コロナ bcg 日本

日本ビーシージー製造株式会社 Japan BCG Laboratory

コロナ bcg 日本

風邪薬って、症状を軽くはできても、治癒する薬はないんです。 この研究ではまず、BCG接種を受けた健常人血液から単球を分離し、ヒストンの アセチル化を全ゲノムレベルで調べ、一回のBCG接種で、単球のエピジェネティック状態が 大きく変化し、特にサイトカインや様々な増殖因子を分泌する方向にプログラムが 変わっていることを示しています。 遺伝子変異 宮坂名誉教授が続ける。 そして今目の前にあるのは新型コロナウイルス問題です。 新型コロナウイルスの現状に対して泌尿器科専門医の立場から発信するべきなのかなと思いこの記事を書かせて頂かことにしました。 強制措置もなしに緊急事態宣言も解除が近い、なぜ日本は悲惨な欧米のようにならないのか、「ジャパニーズ・ミラクル」と言われたりして海外メディアも不思議でならないようですが、守護神BCG日本株の存在は意外に見落とされていると思います。 しかし、結核罹患率の減少に伴い定期接種を行なわなくなった米国、スペイン、フランス、イタリアなどでは新型コロナが猛威を振るっている。 母子手帳には今まで接種した予防接種の一覧が掲載されているはず。 先週土日が正念場みたいな空気だったけど、むしろ感染者増えてるしここからが始まりだよな…。 それにも関わらずこの死亡者数の差が出ているのには何か理由があるはずです。 新型コロナは昨年末から日本に上陸していた? 第1の説明は、これから感染爆発が起こって、他の国と同じようになるということだ。 半年後に結果が出るようです。 すさまじい勢いで様々な可能性が提案され、研究から臨床への時間差もほとんどないことを知って、今回のコロナウイルスパンデミックが、医学と一般の人との関係を確実に変えるという実感を持った。 欧州でBCGはデンマーク株が主流で、これには対新型コロナ抑制効果は無いようです。 これを見ると、日本株と旧ソ連株は同様であり、デンマーク株では種々の構成成分が欠けていました」 スライド3(注・コペンハーゲン株はデンマーク株、東京株は日本株とおそらく同一。 あわせて読みたい• これが政府の公式の立場であり、そういうリスクを警戒することは必要である。 松本 大 マネックス証券 取締役会長 1963年埼玉県生まれ。 株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。 ですから医学的には「確認されていない」という結論に現時点ではなります。 2004年にはマネックスグループ株式会社を設立し、以来CEOを務める。 引用記事:共同通信 結核を予防するBCGワクチンがコロナウイルスの予防になるかもしれないというニュース。 7日くらい早くおさまる、という結果です。 それにも関わらず、感染者数も死亡率も欧米より低いのは大いなる謎だと見られています。 フランスは2007年という比較的最近までBCGワクチン接種を行ってきました。 そりゃそうですよね…別の病気のために作られたBCGワクチンですから、新型コロナウイルスのワクチンになってしまったらビックりです。 ロシア株はインドやブルガリアのメーカーを通じていくつかの国に渡っています。 これが医学者の視点であり立場であり、当然と言えるでしょう。 全然関係ない話ですが、川崎病という怖い病気に乳児がかかったかどうかが、BCGの跡が赤くなることで分かるんですけど…BCGがコロナにも有効だったら凄いですね。 日本株と旧ソ連株は他の株に比べて著しく生菌数が高いのですが、結核菌に対する免疫応答誘導能力は他の株と大きくは変わりませんでした」 スライド4(宮坂氏提供) 「生菌数が多いということは、これらの株中の菌が免疫刺激物質を含んでいれば、生菌数が多いほど免疫刺激能力が高くなる可能性を示します」 「 スライド5は、ワクチン接種は自然免疫を刺激するとともに獲得免疫を刺激することを示していますが、BCGは自然免疫の強力な刺激物質です」 スライド5(宮坂氏提供) 「また、獲得免疫は自然免疫が強化されると動きやすくなり、そこに特異抗原が存在すると、特異的な獲得免疫が始動しやすくなるということを考えると、BCGが自然免疫だけでなく、ウイルス抗原存在下では獲得免疫も動かした可能性があります」 相関関係の落とし穴 「 スライド6では、各国のチョコレートの消費量とノーベル賞受賞者の数は一見比例することを上の図に示しています。 