Crf1100l アフリカ ツイン

ホンダ '20 新型CRF1100Lアフリカツイン、旧型との違いを比較する

crf1100l アフリカ ツイン

ライダーの耳に届く排気音も迫力が増している そして、「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」の最大の特徴といえば、ショーワ製の電子サスペンション「EERA」が装備されたことだ。 また多点支持や、パイプのつなぎ方も差し込みタイプとすることで、充分な強度を確保。 CRF1100L Africa Twin Adventure Sports Africa Twinをベースに以下の装備を追加。 取り回しで力入れずらい。 ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応不可。 XRV750でも何度かフロントが細いゆえにヒヤッとしたことがあります。 ハイテクを直感的に使いこなせる 「ホンダの最新技術をフルに注ぎ込んで生まれたビッグオフローダー」。 概要 [ ] に同社がパリ・ダカールラリー(現・)2輪部門に NXR750で連勝していたことから 技術をフィードバックしたレプリカモデルとして開発・製造販売された。 ・URBANモード = 幅広いライディングニーズに対応したモード。 ライディングモードに応じてセッティングが変わり、例えば「ツアー」モードを選択すると、オンロードバイクを意識したハンドリングになるのである。 5インチタッチパネルを採用。 出典 [ ]. 2kgの軽量化を達成しているのがポイントだ。 燃料消費率の表示について WMTCモード測定法で排出ガス試験を行い型式申請した機種は従来の「定地燃費値」に加え、「WMTCモード値」を記載しています。 このサスペンションのおかけで、アドベンチャーモデルでありながらワインディングロードではロードスポーツのような安定感と旋回性能を発揮。 アドバイス 欲しいと思ったら、ぜひ乗ってみてほしい、バイクに求めるものが人それぞれ違いますが、期待を裏切らないと思います、170センチメートル短足60歳のわたしでも楽しいですアドベンチャーを始めましょう。 さらに応答速度を向上させることで、ライダーの操作要求に対し、よりリニアに反応することを可能としている。 そして電脳面も強化され、6軸IMUを搭載したことにより、トラクションコントロールやDCT(デュアルクラッチトランスミッション)はコーナーの状況に合わせた制御が可能に。 2018年には、アドベンチャーの可能性と世界観を拡げるモデルとして、ビッグタンクを備えた、Adventure Sportsをタイプ追加。 新富士IC〜新清水JCT〜東名へ。 これにはDCTの発進制御の熟成が進んでいることもひと役買っていそうだ。 880 0. タンデムでのインプレッションは後述しますが、後ろに乗っているパッセンジャーから指摘があるくらいでした。 Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC) CRF1100L Africa Twinに搭載した「Hondaセレクタブルトルクコントロール(以下HSTC)」は、今回新たに採用したIMUセンサーの情報を活用することで、より緻密なスリップコントロールを実現。 おっと。 搭載エンジンが先代のSD04E型の内径x行程が92. しかし、このタイプが非常に話題を呼んでいたこともあり、2020年5月末日までの受注期間限定ではあるが、モデル名の最後に「<s>」の付いた「CRF1100L Africa Twin<s>」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES<s>」が用意されたようだ。 様々なアドベンチャーモデルに触れてきましたが、CRF1100Lは低重心なのか、取り回ししやすいと感じます。 0x75. まだ膝の余裕もあります。 ハンドル位置が高い。 スイッチを減らしたマシンの場合は操作が難解で、マニュアルとニラメッコしないと走行モードの設定すら行えないものもあるが、アフリカツインの場合は大きなモニターを見ながら直感的な操作が可能だ。 そして、それもまた魅力なのである。 まー、機能部品だから分かり易い方が良いでしょう? と言う話は置いといて、気が付いた点を箇条書き備忘録的に。 895 0. 450 1. こういった部分が日本のアドベンチャーモデルなんだと安心する部分ですね。 また、エンジンは排気量を84cc拡大した1,082ccとなり、最高出力は95PSから102PSへ、最大トルクも99Nmから105Nmへとパワーアップしている。 930 全高(m) 1. 