農水省 youtube。 小学生の「和食王」決める動画コンテスト開催 農水省|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

タモリ倶楽部 BUZZ MAFF激ユル! 農水省YouTuberの真実

⌚ 野田 職場の人からも「良かったよ」というお褒めの言葉をかけてもらってます。

タモリ倶楽部 BUZZ MAFF激ユル! 農水省YouTuberの真実

✍ 「絵的に寂しいから」と、3月までに撮りためた2人のあいさつを冒頭に入れているが、解散を惜しむ声は高まる。 4月30日に公表した第2弾は、5月を「母の月」として1カ月を通じて花を贈ろうという業界団体の方針を支援する内容だ。

1

“日本初”の官僚系YouTubeチャンネル「BUZZ MAFF」をバズらせた、陰の功労者

👆 そのため、『BUZZ MAFF』では職員自らがすすんで豊富な知識や経験、個性、そして編集スキルを活かして、日本の農林水産物の拡大に貢献していこうと切磋琢磨されているのです。

6

農水省公式YouTuberが発信開始|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

🖕 「花いっぱいプロジェクト」への協力を、2人の職員が淡々とした口調で呼びかけているのだが、ところどころで一瞬画面が切り替わり、戻ってくると花がどんどん増殖。 鹿児島県出身の白石さんは「祖父母が米農家で農業の魅力を伝えたかった」、福岡県出身の野田さんは「大学で留学生サークルにいた経験から、日本の食を世界に発信したかった」と2人とも真剣だ。 古代食で乳の保存のためにも作られたとされる「蘇」は、3月初旬にツイッターで認知度が上昇。

農水省「攻めた」ネット発信、広報担当者が明かす戦略 新型コロナに即応、SNSで人気呼ぶ: J

🍀 農林水産省『花いっぱいプロジェクト』 【花卉業界を支援】「ホワイトデーに花を」農水相呼びかけ、新型コロナで打撃 卒業式などの中止や縮小が大きく影響。 すでに公式SNSやYouTubeチャンネルはあったが、反応は今ひとつ。 では、次回作も予告されています。

人気爆発! 国家公務員ユーチューバー『タガヤセキュウシュウ』の秘密とは

♨ まとめ 農林水産省がYouTubeチャンネル『BUZZ MAFF』を開設されました。 ぜひ見てください!(文/ARNE編集部) 『タガヤセキュウシュウ』動画一覧 【BUZZMAFF】(前編)日本初の国家公務員YouTuberが九州を全力でPRいたします。

14

農林水産省がユーチューバーに!官僚では初の試み

😉 再生は10日現在で1万7000回を超えた。 同省は、国内向けの情報発信にとどまらず、おいしく、安全な日本の農林水産物や食品の輸出やインバウンド向けの需要拡大にも寄与することを期待している。 そこは載せる際に担当部局と相談しながら行っています」 一般ユーザー目線を大事にするとともに、生産者の要望、さらに省内でも横の連携を大事にしているというわけだ。

農林水産省がユーチューバーに!官僚では初の試み

☢ 5月10日の母の日に贈り物が集中すると「配送がいっぱい、いっぱいになっちゃねえかなあ、と思いよっつよね」として、物流の集中を避けることと花の消費拡大を狙い「5月をまるまる『母の月』としませんか」と呼びかける。

5