きわめて興味深い仮説ですが、これらの国々ではBCGワクチン接種以外にもさまざまな要因が異なります。 今後、疫学的調査が行われ、さらに作用機序などの解明が必要です。 新型コロナの場合、ダイヤモンド・プリンセス以外の国内で最初の死者が出たのは2月中旬だから、2週間の潜伏期間を考えると、昨年末までには新型コロナウイルスが国内に入っていた可能性がある。 人感にして、人の目には照射しないようにもできそう。 スライド6のメッセージと同じですが、このようなことを考慮すると、BCGの効果についても慎重な検討が必要だと思います」 スライド7(宮坂氏提供) 「BCGの広範な投与を続けている国では新型コロナウイルスの人口100万人当たりの死亡率は低く、これらの国で用いられている日本株、旧ソ連株は結核に対する免疫誘導能力は同等であるものの、含まれている生菌数が非常に多いことがわかりました」 「これが単なる相関か、それとも因果関係があることなのかは、今後の検討が必要です。 流行しているウイルスのタイプが異なっているかもしれません。 第2の可能な答は、 日本人の多くがすでに免疫をもっているということだ。 あるいは、花粉症などのアレルギー疾患や結核以外の感染症にも予防的に働くという研究もあります。 当院は消化器科専門医、泌尿器科専門医による診療を行なっているクリニックです。 日本では、あと2週間で潜在的なBCG効果がわかります。 BCGの目的は、乳幼児の結核性髄膜炎と粟粒結核を予防することにあります。 トロント大学の免疫学者はワクチンがコロナウイルスの個人への影響を弱める可能性を示唆。 世界で年1040万人が結核になり、140万人が死亡。 訳が分からない新型コロナワクチンを各種開発してむやみに試す前に、BCG日本株を量産して世界中で接種する方が賢い気がします。 しかし、コッホ現象が起きると、接種後2~3日でこういった症状が見られます」(同) コッホ現象は一種のアレルギー反応で、命にかかわるような重篤な症状に進行することはないといわれているが、このような症状が発現した場合には、速やかに医療機関を受診してほしい。 医師となり普段、BCGにまったく触れることがないと忘れてしまう医師もいるのかもしれません。 日本株限定の効果の可能性ありとも。 囁かれたBCG接種の対新型コロナ免疫効果が、日本株で歴然と効いていると数字に現れました。 一つの可能性は、このことの妥当性を臨床試験で調べることですが、それには非常に長い時間がかかると思われます」 「それは新型コロナウイルスの罹患頻度は多くても1000人に2人程度であるために、1000人ずつBCG投与群、プラセボ(偽薬)投与群を作っても、エンドポイントである新型コロナウイルスの罹患率を統計的に比較するのは極めて困難であるからです」 感染を恐れる一般人が接種を受けられる状況ではない 「BCGは乳幼児用にのみ作られているもので、一度に増産がききません。 今はエルメスみたいな立ち位置の3Mに新品注文しても半年後でも手に入らないのが現実。 感染症の専門家によると、感染症で最初の死者が出るのは、感染が始まってから1カ月以上後だという。 アメリカ合衆国やイタリアではBCGワクチンが定期接種だったことはなく、スペインでは1981年に一律の接種が中止されています。 BCGワクチンの本来の目的は結核の予防で、とくに小児期の重篤な結核に対して有効性が高いとされます。 マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)などを有するグローバルなオンライン金融グループである。 