2015年に華々しく復活を遂げた同車は、旧モデルの意匠を受け継ぎながら、現代にマッチした進化を遂げたアドベンチャーバイクであった。 ウインカーへのポジションランプを内蔵するとともに多機能式デジタルトリップメーターを搭載した。 特に私が、ツーリング性能として重視しているのは、こういった各ギヤにおける対応力の幅広さなのです。 555 1. フロントタイヤが潜ってしまうと一気に車体の重量がのしかかってくる。 4 9. さて、ノーマルの足つきですが三橋さんと背がほぼ同じの私が乗ると膝に余裕が出るくらいの足つき性です。 新型アフリカツインはどこが進化した? まずは、新型アフリカツインに共通する主な進化点を紹介しよう。 駆動力を殺して左折の小回りをするときや、ワインディングでのスピード調整をする時と似ています。 もっとも大きなポイントは、フレームが一新されたことだ。 オフロード走行での安心感を高めている タンクの容量は標準モデルよりも6L大きい24L。 BMWなんてプレミアムラインとかプレミアムスタンダードだよ。 前輪と後輪の速度センサーが、フロントアップによる前輪の減速と後輪の加速を感知した場合、IMUセンサーからの車体のピッチ角度情報に基づいてエンジントルクの制御を行う。 0 108. 標準モデル「CRF1100L Africa Twin」も先代モデルよりシート高は40mm低い。 さらに、エキゾーストの集合部で排気ガスに旋回流を発生させることで、キャタライザー表面に均一に排気ガスを当てることが可能となり、排気ガスの浄化を効率的に行えるようにしている。 日常の使い勝手から、タンデムや荷物積載時のツーリング、また、オフロードでのファンライドまで、様々な走行シーンに最適な4つのサスペンションモードを設定。 761) 3速 1. 高速道路などの追い越し加速ではDモードでもハンドスイッチによってギアダウンが可能で、素早い追い越しが可能ですし、減速時のエンブレを使う場合もシフトダウンは可能です。 構造的に可能かどうかは分かりませんが、出来ればタンクときれいに繋がるようにしたいです。 しかも電子装備は単にイージーライディングをするためではなく、これまでのバイクにない楽しみを与えてくれている。 あまり深く傾けなくても曲がって行ってくれるが、ときおり、大きく傾けてみても安心して曲がることができた。 残念ながら、旧型の様にここにタイヤレバー入れられない。 あ、ここはこうしようとかフムフムと言った感じ。 0 92. 電子制御サスペンションを備えたアフリカツインということで話題となった新ラインアップだ。 下手をすると地面を掘ってしまい、ますますはまり込んでしまうこともあるが、「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission」ならその心配もなさそうだ。 そしてこれか完成したシートです。 シート高も40mm高くなっている。 よほど体格に恵まれたライダーならともかく、僕レベルの一般ライダーが駆るなら、足つきがいいことで得られる利点の方が多そうなのだ。 また、可能な限り小さな樹脂部品にまで材料名表記を実施しています。 フレームボディートータルで約1. 今回フロントのABSが作動することはありませんでしたが、ワインディングでは「立ち上がり重視」で、フロントタイヤに合わせて走るのがいいと思います。 866【2. 1人乗り、1人乗り+積載、2人乗り、2人乗り+積載の4種類から選べるほか、「USER」モードでは24段階で細かく調整できる 実走でツーリングバイクとしての万能さを実感 「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission」はさまざまな走行シーンに対応するモデルなので、試乗もできるだけ多様なシーンで行いたいところ。 当然ですが、ネイキッドやツアラー、スポーツバイクよりは楽な姿勢のまま、防風性が保たれており、長距離走行は「楽! 電子制御がかなえた多才 オフロードはアフリカツインのまさに本領。 『東京モーターショー2019』で日本初公開された「ホンダ CRF1100Lアフリカツイン」。 タンデム走行 タンデム走行も行いましたが、車体的には余裕があります。 多くのエンシンガード、タンクガードに設置可能ですが汎用品ですので、事前に下記サイズから適合をご確認ください。 この部分はタンデムする際にDCTの場合は注意です。 エンジンや排出ガス浄化システムなどが同じシリーズ機種においては、定地燃費値が異なっていてもWMTCモード値が同一の場合があります。 このエンジンとサスのおかげで走破性は高く、DCTのおかげでシフト操作に気を取られることがない。 