アース カタストロフ。 [B! 気になる] アメリカで「パンデミックじみた」インフルエンザの過去最悪級の流行が進行中。今シーズンすでに最大2万人が死亡しており、患者数は最大2100万人に

[B! Earthquake] イタリア中部地震の大惨事から見る「耐震概念のない場所」での中規模地震の意味

♻ 又「北から攻めて来るときが、この世の終わり始めなり」 「天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終わりと思えかし」 と記されています。

8

[B! 自然] カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る

👆 ・Insragram Sponsored の(KVERT)によれば、が発生したのは 15日で、その後、の気象• しかし、当時、これだけ巨大な噴火が地球で起きたにも関わらず、先ほどの気温の推移のデータからは、 「地球で気温の変化は起きなかった」 可能性が高いのです。 2017年7月30日の In Deep 記事より 先日、とても短い期間ですが、帰省しました。

5

アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

😔 研究は、オーストラリアのシドニー大学とクイーンズランド大学の研究者たちによっておこなわれた。 あるいは、以下のような過去記事でご紹介しました、今後、アメリカで実施される可能性がある「太陽を暗くする」という試みなども、気温への介入はできないと思いますが、しかし、「予期せぬ弊害」だけはクローズアップされることになるのかなとも思います。

17

[B! Earthquake] イタリア中部地震の大惨事から見る「耐震概念のない場所」での中規模地震の意味

🤫 いまから7万-7万5000年前に、トバ火山が火山爆発指数でカテゴリー8の大規模な噴火を起こした。 その他、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、仏教・・も全て創造神の御魂分けの神々が付いてご指導されていました。 このフレアはまた、巨大なコロナ質量放出(CME)を噴出した。

13

アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

♻ ・ NOAA アメリカでのハリケーンの発生回数がものすごく増えたというわけではないですので、「 10億ドル以上の経済的損が出やすい強力なハリケーンが増えた」ということだと理解できそうです。 そして、侵入種や病気などの生物学的要因と気候変動。

16

[B! 自然] カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る

😅 未来に来てから神様に光を入れて戴いた「未来カード」は神が2千年前から予言していた「神一厘」の事だと教えて戴きました。 オゾンホールは、一般的には南極の上空に発生するものですが、南極のオゾンホールは、近年は減少しており、ちょうど3日ほど前に、南極上空のオゾンホールが、「過去最小」になったことが報じられていました。 4 」と発表しました。

8

[B! 気になる] アメリカで「パンデミックじみた」インフルエンザの過去最悪級の流行が進行中。今シーズンすでに最大2万人が死亡しており、患者数は最大2100万人に

☯ 特に、日本などの超少子高齢化の社会では、農家さんの多くが高齢化しており、農薬を完全に使わない農業は事実上不可能なはずです。 そして最近神様に教えて戴き宇宙創造からの歴史年表が作成出来ました。 ちなみに、もっと長いスパンで見ますと、地球の気温は、相当「 規則正しく、上下している」こともわかります。

6

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

🐾 以下のようなものです。

12