ひまわり と 子犬 の 7 日間

ソナーポケット、新曲「花」が映画『ひまわりと子犬の7日間』主題歌に

ひまわり と 子犬 の 7 日間

ぼくたちは、奇跡を起こす。 というか、序盤の作り方はそっくりでした。 それを聞いた美里はショックを受け、彰司に対して心を閉ざしてしまうのでした。 ところが今作の主人公である神崎彰司は、保健所の真実を否応なく突きつけられることになった娘の神崎里美とのやり取りを経て、本来ならば捕獲から7日後の2月14日には殺処分をしなければならないところを、自分が保健所を管理できる1ヶ月間の期限一杯(2月28日)まで無断で延長し、何とか雌犬と子犬「全て」を助けようとするんですよね。 家族家族といいながら、所詮ペットだから。 」 山田洋次監督は、若いころ先輩にそう云われたことが忘れられないという。 しかし、母親犬は黒い大きな犬から我が子を守るべく争いになり、体格の違いもあってそのまま他界してしまいます。 すると子供たちが「抱きしめればいい」とアドバイスします。 本当に沢山の幸せな時間をもらってきました。 母犬が威嚇するのを見て、里沙は殺さないでほしいと頼みます。 つまり引き取る相手が誰であろうと、 ひまわりが人間に懐いた 噛まない ことを自身で証明できなければ、 あそこで、殺処分されていたのだ。 逃げるようにその場を去った柴犬は住む場所を失い、やがて野生化してしまうのでした。 監督は、20年にわたり山田洋次監督作の共同脚本、助監督をつとめてきた平松恵美子が務める。 しかし学校で里親探しを手伝っていた美里は父の仕事について疑問を持つようになり、彰司は美里に分かるように自分の仕事のことを話します。 ひまわりと子犬の7日間のネタバレあらすじ:命の期限 子供たちには自分の仕事を詳しく説明していない神崎。 人間がこいつを野良犬にしてしまったとよ」と言い切ったのだろう。 (実際、聞いたことがあるが、答えは濁された。 このひまわりという犬の話は実話で、産まれたばかりの子供と 一緒にこの保健所に保護されていた期間に起こった奇跡だそうだ。 『ちいさなしあわせ 育てよう』をモットーに。 しかしそんな時、おばあさんが亡くなってしまいます。 いざ!笑顔の連鎖! C 2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会 映画『ひまわりと子犬の7日間』 原案:「奇跡の母子犬」(山下由美著 PHP研究所刊) 監督・脚本:平松恵美子 出演:堺 雅人、中谷美紀、でんでん、若林正恭(オードリー)、吉行和子、夏八木勲、檀れい、小林稔侍、草村礼子、左時枝ほか 企画・配給:松竹株式会社 C 2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会 2013年3月9日(土)宮崎先行ロードショー 2013年3月16日(土)全国感動のロードショー 作品ストーリー 信じる心を失った母犬との出会い。 繋いでおかなかった飼い主の罪は、その犬に着せられて殺処分。 ) 堺雅人演じる保健所職員神崎は、殺処分の期限が近付いている生き物の新たな貰い手を探し、奔走する。 …は無いけど、母犬と真っ正面から心で向き合う穏やかな好演。 豪華な出演者の中でも、やはり一番の主役は、母犬だろう。 人間に対して敵意剥き出しにする表情、元の飼い主と離れなければならない悲しげな表情、少しずつ神崎に心を開いていく表情…名演! 」(11)など。 『ひまわりと子犬の7日間』(2013年)配給:松竹 より引用 名前 ひまわり 犬種 柴犬 俳優犬 イチ 本作の主人公である柴犬「ひまわり」。 また、衰弱した猿の最期についての話にはウルっときてしまい、ペットの気持ちにもならないといけないと教えてくれるのです。 映画の中では数千頭って言ってたけどこの映画みたいに特定の犬に感情移入してのめり込むのは協調できないのでした…。 「里親が見つかりそうな犬の収容期間を延長しているだけ」と主張する神崎ですが、エサ代などがかかるため、市民から苦情が出ると上司から叱責されました。 