「AT」モードでも、シフトアップやシフトダウンしたい時にいつでも変速できる。 0x66. 個人的には仮面ライダーエグゼイドに見えます。 「CRF1100L Africa Twin」となったシリーズの中から「Adventure Sports」のローダウンタイプがなくなり、電子制御サスペンションを搭載した「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」が新たに加わったほか、前後サスペンションのストロークを伸ばし、オフロードでの走行性能をさらに高めた「CRF1100L Africa Twin<s>」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES<s>」も2020年5月末日までの受注期間限定ながら追加された。 190 0. 一方で自分のように体格的に厳しい、という方も少なくないはずです。 このDCTをはじめ、最新アフリカツインにはいろいろと素晴らしい機構が用意されているが、一番の注目はなんといっても電子制御サスペンション「EERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)」だろう。 跨るだけでしたがアイデア湧きましたよ。 このメーターパネルプロテクションフィルムは不要な傷や汚れからメーターパネルを保護します。 さまざまなマネジメントシステムをコントロールするため、まるでゲームのコントローラーのようになっているのだ。 で、荻窪を後にしその足で へ。 335 全幅(m) 0. (笑) 気にしてないけど気にさせるような配慮した命名みたいな。 アドベンチャースポーツ/ES:電子制御サスペンションとストローク長の関係性は? さて、一方のアドベンチャースポーツはというと? ESについては、ショートストロークモデルでも底突きしないのである。 道を選ばずライディングが楽しめる「CRF1100Lアフリカツイン」は、ホンダ製アドベンチャーモデルのフラッグシップにふさわしい、欲張りで魅力的なバイクに仕上がっていた。 Dモードでかつ任意のギア操作を合わせることで、あまりSモードを使用することはなくなりました。 短所 車両価格が高額 ディスプレイの使用方法やセットアップが、なかなか理解するのに時間がかかりそうだ、車両の重さは感じるが、走ってしまえば関係ないが、軽いに越したことはない 購入動機 ロングツーリングを楽にこなすバイクが欲しかった、DCT・電サス・チューブレス・クルコン・グリップヒーター・ETC・CARPLAY・ビッグタンク等欲しかった装備がすべてついて、足がちゃんと地面につき踏ん張れること。 これらにより、直進時やコーナリング中など、様々な場面でブレーキング時の安心感に寄与している。 ・ヘッドパイプ ヘッドパイプ周りガセットの見直しによりねじれ中心を下げて前輪接地点変化を抑え、さらに剛性の適正化により軽量化と安定感を両立したハンドリングを実現。 メーカー希望小売価格はMT仕様が161万7,000円(税込)で、DCT仕様が172万7,000円(税込) 容量24Lのビッグタンクや、可変できるロングスクリーンを装備したツーリング向け「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」。 OBD2対応。 アフリカツインでハードにオフを攻めるのなら、相応の体力も必要になる。 そして最強のオフロードブランドである「CRF」。 モデルは同年3月27日発表、同月28日に150台限定で発売。 ただ、それと同時に太陽光による反射で読み取りづらい状況や、操作時等に傷をつけてしまう可能性が出てきました。 いずれも先代モデル同様、マニュアル・トランスミッション(MT)モデルと、自動で変速を行うデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)モデルが選択できる。 高速での堅さなどはサスペンションの「モード」を変更することで改善されますが、その場所にあった特性を選べるというのはやはり一般ユーザーにとって「乗る愉しみ」に繋がるものだなと実感します。 STD比で14kgほども重量が増しているにも関わらず、同じような跳び方をしても着地でサスペンションが破綻しなかった。 ちょっと窮屈。 フロントフェイスとライト周り 写真は海外モデル 右左折完了時や車線変更完了時に、自動でウインカーをキャンセル。 各レベルにおける制御介入を見直し、これまでよりも幅広い制御領域に対応し、さまざまなライダーの要求に対応できる制御へと進化させた。 内腿に対するシートの幅も少し気になります。 同年12月よりで先行発売された。 