デサント genten

【GENTEN (原点)】 ランニングシューズ|デサントブランド公式サイト

デサント genten

「原点GENTEN」は、デサントが開発において大切にしてきた「人間が本来持つパフォーマンスを引き出す機能開発」という発想のもと、シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、日本人の足、日本人の走りに合うシューズの機能をデザインすることを追求しています。 ノーベル賞受賞素材「グラフェン」をソールに使用することで、グリップ力を発揮。 見た目だと150gくらいに見えますが、必要な機能を詰め込んだらこのくらいの重さになるのでしょうね。 ネイビーとブラックの2色展開。 GENTEN-ELのプレートの硬さはトラックの柔らかさとかなりマッチします。 お手数ですがこの部分は iframe 対応のブラウザでご覧ください。 しかし、デサントがモノ作りで大切にしている 「人間が本来持つパフォーマンスを引き出す機能開発」という発想は決してアパレルだけにとどまっていたわけではなく、フットウエア事業への本格参入は2年以上前から検討されていたようです。 スパイクのような、地面との噛み合いがタータンと抜群に合います!! 市民ランナーの方でもこの噛み合いの良さの特徴を、意図的に選んでみて練習やレースに使って欲しいという思いもありますが… 筆者は特にぜひ 「学生」にも履いて欲しい!!という思いがあります。 「接地感」のある上級ランナーに勧めたい カーボンプレートとグラフェンが使われたELモデルは、上級者向けシューズのイメージですね。 地面を蹴る力を無駄なく、安定して推進力に変換することこだわった。 実際に履いてみて、筆者の印象だと 5000m、10000mに活躍しそうな靴だなと感じました。 GENTENの特徴 シューズの大きな特徴は 「フィット感」と 「推進力」です。 アウトソールの溝もMP関節の動きに合わせやすく、シャンクの部分にナイロン製の素材が入っており捻れを防止し、スムーズな重心移動が可能です。 返品すれば問題ないこともありますが、そんな面倒なことするなら、是非一瞬でもショップに行って自分で履いた感覚を確かめてくださいね。 ランナーの足を想定したラストから、脚力を逃がすロスの少ないフィッティングを実現。 カーボンプレートによって強い反発をもらっている感覚はなく、しっかり自分の足で蹴らないと前に進みません。 このグラフェンの発見と研究によって2010年ノーベル物理学賞を受賞した2人の博士を有する イギリスのマンチェスター大学とシューズブランド「イノヴェイト」が世界で初めてスポーツシューズのアウトソールラバーにグラフェンを搭載することに成功しました。 ゆっくりペースの際に最も感じられたのは安定性だが、ペースを上げるとしっかりと推進力も感じられる。 カーボンプレート GENTEN-ELのソールユニットには軽量性と剛性に優れたカーボンプレートを配すことで、安定性を高めると同時に抜群の推進力を発揮してくれる。 ラインアップはターゲットを変えた3種類 「原点GENTEN」のラインアップは、カーボンを内蔵したエリートランナー向けの「GENTEN-EL(Elite)」、新素材グラフェンを使用したシリアスランナー向けの「GENTEN-RC(Race)」、日本人の走法にフィットする一般ランナー向けの「GENTEN-ST(Speed Training)」です。 トラックで使うスパイクのような 感覚に近いです。 タータンとの相性が抜群!! 実際に、色々と試してみて一番良いと感じたのは、タータンとの相性です。 ランナー自身が履き心地を確かめて、その上でシューズを選択できるような状況が好ましい(本来在るべき形な)のではないかなと思います。 このグリップ力は、グラフェンがもたらしているのではないでしょうか。 サイドラインや踵の補強は一番しっかりしていて固定力は高く、上位2種と同じく中足部から踵のホールド力も高い。 薄底タイプが日本人の足に合うという通説もありますが、接地面が足裏にダイレクトに伝わるGENTENが、どうランニングシューズシーンに影響を与えるのか楽しみです。 一方、接地感のトレーニングができているランナーなら、感覚を大切にしつつ、推進力をもたらす走りを生める。 