主題歌 ソナーポケット 「花」 詞:Sonar Pocket 曲:Sonar Pocket , KAY (徳間ジャパンコミュニケーションズ) 発売未定. ひまわりの心を開かせようと奮闘する主人公の彰司役には、『武士の家計簿』『ツレがうつになりまして。 母犬は近寄る人すべてに激しく吠え、懸命に子犬を守ろうとしていた。 結局、母犬と子犬は捕らえられ、保健所に送られました。 そんなある日のこと、一匹の野良犬を捕まえて欲しいと通報があります。 今作のことは公開前のTV番組と、原作者のブログで知った。 主演は堺雅人、ヒロインに中谷美紀。 僕らは3人共、実家で犬を飼っているので、感情移入せずにはいられず、犬と人間の家族愛に終始感動しっぱなしでした。 引き取り手が犬に対して愛情を持ち、環境も良好かどうかチェックされる。 子犬だった犬はいつしか母親と同じ大きさになり、立派な犬となりました。 動物の殺処分をする神崎は、自分の手で動物を殺していることに心痛めます。 2007年宮崎、二人の子供を持つ父親・神崎 堺雅人 は、五年前に妻を亡くし、今は保健所の職員として働いています。 よくわからないけど、保健所に保護される犬は相当な数のはず。 すると里沙が母犬に「ひまわり」と名前を付け、「母子犬は自分たち家族なので救ってほしい」と、もう一度里沙は頼みます。 「どんな動物にも、生きてきた歴史がある」。 そんな人間に飼われたくないのに、 運の悪い 彼らは大枚はたいて買われていく。 であるので、軽々な事は言えないが、この映画を観ると様々な事情で手放し、果ては殺処分というケースが如何に多いかが分かる。 スターチャンネルWEBサイト内に掲載中の情報・写真・映像等を、権利者の許可なく使用、加工、複製、アップロード、ダウンロード、転載、転送、その他の不正使用をすることを固く禁じます。 ペットを飼う理由は、人それぞれだろう。 ちなみに映画の舞台である宮崎県では1000匹超えてるみたいです。 放し飼いされた大型犬が人間を噛んだ、という事件。 さらに、吉行和子、でんでん、夏八木勲、草村礼子、檀れい、小林稔侍など、数々の映画賞に輝く実力派俳優、映画初出演となるオードリーの若林正恭ら豪華キャストが集結している。 飼えなくなったペット達がどういった最後を迎えるのか。 でも愛しさは変わらないよ、家族だから いい話はいい話なんですけど…手放しでは納得できない内容かも…。 驚きです。 それだけでなく、保健所のエサ代も国民の税金から支出されているので、下手に犬猫を生かし続けると「税金の無駄」と保健所が世間から叩かれるという問題もあるわけなのでした。 映画の完成度は個人的に普通だけど、多くの人に知ってほしい現実。 主な出演作は、「菊次郎の夏」「御法度」(99)、「新・雪国」(01)、「ナースのお仕事 ザ・ムービー」(02)、「透光の樹」(04)、「佐賀のがばいばあちゃん」「地下鉄(メトロ)に乗って」(06)、「監督・ばんざい!」「舞妓 Haaaan! 映画全体が落ち着くから。 それを知った神崎は、母犬と子犬一緒でなければ意味がないと、子犬を保健所に連れ戻します。 失意の中で数日かけてようやく家に戻ってきた雌犬が見たのは、飼い主に家を委ねられた近親者の意向?によって家の家財道具が次々と運ばれていく光景でした。 ニューシングル「キミ記念日~生まれて来てくれてアリガトウ。 以上、映画「ひまわりと子犬の7日間」のあらすじと結末でした。 だから、家の前を流れる玉川上水沿いに犬の散歩をしている人を見ると羨ましくなる。 ひまわりと子犬の7日間の結末:命を救う決意 あと一日に迫った中、神崎は上司から母犬を処分するよう忠告されました。 2013年03月28日 木 00時28分 受信 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- オリンピック開催地、どこになるのでしょうか。 ある時、長女・里沙は、保健所に預けられた犬を飼わないか友人に勧めます。 というか、序盤の作り方はそっくりでした。 > <2013年4月14日 劇場にて鑑賞> シングルファーザーの保健所職員・神崎は、野良の母子犬を保護する。人間に対して敵意剥き出しの母犬の心を開き、里親探しに奔走する…。 宮崎県の保健所であった実話を元にした動物ドラマ。 