乳児期に1回、小学1年でツベルクリン反応陰性なら2回目、小学2年でツベルクリン反応陰性なら3回目、更に中学生に対して1年生と2年生に対して陰性なら接種と最大5回の接種 2003年:ツベルクリン検査とBCGの再接種を中止(赤ちゃんへのBCG接種は継続) 1949年に30歳未満の方ということは…51年前の話なので、現在の80~81歳の方まではBCG接種を行っていたということでしょうか。 日本では現在の70歳以下の人には、厳しくBCGが行われて、効果判定のツベルクリン反応までして、陽転するまでしっかり打った歴史があります。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界の感染者数は178万人を越え、死者数は10万人を超えた。 しかし、やってみる価値は確かにあると思う。 つまり、現在71歳以下の人はBCGを接種している可能性が高いと考えられる。 何か理由があるはずだとして、京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授は、これを「ファクターX」と呼んでいくつかの仮説を紹介しています。 3%と高いが、これは分母のPCR検査数が少ないからだ。 そして、この予防接種をうけていない とくにアメリカとヨーロッパで深刻化がすすんでいるのです。 従って上記のBCGによる新型コロナウイルス死亡率抑制効果が真実を反映するものであっても、日本が現在持つ有限の量のBCGのことを考えると、新型コロナウイルス予防に転用するのは無理だろうと思われます」 「今後はBCGの代わりに他のアジュバント(免疫増強物質、特に既に一般のワクチンで使われているようなアラム、MF59、AS-03など)、あるいは新規のものが同様の効果を持つか検討が必要だろうと思われます」 「是非、念頭に置いていただきたいのは、各国ではBCGが乳幼児のための貴重な生物学的資源であり、急に大量生産ができるものではないことです」 「つまり、感染を恐れる一般人が続出した場合に、どんどん接種を受けられるような状況ではないのです。 この研究ではまず、BCG接種を受けた健常人血液から単球を分離し、ヒストンのアセチル化を全ゲノムレベルで調べ、 一回のBCG接種で、単球のエピジェネティック状態が大きく変化し、特にサイトカインや様々な増殖因子を分泌する方向にプログラムが変わっている ことを示している。 半期の始まり、去年の10月1日、私はニューヨークにおりました。 何故なら保健所や相談センターに電話すると、軽症なら家で過ごしてくださいと言われるからです。 すなわちBCGが長く持続する 血液の変化を誘導することを示しています。 また、日本ワクチン学会より「新型コロナウイルス感染症( COVID-19)に対する BCGワクチンの効果に関する見解」が示されております。 歴史の長いワクチンで知見が積み重なっていることに加え、生きた菌を使用しており、精製されたワクチンと比べて免疫系の反応が複雑であることが、こうしたさまざまな仮説が生み出される原因だと思います。 BCGが新型コロナに効果がある噂の真相は? BCGは、結核のための予防接種です。 発表によると、これまでの研究ではBCGを使うことで、新型コロナに 似たウイルスに感染した人のウイルス数が減ったという。 WHO(=世界保健機関)は、世界の感染者数が『来週には1000万人を超えるだろう』としています。 それまでは、興味ある相関ではあるものの、科学的には未だ十分なエビデンスがありません」 日本ワクチン学会の見解 4月3日、日本ワクチン学会はを示しています。 2018年にはBCG接種が黄熱ウイルスの感染予防にも一定の効果があることをチームは確認。 接種国ではサウジアラビアの百万人当たり感染者が「1647」と多めですが、これは社会の下支えになる外国人労働者に多発したためでしょう。 BCGワクチンを接種していない国では、新型コロナウイルスによる死亡率が高いという傾向が見えてきた(写真はイメージです) Photo:PIXTA 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。 