なので、ヴェイパーフライに比べて しっかり走らないとGENTENの良さを活かせないでしょうね。 メーカーやシューズごとに優劣をつけるのは難しい・・・というよりも無理なんじゃないかなと思っています。 0cm片足):約224g 商品特徴: ・上位モデルよりも、フラット&幅広なソールでの安定感 ・サイドのサポートを強化し、適度なフィット感 ・ミッドソールを他の2モデルに比べ厚めに設定し、クッション性(=サポート)を重視 ・一般エリートランナーの練習用シューズとしても可能. アウトソールはグラフェン使用面積が多少小さくなっています。 レビュー GENTENは3モデルともフィット感の良さを追求しています。 加えて中足部での急激なドロップが走行時に前方への自然な重心移動を促し、骨盤後傾しがちな日本人の前方移動をサポートしてくれます。 私がヘタレなだけかもしれませんが… ウルトラでもなんとか行けるでしょうし、疲れにくいはず。 ランニングシューズの原点「GENTEN」。 5cm 199g 意外に重量はあります。 (1)フィット感 地面にしっかり力を伝え、無駄な力を使わずに走るためには、シューズが足にフィットしていることがとても大切です。 脚力のロス無い高いホールド性で今までに無いフィット感を実現 02. ただそれは衝撃を受けるというよりも、 地面にしっかり蹴る力が伝わるという意味での硬さです。 今回発表のGENTEN 原点 は僕が微力ながら協力し、完成したシューズです。 『デサント』はこのシューズを原点に、日本人ランナーに向けて今後開発を進化させていきます。 皆さん、新しいものは 興味あるんですね。 ソールの耐用走行距離は500kmほどとのことでしたが、あくまでメーカーが想定する摩耗が起こる走行距離ということなので、実際にはまだかなり履くことができるでしょう。 前述したように、本来はミッドフットで走ることがこのシューズの性能を最も引き出せると思います。 いつもありがとうございます。 もちろん屈曲性は非常に低いので、ハムストリングスなどの腿裏の筋肉や体幹が弱いランナーは身体の回旋が起こりやすく腸脛靭帯炎になりやすいので、しっかりトレーニングが必要です。 がマンチェスター大学と共同開発してノーベル物理学賞受賞の対象となった高強度素材「グラフェン」を使い、薄さと強度を両立させています。 漢字にすると「原点」ですね。 ただ、計測したのは200mで、ほぼ全力で走ったため、当然フォアフットの走りです。 「原点 GENTEN」はこのような特徴をベースにターゲットを変えた3種類「GENTEN-EL(Elite)」、「GENTEN-RC(Race)」、「GENTEN-ST(Speed Training)」を11月15日より当社公式通販サイト「デサントストア」、一部店舗で先行予約を開始し、12月13日より直営店、専門店、スポーツチェーン店等で販売致します。 『デサント』はこのシューズを原点に、日本人ランナーに向けて今後開発を進化させていきます。 最上級モデルのGENTEN-EL(ゲンテン-EL)は、学生や実業団のエリートランナーにも対応するプロダクトで、カーボンプレートを内蔵しています。 まるで、このシューズを履きこなすなら しっかりと良い動きで履いてくれよ! とGENTENが言わんばかりの感覚です。 しかし、足を通した感じではフィット感はむしろあまり良くないという印象です。 シューズにデサントのロゴマークすら入れない潔さにコンセプトの強さを感じました。 僕自身は故障中なのでまだ完成品で走れていませんが、フィット感はとても良かったです。 カーボンシューズは、セパレートソールのものが多く、履きこなしが難しいと言われています。 足を入れた瞬間にしっかりフィットするので、実際に走っていてもシューズ内で足がブレて余分なストレスを受けにくい構造になっています。 そこで、土踏まずとかかとの部分を立体構造にし、包み込まれるナチュラルなフィッティングを作り出しました。 GENTEN-EL エリートランナー(実業団、学生)をターゲットにした、軽量のスピードシューズ。 まずはロードをジョグしてみた感じですが、これは想像通り硬さを感じます。 結局大事なのは評判ではなく、実感。 