まずはまたがってみて、少しでも可能性を感じたなら、チャレンジするべきだと思います。 133】 5速 1. 身長が低い人はローポジションにすればいいだろう しかし、いったんエンジンをかけて走り出すと、先程まで感じていた重さがウソのように解消された。 ・長距離を快適に移動できるクルーズコントロール。 ここでも特筆すべきは電子制御サスペンションであり、タンデムモードを選ぶことで電動プリロードアジャスターのお陰で、車体姿勢をタンデム用に合わせてくれます。 272 1. マシンにまたがって驚かされたのが左スイッチボックス。 現行モデルではにもオプション設定されるが、両モデルのクイックシフターはシフトアップ時にのみ対応• また、乗車人数や荷物の有無でプリロード(スプリングへの初期荷重)を電気的に選べる点もツーリングバイクらしいところだ。 そして、グリップの悪い砂地の上では、アクセルを開けてタイヤが空転してもトラクションコントロール機能が効き、一瞬後には路面をしっかりとらえてくれた。 CRF1100L Africa Twin スタイリングデザイン&カラーリングの特徴 CRF1100L Africa Twinは「どこへでも行ける」を基本コンセプトとし、オフロード性能をより高める、軽量・スリム・アップライトな「活力とエネルギーに満ちたバランス」を表現した造形としている。 今回はマニュアルトランスミッション車ではなくDCT搭載車に試乗した。 足つき性よりもさらなるオフロード性能を重視したいユーザーに向けて、サスペンションのストロークを長くした<s>タイプも限定販売されることになった。 情報 ランキングから探す• 761】 3速 1. 8月発表 - カラーリング変更 2000年のマイナーチェンジをもって本型式は生産終了となったが、販売希望価格については1993年の発売開始から一貫して890,000円 とされた。 480【1. 560 1. 正面(若干上からでも)からステムが見えちゃうのはちょっと嫌だなー。 それでかゲルのないところに座ってた?もしかして?って途中で気づいたんだよね(笑)お尻が痛くなるってVFR800Fではあまり感じなかったけど多少前傾だからだろーなって言われて納得。 欧州など国境を超えると道路事情がガラッと変わるような環境でこそ真価を発揮するモデルでもあります。 5kgのダイエットに成功。 575 シート高(m) 0. そこで、街中から高速道路へ入り、田舎道を走ってスピードの乗るワインディングを味わい、その後、路面が荒れていてタイトな峠道を走るショートツーリングに連れ出してみよう。 モードを変更した瞬間にモーター音と共に車体が浮き上がってくる様子にパッセンジャーと共に驚きの声を上げてしまいました。 オフロード走行 オフロード走行とは言っても砂利路面を少し走った程度で、本格的な林道などではないのであらかじめご了承ください。 あとは味としての振動が残っているというイメージで、自分は好印象でした。 という設定を変えるのがどうやったらいいのか説明書を読んでもわかりづらい…あとで調べておきます。 DCTのモードには「AT」と「MT」があり、ATには通常走行時に選択する「D」モード、スポーティーな走行に適した3つのレベルが選べる「S」モードが用意されている。 このトータルバランスを、さらに磨き上げることを開発の狙いとし、以下の項目に主眼を置いて開発が進められてきた。 新型はバリエーションモデルが充実 アフリカツインの名が復活したことで世間を沸かせた先代モデルは、標準モデル「CRF1000L Africa Twin」(2016年発売)と、より長距離ツーリング向けの装備を採用した「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」(2018年発売)の標準タイプとローダウンタイプというラインアップだったが、新型はバリエーションを変更。 長所 俺でも乗れます。 ・容量18Lフューエルタンク。 スイッチでかー。 すごいのはオフロードでジャンプしたことを感知してサスペンションの減衰が瞬間的に立ち上がること。 SC77みたいにスパスパ入らない。 アフリカツインの原点はここです。 スマホはiPhone7以上を所有することと インカムあるとアップルカープレイができますよ。 携帯端末との連携機能も備わっており、電話帳や音楽プレイリスト、地図アプリなどの利用も可能となっている。 687 2. *3 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。 ・大容量24Lフューエルタンク。 アドベンチャースポーツでは、その下にバンク角に応じて3段階の照射範囲を持つコーナリングライトが新設された。 