60%の酒類に分類されるエタノールを冷却使用すること、80%エタノールの常温使用と同等の抗コロナの消毒効果ないか。 他の2カ国はそれより低い水準だ。 しかし、この時点で、ふとテレビを付けると「早期診断してアビガンを飲めば治る」と主張している情報番組御用達の専門家がうつったりして、げんなりさせられる。 この研究では BCGが血液のエピジェネティックを変化させる という仮説を人間で確かめることが目的になっている。 感冒の患者に接する時はN-95マスクが絶対安全。 そこで問題となるのが死亡率だ。 今シーズンは世界的にインフルエンザが大流行し、日本でも昨年末まで史上最高のペース(毎週9万人)だった患者が、年明けには5万人以下に減り、今は毎週2万人である。 日本のコロナ対策』(英ガーディアン)と報じられています。 これは新型コロナに感染した人が、インフルエンザにかからなかったためかもしれない。 まとめ この発表はまだ研究段階ですが、世界で徐々にワクチン開発 にむけて動いていることを示していると思います。 では、中澤さんが言う「きちんとした研究」というのはどういうものだろう。 「すでにBCG接種をしている人や、結核に感染したことがある人が接種すると、副作用が強く出てしまう可能性もあるので、新型コロナ感染症予防のためにBCGを接種することは推奨できません」(同) BCGワクチンが新型コロナウイルスに効果があるのではないかという説についても、冷静に受け止めるべきだと話す。 その要因と最新の研究について解説します。 舶来N-95は鼻の高い顔の小さい人用、外人の顔にフィットする形状なので、日本人用に彫のない人でも平たんにフィットする構造にしてください。 会社を創業した半年とも似たような忙しさでした。 また再接種が効果が無いのは結核に効果が無いのか、コロナウイルスにも効果が無いのかは分かりません。 さはさりながら、科学的な興味もありますし、継続して注目していきたいと思います。 感染者急増して2位になるのに、人口百万人当たり死者が「19」と一桁少ないロシアが疑われています。 中国は戦いのさなかでも、論文を機関銃のように発表して、大丈夫なのかといぶかっていました。 「通常、BCGワクチンは生後11カ月(1歳未満)までに1回接種し、スタンプ方式という接種法により行います。 この答えはBCGによる免疫の賦活化・活性化でした。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 アメリカは大変なことになっています。 「BCGが新型コロナウイルスに効果があるかもしれないといって、今から接種することはお勧めしません。 日本では1949年よりBCGワクチンの接種を義務化してます。 BCGワクチンを大人に対して打つことを推奨しているわけではございません。 私たちの顔や体格が一人一人違うのは、設計図である遺伝子が違うからです。 BCGワクチンの記事内容とは オーストラリア南部メルボルンにある小児医療研究所 「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」 は27日、新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため、 結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を開始すると発表した。 そもそも後述するようにハンコ注射の結核予防効果は15年程度ということですがどうなのでしょうか。 日本ワクチン学会が「コロナBCG有効説」について「科学的に確認されていない」という根拠は、西洋医学が因果関係の研究で成り立っていることに関係すると思われます。 BCGは全世界で毎年1億3000万人の子供に接種されている。 そうした人にとっても接種は希望の光に見えるが、日本医科大特任教授の北村義浩氏は警鐘を鳴らす。 「BCGワクチンの全例接種を実施している国は、そうでない国に比べて新型コロナの感染者数や死亡者数の割合が少ないのではないか」という仮説が、いま世界で真剣に議論されているのだ。 