というのも、GENTENシリーズは、あえて足長の長さを長く設計されているとのこと。 日本人の足に合うラスト、そしてパターンや素材、独自のドロップ構造の開発及び当社の研究開発拠点「DISC ディスク (DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX)」での検証や社内外のノウハウを集結し完成したのが「原点 GENTEN」です。 こういう新しいものが出るたびにいつもワクワクします。 コロンビア独自の防水透湿機能。 デサントの薄底シューズ「GENTEN」 とりあえずパンフレットがありましたので貰ってきました。 単に 軽いから カーボンプレートが入っているから という感じで使うならあまり効力が ないと思います。 アパレルアイテムの印象が強いDESCENT デサント)ですが、「日本人ランナーの足を創る」というコンセプトを掲げ、2019年12月、ついにランニングシューズ市場に本格参入してきました。 (写真はGENTEN-EL) DESCENTE RUNNING SHOES COLLECTION FOR SPRING 2020 GENTEN-EL 学生や実業団のエリートランナー向けスピードシューズ。 原点シリーズ第三弾 【DESCENTE(デサント 】 - 15 minutes - Go to channel - MATSURUNちゃんねる - 6. そんな会社が本気でランニングシューズを作るということで、プレスリリースが行われました。 5を目指していくシューズではなく、ハーフマラソンや10000mなどのスピードレースで進化を発揮します 厚底の利点はフルマラソンの後半での疲労を抑えるためモノ しかし捻挫歴のある人にはこの厚底が足関節のグラつきを引き起こしやすいです。 地面をしっかり掴み、次の蹴り出しがしやすくなる形状、配置を研究開発。 走っている間に、むくみが出ることもあり、ジャストサイズのシューズだと、つま先が靴にあたり、擦れたり、マメができたりする原因になります。 また、足指をしっかり使うために、ワイズ(足幅)を広く取っています。 ランナーの足を研究し尽くしたラスト(木型)を用いることで包まれるようであり、脚力を逃がしにくいパワーロスの少ないフィッティングを実現。 つま先の余裕をどのくらいあけるかは、好みがあると思いますが、筆者は途中で足がむくんだ時に、つま先が詰まる感覚が嫌なので、1~2㎝程度あくようにサイズ選びをしています。 わずかコンマ2秒〜3秒の着地時にセンサーを研ぎ澄ませて、感触から足の動きを安定させなければいけません。 二つ目はGENTEN-RC。 まとめ 昨今の大学駅伝は「戦国駅伝」と形容されますが、ランニングシューズ市場もまさに「戦国時代」と言えるのではないでしょうか。 ST=スピードトレーニングと称されていますが、トレーニングで走り込むケースや、陸上を始めたばかりのジュニアのエントリーシューズとしても重宝しそだなと感じました。 ELはソールの硬さを感じたのですが、RCはそこまで硬いという印象はなく、長時間のランニングでも後半に足を残せそうだなというのが率直な試履感です。 アウトソールには軽量で強度のあるグラフェンを使い、薄底ソールには高い反発をカーボンを内蔵します。 アウトソールはなんと鉄の200倍の耐久性を誇るグラフェン使用です。 このフィット感は後足部のフィット性が最強と言われているアシックスにも匹敵するんじゃないかと思います。 「原点GENTEN」のコンセプトは、「新・薄底、新感覚の推進力~日本人ランナーの足を創る~」。 これをやる前夜は緊張します。 新・薄型、新感覚の推進力 今回のシューズのKeyメッセージは 「新・薄型、新感覚の推進力」です。 昨今のランニングシューズ市場で流行している厚底モデルと差別化します。 アウトソールとミッドソールの間に入っています。 これ以外にも、ランとカジュアルシーン兼用のモデルであるDR-MOVE(DR-ムーブ)、グローバル企画のトライアスロン向けモデル、韓国発信でグローバル展開されるシューズコレクションもありますが、ランニングカテゴリーにおいて日本で特に注力するのは、前述のようにGENTEN-EL、GENTEN-RC、GENTEN-STの3モデルとなります。 もちろん、レーシングシューズなので 耐久性を求めてはいけません。 ) アウトソールはフラットかつ、つま先とかかとのドロップも少なく、硬くてほぼ曲がらないので、ミッドフットで着地する走りが向いていると思います。 なんとこのグラフェン、ノーベル物理学賞を受賞した素材らしいです。 これによって 接地時や蹴り出しの瞬間はしっかり地面を捉え、重心移動が起こっている立脚中期には前への推進力が生まれるようになっています。 フィット感 原点に立ち返った「走る為のシューズ」を開発。 重量を抑えるためにギリギリまで薄くしているそうです。 競合も多いランニングシューズ市場において、様々な機能やデザインをもったシューズが展開されている中で、『デサント』が打ち出すのは「日本人が走るために必要な機能がデザインされたシューズ」です。 以降、広報/IR、経営企画と社内スタッフ業務を担当。 可もなく不可もないといった具合で、通気性もまずまずでしょうか。 グリップ力持続 ノーベル物理学賞を受賞したGRAPHENE RUBBERを採用。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、 安定して推進力に変換すること。 こちらはELの構造に似ていますが、カーボンプレートが入っておらず、代わりに反発性の高いミッドソールを採用しています。 カーボンプレートが入っていませんが 捻れを抑制するソールや かかと部分に補強もあり GENTEN-ELとはまた違う意味で安定感があります。 0cm片足):約200g 商品特徴: ・ELよりもサポート性を向上。 GENTENとはどんなシューズか? 今回発表されたランニングシューズはその名も 「GENTEN」 漢字をあてるともちろん「原点」です。 さらにグラフェンで覆っていることで耐久性は増しています。 各社のシューズももちろんこのことは前提に開発は進められていますが、プレスリリースで発表されたデサントのこだわりをまとめました。 このシューズは短時間のレースでしっかりスピードを出すために作られています。 カーボンプレートは高反発で推進力を増すのが目的ですが、実はそれだけではないです ランニングは接地したときのアキレス腱や下腿三頭筋の張力も利用して推進力を得ますが、カーボンプレートを入れることでその負荷を減らしつつ反力を更に強めることができます。 フルマラソンには厳しいかなと思います。 今回はこのGENTENのエリート、レーシング、スピードトレーニングの3種類を、理学療法士としての運動学的視点とシューフィッターとしての靴の構造的視点、陸上競技選手としての競技視点の3つの視点から解説していきたいと思います。 上級ランナーのトレーニングから一般ランナーのレース用まで、あらゆるシーンに対応する一足だ。 GENTEN-ELはカーボンシューズですが、 フラットソールなのも特徴の一つです。 5cmを選びました。 今回のコレクションは、デサントがこれまでに培ったモノづくりへのこだわりの精神を継承しており、注力3モデルはGENTEN(原点)とネーミングされていますが、これはランニングシューズにとって本当に必要なものは何なのか? ということを再度見つめ直すという意味が込められています」。 ミニマルデザイン ランニングシューズに必要な機能性(ホールド性・軽量化)を最小限のデザイン・意匠性にすることで実現。 特に各競技のユニフォームの分野、2012年にスタートした長年スポーツウェアの開発で培ってきたノウハウを活かしたあらゆるユーザー、シーンに対応するオルテラインといったアパレルのイメージが強いかもしれない。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、 安定して推進力に変換すること。 重量はそれでも軽い224g(27cm)。 デサントジャパン株式会社は、『DESCENTE(デサント)』ブランドにてランニングシューズ市場に本格参入し、日本人が速く走ることを追求したランニングシューズ「原点GENTEN」3種を、2019年12月より発売します。 こっちがマラソン向け? グリップ性と反発性のバランスが良い GENTEN-RC(レーシング) 高いフィット性にグラフェンによる抜群のグリップ性をもったRC タイトめなELよりもRCの方がフィット感が良いという方も多いかもしれないです。 