いや、本当好きな人ごめんなさい。 上手いことだけの人生ではないリアルな離婚、シングルーファザー的視点な物語でも良いし、ジェンダーレスの風潮からBLになっても良い、まさかの人間vsおもちゃ戦争での闇落ちでも良い。 今までのシリーズとの整合性を確かめるなど。 序盤から新しいおもちゃのフォーキーやその他のおもちゃは優遇されていますが、アンディはボニーから冷遇され続けていたためすでに伏線は張られていたと言えますが・・・。 それこそスピンオフだけで十分かなと思いますね。 ただ、それを表現するには、もっとウッディとバズ・ライトイヤー、ウッディと他のおもちゃたちの関係性をたっぷりと描く、または時代設定を大幅に変え、クタクタになったウッディを主人公にするくらいのことをしないと表現として弱いかなと思いました。 クルーの中には、 『トイ・ストーリー』が人生初の映画だった人もいるんです。 しかし、彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう。 だってウッディが自ら選択したんだよ!?人生を! ものすごい成長ですよね。 それは別にしてもシリーズのタブーを犯し過ぎてて『トイストーリー』としての許せない。 だけど信じてください、これは私たちに必要な物語でした。 けどね、ずっとずっと一緒に歩んできて子育てしながら観続けてきた作品の期待していたエンディングが こんな呆気ないエンディング?こんな終わり方ってある?って怒りを通り越し哀しみしかありませんでした。 点数では5点満点で3点半くらいでしょう。 1作目トイストーリーの続編としてはもうこの作品に敵うものはない。 ウッディ、ボー、フォーキー、ギャビー・ギャビー達はバズ達と遊園地のメリーゴーランドで落ち合うことになっていて急いで向かいます。 でも、認めたくないというか、皆ひとつになって終わってくれという気持ちを捨てられませんでした。 それが今作である CMなどでも、今作が一番面白いと唐沢寿明と、所ジョージが大きく評価されていた。 他にも、ボニーの父親がウッディを2回踏みつけるなど、過去の3作品と比べてウッディへの扱いがかなり雑になっています。 チョコプラは大抜擢だけど今後声優の仕事増えそう、特に松尾。 良かったですよー泣きました 批判してる人はトイストーリー3に思い入れが強いひとが多いみたいです。 進展はあるか!?ラブロマンス と言えば、おもちゃと人間の絆を描いた友情物語であると思っている人も少なくないだろう。 絶対面白いの分かってたけど、やっぱ、面白かった。 全シリーズを通してウッディがしてきた選択は 常に「誰かのため」でしたが、 ラストでは初めて「自分のため」の選択をしました。 ボニー、「ウッディを大切にする」と言ったアンディとの約束を破る トイ・ストーリー3での最高のエンディングと言ってもいい、あの感動シーン。 1作目『トイ・ストーリー』が公開された1995年(日本では1996年公開)から24年という時を経ての第4作となる本作は、現在IMDbでは8. 彼の書いた脚本は4分の3が書き直しとなりました。 トイ・ストーリー4見ました、何回も泣いたし良かったけど腑に落ちない部分もある。 この結末を受け、「納得できない」と語る日本のファンも少なくない。 君ね一作目でねバズにお前はおもちゃだていってんの。 与えられた役目を果たす事が幸せか、自分のやりたい事をやるのが幸せか… オモチャの物語を越え、観客に問う。 思い切った挑戦ではあるが、シリーズの精神がポリコレで理論武装した意識高い大人になったようで寂しくもある。 今までのシリーズだったら、このシーンは再現できなかったね。 CGによる表現がアニメーションの主流になりつつあるいま、世界初の長編アニメーションである、ディズニークラシック『白雪姫』(1937年)と同様に、それはアニメーションの変革を象徴する重要な作品となったといえるだろう。 最後にウッディは、驚くべき決断をする……。 例えば、トイストーリー4には、同性愛者の描写がアメリカの一部で問題とされるということがありました。 パロディ映画だ。 ファンだからこそ受け入れられないってこともありますよね。 それぞれに見せ場が用意されており、ちりばめられたギャグを楽しむことができれば面白いし笑えて感動することができるようです。 トイストーリー4 見に行ってきました 感想を一言で言えば良くない作品でした。 女子高校生の遥は、父親と喧嘩したことをきっかけに祖母が暮らす街へとやってくる。 キアヌ・リーブス演じるデューク・カブーンも最高。 トイ・ストーリー4のあらすじ(ネタバレなし) 長年、持ち主アンディの元で仲間のおもちゃ達と共に楽しい日々を送ってきたカウボーイ人形、ウッディ。 終わり方に納得しきれない、けどここまで夢を見させてくれた歴史に感謝。 笑笑 昨日字幕観てきました praying 字幕と吹き替えのニュアンスはさほど変わらなかったです praying でも2回目なので、色々納得しました。 「悲しみ」「疑問」が残り、なんとも言えない微妙な心境になりました。 シリーズファンならば、こんなエンディング納得出来ないと思うぞ。 正直、私はラストの展開は否定的です。 私もトイストーリーと共に大人になった アンディ世代です。 ラストシーンがこの映画の全てです。 その奇天烈な発明から周囲から疎まれていたフリック。 もはやボニーの元でも役目を終えたウッディは ボーと再会して、世界の広さを知る。 まぁ、続編が公開されれば観るけどさ 笑 まとめ ちょっと熱く語り過ぎました 笑 『アベンジャーズ エンドゲーム』を観た時以上に心揺さぶられる作品でございました! もう一度みたいかと言われると「もういいや」ってなるけど。 近年、色々な漫画、アニメが完結している。 この映画で、ウッディは子供のために何ができるのかを見せています。 一応ストーリーとして筋は通っていたし、メッセージも分からなくはないけど、トイストーリーとしてやる必要は果たしてあったのかとは思った。 この背景は、「ジョン・ラセターのセクハラ問題、そしてピクサー社が男性優位の会社であることの返上として描かれた」というが噂としてまことしやかに囁かれています。

Next|Next|Next