詳しくはをご覧下さい。 もともと BCGで免疫を変化させ、結核だけでなく、ガンや感染症を抑制しようとする試みは大阪大学を中心に我が国で活発に行われた。 しかし、これはあくまで推測であり、今後のさらなる解析が必要です」(同) 日本で国民へのBCG接種が全面的に行われ始めたのは1951年。 アメリカが塀を作って、通せんぼしようとした隣のメキシコは、BCG接種率85%とのことです。 しかし4月1日の専門家会議も認めたように、大都市では局地的に感染が拡大しているが、今のところ欧米のような感染爆発は見られない。 その後、だらだら毎日100人ぐらいの退院と80人ぐらいの入院入所を、1年間繰り返すような感じがします。 メルボルンで数千人規模のコロナに対するワクチンの治験開始。 アフリカはコロナに今のところ、無防備無治療ながらも健闘しています。 更に上記の地図はBCG接種について色分けが行われていて、AがBCGの予防接種が行われている国、Bが以前はBCGの予防接種をしていたものの現在は中止や推奨されていない国、CがBCGの予防接種をしていない国なのですが、イタリアなどの感染爆発と合致しているという声も…。 副反応が出る恐れがありますし、特に高齢者は避けるべきでしょう」 100年の時を経て突如現れた救世主だが、用意されているワクチンの数にも限りはあり、そもそも乳児用のものであることを忘れてはなるまい。 BCGワクチン研究者の橋本達一郎氏の論文に示されているものです。 しかし、それが、何故新型コロナウイルスと関係あると言われているのでしょうか。 これで日本人が安心であるとは、決して云いません。 その他の国では全員接種をしてきた訳ですが、BCGワクチンにもいくつか種類があり、ソビエト株、ブラジル株、そして日本株が有効な模様。 有効期間は約15年とのこと。 日本は結核の中蔓延国で、特に大都市では、東南アジア並みの罹患率ですからBCG接種をやめるわけにはいけません。 ただ、BCGの結核予防効果とコロナへの有効性は関係が無いと今のところは記載があるため、1度でもハンコ注射を打っていれば良いということになれば、60代半ばくらいの世代の方までは有効性があるかもしれませんね! スポンサーリンク BCG(はんこ注射)の効果はいつまで? BCG(はんこ注射)の効果がいつまで続くかも気になりますよね。 日本株接種国は人口百万人当たりの感染者が概ね百~2百人、百万人当たり死者はことごとく一桁で済んでおり、死者で数百にもなる欧米各国と桁が二つ違います。 宮坂氏提供) 「 スライド4は、それぞれのBCG株中に含まれる生菌数と感作能力(結核に対して免疫を誘導する力)の比較データです。 あまりこの件について話しすぎても辟易としてしまう面もありますし、分からないことだらけで仮説を書くのも若干憚られる面もあるのですが、ここ最近興味を持って注目してきた仮説があるので、忘れる前に一回書き留めておこうと思います。 そしてどうやらこの話は医学と経済学それぞれの視点で違う対策が見えてくるようです。 ニューイングランドでもまず患者さんを治して、研究結果はゆっくりという論調の文章もあります。 この仮説があるから外出しても良いということには決してなりません。 高齢者にワクチンをいくつか打ちますが、免疫があたらしく生えてくるのは微妙です。 また行っております。 ワクチンが不足して本来必要な乳児に接種できないなんてことになると本末転倒です。 ただし、ノルウェーは死亡率が低めですが、この国は他の北欧諸国よりも長く広範接種を続けていたようです」 「ポルトガルは、他の欧州諸国と同じデンマーク株を使っていますが、現在も広範なBCG接種を続け、隣のスペイン(同じデンマーク株を以前は使っていたが、現在は広範なBCG接種は中止)と比べると、人口100万人当たりの死亡率はかなり低くなっています」 「以上の結果は、これまでオーストラリア南東部ブリスベン在住のコンサルタント、JUN SATO氏がで示された解析結果を確かに裏付けるものです」 著しく生菌数が高い日本株と旧ソ連株 「 スライド2は効果があると思われる日本株、旧ソ連株の由来を示していますが、両者は共通で、これもJUN SATO氏のホームページに述べられている通りでした」 スライド2(宮坂氏提供) 「 スライド3は、(筆者注・BCGワクチン研究者)戸井田一郎氏が示したBCG亜株の細胞膜構成成分比較です。 