よくあるベタなワンちゃん映画かなと思ったら、なかなかの好編。 まず、母犬が神崎と出会うまでの経緯が描かれた冒頭。 動物モノに弱い方なら号泣する事必至! 「明日からもまた頑張らなきゃ!」自然とそう思わせてくれます。 せつないし応援したくなる内容ではあった。 』『鍵泥棒のメソッド』など数々の作品に出演している堺雅人。 犬だけで毎日軽く100頭以上が殺されているのだから、ここに描かれているのは些細なことである。 堺雅人演ずる保健所職員は犬への愛情もさることながら、一つの小さな生命にも歴史があると、犬の様子を見て悟る。 …は無いけど、母犬と真っ正面から心で向き合う穏やかな好演。 豪華な出演者の中でも、やはり一番の主役は、母犬だろう。 人間に対して敵意剥き出しにする表情、元の飼い主と離れなければならない悲しげな表情、少しずつ神崎に心を開いていく表情…名演! と見下している人間が いかに多いかを思い知らされた。 保健所で里親探しと殺処分の両方の仕事をしなければならいお父さん(堺雅人)と里親探しを手伝ってあげる小学生の長女を軸にお話は進みます。 2013年03月18日 月 14時34分 受信 from パピとママ映画のblog 宮崎県の中央動物保護管理所で起こった実話をもとに、犬の親子と管理所職員の絆を描いたドラマ。 『ひまわりと子犬の7日間』 c 2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』『ビッグ・リトル・ライズ』『KIZU-傷-』『DEUCE/ポルノストリート in NY』 c 2019 Home Box Office, Inc. 槍瀬ない気持ちになるが、これが現在の日本で起こっている事実なのであろう。 この映画の冒頭で、飼い主のおばあさんが亡くなり、おじいさんも歳で老人ホームに入る時、必死でどうにか追いかけようとする犬の姿は、ただただ悲しいのです。 あと、 若林が結構いい味出してました。 だから私にとっては平凡な内容だったが、でもまあここで描きたいのは必ずしもそういうことばかりではないのだろう。 いずれも、問題が多いですねぇ。 保健所に連れてこられた犬が、殺処分されてしまう現実に、 ちょっぴり気が重たくなったが、里親が見つからない限り、 殺されてしまう犬の気持ちはどんなものなのだろうか、と 考えたら、胸が締め付けられた。 捕まえようとすると、母犬は子犬を守ろうと激しく威嚇します。 なんてよく言えると思う。 この映画を観てくれる人達にも笑顔が溢れるような、そんな素敵な主題歌に仕上がったと思っています。 ペットを飼う理由は、人それぞれだろう。 特に子供と一緒に観るにはいい。 『ひまわりと子犬の7日間』を観て思うこと こんな辛すぎる現実は、早くなくなってほしい… それに尽きます。 引き渡す人々、受け取る人々、皆表情が硬い。 その後、犬たちの引き取り手は現れず、殺処分となる期限日の前日、管理所に子供たちを連れて行く神崎。 もちろん、彼らが母親犬を助けようとした行為自体は、それで他者に危害が加わるのでなければ何ら責められる筋合いのものではないのですけどね。 可愛い子だって歳をとる。 やがて、自然の中で強く生き抜き、子犬を授かった。 腰掛役のオードリー若林が本人の印象を生かした役柄で意外にも適役。 里親探しに奔走する職員の神崎(堺雅人)は、なんとか母犬の心をひらかせようと奮闘するが、なかなかうまくいかない。 テレビでは保護された動物を引き取ってもらえるよう紹介する番組がある。 だからこそ、動物の殺処分問題は難しいのですし、作中の登場人物達も大いに頭を悩ませることになるわけです。 この問題の結論は見えない。 しかし家族に見放された老犬には、それが下される。 動物の虐待や飼い主の義務や死んでいく動物といった、人と動物を取り巻く状況に関心を示してもらうには、こういう話を一つ一つ紹介していくのがいい。 動物も大切な命なんだよ。 そして、人に心を閉ざしてしまったその犬に、「ひまわり」と名付けたー。 今作の冒頭では、物語の中で大きく取り上げられ、終盤近くで「ひまわり」と名付けられることになる一匹の雌犬の前半生が、登場人物の肉声が一言も発せられることなく語られていきます。 