枕草子 中納言 参り た まひ て 敬語。 枕草子の「中納言参りたまひて」の敬語について質問です「すべていみじうは...

CiNii Articles

👆 」と言へば、いかがはせむ。 」と問ひ きこえ させ たまへ ば、 いかやうに=ナリ活用の形容動詞「いかやうなり」の連用形。 」と申し上げる。

19

「中納言参りたまひて」の敬語を解説!誰から誰へのセリフなのか?

👇 「言ふ」の謙譲語で、中納言隆家に対する敬意。 それに紙を張らせてさし上げたいと存じますが、 それを張らせて参らせむとするに、 ありきたりな紙はこの骨に張られまいと存じますので、よい紙を探しているところです」とおっしゃる。 意味は「入れるべき」。

2

枕草子『中納言参りたまひて』解説・品詞分解

⚠ 筆者である清少納言はもちろん、彼女がつかえていた中宮定子、時の天皇で定子の夫であった一条天皇、そして定子の家族が主に登場します。

13

「中納言参りたまひて」の敬語の向き・敬語表現と現代語訳

👈 こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形となる。

9

CiNii Articles

☘ 16 入れつべけれ ラ行下二段動詞「入る」の連用形+強意(確述)の助動詞「つ」の終止形+当然の助動詞「べし」の已然形。 動作の主体(問うた人)である中宮定子を敬っている たまへ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。

6

『枕草子』「中納言参りたまひて」の現代語訳と重要な品詞の解説2

👌 「中納言参りたまひて」は、平安時代の作家である清少納言が書いた「枕草子」の一つです。 『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。 『 さらにまだ見 ぬ骨のさま なり。

2

清少納言「枕草子/102段 中納言参り給ひて」

📲 隆家の扇の骨を称えたのも、訪問時のやりとりを記録するようにすすめたのも、ともに「自分ではない周囲の人々」だという共通点からしても、流れ流れて巡り巡りて、なるようになっていくのが当時の世界観だったのかなぁ、とも思ったり。 定子のお気に入りだったので、そばにいることがよくありました。 清少納言(書き手) という三人の人物が登場する物語です。

6

『枕草子』「中納言参りたまひて」の現代語訳と重要な品詞の解説2

♨ ここに出てくる中宮とは兄弟である。 『枕草子』第百二段「中納言参りたまひて」。

「中納言参りたまひて」の敬語を解説!誰から誰へのセリフなのか?

👊 実は『枕草子』では、それぞれの人物が何と表現されるかが決まっています。 「申す」については、専門家の間でも見解が分かれているので、高校生にとっては理解しにくいのです。

16