統計はロイターまとめを採用し日本株全員接種国を色分けしました。 ヒトに対する毒性のない牛から作られた結核菌を打つことで結核に対する抗体を体内に作るのです。 60代以上のシニアが新型コロナで重症化する例が相次いでいる。 ランダムに振り分けることでBCG接種以外の要因を均等にして、BCG接種の効果だけを評価できます。 するとウイルスの増殖を抑えることができず、重症化してしまう。 「まだBCG接種の効果が本当にあるのかどうか、専門家の間でも評価は定まっていないのが現状です。 何故ならそれらの国は日本と同時期に新型コロナウイルスが入ってきているのです。 豪州生まれの人はBCG打たれたことはありません。 国によって死亡率に差があることから、BCGワクチンの接種が「有効」ではないかという仮説が広まり、一部の国で臨床研究が始まった。 かつては全員接種をしたが、数十年前にやめた国がヨーロッパ(除くポルトガル)とオーストラリアとニュージーランド。 エアロゾルただようならN-95マスク、そうでなければサージカルマスクでいい、というのであるが、全くみえないエアロゾルが、サージカルマスクを通過するのである。 泌尿器科、消化器科、内科でお悩みの方は是非上記リンクか下部のバナーよりご相談下さい。 癌と免疫がイマイチ繋がらないかもしれませんが、初期の癌細胞は白血球が食べて消してくれるのです。 先の結核の雑誌によれば、アフリカのある地域では出産直後にBCG打つようなシステムで、結核王国を徐々に少なくする試みがあったようです。 5月16日の時点では日本人の死亡者数700人弱に対して世界全体での新型コロナウイルスによる死者数は30万人を超えてます。 厚生労働省結核感染症課によると、国内で法律に基づくBCGワクチンの予防接種が始まったのは1951年で、それ以前に生まれた人は予防接種を受けていない可能性が高いという。 BCGワクチンにしても、いつか夢見るコロナの本物のワクチンにしても、有効性は子供から40歳ぐらいまででしょう。 機序として自然免疫の強化や訓練免疫といった新たな知見が唱えられています。 ブラジルのモロー株も古く、少しだけ日本株に似た性質を持ちます。 新型コロナウイルスにBCGワクチン接種は有効か、否か。 当面、極めて興味ある知見ではあるものの、その臨床的検証には多くの時間が必要です」 「一方で、新型コロナウイルス感染症の動物での実験感染モデルが出来てくれば、本件は検証可能です。 医薬品卸に対して、医療機関に納入する前に「乳幼児への定期接種用であること」を確認するよう求めているという。 成人では、接種部位のケロイドのリスクも高まるしいわゆる疑陽性での接種は、局所反応が強くなりますので接種はしません。 医師がBCGワクチン接種に関する基本を知らなかったことは驚きである。 防護服は既に、白いまかないの割烹着すら半そでや八分袖しかなく、あとは販売停止。 ワクチン接種はネットを通じて行うわけにいかないので、外出する必要もあります。 日本は他の国に比べてPCR検査数も少なく、ロックダウンも行わないなど、外出規制も緩かった。 感染者数は新型コロナウイルス陽性者なので、検査数によって大きく異なる可能性がある。 2週間という長い潜伏期間の影響もあり、もしかしたらこれからお亡くなりになる方が異常に増加するのかもしれません。 最近患者様からよく、新型コロナウイルスとBCGワクチンの関係についてどう思うか?や、当クリニックでワクチン摂取ができるのか?と聞かれます。 それは、BCGワクチンが新型コロナウイルスに対する免疫力を高めていて、それが日本での感染を遅らせたり重症者を減らしていると云う説です。 一方、このグループはBCGにこだわっており、その意味で刺激自体を分析することにこだわらない。 