この場合、インジケーターによりリヤのABSがOFF状態であることを表示。 こだわり• フラットなダート走行に向く。 小雨の降る日にも試乗してみたところ、大きめのスクリーンとタンク、ナックルガードのおかげで濡れる面積が少なくて済んだのは、ちょっと驚きだった さまざまなシーンを走行するこの試乗では、状況に応じてライディングモードを切り替えていった。 5速、6速の高いギヤでかなり多くのシチュエーションをこなせることは、疲労しないバイクの大前提だと思います。 シート前部の立ち上がりを手前に持ってくるのと、シートの角度を地面に平行にすることで、シート後部に固定して座れるように調整。 サブフレームは新設計のアルミ製を採用することで、徹底的な軽量化を図りながらも、オプションで装着される大型のボックスや積載される荷物の加重に十分耐える強度と剛性を確保している。 これは、ライダーが急ブレーキをかけた場合、ABSモジュレーターが急減速を検知し、ウインカーランプが高速点滅することで、急減速状態を後方に知らせるシステム。 DCT制御の見直し 二つのクラッチの切り替えにより、駆動力の途切れがなくスムーズで素早い変速を追求したDCTは、よりライダーの感覚に近づいた進化を遂げた。 現在のダカールラリー2輪部門はエンジン排気量上限が450ccまでのため競技車としてはが発表された。 とりあえずこの状態で乗ってみます。 これにより、低速でUターンする時などでも、スロットル操作に対する車体挙動に安定感をもたらし、安心感をもってターンすることが可能。 となると航続距離400kmを軽く超えることに… 4型フィットの柴犬アイと同じ形状のLEDヘッドライトはかわいいと家族に好評です。 価格はデジタルシルバーメタリック。 オートキャンセルウインカー ・スポーツグリップヒーター・アクセサリーソケットを標準装備化• その一方で、車体はフレームから刷新し、全体で数kgの軽量化を実現。 車重は5kg軽くなり、コンパクト化が進められている。 550 1. ・OFFROADモード= 悪路走行を楽しみたい時に選択。 4mm 圧縮比:10. 763 1. 限りあるバイクライフが悔いのないものになりますように。 レベル3は、あらゆるシーンでフロントアップをおさえ安心感を得ることができ、レベル1は、意図したフロントアップが可能で、急激なフロントアップのみ抑制し、レベル2はそれらの中間的な制御を行うことで、さまざまなライダーの要求に対応。 4mm 圧縮比:10. バンク角のセンサーによって、3段階のライティングが用意されており、夕方夜間の走りやすさは飛躍的に向上した。 『東京モーターショー2019』に展示された、「ホンダ CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」とライダー(人形)とのコラボ。 それほどの性能差を新作には感じることになった。 420 1. DCTはキビキビ走りたい時は「S」モード、ゆったり流したい時は「D」モードと気分に合わせて選べばいいが、パワーに余裕があるので「D」モードでも十分キビキビ走行できる。 当然、ライディングモードは「OFFROAD」だ。 ・CRF1100L Africa Twin Adventure Sports 「もっと遠くへ行きたい」、「もっとタフに過酷な挑戦をしたい」という更なる冒険心に応えるモデル。 通勤通学• 972) 6速 0. これはスクーターとちょっと似ていますね。 これが他のビックアドベンチャーとの大きな差といえると思います。 渋さ・味わい• 外観イメージはシリーズの世界観を維持しているため変化を感じづらいが、フレームを新設計し、排気量も拡大した新型は大きく生まれ変わっている。 筋トレしないと。。。 RD07型 [ ] アフリカツイン(XRV750) 2000年モデル海外向け輸出仕様 3月22日発表、同年4月12日に300台限定で発売。 ライディング中は左手側のボタンで切り替え操作を行う。 自分の場合、タンデムの際は信号停止などで早めにニュートラルに入れてしまうため、減速時にあまり振動がないですが、DCTだとシフトダウンも含めて減速時にややギクシャクした印象になりました。 カラーリングに以下を追加• 標準モデルのカラーリングを以下の3パターンに変更• アドベンチャースポーツESには、MTにもDCTにもショーワ製電子制御サスペンションのEERA(イーラ)が組み込まれている。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。 972】 6速 0. だいたいの高さが決まったので製作に入ります。 