しかし、保健所に保護された犬の「命の期限日」は7日間。 母犬を野良犬に殺され、飼い主のおばあさんをなくし、おじいさんとも離れ、住んでいた家も取り壊されるという不遇な運命を辿り、野良犬となりました。 美久がホームページで母子犬のことを載せると、引き取りたいという人が現れたのでした。 そんな中で保健所に出向する日々を続けていた最中の2月7日、神崎彰司と佐々木一也は、野良犬が畑を荒らしているという農家からの依頼で、同じ職員である安岡と3人で野良犬捕獲に乗り出すことになります。 もし、動物の新しい飼い主が見つからなければ、動物は殺処分しなければならず、神崎はその現実に心を痛めています。 と思うかもしれないが、作中でも説明があった通り、 子供を守るために人間に懐かなかったひまわり 母犬 に対して、 規則では譲渡を固く禁じている。 」を彷彿とさせる、大切な人を見守り、包み込むような暖かさ溢れる大きな愛の歌に仕上がっている。 俺、それ知らなかった…。 ビーガンになるほど徹底して思い詰めている訳ではない。 乳離れ前の子供と一緒に 子供を取り上げられてなるものか!と踏ん張る母心と、 自分だって楽になりたい、人間に愛されたい!と願う犬の本望が、 寸でのところで彼らの死を回避させたのである。 ニューシングル「キミ記念日~生まれて来てくれてアリガトウ。 その子犬は体が小さく育たないと言われていたものの、おばあさんの献身的な世話もあり、子犬から大人の柴犬へと成長していきます。 そこで彼らは、生まれて1~2ヶ月程度とおぼしき3匹の子犬と、子犬を必死になって守ろうとする母親犬に出会うこととなるのですが……。 匍匐前進、涙を感じて見上げる表情… 犬の気持ちを代弁すると、すべてが彼女の演技に込められているはず。 ただ今作は、むしろ本当にペットのことについて真剣に考えられる人こそが観賞すべきなのではないか、と私はそう考えますね。 東京都出身。 犬だけで毎日軽く100頭以上が殺されているのだから、ここに描かれているのは些細なことである。 ある冬の寒い日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容される。 ただ一匹、老夫婦の家に残った雌犬は、老夫婦の愛情を一身に受け、健やかに成長していきます。 撮影当時すでに重病に苦しんでいたひまわりが、 最期の最期の最期まで彼に伴われていたことは、嬉しくて堪らない。 映画の完成度は個人的に普通だけど、多くの人に知ってほしい現実。 母犬は他の犬に噛まれて死んでしまい、一人ぼっちになった子犬をかわいがる老夫婦。 各地でこういった保護施設が 開設されているらしいので、もし犬を飼いたいと思っているとしたら 是非そういった施設をまず覗いてもらえれば、と思う。 乳離れ前の子供と一緒に 子供を取り上げられてなるものか!と踏ん張る母心と、 自分だって楽になりたい、人間に愛されたい!と願う犬の本望が、 寸でのところで彼らの死を回避させたのである。 そんな中、寒さにより3匹いた子犬のうちの1匹が死んでしまいます。 小さなお子さんから大人まで幅広い客層だ。 同じ動物園の飼育員仲間という関係で知り合い結ばれた妻・神崎千夏を、5年前の交通事故で失った2児の父親でもあります。 この映画はそんなことについて、考えるキッカケをくれるでしょう。 この楽曲は『ひまわりと子犬の7日間』の為に書き下ろされたもので、彼らのヒットシングル「世界で一番ステキな君へ。 でもいつしか2人はいなくなり、人の愛を失い、ひとりぼっちになってしまった。 それが現実である。 結局、母犬と子犬は捕らえられ、保健所に送られました。 こういったことに悩み、つまづきながらもなんとか生きてきた一人として、日々自分にも出来ることをしていきたい。 あとね、タイトルの7日間ってのは偽りがあります・・・ 命の重さに軽重はないと、訳知り顔で言う方々がいらっしゃるが、ではその命の中にはペットの犬、猫も含まれるのですか?と、聞いてみたい。 引っ越しや飼い主の老齢化による不可避の問題もあるし、可愛いから飼うという単純な動機に加えて責任も伴ってくることを忘れてはならないと痛感させられた。 