ミフ リグル トゥル ソン。 中国、説明なく拘束/ウイグル人収容所体験者証言/都内で集会

【鳩山由紀夫】習近平主席を絶賛。ウイグル族、臓器収奪には触れないのか?

😍 拷問するくらいなら殺して、と懇願しました」米議会で昨年11月、スカーフ姿のウイグル族女性ミフリグル・トゥルスン(29)は恐怖の体験を証言した。

【書評】 「私の身に起きたこと とあるウイグル人の証言」清水ともみ著 季節社 三浦小太郎(評論家)

👉 ニュースでウイグル人の苦境を知った清水氏は深刻な人権迫害を受けている人々を助けるため、マンガを通してより多くの人々に迫害について知ってもらおうと考えた。

8

「100万人を投獄」ウイグル人権問題の深刻度

😒 しかし、せっかく取材をしても、何らかの理由により、結局 報道をされないことが度々あったようだ。

世界的で大ヒットした日本の漫画『私の身に起きたこと ~とあるウイグル人女性の証言~』

👐 ミキペディア「中国発 戦慄の臓器ツーリズム」参照。 それが書籍として出版されたことには、大きな社会的意義がある。

【鳩山由紀夫】習近平主席を絶賛。ウイグル族、臓器収奪には触れないのか?

😙 実は、動画の中ではもっと残虐なことが記者や学者が語ってます。

8

「100万人を投獄」ウイグル人権問題の深刻度

🙌 トゥルソン女史がこの地獄の収容所から解放されたのは、夫がエジプト国籍であり、エジプト政府が自国民保護の立場から動いてくれたからだった。 思わず、『アッラーよ! 本作品が出版されるまでの経緯 本作品は、中国との経済関係を考慮するなどの理由で、出版を断られてきた経緯も どうやらあったようだ。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 検索される際にはご留意を。

12

【鳩山由紀夫】習近平主席を絶賛。ウイグル族、臓器収奪には触れないのか?

☏ それが本作品からもよく伝わる。

9

【書評】 「私の身に起きたこと とあるウイグル人の証言」清水ともみ著 季節社 三浦小太郎(評論家)

😘 トゥルソンさんは親戚が多く、11家族がいる。

12