230(1. DCTは、坂を上り下りするときのシフトスケジュールを的確に制御し、登坂、降坂時に不安のない走行を可能としている。 試しにジャンプしてみても、奥で何かがふんばっている感触がありますね」と和泉はコメント。 Nモードは停車中ならばボタンだけで入れられるため、これも癖を付けておいた方が安心かもしれません。 特にワインディングでのコーナーの侵入などはDCTの変速任せの場合、選んでいるモードによってはエンジンブレーキをガンガン使ってというものではないので、リアブレーキでうまく抑えたりハンドチェンジを使うなど独特な乗り方が必要でした。 製作途中にも何度か試走してもらいましたが、シート前部が細くしてあるので足が出しやすいので不安はない。 7 2. 荷物満載時でも力強く加速する。 ちなみに、 では面一にしましたよ。 また、ツーリングなどの用途に合わせ、オプションの固定式ロングタイプも用意されている。 トルクやパワーが十分なのはもちろんなのですが、ツーリングで想定されるシチュエーションでの作り込みが、とても素晴らしい。 ステップ荷重がし難い姿勢か。 確かに、あえてサスペンションに強い負荷がかかるような走りをすれば、ストロークの最後の最後で不自然に踏ん張る感覚があるにはある。 サイドスタンドが短い。 あと50mm下げて欲しかった。 XRV750もトリコロールカラーに乗っていましたが、ここまで精悍な顔立ちのCRF1100Lは子供受けもよく、何度か手を振られる場面がありました。 トラクションコントロールはよりテールスライドがやりやすくなった印象だし、DCTの変速タイミングもダートでは実に絶妙。 0 、 ACC ソケット。 購入動機 長距離ツーリング用 アドバイス 身長163cmだと体格負けしますね。 Africa Twinは、ダカールラリーに参戦している「CRF450RALLY」の技術をフィードバックした、高いオフロード性能とツーリング性能、また日常の使い勝手の良さを、高次元で実現したアドベンチャーモデルとして人気を獲得。 Africa Twinにおいては、約50%のユーザーがDCTタイプを選択している。 なお、STDモデルのスクリーンは旧型よりグッとショートに改められた。 排気量アップを図りながら、エンジン重量はマニュアルトランスミッション(以下MT)タイプで 、マイナス2. シートが堅めで衝撃が突き上げてくる印象が「タンデムモード」だと強くなる。 ブーツを履いて両かかとが付きます。 長所 関節リウマチなので左手と左指の負担を考慮してDCTを選択しました。 追い越しする際は「TOUR」モードのほうが余裕のある印象だが、「URBAN」モードでも不満を感じるレベルではない。 後付け出来るような話でしたが、カウル交換になるの? 穴開け加工? 早速、シートを外してもらって観察。 メーターが素晴らしい。 「ピボットプレート」「クロスパイプ」「リヤフレーム」 「ピボットプレート」は、従来モデル同様の鉄製のプレスプレートを2枚重ね合わせる「モナカ仕様」を踏襲しているが、内板には600MPa級の高強度鋼を用いることで、内外両方の板厚を薄くし軽量化を実現。 シートを上げたおかげで、ステップに足を乗せた時の膝の曲がりは100度以上になっているので、長時間でも膝への負担はかなり抑えられると思います。 ライダー自身でのクラッチ操作や、ギアチェンジ操作が不要となるため、不整地走行では走行ラインのトレースと加減速に集中でき、また不意のエンストへの心配からも解消されることから、積極的にオフロード走行が楽しめる。 そして、2019年にはフルモデルチェンジとなる「CRF1100L Africa Twin」(2020年モデル)が登場。 シートは、高さを830mmと810mmへアジャスト可能な仕様とし、オプションでローシートも設定済みだ。 オーディオの表示は、プレイリスト、アーティスト、曲名、再生位置などとなっており、操作は、再生、停止、早送り、巻き戻しなどができる。 適合車種 ホンダ CRF1100 L AfricaTwin '19-. ・コーナリングライト。 素晴らしい出来栄えの電子制御サスペンション 組み合わされるDCT(デュアルクラッチトランスミッション)も、このマシンで大きく進歩している。 こうしたシーンでは、ライディングモードは「TOUR」で、DCTは「S」モードのレベル3がもっとも相性がいいと感じたが、「URBAN」と「D」モードでも十分に楽しめるし、かなりのハイペースで走り抜けることもできる。 あまり太くないタイヤは、大きく車体を傾けなくてもスイスイ曲がって行ける。 フレームのネック高 クランプの高さ もBMWなどの外車とは違い、低く設定されています。

Next|Next|Next