足裏の接地感に敏感な人は、この「足を地面に置くだけ」という感覚は得意かもしれませんが、足裏の感覚が鈍い方にとっては、難しいかもしれません。 カーボンプレートが入ったシューズは多数ありますが、その反発がここまで推進力につながるシューズは珍しいと思います。 オンラインで購入を検討されている方は、サイズに関しては少し注意が必要かもしれません。 このGENTEN-ELは、スピードを出してもそのすべりが少なく、靴の中での足のズレや、つま先への詰まりが少ないと思います。 アウトソールにグラフェンは使用されていませんが、そこまでグリップ性が劣る…という感じでもありません。 持久力ももちろん大切ですが、ぜひ練習メニューに5000mや10000mなど、スピード強化メニューを加えてみてください。 EL同様フィット感は抜群ですが、このGENTEN-RCでもまだ庶民には敷居が高い感じ。 見た感じもミッドソールはめちゃめちゃ薄いです。 お手数ですがこの部分は iframe 対応のブラウザでご覧ください。 日本人のためのシューズを作りたい ランニグシューズのマーケットが拡大する中で、最近ではグローバル展開を前提にしたシューズが多く見られます。 このような感覚は、今までにないなと感じました。 正直一番使いやすいシューズです。 5cmで良かったかなというところです。 ある意味、ヴェイパーフライは 何も考えずともソールのスイートスポットに ハマる走り方をすれば前方にからだを傾けてもくれますから。 独自の底面形状から生み出されるドロップによって推進力と安定感の両方を実現。 地面をしっかり掴み、次の蹴り出しがしやすくなる形状、配置を研究開発。 足裏の感覚を鍛えたい方や、接地の仕方を見直したい方にも、適したシューズだと思いますので、興味のある方はぜひ試してみてください。 ミッドソールはナイキのファイロンに似た、軽量かつ反発性のありそうな素材に思えます。 【 素材 】アッパー :合成繊維, 合成皮革, アウトソール:ゴム底 【 原産国 】中国. ランナーにとって大切なのは「接地感」。 ジョグでさえ、「コン・コン・コーン」とイタリア製の革靴で走るかのような音が出ているように思えます。 もちろん、その流れはいたって自然ですが、その一方で 「日本人の足や日本人の走り方にあったシューズ」が真に開発されているものは意外と少ないのではないかとデサントの開発チームは考えていました。 接地感が研ぎ澄まされたランナーでないと、その部分でミスジャッジをし、シューズにフィットする走法を確立できない可能性もあります。 むしろ、強く地面を押す走法がいいはず。 マラソンのタイムを上げたい人にも 春先にかけては、短距離種目のレースも多くなり、トラックで結果を出したいというランナーもいるかと思います。 このシューズを履いて フルマラソンを走れるランナーは ひと握りでしょう。 というとマイナスなイメージに なってしまうかもしれませんが 走る動作は本来は自分のからだで 重心移動が必要です。 きわめて自分の分身になり得るシューズです。 極めつけがこのGENTEN-ELで、対象ランナーはフルマラソン2時間半レベルとのこと。 お使いのブラウザはインラインフレームに未対応のようです。 9 広瀬健太選手&佐藤卓磨選手 - - Go to channel - バスケ愛でどんとこい! 実際に、メーカー推奨も、長くてもハーフマラソンまでとなっていますね。 一般シリアスランナーのハーフマラソンまでの距離にも対応する、ランニングシューズコレクションのトップモデル。 ドロップ形状 中足部で一気に角度を付けることで、走行時に推進力を得られやすい底面形状を開発。 薄底シューズでありながらカーボンプレートが埋め込まれているのも大きな特徴ですよね。 ただし練習をサボったランナーは後半は着地衝撃で苦しむかもしれません 笑. DR-MOVEはまあタウンユースと勝手にカテゴライズして、残りの3つを見ていきましょう。 後足部、中足骨でのフィット性の高さがランニングシューズの主なフィット性に直結するので、この構造はまさに日本人の足の特徴に合わせたものですね。 お手数ですがこの部分は iframe 対応のブラウザでご覧ください。 