2013-03-20 by 実話をもとにしているんです。 特に子供と一緒に観るにはいい。 なお、ソナーポケットが歌う主題歌「花」のリリースは現時点では未定とのこと。 だが、少しでも自分勝手な飼い主を減らすため、日本でも厳しい義務付けを導入してほしい。 心ない人間が手放した罪で、彼らが こんなことになるのなら、彼らを救えるのは もちろん一番は飼い主 のモラルだが 心ある人間でしかない。 いや、そもそも殺処分されるという現実。 極端な話、犬を人間に置き換えたら、どんなに恐ろしい話だろう。 無論、そうさぜるを得ない理由があるのは分かる。 でも、規則、規則、規則…。 人間の勝手で奪われる尊い命。 人間一人に語られるドラマがあるように、犬一匹にも語られるドラマがある。 主人公・神崎に堺雅人。 理不尽な保健所に倍返し! 今は亡き、動物園で知り合った妻の台詞らしい。 保健所の現実を否応なく突きつけられもしますし。 しかしながら、最終候補地の三都市。 あくまで、人間の命だそうである。 でなければ、一連の問題は「子犬だけ引き取って母親を殺処分する」という方向に安易な決着で落ち着いた可能性が高かったわけですし。 もちろん、すべての犬がこんな風に救われているわけではない。 20年にわたり山田洋次監督作の共同脚本、助監督をつとめてきた平松恵美子が監督を務めている。 見ていて目頭が熱くなった。 単なる犬と人間のじゃれあい映画じゃないのが本作。 主人公が保健所職員故、その現実問題が描かれるのも大きなポイント。 保護された犬の猶予期間は7日間。里親が見付からぬ場合、殺処分される。 …7日間って一体何だ? だが、平松監督がこの映画を通じて問いかけてくる思いは良く分かった。 職員の家族の心情や、犬の歩んできた道も丁寧に描かれていて、大好きな優しい瞳の堺雅人さんはじめキャストの方の演技も犬の表情も見事で、. 引き渡す人々、受け取る人々、皆表情が硬い。 必ず家族の関係を仕掛けとして入れておけ。 この7日間の間に保健所は里親を募集し、里親が見つかれば晴れてその犬は引き取られることになるのですが、もし見つからない場合は殺処分ということになるわけです。 そしてもちろんひまわり役の毛がまばらな痩せた母犬もね。 彼らは何のためにこの世に 生を受けるのだろう。 主人公・彰司は、人の愛を失った犬の心に近づこうと懸命に語り掛ける。 たった7日間で生死が決まるなんて。 今まで幸せだったよ・・・と、『いぬのえいが』の一遍『ねぇ、マリモ』を思い出してしまいました。 その子犬は体が小さく育たないと言われていたものの、おばあさんの献身的な世話もあり、子犬から大人の柴犬へと成長していきます。 でも愛しさは変わらないよ、家族だから いい話はいい話なんですけど…手放しでは納得できない内容かも…。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「ひまわりと子犬の7日間」 平松恵美子監督 から。 神崎は母子とも引き取ることを決意。 映画が終わった時にはすごく笑顔で前向きな気分になれます。 と思うかもしれないが、作中でも説明があった通り、 子供を守るために人間に懐かなかったひまわり 母犬 に対して、 規則では譲渡を固く禁じている。 保健所に連れてこられたその犬は、自分の子犬から人を寄せ付けないようにしていた。 今は亡き、動物園で知り合った妻の台詞らしい。 今作で大きな問題となっているのは、単に「犬を助けたい」ということではなく、「人間不信に陥り威嚇してばかりいる心を閉ざした母親犬」をも「子犬と一緒に」助けようとする点にあったりします。 神崎はどうすれば母犬が心を開いてくれるのか悩みました。 神崎彰司が保健所の保護管理を行っている間だけ、犬猫へのエサ代が急増していると。 2013年03月19日 火 22時18分 受信 from 象のロケット 2007年、宮崎。 一方で、犬に限らず動物の母性本能というのは人間と異なり、自分の子供について結構割り切っているところがあったりしますからねぇ。 そんな現実に向き合う仕事をされている方々。 柴犬の世話を知り合いに託したおじいさんですが、犬は去って行くおじいさんの車に向かっていつまでも吠え続けるのでした。 