下着メーカーに、日本製の急造をお願いしたらどうであろう。 BCGワクチンと泌尿器科の診療は意外にも繋がりがあり、我々泌尿器科医にとってBCGは普段から使用する薬剤です。 これはBCG仮説を支持する証拠です。 私は専門家ではないので、記述に間違いがあるかも知れませんが、要旨は、歴史上BCGの全員接種をしたことのない国はアメリカとカナダとイタリアで、アメリカとイタリアでは事態が深刻化している。 肺結核にかかりやすい持病がある人は従ってコロナもかかりやすいのか。 新型コロナウイルスのワクチン開発には少なくとも2年はかかるため、患者との濃厚接触で感染、重症化するリスクが高い医師や看護婦にBCGワクチンを接種してはどうかという臨床研究が相次いで始まりました。 この状態が続くと、乳幼児への供給に影響を及ぼす」としており、医薬品卸への出荷量を例年並みに抑えるよう調整し始めた。 しかし、ご承知の通り流行は激しいです。 2 仮説 BCGワクチンを接種しているから日本人はコロナに強いのではないか。 BCGワクチンをめぐっては、子どもへの接種の有無が、各国の新型コロナの患者数や重症者数に影響しているのではないかとの仮説を海外の研究チームが提示。 1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックス証券株式会社を設立。 免疫細胞とは、体内にウイルスなどが入ってきた時、それを認識して攻撃し、体を守る役割をする細胞。 ポルトガルは死亡者数が少ない。 今日で年度が終わります。 BCGワクチン接種は国ごとによって判断が違います。 医療先進国ドイツでも猛威振るっていますが、コロナ陽性者数は旧東独<西ドイツです。 結核菌に対するワクチンで白血球・免疫が活性化され癌の再発予防に効果がある、という事実と、BCGワクチンの接種を義務化している国とそうでないと国で重症化率、致死率の圧倒的な違いが生まれていることから、上記のような 仮説が生まれました。 基本的にBCGワクチンは生後1歳までに打つことを推奨されております。 結核の予防以外にも、BCGワクチンが効く(かもしれない)病気はいろいろあります。 BCGワクチンに詳しい理事長、小暮裕之医師に聞いた。 結核の予防接種であるBCGは、結核菌の感染を受けていない人に結核菌の弱毒菌を接種して結核に対する免疫をつけるワクチンで、有効期間は約15年ほどです。 日本において若者より60代以上の重症化が顕著なのは、接種から時間が経過していることとも関係しているのだろうか。 だからBCG接種したことが新型コロナウイルスに有効なのかと言うのはかなり短絡的で医学的ではないと思われます。 患者さんの中に、結核既往やBCG接種歴や国籍などの情報が数か月後には開示されるでしょう。 開発途上国の結核患者は届出されたものだけでも 約1,200人にひとりの患者が毎年発生しており、先進工業国の 5倍近い発生率です。 再接種の目的には、初回接種の効果減弱の補強(有効期間の延長)と、初回接種の未接種者及び接種をしたが不適切であった者(以下、初回接種の洩れ者)への対応が一般的に考えられています。 なぜ60代オーバーばかりが重症化するのか。 患者と濃厚接触するため感染して重症化するリスクが高い医師や看護師にBCGワクチンを接種させてはどうかというのがオーストラリアやオランダで一部行われている臨床研究の狙いです。 英国では、ジョンソン首相 頑張れ。 BCGワクチンの効果について、実証はこれからとしながらも、 「免疫学の世界ではこのワクチンが高齢者の細菌性肺炎に予防的効果があると指摘されていました。 現時点では、新型コロナが怖いからとBCGワクチンを接種しに行くことは、おすすめしません。 医師にとって、BCGワクチンの取り扱いは常識ではないのか、との疑問を持つ。 5月14日から当院でもを始めております。 結核ワクチンがらみで調べてみました。 自分が注射を打ってもらったかどうか気になって肩を見てBCG(はんこ注射)の跡がないということで不安になった方もいらっしゃるかと思います。

Next|Next|Next