さらに踵は踵でカーボンプレートが配置されていられるので反発力が大きい。 一つ目はGENTEN-EL。 ポイントはインソール 足入れの良さのポイントは、インソールにあると思います。 この靴であれば、接地の際に足を置くだけというのは、こういう感覚だということ良くわかると思います。 GENTEN-RC GENTEN-ELの敷居を低くしてサブ3ランナーにも開放した一品。 この点は他のナイキにも共通していますが、GENTENはかかとの部分が丸みを帯びています。 RCはレースの略で、フィット感の良さを最も売りにした、サブスリーランナー向けのレーシングモデルです。 摩耗の激しいレーシングシューズで耐久性があるのはひとつの長所になるでしょう。 GENTENーEL EL(Eliteエリート)の名前の通り、ターゲットは トップ選手(実業団、学生など)を対象にしたシューズです。 ランナーの脚力をしっかりと地面に伝えることができる。 蹴り出す力が強いと、余計な筋肉を使ってしまうので、接地~蹴り出しの仕方には注意が必要です。 今回はDESCENTE GENTEN-STの機能性の高さを最速レポート。 そんなGENTENシリーズとして発売されたのは3種類のモデルです。 どちらも、さすが国産ということで シューレースもしっかりしているものを使っていますし 縫製の部分もしっかりしています。 かかとは比較的広い作りです。 日本人の足に合うラスト、そしてパターンや素材、独自のドロップ構造の開発及び当社の研究開発拠点「DISC ディスク (DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX)」での検証や社内外のノウハウを集結し完成したのが「原点GENTEN」です。 ランニングシューズの原点「GENTEN」。 前に足が出て行く感触がありました。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、 安定して推進力に変換すること。 独自の底面形状から生み出されるドロップによって推進力と安定感の両方を実現。 新たにランニングシューズの開発に参加する上で彼らが大切にした想いは、まさにそこ。 シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、 機能が日本人の足・走りに合うシューズをデザインすることが出来れば ファンになってもらえるのではないかと考えた。 アウトソール 軽量かつグリップ力の強いグラフェンソールを採用しています。 塩尻和也選手が履きます! 3000m障害でリオデジャネイロオリンピックに出場、ジャカルタアジア大会で銅メダルを獲得している塩尻和也選手がアドバイザリー契約をしており、このシューズの完成には彼も関わっているそうです。 デサント ランニングシューズの機能性を支える、こだわりスペックはコレだ! フィット感 GENTEN-EL、GENTEN-RC、GENTEN-STとDR-MOVEというように、ランナーのタイプに合わせて3種類のラスト(木型)を用意。 いずれのシューズも踵の収まりがよく、土踏まずをしっかりサポートし、足指部分が窮屈でないという究極のフィットを実現した。 カーボンプレート内蔵のレーシングモデルGENTEN-ELは薄底シューズ 『自分は地面からの反発を感じやすい薄底派。 履いた瞬間に他社のシューズよりもやや大きめに感じましたが、それはシューズの構造のためでした。 (2)推進力 推進力を作るため、一般的にはドロップという構造が採用されています。 GENTEN-ELは 薄いソールにカーボンプレートが入っています。 さらに薄いソールにカーボンプレートなので非常に硬く感じます。 冬季練習での短距離選手や跳躍選手のトレーニングシューズにももってこいだと思います。 重さ デサント GENTEN-EL 26. ソール自体が薄いので接地感はありますね。 GENTENを実際に履いた感想 ここからは、実際にGENTENを履いてみた率直な感想をまとめていこうと思います。 GENTEN-ST 庶民でも履けるシューズ。 スピード練習で使用した率直な感想は 軽い!硬い! です。 