そんな人間に飼われたくないのに、 運の悪い 彼らは大枚はたいて買われていく。 1.全ての飼い主に犬税義務付けと登録、犬にはIDチップ埋め込み 2.犬の対人傷害保険の義務付け これはドイツのやり方で、街中でも田舎でも野良犬や野良猫はまずいない。 母犬は、子犬を守るため狂暴化しており、飼ってくれる人を探すのは困難そうです。 犬も人間と 同じで互いの相性があるから 爆 まずはお互いを知るところから… ここまで書いて思うのは、やはり冒頭の飼い主だったおじいさん、 誰かにキッチリと犬を引き渡してから、施設に入るべきだったのだ。 でも、見たくなるんだよなぁ、不思議なことに。 また、衰弱した猿の最期についての話にはウルっときてしまい、ペットの気持ちにもならないといけないと教えてくれるのです。 原作者の方も、まさかこういう結果になるとはと驚き、もうダメだ~ と諦めた自分を恥じた。 せつないし応援したくなる内容ではあった。 それでも旅行中ペットを置き去りにする飼い主がなくなるわけではない。 そしてもちろんひまわり役の毛がまばらな痩せた母犬もね。 生まれて間もない子犬だけならば引き取り手もたくさんいたでしょうが、神崎父子は「子犬だけでなく母親犬も一緒でなければならない」と考えるわけですね。 自分がそうされる未来を覚悟しておけよ、といいたい。 処分の日、子犬だけは引き取ることに決めた神崎は母犬に謝ります。 この楽曲は『ひまわりと子犬の7日間』の為に書き下ろされたもので、彼らのヒットシングル「世界で一番ステキな君へ。 彰司の家族は動物好きで里親として犬を2匹飼っていますが、彰司はそんな自分が殺処分を担当していることを子どもたちに打ち明けることができませんでした。 ここでは夏八木勲の姿に涙できます。 それにその犬をどうしても助けたいならば、変に上司ともめたりしないで最初から本人が引き取れば良かったのではないかと観ている間ずっと思っていた。 そこで保健所の職員と出会い本作が始まります。 結果、神崎彰司は犬猫の余計な延命はしないと約束させられることになります。 それが現実である。 そんなある日のこと、一匹の野良犬を捕まえて欲しいと通報があります。 その後はおじいさんとともに暮らしていましたが、やがておじいさんも老人ホームへ入居することが決まり、犬を連れていくことができなくなってしまいます。 保健所で毎年10万単位で動物が殺処分されている事実も、それを回避すべく犬や猫を引き取る里親の存在も「ごくありふれた話」ですし、保健所の人間が犬猫を可哀想と引き取る光景も稀有とは言い難いものがあるでしょう。 ひまわりと子犬の7日間のネタバレあらすじ:命の期限 子供たちには自分の仕事を詳しく説明していない神崎。 福岡県出身。 各地でこういった保護施設が 開設されているらしいので、もし犬を飼いたいと思っているとしたら 是非そういった施設をまず覗いてもらえれば、と思う。 一々感傷に浸っていては、与えられた業務に支障を来すので、溢れ出る感情を無理やり押し殺しているのであろう。 しかし収容期間まであと3日となった日、子犬に触れた神崎に怒った母犬が神崎の腕を噛んでしまいます。 しかし収容期間まであと3日となった日、子犬に触れた神崎に怒った母犬が神崎の腕を噛んでしまいます。 腰掛役のオードリー若林が本人の印象を生かした役柄で意外にも適役。 飼い主の見つからない動物の対応に奔走する神崎。 原作者の方も、まさかこういう結果になるとはと驚き、もうダメだ~ と諦めた自分を恥じた。 ぼくたちは、奇跡を起こす。 映画『ひまわりと子犬の7日間』は、2007年に宮崎県で起こった実話をもとに、『武士の一分』『母べえ』『おとうと』のスタッフが映画化。 今作で「奇跡」と呼ばれる要素があるとすれば、それは「心を閉ざした母親犬が全くの他人に心を開いた」という事実のみにあるのであって、それ以上でも以外でもないのですから。 少しでも助かる命を増やしたいというのが、心優しい神崎の願いです。 作中にもブログにも名前も顔も出されていなかった 堺雅人が演じた その職員さんの素顔と名前がTV番組では紹介されていた。 ペット達にも幸せだったと思って欲しい。

Next|Next|Next