新シューズ「GENTEN」のコンセプトには「新・薄底、新感覚の推進力〜日本人ランナーの足を創る」を掲げ、約2年をかけて分析した日本人の足の形や走行時の負担のかかり方などを踏まえて、薄底でありながら反発力を備え、走行時のストレスを軽減したモデルを開発。 ナイキはそもそも細身が故に日本人に合わない場合が多いようですが、ナイキが合わない人に合う可能性は高そうです。 「デサントブランドはスポーツアパレルカテゴリーからスタートしましたが、今後総合スポーツブランドとして飛躍するためにフットウェア分野の強化が急務であるという結論に達し、今回ランニングシューズに本格参入することになりました。 アッパー・履き口 アッパーに限りませんが、かなりシンプルなデザインです。 それくらい、スパイクのように地面との噛み合い(グリップ力)が強いです。 走ることへの「GENTEN 原点 」を追求した、「速さ」を求めるトップランナーの為のシューズ。 0cm 片足重さ】約200g GENTEN-ST 安定性を重視したサブ4レベルの一般ランナーのレース用、練習用および一般シリアスランナー、エリートランナーの日々の練習用シューズとしても対応する汎用性に優れた一足。 スポンサーリンク みなさんこんにちは ランニングシューズマイスターのユウヤです() 昨今の厚底ランニングシューズの人気は衰えを知らないですね。 さらに薄底な分、自分自身の足で衝撃を吸収するクッション性を生む必要があります。 ストライド1. ランナーにとっては、あるあるだと思いますが、走っていると接地時にインソールと靴下がすべってしまい、どんどん前につまってしまう経験があるのではないでしょうか? 足裏のすべりが気になるランナーは、すべり止め付きの靴下を履いて対策をしている方もいると思います。 日本でこの素材をランニングシューズに搭載したのはデサントが初めて。 フィット性は高く、着地から蹴り出しまでのロスは非常に小さいでしょう。 多くのランナーにとってトレーニングからレースまで使える万能モデルかなと思います。 トレーニングモデルといってもスピードトレーニング用なので屈曲性は低いほうです。 いつもありがとうございます。 ランニングシューズでありながら、スパイクに近いグリップ力、さらにプレートの反発からの推進力もあるので、5000m、10000m競技はもちろん、1500mでもスパート負けしないスピードは出ると思います。 今回メインで展開するのは3モデルで、共通しているのは接地感、フィット感、推進力を高いレベルで追求していることで、上位2モデルには高いグリップ性と耐久性を兼ね備えたグラフェンのアウトソールも装備しました。 薄底シューズが好きな人にはおススメですが、私のように多少クッションがあるのが好きな人は次のGENTEN-STが合うでしょう。 経営企画時に新規事業立案の中で関わった「デサント ランニングシューズ」の事業を自ら行うことになり、2018年4月に現担当となる。 「ランナーが本当に必要とする機能だけを追求しました!」 デサントランニングシューズのプロジェクトリーダー、大辻俊作氏。 その機能性の高さで、世界中のアスリートを魅了してきたDESCENTE(デサント)。 日本人の足に合う、ラスト(足型)、パターン、素材、そして独自で開発したドロップ構造など、日本人に合うことを軸に、こだわりが詰まったシリーズです。 ミッドソール 薄底です。 また、ロードよりトラックの方が向いていると思います。 ムレない。 もし自分に合ったシューズがわからないという方はお問い合わせください あなたの動作、足部、競技に合わせたシューズのフィッティングや選択をお手伝いします 最後までお読みいただきありがとうございます. 今回トライしたのは、コレクションで最も汎用性に優れたGENTEN-ST。 奇をてらったテクノロジーは搭載していないが、大辻氏のインタビューにもあるように、「走るための機能をあたりまえに保持する」シューズであることが、短時間の試走でも理解することができた。 開発に約2年!薄底ランニングシューズを一挙に3足投入 これはデサントジャパンが、一度は撤退したランニングシューズ市場に再参入するというニュースでもありました。 5㎝、26㎝でも良いと感じました。 着地時の衝撃からランナーを守りつつ、脚力を効率よく路面に伝えることができるスペックだ。 一方で、耐久性も魅力です。

Next|Next|Next